MagMell Diary(最新7日分)

MagMell Diary

最新7日分

[過去ログ] [INDEX] [TOP]

2019年7月21日(日) ワンピース購入

 選挙は期日前に済ませたので今日はふらふら。特にあてもなく街歩きしたら、夏のセールが始まっているのなー。見て歩いたら、麻混のちょっと感じの良いワンピースが5000円! おお。今、シャツワンピやストンとした楽なワンピが流行っているし、こちらももうおばちゃんなのであんまりウエストマークがないほうが楽だわ〜とも思っているが、でもあんまり楽そうなのだとホームウエアっぽくて会議とかには着ていけないよね。ベルトするっていう手もあるけどさ。そのワンピはウエストマークはないけどダーツが取ってあって自然にウエストあたりを絞ってある。丈は長めでふくらはぎまで、スカート部分はややフレアで広がる。開襟でベージュ地に茶のチェック。これは良い。Mしかなかったので不安だったが、試着してみるとわたしにジャストサイズだった。よっしゃー! 買いました(^^ 色違いというか、無地のもあったけどアースカラーで、悪くはないがもっとオレンジ味が強ければなあという物でした。良いお買い物ができてほくほく。北海道も最近は暑いので、半袖ワンピも羽織り物があれば9月半ばまでは活躍できそう。

ドラマ「凪のお暇」
 これも漫画が原作であるらしい。ドラマ化のキャンペーンかなんかで第1話はネットで無料で読めた。ドラマのほうは、俳優が良くて期待できそう。あと、「逃げるは恥だが役に立つ」もそうだけど、原作漫画の絵に魅力がない場合、ドラマ化に対する垣根は低いかもしれない。あ、「凪のお暇」のコナリミサトは絵が下手なのではなく、絵にエネルギーをかけないタイプで、全部クロッキーみたいな絵です。それなりに味はあるが、絵のファンというのはいないと思う。そこが「逃げ恥」の海野つなみとは違う。コナリは、ストーリーテリングに集中しているのだろう。海野の作品も言い回しは良いし話運びも上手いんだけど、絵はめっっちゃ下手なんだよな。それも「努力に努力を重ねた下手」なので、見ているとつらい。
 女子、というよりも日本人は、同調圧力が強い人間関係にあるので八方美人になりやすいのだろう。そういう20代後半のOLを主人公に、ヒロインが成長していく様を描くのだと思う。冴えないタイプのヒロインがなんで営業部のエースとつきあうようになったのかとかがわからんけど、自分の言いなりになる女が欲しくてそういうタイプに目を付ける男っているよね。昔、自分の奥さんをいじめている男性が知り合いにいて、嫌だなあと思いながら、でも夫婦のことに他人が口を挟むもんじゃないから黙ってそいつの話をスルーしていたら、なんかの話のときに
「どうせあいつは俺から逃げられないから。離婚とかしたら生きていけないのはあいつなんだから、何やったって大丈夫だ」
という内容のことを言った。その場にいた全員がどん引きだったが、ヤツは気がついていなかったようだ。その後もうすーいつきあいがあったが、今から約10年前、離婚したと聞いた。奥さんは、一番下のお子さんが高校を卒業するのを待って出て行った。奥さんのほうは今もお元気でおられるようです。良かった良かった。離婚を聞いた知り合い全員で
「奥さんにはこれから幸せになって欲しいよねー」
と言い合ったものです。そういう、嫌なタイプの男がこの物語でも相手なんだろう。
 仕事をしていると、謝罪する必要やミスを修復するためにとっさに自分が出るときがある。それは、サラリーマンの仕事というのは個人事業主とは違い、結局は組織の成果となるものだから、同僚がミスをしたからといってそれを放置したら組織のミスがそのままになってしまうので、放置することはできないからだ。だからわたしもとっさに人の代わりに頭を下げたり、せっせとフォローに時間を使ったことがある。しかし、ドラマ同様、これをやっているとなんか本当に全部わたしがミスったように思う人とか、わたしに何でもなすりつければ良いと思うヤツが出てくるのよ。まあわたしは八方美人をしたいからフォローしたわけではないので、そのままではないけれども、このヒロインは八方美人をしたい性格なのでどこまでもずぶずぶなのだ。まあご都合主義ではあるね。いくら何でもそこまで管理職が仕事の分担を把握していないなんてありえないと思うから。ま、そこはヒロインの性格と設定を強く印象づける必要があったのでしょう。そんな状況にとうとうパンクしてしまって逃げ出すところから物語が始まります。これは次回も見よう。

