最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2010/07/12(Mon) この日を編集

[]『俺妹』『れでぃ×ばと』『IS』『えむえむっ』『迷い猫オーバーラン!』『アクセル・ワールド』

ちょい最近ラノベづいており、アニメ化とかが絡みそうな(あるいは、すでに絡んだ)売れ筋からひたすら崩してみたのでそれらの感想を書いてみる。超メジャー作ばっかなので興味がある人はとっくに読んでそうだけど気にしない。

ほんの一時期ながら刊行されていたラノベを「全部」買ってた時期もあるんだけど、あっという間に揺り返しのようにまったく読まなくなっていた。これだけ一気にまた読んだのは久々だ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

既存6巻読破。フツメンの兄が、仲が悪いはずのウルトラリア充な妹の恥ずかしい秘密を知って恥ずかしいお願いをされる話。または全員ツンデレ一家のホームコメディ。アニメ化が確定している。

いわゆるヲタクをテーマにした話だけど、特別ギャグにしているワケでもなく、かといって蔑視姿勢のわけでもない使い方。この手の話はよく「二次元を捨てよう!」と余計なお世話を打ち出してくるか、逆に「ヲタク最高!リアル死ね!」みたいな開き直りを見せる。が本作は、蔑視されるような趣味でありながら、どうしようもなく楽しい、という内向的なヲタク趣味描写に徹しているのが好印象。極めてナチュラルで、あえて言うなら、ヲタクの自己紹介、かなあ。

キャラクタとしては「妹」のウザさがキツかった。いや全部ブラコンの裏返しという書き方もわかるんだけど、俺、この手の理不尽な加害キャラを可愛いと思えないので……故に1、2巻くらいは読んでて苦痛だった。3巻あたりからずいぶん日本語が通じるようになってきたけど。反面、登場人物の一人である黒猫ってのがもんのすごく可愛くてツボでツボで。黒猫がいるから読み続けられる。5巻(妹ほとんど出てこねえ黒猫フェスティバル巻)がマジ至宝だったので俺は大満足だ。でも主人公の嫁は幼馴染みの麻奈実。

小説は完全な「兄」の一人称で進むスタイルだけど、巻が進むごとに自覚もないままどうしようもなく濃いヲタになっていくのは笑いどころ。5巻あたりになると、駄目だこいつ早くなんとかしないと、と真剣に感じる領域に。この先どこまで落ちぶれるのか楽しみではある。

れでぃ×ばと

既存12巻読破。執事を目指す主人公がお嬢様学校でおっぱいや太ももに圧迫される話。アニメを先に見てから原作読んでったが、原作はアニメほどおっぱいヘブンではない。まあ、あのアニメはなあ……完全にエロアニメだったからなあ。

だいたい一巻あたり三本の短編がひたすら詰められてるという構成で、この短さではストーリーらしいストーリーは当然のことながら、ない。記号的萌えキャラとのキャッキャウフフをじっくり堪能できる良作。やろうと思えばおそらく100巻だって続けられるだろう。

典型的なラノベのお約束的ハーレム状態なんだけど、最後まで誰ともくっつかないんだろうなーこの話。女性キャラのメイン格である幼馴染みとツンデレドリルこそどちらも自立してるけど、その他のハーレム構成要員は一人残らず重度の社会不適合者。「特定の誰かとくっつく」のは主人公に完全依存している他キャラを結果として見捨てることになるため、もはやできそうにない。まあラノベは時として(……頻繁に?)ものすごいご都合主義という大鉈を振るえるメディアだから、わかんないけど。

とりあえず、みみな先輩がたいへん可愛らしいのでもっと出てくると嬉しい。これはロリコンではありません。18歳以上です。18歳以上ですから。

IS〈インフィニット・ストラトス〉

既存5巻中4巻まで読破。女性しか動かせないはずの戦略兵器ロボを世界でただ一人動かせる男性が養成学校で死ぬほどモテる話。アニメ化の予定があるようだ。

「ラノベのハーレムは、主人公の鈍感スキルで維持されています」というお約束を学ぶのに最高の一作。主人公は鈍感を通り越してここまでくると無神経で、スルースキルが高すぎる。相撲やったら得意技は絶対うっちゃり。

