最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2010/02/02(Tue) この日を編集

[]『僕は友達が少ない』平坂読

俺はエロゲにおいて日常パートを重視する。よくキャラ分岐より前にあたる部分で、特に事件もなく、登場人物の恋愛感情がなんとなく進行したり停滞したりしつつ、平和で楽しい日々を描いているあたり。

……で。この小説なんだけど、そのエロゲの日常パートを延々やってるだけじゃねえか! いややっぱりそれより酷いわ。プロローグでヒロイン二人が嘔吐するラノベをいったい誰に読ませようとしてるんだ。俺か。そうか。

うわーおもしろい。すごい好き。あまりにも俺にとって居心地がよすぎて、できればこのままずっと続けてほしい。完結してほしくないくらい。

だけど他人には薦めにくい。なにせマトモなストーリーないもの。(ダメな)部員達の日常のちょっとした(ダメな)イベントをブツ切りで紙面に並べてある。章ごとのブツ切り感はまさにエロゲの1イベントそのまんまだ。大きな流れはあるような気もするけど、気のせいだよね。ないよね。

登場人物は美形しかいない。キャラクタの個性は安易な記号。おおよそ全登場人物に好かれている主人公が無闇に鈍感という、ふつーに考えればライトノベルというジャンルがバカにされる要素のカタマリみたいな代物。でもコレ、そういうイヤミを一発で看破するようなラノベを普段から読み慣れてるスレた客層こそを狙い撃ちしてる感じ。ビーンボール的な意味で。

[]『生徒会の一存』葵せきな

で「同じ箇所でダラダラと駄弁ってるだけのハナシ」として、上より先に有名になりアニメ化もしたコレにも手を出してみた。

生徒会室で延々とバカ会話を続けるだけのハナシと聞いてたんだけど、意外とそんなことはなかった。いや確かに脳天気で明るく楽しい生徒会室が内容の九割を占めてるんだけど、けっこうシリアス、というかシビアだよこれ。

物語の作り方からして、すでに確定したラストからの引き算でできてる。この脳天気で明るく楽しい時間は、はっきりと作中の今年度で終わりを迎えると提示されてる。そもそもメタ全開なこのハナシにおいて駄弁りタイムってのは過去にあったことを主人公が書いてる訳で、進行形じゃない。リアルタイム視点で見れば延々と「あの時はこんなに楽しかった」という過去形のハナシをしているに過ぎず、そしてその楽しい時間の描写にもたびたび影が見え隠れしてる。本筋はあくまでその影のほう。

いや駄弁りタイムの中身といえば、ちゃんと、しっかり、カンペキに、もはやどうしようもないグダグダの西尾維新的ツッコミの応酬なんだけど。よくこれだけくだらない(貶してない)ハナシを量産したもんだ。主人公がしっかりとアホカッコよく、ハーレムを作るというそれだけならベタな目的に裏付けと行動がちゃんとあって読み応えもある。

ただ個人的にゃどーも挿絵が受け付けにくいなあ。あとちょい長すぎてダレてるよーな。いっそ本編は2冊くらいで外伝が15冊くらいでもいいんだけど、でもそこまでやるとたぶん作者のやりたいことから外れそうな気もする。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
閲覧者 (2010/02/03(Wed) 11:53)

いつも楽しく拝見しております。

生徒会の一存はなんか、本筋が漏れないよーに、見えないよーに大雑把に握った特大おにぎりのような、それでいて中身汁もので、思いっきりだだ漏れしてるような、そんな印象をうけます。

suvta (2010/02/04(Thu) 00:45)

「僕は友達が少ない」前から気にはなっていて、この際なんで、ポチらせていただきました。

はしゃ (2010/02/04(Thu) 10:14)

>生存
上でも書きましたが、巷の評判みてると「延々と駄弁ってるハナシ」という印象だったのに、なんか違うぞというのは
読んでてけっこう気になりましたです。わりとちゃんとしたラノベじゃんと。
「延々と駄弁ってるハナシ」が読みたかったのにー。

もっともバカ部分はちゃんと魅力的。ラジオとか。

>はがない
だらだらしたハナシなので、だらだらした環境で読むとヨサゲです。酔っぱらって読むのもありかもしれない。


2010/02/03(Wed) この日を編集

[デジカメ]マイクロフォーサーズ廉価機E-PL1

今日(午後三時?)には発表されそうだけど、現時点の噂からてきとうに表にするとこんな感じ? 発表されたので表修正。

E-PL1E-P2DMC-GF1
フラッシュ内蔵外付内蔵
操作系ダイアルなしダイアル2つダイアル1つ
手ぶれ補正ボディ側ボディ側レンズ側
動画撮影ボタン搭載なし搭載
動画フォーマットたぶんH.264 MotionJPEGMotionJPEGH.264
動画音声モノラル(別売ステレオマイク)ステレオモノラル
液晶2.7型23万ドット3型23万ドット3型46万ドット
EVF別売144万ドット VF-2別売144万ドット VF-2別売20万ドット DMW-LVF1
サイズ重量114.6x72.2x41.5mm/296g120x70x35mm/335g119x71x36.3mm/285g
撮影枚数290枚300枚350枚
その他アートフィルターアートフィルターAVCHD Liteの長時間動画

このカメラ、情報がでてきた頃は単なるE-P1/2の廉価版かと思ってた。けれど背面写真を見て俄然興味がわいてきた。ダイアルとかまったくねえ。極端にオート側に振ってある模様。だとすると、E-PL1はおそらく「一眼」といわれるカメラではじめてマニュアル撮影をまったく考えてない機種になりそうだ。

それはいい。俺をはじめとする「普通のひと」にとってカメラとは写ルンですであり、そして写ルンですとフルオートのカメラの違いなんてわからない。昔からカメラを使っていた人間には想像もつかないっぽいが、マニュアル撮影という機能が押し出されること自体がもう障壁になってるんだ。

俺が一眼に求めるのは一眼クオリティの撮像素子とレンズ、そしてレンズ交換機能であって、マニュアル撮影なんていらない(というかマニュアル撮影したければGH1でも持ち出す)。このあたりの要望に応えてくれそうな気がする。いやE-PL1にもシャッター速度優先や絞り優先くらいはあるかもしれないけど、飾りだよなあ。

そしてこのいい意味での超安っぽさ。俺がE-P1に絶望したのは、新しい時代を担えるシステムをよりによってPENなんていう古くさいノスタルジイで虚飾してきたこと。いやそれに惹かれるオッサンがいることから商売的には成功なんだろう。しかし俺にとっては持つのもイヤになる要素でしかねえんだ。そういったクラシック雰囲気がまるでなさそう、それがいい。