「お父さん、チビがいなくなりました」(西炯子 小学館)
 熟年夫婦の危機を温かい絵柄で描いた漫画でした。猫もかわいい。長年連れ添っていると、「言わなくてもわかるはず」という気分になりそうですが、やっぱり愛情はちゃんと示したほうがよいねえ、というメッセージ作品。


晩ご飯 マグロのあらが安い。それに血合いは栄養価は高いよね。この間はカツにしたけど今日はしょうがと醤油で煮込んだ。昨日のグリルの残り物、大根のお味噌汁、トマト、昨日の残りのワイン。うーむ、日曜日に土曜日の残り物を食べてしまうと明日のおかずに困るのだが、マグロを煮付けたらなんか力尽きたw



2019年7月20日(土) まずは、落ち着こうと思う

悲惨なニュースを読んだ時に陥りがちな3つの勘違い
 今週も嫌な事件があったのだが・・・。あまりのことに感情が激しく揺さぶられてしまっていた。ネットで続報等を漁っていたのだが、その矢先にここにたどり着いた。リンク先、確かにそのとおりだ。今回の件は、わたしは介入不可能なので少しニュースからも距離を置こう。朝ドラを見ても他の何かアニメを見ても、どうしても連想してしまって普通でいられないので。


エンタメ産業の未来
 SMAPの件でジャニーズ事務所が公正取引委員会から注意を受けたというニュースも、今週の大きなニュースだった。マスコミ各社は「圧力はなかった」と言ったそうで、ジャニーズ事務所の問題というよりテレビ局の忖度だったという結論にしたいようだが、忖度が働くということは圧力が予見されたということだ。
 わたしはとっさに能年玲奈を思い出し、彼女をなんとかしてやれないかと思ったが、他の人も同様だったようだ。彼女と同じ事務所だった清水富美加が宗教に走り告白したことによると、事務所に大きな問題があったようだし。あの事務所にもメスが入りますように。


 月曜に作った生マッケローニを食べ残したので、翌日とろけるチーズをかけてオーブンで焼いたらめっちゃ美味しかった。また作ろう。麺は、さほど伸びた感じはなかったよ。あと、青魚とトマトも合うなー。


 ドラマ「Heaven?」
 キャスティングははまっているけど、なんかねえ・・・。単に原作漫画をたどればよいみたいな作り方になっているね。漫画原作で、原作ファンだと実写映像を受け入れられないことがあるからそのパターンと言われたらそれまでなんだけど。でも「きのう何食べた?」とか「アオイホノオ」はすごく良かった。イメージとは違ったけど「聖・お兄さん」もこういう感性もありかと思った。でもこのドラマは原作をなぞっただけなんだよなあ・・・。わざわざ録画してまで見るドラマではない、と思うに至りました。

「老いる自分をゆるしてあげる」(上大岡トメ 幻冬舎)
 タイトルと内容に少し乖離を感じる。このタイトルだと、更年期障害やその他の老化現象を受け入れられない心の問題を扱っているという感じだけど、本書はそれよりももっと生理学的な解説や体のケアのことが中心。「ゆるしてあげる」ではなく、「どうつきあうか」という内容だと思った。でも、体に負担をかけずにケアするヨガや体操の方法が書いてあって、それはとても役に立つなと思いました。
 もう一つ不満は、ネットで見た宣伝では「閉経しても生きているのは人間くらい。他の動物は生殖期間を過ぎると死んでしまう。閉経して生きている意味は人間にはある」みたいなことがあったのだが、そういう部分には踏み込んでいない。昔は50歳くらいまでに死んでいたので生殖機能がなくなるとだいたい死んでいた、という話は掲載されている。
 まあエッセイ漫画のスタイルですが、ルポ漫画ですよね。字が多いと読めないと言う人が増えているので、そういう人達への啓蒙ジャンルなのだと思います。

