最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2010/03/03(Wed) この日を編集

[日記]仕事からリタイアした親父がハッスルしていた件

年末年始はちょい忙しくて実家に戻れなかった。先日ようやく帰郷したところ、いつの間にか親父が仕事やめてた。ついに一家全員ニート達成。まあそれはいいとして(よくねえ)、このオッサン仕事してた時以上に元気すぎ。

俺に対してそれはもう嬉しそうに「こないだ行ってきたスキー」の話をしたと思ったら今月また行くつってる。その他に週三回いってるスイミング教室から数ヶ月後、大会に出ると鼻息が荒い。ついでにただいま釣り仲間募集中。今月末に70の大台に乗るのに、ぜってー俺より健康じゃねえか!

そして自室の奥地から嬉しそうに出してきたのがコレ。

NOUMEN

自作の能面。右はつくりかけ。また素人目では、よくできてるんだこれが。オッサンはサラリーマンでなく職人だったのは確かだが、こんな分野にゃまるで縁のない職種なんだけど。

この他にもピアノ教室に通いつつ毎日きっちり練習してるようだし、運動から文化に至るまで節操のないことないこと。俺ウチの親父ってわりと無趣味だと思っており仕事やめたらどうすんだろと思ってたが、その心配はまるで無用のものだった。親父を見くびっていた点を反省。この俺の親父なんだから、基本的にゃ趣味人なのは当然と見るべきだった。同時に自分の未来も垣間見たが、ここまでエネルギッシュになれるかな。

ここはヒトツさらなる地獄に突き落とすか。ちょーどもう使うアテのないデジタル一眼レフ(E-300)がある。要る人がいたらレンズとCFつけて押しつけてみるかと思ってたんだった。この親父ならハマりそうな気がする。

[]韓国で墜落したとゆーF-5

墜落したF-5Eの片方は1975年導入とか。物持ちいいですねアンタら、と思ったが、日本のF-4EJも似たような古さだなあ。いっぺんF-4EJ改として全面刷新してる(1984年~)けど。どちらにせよ煽りの方々はあんまり他人事じゃない点を考慮、とか言っても無駄か。

F-5という戦闘機は、生産国のアメリカ軍ではほとんど使われてない、という特徴がある。これは冷戦時代の西側の盟主アメリカによる「自由主義同盟国のための戦闘機」その名もフリーダムファイター。超だせえ名前。後ほどエンジンを刷新、レーダーつけてF-5E通称「タイガー」となり、こっちの方が有名。韓国で墜落したのもこれ。

とはいえ供給される同盟国から「アンタらさえマッタク使ってないものを押しつけられても困る」(軍事ではとにかく「実戦で使われた」=コンバットプルーフが重視される)という意見が出て、そらそうだわなと当時やってたベトナム戦争で急遽F-5を使ってみることになった。

ほんのちょっとだけF-5タイガーを使ってみる、ことから作戦名はオペレーション・スコシタイガー。スコシは「少し」という日本語。日本語の一部にイングリッシュをミックスするとベリーベリーストレンジなんだが、これも似たようなもんか。余談だけどF-5は日本には導入されてない。なんで日本語なんだろう。当時クールだったのか。

それはさておき米空軍に唯一導入されたF-5、スコシタイガーはベトナムの地で必要充分な対地攻撃力を発揮、トラブっても墜落しにくいわと前線ではたいへん好評だったという話。

なにより西側といっても先進国でない国は普通にあるので、整備性が格段にいい点が超重要。整備員にこそ国の技術力は現われる。さらにF-5はT-38タロンという派生練習機も作られるほど素直な飛行特性、さらに運動性能も空戦での仮想敵機として重宝されるほど(でも米軍にはやっぱりそぐわなかったんだけど。小型すぎて、レーダー弱いわ武装少ないわ航続距離短いわ、なので)。

F-5は冷戦時代の戦線維持用なので戦果こそ目立たない。けれど傑作とハッキリ言える戦闘機。とはいえさすがに古すぎるため、その役割をF-16に譲って各国で絶賛減耗中。韓国でも国産のF/A-50への移行や、F-35への代替検討が進んでいる最中だったと思った。墜落の原因に老朽化てのはあるんじゃないかなあ。二機同時ってことは空中衝突かもだけど。

