最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2011/11/28(Mon) この日を編集

[]トヨタ・ハチロク

トヨタ(とスバル)、ありがとう。

ハチロクは早速「車好き」を自称する人たちから色々と貶されてる。「思ったよりも高い」だとか「コンセプトモデルFT-86よりデザインが平凡」とか「何その懐古ネーミング」とか。雑誌の車評論家と同じノリで値段とかデザインを減点法で言うような行為に何の意味があるんだろう。そんなクッソくだらない理由でボロクソに言ってもいいものなのか?

若者の○○離れというマヌケな文言が数ある中、車離れはそういう傾向があることは確か。その理由としてよくいわれる「車は高い」とか「今の時代は車が必須じゃない」てのは違うと感じる。バブルの残滓を見た最後の世代の俺が見ても、車は高かったし、必須とは断言できない時代だったが、売れていた。今よりもっと不安定な職業の連中でも車を買っていた。

俺はソレを、憧れの違いだと思ってる。買えもしないセリカとシルビアとプレリュードとFTOを並べ、買うならどれだ? と友人とぐだぐだ言い合う馬鹿な学生の中に、数人に一人くらい就職直後の初任給握りしめて車のローン組む奴がいた。今必要なのは、その一人だ。

今の若者の草食化だとかアホみたいな責任転嫁ばかりするジジイ共がいるなか、トヨタは「これならどうだろう?」と若者が憧れを抱けるかもしれない車を実際に出した。企画書の1ページ目に「コントローラブル」と書いてあるような(妄想。実際には知らん)車を今、生産までこぎつけることは並大抵の苦労じゃないだろう。下手するとマツダがロードスターを作ったときよりも厳しいかもしれない。仮に俺が自動車会社をやってるなら全車をミニバンとハッチバックにする。

トヨタも正直これが飛ぶように売れるとは思ってやしない。やっぱ売れるのはミニバンだ。またハチロクを買うメインの客層は実際のところ四十代のオッサンになる。しかしオッサンには息子、娘がいて、運転することもあるだろう。そうやって一握りの若者が車を操る楽しさという視点を持つことができる。このトヨタの新ハチロクは、そういう車だ。未来に繋がってる。


後は適当なアイドル主演映画をつくってスキー場を爆走させるだけだな! いや昔そういう映画で売り上げ伸ばしたといわれるセリカて車がありまして。もっともあれ4WDだったけど。FRのハチロクだと事故続出間違いなしだ。

まあそれはそれとして、いっぺんFRに乗りたくてRX-8とアルテッツァを一時期は真剣に検討していた(ロードスターは二座だからパス。MR2で懲りた)俺としては普通に欲しい感じはする。実際、俺が買うかっつーと現状微妙なんだけどな。そもそもローン嫌いだし。デミオを乗り潰す頃に中古でいい感じのAT車のタマがあれば考えるかんじ。その頃には、スバルBRZはともかく、日産やホンダも対抗車だしてるといいなあ。やっぱ「どれが一番いいか」と考えたい。それが楽しい。

ところでハチロクというネーミングのややこしさを叩く人たちはもっとホンダを叩くといい。あの会社の懐古ネーミングすっごいハッスルしすぎて、何がバイクで何が車なのかすらわかんない。

[]原付の自賠責保険更新

ついでに先月あったことだけど備忘録として。二代目流星号のアドレスV125がウチに配備されてから気がつけば2年経過。当初は「125ccがはたしてベストなのか」という迷いがあったので自賠責は2年で加入していた(今では125ccと心中する予定)。

最初の自賠責は購入時にバイク屋で加入したもの。期限が切れる警告ハガキは届いてたけど、更新はそのバイク屋でオイル交換ついでにやるかーと思って放置してた。

で期限が迫るある日にオイル交換するべくバイク屋にいったところ(事前に電話はしてたんだけど)おっちゃん何か忙しそう。オイル交換は今度にするか、と思ったが最後、その後は自賠責期限の日までバイク屋いくような時間がまったくとれなくなった。なんでもかんでもギリギリでいいやと人生ナメてる人間がよくやる失敗ですね。

