最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2013/04/04(Thu) この日を編集

[日記]建築日記:家を建てるとか

リアルタイムの出来事。結論出てないことを書くとか、まるで日記サイトみたいで落ち着かない。


コトのはじまりは、同居人きゃさりんが「一人暮らしの父を見られるようにしたい」と言いだしたこと。

義父は外に出ない仕事で、趣味も競馬とガーデニング、交友関係も広くはないというハイレベルぼっち。で以前に脳梗塞起こしたことがあると。あらゆる意味で俺からみても自分の両親より不安なのは確か。ていうか俺は自分の親ぜんぜん心配してない。あいつら俺より元気。

10年後なら俺は即刻「知らん。見捨てろ」と言うだろう。けど今なら協力できる。手段はどうするか。金もなければ子供もおらずノーフューチャーな俺と同居人きゃさりんの二人して義父邸に同居、家と一緒に朽ち果てていくというプランを提示してみたが、前述通りぼっち度高い義父は基本的には一人が好きそうとか色々あって却下。なんか俺が怖がられてるだけかもしれない。

で義父邸の近所にある、去年末に亡くなった義祖母邸に引っ越すというプランの採用となった。

こうして一家のあるじデビューが決まった。いや経緯からすると一家のあるじは事実上同居人きゃさりんになる気がするので、俺は……ざしき(元)わらし? 生きてる地縛霊? そのへんか。まあ、一軒家に住むのは確かだ。

とはいえその義祖母邸、最低でも戦前から建ってるので築70年超えの気合い入った老朽建築。俺らの残りの人生ぶん、ここに住めるかというと現実的ではない。

ひとまず「築70年の家はなかったことにして撤去、更地にして建て直す」という案を仮定してみたけど、後で土地の詳細を調べていくと狭さに愕然とする。建て直し時の容積率を計算すると、延床面積が今いるマンション+5坪程度となる。将来、義父と同居となる可能性考えると相当に厳しい。

リフォームなら今より減築してなお、もう少しマシそうだ。TVのリフォームバラエティ番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』に、しばしば出てくる狭小すぎ住宅や老朽過ぎ住宅に対し「いやその家はもう捨てろよ」「リフォーム代で引っ越せよ」と突っ込んでたけど、なるほど人には事情ありということがよくわかった。場所の選択肢がない人が、ああいうウルトラCに頼るのか。

でもここ、本気で番組みたく床めくったら基礎が朽ち果ててもうないとか、2階にある畳がベコベコしてて入れない部屋は下の梁が折れてるとか、そういうレベルだと思うんだよね。はてさて。ひとまず新築、丸ごとリフォームを両方掲げてるところにメールを投げ、現在は反応待ち。

話が進めば続きを書いていく。需要はなさそうだけど気にしない。

本日のコメント(全10件) [コメントを書く]
通りすがり (2013/04/04(Thu) 22:52)

お疲れ様です。下手をすると心労のたまりそうな案件ですが。家作り、面白そうじゃないですか!隙を見て覇者りん好みの小技を仕込もう。(っていうか、もう何かしら考えてるでしょうが)

tamso (2013/04/04(Thu) 22:56)

イイネ!楽しみ~\(^_^)/

たろ (2013/04/05(Fri) 18:02)

急にすごい話が浮上したんですね。
建て替えかリフォームかは置いといて、将来同居前提なら広い方で同居が良いようにも思えます。
でも間取りや家具の配置でも変わってきますしね。
難しい~~

鈴木 (2013/04/05(Fri) 22:46)

こんにちわ。デジカメでお世話になった鈴木です。
昨年の秋から間取りを検討し始め、来週末に地鎮祭・着工、秋に入居予定です。
19坪と狭小地に建てる予定です。ご質問などありましたら、いつでもご連絡ください。何かのお役に立てれば幸いです。


尺モジュールで建てると階段・廊下が驚くほど狭いです。バリアフリーを重視されるのであれば広めにとるようにされることをお勧めします。
後、脱衣室が盲点になることが多いと聞きます。車イス使用時には相当のスペースが必要になるらしいですよ。

との (2013/04/05(Fri) 23:05)

ちょっとした転機ですな。続報に期待しております。

はしゃ (2013/04/07(Sun) 00:57)

>私好みの小技
うーん、実際のところ私にはあまりこだわりがないんですよね。
基本ヒキコモリで、車の維持と入浴ができれば足りてしまいます故、六畳間の自室と風呂と駐車場があれば文句ない。
むしろ同居人による「小技」の案をバッサバッサと切り捨てるほうです。

>イイネ!
今度ちょっとお邪魔させてくださいリアル友人。

>将来同居前提
本文にも「義父は一人が好きそう」「同居となる可能性」と書いたようにまったく確定した話ではないので、前提にはできません。
義父は自分の家に死ぬまで居続けたいと考えてると思う。同居化は4:6くらいかなー(超てきとう)。
ただ、その4割を引いたときに詰むようじゃ困るという。