みたいなコトを同居人にだらだら蘊蓄がたれてた。我が家ではこんな話が日常的にされている。ヤな家だこと。サイトで最近ちょっと軍カテゴリがない気がしたので、リハビリがてら書いとく。

本日のコメント(全10件) [コメントを書く]
扶桑 (2010/03/03(Wed) 22:40)

このF-5とかA-4みたいに、「低コストで凡庸な性能」を目指した飛行機が各国でもてはやされて、F-104みたいな「高コストで高性能」を目指した飛行機が西ドイツでたくさん落っこちたりしているのを見ると、複雑な気持ちになります。
飛行機っていうのは、あんまり高性能を目指さずに、ほどほどを目指す方がいいのかもしれないですね。

墜落の理由はまだ発表されていませんが、2機同時ってことはたぶん空中衝突じゃないですかね。区隊長機が航法を間違って、列機と一緒にどこかにぶつかった可能性もありますが。

はしゃ (2010/03/03(Wed) 23:05)

>凡庸戦闘機
そいやA-4はブラジルかどっかが空母でまだ運用してましたっけ。アレも整備上もう変更できないんだろうなあ。
また確かMiG-29を運用していたいくつかの国がソ連崩壊と同時にわざわざMiG-21に戻したりもした気がします。

とはいえ日本や当時の西独の場合、凡庸な機体を導入する訳にもいかなかったんだろうなあと。
相手はソ連本国や東ドイツなので確実に最新鋭を配備してる以上、コッチも最新鋭でないと抑止力にならない。
西独のF-104の事故率は確か、そもそも向いてない爆撃任務か何かにムリヤリ適合させようとしたって面があった気もします。
(F-104で低空からの爆撃してりゃそら事故も増えるだろう。いやこれも印象ですけど)

クウ~ (2010/03/03(Wed) 23:53)

F-5シリーズはエンジンの換装だけで飛行性能が劇的に向上するとても素性の良い戦闘機ですね。まさしく傑作の名にふさわしい。
最終的にはF-20になりF-16とガチンコ勝負が出来るまでになりましたがいかんせん基本設計が古すぎましたな~。
台湾が製造ライン丸ごと買い取る話も米帝の横槍でおしまい。でも南米ではまだまだ現役だし、イランやイスラエルはアップグレードパッケージなるもので近代改修しようとしているし、まだまだ当分は飛んでいそう。
案外F-4の方が先に退役してしまいそうですな。
兵器は複雑な構造で稼働率を低下させるよりも、シンプルな構造で確実に動く事が大事だと元自衛官が言ってました。
だから自衛隊では博物館送り級のグリースガン(サブマシンガン)をつい最近まで使用していたようです。
でもさすがにコソボ紛争でT-34が使われていた映像にはのけぞりましたがね。

kw (2010/03/04(Thu) 18:20)

あれ?台湾がF-5買うのをヤメたのは
性能が足りないからってんで台湾が蹴ったんじゃなかったでしたっけ?

tama (2010/03/04(Thu) 18:25)

私はF-5戦闘機についてよく知らなかったので、今回の事件については韓国も古い戦闘機使ってんなーくらいにしか思ってませんでした。
優秀な機体だったんですね。性能や使い勝手とか運用状況なんかは西側版MiG-21みたいな感じなのでしょうか。

Parker (2010/03/04(Thu) 21:24)

能面はみごとですね。
能面職人じゃないのにこれだけ自然な表情を作れるとはすごい!

有芝まはる(ry (2010/03/04(Thu) 22:36)

アメリカのB-52はガチで100年現役というリアル百式になるかも知れない、みたいな話をどこかで見かけた記憶があります。

はしゃ (2010/03/05(Fri) 17:08)

>親父~能面
元々、ウチの親父は日曜大工が趣味な時代が大昔にあって、まったく無経験だった訳でないってのはあるようでした。

>西側版MiG-21
コンセプト的にはF-104の方がしっくりは来るんですが。
でもF-104が数ヶ国でしか採用されず、さらにすでに全国で退役してることを考えると
数十ヶ国で採用されて未だ現役のF-5のほうがその座には相応しいのかもです。