とはいえ事前にtwitterで「自賠責どしよ」と書き、「コンビニ行けば?」という自分の無知さにえぐりこむ返信をマシンガンのようにいただいていた(その節は皆様ありがとうございました私信)。それでもここんとこ仕事がえらい疲れて放置がち。保険終了のとうとう最終日になってしまい、普通に原付で出勤したあと、帰りにウチ近所のコンビニに寄って手続きするかーとか考えていた。

しかし会社の昼休み、なんとなく自賠責保険証書みたところ「AM12時まで」と書いてある。AM12時をどう解釈するか(正午か夜中か)は諸説あるけど、わざわざ書いてあるってことは正午かもしれない気がして、調べたらやっぱし。

家近所のコンビニまで原付乗ってたらアウトだった。仕事終わったあとまっすぐコンビニにぐるっと寄って手続きする。今度はもちろん5年。店員が超慣れてなくてエラく手間取られたけど無事保険更新完了した。自賠責保険の違反は罰則がやたら厳しい(一発免停)ので、ちょっとヒヤヒヤ。なんでもさっさと終わらせとけっつーことで。五年後は忘れないように俺。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
ゆう (2011/11/29(Tue) 09:46)

旧86の人気って出た当時に対抗車があったのも楽しかった要因でした。
あの時代はいろんなメーカーがいろんな思惑でいろんな車があった時代ゆえに、買う人も買えない人も悩んだものでした。
そんな時がまた近い将来あるといいなぁ・・・

D (2011/11/30(Wed) 00:01)

久方振りにお邪魔致します。

久々に閣下の車エントリが見れて嬉しく思います。
前評判やショー出展車の情報とか見てるとスバルBRZに食指が傾く私ではありますが、
発売されたら是非両方とも試乗には行ってみたく思います。

是非とも閣下の試乗の話のエントリなども見たく思いつつ
失礼をば。

pisukesu (2011/12/09(Fri) 20:59)

ご無沙汰致しております。
>トヨタ・ハチロク
同感です。それとこの記事を拝見したときに感じた事は、
『ホンダよ何をしている。』です。
元バラード(ZC)乗りのおじさんでした。

はしゃ (2011/12/09(Fri) 22:43)

>対抗車
さすがにハチロク全盛の頃は私は小学生なんで意識してなかった世代なんですが、S13シルビアやEG6シビックが熱い時代には
生きてましたんで、本当にもうその重要さが。
(ちなみに当時はFFのオートマおばちゃんスターレットでNAロードスターによく煽られてたので今でも印象悪いです。
でも先に行かせても連中、下りで全然安定しないから後で追いついちゃうんだよな……)

ハチロク対抗車ってのとはちょっと違う気もしますが、わりと最近、RZ-1の実車をこのご時世に目の当たりにしてびびったり。

>試乗
欲しくなるからヤバい。それはそれとして、試乗車にATあるかなー。いやMTでも乗れますが(ただし経験の九割が軽トラ)、
普段使いにMTにする気がまったくなかったり。運転ヘタすからね。ギアまで手まわんない。

>ホンダ
真っ向からバラードスポーツCR-X復活で対抗してくれたら燃えますが、現状ホンダてぶっちぎりで家電みたいな車の作りになってもう。
CR-Zは惜しいところで、格好以外に関してはフィットRSの方が「速い」かつ「楽しそう」だなあというのがなんとも。
もっともあの類に格好はすごく重要で、そういう意味だとフィットRSこそ「ないわー」なので、CR-Z単体だとふつうに魅力的ですが。

CR-ZのMTモデルは個人的には許せないレベルの駄作ですが。あれは二代目までのインスパイアに並ぶホンダの汚点。
ハイブリッドにMTとか何かんがえてんだろう。変速機は特定の回転数にならないと有効なトルクがでない内燃機関の考え方のもので、
充分なトルクが出る電気モーターなら本来は変速機なんていらない。実際にプリウスには変速機ありません。
MT出さないと欧州で売りようがないという理由はありそうですが、そこで退くなやーとガックリきました。

CR-ZからIMAとっぱらい、超扱いにくいという前期S2000のエンジンとか突っ込んだものとかを対抗として出してくるといいなあポワワ。


最新 追記