晩ご飯 鶏胸、蒸し焼き。夏野菜のグリル。ズッキーニって丁度良い大きさの物が少ないよねえ。まあ食べ残したらそのままカレーにぶち込もう。サラダ、1000円のスパークリング。グリッシーニは市販品。


2019年7月15日(月) 選挙

 夕べは近所のカフェバーにご機嫌で、帰宅した後も近年にしては珍しくブランデーなぞをなめたりして過ごし、夜更かししてしまった・・・。やばいねー。明日は仕事だから今日は大人しく過ごさねば。

 選挙、期日前投票へ。タイミングの悪い引っ越しだったので、わたしは今の居住地に選挙権がないのだ。前任地に手続きをして滞在地投票をすることになったため、実際の投票は期日前投票となるのであった。
 約30年前、自民党は好きじゃないけど自民党に入れるという人に会ったことがある。まあ結構右よりの人だったので自民党が最も自分の思想にマッチするのかなと思って話を聞いていたら、
「だって他の党に入れたら自分の票が死に票になるじゃん」
と言われて衝撃を受けた。それが理由なの!? 仮に自分の入れた票の党や人が落選したとしても、自分は自民党政策を支持しないという意思表示としては生きているんだよ!! どこに入れても良いけどよく考えようね。自分が入れた人が当選しなかったら空しいから当選しそうな有力候補者に入れておく、って、どっからどう見ても選挙としておかしいよ! 昔プロ野球で巨人ファンは
「巨人が勝つから。負けるところを応援すると空しいから、勝つところのファンになる。」
と言う人がまあまあいた。スポーツ観戦は趣味・娯楽なので、楽しい気持ちにさせてくれるところを支持するというのはありだけど、選挙は「自分の入れた人が当選しないと嫌だから」という理屈はおかしいよ。自分が良いと思う政策を選んで下さい。



「女の子」だから陰湿なわけではなく、未成熟な支配的な人間と付き合うのはシンドいから逃げろということ
 リンク先の更にリンク先であるツイッター漫画のようなことはわたしも経験ある。「○○ちゃんを今日は無視しよう」という無視ごっこがあって、
「なんの理由もなくそんなことをするのは意地悪だしいじめだ。わたしはやらない。」
と言ったらわたしが無視されたし、最初ターゲットだった子はむしろ積極的にわたしを無視したw 馬鹿馬鹿しいよねー。そしてそんな経験も高校(進学校)に行くとほぼなくなったのも、同様。変に絡んでくる子はいたけどそれが集団化することはない。何故かというと、進学校の生徒は忙しいから。いじめは、ヒマだと起こる。大学も面倒くせえヤツっていうのは学業にもスポーツにも何にも打ち込んでいないぼけっとしている者ども。時代はバブルだったのでちゃらちゃら一見リア充だったけど、ちゃんと勉強する学生から見たらどうでも良い存在だったので、嫌なことを言われたことはあっても大した問題にはならなかった。
 社会に出てからはヒマ云々ではなく、権力闘争の一環としてイジメ・パワハラが起こることがあります。パワハラを行う人は、実際には心の弱い人ではないかと推測しています。なんかね、「やられる前に自分がやる側に回ったほうが勝てる」と考えているような感じ。職を失うと生活に困るので、学校と違って避けにくいかもなあ。でも、パワハラが極端に多いところはまず間違いなくブラックですし、そんなところにいたら健康を損なうので、転職してください。比較的競争のゆるい公務員系を初めから志望するのも手です。良くない環境(人的環境も含める)からは、逃げ出すのが一番。
 だからわたしは一生弟を避けます。