あとは値段だ。レンズキット599ドルというけど、さて。

あと追記すると、E-PL1のハウジングPT-EP01はまたどーせクソたけえんだろうなーと思ったら「nonremovable front lens port」で俄然興味が出る。レンズポート固定式となるとふつうのコンパクトカメラ並の値段で、内蔵フラッシュを生かしたカタチかも。いけるんじゃね。

追記。発表されたのでちょこちょこ修正。ハウジングは半端な高価さだった残念。

正式発表をうけて。マニュアル撮影については予想を上回った。ライブガイドを見て感動すらした。

めちゃめちゃ素晴らしい。撮影のあらゆるパラメータを完全隠蔽。俺がずっとずっとずっとずっと期待していた機能がここにある。確かにマニュアル撮影はいらないと言ったが、背景のボケ・コントロールなどが単純なインタフェースでできればなおいいとはずっと思っていた。その理想的インタフェース。妄想の具現かと思った。おそらくコレを評価する「デジカメマニア」は少数派なんじゃないかと思う。それでも俺は大絶賛する。

本日のコメント(全7件) [コメントを書く]
赤い猿 (2010/02/04(Thu) 01:12)

ライブガイドか~
確かに道具的には、進化してますな。
マニアも非マニアも満足できるように、設定一つでUIがズギャッと切り替えれるようになればいいのになぁと思いますよ。

UI繋がりで言えば、そろそろキー割り当てとか自在にカスタマイズ出来ても良いと思うんですがね。

しょうもない内容でスミマセン…

はしゃ (2010/02/04(Thu) 10:15)

>マニアも非マニアも満足できるように、設定一つでUIがズギャッと切り替えれる

>そろそろキー割り当てとか自在にカスタマイズ

自由度って、なければみんな文句言いますが、ありすぎると誰も使えないという問題があったり。
昔「完全カスタマイズ可能」というデジカメもありましたが、まったく受けなかったってのはあります。
そのへんメーカも悩みどころなんだろうなーと。

あとE-PL1に関しては、いくらカスタマイズ可能でもマニア層はぜったい受け入れません。
ロータリエンコーダがない。さらにシャッター速度が1/2000までとか、めちゃめちゃマニュアル撮影に向いてません。

ただ私の手持ちのEX-FC100みたいなのはカスタマイズ範囲せますぎ。左右カーソルが「測光方式」「セルフタイマー」
「顔検出」にしか割り当てられない。マクロモード切替がMENUから選ぶしかないとかふざけとんのかと。
いっそファームウェア書き換えさせてくんないかなーカシオ。

3rd Reflector (2010/02/04(Thu) 14:12)

親フォーサーズの将来に見切りをつけて、年末にE-3と
ZD11-22mmを売却して美品中古のD300レンズキットを
購し、マウント転身を果たしました。そのうちマイクロ
フォーサーズをコンデジ代わりに買いたいなと考えてい
るところにこのE-PLが発表!さてその詳細は・・・とスペ
ックを見て、自分としてはこれを買うことは無いんだろ
うなと思いました。理由としては、やっぱりロータリー
エンコーダが無いのと、正に覇者様が仰るところの
「あらゆるパラメータを完全隠蔽」の部分が好きになれ
そうにないなと。

フィルムカメラを趣味として使った経験は無いし、思い
入れや懐古の意も皆無なのですが、自分が考える理想の
カメラ像というのが、要するに「アナログ的機構を持ち、
写真がデータとして吐かれる」カメラなんだなと最近気
づきました。やっぱりカメラは、知識と経験を以って挑
む対象であってほしいと思っているようです。楽器的な
視点というか。そういう意味では僕あたりはE-P2にでも
行けという感じでしょうか。

とはいえこのE-PL、冷静に見ると、良質のレンズと余裕
のある撮像素子を持った、単純に画質が良く自由度の高い
コンデジという意味では魅力がありますね。ライブガイド
による操作性しかり、きわめてコンデジ的というか。
やはり、所謂カメラ好きに向けた機種ではないようですね。

ポレポレ (2010/02/05(Fri) 02:35)

P1→PL1の流れを見てると、無自覚に迎合してしまっていたかのようなオリンパスは実はしたたかだったのかも知れないと思いました。
ペンの雰囲気で超小型の一眼をオシャレに世にお送り出す。これでマニアも「写真が趣味です」とブログに書きたいヤツも取り込み、小銭ゲット。ブランド力もアップ。このおかげで「他社から見たら気が狂ったのか?カメラ」を出すリスクは随分と減るだろう。
みたいな。
真面目にデジカメを作るソニーではなく、家電屋としての立ち位置からカメラを作るパナと組んでる事に説得力が出てきたり。まあすぐに「気のせいだったか。」と思わせるモンも出してきそうですけど。
flashコンテンツのインターフェイス触ってたら、液晶にタッチパネルが欲しいなあとか、もうiPhoneと繋げればいんじゃね?とか思ったり。デジタルなカメラですよねえ。

はしゃ (2010/02/05(Fri) 09:23)

>アナログ的機構
それはそれで重要ですが、多くの人がそれを求めてるかといえば、ほぼ最強クラスにアナログ操作感にこだわった
松下DMC-L1の惨敗により否定されているのもまた事実で。銀塩一眼層ですら、実はマニュアル操作そんなに求めてはいません。

現状マニュアル撮影に強いコンパクト機ということならPowerShot S90がいい気もします。
もちろんE-P1/2も充分アリっぽい。実際のところ私が買うならE-PL1でなくE-P1でしょうし。ていうか発注しましたが>E-P1

>家電屋としての立ち位置からカメラを作るパナ
すぐ上にも書きましたが、松下は最初ライカ様の威光を借りたDMC-L1というめちゃめちゃ「カメラ寄り」で勝負して
思いっきり外した、というのがトラウマになってんじゃないかなあ。だからマイクロフォーサーズを出してきたと。
でもE-PL1が出てから思えば、松下GF1はコンパクト機まるだしの外見の割にはまだカメラを捨て切れてなかったんだなーと。

>液晶にタッチパネル
これは本当にそう思ったです。現状オリンパスにタッチパネルモデルがない以上あまり文句は言えないすが。

or2=3 (2010/02/05(Fri) 15:03)

どんな機械(分かり易いところでクルマ・PCなど)でも、その機械そのものに愛着を持つ層と、
それを使って成す事柄に対して愛着を持つ層がいて、それらは個々で比率が違うけれど、中で
共存していると思うので、「所謂カメラ好き」とひとくくりにするのは乱暴だと思うのですよ。
機械そのものへの愛着も、個々のパーツとそれが組み合わさって織り成すカタチを愛する人、
目的に対して結果を得る行程でどんな機構をどう制御するか、その仕組みを愛する人etc.と
やはり個々で比率も違う、ここに挙げてない理由も当然あるでしょう。
派閥や個人の嗜好・志向はあるけれど、携帯に内蔵されたカメラでも使いこなすまで撮影を
やっている方なら広義の意味で「カメラ好き」と言えるのではないでしょうか。
で、この機種に関しては「機械としての一眼好き・機械任せにしたくない人」には物足りない
機種で、「一眼の表現力を手軽に楽しみたい・機械制御の可能性を感じたい」人には及第点~
現時点での満点に近い機種、と言えるのではないかと思います。