>台湾
順番的には、台湾「おうアメさんF-16くれF-16」→中国「売ったら許さんぞアメ」→アメリカが「F-5G(F-20)か廉価版F-16/79なら売ったる」→
台湾「どっちもヤ」でF-CK-1開発、ですね(最終的にはF-16ゲット成功してます)。

>T-34
アレはオーパーツ。有名すぎる逸話「戦中に沼に沈んだT-34を引き上げて燃料いれたらエンジンかかった」てのもあります故。

こゆのって銃器まで含めると信じがたいほど古いのが結構あるですよ。
キャリバー50(ブローニングM2)あたりは戦前から今に至るまでずっと現用で、かつ今後もなくなることが想像できない。
そいや有名な拳銃「ガバメント」もM1911ですからそろそろ生誕100年ですね。
もちろん設計が古いだけで、製造はもっと新しいですが。改良もされてますし。

>B-52
あれももうオーパーツでいいや。

人道 (2010/03/06(Sat) 18:16)

兵器は際限なく進歩するけど、
使う人間は進化できないってことですかね。

hisatane (2010/03/07(Sun) 07:01)

>タロンがオーパーツ娘な件
タロンって、訓練でラプたんから撃墜判定ゲットしてませんでしたっけ。確かどっかでそんな動画を見たような…。
あれはパイロットがオーパーツという話かもしれませんが。


2010/03/05(Fri) この日を編集

[デジカメ]海外にてDMC-G2/DMC-G10の情報リーク

E-PL1発売日のこのタイミングでDMC-G2/DMC-G10の情報をリークしてくる松下さん。マジ外道なのか、「ウチの新型はバッティングしないからE-PL1安心して買っていってね!」 なのかどちらだろう。とりあえず俺は後者と受け取ったけれど。

……おかしい。俺はE-P1のPENべったりなマーケティングでオリンパスから見切りをつけたはずなのに、なんか心情的にはまだオリンパス寄りでいる……まあそれはおいといて。違いだけ表にするとこんな感じ?

DMC-G1DMC-GH1DMC-GF1DMC-G2DMC-G10E-PL1(参考)
動画なし1920x1080/H.2641280x720/H.2641280x720/H.2641280x720/MJPEG1280x720/MJPEG
録画ボタン-ありありありなしあり
手ぶれ補正-----内蔵
液晶可動可動固定可動・タッチパネル固定・?固定
キットレンズ14-45mm14-140mm14-45mm14-42mm14-42mmオリ製14-42mm
本体重量385g385g285g371g336g296g

G10の液晶にもタッチパネル機能があるかも知れない。ソースによってばらけてる。

ボディ形状はG1、GH1、G2、G10ぜんぶ共通。にも関わらずG10の軽さが目を惹く。液晶を固定化するだけでそれだけ軽くなるのか。あと大胆な価格をつけてきそうなので海外シェアにはインパクト大きいんじゃなかろか。日本ではそもそも売るのか。

14-42mmは新レンズっぽい。従来の松下14-45mmと見た目は完全に一緒。手ぶれ補正ON/OFFスイッチを省き、195gだったのを167gくらいに軽量化したモデルかな(ちなみにオリンパス製14-42mmは手ぶれ補正ナシで150g)。たいした問題じゃないけど、松下の望遠ズームは45-200mmなので42~45の範囲がすっかーんと抜けるのが気になる。

このG2/G10ってスペックじたいは正直なところ肩すかし感がある。んだけど、DMC-GH1持ちとしては下克上ナシ(タッチパネルは羨ましいけどな。動画での指定箇所AFは是非やりたい)で安心したし、かつE-PL1のコンセプトが大ヒットして欲しくてしょーがない人間としては潰し合いを避けられたという感じで歓迎。


2010/03/06(Sat) この日を編集

[デジカメ]E-PL1導入

E-P1 and E-PL1

……同居人が。さすがに一ヶ月前にE-P1買ったばかりでこんなの行ったりしません。しかしコレで我が家のマイクロフォーサーズ機は3台目。現状で6種類しかないのになんでウチに半数があんだよ。