晩ご飯 生マッケローニにしてみた。いつもは朝ドラは7:30からBSで見て出勤するが、今日は休みなので8:00から地上波で見た。そのままテレビを付けっぱなしにしていたら「世界は欲しい物であふれている」という番組が始まり、イタリアのパスタ特集だったのだ。すぐ真似することにw
 午後、昨日録画した「ダーウィンが来た」「いだてん」「Nスペ恐竜」を消化しながらマッケローニを作りました。「いだてん」また泣いてしまった・・・・・・・。わたしは来年の東京オリンピック開催に疑問を持っているので、この番組も普通の大河じゃないしどうかな〜なんて思ってたのよ。でも始まってすぐに夢中になってしまった・・・。クドカンの脚本もすごいし、役者がいちいち良い。期待していなかったから毎週録画してこなかったのが悔やまれる。DVD買おうと思っているけど、ピエール瀧の事件がひっかかるだろうか。
 それはともかく、マッケローニはもっとシンプルなトマトソースで食べるようなのだが、わたくしはタンパク質を取らなければならないので鰺とイカを入れました。もちろん美味しい。
 サラダ、赤ワインは600円くらいだったスリーメダルズというやつ。安いけど悪くはないよー。


 まあまあ休めました。明日もがんばろー。


2019年7月14日(日) 近所のお店探訪

お菓子 マカロンに挑戦したが、またマカロナージュしすぎたのでしっかり焼いてアーモンドクッキーにした・・・。ううむ。なんでこんなにマカロンに適性がないのか。いや、なんかわたしはいじりすぎるんだよね。フランスパンも捏ねすぎてイレギュラーホールが小さいし。




「夢をかなえるゾウ 3 ブラックガネーシャの教え」(水野敬也 飛鳥新社)
 もう全然小説は読まなくなっているのだが、このシリーズは文庫が出たら読んでますw すごく軽く読めるからですかねー。稲荷について勉強になりました。

「ひねもすのたり日記 第2巻」(ちばてつや 小学館)
 あきお氏の思い出なども綴られる。漫画を描き始めるきっかけなど、若い時の思い出と比較的最近の話をオムニバス的に綴っていくスタイルは前巻と同じ。

 ドラマ版「Heaven?」
 佐々木倫子の漫画は好きですが、「チャンネルはそのまま!」のドラマ化は見なかった。これは原作もイマイチわたしは乗れなかったので。「Heaven?」のほうは原作も好きなので録画してチェックすることにしました。キャスティングはイメージ通りで良いねー。でもモノローグの多い漫画だったけれども、頭の上に亡霊のように顔が浮かんでモノローグをつぶやく演出はちょっとうざいと思ってしまった。


 今日は夕方からちょっとお出かけをしており、晩ご飯はめんどくさいので家の近所の定食屋さんに行ってみました。普段はなるべく自炊だけど、出張も多いから食材の回転がうまくいかないときもあるし、その定食屋さんはカフェテリア方式でおかずをチョイスして会計する、学食みたいな感じだったから多すぎて困るとかもなさそうだし、何より家から近いのでちょっと気になっていたのだ。それで行ってみたが・・・、うーん。冷や奴みたいな冷たいおかずは冷蔵ショウケースに入っているんだが、温かいおかずは単に陳列しているだけなので冷めている・・・。焼き魚くらいならそれでも良いけど・・・。場所が便利だから使う可能性はあるが、消極的。
 ついでなのでもうちょい気になっていたカフェバーみたいなところも寄ってみた。こちらは家から徒歩3分くらい。なんかちょっと古いテーブルなどを使っていて、しかも本棚がずら〜〜〜っとあって、ものすごく気になる。週に3日くらいしか営業していないみたいでなんだか謎だったのだが、定食屋の帰りに通りかかったら営業していたので入ってみた。コーヒーと軽食とちょっとだけお酒がある。グラスの赤ワインを頼んで本棚を見る。思想的にはわたしに合うw 店主はお客にあまりかまわないので、ちびちび飲みながら本を読むには良い。ここは時々通おう♪

