最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2013/09/01(Sun) この日を編集

[日記]建築日記:契約と細部の煮つめ

契約書にハンコ押した。これでもう引き返せない。今後いろいろと強制的に進んでくことになる。気分は打ち上げロケット発射。そう、アポロ1号だ!(地上で燃え尽きた) じゃあソユーズ1号だ!(飛んだけど落ちた)

ローン審査も無事通過した。今の今まで底辺社会人でありつつも唯一、ただ借金だけは無縁だったがこれにてアラフォー半ニートにして八桁借金持ちというどこに出しても恥ずかしい徹頭徹尾カンペキな人間のクズとなった。一生に一度はいいたいセリフの一つ「俺のようにはなるな!」が今なら言える。

しかしこれで肩の荷が下りると思ったら、契約したその場で山のように出現した決定しなければならない事項の数々。「もう適当にうまい感じにしてください」と丸投げしたくなる建築ブルー状態に陥りながらも、腰をあげ色々とアタマを悩ませるなど。

隣家への挨拶

これは契約直前の話。契約後に隣家より「来んなバイキン」と言われてもどうしようもないっつーかアチラにそんなことを言う資格はないんだけど、一応マナーとして引き返せるタイミングで実行した。

以前も書いたようにこの新居は義父邸、つまり同居人実家のすぐ近所だ。よって両隣とも同居人と面識があった。左右どちらもコピペのように「誰が越してくるのかと心配していたが、よくわかってる人だから安心」。翻訳すると、よくわかってる人(=同居人)の背後にヌボッといる、よくわからない人(=俺)は不安だ、といわれる。これがアウェーの洗礼ってやつか。

まあ今後ずっとここで暮らすことを考えればフレンドリーな人と思われるより、最初は不安がられて最終的に「たぶん無害」レベルに落ち着いた方が楽そうなので現状こんなもんが妥当だろう。

照明

設計士から案の提示いただいたが、見事なほどに全部が全部、天井埋め込みのダウンライト。今の今になってようやく建てる家のオサレ度を実感してきた。あと自分の認識が「ダウンライト=オサレ」という貧相さに今更びっくりした。

それを叩き台に、生活スタイルを考えつつ調整していく。リビングは調光希望、自室などはリモコン希望といった要望をさくさく当てはめつつカタログで値段しらべてしばし凍る。まあね。こういうのが金食い虫なのはわかる。が無慈悲すぎるその価格。

俺は電気の人じゃないのでトンチンカンなことかもだけど、そろそろ家にはAC100Vだけでなく12~24Vくらいの直流を通してもいいんじゃないのか。LEDにそれぞれ電源回路をくっつけてるから大変なんだよ。上記のように調光や、リモコンでの電源制御が難しいのはAC100V電力だからだ。DC電力なら全照明をそれにすることすら容易いだろう。

そもそも40000時間だのといった長寿命を謳うLEDだけど電気製品である以上は電源回路が弱点で、発光素子が保っても先に電源が死ぬ。しかし最初から直流を供給すれば電源回路は超簡略化し故障率はぐんと減り、発熱でも電力効率でも有利で、かつ照明ごとの単価は安くなる。

そして工事する時に経験の浅い(もしくは経験ありすぎて流行についてけない)大工が配線をAC100Vラインと間違えて接続し、電力とおした瞬間ボッと火を噴いて家が燃えるのだ。やっぱダメかもしれない。

コンセント

提示にはコンセント案もあった。俺が想定していた数の1/3でちょっと凍ったが、単に案でありサワヤカに「宿題です。考えてきてください」。確かに考えると難しいもので、一応あったほうがいいかなあ、を書いていくと家中コンセントだらけ。こちらの解決策をとってもいいですか? ダメですか。あ、そう。

実際のところ箇所数はともかくコンセントの絶対数は問題にしてない。足りなければタップで増やすし延長もする。この類を最初から否定するのはむしろ不自由だ。肝心なのは空白地帯がないことと、容量、ブレーカの分岐配置。特にブレーカは重要で、今すんでるマンションでは衣類乾燥機を回しながらトースターを動かすとブレーカーが切れて俺部屋のPCが落ちる。すごいイヤ。