>もうiPhoneと繋げばいいんじゃね?
制御プログラムを.appで提供、Dockコネクタを装備して撮影モニタ部をiPhone/iPod touchで
行う「逆リコーGXR方式」ですね。画像は直でiPhoneに保存、その場でブログやTwitterにupとか。
いっそカーナビというかクルマのコンソールも(キー兼用で)そうなれば面白いと思います。
クルマだとiPhone/iPod touchでは画面が小さすぎるのでiPadで、ということになりそうですが、
バイク、それも大型のクルーザーやスクーターなら大丈夫かもしれません。(今は関係のない話ですが)

はしゃ (2010/02/07(Sun) 14:49)

>「所謂カメラ好き」とひとくくりにするのは乱暴
直接的に私に対する意見かはともかくとして、なるほど反省。カメラ好きの中で、どうしても声が大きい
とこらへんを意識しすぎていました。真逆の意見を言う人で声が大きい人あんまりいない気がしてました故に、
私が大声を出しておきたいという意図がどうしても。

とはいえ「ふーんあなたはカメラ好きなの。どういうカメラ? ああケータイ?(嘲笑)」という会話が普通によくあり、
「ケータイ」でなく「コンパクトフルオート機」「マイクロフォーサーズ機」に置き換えてもわりと違和感がないあたり
カメラ趣味のマスはそんなもんじゃないかな、という気は拭えません。

>iPhone
オリンパスおよびキャノンは以前、リモコンシャッターのiアプリを提供していたことがあります。
(携帯電話内蔵のIrDAを使う)そのへん考えると可能性なくはなさそうな。


2010/02/07(Sun) この日を編集

[デジカメ]E-P1導入

Zuikos
瑞光(泡盛)と瑞光(レンズブランド)。
今度、瑞光寺(京都市伏見区)行こうかな。

E-PL1を大絶賛しておいてナンだけど、いやアッチはなんか同居人が買いそうなので。同じの持っててもつまんないしなあ。

あとマイクロフォーサーズカメラとしてはE-PL1の方が上でも、俺にとってはE-P1がいい。購入検討機種で比較対象になるのがSIGMA DP1(「緻密」以外には完全に無能)、FinePix READ 3D(「立体」以外は完全に無能)あたりだし。便利な機種より不便な機種が欲しい。カメラに振り回されたい。使い込むなら他にいくらでも手持ちがあるんだし。

E-P2は回避。俺にはEVFもi-Finishもいらない。いや正直アートフィルタのクロスプロセスは欲しいけど、これだけでE-P2のkakaku.com最安値と比較して2.4万円安く買えたE-P1にしない理由がちょっと無かった。あとボディは絶対に白がいい。E-P2は銀と黒しかない。

で、ちょっと撮ってきてみた。あ、上の焼酎と下のC-4100と並べた写真はE-P1撮影じゃない(当たり前だ)。

New and oldRoughmonochromeFantasicfocus
大きさは「昔の」コンパクトカメラくらい。重さも変わらん。要するにそんなに小さくないし常時携帯すると肩は凝る。ラフモノクロームの圧倒的な迫力。男汁がズビズバ出そうだぜ……デイドリーム。ISO6400で粗くしたところラピュタは本当にあったんだ、的な雰囲気は、やっぱり出ないか。
PopartRoughmonochromeLighttone
ポップアート。でもこれだと単に彩度上げまくっただけだなあ。ちょっと作例失敗したかも。ものすごい土の質感が出ているが、実際には普通に汚れて錆びかけてるだけ。デイドリーム。無闇に清潔感が出るが実際にはけっこう汚らしいんだぜ。

LighttoneLighttoneRoughmonochromeFantasicfocus
デイドリームはこのヘンな端正さがカメラに合ってる気がすごくする。適当に撮っても雰囲気出る。ワンダと巨像の気分を味わってみようとしたが34mm画角じゃきついか。この鉄塔の禍々しさときたら。倒れるとき絶対に俺のほうに来るだろ貴様。ファンタジックフォーカスでファンタジックに。間違えてISO6400のまま撮影したがこれはこれで。

うむ、ほどよく不便でいい。パンケーキ単焦点にしたのも大正解で、ちゃんと考えて撮ってる自分がいる(撮影結果からは到底そうは見えないだろうけど)。今回ほとんどアートフィルタだけで遊んだけど、マニュアル撮影もけっこう遊べそうじゃないですか。しばらく楽しもう。

アートフィルタ導入前はラフモノクロームとポップアートに興味津々だったけど、実際に屋外で撮影してみるとデイドリームがかなり面白いこと発見。E-PL1からは省かれた機能なので、いっぱい使ってE-PL1を買う人を悔しがらせていきたい所存。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
yaksa (2010/02/08(Mon) 21:57)

ラフモノクロ-ムの漢っぷりにヤられそうです!
むしろ、もっとお手頃にラフモノクローム専用機が欲しいなぁ・・・と思ったカメラの素人でした。

はしゃ (2010/02/14(Sun) 07:46)

>ラフモノクロ-ム
単純に結果を得るだけならフォトレタッチソフトで似たようなことできますよ
カラー写真から1分でちょこちょことそれっぽく生成したのがコレ。
ttp://farm3.static.flickr.com/2788/4354096209_40b23835e7_o.jpg

なんかurlはりつけができないのでh抜いてみましたが。


2010/02/14(Sun) この日を編集

[デジカメ]E-P1を使って

おかしいなあ。本体だけ買って後はもう放置と思ってたのに、MCプロテクタをamazonのカートに入れたついでに液晶保護シートやらハンドストラップやら、カメラだけすっぽり入るサイズのバッグやら色々と……

現状、右上に載せたポーチ(これ。amazonはっつけといてナンだがカメラ屋で3500円くらいで買った。面白いくらいピッタリE-P1+17mmパンケーキがピッタリ入る)にMCプロテクタあり・レンズキャップなしで突っ込んで、バックルつけず最初からついてるマジックテープだけ止めている。

「撮る」と思ってからカメラ取り出してシャッター切るまで、右手だけで3秒かからん。どこのガンマンだ一体。


前回も書いたように不便なのが楽しいカメラ。特に俺にとっては17mm F2.8というレンズが肌にあった模様。34mm画角でたいしてボケもしないので、何も考えないと途端に平凡になるのが面白い。描写はそんなにいいとは思わないけど、普通に端正なので使いがいがある。

なのでレンズ欲は今んとこ出てないけどそのうちMMF-1は調達するかなあ。松下機とちがってオリ機はマイクロフォーサーズアダプタ越しでもフォーサーズ全レンズのAF効くってハナシだし。超遅いとも聞くが。