>階段・廊下が驚くほど狭い
そこらへんは重要項目で。義父と同居になるとしたら、そもそも義父の生活に支障が出た時となるため最大で「歩けないレベル」を想定してます。
階段はいざとなれば階段リフトとかつけられる幅と強度とか。
廊下は……そもそもあるのか新居に。間取りを考えるようになってはじめてわかる「廊下って贅沢品」という事実。

>転機
厄介ごとは呼んでない時にくるもんで。
まあ回避不可能な出来事ならせいぜい楽しみます。

BUN (2013/04/07(Sun) 10:06)

閣下、お元気そうで何よりです。
安心しました。

>「廊下って贅沢品」という事実。
確かに^^;
私はもう10年ぐらい前にこのケースを考えて家を建てました

歩けないレベルの想定ですが、ここのところは私も考えました。

私は、車椅子での生活が出来る家という条件で、間取りを考えました。
車椅子生活者の動線にトイレ、お風呂場の配置。
廊下の広さ・手すりの設置位置(車椅子は幅に余裕がないときついです)
また忘れやすいのが部屋への入口の扉です。
間口もそうですが、開き戸より引き戸の方が便利です。
トイレも相応の広さが必要です。

私は田舎住まいですので、広さに不自由が無いため、
かなり広めに余裕をもって作る事ができました。

何が言いたいかというと、高齢化による「歩けないレベル」というのは、
かなり介助が必要となってきます。
この介助ができるのか?やるのか?という考え方も必要かと。

手すりと杖があれば歩行できるレベルで設計するのか、
歩行器で移動するレベルで設計するのか、それとも車椅子か・・・

自分たちでどのレベルまでの介助を行うかということも一考を。

閣下の判断を否定するようで申し上げにくいですが、

>ただ、その4割を引いたときに詰むようじゃ困るという。
この覚悟があるのでしたら、
その状況になったときにリフォーム・新築を考えるという案もあります。
でもアベノミクスの兼ね合いで今は建てどきではありますが、
未来はなかなか思うように行きません。

長文にて失礼いたしました。

はしゃ (2013/04/07(Sun) 20:23)

あー。ばっさり書きます。
私のスタンスは常に徹頭徹尾「ある程度までは全力でサポートし、手に負えないと判断したら即座に見捨てる」です。
手のひら返しには定評があります。見捨てる対象には同居人も含みます。

もとより自分の親すら心配しない利己的な人間の私が、オッサンを助けつつの同居なんて、私ヤですよそんなの。
そもそも私は今のマンションの暮らしに何も不自由してない。不必要な借金を背負うとかゲーてのが本心です。

しかし入り婿の私には、この一連に関してイニシアチブはまったく皆無です。方針じたいは私には一切、関与できていません。
だとしたら自分の決定権が及ぶ範囲で、将来に選択肢を残すよう行動するかという調整の産物が上記です。
どの程度までやるのか、というと、将来、見捨てる決断するとき周囲と同居人と自分が「それはないわ」と判断しないレベル。
私に覚悟などありません。やってるのは、未来に自分を納得させることと、選択肢を残すことです。

あと今すんでるマンションはバリアフリーの発想があまりに皆無、今はまだいいけど「このまま住み続ける」という発想もなかった。
元より築20年を超えており、湯沸かしやキッチンはすでに寿命が近づいていたため、数百万円クラスのコストをかける
大規模なマンションリフォームはこの一連の話が出る前から視野に入っていました。それが家に拡大したという考えもちょっとある。
(おそらくこのリフォーム計画が実行後だったら、家を建てる話は消滅していたでしょう)

聖龍。 (2013/04/10(Wed) 09:00)

久しぶりに覇者さんのTwitterまとめ読み(ぉぃ)してたら、当たり屋(ぉぃ)とは違う事件が起きてて見にきました。
危うく話題に乗り遅れるところでした(;´Д`)

しかし個人的には最近某将軍国家がニダニダ騒がしいので、暇なときにでもまたミリタリー話とか覇者さんにしていただきたいっす。

はしゃ (2013/04/10(Wed) 17:14)

>某将軍国家
最近はtwitterとtogetterのおかげで、ちゃんとミリ知識がある人らの解説が山ほど供給されてるでござる。
そゆの見たほうが確実なのがなー。私のミリ知識は、たいへんヘボい代物です。たまにとんでもない自称専門家がいるけど。

