MagMell Diary(過去ログ)

MagMell Diary Old Logs


[←先月] [INDEX] [来月→] [最新日記] [TOP]

2004年3月1日(月) 予想はずれ!

 今年は渡辺謙や「たそがれ清兵衛」がノミネートされたため、いつもより日本での関心も高くなったアカデミー賞発表でした。
それにしてもわたしの予想は外れ。
ロード・オブ・ザ・リングは技術賞以外にも作品賞監督賞と総なめでしたねえ。
FLixムービーサイトの結果発表
わたしは作品賞や監督賞は「ミスティックリヴァー」が持って行くかと予想していたので、予想は外れました。でもこれだけの長大な作品をまとめあげた力というのは、大したものですからねえ、総なめも納得かな。しかし、アカデミー賞11部門制覇の「王の帰還」、監督の労報われるという記事のなかで「タイタニック」が出てきて苦笑。
今や「タイタニック」は史上最悪映画とまで言われていますからねー。興行成績の比較とは言え、一緒に並べられると味噌がつきそうw
ジョニー・デップ
「カリビアン・パイレーツ」以来心の中で「デプ夫」と呼ぶことが多くなってしまいました。かっこいいですなあ。オスカーを逃したのは残念だけど、取ったのがショーン・ペンだもの。今年は本当にすごい競争だったなあ。
指輪関係者勢揃い
・・・・・・ホビット役の人たちが本当にホビットみたいに見える・・・。特撮じゃなかったのか!?
尻なで
これはエスコートしているというより尻をなでてるだけだと思う。

 急な連絡になってしまったのですが、一晩悩んだ挙げ句今日の昼間語学教室に連絡し、転勤が決まったことと3月はドイツ語はもう出ず、英会話のみにすると伝えました。
わたしのドイツ語力では、いつもきちんと予習していかなくてはならないのですが、引っ越し作業を毎日少しずつでも進めなくてはいけないので、どうしても予習時間を取りきれないと判断しました。英会話のほうも一応宿題は出るのですが(新しい表現を覚えてくる、というもの)、それらは特別目新しい表現ではなく、ただとっさに出るかどうかが問題なもので予習時間に取られるというほどではありません。(ここでみっちり自分で勉強すればもっと効果的だろうとは思いますが。) 引っ越し先でここほど良心的な語学教室を見つけられるかどうかわからないので、英語だけは3月一杯頑張ることにします。

 今日はサッカー・バーレーン戦。遅くから始まるので全部は見れないかも・・・。

2004年3月2日(火) もう一つは無理かも

 えーっと、投稿論文を書いているんですが転勤になることだし、ちと焦って仕上げています。ぐちゃぐちゃやってたら上司にもう一つ別のも投稿しておけと言われて、もう泣きそうです。
小人さんがわたしが仕事をしたり寝たりしているうちに荷造りしてくれたらいいんだけど。
(今気が付いたのですが、「小人」は差別用語なのですね。
変換できなかった・・・・。)

 昔使っていたTOEFL対策の英語教材を詰め込みました。教材と一緒にGREの問題集も出てきましたし、留学案内のような本やアメリカの外国人向けの奨学金制度の案内も出てきました。
前回や前々回の引っ越しのときに捨てる気になれなかったのなら、ずいぶんわたしも未練があったのだなあ。
前回に関しては今と同じように転勤で、心にゆとりがなくて整理はせずに全部詰め込んだような記憶もありますが。
今回は、捨てるとも!

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 前2作飛ばして、いきなり「王の帰還」を観たらどうなる?

昨日オスカーを総なめしたリングですが、純粋に3作目のみ見たらどうなんか??という実験w
続き物だからここに書いてあるようなわけわかんなさは当然でしょうね。
今わたしが住んでいるのは衛星のアンテナを物理的に建てられない構造のアパートなので、ずっとオスカーはニュースで少し見る程度で、今回もネットに出回る写真等で楽しんだだけでしたが、今度引っ越す先はそのへんを慎重に検討して物件を選んでいます。
荷造りはしんどいのですが、来年はWOWWOWで楽しむぞ〜。

「おれおれ」言わず巧妙化 宗像の主婦 400万円詐欺被害
巧妙になっていますね。
親も年をとると子どもの声を聞き分けにくくなるのかなあ。
オリジナル「おれおれ」詐欺は、あわてた口調で「おれ」を繰り返したたみかけるように事故のため金が要ると言うことで、聞き手を巻き込んだのだと思うのだけど、この事件では最初は番号のやりとりしかしていません。
変だと思いつつも心配でお金を振り込んじゃうんだろうけど、最初の段階で不審に思わなかったのかな。
わたしは自分から実家に電話することがほとんどないので、うちの親もこんな電話がかかってきたら驚いてお金を入れちゃうかなー。

2004年3月3日(水) ちょいとメモ

 いつ日常生活を諦めようかなー。20日くらいから食器や衣類も制限して詰め込んだほうがいいかなー。

 なんかじたばた。今日もサッカーあるけど、明日早いので見ないで寝ます。
目に付いたニュースだけリンク。
南極越冬隊「昭和基地」で不倫騒動

コピープロテクトCDに影を落とす楽曲ライセンス問題

昆虫のうんこ約60種集めた/伊丹市昆虫館
 

2004年3月4日(木) くじけず頑張ります

 今日は会議の後、部門の中で今年退職される方の送別会でした。
色々アドバイスいただいたりお酒を驕ってもらったりしたので、やはり少し寂しい。
 異動の話はまだ公式ではないので隠語で話されています。
わたしの異動のことでは、以前その任地にいた方からそこがどんなに素晴らしいかを聞きました。その方がそこを立ち去ってもう15年ほどになるのですが、赴任していた頃に御巣鷹山の日航機墜落事故があり、奇跡的に生き残った少女が
「くじけず頑張ります」
と言ったのが彼の胸を揺さぶったのだそうです。
それで新聞の見出しになっていたそのセリフを切り抜き、事務机のシートに挟んでおいたのだとか。
「あれから何人か人が変わったから、もうあの切り抜きはないかもしれないけど、もしあったら大切にして欲しい。
そしてあなたも何があってもくじけず頑張って欲しい。」
と言われました。
頑張ります。

 その後「あなたの弟君は・・・・・」と話しかけられ、誰のことかと思ったらM君のことでした。うーむ、やはり姉弟のようでしたか。実の弟にはこんなに優しくしていませんがw

 二次会に流れようとする人の群について歩いているような振りをしながら、途中でそっと角を曲がり、帰宅しました。札幌の街中で飲むときはそもそも一次会の人数がとても多いので、こうやってどさくさにまぎれて抜けれます。もっと少人数のときが難しいなあ。酒飲みだと知られているから、断ると不審がられるし。
 明日も会議なので早寝します。

2004年3月5日(金) 犬猫煩悩

キアゲハ幼虫脱糞中スミルノフ教授のところから来てくださった方のために、昆虫観察記録のほうから写真を再掲します。左写真のキアゲハの幼虫は、終齢幼虫で、このときはまだ固形の糞をしています。蛹になる直前には、蛹糞と呼ばれる下痢便のような水分の多い糞をします。蛹になる直前は、蛹になる場所を求めて盛んに動き回るので、小さなケースで飼育している場合、幼虫がうんこまみれになることもあります。
ワタクシはスミルノフ教授のうんこ考には賛同しますが、オトメの恥じらいとしてうんこのことばかり考えていると思われるのは赤面ものなので、ちゃんと他のことも考えていますよってことで昆虫観察記録も興味のある方は見てみてください。



 昨日の昼休み、通りすがりのハスキー犬(お散歩中)を触らせてもらいました。13歳くらいだとのことで、多少毛づやは悪くなってきていますがなかなか元気。
触ると「やっぱり犬や猫を飼いたい、それに適した家を探したい」という気持ちが強くなってしまって・・・・。
転勤に際して賃貸住宅をあれこれ探していますが、その中で築5年3LDK(88平米)戸建てというのがありました。家賃は7万円。新しさと広さを考えると安い方。
(家賃について、本州の人口密集地の方と感覚がずれていると思いますが、北海道ではこんなもんです。)
間取り図を次々に見ているのですが、やはり賃貸のアパート・マンションはどれも似たり寄ったりで台所や脱衣所があまり使いやすくありません。分譲マンションが賃貸に出ていると住みやすいでしょうが、今のところそういう物件を見つけておらず、そうするとどうしても戸建てに目がいきます。
戸建てだと足音などを気にしなくていいしなあ。
でも、今の家賃が6万なので、一気に1万円アップに抵抗もあるし、戸建てに住んでいる友人から「庭の手入れが面倒かも」とか「寒い」とか聞くと、段々戸建てへの羨望も落ち着いてきていました。
ああそれなのにそれなのにねえ。
犬を触ったとたん、
「あの戸建てを選べば犬でも猫でも飼える・・・」
という煩悩が沸き上がってきてしまいました。
うう、70平米3LDKマンション(6.5万)っつーのも見つけているんですが、気持ちが揺らいできました。
物件そのものを見たら決心がつくかなあ。

