Cinema Amo~re -MagMell-
映画感想。お薦め度は☆3が標準で多いほどお薦めになります。

AND OR

 

ミュンヘン

MUNICH (2005・米)164mins.
☆☆☆☆


監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:ジョージ・ジョナス
脚本:トニー・クシュナー/エリック・ロス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ハンス・ジシュラー ジェフリー・ラッシュ アイェレット・ゾラー ギラ・アルマゴール ミシェル・ロンズデール マチュー・アマルリック モーリッツ・ブライブトロイ ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ メーレト・ベッカー イヴァン・アタル マリ=ジョゼ・クローズ アミ・ワインバーグ リン・コーエン

1972年、ミュンヘン・オリンピック開催中にパレスチナ・ゲリラがイスラエル選手を人質に取り、政治的要求を出す事件が起こりました。西ドイツ政府(当時)の対応のまずさもあいまって人質となったイスラエル選手は全員死亡します。その後、イスラエル政府は内密に暗殺部隊を差し向け、選手を殺した「黒い九月」所属メンバーの暗殺をもくろみます。そんな報復の応酬を描きつつ殺し合うことの無意味さをドキュメンタリータッチで描くフィクションの秀作。

スパイ(エージェント)とか国の特命を受けて働くとかいう言い方をすると、つい何かかっこいいもの(007みたいな)を連想しますが、この映画はその部分では徹底してリアリティを追求し、何の後ろ盾も保証もないまま隠れ回りながら殺人を重ねていく様子を描いています。ドキュメンタリーのようなカメラワークも相まって、非常に効果的に「何が国の特命だ、ただの殺人じゃないか」というメッセージを観客に投げかけてきます。
殺しても殺しても、「黒い九月」には後任者が現れ、自分たちの仲間も報復として殺されていく。また、政府は内密に暗殺部隊を差し向けたので、最初にまとまった資金を渡しただけで何の保証も部隊メンバーには与えない。それでも「黒い九月」の何人かを殺害したことで政府は(内密に)部隊を賞賛するのだけど、家族とも過ごせず人間らしい暮らしはできずいつ報復の暗殺者が自分のところに来るだろうかとおびえながら、次のターゲットを殺す計画を練る生活に、主人公達が徐々に疑問を感じ、疲れていく様子が描かれていきます。報復合戦は終わりがないのです。
「こんなことに何の意味があるのか」
最初にこの言葉を仲間から投げかけられたとき、主人公はまだ報復に意味があると信じています。
「悪いのはテロリストだ、何の罪もないスポーツ選手を殺した。だから報復すべきだ。」
と。しかし空しさは確実に彼の中でも肥大していき、
「何の意味があるのか」
と政府筋に問いかけるまでになります。
それと同時に罪もなく殺された選手たちの死を悼む気持ちと、彼らが感じたであろう恐怖が自分自身も狙われているという恐怖にシンクロしていく。彼は死の恐怖からセックスをする。死への恐怖と性欲がスパイラルすることは、「カラー・パープル」の頃のスピルバーグであれば表現できなかっただろう。スピルバーグは、成熟した。

圧巻はラストシーンです。
「報復しあうことのむなしさ」
を語ったあとに見せられるNYのツインタワー。
単に、暗殺が嫌になった主人公がNYに移住して、イスラエル政府に背を向けて暮らしていく・・・その背景の街並み、と捕らえることもできるかもしれません。時事的なことや他の都市風景に興味のない人なら、単純にそう感じるでしょう。
でも、ツインタワーは今はない。テロリストによって破壊されたから。そしてアメリカは報復戦争を行った。その事実を知っていれば、ツインタワーの光景はスピルバーグがイラク戦争に強く反発していることを感じるはずです。
「報復しあって、何になる?」

2006.03.11.

Last Update : 2006/03/05