そして電話やアンテナ、LANも書き込むが、これらに適合しない場合はどうしたものか。最近は様々な便利コンセントパネルがあるけど、要望として「適合するコンセントパネルがない線を引いた場合にどうしたらいいのか」と尋ねたがピンとこない模様。そんなにみんなこのへんしか使わないの? 詳しく尋ねられて「iRemoconを複数部屋で使うので、外部赤外線LEDを延長するケーブルを配線したいんですか」というと異星人を見る目された。私は普通の地球人です。これだともう一つの要望、「リビングの端から端まで壁裏とおしてUSBをつなげたい」と言うとMIBに通報されるので諦めることにする。

見積もりの減額

契約時点で出ていた見積もり。見事なほどに予算カッツカツで何か一つでも追加が出たら即座に破綻するという人生タイトロープ。それなのに上記のように「照明? 調光っしょ」「コンセント? 三倍返しだ!」とハッスルしており修正見積もり出てくるの超こわい。

さらに今回リフォームする家は築年数すら不明というマジモノのビフォーアフター物件であり、このままゴーサイン出して床かっぱいだら「土台が!」「柱が!」とかあると目も当てられない。幸いにして工期を遅らせ工費を激増させる「不発弾が!」パターンは京都にはあんまりない。応仁の乱が火薬の伝来より前で本当によかった。ありがとう山名宗全。でもココはかわりに「埋蔵文化財が!」がよくあるんだけど、今回は地面掘らないのでセーフではある。

現状の風呂や洗面所といった住宅設備は設計士が盛りに盛ってあるということもあり「ショールームで適当に削ってこい」と指示。しかし設備メーカも商売で、上位のカネがかかる設備と見比べると、現実的なモデルが見劣りすることすること。減額するためにやってきてるのに、風呂は何故か増えた。土台や柱でトラブルがおきる前に風呂で計画が吹っ飛ぶわ。

その他に工務店レベルで作り込んでもらう家具を設計士と相談したところ、何故か靴箱の値段が倍になった。なにか根本的なレベルで我々の建築思想は狂いが生じているのではないか。契約後でこの状態であることに戦慄すら覚える。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
kw (2013/09/02(Mon) 10:31)

ついにご契約おめでとうございます。

>容量、ブレーカの分岐配置
ご指摘のようにちょお重要。
ですが、リフォームだとすでに分電盤は存在し、
回路を増やすとなるとお金が。
分電盤に回路が収まりきらないと分電盤ごと更新で
これが6桁とかかかっちゃう罠もあります。
ですが、後々には手を入れづらいので頑張って下さい。

とはいえ、工務店も見積りにはかなりいやそれはもうたっぷり乗っけているはずなので
(万一、予算オーバーで立ちいかなくなって困るのはあっち)
躯体や基礎がダメだとか、今から間取りを総入れ替えという話でなければ、
照明や電気工事、細かな追加の類は吸収して貰えると思いますねぇ。
逆に、思った以上に余っても絶対に返してはくれませんし、
まずはいけるとこまで贅沢仕様にしてみる方がいいと思います。

はしゃ (2013/09/02(Mon) 12:25)

前回更新分はコメント返信を書こうとしたらspamで投稿限度が埋まってたので早めに書いとこう。
(日記システム上、spamは非表示になるだけで数はカウントされてってしまう)

>分電盤
元の電気設備は一切合切すべて更新と思ってます。これに関するコストは織り込み済。
今ついてる奴は、昔ながらのタダの板にブレーカを並べたタイプで確か4回路。
てきとうにググった画像で似たようなのありました。
http://homepage3.nifty.com/maekawa-e/image32.jpg

とにかく現在はブレーカ落ちが大変なストレスだし、分電盤に後で不満が出ても私は自力交換がムリなので
(電気工事士資格もってません)、回路数は多めを依頼してます。
コンロはガスなのに「将来IHにするかもだからキッチン下にアース付200V30Aの線ひいてください。
一生使わないかもですが」とかフリーダムな注文つけてるのもあります。
安くしてくれっつってる人間の所業じゃない


2013/09/05(Thu) この日を編集

[デジカメ]DSC-QX100/QX10がすごい

DSC-Fシリーズを出してたソニーとDimage EXを出してたミノルタのDNAが混じり合って生まれたキメラ。本当はこうあるべきだったリコーGXR。

このDSC-QXのの何がいいって、システム上の限界があまりないこと。ボディ側はスマホなので、いつまでもボディ側が更新されないGXRと違い基本的に放っておいたら性能が上がっていく。通信は無線なので物理的な制限もない。レンズはスタンドアロンで動くため機能もサイズ制約もなく自由に作れる。