お姉ちゃんの処方箋
かつてわたしがお姉ちゃんだったころ、同じ年頃の女の子の中にはやはり「痛いけど恥ずかしい・恐いから病院に行くのを躊躇している」という人はいました。
おばちゃんになった最近は、「夫や子どもの世話で自分が病院に行く暇なんてない」という声を聞きます。
わたしの場合は、自分で動いて病院に行けるうちに行っておかないと部屋で一人で病死する可能性があるので、とっとと病院に行きます。そして医師に根掘り葉掘り聞く。うるさい患者です。

2004年3月6日(土) JTB対応

 カオスルームの本棚整理を終了し、全ての本棚の中板を外しました。
まだあの6畳間が終わったとは言えないのですが。
キーボードをまだ片づけていなくて、非常な苦労をしつつ寝室に移動させただけですし。
わたしのキーボードはRoland A-90というやつ。もう販売されていないと思います。検索したらA-70の画像は出てきました。これの88鍵ヴァージョンです。ものすごく重い。そして購入当時のキーボードではステージにも使用可能な音源でした。宝の持ち腐れだけど。デジタルピアノタイプを買えば、筐体があるから持ち運びしやすかったのになあ。当時のわたしはそんなことより音源としての性能にお金を突っ込みたかったのでした。一人ではどうすることもできない重さなので、引っ越し当日引っ越し屋さんに手伝ってもらって梱包する予定。

 夕方からお出かけ。いつものワイン仲間との食事なのですが、1時間早めに出てJTBにGWのチケットを取りに行きました。新しい赴任地でGWに休めるかどうか、かなり検討しましたが、4月中に4日休む分にはどうにかなるかもしれないという見通し。逆にこの機会を逸したらもう50歳を超えるまでこの時期に休むことはないだろうとも思い、とりあえず今のところGWに旅行する予定です。転勤の話は現在公然の秘密となっていますが、正式発表がないのでなんとなく次の上司に仕事と休みの話をしづらい。とは言え早く相談すべきなので、来週には話し、だめなようなら旅行はあきらめるつもりです。
 と言うわけでJTBの支店へ行って残金を払い、チケットを引き上げてこようとしました。土曜日なのでそこそこ混んでいましたが、JTBでは「相談・申し込み」と「チケット引き取り」は別の窓口になっているため、引き取りの順番はそんなに待たなくてもいい。ところが、カウンターに座ってチケットを引き取ろうとするとすったもんだがありました。
きちんと料金を算出してわたしが既に払った分と合わせて「あとどれだけ支払うか」というメモが作成されていないため、ちょっとごたごた。更にチケット内容を確認すると、間違っている・・・。2月1日に申し込んだ時点で、「関空利用で出入国したいが、千歳から関空のアクセスを往復で付けて欲しい」と言ってあるし、その後電話で変更のやりとりをしたときも「千歳からのアクセスはついていますね?」と確認し、JTBのほうでも「ついている」と名言したにも関わらず、行きの千歳から関空はついているが、帰りに関空から千歳へ向かう便がついていないという体たらく。わたしは北海道在住であることを明かしているし、念を押して頼んでいるのに、片道しかついていないというのはむしろ不自然な発券ではないでしょうか? ちょっとむっとしてJTBの責任でちゃんと帰りの分を付けて欲しいと言い、その後の約束のために店を後にしましたが、わたしがお金を払ったという領収書はもらったものの「チケットを受け取っていない」証明がないことにあとで気が付きました。JTBは宅配便できちんとしたものを送ると言いましたが、これってもしかして危ういんじゃ。もし届かなくて、JTBが「全額料金はもらったし、チケットの受け渡しは支払い時に行った」と言い張れば、そっちの言い分が通ってしまいそう。
なんだかとても不安です。

 その後友人たちと会食。今日のメインはパエリアでした。おいしいワインを頂きながら、引っ越しの話等。荷造りのどたばたもあってカメラを持参し忘れました。酔っぱらうとワインの名前を覚えていられないなあー。飲むときはカメラを忘れないようにしないと・・・。

2004年3月7日(日) 腰にきてます

 「築5年・88平米・3LDK・月7万・戸建て」物件を見たい、と申し出てみましたが、先週ちょっと話を聞いたときにはまだ空いていたのに、もう借り手が決まったということでした。今の時期は転出転入が多いから、ちょっと迷っているうちにどんどん決まってしまいますね。とっとと物件を見て決めるべきで、ここを見てくださっている方の中にも「飲んでる暇があるならこの週末に見に行けばいいのに」と思った方はいるでしょう。
でも、来週知人の結婚パーティが赴任地であり、前から出席することにしていました。昨日今日とでかけて新居を決めると、貴重な週末を2回もお出かけ(しかも同じ場所)に費やさねばならず、引っ越しの荷造りが滞ってしまいます。それで来週パーティに出席するのと新居を決めるのをいっぺんにやりたいんですよね・・・。
マンションで目をつけているところも決まってきているだろうなあ、もちろん新しく出てくる物件もあるだろうけど。
 その戸建て物件は新しさや間取りは気に入ったのですが、一つ問題があって、NTTの局から遠くADSL回線の速度を維持できそうにない、というものでした。ネットゲームをやめたのでそんなに速度を求めなくなったとはいえ、今より遅くなったらストレスが貯まりそうですよね。(そう思って物件のことは諦めるしかありません・・・。どうせあのブドウは酸っぱいよ!)

 押入を整理していると、青春の恥ずかしい残骸が出現。何が出てきたかは書くのも恥ずかしいので秘密。青春とは、恥の残骸であるとも思ってみたり。うえーん。
食玩とミニチュアを片づけ、食器もワイングラス等の普段必ずしも使わないものを梱包しました。明日からは少しずつCDを詰めていく予定。
荷造り作業で腰が痛くなってきました。
 食玩やゲームソフトを初代ファミコンのものまで扱っている中古店があるので、出てきたゲームソフトやハードを持って行ってみました。
だいたいは引き取って貰えましたが、プレイステーションは拒否されました。そうですよねえ、プレステ2ならともかく、初代プレステなんて色んな意味で中途半端で使えない・・・。セガサターンは500円、スーファミは10円で引き取られていきました。SSは未練がないけど、SFは持っていてしつこく「ダンジョン・マスター」や「ウィザードリィ」をやればよかったかなあ。ソフトはそれぞれ300円でお引き取り。最も高く売れたのがSF版「ドラゴン・クエスト TU」で、1000円でした。最も安かったのがSF「アンジェリーク」で5円・・・・・・・。まあすっきりしたのでいいや。
もうダンマスやWIZ、Ultimaほどわたしを夢中にさせるゲームは出てこないのかなあ。たまにゲーム雑誌を立ち読みしたりはするのですが、これといって惹かれるものがなくなりました。わたしの感性が老いたせいなのかもしれません。


hirax日記経由で、組織の中の研究者・技術者がウェブで語るとき技術系サラリーマンの交差点趣味のWebデザインなどつれづれにリンクを辿り読みました。
わたしはどちらかというと津村さんの意見よりです。「よっている」というよりもその極端な臆病者の例でしょう。(津村さん自身は明かすことは明かしているので、臆病ではありません。)それは、非常に曖昧な表現でしか自分の所属している分野すら明かさず、本名も伏せ、専門分野での何かを書くときも読者がフラストレーションを感じるかもしれないと察しながらも「わたしの感想を述べるのみ」のことが多いことから、おわかりかと思います。
2月17日の日記に記したような、テレビ番組製作会社とのやりとりなどは、関心を持つ方も多いでしょうが、番組名も問い合わせにあった具体的な内容も、わたしは明かす気になりません。それは軽々しくここで語ることで、職場に迷惑をかけるかもしれないことや、一般人が誤解するかもしれないことを畏れているからです。誤解が生じた場合、それを解消するのは生半可なことではありません。「わたし個人の責任で」と言ってもどこまで対応できるものか。そういうわけでわたしは今のスタイルを取っています。
理科の世界の面白さを文系の人や、これから進路を考えているような若者に知ってもらいたいとは思っていて、のろまな歩みですが自然観察のコーナーを設けたりしてきましたが、それですらとりあえず「昆虫観察」というわたしの専門分野ではないものから手をつけてきました。(まあ、分野外ながらわたしが虫好きなのと、観察しやすい身近な野生生物であるから、というのも大きいですが。)
昨年末くらいから「微生物学の何かを紹介したい」という気持ちも湧いてきましたが、本当の意味で実験的なものを公開することはできないので(できないと個人的に判断したので)、食品科学と合わせた形で発酵等を紹介したり、せいぜいフレミングの抗生物質発見の手順を再現してみるなど、既知の情報をわたしなりにかみ砕くようなものを考えていました。
 インターネットの特徴として、遠距離の人とも意見交換しやすいというものがあるので、そういう特徴を生かし、専門分野の先端的な情報のやりとりをするというのも一つの手段でしょうが、わたしはヘタレなのでそういう場合は、一般人をカットした場所で行いたいのです。
垣根を作りすぎていると批判されても仕方がありませんが、実際に「劣性遺伝」等科学現場で生まれた言葉が一般に間違った意味で流布している状態では、いくらわたしたちが厳密な言葉遣いで討論していても、簡単に誤解されてしまうと思います。
(一般人は劣性遺伝という言葉を、背が低いとか容姿が良くないことの「遺伝性」を示すときに使いますが、生物学用語としては「劣った性質を受け継ぐ」という意味はありません。ちゃんと中学理科で習うのに、ほとんどの人が誤用でしか使わない言葉です。)
今後もこのスタイルでわたしはやっていきます。