しかしラブコメとしてはあんまり面白くないよーな。気になるのがヒロインが全員同じ属性ということ。普通こういうハナシって年上年下を割り振ったり、引っ込み思案やイケイケ性格を割り振ったりするもんじゃないかなあ。でもコレ全員一緒。同級生で嫉妬深い独占欲丸出しのタイプ。一応なんか国別に記号的な設定は付与されてはいるけど、ほぼ無視可能。なんかエロゲライターの悪い面が出てるよーな。主人公の悪友ポジションもいない(いるけど登場回数激少で存在感ゼロ)のもラブコメっぽさを減じてる。このエントリで挙げた他ラノベは一作のこらず悪友ちゃんと出てくる。

ミリヲタ的な観点で見れば、「ISは軍事兵器」とテキトーに決めた初期設定の莫大なアラを続刊でがんばって埋めてる(けど埋め方もなんか……)というのが気になるところ。いやミリヲタの習性みたいなもんだからこれはいいや。

えむえむっ

既存11巻中5巻まで読破。女性に暴力を振るわれると快感のあまり我を忘れるドM体質の主人公が、ドS美少女とボコデレ美少女に殴られて気持ちよくなる話。アニメ化予定があるというけど、こんなの電波に乗せるのか。未来に生きてんなあ我々は。

主人公がキモいときいてはいたが、本気で心底キモい。これはひどい。ただ主人公が一馬身とびだしてキモいから目立たないけど、ヒロインからサブキャラに至るまでマトモな人間は一人もおらず、世界観そのものが変態に満ちている。個人的には本気の近親相姦願望をたびたび剥き出しにする主人公の母親と姉がお気に入り。

一巻ラストのカタルシスは凄かったが、ラノベにはよくあることだけどあらゆる設定が一巻ラストのために緻密に組んであるため二巻以降は全部蛇足という気もする。迷走傾向が気になるところで、俺は5巻のロリっ娘が参戦したあたりでついていけなくなって脱落中。続きは読んだもんかなあ。

迷い猫オーバーラン!

既存8巻読破。モテる要素まったく思い当たらない主人公が、超ツンデレと超金持ちと超不思議ちゃんにモテモテで、ラッキースケベに遭遇しまくる話。アニメ化? されていませんよ?(真顔で)

完全なる「文章で読むToLoveる」。いや本来関係ないはずだけど、そもそもストーリー自体は全然違うんだけど、ToLoveる作者による極めて完成度の高いコミカライズ版を見て以降、脳内で完全に混ざった。それほどまでに「ラッキースケベ」に重点が置かれている。公共の場所で読むのがもっとも難しい類。おかしい。ただ文章でラッキースケベシーンを読んでるだけなのに顔がニヤつく。

キャラだけで読ませる、といっても過言でないにもかかわらず、舞台となるつぶれかけのケーキ屋オーナーの乙女姉さんとやらの無策・無責任な行動が、読んでて不快なレベルなのと、既存キャラの存在感が強すぎるため六巻で参戦した後輩っ娘の影がめっちゃめちゃに薄い点が気になるところ。

追加ヒロインや年増姉を除けばラブコメとしての完成度は格段に高く、たいへん安心して読める。難点は文章力で、見ててたまにつらいけど、絵がちょっとナニな漫画を見るようなものと思えばわりと耐えられる。

アクセル・ワールド

既存5巻読破。電脳コイルばりの近未来、チビデブでいじめられている主人公が美少女に「意識だけを加速させる」というゲームの世界に誘われるという話。これだけアニメ化は関係なし(同居人に「機会があったら読んで感想出してみてくれ」と言われたので読んだ)。でもいずれされそうな気もする。

すっげー少年漫画っぽい。なにこの努力友情勝利。だってイヤミなライバルが出てきて、負けたら修行して必殺技を入手したりするんだぜ。しかも修行の内容が絶壁登りとか、どれだけ週刊少年ジャンプなんだよ。コミカライズに向きそうだけど、実際にやるとしたら媒体が月刊電撃大王かと思うと果てしなく微妙か。

俺はわりとラノベに対し(自分を棚にあげて)文章力を求めてしまうほう。今まで多くの気になっていたラノベを本屋にて最初の10ページ読んだ時点でそのまま置いてきている。そういう眼から見ると本作の文章の上手さは、え何これ、と関心するレベルで高い。特に迷い猫オーバーラン読んだ後だと顕著に感じるがそれは伏せておこう。

女子小学生も登場するため作内の用語をもじって「ロリンカー」と揶揄されたりしてるようだけど、本作は幼馴染みを除きひたすら年上のお姉さん達に可愛がられるといった風体。というかメインヒロインも年上だ。どちらかというと年上属性の人の方が読んでて楽しい本かと。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
ONION (2010/07/20(Tue) 22:53)

ラノベですか…最近は、境界線上のホライゾンがオススメですね。

というか、コレしか読んでないです。
まぁ、欠点はちっとも「ライト」じゃない点かな?