で感想だけど、思ったより質感が悪くない。ていうか、いい。DMC-GF1くらいの印象。E-P1/2には劣るけど、あれ値段のうち1割は「質感代」でとってるからなあ。そして重量バランスの改善とグリップによって持った時に軽く感じる。感じるだけだが。

そしてライブガイドはやっぱり素晴らしい。素晴らしすぎる。単純な露出補正だけでなく暗部補正なんかも同インタフェースで可能。そりゃ「即座に撮る」というシーンには役に立たないんだけど、ちょっと腰を落ち着けて撮る時なんか全一眼でもっとも素晴らしいんじゃと思うくらい。

俺は、これが、売れて欲しい。志がめちゃめちゃに高いもの。絵を作る楽しさを極限までフレンドリーに提供しようとしている。これがあのオリンパスかと本気で疑問に思うほどに。

一眼の重さがイヤで手がでなかった全ての人に。一眼のややこしい暗号みたいなパラメータがイヤで手がでなかった全ての人に。強く、強くオススメしていきたい。

動画は超いい。やっぱ動画ボタンはもう必須なんだよ。高ISO感度ノイズもE-P1より改善がみられる。手ぶれ補正は松下の標準ズームレンズモデルと比べても弱めか。過信はしないほうがよさそう。遠くでなけりゃ素直にフラッシュ焚けばいいんだけどな。

難点はAFポイントがどこに合うかわからん。いや俺は全デジカメで中央一点固定と決めてるんだけど、E-PL1で困るのがライブガイド。ライブガイドを使えるインテリジェントオートで中央一点に指定しても、別のモードに切り替えてまたインテリジェントオートに戻れば全面AFに戻ってやがる。Fnキーで全面・一点切り替えの割り当てが可能なんだけど、これまたiAモードでは効かない。これ困る。

あと14-42mm F3.5-5.6 LレンズのAFが少しヘンな迷走するような。これファームウェアバージョン1.0だけど、そのうち1.1が出るんでは(従来の14-42mm F3.5-5.6は1.1があるけど、コレにはアップデートできなかった)。AF速度じたいは上がってる気がする。

また些細だけど、添付のストラップちょっとチープ過ぎ。チープはまあしょうがないとしても、固くて通すのが一苦労だ。というか一度通してからあまりの安っぽさが気になって、E-330添付のものにつけかえた(ちょっとE-PL1にはイカつすぎるけど)。

この類のカメラはストラップも好みで色々選ぶから楽しいってのもあるので、最初からあまり高級なのがついてる必要はないんだけど、ちょっとアレはなあ。購入される方はオサレなストラップと同時ってのがオススメ。俺はE-P1には純正ハンドストラップつけてる。


通常のE-PL1レンズキットを希望する同居人に、差額を俺が支払うカタチでダブルズームキットを調達した。

このダブルズームの望遠ズームはマイクロじゃない4/3レンズ40-150mm F4.0-5.6と、4/3レンズをマイクロ4/3につけるアダプタを組み合わせたもの。なんじゃそりゃと揶揄されてたりもしたけど、なかなかどうして松下のマイクロ4/3用45-200mmとの比較表つくって比べると捨てたもんじゃない。

松下の望遠ズームオリ望遠ズーム+アダプタ
45-200mm F4.0-5.640-150mm F4.0-5.6
最短撮影距離 1.0m最短撮影距離 0.9m
φ70mm x 100mmφ65.5 x 合計92mm
380g合計261g

特に重量差が大きい。アダプタついてても松下望遠の2/3で済む(もっとも松下レンズは手ぶれ補正を載せてるのでどうやっても重いけど)。そもそもフランジバックの短いミラーレス機において望遠は不利な要素なので、ある程度でかくなるのは必然とも言える。これで済むなら御の字だろう。

とはいえ望遠ズームはそこまで欲しかった訳じゃない。普通のレンズキットとダブルズームの価格差は+2万円。4/3望遠ズームはレンズだけでおおよそ2万円なので、アダプタがタダで手に入る――というより主観では1.5万円のアダプタに+5千円で望遠ズームが手に入るという印象。

