最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2010/01/02(Sat) この日を編集

[ゲーム]『CHAOS;HEAD NOAH』クリア

Xbox360版公式。プレイ時間は全実績解除で30時間弱。全エンディング見るだけなら高効率プレイで20時間くらいかなあ。

楽しんだんだけど、同スタッフの新しいほう『Steins;Gate』(プレイ時感想)はずいぶん研究され尽くしてたんだなあと思う。『CHAOS;HEAD』は冒頭から主人公がキモすぎてプレイヤを選別にかかってんだもん。コレ「このゲームは絶対に面白い」とプレイ前から確信もってないと脱落しかねない。『Steins;Gate』は主人公の造形が魅力的なのももちろんだけど、とにかくツカミが改善されていた。大抵の人ならプロローグが終わった時点でめちゃめちゃワクワクしている。

あと遅ぇよ。UIが全体的にトロくさいのも難だが、スキップがやたら遅いとか一体なんの嫌がらせなんだ。キャラ分岐が前半に固まってるくせに実際にシナリオが分岐するのは終盤。かなり長い共有ルートを繰り返しプレイ必須のゲームデザインだというのに、スキップ速度は頑張ればリアルタイムで読める程度のトロくささ。30分ほど放置してもまだスキップが終わってないとかアンタら本気でテストプレイしたのかと。『Steins;Gate』もUIやスキップは正直遅かったけど、コレより充分に改善されてたし、分岐も選択・即ルート突入なのでこんな問題は皆無だった。

まあ別の作品との比較はさておいて本作の感想を言えば、まず真っ先に妹の七海がめちゃめちゃいいと言いたい。何この可愛い子。あらゆるエロゲギャルゲの類の中でも有数の妹キャラじゃないだろか。

というのも本作、他ヒロインどもはどうにもこうにも敵か味方か信じられず、多かれ少なかれメンヘラ設定がされている。しかし妹の七海だけは最初から最後まで味方であり正常と信じられる。Xbox360版七海エンディング(ぶっちゃけると本作で指折りのウルトラバッドエンド)を俺は全肯定したい。余談ながらXbox360版本作マニュアルのゲーム画面キャプにて攻略キャラが映ってるのは3カットだけどそれは全部七海。愛されすぎてる。作内の扱いはメチャメチャ悪いけど。

シナリオは普通に面白かった。『Steins;Gate』のように(また比較してるよ俺)構成が傑作という類じゃない。むしろ構成はイビツでもーちょっとどうにか、と思うんだけど、これはそういう作風じゃないんだろう。主人公のキモさがキモ。

普段なら俺は「主人公がいかに格好いいか」を最重視する。んだけど本作の主人公のヘタレさは一級で、ここまで徹底したエクストリーム駄目人間はそれはそれでもういいやと思える。妄想で戦うエロゲ・ギャルゲ主人公といえば『雫』という偉大な先達が存在するんだけど、あの主人公ですら本作と比べるとヒーローだ。そして、ほかのヒロイン相手の時はことごとく自分を優先するのに、妹の七海にだけは情けないながらも男をみせるあたり、格好よさよりもシスコンっぷりのブーストアップにしかなってない。どんだけダメなんだよオマエ。

プレイするとしたらPC版かXbox360版かは悩むところ。Xbox版のスキップの遅さに対し、PC版は「妄想トリガーでスキップが止まらない」というクソ仕様らしいが、それは非公式改善パッチがあるっぽい。そもそも個別ルートがないPC版はそこまで繰り返しプレイの必要もなさそうだ。

そして追加された個別ルートはメチャメチャに酷い。ほとんどのキャラにおいてエンディングテーマが流れるたびにXbox360の重いコントローラが手からぽとりと零れ落ちる。前述の七海ルートや、他に梢ルートなどは正常な人間ならラストの絶望っぷりから続く能天気なエンディングテーマに吐き気を禁じえないこと確実。これは褒め言葉な。ニトロプラスのタイトルにはよくあることであり、同社製品『"Hello,World!"』(キャラエンディングの悲惨さ格別)をこよなく愛する俺がこれを気に入らない訳がなかった。俺個人で言えばXbox版にしたのは正解。

ただゲームとしてみればどうだろう。特に優愛エンドの何も解決してなさっぷりは訓練されたニトロプラスヲタ以外呆然必至。

難点というならもっと酷いのはボスのショボさかなあ。これは『Steins;Gate』とも共通するんだけど、『Steins;Gate』は終始にわたり狭い範囲の物語だったのでまあいいかと思えた。しかし風呂敷がずっと広い本作でアレはちょっと。

さてファンディスク『らぶChu☆Chu!』(公式。音注意)を調達するかどうかは悩むところだなあ。もう『CHAOS;HEAD』とゆー作品に満足はしたんだけど。満足しただけにおそらく本作プレイ者のほとんど誰もが「『CHAOS;HEAD』はそんなゲームじゃない」と呟かざるを得ないあたりはすごく気になっている。