今すぐにでも欲しいし、今後にどんな製品が出るのか考えるのもわくわくする。来年あたりDSC-QX1てな感じで35mmセンサつけた奴を発表してくるんじゃないか。防水・耐衝撃をサポートした超小型QXとか出たら興奮する。レンズ交換したければDSC-QXのかわりにNEX-5TをNFCで接続したらPlayMemoriesで起動できる。逆にボディ側として、スマホの代わりにグリップとEVFとホットシューとマニュアル撮影用の操作系を備えAndroidを載せたボディとかどうだ。

逆に欠点は、連写など帯域を食うもので不利なのと、双方にバッテリとメディアが必要なのでトータルコストは高いこと。さらに通信に電力が食われるぶんなど。起動速度も気になる。NFCタグを接触させてスマホが起動を終え撮影可能になるまで3~5秒はかかるのではないか。NFC非対応のiPhoneならもっと厄介そう。あたり。

しかしボディであるスマホ側に関してはコストも電力ももともと織り込み済みなので、このへんの欠点すごい目立たない。この製品をみて「ソニーの復活」という反応が多いのは、ガジェット自体の圧倒的なまでのデジデジ感ももちろんのこと、この時代にあってるってのが強そう。今、みんなが欲しいと思ってるものを投入してきてる。ここんとこ20年くらいの間ずっと時期を間違ってたソニーが! という驚きだ。

起動の遅さに関しては、ノーファインダで「撮るだけ」ならそもそもスマホの起動が要らないので目をつむる。帯域に関しては――なんでソニーはご自慢のTransferJetを積まないんですか? Xperiaにも積まないし。あれ一体なんのためにあんの。「スマホから離せばWiFiで制約あるけど、ホルダにつけてる=ほぼ接触してればTransferJetで通信しRAW連写だろーが4K動画だろーが撮れる」ようにしない理由を説明してください。え、なになに、コスト? あ、納得しました。

まあこれは欠点を探すようなもんじゃないな。猛烈な勢いでスマホに駆逐されつつあるコンパクトデジカメの生きる道として興味深いけど、むしろ「この製品を使う、俺が、俺たちがソニーだ!」と言い切る類のプロダクトだ。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
mym (2013/09/06(Fri) 09:12)

数回前の記事にコメントさせて頂いた者ですが
「本当はこうあるべきだったリコーGXR」に吹きました。
私にとってのコレじゃない感 No1機種です。

p.s. リフォームご成約、お疲れ様です。何のご縁か
我が家もリフォームの話が始まりまして、大変参考に
なりました。

はしゃ (2013/09/30(Mon) 20:19)

>コレじゃない感
たぶん大抵の人が「コレだ感」か「コレじゃない感」のどちらかに振り切れる製品だと思います。
そういうの出してこそのソニー。私はガチ欲しい。
家関係が落ち着くまでサイフをカッツカツに締めてんですが……

>大変参考に
え、嘘。
ウチの条件はそこそこ特殊な気がしてました。あまり一般的でないような。
まあ、それでも何かの役に立ったなら幸いではありますが。


2013/09/30(Mon) この日を編集

[日記]建築日記:工事開始直前

いよいよ工事が始まろうとしている。ここに至るまで長かった気がしていたが、家を建てる話が出始めたのは四月なのでまだ半年しか経ってなかった。

異様なほど密度が高いので時間の感覚が狂い、マジ話もう二年くらい家たてる計画に振り回されてる気すらしている。ぶっちゃけこの話題もう飽きたんで「どうでもいいから勝手にしてくれ」と思いつつあるんだけど、何故か次から次へとやることが出てくる。

火災保険

ローンに火災保険が最低条件てのはチラッと知ってはいたが、「先にローンの年数ぶん一括で前払い」てのは知らなかった。年ごとでは大したことない額でも数十年となるローン分となると、見積もりの額をみてウッとうめき声がでるレベルの額。この物件は隣家と壁を共有してるため、災害リスクが高めと判断されるという話もありつつ。

ただこの初回見積もりは、家を建てるのが普通な人の人生プランに基づいてる。ウチは明るい未来もないのに家を建てる家庭なので保障がオーバークオリティ。また、例えば立地上ダンプカーあたりが突っ込んでくる心配はしないし、子供が暴れて家を破損させるとかも三十九歳児(俺)を大人しくさせとけば問題ない。このへんで追い込みはできる模様。