中毒 (2010/07/25(Sun) 23:40)

たまにはお役に立てそうなので、最近では
「電波女と青春男」
「神様のメモ帳」
「電波的な彼女」
あたりは期待を裏切らないかと。

それから、ライトノベル風だけど文章力のある小説への要望と言うのはそういう系統のレーベルがいくつかできているみたいです。メディアファクトリー文庫とかポプラ文庫ピュアフルあたりです。

はしゃ (2010/07/27(Tue) 16:06)

このあと何故か『ロリきゅ』……『ロウきゅーぶ』に進みました。
なんだろう。ロリンカーがあまりロリじゃなく、幼女成分を補充したくなったのかなあ俺。
でもロリきゅは面白かった。私、基本的にロリ属性はないのですが、かしこいロリだけは別かもしれない。

>ホライゾン
本屋でチェックはしたのですが、最初10ページくらいの設定?で撃沈。人気シリーズなので面白そうとは思うのですが。

>オススメ
色々感謝す。選ぶ参考にしてみます。そのへんはちょい重めの話っぽそうな気がしてましたが、たまには。
積んでるのも結構あるので、すぐに取りかかったもんかな、という状況でもありますが。


2010/07/18(Sun) この日を編集

[]エンスト

最近なんだかレガシィのアイドリングが安定しないなーと思っていた。走行している間は大丈夫だけど、信号で止まっている間などエンジンが息継ぎをしている。この車も5年落ちを導入してから10年経過することもあり、色々な不調は溜まってるからこんなもんかな、と油断していた。

で先日。普段と変わらずエンジンをかけて出発し、幹線道路に出ようと交差点で曲がろうとした時にそれが起こった。ハンドルが曲がらない!

正確には、重い。めちゃめちゃに重い。メーターに視線を飛ばすと全点灯――回転数計はゼロ。エンスト。そうかパワステへの動力供給が止まったから、ハンドルが動かないのか。大昔のパワステが効いてないハンドルを回していた記憶を思い出して、体重を使ってふんぬっと曲がる。

エンジンが止まって怖いのはブレーキで、最初のひと踏み目はたぶん効く。が、それはパワステと同じようにエンジンから動力を貰っていたブレーキサーボの余力に過ぎず、踏んだペダルを上げるとガッチガチに固まって二度と踏めなくなる。そしてウチの車にはABSがついてないため、俺はポンピングブレーキ癖がついてる。意識がサイドブレーキに飛ぶ。

が幸い周囲に他の車はなく、減速したい気持ちをぐっとこらえ、走行しながら落ち着いてギアをニュートラルに入れてイグニッションを回した。始動。車は動力を取り戻し、ハンドルの手応えがすっと軽くなった。

その日は信号停車~発進までエアコンを停止したり、超低速時はニュートラルやローギアを随時使ったりといった騙し騙しの対処でどうにかした。

あー……これは前にエンジン止まった時に疑った奴が、今度こそビンゴなんじゃねえかなー。レガシィという車(に限らず同時期のスバル車)には、二つの大きな弱点があると聞いてた。そのうちの一つ、オイルが漏れてエキゾーストマニホルドに垂れること。それは経験していたが、今回はもう一つの持病、エアフロセンサ不調でないか。

帰宅後、とりあえずエアフィルタでも見てみるかとエンジンルームをあけてみるも、場所まではわかるに関わらず外し方がわからず断念。twitterでは複数人に「カンタンに外れます!」と言っていただいていたにも関わらず本気で手も足も出なかった。以前のライトバルブといい俺はもうメカに触る適正じたいがまるでない気がすごくする。エアフロは修理できるらしいんだけど、そもそも外すことすらたぶんできない。

予定をはやめて車の買い換えを検討したもんかな。金もないんだけど、この車は気に入ってるのでもう少しは乗ってたいんだけど、普通にエアフロを修理すると部品代だけで五万円飛ぶというハナシもあり。そんだけ出すなら次の車への資金にしたほうがいいだろう。