そいやE-P1はさんざん「AFが遅い」と言われまくったし、店頭で標準ズーム14-42mmついた奴を触った時は確かにそう思ったけど、パンケーキ17mmだとそうでもない。というか異常なほどAFが速いと言われた松下DMC-GH1のキットレンズ14-140mmを装着したら普通に爆速になる(ただその場合でもGH1よりは遅いけど)。カメラ屋で店員にお願いして、松下の14-45mmをつけるとやっぱり高速。E-P1によくいわれるAF速度の悪評は思っていた以上にレンズ側の特性くさい。

今んとこテキトーにぐぐって調べた範囲でのマイクロフォーサーズレンズのAF速度はこんな感じ。ウワサレベルの集合なので精度はいい加減だけど。

速い松下14-140mm
ちょい速松下14-45mm、松下40-200mm、松下7-14mm
ふつうオリンパス17mmパンケーキ
ちょい遅オリンパス14-42mm、ライカ45mmマクロ
遅い松下20mmパンケーキ

同居人がマイクロフォーサーズ新型のE-PL1導入検討してるが、奴はAF速度を重視し、そしてE-PL1のキットレンズは遅めのオリ14-42mmなんだよな。E-PL1は単品で調達して松下14-45mmを別に調達したほうがいいかもしれない。見た目もそっちの方がいいと俺は思う。

でもコストかかるなあ。フィルムカメラ時代は「EOS Kissにシグマのレンズ」というセットをカメラ屋が独自で売ってたことも結構あった気がするんだけど、最近そういうのないよーな。

[]ナビをゴリラNV-SD630DTに更新

今まで使ってたナビが最近特にあやしくなってきていた。元々12年前のモデルで、友人からの中古購入。当時はマイナーだったソニー製なんだけどフル機能モデルで性能には満足していたが、さすがに経年劣化は避けられず。

ずっと光学ドライブのピックアップ劣化で地図の読み込みがどんどん遅くなってきていたが、その他にモニタのオートディマー(明るさ調整)が壊れて昼間はめちゃめちゃ見づらい、たまに全くつかない、ナビゲーション中にいきなりリセットかかることも、あたりも発生。特に最後は問題で、高速道路のジャンクションで突然リセットかかった時はどうしてやろうかと。

よって交換を検討していた。そんなに「知らない場所」に頻繁に行く訳でもないのでフル機能ナビはいらず、いわゆる国産系PNDを考えていたが、ちょい昔はことごとくモニタがちっこかった。元々使っていたのが7型ワイドのモニタなので、4型とかそもそも見る自信がない。しかし最近6以上のサイズのゴリラとNAV-Uが出てるでないスか。しばらくこの二機種で迷ってたんだけど、なんだかんだで別売りオプションで金がかかりそうなNAV-Uより一台でできることが多そうな方が残ってゴリラ発注。で届いた。

ナビ機能としては絶品。今まで使ってたナビがソニーの12年くらい前のフル機能モデルなんだけど、特に現在地をみる測位機能においては技術の進歩が著しい。またジャイロや加速度センサの精度も素晴らしく、車速パルスなんてなくても道をまず外さない。たいしたもんだ。

ところで購入時とりあえず自宅でACアダプタ経由で使ってみていた時、リビングルームの中央で測位成功したのアレなんだろう……窓ほとんどないんだけどウチのリビング。GPS電波てRC建築の屋根とか突破できるもんなのか?

情報量も充分で、デフォルトの表示情報は少なすぎたものの設定でドバァと出た。8GBのSSDってこた一昔前のDVDナビ(知らんけど、片面二層ならいい勝負だが)より大容量な訳で、媒体がCDだった従来とは例え地域地図を使ってたことを考えても勝負になってない。

ふつうに動画なんかも再生できたり。渋滞中のヒマ潰しとして、ワンセグは俺そんなに見たいとも思わないためありがたい。6型NAV-Uのビットレート制限384kbpsと比べると1Mbpsてのは画質確保も楽でいい。ただ音声出力をカーステレオの前面AUXに突っ込んでるとノイズがスゴイ。シガーソケットから取るナビ電源ケーブルから音声出力ケーブルにおもいっきりノイズがとんでる。今度電源にフェライトコアかましてみよう。本体だけでFMトランスミッタも内蔵してるが、ウチの車FM受信アンテナつないでないんだよな。

全体にはたいへん満足なんだけど、問題点もない訳じゃない。北を上に固定表示するノースアップモード(コレしかほぼ使わない)において、自車位置が常に真ん中ってのが妙に不便だ。12年前のソニーナビは、例えば西(左)に向かう場合、自車位置は右にすすーっと移動する。そこから南(下)に曲がれば、自車位置は上に移動する。結果として向かってる方向を広く表示できていた。

他は些細なんだけどコレは本当にネックなので(たぶんNAV-Uは同じソニー製なだけにこのへんはちゃんとしてるんじゃないかと)、なんとかなるならして欲しいところだがファームアップの予定ないスか三洋様。

また進行先の交差点の車線など表示してくれるのはいいが、「どこの交差点」なのかわからない。右側車線が右折専用だーっつってもそれが10m先なのか200m先なのか掴みづらい。もっとも今までのナビはその機能すらなかったので超ありがたいんだけど。

まああとは好みの問題で、エコドライブ機能は余計なお世話(加速度センサの情報のみから算出してるので、正確に消費燃料を計れてる訳ではない)。吸盤式設置(ピタゴリラ)はダッシュボードまるすぎるウチの車ではちょっと厳しめ。タッチパネルの操作性は悪くないけどやっぱリモコンがあった方がいいかなあ。くらい。満足度はたいへん高く、12年という歳月でのナビの進化はそら恐ろしいモノとおののいた。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
閲覧者 (2010/02/15(Mon) 13:44)

いつも楽しく拝見しております。

デジカメは、ここ数年FinePix買ってからダラダラと使っておりますが、なんか楽しそうだなあ。

レンズと言えば、昔はEOS-55と純正レンズを使っておりましたが、レンズはシグマと言って憚らない先輩に、キャノンとシグマの違いを聞いたら、色々理由はあったものの一番印象に残ったのが「接合部がプラスチックか金属か」
そこか・・・

はしゃ (2010/02/16(Tue) 17:45)

>デジカメ~楽しい
買った当初ではしゃいでおります。そのへんご容赦を。いや容赦されなくてもはしゃぎますけれど。

>キャノンとシグマ
正直どこが違うのか私はよくわかってません。
ニコンの人たちは確かピントリングの向きが逆になるとかそういう問題があった気がしますが。


2010/02/16(Tue) この日を編集

[]『れでぃ×ばと』上月司

放送中のおっぱいアニメを先に見てから原作小説が気になって読んだ。でも最初に見るならメディアミックスの中ではコミック版が一番バランスいいかも。

内容はものすごいユルさ。あまりに主人公に優しい世界(もちろん作中ではけっこう酷い扱いを受けてるんだけど)を見てると気分がゆるんでくる。気分は半身浴。このままずっとこの心地いい空間に浸ってたい。疲れているのか俺は。