で京都では95%(てきとう)の人間がまったく心配しないのが水害。真っ先に当然のように「保証不要」と回答した直後に、特別警報ひっさげて台風18号がやってきた。

この台風被害、嵐山の渡月橋まで水あがってたのを報道で見た人は多いと思う。あの報道とは程遠い地区も大騒ぎだった。我々が住んでる地域でも近くの川があふれかえり、道の膝丈まで水位が上がった。うちのマンションを一歩でた家は浸水被害で市職員が土嚢もって走り回っている。以前のレガシィ駐めてた駐車場では駐車車両のタイヤの上端ほどまで水がきている。デミオに乗り換えたとき駐車場を変更してなければ車内まで浸水してたかもしれない。

あれ京都だと60年くらい前に水害とか終わったコンテンツだと思ってたんだけど気のせい? もしかして水害保証つけるべきだった? 結局つけてないけど。市のハザードマップでドス青い現居とは違う、と信じることにする。

片付け

今回やるのは床も壁もまったく残らない全面リフォームなので、残すものは全て家の外に出しておく必要がある。TV番組の『ビフォーアフター』では捨てる家具等も全て出してすっからかんにしているが、あれはTV用の演出なのか、「捨てるものはそのままでいい」とのこと。業者や作業手順によるかも。結果、一部屋が完全にゴミで埋まったんだけど、これマジでいいんですか……まあそれはさておき。

で残すもの。祖母の持ち物の中で、値打ちものや思い出のある品などはまあいいとして。義祖母邸のたいへん狭く急な階段を上がったところ、スチールラックを埋め尽くす本本本本本本。少女漫画から古典推理、時代小説まで雑多なそれは、ここに頻繁にきていたうちの同居人が書庫として使っていた名残。同居人に尋ねる。「残すの?」「うん」ウボァー。

ここは義父邸のすぐそばであり「頑張れば運べるし、頑張れば元・同居人の部屋に保管可能」というきわめて幸運な条件と、義祖母邸の2Fは照明があるだけ、エアコンどころかコンセントすらない=扇風機も使えず、保管場所まで急で狭い階段を下り、運んだあとで回り階段を登る、という不幸な条件が並び立っていた。ここが勝負のしどころか! やるぞー。

二人そろって敗北。普及しつつある電子書籍に対し、未だに「本は紙の手触りや香りが~」とか言ってる人ら、ちょっとこの作業やれ。で紙の重さやホコリと戦ってみろ。

ダウンした我々の屍を尻目に、ふらっとやってきた偽妹と旦那がかなりの作業をやってくれた。ありがとう。若い力ってすごい。元気な若者には、電子書籍を否定する権利を認めていきたい。もっと若い偽妹の息子(小学一年生)は何の役にも立ってなかったけど。ダンボールに入り込んでドヤ顔してた。猫か。

改築祈願

建築屋から「神社で改築祈願しといてくれ」と言われる。場所は城南宮。京都近辺の路上は「ここはチーム城南宮の勢力下か」というほど城南宮ステッカーを貼り付けた車がうようよ走ってるが、本来ここは方除の大社であり引越・旅行から転じてほどの交通安全祈願になったのであって、むしろ転居の方が専門ぽい。

祈祷受付にて申し込み。説明が超スピーディで「今住んでる場所のリビングでお札を引っ越し先の方角に向け、あと引っ越したあとでの方角が~あと引っ越しの時に清めの砂をひとつまみ分けて~」え、さっきの説明まだ飲み込めてません。神の試練をみた。まあキモチの問題であり「自分の覚えてる範囲でそれっぽいことをする」のが重要なんだろう、と自分に都合良く受け取る。

あとは希望コースの日数、祈祷してくれるけど、初回の祈祷は申請した者も参加するとか。祭壇前にて生・巫女さんの舞の奉納を拝むことに。この手のがえらく好みな同居人が横でモエモエモエモエモエというオーラ出してた。確かにこれはちょっといいものをみた気がする。

しかし奉納の途中で、祈祷依頼の時に出した住所氏名年齢と祈祷内容をつらつらと素で読み上げていくのにはびっくりした。祈祷は30人ほど一気に行うので、自分以外の29組の住所氏名年齢も全部わかる。もちろんウチの住所氏名年齢も29組に知れ渡る。転居だとか旅行だとか情け容赦なく片っ端から全バラし。うわー。個人情報保護などカケラも気にしない神様のオラオラっぷり。さすがゴッド。でも心底思った。「嘘書いときゃよかった」。神様なら汲んでくれんだろし。


これで懸念は全てクリアだ。工事開始まで秒読み状態となった。もうすぐコレを建て始めるんだよなーという感慨を胸に、やり遂げた目で資料を眺める。あれ?