 お出かけ予定だったので「いだてん」は録画。

2019年7月13日(土) へろへろ〜

 今週は出張があったので疲れました。移動のスケジュールがタイトだったのよう。3連休に回復したいものだ。

 その間にも世の中の不穏な雰囲気は進んでいったのであった。そんな政権の支持率がそこそこ以上にあることも怖い。みんな、本当にいいの? 本当に戦争する気なの? 別に隣国のやり方が適切だとは思わない。だけど売られた喧嘩を買ったら戦争になるよね。
 自動車の運転をしていると色んなマナーの悪いドライバーに出会うことがある。道路交通法上、相手が間違っている場合でも、自分の正しさを押し通すと衝突事故になることが明らかなとき、法云々より事故回避を選ぶ。煽ってくるバカがいれば先に通すし、無理な右折をしてくる場合も一端こちらが止まる。直進優先を押し通せば大事故になるからだ。そういう逃れ方を考えるのが外交じゃないの・・・?



 朝ドラ「なつぞら」:海外ドラマ当てレコシーン。
 富豪も従者もヒーローも子供も、なんなら女性も、ぜーんぶ山ちゃん一人で当てれるやん! と思った視聴者はわたしだけではないはず。声優さんの世界が厳しいのは、本職では色んな声色を使い分ける必要があるために一人で何人分もの仕事が可能だから、というのもあるだろうなあ。顔が表に出る俳優さんだと、似た系統の俳優が何人かいてもそれなりに共存できるのとは違う。(今だに松坂桃李と佐藤健の見分けがちょっと難しいおばちゃんでした。) 山ちゃんが引退したら5人分くらい仕事枠が増えるんだろうなー・・・。


孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
「幸せな孤独死」がウソである理由 宮台真司さんの「委ねる人生」(真っ先に閲覧注意な画像があります。)
 わたしは最後は孤独死せざるを得ないので、ちょっと神妙に読んだ。人に迷惑はかけないようにと少しずつ準備はしているが、安楽死がない以上、どうにもならないかもしれない。ま、その辺はちょっと保留して・・・。論調が「昔はお節介な先輩などがいたから良かった」という方向に行っていたので嫌だなと思いつつ読み進めたが、宮台氏の「親業ワークショップ」はあまり詳しく書かれていないが良い着眼点かもなあと思いました。子供をちゃんと躾けつつ、一個の人間として認め、支配せずに向き合うようにできれば、絶縁する家族とか出てこなくなるだろうし、複数の子供をそれなりに平等に対応すれば兄弟仲が極端に悪いということもないんじゃないかな。一端不公平が蔓延してそういう兄弟関係が確立すると、もうそれは一生平等にはならないから、不当な立場の者が幸せになろうと思うと全速力で逃げ切るしかないからね。


 ジャニー喜多川氏、死去。
 ジャニーズ系のタレントにあまり興味がなかったからご逝去そのものは普通に悼む程度なんだけど。いやしかし。この人が10代の少年達に行っていた性的虐待がなかったことにされるのはどうよ。芸能界に枕営業はつきものかもしれないが、そういう世界に10代の子供を送り込む家族もどうよ。っていつも思ってる。子供自身が華やかさに憧れて目指すこともあるだろうが、その代償は大きいよね。性的虐待に男も女もないということを、この人の件で知った。華やかさに目がくらむのは少女だけではなく少年もであることも。


「ポーの一族 ユニコーン」(萩尾望都 小学館)
 「春の夢」を読んだときは、萩尾望都はエドガーとアランの旅の物語を1976年までの間で綴り続けるのだなと思った。永遠を生きる少年の繊細な感性を通して物語を作り続けるのだろう、と。しかし「ユニコーン」を読んで・・・読み始めてすぐに、違うのかもしれないと思った。これが萩尾望都の終活なのかもしれない。「エディス」でわざと余韻を残して物語の終結を読者にゆだねたが、長い時間を経て自分の手で終わらせようという気持ちになったのかもしれない。