「新庄人気」に負けた? シーズンチケット売り上げ伸び悩む
来週から開幕ですが、今年からは生でコンサドーレの試合を見ることもないんだなあ・・・。

2004年3月8日(月) 背中も

 目が覚めると背中の筋肉が張っていました。荷造りのせいだと思います。ううー、まだ先は長いのになあ。特に搬入後はある程度一気に荷物を解いて寝れる状態を作らなくちゃいけないのになあ。
出勤してM君に引っ越し屋さんに見積もりをしてもらったかどうか聞くと、まだとのこと。
「だってさー、まだ内示前だから、そこまであからさまな行動には出れないよ〜」
そうなんだよねー。多分もうヒラの異動なんて固まっていると思うけれども。

 職場や仕事に関して保守的になったり職場に育ててもらったという感覚を何の違和感もなく持つのって、公務員体質の一種なのかなあ。


 郵送で資料を送ると言ってくれた不動産屋さんから、新任地のマンション情報が送られてきました。
今より少しで良いから快適に広く暮らしたいので、専有面積は65平米以上(今が65平米だから)で、間取りは「極力廊下がないこと」がわたしの希望です。今の部屋は、廊下を配してその左右とどん詰まりに部屋や設備が配置されているというもの。部屋の独立性は高いので、子どもがいる場合はこういう間取りがいいでしょうね。でも、わたしにとっては部屋が独立しているのは使いにくいし、せせこましい。廊下の分を台所にまわせたらどれだけ動きやすいか、とも思います。次は部屋が連続していてふすまを取っ払えばばーんと広く使えるような間取りか、もともと65平米以上の面積でありながら部屋数が少なく設定してあるようなところがいいなあ。
現在の第一候補は、75平米2LDK(6万)と65平米3LDK光ケーブル対応(6.5万)です。光! 実際に導入されているかどうかは資料からはわかりませんが、対応できる設備の建物であることに注目しています。集合住宅なので光に入れたとしても、どれだけ恩恵を受けられるかはわかりませんが、やはり憧れの設備です。
早く来い来い週末。

奇石(きせき)博物館
久しぶりに石好き魂がくすぐられました。昔は地学って嫌いなほうだったんですが、岩石を手にとって眺めるようになると断然好きになりました。学校ではもう一つ鮮明でない写真や白黒写真、あまり実感の湧かない説明文からそれがどういう種類の岩石かを答えなくてはいけない科目だったので、楽しいとは思えなかったんです。
理科って、「見せる・触らせる・(これは何だろうと)感じさせる」ことが必要なんじゃないかな。そういう授業を組めればいいのになあ。

VOWミュージアム
VOWネタ。

鉛筆彫刻
ひえええ、こんなジャンルがあるのかあ。基本は螺旋で、しかも鉛筆としての機能を損なわないように作ってあります。いや、だからって握って筆記に使えるとは思えないものも多いんですけども。六重螺旋なんてものすごい繊細です。

2004年3月9日(火) およよ

 不動産屋さんとは主にメールでやりとりしています。
どうしても平日は営業時間中に電話するのは難しいので、訪問する時間帯の連絡や、ネットや郵送された資料から見たいものを伝えたり、自分の希望を伝えたりするのにメールが活躍しています。昨日の日記でNTT光ケーブルBフレッツに対応しているマンションがあった、と書きましたが、ここは既に開通していてわたしが上手にNTTに申し込めばあまりブランクなくすぐに光に乗り換えれるようです。やっほう。しかし、その情報とともに「この物件は仲介手数料半額と家賃・共益費・駐車料1ヶ月無料サービス中」と書いてありました。オーナーの意向だとのことですが、これってつまり、敷金と手数料半額は必要だけど、4月の家賃はまるまるタダってことですよね?!
今までもずっと賃貸生活をしてきていますが、こういう物件に出会ったのは初めてです。安くなるのは助かるんですが、自殺者とか出た物件なのかなあ。それにしては一月の家賃は安いものではないし、1ヶ月だけ無料というのもそういう事故があったにしては中途半端な感じ。単にしばらく空いていて、オーナーが「とにかく早く埋まって欲しい」という気持ちでサービスしているんならいいんですが。
事故のあった物件はその旨教えて貰えるはずなので、確かめてみます。

機嫌の悪いオヤジ風猫さん
サマーカットなのか、何かの疾患を治療するために剃られたのかわかりませんが、股引はいたオヤジが機嫌悪く酔っぱらっている風情。

2004年3月10日(水) でれでれ

 こうして細々と他愛のない日記を書いていても、時折見てくださった方からメールをいただくことがあり、それはいつもとても嬉しいものです。(まーたまに本当に変なメールも来ますが。) 今朝メールチェックをしたらhirax.netの平林さんからメールをいただき、驚くやら嬉しいやら。一日でれでれ過ごしました。

 6日に書いたJTBに頼んでいたパリ行きの飛行機チケットについて、一昨日発券ミスについての丁寧なお詫びの電話があり、今日宅配便でちゃんと整ったチケットが来ました。まあ発券ミスについてはJTBの責任なんですが、こうやって丁寧に対応していただいたので満足しています。カウンターでむっとした顔をしてしまったのは大人げなかったですね。反省。

 英会話最終日。
非常に良心的な教室だったので、通えなくなるのが本当に残念です。
転勤して仕事や生活が少し落ち着いたらまた教室を探そうと思いますが、これほど良いところがあるかどうか。NOVA等の英会話スクールもずいぶん長く経営しているので、指導に関するノウハウはもちろん培っていると思いますが、チケット制・授業料は一括払い(ローン有り)というシステムがわたしはあまり好きではないので、月謝制のこの教室を見つけたことは本当に良かった。むしろ、この街にずっと住んでいたのに最後の1年しか通わなかったことが悔やまれます。

ニキビつぶしゲーム
告白します。わたし、ニキビを潰すのがどーーーーーしてもやめられなくて、時々人のニキビも潰したくなって我慢するのが大変なのです。これからはこのゲームで潰しまくって我慢しようと思いますが、このゲームでは巨大なシンを絞り出す感触は味わえないのですね。大物を絞り出すと達成感があるのに・・・

2004年3月11日(木) もうすぐ春

 この2日間でぐっと雪の高さが下がりました。道路はぐちゃぐちゃで汚いですが、もうすぐ春。ちょっと雨が降っていたようです。
 明日から知人の結婚パーティ出席&新居探しの旅です。不在中に車検を通すことにして車屋さんに持って行きました。いつも代車を使うのがあまり好きでないので、春の学会の日程等に合わせて不在時にやってもらうことにしています。仕事が終わってから持って行ったので営業所の閉店間近で、もうメカニックの人たちは後かたづけに入っていました。メカニックの人たちの作業を見るのが好きなので、ちょっと残念。メカニックの男性ってもれなくかっこよく見えるので、目の保養になります。

CDの値段がCCCDよりも高いワケ
ううーむ、値段に釣られてCCCDが更に普及してしまいそうなんですねぇ〜! くううう。

キムタク効果だ!クイーン100万枚
キムタクのおかげでリバイバルヒットしたと言いたげな記事は、昔からのファンには苦々しいかも。

子供は可愛くない
こういうのを見つけると安心してしまいます。子どもが嫌いで犬猫は好きって、そんなに異常じゃないと思うんですが。
 自分に関して考えると、子どもをそばに寄せ付けたくないのは「うるさい」「面倒」と、自分の安穏とした余暇が潰されることが嫌だから、産みたくないのは「痛いのがいや」「今後最低20年責任を持ち続けなくてはいけない」「愛せない自信がある」「まともな常識を身につけるよう指導できる自信がない」「自分に似ると困る」というリスク回避の気持ちからだと思います。