粗筋を見る限りなんとなく主人公が最後には酷い目に遭いそうな気がすごくする。とりあえずこのドヘタレは一度ひどい目に遭ったほうがよく、そのサマはすごく見てみたい。あとビシィさんや邪気眼はどうでもいいんだけど七海とか優愛の詰問芸(下にバナー貼り付けてみた)はもっと見たい。

Xbox 360 専用ソフト 妄想爆裂ADV CHAOS;HEAD らぶChu☆chu! 2010年3月25日発売予定☆

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
士官 (2010/01/03(Sun) 22:53)

でも栗栖らぶChu☆Chu!が出たら光速でクリックしちゃうふしぎ!

はしゃ (2010/01/03(Sun) 22:58)

それは無論と即答。
『Steins;Gate』は、ちゅっちゅ分が全然足りていません。いや必要とも思ってないのですが。しかし、あるなら迷わん。

士官 (2010/01/03(Sun) 23:14)

>『Steins;Gate』は、ちゅっちゅ分が全然足りていません。
はい。

アニメ化も期待して下さいとの事ですが、この不安と期待が入り混じった感覚は・・・
具体的に(前例的に)言うと不安9:期待1ぐらい

閲覧者 (2010/01/05(Tue) 11:47)

いつも楽しく拝見しております。

Steins;Gateとか前作とか、周りの声とかレビューとかですごく楽しそうな雰囲気がするのに、喉元一歩手前でどうしても購入する勇気が持てないのはなんでだろう。。。

はしゃ (2010/01/05(Tue) 15:18)

>アニメ化
そんなハナシもあるのですか。
「前例」としてのニトロプラスが絡んだアニメ(Phantom、ブラスレイター、デモベ、そしてこのカオスヘッドあたり?)は、
あまり見てません。が巷のウワサ的には……アニメSteins;Gateなど不安が9割で済みそうにありません。

>購入する勇気が持てない
すでにXbox360があるなら、『CHAOS;HEAD』はともかく『Steins;Gate』はサクッといってもいい気はしますが。無料体験版をやるもよし。
現時点でXbox360を持ってないとするとなあ。私にとっては『Steins;Gate』ただ一本のためだけにハードごと調達して損はなかったですが。

コンシューマタイトルの場合は「いつか他ハードに移植されそう」感もあるものの、発売元の5pb.がリリースしているゲームはXbox360とPSP、PS2止まり。
そして『CHAOS;HEAD』も『Steins;Gate』も、HD解像度の絵が美しいので、もしPSPあたりで出てもなあという印象はあります。
でもPCで出る可能性はゼロじゃない。


2010/01/04(Mon) この日を編集

[デジカメ]サムスンNX10が発表されたっぽい。

驚きの手堅さ(≒平凡さ)。特に動画がヘボすぎる。えー。最高設定が1280x720/30fpsで音声モノラル。おそらく録画時間制限もありそうだ。

半年以上前のマイクロフォーサーズGH1は1280x720/60fpsか、1920x1080/24fpsの選択。音声は標準でステレオであり外部マイクにも対応で録画時間制限なし。動画専用チューニングの完全無音AF内蔵多倍率ズームレンズも準備されていた。画角維持のマルチアスペクトもあった。おそらく夏までには後継機が出て1920x1080/60fpsあたりに対応してくると予想されるあたり、この差はどうなんだろう。

さらに撮像素子も。もはやこのクラスで画質を重視するつもりは俺には皆無なんだけど、あえて気にしてみると撮像素子ははペンタックスK-7に供給したものとおなじっぽい印象。つまり同社の前モデルK20Dどころかエントリ機K-xより見劣りしたアレかなーと。決して悪いものじゃないんだけど。チューニング変更でなんとかなったもんかな。

録画専用らしきボタンも持ち、現時点でAF速度は松下に負けずとも劣らぬ爆速らしく、そのへんはE-P1やリコーGXRあたりのどうよ感(一眼の代わりに買わせようって機体でアレはなー)を感じさせないのは立派なんだけど。

デザインはDMC-G1/GH1とGF1の間くらいで、俺の好みではないけど、やっぱコレも手堅いんじゃないかな。背面みると左肩にMENUがあるのがちょっと気になる。この手のは片手フル操作ができるとうれしいので。GH1でも楽勝。まあそれでも相当のところまで右手でできるか。素性は悪くなさそうだ。

レンズまわりは予想してたほぼそのまま。当初は手ぶれ補正つきのダブルズームと単焦点パンケーキ。足りないレンズはペンタックスKマウントアダプタで対応、とこれまたどっかで聞いたような。AFの扱いはどうなるんだろう。(マイクロフォーサーズのフォーサーズアダプタは比較的新しいレンズのみAF可能だった)