俺はすでに手持ちのフォーサーズレンズが4本ある。ほぼ意味のない標準ズームと望遠ズームをさておいても、上質な14-45mm F2.8-3.5と50mm F2.0マクロが使えるようになった。正直、オリンパス製マイクロフォーサーズレンズって精度的にはちょっと疑問符なので、このへんが使えるのは大きい。同居人の買い物にかこつけて自分のレンズ欲も満たしてみた。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
有芝まはる(ry (2010/03/08(Mon) 21:04)

ZDの14-54mmは一時期標準のアップグレードとして将来的な導入を検討していたのですが、某所で「GH2のキットレンズは12-75/2.8-3.3になるらしいぜ」というナイスな噂を耳にして以降は、パナのロードマップを全裸待機状態になっております。
#そういや、14mm単焦点の口径がF2.5に格上げされたらしく。

はしゃ (2010/03/09(Tue) 11:27)

>レンズ
12-75mm F2.8-3.3て年内でしょうか。来年じゃないかな、と思っていたり。具体的にはDMC-G3あたり。
今年の松下は14-42mm、14mmパンケーキと100-300mm、8mm魚眼ですでに4本ですし。って8mm魚眼はもしかしたらオリのOEMだろうか?

14mm F2.5単焦点て松下から秋に発売という14mm F2.8パンケーキでしょうか(って調べたらいいのか。……そのようでした)。
オリのロードマップにも14mmがあるんだよなあ。こっちはパンケーキじゃありませんように。
パンケーキは一枚あると便利だし、広報面での訴求も強いですが(実際E-PL1の広報はことごとくパンケーキだ。キットないのに)
「そんなにいらねえよ」と思っているので非パンケーキのほうが嬉しいな。

GSK (2010/03/10(Wed) 03:09)

E-PL1見に行ったのになぜかE-P2買って帰ってましたw
以前E-520ダブルズーム買ったけど、25mmパンケーキと50mmマクロ買ってからズームレンズ全然使わなくなったので。
フォーサーズアダプターはおいしいところだけど使わない同じ望遠レンズ2本抱えるのもなあ、と思ってしまって。

でも店頭でちょっと触ったけどライブガイド凄いですね、アレのために後で結局買いそうな気もしてたりw

さて、次は9mm-18mmを親とマイクロどっちで買うかを悩む予定。

はしゃ (2010/03/14(Sun) 15:57)

>フォーサーズアダプタ
まあぶっちゃけ単体で買えば済むもんではあります。E-PL1のダブルズームについてくる奴は樹脂マウントで軽いけど脆いし。

ところでコレでハイスピードイメージャ非対応のレンズ使うとAFはかなりヘンです。
ウギーゴ・ギーゴ・ウゴ・ゴゴゴゴゴゴゴピッ!50mmマクロは特に被写界深度あさいので努力してるなーと。

私は親フォーサーズはほぼ考えないことにもうしました。もし9-18買うならマイクロ確定。


2010/03/14(Sun) この日を編集

[デジカメ]大山崎山荘美術館随心院の小野梅園いてきた

E-P1で写すものに飢えていた俺と、E-PL1を使いたくてしょーがない同居人の利害が珍しく一致し出掛けた。

大山崎山荘美術館大山崎山荘美術館大山崎山荘美術館
このトンネル意味ねえだろ正直。だがそれがいい。コレぜってー殺人事件おきる。5人は死ぬな。左の塔なんか死体つるすためじゃん。まさか足下の狛犬かシーサーみたいな像が殺人事件を解く鍵だったなんて……!!
大山崎山荘美術館大山崎山荘美術館大山崎山荘美術館
館内カフェのスイーツ(笑)は美味しかった。ピントは後ピンになっちまったけど。裏手がなんかラブホくさい。がっかり噴水。改装を予定してるとかで、この手の作業中箇所は他にもあった。
大山崎山荘美術館大山崎山荘美術館大山崎山荘美術館
ナニゲに動ける範囲より立ち入り禁止箇所の方が雰囲気いいのがムカつく。痩せこけたウサギが山荘に呪いをかけているの図。みょんみょんみょん。この坂が地獄。E-P1の水準計で水平とって撮影したので角度は無駄に正確。