2004年3月12日(金) 家探し

 昼過ぎ、新任地の中心街に到着しました。
新しく住むことになる街の名前をまだ明かしていませんが、札幌に比べてはるかに小さい街なので公開するのをためらっています。
一昨年、ワールドカップのときに「デンマークのトマソンと聾唖少年の交流」を描いたウェブ日記を見た非常に子どもっぽい数人が、同日記の他の日に記述された居住エリアと職種から同業社数社に対して「こういう人物が所属しているか?」と問い合わせる事件がありました。(問い合わせて実在を確かめたとして、何がしたかったのかは不明。)そのウェブ日記の管理人氏は上司から「お前に非はないが」とされながらも謹慎処分を受けたという顛末でした。わたしがこの日記にあんな素敵な話を書けるとは思わないけれども、小さな街に移ると何気ない行動範囲の記述から、個人を特定されるかもしれないという不安を抱きます。職場や関係機関に「Feliceという人間はいるか?」(こんな名前の日本人いないって・・・)なんてじゃんじゃん電話されたら嫌だし。そんなにヒット数がないけれども「誰でも見れる」わけなので、当面新任地については秘密にします。

 さて、お昼ご飯をすませて電話やメールでやりとりしていた不動産屋さん1件目へ。
ここは小規模のチェーン店です。事前に見たいと思った物件以外に、店頭で数件選んで現地に行きました。
最初に見たのは、築25年くらいのマンション。4階の3LDKは東向きで、あまり陽が差さず、そして何よりとても手入れの悪い物件でした。台所の設備にハワイの夕焼けみたいなプリントがされているのも、なんだかもの悲しい。
続いて見たのは同じマンションの2階、2LDKだけど専有面積はさっきのよりも大きい。ただし古さと手入れの悪さは同程度。でも部屋が南を向いていて、一歩踏み入れただけで暖かさを感じました。両方とも65000円前後で、「オーナーも古さは自覚しているから、月額は交渉できます。うまく行けば60000円くらいまで下がるかも。」とのことでしたが、この古さで新築と5000円程度しか値段が変わらないのは納得がいきません。
これだったら1万円で公務員住宅に入ったほうがいいよ〜、公宅の古さひどさと変わらないよ〜〜。
 次は新築。新しいだけあって設備がいいし天井も高い。台所も使いやすそう。68000円は少し予算オーバーだけど、先にひどいのを見たせいでうっとり。
 最後にメールで「是非見たい」と伝えておいたところ。メールのやりとりでは間取り図と設備の説明だけだったのですが、それだけでも75平米の広々とした2LDKと全室南向きなのが気に入っていました。実際に行ってみると、これは二世帯住宅の1世帯分で、過去にオーナーが住んでいたとのこと。今は家族の形態が変わったのか、別に家を建てて住んでいるそうで、使わなくなった二世帯住宅を賃貸に出しているのだとか。家屋の中で繋がっている二世帯ではなく、上下に分かれた玄関を含めて完全に独立しているタイプ。空いているのは1階だけど、鉄筋なので上の足音が気になるということもあまりないでしょう。収納もたっぷりあって、下階なので当然親世代が住んでいたでしょうし、床の間と仏壇置き場があります。仏壇置き場なんか収納に使ってやるー。その他の設備も悪くない。平成元年築なので多少は古いですが、気になるほどではありません。この時点でかなり気に入りました。この不動産屋さんのところではこれが第一候補だなーと思っていたら、「ガレージを見せます」と声をかけられ、外へ。建物の下に半地下のガレージがあり、現在青空駐車場で雪かきに苦労しているのを思うとこの設備も夢のようです。リモコンでシャッターを開けるとロングバンでもない限り2台縦列で停められそうなスペース。その奥に引き戸があり、開けると7畳大の納戸が・・・・・! 床にはフローリングが貼ってあり、明かり取りと換気の小さな窓、コンセントと電灯もついています。
こ、こ、これは・・・、ワインを寝かせておくのにいいかも! 冬は氷点下になるだろうけど、暖かい室内に置くよりいいし。しかもたっぷりした空間なので本をここに置くことができます。だいたい本、なかんずく学会誌・専門書の類なんて、常に手元に必要なわけではなく、時々内容を確認したくなるもの、かさばるけれども絶対に捨てられないものです。そういうものを置くのにぴったり! もうこの物件しかないかもしれない!
だけど、一応明日は別の不動産屋さんを訪問する予定だし、即決しかねてぐずぐずしていると担当営業者煽る煽る。
「迷っているうちに別のお客さんが来たら、こっちとしては案内しないわけにはいかないしー」
とか。
見せ方もうまかったんですよね、最初に超ボロ、次に新築、最後に少し古いけど汚くはない広い物件。うううー、営業マンの術に陥ったと思いつつも、今日までに最初に連絡したときは空いていた物件が、数日迷っているうちに他の人に決まってしまう、ということを体験したので、申し込みを決意しました。なに、申し込むだけならタダです。これから審査やオーナーとの連絡があるだろうし、契約まで1日以上時間はかかるから、その間に他の物件も見てもっと気に入ったのがあったら流せばいいんです。
それにこの広さとこの設備で月6万は安いと思いました。
 ほくほくして本日の予定を終了。
ある定評のあるレストランへ行くと医師会の会合をやっていて、あまり良い席にはつけませんでしたが、イカスミのパスタやワインでぐいぐい楽しみました。お歯黒ー。

2004年3月13日(土) 続家探し・結婚パーティ

 ホテルのバイキング朝食を済ませたあと、2件目の不動産屋さんへ。こちらは全国規模のチェーン店。大きいところはシステマティックにこちらの希望その他が処理されていきます。この不動産屋さんの特徴は、扱っている物件にガス暖房が多いことと、カードキーシステムを推奨していること。カードキーはピッキングに合わないらしいのでいいんですが、ガス暖房は光熱費がかかりすぎる。多分真冬は月3万はガス代がかかるんじゃないかなあ。それはちょっと避けたいので、灯油暖房・ほどほどの広さで2件選びました。光が来ているところはガス暖房だったのでパス。
一軒目はバルコニーが広いのはいいとして、1階で前にすぐ別のアパートがあるので日当たりが悪い。専有面積が65平米しかないのに対面キッチンにしているので、雰囲気オシャレだけど狭く感じるのも難点でした。
二軒目は、築半年ほどで真新しく、収納が充実していました。こちらも1階だけど前に何もないので、日当たりもいい。ですが、昨日申し込んだものより良いとは思えませんでした。
担当営業マンも大型チェーンの特徴なのか、あまりこちらの細かい意向をつかんで合う物件を探し回ろうとはせず、間取りや家賃や場所の希望だけで物件を出してくる感じで、とにかく数をこなして客を取ろうという風に感じました。そういう意味でも昨日の担当者は、うまかったなあ。
少し考えたいと言ったときも、何の煽りもなくあっさり。まあ今日物件を見て昨日のものが益々気に入ったので助かりました。
昼過ぎ、昨日の担当者と連絡がつき、審査を通りオーナーのOKも出たとのこと。午後、店頭へ行き、契約しました。

 この物件が気に入ったのですが、以下の欠点もあります。
○ペットは金魚や小鳥程度まで。犬猫は禁止。
○ベランダがないので衛星のアンテナを建てるのにオーナーとの交渉が必要。
○オーナーとわたしの間に管理会社がなく、今後は何かあれば直接交渉することになる。(営業マンは「言いにくいことなどは、わたしが伝えることにしますよ。」と言ってくれたけれども。)

 ペットについては、許可している物件は圧倒的に少なく、あっても高いのが現状です。今のアパートみたいに管理会社が運営していてオーナーが全く顔を出さないようなところだと、「要は汚されたり近所とトラブルを起こされるのがいやなので、あなたがきちんと飼育できるなら猫はOKですよ。犬については絶対だめですけど。」という黙認をしてもらえる場合もあるのですが(事実、このアパートで猫を飼っている人はいましたが黙認されていました。)、オーナーと直接交渉するこの物件では、見つかったら即刻退去を言い渡されても仕方がありません。当面諦めるかインコを飼うかだなあ。
 オーナーの持ち家を間に第三者を挟まずに借りる場合、ちょっとしたことで感情のこじれが出るかもしれないのも少し心配ではあります。まあ、オーナーは少し離れた場所に住んでいるので、頻々と見に来ることはないでしょうが。
 衛星アンテナについては、上階の住人が南側外壁にボルトを打ち込んで固定しているので、多分許可は出るでしょう。


 家が決まったのですごく安心し、結婚パーティに出席する支度をしました。
北海道ではもともと披露宴が本州と異なり、会費制でくだけた雰囲気がありますが、わたしの周囲では披露宴は親族中心にやって、その後職場関係や友人関係でもっとくだけたパーティを行うというのがかなりあります。親がいないせいで羽目を外す友人もいて、場合によってはゲヒンな芸も見られますがw、楽しいものです。
わたしは新郎側の招待客なんですが、新婦さん、美人だったなー。
また北海道のこういうパーティでは幹事が新婚夫妻の馴れ初めなどをおもしろおかしく書きつづったパンフレットが配られますが、それを読むと新郎の押しの一手が凄かった模様。うーむ、結婚とはこのくらいの情熱がないとできないものなんですね〜。
あー楽しかったー。
お二人とも、末永く幸せにね。