全体にものすごい露骨なコスト重視機。値段を高くしそうなデバイスがここまで皆無とは。

これ最初の予定ではもう一声いくつもりがあったんだけど、マイクロフォーサーズの躍進をみてあえてコレを出してきたんじゃないかな。具体的には500ドル以下で売って市場制圧をもくろんでいるとみた。

相手はカメラヲタじゃない。ちょっとイイ感じの機械を求めるふつうの人。そういった層相手に、やれ長時間録画だ、やれ高感度耐性だ、とまくし立ててもしょうがない。しかしレンズ交換と圧倒的なAF速度という一眼の良さが手軽にという点は外してはならない。そういう意図を強く感じる。

マイクロフォーサーズ陣営的には、性能ではなく市場制圧的にみて脅威となりそうだ。対抗する廉価安物マイクロフォーサーズボディとかが出てくれたらうれしいところだけど。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
tlunar (2010/01/05(Tue) 11:05)

メモリ、モニタ、テレビ、携帯とシェア重視の戦略で来たサムソンですから、かなりびっくりの低価格という可能性もありますね。
対抗陣営は、低価格競争になったら不利だし、サムソンが撤退しても、市場が荒らされる事になるわけで…かなり苦々しく思っている気がします。

はしゃ (2010/01/05(Tue) 11:40)

>「対抗陣営は、低価格競争になったら不利」
円レートの問題を除けば、そんなことメーカが言ったら許さん。
サムスンが安いモノを作るのはサムスンじたいの努力であり、おなじことができないなら努力不足でしょう。
サムスンといっても単になんとなく安いんじゃない。「安く作れる技術力がある」訳ですから。
荒らされるのが問題というなら、その程度の市場しか作ってこなかった既存メーカが情けなすぎではないでしょうか。
苦々しく思う程度のプライドしかないメーカーはつぶれてもいいです。ちゃんと脅威に思ってほしいところ。

一眼カメラみたくシステムで売る商売に関してはシェアはたいへん大きな意味がありますので、とにかく数を
稼ぐのは上手い手と思ってます。サムスンのコンパクト機との比較ですらこのスペックは半端すぎるため、
これで市場に切り込んでから「本命」のフルスペック・1000ドルオーバーの上級機を出してくるとみてます。


2010/01/06(Wed) この日を編集

[日記]手放しチャリ乗りって流行ってんの?

ここんとこ最近ちょくちょく見かける。小学生くらいならともかく、わりと例外なくいい大人。

大抵はママチャリで歩道走行だけど、今日などわりと本格的なロードバイクっぽいの(自転車の種類よく知らない。全体に細くてドロップハンドルだった)に乗って車道を走る二十代くらいのオシャレな兄ちゃんだった。なんか腰から上が垂直に直立の姿勢で、両手を下にだらーんと垂らしてペダルこいでた。イメージ的に一輪車。そんなに高速でもなかったので、バランス的に言えばたいしたもんかも。

もちろん車やバイクで動く人間にとって恐怖なんだけど、前みてるぶん片手で携帯電話を操作しながら乗る馬鹿(こっちの方が圧倒的に多い)よりはマシだからそれはいいとして。しかし。

なんかめちゃめちゃ格好悪いんだけどアレ。なんであんなのする人が複数いるのか。二ヶ月くらい前から急に増えた気がするんだけど、その頃にドラマとかで手放しチャリするもんとかあったのだろうか? それともアレを格好悪いと感じる俺の感性がオッサンなだけで、今ドキの若い連中的に言うと手放しチャリかっこいい抱いて! なの?

手放し運転なんぞふつー小学校低学年の遊びという感覚の世代にとってカルチャーギャップですらある光景。それとも、たまたまこのへんに手放しャーが同時複数発生しただけなのだろか。

[link]中学生の兄が、妹に近親相姦に発展しそうな行為をしていて悩んでいます。が怖い

俺は自分ではこの類のハナシにかなり冷淡な反応をするほうだと思うんだけど、これは読んでて顔がマジで引きつった。

実際のところ家族からの性的な被害に遭う女児なんてどこにでもいる。寝てる妹に痴漢したこのバカ兄は言い訳の余地なく犯罪者だけど、よくあることでしかないだろう。回答の中の「自分も妹にしてた」という奴がはてブなんかでは叩かれてるけど、この程度ならあって当然。世の中にはもっとおぞましいパターンも星の数ほどあるし。

しかしこの件が恐ろしいのは潔癖だという母親。その妹が言ったという「絶対に絶対に!お母さんにも誰にも言わないで!知られたら、お兄ちゃんも私も殺される!」に背筋が凍る。母親に知られることと比べれば、兄に痴漢され続けるほうがマシという考えに至ったその状況に、心の底からうわあ。