もーちょっと花とかぶわーってのを期待してたんだけど、ちょっと早すぎましたな。興味もったヒトいれば暖かくなってからがいいと思う。山荘内も、撮影禁止なので写真はないけどモッダーン建築好きには結構いい感じ。ただし最後の写真にもあるように山荘いくまでの坂は地獄。帰りの下りは、膝がわるい俺には嫌がらせ度もひとしおだった。送迎バス使うほうがいいかも。

ちょい撮り足りないというので季節柄ヨサゲな梅を撮りに随心院も。俺は花撮りがすっごい苦手なんだけど(かといってナニが得意かと言われても困るんだけど)、行ってみるとそこそこ楽しく撮れた気はする。

随心院梅園随心院梅園随心院梅園
ぶっわーっ。梅花粉症のヒトとかいたら死ぬレベル。まあ梅花粉は飛ばないと思うけど。絵に描いたような梅。胡散臭いタイプの華やかさ。落ち着けと言いたい。
随心院梅園随心院梅園随心院梅園
幹のゴツゴツとのコントラストが面白いかと思ったがそうでもなかった。じっと見てると、おしべが触手っぽくてブキミ。色まじり。こういうのもあるのか。
随心院梅園随心院梅園随心院梅園随心院梅園
ZD50mmレンズはド下手が使っても雰囲気が出て卑怯。黄梅。赤~ピンクの世界でたいへん申し訳なさそうにしていた。梅は花弁より、幹との結合部のが可愛い気がする。いや竹林が見事だったんで。

こっちゃもう満開なので来週では遅いかもしれない。我々はいいタイミングで行けたかも。そんなに混んでなかったし。

本日のコメント(全7件) [コメントを書く]
士官 (2010/03/14(Sun) 19:11)

>シーサー
まさか後頭部が取れるなんて・・・
って違ってたらスイマセン

はしゃ (2010/03/16(Tue) 11:22)

>シーサー~まさか後頭部が取れるなんて・・・

すみません。なんかよくわからない。

閲覧者 (2010/03/16(Tue) 13:01)

いつもたのしく拝見しております。

記事を読んでいてなんかもやもやしたものがあったのですが、そうか、林家ペー、パー子夫妻を思い出したんだ。

風翠 (2010/03/18(Thu) 14:42)

竹いいですねー。
葉っぱが風でさわさわ鳴る音が聞こえてきそう。

はしゃ (2010/03/18(Thu) 17:50)

>林家ペー、パー子夫妻を思い出したんだ。
??? それまたよくわからない。私と同居人がそんな感じということかなあ。

>竹
当日は風なかったので、わさわさはしませんでした。静かな竹林もいいものです。
余談すが、ここは小野小町が化粧をするのに使ってたという井戸のすぐそばにあたります。

士官 (2010/03/18(Thu) 22:59)

>よくわからない
やっと見つけた・・・
コミックス17巻「盗賊団謎の洋館事件」から、
洋館の玄関入り口手前の手すりのライオンの後頭部が外れ、そこに懐中電灯を仕込むと
光が出て、それが反射しながらある物を照らし、事件の真相を暴くという内容でした
死体は吊るされていません。あースッキリした

士官 (2010/03/18(Thu) 22:59)

てかコナンでした


2010/03/16(Tue) この日を編集

[]手湿疹

ここんとこ手が痒すぎて集中力欠けまくりどころか睡眠に影響がではじめていた。これを手首切断以外でなんとか排除する手段はないかと、皮膚科の扉をまた開いた。

以前いった皮膚科ではこの手のかゆみは掌蹠膿疱症と診断をうけていたが、そん時と違うところに行ってみたところ「これは私なら掌蹠膿疱症とは診断しません」と言われて根底から覆される。えナニそれ。

説明を聞くと確かに掌蹠膿疱症とは違う。ドクター曰く、これは乾燥や洗剤などで手の表面がダメージくらう手湿疹(または主婦湿疹)の類だとか。うん、洗い物は俺の趣味だ。でも主に乾燥しやすい冬に起こるコトが多いらしいが、俺は冬には滅多に痒くならず、春が多く夏~秋も結構ある。誤差?