でヘボい私のノリだと、あの国が衛星発射に成功した時点で最前線は38度線から一気に日本を飛び越して今はアメリカにあると考えてます。
なので今日の大騒ぎもちょっと対岸の火事をみてる気分。日本国土は嘉手納を含めてもそんなに危険はなさげ。
まあ油断もアレですが、怖がりすぎるのもねえという。
もし今グアムにいたら逃げ出す算段を考えてたとは思いますが。あそこB-52戦略爆撃機が飛ぶアンダーセン基地があるので。


2013/04/09(Tue) この日を編集

[PC]USB音源にHUD-mx1導入

製品公式。今までPCの音源は「鳴れば不満ない」と安定度最重視でUSBサウンドブラスターを使ってたんだけど、ヘッドホン使用の頻度が増えてくると、なんか不満でた。といっても不満点は音質とかではなくパワーと利便性。

特にパワー不足はひどく、ヘッドホン接続時もお気軽に最大ボリュームにできてしまうのはどうなんだサウンドブラスター。うちのヘッドホンはMDR-MA900、これインピーダンスたった12Ωなのですが。

利便性ってのはヘッドホンで鳴らすときUSBサウンドブラスターの端子に直接ぶっさすのが面倒。ぶっさしっ放しでスイッチで出力先を切り替えたい。よって代替品として次の条件を満たすものを探した。

  • USBバスパワーでなく別電源で動くやつ。
  • 出力セレクタがある。
  • USBオーディオクラス対応。ドライバで苦労するのヤ。
  • ハイレゾ音源とかはどうでもいい。どうせ俺には違いがわからん。
  • 一万円台。

この条件をリストアップした時は厳しいと思ってなかった。けど実際に探してみれば意外とない。特に一番上が難で、予算を軽くぶっちぎる高級品でも電源はUSBバスパワーだったり。

さすがにサウンドブラスターじゃない奴なら音量は出るとは思うけど、お仕事でUSBをいじくると意外なほど綱渡りな規格なのだコレは。VBUS(USBの電力供給)はケーブルによってガスガス減衰。こいつに増幅を任せるのはなあ。USBバスパワーを使う限り「ピュアオーディオ専用USBケーブル」とかいう笑い話が決して冗談で済まない。いや冗談だけど。PCからの供給も常に一定とは限らない代物だ。

(ちなみに安物ケーブルだとD+/D-のエラーレート激増という症状も出る。USBオーディオはエラー訂正をしないアイソクロナス転送なので、このエラーレート増加は音質にモロに出るため、ピュアオーディオ専用はともかく胡散臭すぎるケーブルはやっぱダメ)

結局あきらめて、そのうちいいのが出るさ、と放置してた。そんななかHUD-mx2という新製品の記事みかける。予算オーバーなので視界にとどまらず脳から揮発する一瞬前、mx2があるならmx1もあんじゃね? → あった。全条件満たしてた。いいのがもう出てたのね。という経緯。


機能面以外、特に音質に関しては俺はアタマの左右についてるのが節穴である自覚があるのでオマケ程度に。

とりあえずパワー不足に関してはボリュームを目盛り9時のところでサウンドブラスターの最大設定と同等の音量となり満足した。ぜってー最大になんかできない。そしてヘッドホン/ラインアウトの出力スイッチがあるのは、やはり強烈に便利。ヘッドホンの使用頻度があがりそう。

また本機はACアダプタ抜いてUSBバスパワーだけでも動くので、俺が無駄にこだわった「外部電源対応」に意味があったかを確認できた。アタマ左右についてる節穴で聞き比べた限りでは歴然の差があった。USBバスパワー時はサウンドブラスターと同じようにアップアップしてるのが電源ぶちこんだら途端に余裕しゃくしゃく。

まあ主観だし、たまたまUSBサウンドブラスターとこのHUD-mx1のUSBバスパワー使用時のみヘボいだけで他の製品はもっとマシなのかもしれない。自分の要件は満たせたのでヨシとする。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
Nique (2013/05/09(Thu) 16:46)

ご無沙汰です。

USB工作できるならUSBオーディオなヘッドホンアンプを自作する・・・なんてどうでしょうw
最近のPICのUSBファームウェアサンプル眺めてたらUSB Audio Speakerなんてのがありましたよ
ブレッドボードに部品生刺しでできるかも

はしゃ (2013/05/09(Thu) 16:57)

>USB工作
SPDIFで出すなどデジタルで完結するなら可能と思うですが、出力先がヘッドホンである以上は
アナログが絡むので、私には敷居が高いですねー。アナログさわるのヤです。
あとエントリ内で書いたように電源をACから供給したいとか色々。
遊びならいいんですが、実用目的なら出来合いのものを買うです。

Nique (2013/05/09(Thu) 17:11)