現状うちのレガシィは左右のミラーがギアが折れて格納できない。左ミラーは高速道路走行時など楽しそうにパタパタはばたく。室外気温を表示すると常にマイナス25度と出す。道路の段差に乗るとシガーソケットからの給電が切れてカーナビがリセットする。ブレーキパッドは前の前の車検で「もう終わりです」いわれてた。だいぶボディ剛性がなくなってギシギシ言ってる、といった懸念点がある。多くの問題は、だからどうした、で済むけど走行中にいきなりエンストするのはちょっと困りものだなあ。さてどうしたものやら。

7/19追記。エアフロてきとーに修理してみた。とりあえずアイドリングはなんか安定した気がする。ちょっと高くなったかなあ。様子みてみよう。

……エアクリーナボックスとエアフロを繋ぐ四本のボルトのうち一本を車内に落としてしまったので三本だけで締めてるけどな! そのうち同じボルト買ってきて足す。

本日のコメント(全17件) [コメントを書く]
倒れるときは前のめり (2010/07/18(Sun) 19:00)

2年ぐらい前に14年落ちのボルボ940乗っていて、走行中にエンストしたのを思い出しました。
そして"ハンドルが曲がらない!"からのくだりに共感しすぎてお茶吹きました。
今の人って車はちゃんと走るのが当たり前で、イマイチわかってもらえないんですよね。
結局エアフロメーター修理して未だに乗っていますが。
なにより事故にならなくて良かったです。

メーカーの中の人 (2010/07/18(Sun) 23:09)

何かお車のトラブルの際だけ書き込んでしまいますね(^^;;。申し訳ありません。
はしゃさんの見立て、前のめりさんの書き込みの通りエアフロの異常が主因かと思います。

私の所有する現SVXもR246の直線区間でアクセルを戻した瞬間にエンスト&後ろにトラック→即座にN→再始動で事無きを得たことがあるので、その恐怖はお察しします。

エンジンルームの車の前から見て左側にエアクリーナケースがあり、そのエンジン側にセンサー付きのダクトが付いていますので、汚損だけであればクリーニングで回復するかもしれません。
ただ、申し訳ありませんが絶版後10年たった車の性能確保用保守部品は在庫限りです。エアフロはかなり需要のある部品ですので、もしかしたら手に入らないかもしれません。
廃車から共食いをすることになるかも…。

エアコンの表示以上やシガーソケットの給電不良等も考えると、電気系の配線そのものが腐食して、エンジン制御ユニットの瞬停が起きた可能性もありますので、その辺りのチェックもしたほうがよろしいかもしれませんね。
私は意地で配線を(最低限だけ)張りなおしましたがお勧めできません。

hey8 (2010/07/19(Mon) 08:27)

BG5で同様の現象が出てエアフロセンサを修理して治りました。単純にセンサのふたをカッターで切り取って、中の基板の半田付けをやり直しただけです。修理以降4年ほど無事に走ったので、特に問題ないかと。

通りすがりのボロ車乗り (2010/07/19(Mon) 09:42)

すいません通りすがりですw
自分のSVXもエンジン突然死しました。古いスバル車定番ですね・・・
原因はエアフロ、ISCバルブの汚れ等々あるようですが、
自分のはどうやらエアフロのハンダクラックでした。
エアフロはエアクリーナーボックスの後ろに、2つのホースバンドで固定されているはずです。
場所さえわかれば簡単に外れます。(自分もメカ音痴ですができました)
人様のサイトですが、非常に参考になります。
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/impreza/airflow/airflow.html
どうぞ大事に乗ってあげてください・・・!

はしゃ (2010/07/19(Mon) 14:26)

>今の人って車はちゃんと走るのが当たり前
私も「車はちゃんと走るのが当たり前」とは思ってるのですが。今の人でしょうか。
しかしパワステがない車に乗ったことがあるってのはナニゲに役に立ってる気はする。
実家の軽トラもパワステないし。

>電気系の配線そのものが腐食
ヒィィィー。でもエアコンの外気温は、センサの接触不良(これもスバルにはよくあるらしい)が
疑わしく、シガーソケットはダメですがカーステレオとかは全然平気なので、配線全般が
ダメってことは多分ないと思う。そう信じたい。