まあ症状も対処もあんまり変わらないんだけど、手湿疹は掌蹠膿疱症ほど難治という訳ではないようだ。保湿が大事ということで処方された保湿クリームを執拗にすりこむ毎日。手がねっとりコーティングで大変きもちわるいが、保湿してると確かに痒みも少しマシだしステロイドもちょっと効いてる気がする。

必死こいて掌蹠膿疱症に効くというビオチンサプリメントぽりぽりしていたのはあまり意味がなかった。皮膚科に関しては当たり外れが多いという印象はあったんだけど、本当にそうだと実感。

[]軍縮は足並みを揃えるのが大事という話

ちょい前に核ミサイル新規開発、米が8億ドル予算要求ってニュースの中で読売がこんなこと書いてた。

オバマ政権が「核兵器のない世界」の実現を唱える一方で、核戦力の近代化を進めているものとして注目を集めそうだ。

いや誰も注目しないだろそれ。だって当たり前のことやってんだもん。核削減と核戦力の近代化は別に矛盾するものじゃない。

まだ冷戦やってた頃、ソ連が東ヨーロッパにSS-20という新型ミサイルを配備したことがある。このミサイルは従来とは精度も威力も段違いで、ヨーロッパの好きな場所を好きな時に焦土化できる代物だった。想像なんだけど、おそらくソ連の目から見ればこのマッドなミサイル配備で均衡がとれてる状態だったんじゃないかと。

だから「そのミサイルはヤバいから撤去しろ」と一方的に言ってもムリ。NATO諸国とアメリカはどうしたか。同じくらいヤバいミサイルの新型パーシングIIをこれ見よがしに西ヨーロッパに配備し、本当の驚異度のバランスをとった上で、ほうら実際に自分がやられるとイヤだろう。で、どっちもヤメね? と話を持ちかけた。

結果的にINF(中距離核戦力)全廃条約が締結されて両者のヤバいミサイルは一掃された。歴史的にみて「成功した核軍縮」ってのはこういうモンではないのか。

軍事は常に相対的。日夜、ミサイル技術も対ミサイル技術も進歩してる。アメリカの仮想敵国もそうである以上、手持ちの核ミサイルの賞味期限が切れたからと今までと同じものを調達すると、そりゃ軍縮してるに過ぎない。一方的な軍縮は、相手にとっての軍拡にしかならず核戦略においてもっとも大事な「均衡」が崩れる。適切な新型調達は当たり前なんじゃないかな。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
扶桑 (2010/03/16(Tue) 20:18)

軍縮って難しいですよね。

ワシントン軍縮条約で戦艦の制限をすれば、特型駆逐艦のような、条約の制限に引っかからずに戦艦の不足を補えるような新兵器が出てくる。
ロンドン軍縮条約で巡洋艦の制限をすれば、最上級やブルックリン級のようなゴマカシ軽巡洋艦が出てくる。

軍縮条約っていうのは、どんなにうまく制限したつもりでもどこかに抜け道を見つけられるから、あんまり意味ないんじゃないの? と最近思うようになってきてます。

流れ物 (2010/03/16(Tue) 21:34)

自分も暖かくなってくると手が荒れてきます(痒い・皮が剥ける・水泡が出来るetc)。皮膚科でもハッキリした病名がわからずいつの間にかアトピー性皮膚炎ということになったようです。手先のトラブルは本当にやっかいですよね。どうぞお大事に。

kw (2010/03/17(Wed) 09:06)

核は完全に人類をオーバキルするほどの量がありますから
敵は1回殺れれば十分、10回殺らなくてもいい。
じゃあそんなたくさん金食い虫はいらんだろと思うところから核軍縮が始まった気がします。
だからとりあえずしんどいから増やすのやめよ?ね?ね?ってのがSALTⅠ,Ⅱな感じですかね。
その後INFかな。
そもそも軍縮条約自体が、財政状態の逼迫というちょお打算的な理由で結ばれたりするので
核も含めて
「軍縮して核のない世界平和を!」
なんつーのは完全な建前でお花畑思想なんじゃないかと思う次第です。
軍縮はあくまでただの外交カード。
だから仮想敵国である国ともうやめよ?って言ってやるのがお互いハッピー。
まーなかなかお互いやめよ?ってならないのが国家外交の難しいところ。
結局、核保有国みんな「核を一番最後になくすのは一番良心のある我が国だ」って思ってそう。