アナログアンプは出来合いを・・・まあ工作して遊ぶつもりじゃなければ面倒は避ける一手ですね
たまたま今USB工作やってるので思い付きでした
ご容赦


2013/04/12(Fri) この日を編集

[日記]建築日記:建築屋をえらぼう

山奥にログハウス作る訳じゃないので、家を建てるのには建築屋に依頼する。さて、どこに依頼したらいいの。

普段あまり意識しないけど建築事務所って膨大にあるのね。GoogleMapsで「建築事務所」とか入力したときに地図に現れるマーク数がコンビニより多いのは予想外だった。そりゃあ少なすぎるよりはマシだけど、こんなの到底選べません。何か、候補を絞る情報が欲しい。

人生で困った時はリクルートの本を読めば七割くらいなんとかなるという考えのもと、SUUMOの建築関係の本をみたりする。ゴージャスな家みてコレいいなあ(3000万円コース)とか。この建築バカっぽいとか。どうして家を建てる人たちはあんなに薪ストーブが好きなの。そしてトイレの内装ではっちゃけるの。

SUUMOはスーモカウンターという窓口をプッシュしており、京都にもある。後からウザい営業が来るのを覚悟で申し込もうとしたところ「注文住宅(建替え・新築)を検討されている方向けのサービスのみ」という表記が。全面リフォームとかいう貧乏くせえこと考えてる奴は来んなと言われて断念。この相談窓口では建築屋選びだけではなく資金計画とか、マグロ漁船でのマナー、臓器販売の業者紹介とか生命保険が滞りなく支払われる自殺手段などを教えてくれるっぽいんだけどなー。

しかし色々みていると間違いに気付く。リフォームという言葉が悪い。この単語はただの壁紙の貼り替えだとか、素人でもなんとかなる設備の一部変更まで含む。ナウなヤングの間では、ほぼ建て直しと同じレベルの機能・自由度を目指す全面リフォームはリノベーションとか言うらしい。

すごい「ケッ」感あるけど、こちらの言葉を使う建築屋を調べると相当絞れる。あとSUUMO雑誌で気になった建築屋をあわせ、数件に絞り、3件にアクセスを開始した。

オサレ社
近畿一円をサポートする。お仕事の流れがいい意味で事務的。最初に問い合わせのメールを投げたところ、最初から先方ボスによるメール返信で「三日後に事務所に来い」というスピーディさ(他は電話で、最初の会合は約十日後)。その会合も「素人に相談されるプロ」として、たいへん密度が濃いものだった。しかし建てる家のコストはすごく高そう。
大規模社
日本全国いろいろやってる建築チェーン。電話を返してきたのが建築士というのに驚く。しかし最初の電話から専門用語がズバズバ、「そんなん知らんやん」ということを尋ねられたり。とにかく現物件を見ないと始まらないとスタートダッシュをキメてくるが、フットワークが悪くその予定の打ち合わせが全然進まない。やる気あんのかな。値段はお手頃そうな気がする。
こじんまり社
地域密着型。電話を返してきたのは営業のねーちゃん。やりとりは密で深夜でもメールを駆使して平気で話が進むけど、全然本格的な話に入れない、という大規模社の真逆の傾向。今後の方針を立てづらく、ここ一社だけだと「今後大丈夫か」と途方にくれそう。追い上げに期待。費用のほどは未知数。

今後しばらく週末は打ち合わせ等で潰れそう。家を建てるのって大変だわ。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
BUN (2013/04/12(Fri) 17:36)

依頼するところの選び方ってのちのち大事ですよね~
自分のフィーリングに合った人と打ち合わせをする分には問題なんだけども、
伝えたいことが伝わらない人に当たるともう悲惨。

たくさんの営業の方とお話することをオススメします。
短期間で会うと精神が病むので、ほんとのんびり会えたらいいんですけどね~。

鈴木 (2013/04/12(Fri) 23:16)

こんにちは。
住宅は言ってみればオーダーメード商品なので、担当者が優秀か否か、肌合いが合うか否かがとても重要だと私も実感しました。また、優秀な担当者というのは基本、紹介で客が十分に採れてしまっているようです。担当者も人ですんで、知り合いからの紹介ではあまり無碍なことは出来ないというのも大きいかもしれません。
私もBUNさんと同意見で、もし時間が許すのであれば、そのような担当と繋がれるように可能な限り時間を使うことをおススメします。

はしゃ (2013/04/16(Tue) 13:09)

>伝えたいことが伝わらない人に当たるともう悲惨。
いや本当に思い知りました。大規模社の担当あれたぶん異星人。
齟齬の原因は「大規模社の考えるリフォームプラン」と、「こちらがやりたいこと」が徹底的にかみ合わなかった点。
ほとんど意見がない時点のスタートならいいのかもしれません。このへんはいずれサイトで多分書く。

