最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2012/02/03(Fri) この日を編集

[デジカメ]ペンタックス、Kマウント採用のミラーレス機「K-01」を海外発表

デジタル一眼レフの「でかい」「重い」という点と、ミラーレス一眼の「ファインダがない」「動体AF(たぶん)弱い」という点を組み合わせた最強の存在が今あらわれた。デザインの微妙さも相まって、出る前からこれだけ評判の悪い機械はNikon1以来で、ペンタックスとニコンといういわば老舗のメーカがよってたかって新興のミラーレス市場の評判を破壊するために送り込んだ刺客ではないかという気すらしてんだけど、さすがに気のせいですね。

このK-01がやった「クイックリターンミラーはなくすけどマウントは更新しない」という構造は一年半前にすでにソニーα55/33という先駆者がいる。このへん各社、デジタル一眼レフという代物の低価格化が激しすぎてコストのかかるデバイスを排除したくてしょうがないんだろうな、という感じがすごくする。

なのですごく身も蓋もないことを言うと、このカメラの価値は、安いことにあると思ってる。

そのために金かかりそうな要素を徹底して省いて作ってある。αにはあるEVFも位相差センサも取っ払う。インジケータの類も最小限で、バリアングル液晶なんてもってのほか。登場直後の価格の高いうちはかなり微妙な存在だけど、急速にこなれるような予感がしている。

とりあえず現在K-rを持っている人がリプレイスするような機種ではなさそうだ。かといって新規で誰が買うかというと客層はかなり狭そう。α55/33は従来のエントリーαから失うものがほとんどなかったけど、本機は「コレを後継にK-rの製造終了ってマズくないか」と心配になるほどの別物。K-5あたりを使う人のサブカメラや、Kマウントレンズが余ってる家族用くらいにしか勧められない。新規客はまったく見てない。

E-P1+パンケーキレンズがスマッシュヒットをかっとばして以来、レンズ交換式カメラは次から次へとまるでレンズキャップかという程うっすいパンケーキレンズをキットにして来るけど、俺ちょっとそれどうかとは思う。やっぱ普通のユーザ向けには汎用性を最重視してもらいたい。


ボロクソに書いたとはいえK-01をデジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラとして見ず、APS-Cの撮像素子とKマウントレンズが使えるハイエンドコンパクト機として見るとそこそこ勝負できそうだ。例えばこんな感じはどうだろう。

  • えーPowerShot G1Xて、その図体しておきながらレンズ交換もできないの。素子の持ち腐れじゃね。プークスクス。
  • X-Pro1の何、そのXマウントて。レンズ何本? 3本なの。へー。ところでKマウントって何本あるか知ってる?
  • DMC-GX1とかOM-Dとか色々言ってっけど、素子サイズどんだけよ。は? フォーサーズ? 豆粒って意味かそれ。

(注:ペンタックスの公式見解ではありません)

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
ika (2012/02/07(Tue) 17:18)

これはあれですよ、あれ、底上げの底です。それだけが目的と信じたい。
こいつは3万円を万が一切っても利益の出る恐るべき戦略的投げ売り機なのです。デザインがアレなのもミチコロンドンのハンカチ的なヤツですヨ。
売れば売るほど赤字なK-rの後継機をリコーのもとでしっかり作り込む為の時間稼ぎをし、その後継機の値崩れを押し留める。
それだけを宿命とした悲しいヤツなのですよ。そう思ってこいつを見ると愛おしささえ感じてきます、買いません。

何が言いたいかというと、我々ドMペンタ党は少ししか凹んでいないということです。

はしゃ (2012/02/23(Thu) 12:16)

CP+で実物さわった人らの感想みてる限りでは「思ったほど酷くなかった」という意見で、実際そこそこなのかも。
あるいはみんな現実逃避しているのかも。とか。

実際、この「性能」を求めるのならばペンタックスはGXRのKマウントユニットを出せたんじゃないかという気がすごくする。
K-01として出してきたのは台所事情の意味が大きそうです。

とはいえ上でも書きましたが、値崩れさえすれば(これも酷い言い方ですが)普通に魅力的ではあります。


2012/02/23(Thu) この日を編集

[ゲーム]『彼女と彼女と私の七日』クリア

無料配布のガチ百合・同人エロゲ。公式。プレイ時間6時間くらい。

いやあ感想書くの難しい。ネタバレしたくないし。けど「こういうのを求めているけど、存在を知らない人」が多そうな感じたっぷり(まさに俺が今まで知らなかった訳だし)で、いかにももったいないので俺と同じ属性の人が興味を持てばいいなあという。

最初に書くとエロゲとしてはちょっと微妙な点がある。シナリオ構造があんまりよくないし、ファンタジー部分がちょっと浮いてる(たぶんシナリオライタの既存の世界観に百合エロゲプロットを突っ込んで作ってある)。最後までプレイしたら「え? それで終わり?」感があった。

しかし百合モノとしてのレベルの高さはすごいことになってた。え、こんなの無料で楽しんでいいの?