この兄はたぶん「だから妹は、母には絶対に言わない」と確信してんぞ。そして母親の潔癖は治らない以上やりたい放題だ。結果は、兄が妹を性的にボロボロにするか、気付いた母が家庭をメタボロにするかの二択。なにその地獄絵図。

そして妹はおそらく、兄も母も嫌ってない。おそらく、いい兄であり、いい母であり、いい家庭なんだろう。どんなカタチであれ、兄を排斥するのも母から隔離するのも妹にとっては解決とはならない。そんな超難問。コレ現実の話かどうかは知らない。この話が釣りならば、マジモノで「よかった、絶望の袋小路にいる妹なんていなかったんだ」レベル。

一年半も前の話ぽいので、もう何らかの結果は出てるんだろう。この妹さんとやらがリンク先の相談者に話すことができ、Yahoo!知恵袋でそれなりに現実的な回答があったというのは本当によかったんじゃないかな。平穏無事に解決しているといいなあ。

本日のコメント(全11件) [コメントを書く]
3rd Reflector (2010/01/06(Wed) 18:34)

>自転車手放しャー

ホイールやタイヤに振れがなく、部品もちゃんと組んである程度の自転車なら低速での手放しは割と簡単です。という話は置いといて。

自分もロードバイク乗りですが、100km以上のロングライド中に、他の通行が無い場所でノーハンドルやっちゃいますね。背筋を伸ばすのと重心を置きなおすのが目的です。でも安全な場所ってのが絶対条件です。

そんな人目につくところで手放しでペダリングするのって、ロードバイクよりもピストバイク乗りの人が多い気がします。ピストバイクってのは後輪のフリーハブが無いので、タイヤが回ってる限りはペダルも止められない自転車です。競輪で使ってるのもこのタイプですね。ペダルを(力ずくで)止めればタイヤも回転を止めるので、極端な話ブレーキも要りません。ペダルを逆転させれば、後ろ向きにも進めます。東京では一応ノーブレーキピストは禁止ですが、そのへんでゴロゴロ見かけますね。ペダルだけで細かい動きが出来るので、スケボー感覚でトリック繰り出す若者が多いですね。

見分け方は、ピストは前後ともディレーラーが付いていないことでしょうか。ロードならディレーラーが付いてます。

はしゃ (2010/01/06(Wed) 18:43)

>ピスト
あ、なるほど。今日見たのはピストだったかもしれません。
こっちは原付二種で一気に抜いたので細かいところまでは見てませんでしたが、ハンドルグリップまわりが妙に頼りなかった印象がある。
あれは「ブレーキがないから」だったかも。で、ブレーキを握らなくても減速可能と思えばピストと手放しは相性も良さそうだ。
乗車してた人のファッションもなんとなくピストちっく(なんだそりゃ)。
ちなみに見かけたのは通勤時間の国道24号線、京都南部の大動脈クラスの道です。自殺志願者と推測。

でも手放しママチャリもここ二ヶ月くらいで3回くらい見かけてるんだよなあ……あれは本当にいったいなんだろう。

3rd Reflector (2010/01/06(Wed) 19:17)

>ピストちっくなファッション
なんか分かります(笑)

ある意味一輪車と動きが似てるので、たしかに手放しャーとの相性は良いと思
いますが、危険な乗り物っすね。走っている以上ペダルを絶対止められないっ
ていうピストの性質上、下り坂なんて恐ろしいことになりそうです。一応ペダ
ルから足が離れないように固定されているのですが、これが仇になって前日知
り合いが、ズボンの裾をギア盤にはさまれて、そのままペダルが回転してじん
帯断裂という事故を起こしてました。ノーブレーキなのと、ピストに裾のある
ズボンで乗った時点で同情出来ないのですが、つくづく街乗りできる自転車じ
ゃないなって感じます。

ロード海苔 (2010/01/06(Wed) 23:30)

3rd Reflectorさんと同じように基本的にロード乗りは
手放しすることはないと思います。
ロード乗りの人というのは伝聞であれなんであれ、
スピードと危険性を教わっています。

そして似てはいますが、絶対に混同して欲しくないモノにピスト乗りの存在があります。

ピストバイクはエンジン付バイクで例えるなら
ブレーキがついておらずエンブレしか効かないバイクです。
ファッション雑誌でピストが取り上げられてから街で見かける頻度が増えましたが、
自転車が本気で好きな人は街中でピストを乗ることはまずありません。

単なる愚痴にしかならないのはわかっていますが、
似て非なるモノだということは覚えてて欲しく、
良識のある自転車乗りには笑顔で接して頂けたらと思います。

(2010/01/07(Thu) 07:20)