皮膚科医の端くれ (2010/03/17(Wed) 10:57)

掌蹠膿疱症も異汗性湿疹も治療はステロイドと保湿が主体です。ビオチンは一応どちらにも効果があることになっているので、無駄ではないと思います。
 

はしゃ (2010/03/18(Thu) 17:50)

>軍縮条約
軍縮は別に「いつか兵器をなくすぜ」というのは目的にしてないかと。
もしそれが達成できるとしても、そりゃ「軍縮」という行為とは別の概念がやりそうな気がする。

私の見方だと軍縮って、放っておくとガンガン精鋭化していく分野のブレーキでしょうか。軍備以外でもありそうだ。
スポーツのルールなんかでも、たしかちょい前に高速水着を「軍縮」するかどうかというハナシはありましたし。
自動車レースのF1やWRCのレギュレーションもちょくちょく性能に足枷つけるような「軍縮」をしてる気がします。
このへんは別に水着の発達や車のテクノロジ全般を原始時代に戻すことを目的にしてはいない。てなカンジで。

>手荒れ
あー暖かくなると出るってのもあるんだ他に。
私の場合、手のひらの上半分~指先から2つめの関節までで、それより先は滅多にかゆくならないので
その意味ではかなり軽いのかもしれない。

>ステロイドと保湿が主体
なるほど感謝。そしてビオチンサプリメントは無駄じゃなかったようでちょっと嬉しい。いや嬉しがってどうよ。

イヌヤマ (2010/03/18(Thu) 22:02)

・・・・卵かけご飯はお好きですか?
卵白中のアビジンはビオチンと半端無く
強力に結合してビオチンを無効化するです。


2010/03/28(Sun) この日を編集

[デジカメ]花写真とか

あまり長いこと放置してると死亡説が流れそうなので(twitter見てればそうでもないか)適当な更新がてら。

毎年ちょこちょこ散歩にいってる桜、そろそろかなと思ったがまだ二分咲きだったズコー。まあいいや。特にキャプションもなしで撮った写真をぺたぺた。

01 02 03 04 05 06 07 08 09

ラス2は花じゃないけど、自分でしっくり来てるのは花以外のほう。

花写真にはどうも苦手意識アリアリ。料理写真や人物スナップにも共通するんだけど、あんまり対象に興味がないから、完成形がイメージできないまま撮ってるせいかもなあ。特に「いい写真」を意識してはいないけど、他人のいい写真に学ぶことが必要かも。あと手持ちMFの訓練不足。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
3rd Reflector (2010/04/06(Tue) 13:45)

2段目の一番右、ヌケもボケ具合も綺麗ですね~。

ねすた (2010/04/09(Fri) 02:22)

最早ついったがメインという感じですか?
過去ログ読みが好きな身には、ちょっぴり寂しかったり。ツイは遡り難いので…

はしゃ (2010/04/14(Wed) 16:03)

>2段目の一番右
すみません、見てるブラウザ幅によってどの写真か変わります。6枚目かなあ。
私自身は花写真の善し悪しがまったくわからないのですが、こういう写真が比較的イイのだと学習しました。ありがとうございます。

>ついったがメイン
いえ、特にtwitterに移ったとか、そういうのはないです。あっちもまた放置するかも知れない。
最近は単に「気がめちゃめちゃ乗らない」て感じでした。なんか文章にならないという。そういうこともあるかなと。

twitter側のログは、twilogでまとめ見できます。 http://twilog.org/www11bigorjpkkk
登録したのが遅いのでログそのものは一ヶ月分くらいしかないですが、今後書く分に関しては蓄積されていくんじゃないでしょうか。
でも愉快なことあんまり書いてませんよ。

3rd Reflector (2010/04/14(Wed) 20:04)

そうそう6枚目です。こういうの好きです。
花写真難しいですよね・・・。自分もどうしてもピンを当ててる部分だけに注意が行きがちなんですが、アウトフォーカス部分も含めて画面全域の配置に気を使え、と言われて練習中です。

cna classes (2010/05/07(Fri) 19:07)

nice post. thanks.


最新 追記