2004年3月14日(日) 週末サッカー

 そう言えば昨日はパーティに出かけるために身支度する際、ホテルでテレビをつけてコンサドーレ札幌の試合を後半戦から見ていたのでした。対戦相手は甲府。見たところ甲府の選手のほうが動きのキレがよさそうで、先制できたのが不思議なくらい。後半始まってしばらくしてDF佐藤が怪我で退場するととたんにディフェンスががたがたになりました。それでもリードしていたので逃げ切れるかと思ったのですが。途中トイレに行ったすきにGK藤ヶ谷が審判にクレームを言ったとかで退場になり、やきもきすることになりました。結局後半ロスタイム残り1分くらいで追いつかれドロー。アナウンサーや解説者は引き分けで開幕できて良かったみたいに言っていましたが、・・・・相手のほうがうまかったけど昨日のは運に助けられて勝てる試合だったと思います。
これからは生で試合を見ることはできなくなるので、この恐ろしく前向きなコメントしかしないアナウンサー(負けても「残念ながら負けましたが素晴らしい内容でした」とか言う)の実況でテレビ観戦をしなくちゃいけないのかと思うと、ストレス貯まりそう・・・。

 今日はもう一軒地元の不動産屋さんを訪問し夜になってから帰宅しようと予定していましたが、昨日契約をしたのでもう訪問するのはやめ、とっとと帰ってきました。
昨日の結婚パーティには職場関係の人も沢山出席していたんですが、そこでもう転勤は堅いとわかり、今日は今のアパートの管理会社に転出を連絡。1ヶ月前に連絡しなくちゃいけないので、結局4月は半月分家賃を払わなくてはいけない・・・。内示が出なくても人事権限者が耳打ちしてくれたら、転勤を確信できるんですが、今の上司は本当に誰にも耳打ちをしなかったらしく、パーティ会場の会話で一部不評が出ていました。
4月の家賃が被ってしまうことや敷金等には一切補助が出ないので、今月のやりくりは大変です。車検もあったし。少し貯金を崩さないと厳しいかも。
わたしとしては「早く耳打ちしてくれたら少しでも出費を抑えられたのに」という気持ちですが、上司にすれば「だから公宅に住めばいいのに」ということに過ぎないんでしょう。民間で家を決めましたと言うと、「働く気ないのか?」という人もいます。都市の行政機関に勤めていたら、公宅は職場から離れた場所になり、色々な職場の人と混ざって住むことになりますが、わたしのような技能者の場合、職場がある程度郊外にあるので職場に隣接して公宅があります。だから、公宅に住めば早朝でも深夜でも仕事はできます。今度決めてきたところも職場まで車で10分なんですけどね、「歩いて2分で職場」に比べるとやる気がないように見えるのでしょう。
でも、いくら安くても畳がぶわぶわに腐ってて床から虫が湧いてくるところに住むのはちょっと。疲れて帰ってきてそんなところじゃ寝れないし。全員が単身者なら近所づきあいもごくあっさりできるでしょうが、もめ事の噂も聞かないではないので、避けたいのです。
 また、今回はわたしは10年は動かないで頑張りたいのですが、そうすると今度の家にトータルで720万もつぎ込むんだなあ。賃貸はいくら払っても絶対自分のものにならないし、ペットが飼いたいのならやはり早めに住宅購入に踏み切るほうがいいのかもしれません。でも今の調子で民間で借りていたらなかなか頭金は貯まらないなあ・・・・・、そっか、そのために公宅でしばらく我慢して暮らすということなのかなあ・・・・。

 帰宅後すぐ荷造りに取りかかるべきでしたが、上のようなことをしんみり考えてしまい、無駄に時間を過ごしました。まあGWが開けたら少し趣味等につぎ込むお金のことを整理して、貯金が増えるように頑張るつもりです。

 夜、バーレーン戦。なかなか良い感じで攻めていたけれど、得点できないまま後半へ。失点したのは仕方がなかったのですが、相手のゴールキーパーのわざとらしい転び方や時間稼ぎにカルチャーショック。時間稼ぎはイタリアのチームなんかもよくやるから、ルールに反していないと言えばそうで、勝つことが目的ならむしろあるべき姿なんだろうな〜。

2004年3月15日(月) 内示出た

 今日は有休を取って荷造り作業。居間のごたごたしたおもちゃ類もだいぶ詰め込みました。本もCDも片づけたけど、休憩のときにネットサーフでつい思ったより休んでしまう。PCをさっさと片づけるべきか・・・。
 車検に出していた車を取りに行き、車検代と保険費用を支払ってきました。支払いにあたり、財形貯金から30万下ろす。残りは引っ越しのトラック代。トラック代だけは後から補助があるので当座立て替えるだけ。でも、わたしは数年前にこのアパートの鍵をなくしてしまったことがあって、管理会社にマスターを借りたことがあるので、退去に伴いシリンダー交換。更に清掃費用4万取られることになっているので、敷金(14万)は返ってこないと思います。うう。鍵をなくしたのも民間に住みたいのもわたしの責任と我が儘だし、好きなだけCDを買ったり旅行をしたり暴飲暴食をしたりして貯金をおろそかにしてきたのも自分なんだけど、老後を計画しなくてはいけない年齢だと自覚して、ちょっと後悔もしています。まーこれから貯金は頑張ろう。GWの旅行は「もしかしたら最後の海外旅行」のつもりで楽しみます。しかし55歳で家を買うというのは非現実的かねえ。転勤族の単身者となるとそれより若く買うことは無理なんだけど。定年まで賃貸暮らしをして貯金をはたいて良い施設に入るべきかなあ。
 夕方になって上司から電話。内示出ました。ふー、やれやれ。
片づけは明日から夏物衣料に取り組む予定。

ダメというか、何というか。私のまわりのだめんず
つい笑いの対象にしてしまいますが、周囲にいたらちょっと恐かったり気味が悪かったり、もし血縁者等なら心の底から心配ですよね・・・・・・誰にでもモーションをかける人って。恋人や配偶者がいれば今の満たされない自分が全部解消できて幸せになれるって信じこめること自体は、ちょっとうらやましいです。わたしは人を信じなさすぎかも。
だめんずじゃなくて女の子だけど、好みの男性は?とか結婚相手に何を求める?という話題のときに、別に好みのタイプも求めるものもない、わたしを好きでいてくれたら誰でもいいと言った人を知っていますが、同じセリフでも女の子が言うとなんかかわいく思えるもんですねえー。

零魂3月13日の日記より、キリスト看板展示室
大道寺さんは子どもの頃この団体の冊子をもらったと仰っていますが、わたしは看板の印象は強いものの冊子の記憶がありません。この団体の本拠地が東北地方なので、関西ではそれほど活発に活動していなかったのかなあ? それはともかく、1989年にわたしが旧西ドイツ・ノイシュバンシュタイン城に行ったら、城の麓の土産物屋の前にこの看板がありました・・・。(もちろん日本語で。)ものすごくインパクトがあって恐かったのと、白鳥城のロマンティックなムードがぶちこわしだったのでよく覚えています。思わず写真を撮ったと思うのだけど、今引っ越しでとっちらかってるので探し出せません。・・・・・・・。

予告と本編が違うとJAROに指摘された“ディズニー映画” (ゲンダイネット)

2004年3月16日(火) 送別会

 課の送別会でした。もともとうちの課で退職する人がいたので、その人の送別会として設定されていたのですが、昨日M君やわたしへの内示が出たということで急遽ひとまとめに送別していただきました。
M君もわたしも当人が望んだ場所への配置なので、喜ばしいのですが、M君は新たに始まる仕事と生活にプレッシャーも感じているそうです。移っても頑張れよう。

 というわけでサッカーを気にしつつ見れませんでした。逆転で勝てたのだとか。よかった!