母親が気持ち悪いですね。潔癖症というよりただのDQN。
無理心中なんて家族を私物としてしか見ていない発想で
この兄は母親によく似ていると思います。

あとスクールカウンセラーに相談してはという回答もありますけど
強制わいせつ犯を更生するトレーニングを受けたカウンセラーがそこらにいるとも思えません。

はしゃ (2010/01/07(Thu) 18:25)

>母親が気持ち悪い
間違いなくそうなのですが、やっぱり世の中にはこういう母親もよくいるタイプとは思うです。
息子による痴漢行為を知ったとして、隠蔽に協力しはじめるようなタイプよりマシかな、と。
(もっとも一家心中をもくろむのとどっちが悪いと思うかは人によりそうですが)
この母親も昔「被害者」で、それ故の発想かも、です。一概に罵る気にもなれませんです。

スクールカウンセラーはあくまで不登校とかイジメとかそんなカンジの事態のエキスパートなので、こんな事態に
対応できる訳ないですね。結局は「家族の間の不理解」という家庭内問題ですし。

すごくどうでもいいですが、左のamazonに先ほど「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね」という
キモい妹がドヘタレの兄を籠絡しようとがんばるという内容をマンガ(おもしろい)があってモンニョリしました。

>ペダルが回転してじん帯断裂
ひぃー。もう聞くだけでこないだの原付転倒時の捻挫の痛みが再発しそーな。

減速に関しては、足の力だけというのはさておいても、後輪しかブレーキ効かないってのが車やバイクの感覚では信じがたいです。
特に重心が高い自転車の場合、制動力なんて前輪8後輪2くらい(てきとう)じゃなかろか。

>ロードバイクとピスト
うーん、私の印象では似たようなものなんですよね。
これは自転車のせいではなく、乗っている人の中で性質の悪い人がピストより多いから。
性質の悪いロード乗りでないなら不本意とは思いますが、私に限らずロード以外から見たらロードはそういう印象でなかろか。

他の自転車を名指しで「○○とロードを一緒にするな」というロードバイクの人は、わりと例外なくロードこそ最上であり
一番えらいというヒエラルキー作ってます。ママチャリと同じカテゴリに突っ込まれることをやたら嫌がったりする手合い。
3万円くらいの安物MTBモドキに乗ってる私など、ロードバイクな人たちからは迫害しても構わない代物という扱いを受けます。

これなら「自分が乗ってるものは変態の乗り物」という自覚があるピスト乗りの行動の方が、私には無害ですからマシ。
トータルでは、自転車が危険なピストと、乗ってる人が危険なロードという感じで大差ないです。

ロード海苔 (2010/01/07(Thu) 21:01)

>ロード乗りが一番偉い
確かにこう思ってる人は多いですが、
だからこそ最後の一文は「ロード乗り」では無く「自転車乗り」の一文で閉めた意図があります。

ただやっぱり、ロードの人に多い傾向として安全じゃない自転車を毛嫌いする傾向はあると思います。

ななし (2010/01/08(Fri) 12:25)

まぁま、悋気をお納めなすって。コメント欄というのもヒトツの公道です。お互いに譲りあって、無事故でいこうじゃありませんか。ね。

3rd Reflector (2010/01/08(Fri) 17:27)

すみません・・・。自分がピストやロードの話を出したせいで、覇者さんのエントリの内容とは違う方向でコメントが伸びる事になってしまったようで。
極力「ロードVSピスト」的なニュアンスにならないように気をつけたつもりではいました(そこは自分の思想とも違うので)が、妙なきっかけを作ってしまいました。

そもそも覇者さんのエントリでは「チャリの手放しを最近よく見かけるが何故?」といった趣旨で書かれていたのであってロードやピストをディスるような内容ではなかったのに、自分が「それピストでは」と書いてしまったのが良くなかったです。

ホントにすみませんでした。

はしゃ (2010/01/08(Fri) 18:09)

私としては参考になったり勉強になったり痛そうだったり(T_T)でありがたい限りです。

というか、どなたが一番疑問かと言えば私にとっては、ななし様です。この状態を「悋気」て。
いったい誰が誰を羨んでるんでしょうか。ロードがピストを羨んでる?逆?それとも安物MTBの私がロードやピストを羨んでる?
ふつうに受け取ればロードかピストか私かをバカにしている雰囲気なのですが、或いは私が不勉強で知らないだけで
本来の意味とは全く関係のない「悋気をお納めなすって」という一つの慣用句的な言い方があるんでしょうか。

そもそもこの状態が問題あるとは私は思っていませんでしたし、ハナシの流れ的には一段落ついた後です。
これで私がさらに蒸し返すようならナンですが、そもそもナニも書くつもりがなかった(これは別にロード海苔様を
無視するという意味ではなく、もうナニも書く必要がないから)だけに、書かれたタイミングも謎。