アニメ版ではどうも各キャラの行動がちょっと違和感あったんだけど、原作小説やコミック版はそんなことなかった。かといってアニメ版が劣っているとは言わない。何故なら惜しげの欠片もないおっぱいがあるからだ。サイズも様々。シチュエイションも様々。うんうん。おっぱいは、いろいろあって、みんないい。

おっぱいはさておき。俺はこの類のラノベにニガテ意識はある。好きかキライかで言えば決して前者じゃない。ラノベ読みの中ではラブコメを重視しない方な気がしている。しかしシリーズしっかり重ねてるものはやっぱ魅力あるわ。ハーレムのバリエーションとシチュエイションが本当に豊富で、毎回同じことしてるだけなのに飽きない。週刊少年ジャンプにたまに出てくる傑作お色気マンガ見てる気分。

ただエロゲ的なラブコメに慣れてると、このスタイルのハーレムものには一抹の寂しさを感じる。ラノベのハーレムもので完結する時は「いつまでもこのハーレムが続く」的な終わり方をするものが多い。んだけど、なんとなくこのハナシ、主人公は最後に幼馴染みかドリルお嬢に収束しそうな気配を滲ませているんだよなあ。他のサブヒロインとの扱いが違いすぎて。

しかしサブヒロイン連中もナニゲに主人公に完全依存する描かれ方なので、最後には主人公だけ幸せで他にはあまり明るくない未来がもたらされそうな雰囲気が。これがエロゲなら確実にみみな先輩*1エンドがあるはずだろうと思えば悔しさもひとしお。

*1 合法ロリキャラ。見た目小学生の19歳。

[ゲーム]『暁の護衛』クリア

公式。わりと旧作だけど、評判がわりとよかったのでプレイしてみた。プレイ時間15時間くらい。

そう、評判はよかった――んだけどなあ。俺にとっては駄作だった。「短い」「完結してない」というのはプレイ前から聞いてはいた。短いのはむしろ最近嬉しいし、完結してないのは続きが4月に発売(amazonリンク)するのなら文句は言わない。いや言うけど。

しかしゲーム自体がスゲエつまんなくねえかコレ。

どうもハードボイルドをやりたいのかギャグをやりたいのかラブコメをやりたいのか最後までわからなかったのがヒトツ。いや全部やりたいんだろうけど、食い合わせ悪い。これがそれぞれ担当キャラクタが分散してるならともかく主人公が全部こなすのでキャラ固まらないにも程がある。

その主人公も「強い」「強い」といわれるけど展開上「ここらで女の子に気に入られる必要がある」(とシナリオライタが思った)時に手頃な餌が出てくるのを強いと表現していいならそうかも。

恋愛要素ではさらに主人公ひどい。主体性がまるでなく、誰かに好まれたらそのまんま受け入れて食っちゃってるだけじゃんアンタ。モテ方にも説得力を感じず。このエセホストがなんでモテんの? しかもセックスの後ですら「いや俺が迫った訳じゃないし」という態度を通すシナリオも多く、何このクズ。

それでも最後までプレイした(俺は最近わりとラストまでプレイできないエロゲ多い。歳だ)。でもそれはひとえにメイドのツキが可愛かったからに過ぎず、そしてそれはお嬢様ゲであるはずの本作ではどうだろう。というか他ヒロインが酷すぎる。麗華はまだいいけど、俺の感想では彩はいらないだけの子で妙はうざいだけの子で萌はムカつくだけの子だった。あと一人は隠しキャラ?だけど、何故か続編はこのキャラルート関連。構成ヘンすぎないか。

何故コレこんなに評判いいんだろう……これでシナリオがよければまだわかるんだけど、前述のようにそもそも完結すらしていない。伏線だけはってそもそも終わらせる気すらなかったようなスーパー尻切れトンボ。もしかしてファンディスク(amazonリンク)もやることが前提なんだろうか。これはファンディスクの名を借りた続編というハナシもちょっとあるし。

本作が評判なのはもしかして、シナリオの不備を絵や声などでカバー、という楽しみ方ができる人にとってかもしれない。俺はそう見ることができない。良好な絵や声などの要素を片っ端からシナリオライタが叩きつぶした一作というかんじ。相性の悪さを実感した。


2010/02/19(Fri) この日を編集

[日記]マクドにてハワイアンバーガーをもぐもぐ

これは美味いじゃないか。正直ニューヨークは単なるマスタードバーガーじゃね?と思って2回しか食べてないんだけど、こっちはもっと食べたい。さしあたっては明後日くらいには。(以前は2マクド/日でも楽勝だったけど、歳とってキツくなってきた)

何がいいかってバンズで、焦げたチーズがかぶりつく時まず香りで鼻に、そして食感で前歯に、それぞれ先制のウマイ攻撃を仕掛けてくる。舌に触る前からウマイと感じる。

もちろん食べても美味い。今までマクドではあまり味わったことのない気がするソースが実にマッチング。レタスがボトボト落ちるけど、これは個体差だろう。

卵はもうマクドが使えば全部が月見バーガーになるのは諦めた。月見バーガーすげえ好きだし。ロコモコかどうかと言われれば首をかしげるが、ロコモコ「風」であればアリだろう。食べてハワイも想像しないけど、耳元でハワイハワイ呟かれてればまあハワイかなと思えなくはない程度にはハワイ。

これはテキサスと違ってポテトにも合う。ジャンク度合いがちょうどいい。俺は晩に食べたけど、昼に屋外で食うともっと美味そうだ。もっとも現在の日本はハワイとは似ても似つかぬ冬だけどな。

地域によってはニューヨークがとっとと片付いて前倒しでこれが提供されていたとか(さらにテキサス復刻もあったとか)。ずるいぞう。

[日記]惑星チョコ

今年のバレンタインに同居人からもらった。太陽系のそれぞれの惑星チョコ。

choco2choco1

だいたいそれぞれの惑星色から連想する範囲?の味になっており、地球はライチ、火星はオレンジだったかな。見た目メインなので味はまあ。金星のパッションフルーツとか相当うまいんだけど天王星のライムは半分嫌がらせレベル。そういうあたりも合わせて楽しむもんかと。NGワードはセーラームーン関連用語の方面で。水星のマンゴーおいしいです、とか。

しかし何故大きさが全部一緒かなあ。リアルに準じようぜリアルに。木星の直径は水星の30倍近く、体積で考えりゃ木星フランボワーズ味は水星マンゴー味の25,000個分だ。さらに木星や土星などはガス系でもにょもにょしてるとかどうか。天王星海王星は凍ってるとか。地球くったら実際の地球割れて滅ぶとか。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
へもぐろびん (2010/02/20(Sat) 21:06)

>惑星チョコ
初めて「食べたい」ではなく「欲しい」と思ったチョコでした、同居人様のチョイスのセンスに感服。
>リアルに準じようぜ
いやそれパッケージ的に無理かと(笑)、でも色々考えているうちにケーキとしてならありかな?とか
大きな半球のスポンジ(ガス系)の木星&土星、その上にトッピングされている水金地火天海たち・・・、説明がなければ妙なおっぱいケーキにしか見えんところが難ですが(笑)

画像の木星の黒っぽい部分を見て”さよならジュピター”?と思ったオイラは古い人間ですか?