カーン、代表から外れる R・マドリー戦のミス響く=ドイツ代表
おっさん頑張ってぇなー。

神戸・カズ、イルハンの家探しも”サポート”
イルハンが神戸に入ることになったときは、スポンサーが変わったとたんバブリーな様子の神戸にとまどいましたが、イルハンも神戸だから来日をOKしたのかもしれませんね。
日本には回教寺院は神戸にしかないはずなので。

豪州人の別荘、倶知安に続々 「スキーの拠点に」と関心急増 【写真】
倶知安はいいところです。豪雪地帯だけど、雪の質はいいし。バブル時には東京のお金持ちも沢山別荘を建てていましたが、バブル崩壊後手放す人が増え、界隈で空き家が多くなるのを心配していたみたいでした。新しく上下水道を敷くことを考えると、そうした中古物件を改築するなり潰して新築することが多いでしょうから、周辺住民の心配も解消できたでしょうね。
最近はスキー熱が冷え込んでスキー場はどこも大変と聞いていますが、二重に北海道経済のためには嬉しいニュースです。

2004年3月17日(水) 

 今年は本当に暖冬です。2月中旬以降の大雪には大変な思いをしましたが、いきなり暖かくなって雪解けは進んでいるし、今日は雨。雪の残る路面はつるつるで恐いことになっています。

 昨日の日記で日本には神戸にしか回教寺院がないと書きましたが、礼拝堂・集会所は各地にあるみたいですね。
神戸の回教寺院はこんな感じ。

札幌DF佐藤、じん帯損傷全治4週間
ひいいい! 尽だけが頼りなのに(TT

NHKでQUEEN未公開ライヴ映像
おお、これは見たい! 引っ越したら早速衛星放送の手配をして5/1の放送に間に合うように・・・・・・って、ヨーロッパ行ってるんでした。もうついでだから録画できるようにしようかなあ。

 新任地の不動産屋さんから連絡有り、
「衛星放送のアンテナは壁にボルトで固定してもよい」
とのこと。良かった。
アンテナを立てるほうがいいか、地元のケーブルテレビを引くほうがいいかは引っ越してから検討する予定です。

2004年3月18日(木) サッカーアテネ五輪出場決定

 いやー、大興奮の試合でした<サッカー。
前半立ち上がりでさくっときれいにゴールが決まって、かなり気持ちにゆとりがもてる状態で見れたのも良かったです。
大久保のプレイはシミュレーションを取られるんじゃないかと所々でひやっとしましたが、3点目の押し込みはほんと、感動しました。あと、ホビット・田中がものすごくよく走っているのが印象的でした。
オリンピック予選はこのところのばたばたでほとんど見ていなかったんですが、気持ちのいい試合を今日は最後まで楽しめました。
ぷはー(恵比寿黒ビ〜ル)
 31日はWC予選。A代表も頑張れー!

醤油鯛の頁
課長に教えてもらったサイト。お弁当に入っている魚型の醤油入れが「醤油鯛」と呼ばれ、分類学体系が整備されているとは知りませんでした。

2004年3月19日(金) 職場の荷造り

 職場のほうも荷造りを開始しました。とりあえず使っていない資料からどんどん突っ込む。培養器の中も整理。そしてパートさんにごめんなさいごめんなさいと謝りながら長期間培養器に入れすぎて寒天がひからびたシャーレを70枚ほど洗い場へ。
えーん、放置してたんじゃないんですよう、去年実験で使っていたある糸状菌なのですが、胞子をかき集めるための準備でした。そしてこの糸状菌は人工培養ではあまり胞子を作らないので、紫外線をあてつつ長時間・大量に培養していたのです。実験途中で不足すると困るから、余分に作っていたのも事実です。だからひからびるのは仕方がなかったんですけど、実験が終了してからすぐに洗い場に持ってこなかったのはわたしの責任です・・・。
ひからびた寒天は水でうるかしても取りにくいので、本当にごめんなさい。胞子の顕微鏡写真あげるから許してください。

「万人ニ旨イモノナシ」より、トルク
涙ぐみつつ、ペットと共有する時間のすばらしさを感じました。

2004年3月20日(土) 引っ越し業者

 さて、かなり切羽詰まってきました引っ越し作業。
一昨日から引っ越し業者検索サイトなどを使って見積もりに来てもらうべく動いています。このサイトに載っていない大手は個別に検索してフリーダイヤルから見積もりを予約しました。ハート引っ越しセンターにはサイトを使う以前にフリーダイヤルにかけ、引っ越しや見積もりの日程希望を伝えると愛想の悪い男性が即答で
「無理。」
・・・・・・・・。
「もううちは4/10までは全部ふさがって無理。」
「そーですか。」
引っ越しシーズンなので業者も塞がってしまうのは仕方がないですが、全国規模の業者でこの回答はないのではないかなあ。一応スケジュールを確かめてから答えて欲しかったなあ。サービス業なんだし。
まあ仕方がないので忘れることにして、ネットで複数業者に見積もりを依頼するサービスを利用しました。その中にハートも入ってました。
ハートは無理らしいけど、見積もり依頼が一回ですむからと思って当てにせず利用したのですが、今日、札幌営業所から電話があって「希望の日程で見積もりに行きます」という回答が。
話し方も普通にサービス業でした。
ハートさん、フリーダイヤルの見積もり受付の担当者を変えたほうがいいですよ。

 以前の転勤のときには、わたしは大手に見積もり依頼をしませんでした。
なんとなく「不況だし、地元の下請けをやっているような小さい業者に頼もう」なんて思ってしまったんですね。そして痛い目を見ました。小さい業者の全てが悪いのではなく、たまたまあたりが悪かったのですが、次回からは大小合わせてなるべく沢山の業者に見積もらせようと決心していました。
以前のときは、ドライバー以外に3人頼んだら、3人とも非常に高齢な方で、荷物を運ぶとか言う以前に今にも倒れそうで恐かったです。そういうお年寄りが肉体労働に出なければならない経済状況はお気の毒に思いますが、わたしより力無くわたしより速度もなく、ぶるぶる震えながら割れ物の箱を持たれるのは、色んな意味でつらかったです。しかも生きの良い体育会系の学生と同じ人件費でした。ううう。それでも以前のときは冷蔵庫も小さめだったし、食器棚も学生のときから使っているぺこぺこの「なんちゃって棚」だったからまあ被害はありませんでしたが、今回は400リットルの冷蔵庫、ちゃんとした食器棚、29インチのテレビがあるのでそういう事態は絶対避けたい。
(と言うか、書いていてよく請求額を全部払ったなあと思います。抗議して値切るべきでした。当時はあの今にも死にそうな70歳オーバー間違いなしの老人を前に、何も言えなかったのですが。)
小さくても良い業者はあるはず、と思っていますが、今回利用した複数の中小業者に見積もり依頼を出してくれるサイト経由で連絡があった2社は、「やっぱり小さいところはだめなのか?」と思わざるを得ませんでした。その見積もり依頼は、冷蔵庫や家具の大きさをCGIで入力できるものですが、段ボール箱の数量はわたしの素人判断です。箱に入れていくうちに「これじゃ箱が足りない」とあわてて箱の調達に走ったりもしています。だからプロに見積もってもらうことは必要だと思うのですが、電話をかけてきて
「この量と距離なら○万円。」
って、それだけ。見に来る気はないらしい。
メールで返信があったB社は、
「我が社で請け負えると思いますが?」
「お電話頂きたいのですが?」
と文章が疑問形・・・・・・・・。ビジネスメールとしては変だし、そもそも問い合わせの際にわたしは住所も電話番号も本名も知らせているんだけどなあ。それでも一応こちらから電話してみましたが、何度かけても話し中でした。
この2社はやめておこう。

 もう一つの押入整理と衣類の荷造り。もう絶対ウエストが入らないスカートは捨てるべきか今後のダイエットの目標のためにとっておくべきか・・・(涙。
あと、若気の至りで購入したものすごいミニスカートが出てきて汗をにじませたら、その後「へそ出し」の水着(セパレート)が出てきておばちゃん沈没中です。ぎょえええええ。
そんな時代があったねと、いつか笑える日が・・・・来ますか?<中島。

 そして部屋をとっちらかしたまま、この期に及んでわたしは今夜飲みに行くのです。

2004年3月21日(日) 衣類整理終了

宴会 昨夜は友人宅で宴会でした。割合近くに住んでいるため、時々こうしてお呼ばれして楽しみましたが、それも多分今日で最後。会えなくなるわけではありませんが、会う頻度はぐっと落ちるでしょうしね。相変わらずわたしはおいしいご馳走をひたすら食べていただけでした。お土産にこのお正月に自分で飲んで気に入ったヴォーヌ・ロマネ2000年を持って行きました。みんなにも気に入ってもらえて嬉しい。


ツチノコ衝撃! ツチノコは実在した!!!