ついでにコメント欄を公道と例えるのもちょっと違うんじゃないかな、と。
私が管理してる以上、私だけが非表示化やスパムワード設定が可能で(超面倒くさいけど)改竄も不可能ではない。
私はコメント欄での自分が絡んだ意見応酬は、めちゃめちゃ軽く見てます。自分に有利すぎる。

(2010/01/09(Sat) 22:36)

楽なんです


2010/01/08(Fri) この日を編集

[デジカメ]GPS、電子コンパス搭載のDSC-HX5Vがヨサゲ

いいなコレ。松下がDMC-TZ1を「旅カメラ」として出してきた4年前からずっとずっとずっとずっと「なんでGPSと地磁気センサを入れないか」(ジャイロと加速度センサはまあ冗談として)と思っていたがソニーがあっさり追い抜いてった。

そもそも元々ソニーはカメラ用GPSログ記録器の大手。GPS搭載デジカメというだけならすでにニコンがあるけど、高級機に用はない。安物万能たる多倍率コンパクト機だからこそいいんじゃないか。DSC-HX5V、この他にも色々と興味津々で魅力すぎる。

  • 25mmという超広角画角からの10倍ズーム
  • 裏面照射CMOS
  • 10fpsの高速連写と、それを生かしたカメラ内合成
  • 1920x1080/60fpsインターレース動画で音声ステレオ、AVCHDによる長時間録画もサポート(連続195分)
  • 動画専用ボタンも準備
  • SDカード対応でメモリースティックとのデュアルスロット、TransferJet対応
  • ある程度のマニュアル撮影機能もあるっぽい
  • バッテリは余裕の390枚撮影

もう興奮モノですよコレはいい――――けどシーンモードに水中がないっぽいんだよなあ。海外サイトのアクセサリを見てもハウジングがない。中の人がほぼ同じっぽいDSC-TX7にはあるのに。なんでそういう意地悪するのんソニー。DSC-TX7は画角が25-100mmってのは別にいいんだけど、もちろんGPSやコンパスはなし、バッテリが動画115分/静止画230枚、裏面がタッチパネル、あたりどうしても見劣りがする。

もちろんほとんどの人にとってハウジングがないことなんて問題ないんだけど、我々には大きな痛手だ。ここは松下待ちか。松下なら、きっと松下ならなんとかしてくれる。

松下の旅カメラことDMC-TZ系列は毎年3月に出ることになっている(2006、2007、2008、2009年のそれぞれ3月にTZ1、3、5、7が出てる)ので、今年3月にはおそらくDMC-TZ9が出るだろう。……でも今年はすでに松下のコンパクト機がチラホラ発表されてるんだけど、そのいずれにしても溜息が出るほどパッとしない。はたしてTZ9はこのバケモノみたいなソニーDSC-HX5Vを相手に勝負できる飛び道具があるのやら。

取りあえず松下がDMC-TZ7時点で勝っている点は、動画撮影時にマルチアスペクトを使って25mm画角のまま撮影できること。DSC-HX5Vは上下をトリミングするため29.8mm画角となる。この数字差はかなりデカい。TZ9もまさかマルチアスペクトをハズしたりはしないだろう。


2010/01/09(Sat) この日を編集

[日記]マクドにてテキサスバーガーをもぐもぐ

ちょっと財政上きびしい日々が続いており、マクドなどというものは贅沢食に分類されたため離れていたんだけど、こんな投げやりなメニューが出るとなれば黙っていられない。

本当はビッグアメリカの全種類試したいところだったけど先行販売店舗で行動範囲にあったのはテキサスのみ。とりあえずコレを貪ってきた。他のは行けるかなあ。無理な気がする。

で感想。これは期待に違わぬ緻密なテキトーさで作られたものだった。

自慢のバーベキューソースは、いわゆるスナック菓子バーベキュー味の類を作る工場から製法を教わったのではと思うばかりの駄菓子感で、すごくいい。ビーフパティがかなりのボリュームで、普通ならパッサパサだよパッサパサーは否めないところ、そこに馴染んだソースのギトギト味によって完全中和。これはまさに神のバランスでオゥゴッドと言わざるを得ない。

ただ製法の都合がマスタードがめちゃめちゃ偏っていたのが残念なところ。アメリカっぽいっちゃアメリカっぽいけど。次に食うときは最初にぱっかし分解して偏ってるようなら伸ばして食う。汚らしい食い方と言えばそうだろうけど、まあテキサスなんてそんなもんだろう(暴言)。

バンズもまるでコシがないヘナチョコ感で、これがまたアメリカだ。ここんとこ最近マクドはいまいち極めっぷりが足りなかったが、これはどこか突き抜けたものを感じる。

美味いとかまずいとかそんなことはどうでもいい。これは、テキサスか? はい。そういうメニュー。オススメ。

ただそれは、テキトーに抹茶味をつけたものを京都風とか静岡風とか名づけるのと似たような意味。以前俺はハワイでテキサス・ロックンロール・スシ・バーに行ったことがあるけど(このへん)そんな感じ。テキサス出身の人間の前で「HAHAHAこれがオマエの故郷の味がうめえじゃねえかベイベ」と言った場合、シングルアクションアーミーで三つ目の鼻の穴をプレゼントされてもテキサスの州法ではたぶん無罪なので要注意のこと。