はしゃ (2010/02/22(Mon) 16:55)

>チョイスのセンスに感服
2010/2/22付の別エントリ「味噌ガーナ」も含めてそう思って戴ければ同居人もきっと本望ではないかと。

>リアル~ケーキとしてならありかな?
それは普通に良さそうです。いやおっぱい的な意味でなく。

>画像の木星の黒っぽい部分を見て”さよならジュピター”?と思ったオイラは古い人間ですか?
見てませんです。ふつうに大赤班を模してると思うですが、あまり自信はなかった。

kw (2010/02/24(Wed) 12:35)

これを見て初めてハワイアンバーガーがロコモコを目指しているのを知りました。
そうか、それでハワイだったのか…

ニューヨークの評価低いですか。
私にとってマクドのマヨネーズソースはジャスティスなのですんげぇ好みでした。
テキサス・ニューヨーク・ハワイアンとどれもこれも非常に良かった。
こうなるとカリフォルニアにも期待せざるを得ない。
でも外れだった時にあの重量を食べるのが拷問だぞマクド。
赤ワイン特製ソースって大丈夫なんだろうなマクド。

はしゃ (2010/02/27(Sat) 13:16)

>ニューヨーク
あれって多分「オトナ向け」なんですよね。私ゃマクドに求めてる路線とちょっと違ってきてしまった。
それと比較するとハワイアンはまるまるお子様ランチバーガー。

kw (2010/03/02(Tue) 11:03)

お子様ランチバーガーちょお納得。
是非、説明の際使わせて頂きます。


2010/02/22(Mon) この日を編集

[デジカメ]ソニーのミラーレス試作機

マイクロフォーサーズ2台目のボディを買って心中コースまっしぐらな以上は意識せざるを得ないソニーの追随。

しかしコレちょっと突っ込みたい。あちこちのblogに「薄い!」という反応がある。確かにこのプレスリリースの角度だと超・小型そうに見える。けどimpressに鏡に映った背面が載ってる。……これ上面が例え暑さ3cmだとしても、全体はもはや4.5cmくらいあるよね? ちなみにE-P1は厚さ35mm、DMC-GF1は36.3mm、ミラーレスでない一眼のE-420は53mmな。

レンズが標準ズームすらデカすぎるように見え、なんか全長7cmくらいありそうなのも気になるんだけど、サムスンのミラーレス標準レンズもそんなもんか。オリンパス14-42mmの格納ポジション全長43.5mmがおかしいだけだ。

それにしてもソニーのミラーレスがコレかあ。うーん。各社それぞれコンパクト機と一眼の間には深い溝があってミラーレス機がそれを埋める役目を担うのは必然なんだけど、ソニーの場合は「特に一般層寄りのコンパクト」「特にマニアック層寄りな上に外様の一眼」という状況。

そのソニーが、コンパクトと一眼のどちらに軸足を置くのか、というのも気になっていた。結論としては、ブランドは一眼、ボディデザインのコンセプトはコンパクトにしてきたっぽい。……えー。

ソニーの中の人的には、一眼ユーザーにサブとして愛され、コンパクト機ユーザーも馴染み易いという路線を狙ったのはわかる。でもソニー一眼ユーザーはニコン層以上に保守的だという気がするし、ソニーコンパクト機ユーザーはαという名前を見た瞬間に「アレは特殊な人が使う別のモノ」ととらえるんじゃなかろか。

まあまだモックではある。これは噂されるNEX3、NEX5、NEX7の三台のミラーレス中NEX3兼NEX5ボディなんだろし、おそらくGMC-GH1に匹敵するNEX7も合わせて製品化の時にどういう代物に仕上げてくるかは楽しみに怯えておこう。

[日記]恐怖のチョコレート入りラーメン「味噌ガーナ」もぐもぐ

味噌ガーナてのはこれ(一番下)。サークルKサンクスで限定だったが多分もう売ってないだろうなあ。いいことだ(真顔で)。我が家では先週くらいに、同居人が欲しいというので近所のサークルKを三件くらい回ってわざわざ探した。なんでそんなことを。

具材の中にもチョコが入っており、封をあけた途端にほんのりかおる超場違いパフューム。まあ辛い味噌がかなり強いので、それは隠し味になりきることは確かにできてる。が本番はトッピングするガーナチョコ。

完成したラーメンの上から手でぽきぽき割りながら散らし、そしてせっかくだからとチョコの味を残して味わえるよう、完全に溶けきる前に麺に絡めて口の中に入れてみた。

うわあ。

味のハーモニーという表現ってあったなあ。それで例えると、レゲエとクラシックどころのハナシじゃないよねコレ。なんだろう。木魚音と宇宙開闢爆発音とのハーモニーかなあ。

インスタントラーメンとしてはそこそこ高額(俺主観)なこともあり、麺やスープの味は普通にイケる。特に麺はいい。それだけに、チョコが入った瞬間に全てが終わってしまったことに様々な感情が浮き出てくる。しかもまた半端に食えるだけ性質の悪いまずさなんだよ。諦めて捨てる程じゃないんだ。

コレラーメン屋の店舗で作ったところ好評だったからインスタント展開をしたという。が嘘じゃねえのかそれ。あるチャレンジブルな店舗で不幸にも食べてしまった誰かによる「この不幸を俺だけが味わうなんてとんでもない。日本中に広げてやる!」と考えた末のバイオテロと考えたほうがしっくり来る。

たまにはこういう体験も悪くないか。「まずくない食いもの」ものがいかに有り難いのかの再確認に成功した。

本日のコメント(全11件) [コメントを書く]
てけてけ (2010/02/22(Mon) 21:47)

ソニーのミラーレス、とりあえずのモックだからあんなもんでしょう。厚いとか薄いとか、ワタシ的にはまったく無視。
だってオリのマイクロフォーサーズの最初のモックなんて、E-P1と似ても似つかぬ姿でしたからね。あれがあーなるか、モックはあくまでモック。その場しのぎか、って感じかと。

れおん (2010/02/22(Mon) 22:25)