猫ツチノコの正体。避妊手術以来この体型なのだとか。


猫実は、この友人も事情により5月末〜6月くらいに引っ越す予定で、少しずつ準備に入っています。その様子がわかるのか、こちらの猫さんはこのところ機嫌が悪いらしい。この写真のポーズは甘えん坊っぽいのですが、手を出すと猫パンチを食らってしまいます。あと、わたしのデジカメが気に入らないらしくデジカメに威嚇したりパンチしたり・・・。


その友人が「欲しい本があったら持って行って」と言うので、放出用本棚を覗くとなかなか、なつかしい漫画などがあるじゃあないですか! 三々五々興味のある本を持って行く他の友人たちに混じって「ナウシカ」と「エースをねらえ」の初版を手に取ると、
「あれー? あなたは引っ越しで荷物を減らすべきじゃないのー?」
とチェックが入る。うへー。だってこれは欲しいよう。わたしは稀覯本には別に興味はないのですが、30年間大切に読まれた「エースをねらえ」を持っていたいなあと思って。(最近でている文庫版は、小さいけれど巻末に著者の当時の思い出などが記してあるので、それはそれで魅力なのだけど。)
もらって帰りましたが、断腸の思いですぐに箱詰めしました。読み始めるとやばいw

2004年3月22日(月) 見積もり合わせ

 d2004(3月21日)より、ディズニー・プリンセスグッズのラインナップにあがるヒロインは、「生まれ育ち・性格」ではなく「王子様と結婚する」者に限られているという指摘。結婚は男性にとってはイベント、女性にとっては生まれ変わりに関連すると思います。再生の象徴としてはお相手が「王子様」くらいのインパクトが必要でしょう。グッズやアニメを与えるのは大人(親)なので、女の子は小さいときからそういう指向を持つ(結婚することによって再生する)ようにすり込まれるのかもしれません。本当に小さいうちから男の子は男の子向け番組、女の子は女の子向け番組に反応するという話も聞くので、本能的な性差なのかもしれません。
でも、結婚=再生なのは、専業主婦の道を選んだ場合ですよね。
 今、個人的に引っ越し作業をしていて荷物の多さにうめいているんですが、なんで荷物が多いかと言うと本やCDを持っていること以外には、「家具を持っている」からです。以前遊びに来た友人の一人が、
「なんで独身なのに食器棚持ってるの!?」
と驚いていたんですが、この人は「家具とは結婚するときにあつらえるもの」と信じていたから驚いたのでしょうね。無意識のうちに結婚で再生すると考えているタイプと見ています。
一昔以上前なら、男女とも結婚することによって住居を独立させることが圧倒的だったので、そのとき家具をあつらえることは自然でもあったと思いますが、今は大学入学〜就職で一人暮らしになる人も多いし、就職後何年も経てば住環境の整備のために買うということはあり得ると思います。
 わたしが食器棚や大型の冷蔵庫を買ったのは30歳過ぎてから。
それまではなんちゃって棚と72リットルの冷蔵庫を学生時代から使っていました。わたしは本棚がカラーボックスに毛の生えたような棚でも不満はないのですが(本の重量に負けないものであればいい)、食器棚はカラーボックスみたいなのだととても使いにくい。特にうちは台所が狭くて電子レンジを置く場所に困っていたので、電子レンジを設置できるタイプを12万くらいで買いました。安い買い物ではないけど、家具としては庶民的なものです。わたしは必要だから買ったのですが、「独身なのに・・・」といぶかる人の中には「贅沢して」と見えているのかな? 冷蔵庫はあまりにも小さいのと、最近の製品は電気代がお得だと聞いて買い換えました。400リットル弱のものですが、購入時検討すると300〜400リットルくらいの容量の冷蔵庫が最も値頃感があったのです。ドアがどちらからでも開けるので、転勤して部屋が変わっても対応できるところが気に入っています。(シャープ製品) 件の彼女はわたしよりまめに料理するみたいだけど、大型の冷蔵庫は結婚してからと思っているのかな。
子どもの頃はわたしも普通にリカちゃんで遊んだり「白雪姫」の物語を楽しんだけど、いつの間にか経済的に独立していたいと思うようになりました。そういうタイプの女性にとっては、結婚は再生ではなく、パートナーと一緒に生きていくもので、結婚式は男性と同様にイベントにすぎないんじゃないかなあ。
むしろ働く既婚女性の場合は、出産が再生になるのかなと思っています。

 さて、今日は冬休み消化&引っ越し業者の見積もり合わせでした。
結局大手4社が見積もりに来て、ライバル社の金額を一切聞かずに最初から最低額を提示したところにしました。その他のところは、別の会社にもう見てもらったか、それでいくらだったかを聞いて、その上で料金をはじき出してくるもので、見積もりに時間を割けない急いでいる客や世間知らずな客は足下を見られるんだろうなあと言う感じで。決めた後、連絡をしなかった某社から電話があったので、「今回は別の会社にする」と伝えました。決めたところの金額を伝えてももう食い下がってこなかったので、本当に底値だったのだと思います。
 荷物もだいぶ片づいてきました。引っ越し3日前くらいから台所を放棄する予定です。掃除もしなくちゃいけないし・・・。けど、退去時清掃費4万円と契約書で決められているから、掃除してもしなくてもあんまり変わらないんだろうな。そう思うときっちりきれいにする気が失せますね。結構非常識なまでに掃除しない退去者がいるからこういうシステムにしたのかもしれない。

さるのこしかけ
らくらくパックの梱包をしている女性の引っ越しアラカルト。裏話以外に荷造りのコツなどとても役に立ちます。
引越UG
引っ越し業界に勤める男性による業界裏話。業者を選ぶポイント等が指摘されている。

2004年3月23日(火) 年頃

 Kちゃん(大学時代の後輩・職場の同僚)と引っ越しの話をしていたら、お互い「家を買いたいお年頃」なのだとわかりました。
賃貸では思うようにならないことや、退職後の居場所などを考えるようになったというか。
しかし55歳〜退職時に買うというのは、お金は頑張って貯めるとしても「その家で暮らす年月が短いし、年をとってから家の管理をやりはじめるのは体力的にきついかも。」という不安もありますねー。
でも欲しいなあ、お金貯められるかなあ。

入居契約の「慣習」崩れる 賃貸住宅事情
おお、借り手にとっては朗報。

虎 夢Tシャツに予約1万件
今年はどうなるかな〜。夏に札幌ドームに来るので、仕事のやりくりをして見に行きたいなあ。

2004年3月24日(水) 送別会

花 昨夜は9時に眠くなって布団に入り、9時半頃寝入ったと思います。さすがに朝5時頃自然に目を覚まし、6時まではごろごろしていただけでしたが、そろそろ荷造り疲れが出てきたのかなあ。まだ向こうへ行ってからの開梱もあるのに。
 今日は部の送別会でした。お花を頂きました。ありがとうございます。
また、色んな人から今後についてアドバイス・励ましいただき、嬉しく思います。


 というわけで、「ドリフの大爆笑」はほとんどエンディングのところのみ帰宅後見ました。
DVDを購入しようと思うほどファンなわけではないけれど、やはり全員集合で育った世代、懐かしくチョーさんがもう帰ってこないことも寂しく。
しんみり。

2004年3月25日(木) 理解すべき・・・?

 今日は職場で同世代・なんとなく話す機会のあった3人で飲みました。割り勘のつもりだったのですが、送別してくれるとのことでおごってくれて、申し訳ないッス。どうもありがとう。
女二人男一人のメンツだったのですが、男は婚約者がいても合コンにはいくよ〜みたいな話があって、わたしとしては納得いかないなー、不公平だなーという感想。いや、女でもとびきり美人は両天秤かけて色々できるし、男性は容姿というより年収や将来性で勝負に出るんでしょうけど。まー、恋愛は不公平なもんかな。人はそれぞれの持ち前で生きていくものですわ。
(異性に対する理想を論議すると言うよりも、男女間の感覚の差をとっくり認識した今夜でした。)
 それにつけても海老のうまさよ。
甲殻類というのは食べられるために生まれてくるようなものであろう。うまい。

2004年3月26日(金) 投稿

 先週あたりから雁の群や白鳥の声を聞いていましたが、今日やっと北へ向かう白鳥の姿を見ました。いつも春の訪れを感じる光景ですが、最近の鳥インフルエンザ事件に彼らも巻き込まれていやしないかと少し心配です。カラスのように死んだ鶏を食べたりはしないし、白鳥は開けた場所を好むから養鶏所には近寄らないだろうけど。

 某誌への投稿原稿を完成させて郵送。どんなに練ったつもりでもレフェリーは真っ赤にして返してきます。完璧な原稿というのは書けないものかなあ〜。
 1月末に書いたある雑誌の原稿料が送られてきました。思ったより稿料がもらえ、今のアパートへの退去通知が遅れたために支払う4月分の金額をカバーできそう。良かった。

 夜、テレビで「カリオストロの城」
何度も見ているのにやはり面白い。声優陣もうまくて安心していられます。話題性のためにアイドルタレントを声優に起用するのは、なるべく避けて欲しいですね。

 昨日の日記、多分今一意味不明だと思いますw まあ酔っぱらって書いたということで。

グリコ、阪神選手フィギュア付き「ポッキー」2004開幕版

2004年3月27日(土) 引っ越し最終段階

 今日は電気ガスなどの公共施設へ連絡し、現住所での契約の終了と新住所での新たな契約を進めました。荷物の片づけも台所に手を付け始めました。日常生活を維持しつつ荷造りしていますが、こうしてみると本当に余計な物を持っているなあ。
「あまり物を持たないように、シンプルに暮らしている」
という人に一抹の憧れを抱きつつ、でもやっぱりわたしはこうしてごちゃごちゃとおもちゃをため込むことを辞められないと思います。