ただしマクドのポテトが絶望的に合わない。アブラ食ってるみたいでひたすら陰鬱な気持ちになっていく。よほどのアメリカ人でなければ注文するならサラダとセットにしたほうがいい。

[日記]サーキュレータ Vornado VF20の導入

同居人がエアコンを変えて以来、効率はいいけど効き方がキモチ悪い、と言っていた。送風が少し淀む感じになってんじゃね、サーキュレータ導入すればと適当にアドバイス。

しかしどうも反応が悪い。サーキュレータはデザイン的にそのなんだ、まあ、アレなのものが多い。いや信号機にしか見えないHoneywell HS-NE03はアレさにおいて別格としても、全体に家電としてこなれ方が弱い。まあ国内の家電屋はほぼノータッチ、辛うじて山善やツインバード*1じゃなあ。

あとよくサーキュレーターの不満として聞くのが動作音。でも、ちょっと高い奴ならそこまでうるさくないというハナシもある。そこでデザインと静音を満たしそうな奴をチョイス、クリスマスプレゼントがてら発注していたものが、年あけてようやく届いた。

右上の商品写真を見ての通り(というには好みが分かれそうだけど)デザインは絶品と言える。安っぽさ皆無。サーキュレータの中ではわりと小型なのに、本体は金属製で重量感ずっしりの3.7kg。動作LEDなんつー無粋なモノは一切なしってのがまたいい。これなら同居人も文句はないようだ。

で、静かなのかと言えば、運転レベル三段階の中以上では普通にうるさかった。強あたりでは轟音。

しかし弱ならかなり静かで、そして性能は充分あるっぽい。10畳のリビングルームで試運転したところ、自分の方に向けて回すと弱なら1mくらいでだいぶ減衰してるかなーと感じるけど、真上むけて天井近くに手をかざせば空気がぐんぐん動いているのがわかる。そして同居人部屋は6畳間だ。

これはいいなあ。クリスマスプレゼントにかこつけた実地テストも済んだし、俺の自室にも導入しようかなあ。amazonで売ってるゼピールDKS-20てのが安くて静かで強力と好評。デザインは身の毛がよだつほどに安っぽいが、俺はむしろそういうの結構好きだ。

*1 どちらもピンポイントで役に立ついい製品を作る、素晴らしい、安物メーカーだと評価はしている。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
Parker (2010/01/10(Sun) 09:24)

サーキュレーターでしたらシーリングファンがお勧めします。
値段も5000円くらいからありますし、取り付けもわりと簡単で、覇者さんなら楽勝だと思います。
ほんとは電気工事士の資格が必要です。
パナソニックのXS60060Cはモーター音は皆無で
強でも風切音だけしか聞こえませんし
夏でも部屋全体にそよ風が吹いてたまらなく心地いいですよ。
もし見た目とか、金額面で折り合いつきそうならご検討してみてください!
季節の変わり目に器具を出したりしまったりしなくていいのも便利です。

イヌヤマ (2010/01/10(Sun) 23:06)

マクドパテのパッサパサーはソースのパクスアメリカーナ感を中和するのに必要な要素と思ってマシタ。
国民食まで二極対立を追求する姿にはある種の感動を覚えます。
この限定シリーズを食した後では半年ほど、
看板商品のビッグマックの味が感じられない
という後遺症が発生しますが、皆様いかがでせうか。

はしゃ (2010/01/12(Tue) 11:47)

>シーリングファン
安いものを見てみましたが、その、デザインが、なんか安ゴージャス路線で……いっそ安チープならいいんですが。
あと部屋がそう高くないんですよね。ベッドの上に立って手を伸ばせば普通に天井に手が届く。
照明ですらよくあるつり下げ式でなく天井に張り付く奴でないとちょい気になるくらいで、これでシーリングファンはちょっとキツめ。
個人的にはけっこうアコガレではあります。

>半年ほど~ビッグマックの味が感じられない
それはあるかもしれない。でもそれはそれでいい気もする。ビッグマックは米やパンのような主食と考えるのはどうだろう。
テキサスバーガーをおかずにビッグマックを食べるというそういう生き方。

いや私はヤですが。

Clerk (2010/01/13(Wed) 01:18)

個人的には山善の家電、特に季節家電は人に勧めにくいですね。
コストパフォーマンス的的にはお勧めなのですが、不良率・故障率が他社より高目なので……。
販売数が多いのを差し引いても、当たり外れの差が激しすぎます。