>エアフロ修理
上にも追記しましたが、私も修理してみました。さてどうなることやら。

>サイト
それ、上に同じページにリンク貼ってますが私。

エアフロよりエンジン側のでっけえチューブを真っ先に外す必要があるという点に
最後に気付いたりはしました。
しかしこの部分、以前スバルで「劣化して穴あいてる」と言われており、そん時にブチルゴムで
応急補修されていたようで、なっかなか外れなかったり。

kw (2010/07/19(Mon) 15:09)

以前プレリュードに乗ってる時に
走行中の突然エンスト経験しました。
あのハンドルロックは心臓に悪い。
幸い、MT車だったので、即エンストだと気付け
ニュートラル再始動できましたが
ATだったらエンストなんてするわけねーべと気付けなかった気がする。
でも修理に出したらエアフロ関係なかって、バッテリーとか言われた。
どういう原理だったのか…

メーカーの中の人 (2010/07/19(Mon) 23:51)

とりあえず、軽減したようで何よりです。
エア吹き程度で治る場合は少しずつ貯まるブローバイオイルによる汚損で空気量を計測できなかったというレベルですね。
ブチルゴムはヒートガンで(なければハンダゴテで)暖めると柔らかくなって外しやすくなりますよ。

エアフロとケースの間はシールゴムが問題なければ3本でも大丈夫でしょう、精神衛生上はもう一本追加したほうがいいですが。

ちなみにエアコンのセンサとエアフロセンサ本体の故障(ハンダ割れ)は完全に同じメカニズムで…、当時の弊社製経年車にはよく起きる問題なのです。
エアコンのセンサはエアコンパネルの上部に透かしがあるのでその奥にあります。パネルを外して復旧することもできます。

>kwさん
バッテリが極度に弱る+オルタまで故障or不調の場合、センサ・アクチュエータの中で電圧消費の大きいものから不調になります。
状況が正確にはわかりませんが、点火系の故障診断が残ってそのようにメカニックが判断した可能性はありますね。

BUN (2010/07/19(Mon) 23:51)

走行中のエンストは、驚きますよね。。。
まぁ、何事もなく良かったです。

全ての車でとは自信がないのですが、
>踏んだペダルを上げるとガッチガチに固まって二度と踏めなくなる
一応ペダルが壊れるんじゃないかというほど、思いっきり踏み込めば理屈上ブレーキは作動します。
パワステと同じで、アシストがなくなった状態ですので。

そういえば、パワステ無しの車って、もう普通にはないんですね~。
軽トラもパワステ付いてるのありますし。
私も軽トラをパワステ付きに変えてからは、とんとパステ無しになんて乗ってません。

はしゃ (2010/07/20(Tue) 10:21)

>バッテリ
バッテリが問題なら「ニュートラル再始動」が問題なくできたのが、なんでやねん、という気はするですね。その説明。
むしろMTなら今までの惰性を使い、何らかのギアにいれて「押しがけ」的な再始動だったらできそう(妄想)。
それともバッテリ本体でなく端子が問題って意味かなあ。振動で走行中に接触が一瞬だけ悪くなったとか。

>修理
やったのは「エアフロの基板あけてハンダ盛り直し」す。掃除はむしろしてません。こわい。
ハンダは山盛りにしてみました。
エアフロとクリーナーボックスの間に関しては、そいや手元に耐候性ビニルテープあったなーと思い出したので
今度ぺたぺたしとこう。車好きの人から見ればアバウトにも程がありそうだ。アメリカでは日常茶飯事だぜ!(偏見)

エアコンは私が別レガシィ持ちの人のサイトで見たのはフロントグリル奥のセンサ本体がまずい、ということでしたが、
どうなんだろう。まあいいや。オートエアコンはないものとして運用するのに慣れたし。

>ブレーキ
理屈上というならば作動するのはわかっています。が、腰うかしてシートに背中つっぱって思いっきり踏み込んでも、
マトモに効くレベルまでいきませんです。私が非力なのかレガシィのサーボなしブレーキが重すぎるのか。
少なくとも私にゃ、交差点で曲がってる最中に使える手段ではありません。サイドブレーキに頼ったほうがまだマシげ。

or2=3 (2010/07/20(Tue) 22:06)

twitterで「簡単」と言った中のひとりですが、ちょっと
手間だったようで申し訳ありません。
走行中のエンジン停止事例は下手すると「リコール案件」
ではないかと思うのですがそのへんの対応がちょっと
どうなのかと。