味噌ガーナ。
21日。日曜日の夕方4時頃。
奈良の蓬莱?IC付近のサークル○で発見。
買おうかと思ったけど、勇気が無かった。
無くて正解ですか?汗

ありい (2010/02/22(Mon) 23:17)

ソニーのミラーレス、噂が出た時から普段持ち歩き用に予算は確保してあるのですが...2010年内ってあと10ヶ月もある(^^;
んでもってE-P1より大きいとなると、見送り決定です(^^; 正直E-P1でも大きいと思ったので(^^;

士官 (2010/02/22(Mon) 23:41)

サーケーシリーズは来来亭が一番旨かった・・・
なのにすぐ消すサーケー許すまじ

はしゃ (2010/02/23(Tue) 00:05)

>オリのマイクロフォーサーズの最初のモックなんて、E-P1と似ても似つかぬ姿

えー私は違う感想なんですよね。私は似てる、どころかソックリという感想。
ttp://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/09/23/9285.html
ttp://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090616_294159.html
当時のマイクロフォーサーズと言えばDMC-G1です。当時はDMC-GF1もなかった頃で、つまりあのサイズの一眼なんて発想すらなかった。
そこに対しオリンパスが出してきたこのモックアップは、製品となったE-P1と大きさだけでなくコンセプトも全く一緒です。EVFなしフラッシュなし。
E-P1はモックにPEN風の意匠を追加したものでは。さらにモックについてたパンケーキレンズも製品の17mm F2.8を左に90度倒したものです。
上面・背面はダイアル配置やボタン重視の点でむしろE-PL1に似てますが。

なのでソニーの場合もこの「最薄部は3cmくらいだけど背面でぐわっと厚さを稼いで結局ブ厚いよね」てのを製品でもやるつもりじゃ、と警戒。

>E-P1より大きい
私ゃサムスンやソニーがやってる、「マイクロフォーサーズよりAPS-Cの方が撮像素子が大きい(からコッチのがいい)」というのに疑問。
センササイズの優劣を競うようなモデルじゃないだろこんなの、と。
マウント変更できる貴重なタイミングで、センサの自社製造が可能なサムスン・ソニーがAPS-C依存を続けるメリットとデメリットを考えると、
本気でマイクロフォーサーズ放逐は考えてないのかなと。妄想ですが、これがキャノンならマイクロフォーサーズより小型の素子で
勝負してくるんじゃないかと思うんですよね。最終的なボディサイズを小型にするために。

>味噌ガーナ
「まずくない食いもの」のありがたみを知りたい人には普通にオススメします。
それ以外にはオススメしません。

>すぐ消す
コンビニの企画モノのマッハな消え方は異常。

てけてけ (2010/02/23(Tue) 01:13)

はしゃ様のレスを見て、「ああ、根底の考え方は同じだ」と納得。E-P1はモックにPEN風意匠を追加しただけ、と考えるとコンセプトに沿っていると思います。ただ、操作性で考えるとコマンドダイヤルは増えてるは、モードダイヤルは右手から左手操作に変ってるは、でワタシは「ぜんぜん違う」という表現になったという。
>最薄部は3cmくらいだけど背面でぐわっと厚さを稼いで結局ブ厚いよね
ああ、絶対やってきそうですね。ノートPCも最薄戦争はいかに薄いところを作ってそこを採寸するか、にかかってましたからねえ。

ところで、E-PL1が内蔵ストロボがついたのは、水中ハウジング使用時にストロボをスレーブで制御したかったから、という話をオリのかなり中心に近い人から聞きました。めちゃ納得。

どあどあ (2010/02/23(Tue) 11:06)

ちょっとでかいしぶ厚いですよねえ。ソニーのミラーレス。もっと頑張って薄くしてくれと言いたい。
ただPENとかヘンに歴史を蒸し返さないだけマシ!とちょっと強がってみますw

自分ははしゃさん仰るところの
> マイクロフォーサーズより小型の素子で勝負
をソニーがやってきてほしかったし、実際そうするもんだと勝手に妄想してました。
小型がウリのひとつのミラーレスでAPS-Cにこだわる意味はあまりないですし、
裏面照射CMOSって飛び道具をここでこそ使ってほしかったなあ、と。
んで、サイバーショットとして出してほしかった。そのほうがまだ敷居が低いので。

αが特殊で保守的な世界なのは認めますw
ヘンな懐古主義者が少なくないので・・・。

はしゃ (2010/02/23(Tue) 18:10)

>オリンパスモックの操作性~「ぜんぜん違う」
私としては、オリンパスの考えていたマイクロフォーサーズって最初は「E-PL1」のほうだったと思うですよ。
で、PENというコンセプトが後からついてきたから、操作系を換えたE-P1というカタチのモノが出てきたんじゃないかなーと。
E-P1って後継が出てるので古い印象ですが、発売からまだ半年強しか経ってません。E-PL1もある程度の並行開発だったのはほぼ間違いない。

>E-PL1の内蔵ストロボ~ストロボをスレーブで制御
なるほど納得。あのガイドナンバーだとオマケみたいだもんじゃね(GF1も似たようなもんですが)と思ってましたが。
水中といや、機会があればオリンパスの中心に近い人に対して「μTOUGHの耐水圧を30~40mにしてくれ」と念力おくっといてくだされ。

>ソニーのミラーレス
いったい何を目指しているのかイマイチわかんないんですよね。コンセプトが読めない。
最大の効果が「松下に対する嫌がらせ」なんじゃね、ていう。(オリンパスはちょっと客層が違うので)
撮像素子はもっと冒険してほしいんですよね。DSC-F828で出した4色フィルタとかどうだろう。あーアレは黒歴史なのか。そうか。
SIGMAもミラーレス参入のハナシがありますが、Foveonの圧倒的解像力は充分魅力。もっともレンズ交換可能にしただけのDP1/2だとゴミですが。
あの液晶のリフレッシュレートってたぶん撮像素子の限界じゃなかろか。だとするとAF速度もDP1/2並になるだろうし、てなもんで。

>PENとかヘンに歴史を蒸し返さないだけマシ
E-P1さわってて一番苛つくのは、シャッターすぐ手前の「OLYMPUS PEN Since 1959」です。グラインダーで削ろうかと思うくらい。削りませんけど。
ただαでああいうのやったらそれこそ「ヘンな懐古主義者」が怒髪天でしょうが、オリンパスの場合は好意的に受け止める層、
生暖かく見る層、そしてそんなことを一切気にしない層で99%が埋まって、苛つくのは残り1%というてのは確かで、
PRがあんなにヘタだったオリンパスがよくぞ成長したなあという感慨もちょっとあったり。

へもぐろびん (2010/02/23(Tue) 19:27)

味噌ガーナ、突撃致しました。

味はもうはしゃ様の仰る通り、溶け残ったガーナが麺に絡んで口の中に入ってきた時はもう煮えたぎった油に水をぶち込んだ(実際にやらんでね)ように味覚が拒絶しとりました(笑)