メーラ起動。「見積もりのキッチン水栓こっちの指定と全然違うんですが。あとキッチン照明スイッチ、キッチン内だけだと絶対に消し忘れますのでリビング入り口にも三路でスイッチつけてください。あと断熱材(以下略)」いつになったらやりとり終わるの……

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
てけてけ (2013/09/30(Mon) 23:16)

おおー、、ついにここまで来ましたか――。
感慨深いものがあります。
2年前、築65年をリフォームするか、新築するかで見積もり取ったら新築に軍配が上がりました。
元々平屋だったところに二階増築、車庫付け足し、車庫の上にさらに二階増築、とつぎはぎだらけの家だったもので、リフォームするには不確定要素が多すぎました。
築65年のゴミは8トントラックと4トントラックにいっぱいいっぱい。
こんまり先生だの断舎利だの言う前に、人生リセットした感じでした。
で、結局必要最低限だったものって、ノートPCと防湿庫2台分のカメラ、衣類だけだったのって、人生積み重ねてないなーって、しみじみでした。

りっかー (2013/10/01(Tue) 15:11)

>個人情報保護

安産祈願で夫婦とも年齢と予定日セットで読み上げられました。そのへんは神通力でお察しいただければ幸いです。

はしゃ (2013/10/01(Tue) 17:52)

>新築vsリフォーム
あー。元の構造によるところは大きそうですね。
こちらも三方向に増築を重ねた建築ではありましたが、バイタルパートは手を入れてなかったです。
(増築した部分は徹底的に全部壊してやり直すっぽいです。南の増築部はばっさり削るくらい)

ゴミ量に関してですが、もし私んとこの実家を処分することになったら私ほぼ間違いなく「全部捨てといて」と言いそう。
今すんでる家でも「これは捨てられない」というものゼロですね。カメラもPCもひっくるめて。

>安産祈願
それはなんとも……というか神社のあの祈祷申し込み、申込時に個人情報の取り扱いについての記載がまったくないので
結構ヤバい物件だと思ったです。読み上げはもとより、あの情報がちゃんと祈祷後に破棄されてるのかも一切不明だ。

kw (2013/10/03(Thu) 16:34)

ついに着工ですねぇ。
あとは本当に開けてびっくりがない事をお祈りしますが
お話だけ見てると、かなりすっからかんにされるみたいで
よほど設計がヘマしてなければ、すんなり行きそうですね。
ただ、面倒でしょうが、こまめに現場を確認された方が良いと思います。
施工屋さんがうっかり勘違いってのは本当に本当によくあるので。

わか (2013/10/17(Thu) 00:21)

すごくご無沙汰しております、同居人君の友人です。艦これの演習で覇者さんっぽい高LV提督さんとぶつかったので思わずコメント…
お引っ越しされるのですね!義実家のご近所ということはあのへんですな、良いところですね。学生時代よく遊びに行ったので懐かしいです。色々大変でしょうがそれ以上に楽しみな事もたくさんと思います、頑張って下さいませ。
同居人君にもよろしくです。

ぴーさん (2013/11/02(Sat) 23:51)

建築日記をいつも楽しみにしております。昔の大(仮名)帝国 時代の面白さで一人称が「我輩」だったらタイムスリップした気分になれそうです。
私は過去に信用情報に傷をつけたので 喪が明けるまでもうしばらくはローンが組めませんが、覇者さまはフリーターなのにご自分でローンを組まれたのですか?
定職を持っている(過去の情報なので私の思い込みです)キャサリン嬢が申請すれば楽なのに などと思っていました。立ち入った事を書いて申し訳ございません。
尚、私も「男の本音」というブログを始めてその中でWEB界での覇者様に関わるコメントを書いております。
良かったら覗いてみてください。
昨日立ち上げたばかりなので検索エンジンでは探せないでしょうから念のためURLを書いておきます。
http://kkkyaskaz.blog.fc2.com/

何だか宣伝をしているようで恐縮です。


最新 追記