>紹介
友人の親が建築士だったのですがねえ。色々と巡り合わせが。
あとコストを最重視するつもりはないのですが、今このタイミングの場合「時間かけると消費税分だけコストが増加し、
他のクオリティで妥協が必要となる」ではあるので、とりあえず希望としてスピーディさの占める割合もそこそこ多く。
動くだけならスタートを三ヶ月ほど前倒しするチャンスはあったのですが。まあ今いってもしょうがない。


2013/04/16(Tue) この日を編集

[日記]建築日記:建築屋と会おう

先週末、こじんまり社、大規模社、オサレ社とそれぞれ面談機会をもった。世の中には……いろんな……人がいる(バタリ)

こじんまり社

ここでは女性二人が応対。シンプルなのに遊び心のある雰囲気の事務所で和気藹々とした雰囲気をつくり、雑談のように希望を尋ねてくる。キーワードはリラックス。なんという会話のしやすさ。

しかし。こちらの用意したふんわり希望をひとしきり伝えた後、地獄タイムが地雷のように埋まってた。「当社では個人を大事に~」いう名目にて、子供の頃に好きだったものとか小学生の頃の部活動だとかを聞かれるという耐えがたい羞恥プレイがおもむろにスタート。何故俺は、こんな今日あったばかりの人に黒歴史ほじくり返されてんの。罰か。これは罰なのですか。

こんなに苦しいのなら…悲しいのなら……家などいらぬ!

あとサイトの公式ブログが「反原発」とか「女性ならでは」とかいった俺的NGワードで満ちあふれていることに後で気付いてウボァー。油断してるとすごいドヤ顔で「この配置は住むのにメッチャ不便です。が風水には最高!」ていう設計図が出てきそうな気がする。俺らは家を建てたいのであって宗教に入信したいんじゃないのよねー。

大規模社

ここは最初のアクセスから担当者にコミュ障の気配あって心配していた。なんせ最初の連絡してから10日ほど経過した時点で、返信されたメールがたった1通(他2社は10通オーバー)。何この放置プレイ。

また電話を返されたとき、現地住所を尋ねられ手元に資料がなかったので「確か~○○だったと思いますが、違うかもしれません」と言ったら、一週間ほどあとの現地測量をする前日の夕方に「その住所は違うようですが」とかいわれた。あまりに確認とらないので、この日まで「俺らが現地まで案内する」と思っており、直接くるとすら思っていなかった。待ちぼうけ発生寸前じゃねえか。

こんなのでも、実際に会ったらマトモかもという儚い期待があったんだけどなあ。コミュ障っぽい奴がコミュ障じゃなかった例なんて世の中ほとんどねえか。

測量の日。他2社はこちらの希望をまず聞いてきたが、ここは希望よりなにより測量が先。これだけなら「まず可能な範囲を意識したいのかな」と納得してたんだけど、測量が終わった途端に「当社の床材は」とか語り始めたぞこのオッサン。あの今は家の話をしたいので、床は後でいいです、と止める。

こちらが間取りをこうして~と言ったら全て「できますよ?」と当たり前のように言って会話終了。メリットデメリットの提示とか皆無。そのあとドリームを伝えようと頑張ってるときに傍らに「バスルーム改装カタログ」置いてあるのには絶望すらした。すてきなライフスタイルは全て風呂から始まる!

さすがにたまりかねて「今は手段の話ではなく、目的の話をしたいです!」と訴えるも、担当こっちが何を言ってるのかまるでわかっていない。目的はリフォームですよね? それ以外何があるのです? という目を返された。

逆説的にリフォームとリノベーションの違いを思い知らされた。この大規模社の全面リフォームってのは、和室のフローリング化やバスルームのモダン化といった「一部改装を家全体に行う」ことであり、全面的に家の機能を再構成するリノベーションの引き出しがゼロなんだ。

あとオッサンまじコミュ障。大雑把な資金の話してるとき、行政から受けられる可能性のある全控除の説明いらないです。重要なことは認める。が、完成時期も数ヶ月単位、予算も数百万単位で流動的な今やる話じゃねえだろ。そもそも控除狙いで家の要素を決めたりしない。手段を目的化してどうすんの。「本来は届かないこの要素が、控除を活用すれば実現できる」ってのがプロの仕事だろう。

この担当者のあだ名たぶんハカセ。あらゆることに詳しいが優先度がなく、ただの歩く知識袋。そんな存在相手に「家を建てる」という会話をしていく不毛さといったら。オッサンらが去ったあと、俺と同居人はマジで立てないほど疲れ果てていた。

オサレ社

すでにオサレボスとの面談は終了しており、今回は実際にオサレ設計をおこなう人と顔あわせ。直前が大規模社の歩くコミュ障ハカセだった落差か、もはや「会話になる」ことだけで大きな喜びがそこにある。