「父のなくしもの」(松田洋子 KADOKAWA)
 エッセイ漫画ではあるが「さよならもいわずに」(上野顕太郎)とともに非常に高い完成度だと思う。父親の死を経て自分の家族に対する思いを整理し、そのツールとしての漫画化でもあるのだろうが、多分もともと冷静な人なのだ。色々な欠点を持つ親の、親の立場を考えてあげて許しを行うことで自分の感情を治めていこうとしているのかもしれない。
 著者のところも兄弟仲が万全ではないが、ここの家では長女が問題ということになっている(著者は次女)。親が長女にだけ甘いところがあったらしい。そして一番甘やかされた子供はいつも口先だけで少しも頼りにはならない。そういうもののようだ。
 他人の話としては受け入れられるが、この本を元に色んな人から説教を食らいそう。個々の事情があるのだよ。


晩ご飯 ものすごく微妙な量のカレーを残してしまっていたので、食べることにした。これだけではさすがに足りないか、と鶏胸と野菜の焼き物。サラダ。
 ちょっとご飯作る体力もなくなってきたかもなあ。うぐぐ。


2019年7月7日(日) 七夕だけど天気悪い。

 以前はボーナスというとウキウキとお買い物をしたり、ボーナスを原資に海外旅行もしたものですが、体力の減少とともにそれらもなくなってきてるねー。アマゾンの欲しい物リストには色々本やCDを入れてあるけど、「今買っても読むヒマないなー」と思ってそのまま。まあこの夏のボーナスでノートPCのバッテリー交換と電気ポット・ハンドミキサーは買いましたね。あとはタブレットだな。8月中に入手したい。(Win10へのアップグレードはまだ・・・。めんどくせえ〜w)

 お昼頃ちょっと買い物に出て、帰宅してすぐテレビをつけたがJ1札幌VS松本はもう始まっていてしかも札幌が先制していた! およよよよー! でもその後前半の運びはイマイチでねー、すぐ追いつかれた。後半は気合いが入って良かったんだが、得点ならず。引き分けでした。ふううう〜。

 お昼に出かけたついでにあんまり行かない本屋に行ったら、「クリスタル☆ドラゴン」の27巻がありました。良かった。じゃあもう1周読むか!

晩ご飯 七夕だけど天気も良くなく、こちらは割と過ごしやすい気温でそうめんを食べるような気分でもなく・・・。あさりご飯、味噌汁、焼鮭、野菜の即席わさび漬け。本当のわさび漬けは酒粕が入るから嫌いなんだけどわさびは好きなので即席わさび漬けは好き−。袋の裏に書いてある分量より少なめに使うので、ふわーっと香る程度ですが。「きのう何食べた?」でやっていた蕪の葉とシラスの炒め物。シロさんは「薄味を腹八分目にして長生きしよう」と言っていたが、シロさんの薄味はわたしにはまだ味が濃い。ので、これもだいぶ控えめな味。シロさん、本当に薄味を考えるならオクラとかスナップエンドウとかアスパラをいちいちおひたしに仕上げるのをやめよう! 絶対茹でただけが美味しいって! すごく味のある野菜だよー。枝豆もなー、あのやり方ではすごい塩味だろうな〜と思っています。セールで1000円になっていたカヴァ。あー、明日は月曜日・・・。



「いだてん」
 また涙ぐみながら見た・・・。この時代の人達が色んな物を背負ってしまったのは仕方がないとして、でももうこんな風に個人を追い詰めたくないよねー。

2019年7月6日(土) 睡眠障害に効く呼吸法

 九州の皆様大丈夫でしょうか。
 災害の多い国だけど、この天気はやっぱり気象変動を感じるよね・・・。それはともかく、今の居住地のハザードマップなどを確認しました。

 サッカー天皇杯。・・・札幌はホンダに敗れて早々に消えましたよw いいの、クラブがJ1定着できるように集中して!