そういえば次期車両検討はtwitterでしたね、こちらの過去ログ
見たけどそれっぽいエントリが見当たらなかったので。

はしゃ (2010/07/20(Tue) 22:20)

いやもう単純に私にスキルがなさ過ぎるだけかと。
エンジン停止に関しては、どの車でも15年落ちレベルになると可能性としてはあり得ると
考えて乗るべき、という気がしてます。そのリスクを呑めないなら新車乗ったらいいので。

これでもトラブルが収まらないようならもう買い換えですね。
次期車両はtwitterで少しだけ書いてましたが、デミオかなあ。

メーカーの中の人 (2010/07/21(Wed) 22:33)

>ハンダ付け

メーカーの中の人 (2010/07/21(Wed) 22:56)

間違って投稿してしまいました(汗

>ハンダ付け
どうあれ、そこまで出来るのであればスキルが低いということはないと思いますよ。
ビニールテープ補修は良いアイデアだと思います。持ち込まれたディーラーは泣きますが。

>バッテリ
そうですね、再始動したということなので振動による端子、絶縁不良といったあたりが疑わしいです。

>ブレーキ
ブレーキもステアも本来アシストなしで動作しないといけないのですが、最近の車ではどんどん逆の方向に行っていて、個人的には非常に危惧。
電動パワステなんて恐ろしいのですがねぇ。
少なくともブレーキはべた踏みすれば急制動でも何でもいいから動作すべきです。

>or2=3さん
誠に申し訳ありませんが、自動車の重要保安部品(この用語は実は廃されています)+性能を維持するための部品はメーカ毎に推奨の交換時期が決まっています。それ以前に異常な頻度で不具合が多発する場合は当然リコールですが、製造終了後長年、非交換で使用されている場合は止むを得ない事象ということになります。
その判断の一助のために整備記録簿をつけることが義務付けられています。
※欧州メーカーのように補修部品を何十年にもわたってストックしていないことが問題、ということであればそれはそのとおりかも。残念ながら日本メーカ+業界ではまだそこまで旧車保存に対するフォローが出来ていないのが現状です。
部品メーカも旧部品を少数ずつ再生産…には応じてくれませんし、完成車メーカもそれに資金を注げませんから。

はしゃさんのお車は個人的に好きな車なので手放されるとなると残念ですが、次期車両選定も楽しみですね。
実用本位で選ばれるとお見受けしますので。

One-Pass (2010/07/27(Tue) 06:12)

電動パワステとリコールで、以下のサイトを思い出しました。
http://minkara.carview.co.jp/userid/703460/blog/17695570/

サイトの内容が本当だとすると、私は 遭遇したくはないですが。
ではでは。

はしゃ (2010/07/27(Tue) 16:18)

>次期車両選定
今のところ症状安定してますので、次の車検まではレガシィ乗ってそうな気がします。
エコカー補助金の駆け込み更新の方がいいんじゃ?という気もちょっとはしている。

実用本位というか、もう維持コストしか気になっていません。1500cc以下で1t以下でーみたいな。
とりあえず最有力候補だったのは、デミオスポルト(CVTモデル)です。でもぎりぎり1t超えてるんだよなコレ。

>電動パワステ
私、職業的には車のドライブバイワイヤ化は進めば進むほど助かるのですが、自分で乗る車にこれは勘弁だなあ。
前に乗ってたMR2もいちおう電動でしたが、VGRSみたいなややっこしいシステムではなかったので
こゆ不安を持ったことはないです。

メーカーの中の人 (2010/07/28(Wed) 22:09)

>One-Passさん
他メーカのことですので私はあまり書き込めませんが、
6月にその件はリコール届け出がでて、Blogの方も納得されているようです。
十分に恐ろしいことではありますし、先に書きましたように現段階では機械的に接続されていないブレーキとステアは、少なくとも私は選びませんが…。
将来的には、電制スロットル並に制御と適合ロジックがこなれれば自然と認知され、浸透していくとは思います。
そういう意味でははしゃさんのお仕事は安泰でしょう。

>デミオスポルト
初代はいい形でまとまっていましたが、残念ながら少しづつ大きくなってますからね。
1500cc、1t縛りならDやSといった軽乗用メーカのリッター車を比較のために試乗されると良いかもしれません。
いい意味で機械式のままの車が多いですから。

is (2010/07/29(Thu) 19:27)