今や百合はブームを通りこして定着したともいえる状態になってる。でも結構ひどい無理解がまだまだ残ってる。「百合もの好きの男性は、その空間に自分が入り込みたいと思ってる」とかそういう。『百合男子』(amazon)読んで出直せ。ヲタ界隈内からですら『ゆるゆり』同人誌でふたなり化とか、あれ誰が得するんだ? 女性同性愛のエロ漫画で、ディルドが出てきたら即座に興味を無くすよね。

登場人物の同性愛志向に、変な男性嫌悪由来とかそういう理由いらない。男に酷いフラれ方をしたから女に走る! とか、その登場人物バカなんですか。逆は逆で、同性愛が当たり前で何の障害もない世界とか、もったいなすぎる。敵も地形のないシューティングゲームは楽しくありません。

もちろん邪悪なお姉様方の派閥闘争と同じように、邪悪な兄貴達(この表現は何か間違っている)の好む属性は色々ある。上に二段落ほど書いた内容をキモいとは思わない人、つまり俺らが求めていたのはまさにコレ。百合エロマンガの傑作、玄鉄絢『少女セクト』(amazon)とか好きな人にかなりオススメ。

それにしてもシステムが異常によくできていた。フルスクリーン切り替えのキーボードショートカットがないのを除けば不満皆無。すげえや。俺はこの直後に、溢れる百合情熱をもてあましたので商業エロゲ『屋上の百合霊さん』の体験版をプレイしたが、同人に遥かに及ばない(というか10年くらい進化が止まってる)システムのヘボっぷりにしばらく固まった。

[デジカメ]オリンパスE-M5の擁護と罵倒をする

オリンパスの新型ミラーレスは、発表からすぐカメラマニアからとんでもない嫌われようをしている。

そのキモチは俺*1にも、すっっっっっっっっっっっごいわかるんだけど、あくまでOM-DでなくE-M5というデジタルカメラとして見ればこれは決定版と言えるのではないか。ということで褒めておきたくなった。

まず背景として今のミラーレスの市場は、参入してない主要メーカはキャノンとカシオだけ。松下、オリンパス、ソニー、リコー、ペンタックス、ニコン、富士フィルム、海外ではサムスンまで参入している。いやキャノンもPowerShot G1Xがレンズ交換できないだけで実質的に競合していると言っていい。超激戦区。

そんな中で戦っていくため、オリンパスがしたモデルチェンジは次のとおり。

  • 手ぶれ補正を五軸に強化
  • 静止物相手ならすでに最速のAFをさらに高速化
  • マニュアルフォーカスも余裕の高性能なEVFを内蔵
  • ミラーレス唯一の防滴防塵

俺はこれがすごく正しく見える。撮像素子も作るメーカや、動画ノウハウがある家電屋にはどうやったって勝てないところでは勝負しない。そのかわり「性能比較で選ばれる」ことを重視している。カメラは性能が全てではない、という向きもあれど、本機はいわゆるハイアマチュア層向け。この層に関してはユーザが一番気にするのは性能だろう。

元々マイクロフォーサーズは、レンズ不足のNEXや性能不足のPenQ、デザイン不足のNikon1や完成度不足のX-Pro1と比べると弱点は到底常用しないような領域の高ISO感度性能くらい。

E-M5は、最も安心してチョイスできる機種であることには間違いないのではないか。


ただし(こっから罵倒フェーズ)。このモデルを今、OM-Dとして出してきたこと自体がすごく不誠実だ。

オリンパスはデジタル一眼レフのEシリーズをやる時、フィルム一眼レフのOMをゴミのように捨てた。フィルムカメラを知らない俺は、知っている人たちが口々に言う「OM-DなんてものはOMではない」という憤りはないけど、Eシリーズ当初あれだけデジタルに本気を見せたオリンパスが今更OMロゴをカタチだけつけるのは激烈に、猛烈に、格好悪い。

またE-Pxxシリーズは現在、E-P3はタッチパネルが、E-PL3はバリアングル液晶があるが、両方搭載した機種がなかった。EVF内蔵化も、防滴防塵のボディも待ち望まれていた。その「完成品」はE-M5だった。PENシリーズではなく。

レンズ交換式のカメラは製品だけ売ってるんじゃない。システムを売っている。OM? 捨てました。旧フォーサーズ? 放置プレイ超イイ! PEN? 未完成品でもみんな買ってくれる。さあ、これからはOM-Dです! アホか。ソニーNEXならいい。あれは玩具だ(暴言)。でもオリンパスは、カメラ、を売ってる自覚はないのか。

再度言うと、E-M5はカメラとしてはとてつもなく完成度が高く、俺はこれをすごく欲しい。しかしこんなコトをやってのけるオリンパスは、俺が買った次の日に「OM-Dは過去になりました。次はデジタルXAです! レンズ交換とか終わコン」とか言い出しても不思議がない。まったく信用できない。

*1 手持ちのE-P1の「OLYMPUS PEN Since 1959」というモールドを削り取りたいくらいに嫌悪している。


最新 追記