それどころか、ここは素晴らしかった。すっっっごい建設的な時間だった。家だけに。

用意したふんわり要望書の項目ごとに妥当性や修正したほうがいいことを教えてもらう。こちらが知りもしなかった手法の紹介。たった1時間半ほどの会話で、相手に要望を押し込むだけではなく、こちらのイメージも影響を受ける。よりよい結果に近づいているという実感がある。感動すらある。これだ。これが打ち合わせだよ大規模社コラきいてんのか。

ただ値段も案の定ウルトラで、ドカンと大規模社の3割以上増しを積んできた。しかしそれでも「ここの家に住む」という強い憧れがある。ここより3割安い大規模社の家に済むなら、希望住所の近所で建て売りを探すことすら考える。


気分的にはオサレ社で決定なんだけど、まだ間取りも出ていないし、予算の都合ってもんもある。打ち合わせを継続しつつ、もう一社くらい考えるかなあ。でもそこが大規模社みたいだともう全てがどうでもよくなりそうだ。これメッチャ疲れる。

さらにそろそろ金策を考えないと。参考までの俺の社会的地位を客観的に解説すると「アラフォーのアルバイター」となる。びっくり。スタートからゲームオーバー。人生がスーパーリアル麻雀。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
kw (2013/04/17(Wed) 11:08)

通常、大規模小規模問わずリフォーム屋さんは保守的で
図面がこうなってるから、この柱は動かせないからで
間取りの再設計をわざわざしようとしません。
理由は多分とてつもなく面倒だから(適当)
個人的には3割程度の価格差で
そこまで背負おおうとするオサレ社すごい。

金策はローンをお考えかもしれませんが
一般的な住宅購入ローンと違ってリフォームローンは
そもそも取り扱いが少なかったり探すのがなかなかしんどいかもです。

はしゃ (2013/04/17(Wed) 11:26)

>3割程度の価格差
まだ具体的なプランは一切ありませんので本当に価格相応かは実際にはわかんないのですが、
そもそもリフォーム屋の見積もりが思ったより高い感すごくつよいです。
オサレ社プランがカタチになると平凡かもしんない。このへんがわかるのは二~三週間後になりますね。

リフォームローンに関してはホントちょっとネックなのですが、銀行のカタログにずらりとあるのだけが商品でもなし。
結局は銀行の担当者の裁量次第ですから、そこそこはいけんじゃねとポジティブに考えています。
(少なくとも建築屋は、「たぶん、きっと、おそらく大丈夫でしょう」とか言ってました。超安心)

とくさん (2013/04/17(Wed) 12:40)

ローンの件は早めに動くのをお勧めします。
1年半程前に住宅ローンを組みましたが、当時(現在も)、正社員ですが年収が半端なく少なかったので、銀行さんからは酷く馬鹿にされました。
条件が悪くなったり平気でしますから。

はしゃ (2013/04/17(Wed) 13:03)

>年収が半端なく少なかったので、銀行さんからは酷く馬鹿にされました
うわ、こわい。実際このへんの話に関しては情報不足状態で。
しかし私はロクにナニもできず同居人頼りが実情です。
建築屋からの「最近の事例で関わりの深い銀行を紹介する」て話があるので、せっついときます。

BUN (2013/04/17(Wed) 18:44)

>こんなに苦しいのなら…悲しいのなら……家などいらぬ!
現在職場にて閲覧中・・・吹きましたww

ローンに関しては、銀行屋がマンガのような対応をしてくれたりと大変面白かったです。
でも、もう申込書は書きたくないけども。

窓口で申込書を渡して着座後5分もしないうちに、残念ながら・・・とか言われたりして。
何を与信しているのか、意味不明。

あとは、建築予定の間取り図面に難癖つけられたり・・・
「この配置の方が一般には好まれますよ?」
いや、競売前提のお話で進められても・・・

結局私は付き合いのある銀行にて、ローンをさせていただきました。
ローンは与信を認めれれば通るのが普通だったのですが、
最近はシステム化されてきて、条件不一致すればすべてあぼーんです。

与信が足りないなら、上モノの抵当権に加えて土地の抵当権付けるという方法だってあります。
(勧めているわけじゃないですが)
でも最近は、こんな話の前に書類一つでボツとなります。

また、家の場合は、持分比率の話も関係してきますのでお気を付けください。
つつが無くリフォームがお済みになりますように、祈っておきます。


POPUN (2013/04/17(Wed) 18:48)

金融機関によっては、住宅ローンでリフォーム資金を借り入れすることも可能です。

リフォームローン(金利高い、10百万円程度まで、無担保)
住宅ローン(金利低い、70百万円程度まで、有担保)

住宅ローン扱いだと登記の費用等がかかりますが、
リフォームだと無担保なので諸費用がお安いというイメージ。
金利と費用と担保設定の有無を総合的に考えて、
よほど小額でなければ住宅ローンのほうがお得かもしれません。


