最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2013/02/11(Mon) この日を編集

[PC]SO-02E(Xperia Z)導入

――それはスマホというにはあまりにも大きすぎた。大きく、薄く、重く、そして大雑把すぎた。それは正に鉄板だった――

いやホント、でけえ。3.7インチからの移行だと正気の沙汰とは思えないサイズだ。しかし今の俺は「大きさは正義」と思っている。以前はコンパクトにまとまってるのがイイカナーとか漫然と考えてたけどGALAXY Note登場の衝撃で全部裏返った(GALAXY Noteは周囲に布教したところ親類だけで4台導入してる)。で次は俺もでかいのにしようと思っていたところでドコモから5インチがドカドカでてきた。

いや俺たしかにデカいのがいいっつったけど、なにも全部この図体にする必要はないのよ? なんだろう。プロモーション的に「バカデカスマホならドコモ!」が有利という判断か。閑話休題。

ともあれ、いろいろとラインナップされた中からXperia等というミーハー端末にしたのは、今までのシャープ端末のマイナーさにちょっと寂しくなったので。ユーザーいねえもんな全然。あと「思想」を楽しみたかったというのもある。性能は重視しない。もう少し待てばどーせスペックオバケのGALAXY S4が出るだろうが、それは求めてるものと違うのだ。

その意味ではたいへん満足度が高い。もともと同居人がXperia X10(SO-01B)を使っていたので馴染みゼロではなかったが、実際に手元にきてみるとソニーっぷりに惚れ惚れする。ある意味、押しづけがましいコレ。そうそう。アラフォー世代でありソニーというのは憧れの対象だった我々に、これはまさにご褒美なのですよ。ソニー端末では音楽があなたを聴取する!

悪い点としては色で黒をチョイスしたことか。両面ガラスボディで物理ホームボタンも存在しないデザインのため、置いといたときそれが表か裏か一目でわからないのが地味に困る。反射してるとロゴなんて見えないし、悪いことにインカメラとアウトカメラ、裏返すとちょうど同じような場所にあんのよね。

image そこで保持やカメラ使用時にも役立つかと、以前デジカメに使った滑り止めをペタリしてみた。これにより置いてる状態でちゃんと表裏わかるだけでなく、片手使用時に落としにくくなった。カメラ使用時や画面内の遠い場所のタップ時に効果ありあり。その上、ポケット内などから手探りで取り出すときに正しい向きで持ちやすいという思わぬメリットが。

難点:ウルトラスーパー格好わるい。あと指紋が拭きづらい。

まあ本機ストラップ穴あるからなくてもどうにかならなくはないんだけど。しつこく書くが、ストラップ穴のない端末はそれだけで欠陥品扱いされるべきと強く強く思っている。iPhoneとGALAXY、テメーらだ。INFOBARは、A01にはなかったがC01、A02にはあるので許された。


そしてDRC-BTN40導入。BluetoothレシーバとしてはすでにMW600を持ってるけれど、NFC簡単接続こと「かざしてリンク」がどうしてもやりたくて。

いやコレはいいわ。端末のBluetooth通信やレシーバ電源を事前にONしなくても、「使いたい時にかざす」という動作で両方がONとなりペアリングが完了する。もし他の端末で使いたければ、またかざす(SH-13Cにて試してみた)。このシンプルさ。そうそうこれだよ、これが未来だよ!

こういった一種の馬鹿馬鹿しさはもっと追求してほしいなあ。カーオーディオにこれ組み込んだりしないの?


最新 追記