維持コストのみ重視というのであれば流星号2世一台でがんばるというのもアリのよーな。
一応2人乗りもできますし。
高速道路は乗れませんけどね。

単身or夫婦のみで非積雪地ならば二種原付でもなんとかなるものですよ。


2010/07/27(Tue) この日を編集

[デジカメ]カメラ一体型水中ゴーグルってすごいインタフェース考えるなー

磁気リングとセンサーによる入力か。ちょっとアホで、欲しくなったじゃないか。

水中器材の難しさの一つがボタンスイッチで、圧力がかかると勝手に押されたり、押したスイッチが戻らなくなったりする。もちろんスイッチという可動部分じたい漏水の恐れがある。この手のカメラ内蔵マスクは今までも数多くあった(例1例2)が、しばしば耐水圧は10mだった。μTOUGHなどの防水カメラも10m止まりなのは、この辺がネックだと思っている。

しかし磁気センサという非接触入力によって、最大の弱点になる押しボタンから脱却した。それにより手に入れた「耐圧水深は20m」。ファンダイビングの多くは15~25mあたりを潜るので、ほとんどのダイビングで使える(20mを超えたら瞬時に圧壊するようなものじゃないだろう)。その意味で言えば、はじめてマトモに使えるダイビング玩具だ。

まあ贅沢言うなら公称30mほしいんだけどな。深い時ゃ40mまで潜るし。

水中機材で磁気を使うのはよくあることで、一眼レフのレンズのピントリングに磁石バンドまいて、ハウジングの外側から別の磁石で回したりするが、磁力そのものを使わずスイッチとしてのみ使うというのは面白いわー。

でもインタフェースは相当腐ってそうだ。メイン用途が動画録りっ放し用とはいえ、静止画撮影がリングを「本体上部の録画・撮影センサーに約1秒間かざすと静止画を記録」ってシャッターラグ1秒とか何すんだよそれで。そんな機能いらないから1秒かざしで撮影開始・中断にしていただきたい。

また電源ONは「電源センサーに約2秒間かざす」だが、OFFは「電源センサーにかざす」。一瞬かよ。……ふとしたはずみで間違って電源OFFしちゃって電源をもっぺん入れようとしたが、せっかく入った電源をまた落としてしまうという悲しい出来事が目に見えるようだ。

ふつうに水中ハウジングを使ってるダイバーにはまず要らないんだけど、1万円というお値段だとネタとして導入したくなるなあ。しないけど。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
メーカーの中の人 (2010/07/28(Wed) 22:16)

記事を読まないでゴーグル一体カメラと勘違いして、
「おぉ、ダグラムのターゲットスコープ?!」と思った私は30代後半。
水中では電波は使いにくいので磁気SWにしたのは良いですが、もう一歩進めて、せっかく動画撮影に特化したなら画像をゴーグルに投影して欲しいなぁ、とコストと屈折率の壁を無視した意見を述べてみたいです。

はしゃ (2010/07/29(Thu) 01:43)

どういう像を投影したもんかなあ。撮影中の画像はふつうに目で見えてる訳ですし。
まあ画角はわかりにくいそうですが、たぶん視界はカバーできそう(水中マスクの視界は元からけっこう狭いです)。
屈折率はたぶん問題にならんですが。投影する面がマスク面だとすると、目との間にあるのは空気なので。

でもダイビング中に目元で表示があると気になりそうな気もする。
意識が何かにとられるとよく身体が浮いてしまう(ダイビングでは沈むより危険)。
カメラより深度計をマスクに内蔵してほしいかもしれない。

メーカの中の人 (2010/07/30(Fri) 22:53)

>意識が何かにとられるとよく身体が浮いてしまう(ダイビングでは沈むより危険)。

体格の関係でスーツが合わずに良く海岸沿いを素潜り&シュノーケリングして済ませる私は気がつかなかったです。
たしかに講習の時には姿勢維持に苦労しましたね。

「動画を観たい」のもシュノーケリングしながら曳航ソナーのようにカメラを水中に沈めてみよっかなぁ~という私だけのニーズのような気がしてました。(汗)

磁気SWはカメラ内のセンサの有効範囲内で磁気を感知した時間で判定しているようですが、このあたり、有効範囲を明示して、ユーザ設定できればかなり自由度が増しそうです。
範囲内をチェックしておけば、「n秒内にm回感知」毎に機能を割り当てられそうですし。


最新 追記