2013/04/28(Sun) この日を編集

[日記]建築日記:大規模社のプラン提示

建築屋3件に同時アクセスしてるなか、もっとも……その、期待してない会社からのプランが報告された。ヒアリングを測量のついでにしてったとこだけに、プラン作成もスピーディ。とはいえそのプレゼン日が先方都合で突然変更とか相変わらずのクオリティをみせてくれた。ちなみに「重要事項は全てメールで送れ」と言ってるのに電話してきた。もうこの担当者はダメなんじゃないだろうか。

とはいえせっかく作ってくれたプランだ。「もうええわ」といって電話ガチャ切りしたいキモチをこらえ、何か得るものがあればめっけものと思って行ってきた。

で3つほど作られたプランの説明を受けたんだけど。なかなか全て設計者との致命的ズレを思い知らされる時間を過ごした。

プランA

こちらの希望を極力全部盛り込んだと大威張りで出された。それはリビング日当たりゼロ。風通しもゼロ。うん確かに「日当たりが悪くても風通しがいい方を好む」と書いた紙は渡しましたね。その前半だけ読んだのね。他にも、食卓すぐ横のドアをあけるとそこになんとトイレが! といったインシデント物件。食事中もトイレが激烈に行きづらくないこと、とか確かに書いてなかったなーしまったなー忘れてたー。

俺の印象を端的にまとめると 大改造!!劇的ビフォーアフターの、ビフォー。あのアナウンス声で「一日中、陽の当たらない薄暗いリビング」とか言うのがめちゃめちゃしっくり。なんでわざわざリフォームしてビフォーを作ってんだよこのプラン。

プランB

ある程度、建築屋で解釈を盛り込んでみたという。こちらは1Fの最も奥地にあるパントリーから出した食材を、キッチンで料理、ダイニングで消費、そしてリビングで寝転がるという食にこだわりすぎた動線に見るべきものはあったが(とはいえ俺が自前で書いてた仮プランもコレ)、リビングに有効な収納が全然なく、遙か奥地に突き進んだところに巨大納戸。誰がここにしまうの。小人さんですか。反面、俺の自室がめっちゃ狭い。うん。広くなくてもいいとはいった。けど納戸より条件悪いとは。

玄関から入ったあと枝分かれしつつ家の各機能にアクセスしていくこのプランの印象は ラストダンジョン。一番奥ではボスとして、4.1畳の部屋で荷物に埋もれ悲しそうな顔をした前世紀末覇者が待ってるぞ。

プランC

なんでも設計者が強くオススメしたいという肝いりのプラン。いきなりLDKが10畳しかなくて固まる。しかも無駄な壁で仕切られた向こうは機能的に廊下に過ぎず、実質8畳弱という家畜小屋。そのかわりに現時点では特に用途を決めず、将来的にもし義父と同居になった時ゃ義父部屋になるカナーって部屋が、家の最高の場所に君臨していた。ああ、これは義父のための家なのですね。

無駄に広い廊下から全機能にアクセス可能な割に、俺と同居人の望みの大半をゴミとしてバッサリ切って捨てたこのプランは、いわば 介護施設。俺たちは家を作っていたと思ったら、いつの間にか。プランの説明を聞いてる俺ら二人して顔がポルナレフになってた。


結論でいえば、たたき台としてプランBを採用、四方八方から情け容赦なくパイルバンカーでボコボコに叩きのめせば住む家としての理想に近づけることは可能ではないかとは考える。が、そこに至るまでにこのコミュ障の担当者、重要度の考えに超ズレのある設計者とつきあうことは考えたくない。

よって現在はどう言えばカド立たずお断りできたもんかねーという状態。「プランを提示される練習」ができたので、その意味では大変感謝しております。

本日のコメント(全9件) [コメントを書く]
sokafuji (2013/04/29(Mon) 09:42)

大工が普通に建てる注文住宅は意外と途中で変更がきくので楽だったなぁ。
結構、現場合わせで小棚を作って貰ったり。

うちは、無駄な廊下を極限まで排除したので、1Fの玄関から事務所へ向かう3メートル位の廊下(サーバー室と納戸を区切るのに必要だった)がある位。
あとは全て部屋が繋がっているという、ほとんど賃貸マンションと変わらん設計でした。
普通の家として建てれば、もっと余裕があって、良い感じになったんだろうけど、1Fが完全に事務所なので、実質平屋建てですからね。

外壁は古いのをシリコンかなんかでコーティングしてから、サイディングをはめるのが一般的では?
びっくりするくらい新築っぽくなりますぜ。

うちで一番犠牲になったのは風呂、狭い。
あと、もう少し予算があれば、一工夫できたのになぁとも思います。
まぁ、無いものは無いので、仕方がないんですけどね。

はしゃ (2013/04/29(Mon) 12:02)