同居人様のキワモノサーチアンテナに感服つかまつりましたm(_ _)m、これからもはしゃ様の味覚を蹂躙して下さいませ。

ありい (2010/02/23(Tue) 22:08)

 意外と盛り上がってますねソニーミラーレスコメント(^^;

> 本気でマイクロフォーサーズ放逐は考えてないのかなと。

 勝手な憶測ですが「考えてない」んじゃないかと(^^; きやのんさまのような、大それた目標は掲げていなさそう(^^;

 αレンズ持ってる身としては、ミラーレスにアダプタ介してでも繋がってくれる方が嬉しいのは確かなんで、あんまり撮像素子を小さくされちゃうと、換算何倍になるんだか、とか考えるとAPS-Cは無難なサイズなのかもしれませんね。

#私のソニーのミラーレス機に拘りたい理由はレンズを別にすれば、PCに現像ソフトを何本も入れたくないから...って所ですね。書いてて気付いたSilkypix入れたら解決!

はしゃ (2010/02/27(Sat) 13:22)

>味噌ガーナ
ムチャしやがって……

>ソニー~マイクロフォーサーズ放逐~「考えてない」
それはないです。考えてないのならNEX3、NEX5、NEX7の3モデル一気投入はしない。露骨すぎる松下への対抗姿勢。
現時点で、ミラーレス一眼グループはこんな感じになってます。

フルオート小型:DMC-G10(多分)、E-PL1
マニュアル小型:DMC-GF1、E-P2、サムスンNX10、リコーGXR
マニュアル大型:DMC-G1、DMC-GH1

この上から順番にNEX3、5、7をそれぞれぶつける目論みじゃなかろか。と。


2010/02/27(Sat) この日を編集

[PC]Windows Home Server導入

――するまでに一苦労した。

我が家のTeraStationのHDDヒトツがたまにエラーを吐いていた。この代替品調達ついでに、けっこう残容量が厳しい感じのファイルサーバ増強を試みることに。で以前気にしていたWindows Home Server(以下WHS)をHDDを2台と一緒にサクッと発注。

そして届いたその日にさっそくリビングに置いてあるPCサーバ、hp ML115 G5のHDDを引っこ抜いて交換、インストールをはじめた。ところでインストール中の画面に大きくこんな表示が出るんですが。

image

……WHSの中身がWindows Server 2003なのは知ってる。けど隠す努力はしようや。

それはさておき。一通りインストールが完了したのでテキトーにドライバ突っ込んでさっそく使用開始する。WHSの予備知識はゼロだが、なあにWindowsの知識とWindowsServerの知識があれば大丈夫だろうよ、と思いながら旧サーバのHDDからデータをコピーしていると、右下にバルーン。へ?

「遅延書き込みデータの消失」

しばらくごちゃごちゃ操作していると事態は悪化の一途をたどり、「Windows Home Server Storage Serviceは、エラーが発生したため閉じられました。」の後、ついにブルースクリーンが出て落ち、ついでにOSが吹っ飛んだ。……えー。この時点では自分が悪いことに気づかずHDDの物理クラッシュを疑っていた。前述の「遅延んかきこみ~」は電源不足で出たことがあるが、今回それはない。とすれば故障か。

しかし別PCでスキャンディスクかけるも問題なく。首をひねりながらHDDをサーバに戻して再インストールをすると、「記憶域の構成を続行しています に失敗しました: 指定されたパスが見つかりません。」日本語でゆえ。

何故かそもそもインストールできなくなってしまった。ついさっきはできたのに! ここから長い長い戦いが始まった(中略)あれから一週間が過ぎ、諦めてちゃんと勉強してから触り始めた。hp鯖はビデオカード積んでると「たまに」インストール失敗するとか、そういう胡散臭い情報を一通り集める。

とりあえず最初にインストールした時におかしくなったのは、「直接データドライブにデータを戻した」から。WHSは自分のデータドライブに対してもlocalhost経由でアクセスしなければいけない。以前コメント欄でそう教えてもらってたのにすっかり忘れてた。

image

ドライブのプロパティがインストール直後でもこんな風に露骨に文字化けしている時点で気付けよ俺、とも思うが、そもそもデータドライブの直接アクセスを可能にしておかないで欲しいです>WHS。

で「正常にインストールできたっぽいのにドライバを突っ込むと落ちる」問題。これは、単に、hpが配布しているドライバが腐っているということにようやく気付いた。ダウンロードしたexeを実行してはいけない。初回インストール時はたまたま違う手順でドライバを入れてたことを思い出し、それを再現することでようやく動き出した。こんなトラップを仕掛けやがってクソhpめ。

もっとも「hpのドライバ」等という代物を無闇に信じていた俺に責任がないとは言い難い。hp製ドライバと聞いた時点で、以前プリンタドライバで痛い目を見ている以上それは腐っているのではないか、と疑うことを一週間も怠ったことを反省する必要もあるだろう。


色々とケチはついたけどWindowsHomeServerじたいは大変快適だ。ちょっと手を入れればウィンドウズホーム「クライアント」かというくらいに普通にデスクトップOSとしても使えリビング用PCとして動画や音楽再生が問題なくできる(ウチでは動かしてないけど、3Dゲームの類も普通に動く)し、本来の用途たるWindows機器のデータ共有・バックアップ母機としてはもはや絶品と言える。転送速度もTeraStationよりかなり速い。

確かに初期投資は(手間も含めて)でかいけれど、今後の容量増加も含めた運用においてはコレが家にあることでずいぶん改善しそうではある。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
kw (2010/03/02(Tue) 11:01)

>トラップを仕掛けやがってクソhpめ
確かにhpはトラップだらけですねぇ。
うかつにOSを入れ替えたりするとドライバがねぇ。
対応済だとサイトで謳ってるんじゃねーのか!
必死に探し回って英語版webで発見したのは名前と違うドライバだった!
てーか、名前からどのドライバが想像できねぇ!
リンク切れじゃねーか!
なんてのもよくありました…


そうかー転送速度が速いのかぁ…
いいですねぇ。
とりあえずNASが一杯になるか壊れたら考えよう。

はしゃ (2010/03/02(Tue) 17:16)

>転送速度
実測の書き込み速度比較で、WindowsHomeServerで55Mbyte/secでした。TeraStationの16Mbyte/sec対比で3.5倍くらい。

しかしそれより、HDD容量を揃える必要がなく、後でいくらでも増やせる安心感の方がずっとデカいっす。
ML115にゃSATAが6口あり、他にUSB接続だろーがeSATAだろーが足したHDD量(の半分)がそのまま追加されるという単純さイカス。
いつか三台目TeraStation導入かとビクビクしてましたが、その必要はなさそうです。


最新 追記