 昼過ぎ、片づけの手を止めて札幌VS仙台の試合をテレビ観戦。
仙台側のゴールに掲げられた横断幕が逆さに吊られていて、先週の大敗をサポーターが抗議していると思われました。その大敗のせいか仙台の選手の動きは鈍い。がちがちに守りに入っているし。札幌もあまり良くなく、こねこねと両チームがボールをいじりあっている感じ。正直、ゲームとしてはつまらん。後半PKをもらって札幌先制。そのまま終了。勝てたことは良かったけれど、諸手をあげて喜べる展開ではありませんでした。

幼児のプライバシー侵害認める、椎名桜子さん勝訴
親が何をやっていても子どもは親を選べないし、まだ小さいことを考えると有名人の子どもだからと言って何を書いてもいいとは思いませんが、椎名桜子に話題性があると編集部が判断したことが個人的に不思議。わたしがこの手のゴシップに疎かっただけかな。

ブッシュの悪趣味ジョークに非難轟々
究極の馬鹿。森元首相が現役だったときに大半の日本人が感じたとほほ感と怒りを、今アメリカ国民も感じているかも。まあ、森氏は人は殺さなかっただけマシなんですけど。

2004年3月28日(日) ベッド解体

 ついにベッドを解体しました。荷造りはなんとか間に合う予定。
午後からはタイガースVSデビルレイズ戦を見ながらの作業。昨日サッカーを見たときは完全に手を止めたけれど、今日はちらちら見ながら作業しました。野球は「ながら」観戦ができるなあ。

 まだ当分ペットを飼える状態にならないため、せめて映像でと思い「動物奇想天外」にチャンネルを合わせてみました。始まったばかりの頃、「わくわく動物ランド」みたいなものかなと思って見たんですが、かなりがっかりして見なくなっていました。今回久しぶりに見てオオカミや猫の姿は堪能しましたが、やはり生態的解説が物足りない。「わくわく・・・」もそんなに突っ込んだ解説はありませんでしたが、出てくる動物を「奇想天外」ほど擬人化していなかったと思います。好きなもののことを擬人化して話す癖がわたしにはありますが(例えば「車、お腹減ってる」(ガス欠)とか)、どうも「奇想天外」の擬人化にはなじめないなあ。なんでだろう。
 動物もののテレビ番組でもう一度見たいのは、「野生の王国」と「タモリのウォッチング」だなあ。DVDとか出ないかなあ。

2004年3月29日(月) 送別会・・・○回目

 昨日はまたもや9時に睡魔に襲われ眠ってしまい、「パールハーバー」を見れずじまい。お金を払って見る価値はないらしいので、テレビ放映のときにと思っていたのになあ。
 そして今日は職場全体の組織の送別会でした。全体となると知らない人やよくわからない偉い人もいるので、面白くないだろうなあと思っていましたが、ちょっとだけ関連したことのある他部門の人とちゃんと話す良い機会になり、結構楽しかったです。
某ホテルの会場でやったので、仕事が終わってからバスをチャーターして移動したのですが、その行きのバスでシステムのS氏と隣り合わせ、昨日のタイガース戦の話をしたりもしました。S氏も今回念願叶っての異動となり、引っ越し作業は大変そうですがとても嬉しそう。ただ、せっかく今年は2回もタイガースがドームに来るのに、札幌を離れるので見に行くのは難しいだろうなあとのこと。
「まあ、どうせ行くなら甲子園だけどね!」
と言っていましたがw
 その他水質分析等をやっているT氏、大学時代の同級生で今は食品関係の分析化学をやっているO君と話してすごしました。
同級生と久しぶりに話すと、「・・・お互い老けたねえ」という話がつい出てしまうなあ。
その一方でまるで大学生のように若く見える同世代もいて、びっくり。あの若さの秘訣はなんだろう。

阪神がヤンキースに打ち勝つ
昨日は逃げ切れなかったタイガースでしたが、今日は快勝したもよう!

「カーン未成年2人とホテル」報道
記事見出しにびびりましたが、オリーが大好きなディスコ遊びのついでにちょっと女の子をナンパして酒を飲んだだけなのかな? オリーも色々あるだろうけど、報道されれば余計ストレスになるだろうから、少し遊びを控える・・・・・・わけにはいかないのかなあ。
まだまだサッカーをやってるオリーを見たいので、あんまりこういう部分ばかり目立つのはファンとして寂しいです。

2004年3月30日(火) 送別会・最終回

 今日は、以前うちの職場でパート(臨時職員)をやってくれていた人たちと送別会をしました。懐かしい面々の近況と前課長の噂話がメインw 楽しかったです。
 もういよいよ3月も終わり。明日で仕事、ちゃんと締めれるかな・・・。

英会話できぬ中学教諭、指導力不足で分限免職
この事例は極端としても、中学の英語教師で英検準一級以上のレベルの持ち主は2割程度という報道もどこかで見かけました。これは、ほとんどの中学英語教師は実践的な英語能力を持っていないということなんじゃないかなあ。そして、英語は英検等の客観的評価があるけれども、他の教科はそういう評価がほとんどないので教師の基本的な力不足を判断しづらい面があり、もしかしたらもっと深刻な局面もありうるのでは・・・とも考えられます。
教師の資格試験・採用試験当時は、基本的な学力はあったんでしょうに・・・・・・、いつの間に、どうやってその力を失ってしまったのかなあ。
なんて思うのと同時に、自分が学生の頃、周囲で教職を取っている人間のほとんどは「履歴書に書ける資格だから・もし教師になれたらその後の生活が安泰だから」という理由でコースを選択していて、別に教えるということをがっぷり取り組んでいるようには見えなかったなあ、とも思い出します。とは言え生活のために教師という職業を選ぶ人が基礎的知識を失ってしまうと考えているわけではありません。あんまり若い内からがっちがちに金八先生して独善的なのも考え物だし。それに22、3歳の人間が充分な自己コントロールをして教壇に立てるかというとわたしは不安です。それと、生徒数が多いのは問題だと思います。前にも書いたけど、20人以下じゃないと特に生徒が若齢のうちは、無理でしょう。

2004年3月31日(水) 引継

 午前中、仕事の引継。4月末の会議の資料等準備したので渡し、一応終了しました。異動がなければこの資料作りはもう少しゆっくりやれたので、慌ただしかったなあ。
午後は机周りと実験室の保存菌株の最終整理。赴任先へ持って行く文献等は全部自宅に引き上げました。なんとか終われてほっとしています。

 帰宅後冷蔵庫の残り物を食べてくつろいでいると、実家から電話。
「宅急便送ったから、明日つくから。」
はあああああ? 異動になるという話はとっくにしたし、引っ越しで大変だとも伝えたよね?? なんでこのタイミングで宅急便を送ろうなんて思いつくんですか? みかんとか入っているらしい・・・・・・。
届いてももう箱を開けないでそのまま引っ越し荷物に追加しますが、怒りの混じった複雑な気持ちがなかなか収まりません。
全力で良いように解釈すれば、
「おかんが善意一杯でとにかく今の住所にいるうちに何か送りたくなった」
になるでしょうけど、既に新住所も教えているし、このタイミングで送られたらとても開封できないのに中身の一部は食品(みかん)で、それは引っ越し先でも荷物にまぎれてなかなか開封できないであろうことを考えると、とても素直に喜べるものではありません。
特にうちの母娘関係は親密でなく、母はわたしの存在を近所や親族にとても恥じているので、わたしはこれを善意だと感じるのが難しいのです。

理系のサガ?
 確かに理系に女子は少ないんですが、このブログの管理人さんは、後輩(女子)をかわいいと感じていると思います。かわいさ不問ではなく、容姿のレベルはどうであれ「かわいい」んだろうなー。かわいくない女子・本当に不美人な女性には、男子学生は露骨に無視しますから。年を取るとそういう露骨な態度を取らなくなりますけれども。

夜、A代表VSシンガポール戦。
うまく表現できないけど、「がんばれー! いけいけー!」と一生懸命応援したくなるようなゲーム展開ではなく、あーあ、どうなるのかなーと不安になるものでした。
前半に先制できたので、少し安心しましたが、「よし、逃げ切ろう〜!」とか「もう1点〜!」という気持ちが湧いてこない。
後半のシンガポールのゴールは、きれいに決まっただけでなく、そのときのテンポが日本にとって悪かったので「これはせいぜい引き分けかな」と思いました。
負けて欲しくはないし、どうでもいいとも思わないんだけど、どうも身を入れて応援できない感じです。ジーコの戦略をあれこれ言えるほどわたしは詳しくないし、何が不満なのかも我ながらよくわからないのだけど。
そんな気持ちで見ていたのですが、日本の2点目は本当に嬉しかった。そのまま逃げ切れて本当に良かった。

[←先月] [INDEX] [来月→] [最新日記] [TOP]

magmellworld@hotmail.com
Akiary v.0.51