>外壁
twitterで書いてたのに関しては、気になったのは壁の材質ではなく家のカタチそのものでした。
現地調査の際に縁側を削ってでも将来的に車を二台駐車できるように、と伝えていたのですが、
プラン3つとも「車2台は諦めろ」という男らしい回答。で減築のスペースがないという程でもない。
縁側なくすと4500mmの長さが確保できるので、1.5Lクラスなら9割方駐められます。
が、たぶん設計データに2Lクラスセダンの情報しかないんだと思う。

廊下なしで部屋が通路ってのは、まあ基本コドモいない家庭ならいいかなーと思ってそこそこ妥協する予定。
風呂はマンション(1216)より広いのを希望してます。1616。

基本的にはマンション住まいの「コンパクトな住環境」が性質にあってるので、これをどう
機能分散してくかって感じになってるですね。あるいはそういう概念を打ち破るプランに出会えるか。

とおったりすがったり (2013/04/30(Tue) 10:10)

建築家的に判断する駐車スペースだと、車庫証明の取れるサイズで確保が最低ラインかと思われますので、実質二台止められれば良いサイズが欲しい場合は、必要サイズをご自身で検討して確保してもらえばよいのではないかと。乗降スペースの計算もお忘れなく。。

はしゃ (2013/04/30(Tue) 11:15)

>駐車スペース
現地調査のときに「これなら縁側けずれば2台余裕ですね」と言ってはおります(3社ともそう言った)。
幅は敷地的には広くないですが、2台を横に並べて両方で乗降するくらいは苦労せずとも可能な程度はあるはず。
あと普通乗用車2台ではなく片方は軽自動車になるだろうとも伝えてはいます。
ここまで言って完全無視の一台決めつけプランがいっそ清々しい。

このへんの齟齬の理由もなんとなく見当はついており、今回の大規模社はヒアリングじたいが
現地調査のついでに行われただけでなく、そのヒアリングの時も担当者はこちらの希望の話をほとんど聞かず
「受けられる可能性のある税金控除とその条件について」「耐震補強の種類と効果」なんてのを
延々語り始めたりしていたので、希望の優先度はあっちでテキトーに決めたんだろうなあと。

そのへんはプランができてからの調整でやっていくという考えと思いますが、とにかくこの担当
説明がくどく「今その話はどうでもいい」と思わされることが頻繁すぎるので、調整じたいしたくない。

kw (2013/05/01(Wed) 18:04)

プランと見積りを出されて打合せした後だと、
お断りするのは確かに少し気が引けますね。
見積りが出ていれば、価格が合わないというか無理!という話をすると
金のねぇヤツに用はねぇ!と言わんばかりに
大抵すんなり引き下がってくれます。
この時、資金繰りを詳細に検討すると想像より厳しくなったと言い添えれば
当初の予算よりギャップダウンしてもなんとも思われませんし。
しかし、「お宅の設計思想とは相容れない」
とストレートに伝えるのもオススメではあります。
手を変え品を変えしつこくされるのもストレスですし、
営業としてはこっちの方が諦めがつきます。
設計は…ちょっと傷つくかな…

mym (2013/05/02(Thu) 08:41)

今回の記事、大変興味深く拝見しています。
結局、土着(?)の工務店が一番ってことなんでしょうかね~。

はしゃ (2013/05/02(Thu) 21:41)

興味もってる人いたんですねこれ。
この建築日記は「誰得だろ」感あったのですが。そもそもうちのサイト全部が誰得だから今更か。

>キャンセル
ハッキリと「あんたと意思疎通すんのしんどい」と言ってみました。
あと「あんたらの考えるリフォームは俺らの希望と根本的に違う」とも添えました。
その上でゴネてきたら「金ねえ」作戦でいきます。
設計じたいは優先度を致命的に間違え、全プランで風通しの概念が皆無なことを除けば、
それなりにアリという気はしました。

>土着
いやーどうでしょう。
今回のこの会社が考える全面リフォームは「家の全要素を捨てずにいじる」、
私の希望は「家を骨格以外全部作り替える」っつー齟齬こそが原因と思っているので、
土着か大規模かに関しては関係なかったんじゃないかなー。
つまり一番悪いのはここに話を持って行った私という認識です。
でもサイトとか見てもここらへん、わかんないんですよね。間取りの変更とか書いてないし。

エノデン (2013/05/17(Fri) 13:22)

おー!覇者りんがついに家までも!と、感慨深いですな

一応建築士の自分としちゃ各プランの間取りが見てみたいですなぁw

はしゃ (2013/05/22(Wed) 21:54)

さすがにプラン自体は、実際に建てると決めたものならいわば「我々が買い取った」ものだからともかく、
そうでないものはマズい気がちょっとします。
というか建てると決めたものもちょっと公表は抵抗が……


最新 追記