 今週はなんとか抱えていた論文を一通り書き上げ、共著者に送りました。まだしばらく調整作業はあるが、秋には投稿できるようにする。この論文の続編も考えているのでがんばー。


 ネットで4-7-8呼吸法というのを知って試してみた。息を吸いながら4カウント、息を止めて7カウント、息を吐くのに8カウント、と数を数えながら呼吸をするというもので、これでリラックスして眠れるというのだ。もうこの数年間更年期障害による睡眠障害に悩んでいるので試してみた。すると・・・。結構良いです。わたしの現在の睡眠障害は、寝付くことはできるけれども深夜に目が覚めてそれっきりというタイプで、夜中にホットフラッシュで目が覚めた後、ホットフラッシュが収まってからも目が冴えてしまう。ホットフラッシュが収まるまではどうにもならないけれど、収まった後でこの呼吸法をやってみるとうたた寝することができました。今までまんじりともせず朝を迎え、起きる時間になってから眠気が沸いたりしていたのでこれは助かる。ホットフラッシュでどうしても喉が渇いて夜中に水を飲むので、もう1回トイレに起きるけど、その後もこの呼吸法をやってみることでまたうたた寝に入れる。
 ヨガなんかもそうだけど、自分の体の動きなどに気持ちを集中するとリラックス効果があり、鬱病対策にも良いとされていますね。呼吸って普段意識せずにしているから呼吸を意識するのはちょっと難しいんだけど、それを可能にするのがこのカウントするという方法だと感じました。カウントは秒単位である必要はありません。個人的な体験から、なるべく深い呼吸にして長めのカウントを取ったほうが良いと感じましたが、7秒息を止めていられない・止めるとストレスを感じる人は、もっと早いカウントで(1カウント=0.5秒くらい)にすれば良いし、あるいは息を止めるところだけ4カウントとか5カウントと短いアレンジをしても良いと思う。吐くのには長めのカウントをしたほうが良さそうです。カウントすることで気持ちが呼吸に集中します。眠れないときってどうしてもぐだぐだ・モヤモヤとあまり良くないことを考えがちだし、そのためにいっそう眠りにくくなるのだと思う。わたし自身はこの方法でかなり改善されました。

 更年期障害と言えば、ずっとプラセンタのタブレットを飲んでいましたが、この春の引っ越しのどたばたで飲むのを忘れたw 飲まなくなれば症状が悪化するかと思っていたのに、全然変わらないw 飲み始めた頃はこのタブレットで夜中のホットフラッシュが収まったのも事実だったんだけどねー。もう量が足りなくなっていたんだろう。安い物でもないし、ずっと飲み続けることで逆に更年期が長くなる可能性もあるわけだし、やめる良いきっかけになりました。
 まだしばらくホットフラッシュはあるだろうし、体のしんどさもどうにもならないとは思うけれども、なんとか乗り越えていこう。

 眠れないというのは本当に大きなストレスなので、とても気持ちが軽くなっています。今週論文をとりあえず書き上げたりできたのは眠れたからかも。勉強も頑張る−。

 そうは言っても体力がなくなったのは否めないw 以前は土日というと勉強のノルマをこなしたらバイクに乗るだの乗馬レッスンだの毎週のように何かをしていたけど、もう全然そんなのは無理w こっちに来てから見つけたお散歩にうってつけの林にもGW以来行っていない。ちょっと連休じゃないと色々はできなくなったねー。来週は3連休だから天気さえ良ければ出かけてみるか。


晩ご飯 マグロの血合いのところがめっちゃ安かったので買った。角煮とかが一般的だろうか・・・。でも衣を付けてなんちゃってカツ(揚げるというより少し多めの油で焼く)にしてみた。タルタル添え。パンキッシュ、サラダ。なんちゃってカツでも油が多いと感じるようになったかな・・・。



[過去ログ] [INDEX] [TOP]

magmellworld@hotmail.com
Akiary v.0.51