(2010/01/16(Sat) 15:31)

はじめまして。
先日拝見したはしゃさんのコメントが心の隅に残っており、
昨日試してきました。テキサスおかず&ビッグマック。
確かに、「ビッグマックおかず&テキサス」ではない、
ということが認識できました。
結構イケます。二度とはいたしません。

帰りが夜遅い時、よくMacのお世話になります。
オススメはテリヤキ,チキンフィレオ,ベーコンレタス
・・・の「ソース抜き」。パサパサ感が最高です。
次はテキサスでやってきます。

はしゃ (2010/01/18(Mon) 12:07)

>山善の家電
まー例えば山善の故障率が10%、他社が2%としても、仮にそれで他社の半額なら二台買えば実質故障率は
1%になってトータルでは優秀って考え方もナシではないかも。いや邪魔ですけどそんなもん。

>テキサスおかず&ビッグマック
ないわ(真顔で)。書いておいて無責任であるともし言われたら誠心誠意アタマを下げます。

私としてはマクドの味はくどくて下品でしつこくて後をひくのが魅力なのでソース抜きは
選択肢から外れますが、確かに「夜遅い時」というならアリかも。発想にまるでなかった。
テリヤキのソース抜きはマックポークとどこらへんが違うのか悩みそうだなあ。


2010/01/12(Tue) この日を編集

[デジカメ]カシオ、屋内でも使えるGPS内蔵デジカメを参考出品

前々回の更新でも挙げた、4年前の自分の更新のDMC-TZ1に関する文から抜粋する。

旅をコンセプトにするなら、何よりも追加してほしい装備があった。GPS。できればジャイロと加速度センサと地磁気センサ。緯度と経度と向きを常にExifに記録しておき、ビューワで「どこでどっち向いて撮影したか」を地図と付き合わせることのできるカメラを俺は待ってます。

ああもう、すごい待ってました。俺のために開発したんじゃないかと思うほどに。え今すごい貧乏なんだけど俺どうしたらいいんだろう。

もちろん普通に建物内での使用もあるけど、地下とか洞窟といった極端な場所で使いたい。そして水中だってイケるハズだ。ダイブ前に海上でGPSを補足したら「水中のどこで撮ったのか」が記録できる。いやもうカシオはハウジングから撤退してるけど(T_T) そして「撮影した後でGPS電波を捕捉して、記録画像の位置情報を修正」とかすごいなあ。GPS電波が普通に捕捉できる場所でも、GPSの欠点「測位に時間がかかる」をだいぶ隠蔽できそうだ。

もはやカーナビデジカメ。カーナビだって使い物になるようになったのは自律航法をサポートしてからだ。GPS対応を謳ったソニーのDSC-HX5Vが一気に霞んで見える始末。いやDSC-HX5VはGPS以外の魅力も多いんだけど、カシオはカシオでレンズがより広角な点や、EX-H10ベースなら静止画1,000枚の撮影が可能という超ロングライフバッテリ(本機はGPSの分だけ減ってるだろうが)など有利な点も充分にある。コンパクトデジカメにおいて一昨年は広角の年、去年は防水とHD動画の年だった。今年はGPSの年になるんだろうか。ワクワクが止まらん。

地図データの収録とか、全く発想になかったよ。俺の妄想ですら撮影画像の地図とのつきあわせは「ビューワで」だったのに、それがカメラ内で可能とか感動すらする。さらに観光スポット表示など、どんだけハラショーなら気が済むんだ。瞬時にユーザが投稿した観光スポットを共有しカメラにダウンロードするネットサービスが脳内に駆け巡った。

これを企画したカシオの人と延々デジカメトークしたいなあ。実際にこれが市場に出てくるかどうかはわからない。しかし万が一、市場に出ないとしても、俺はすごい嬉しい。世の中に俺と同じ発想の人がいて、デジカメを作る立場にいる、この喜びが他にあるだろうか!

[ゲーム]『死神の接吻は別離の味』クリア

公式。プレイ時間は5時間ほどとかなり小粒(ただしエロシーン全スキップ)。

いや『CHAOS;HEAD』でヘンなトリガーが入ったようで、識者に「ベタなブラコンツンデレ妹萌えのオススメタイトルなんかない?」という最低の質問し、回答の中で一番安かった。なんかダメダメだ。

結論から言えば「ベタなブラコンツンデレ妹萌え」の成分は溢れるほど補充したので満足。もーちょっと家族ならではの要素があるほうが好みなんだけど、欲しかったものは重苦しい葛藤のハナシではなかったし、義妹設定なのであえてそのへんをバッサリってのもやってみるとアリだった。

さんざっぱら使い尽くされたハズのツンデレという要素で、しかしその比率においては迷走が多い。世の中には、それ単に序盤ちょい不機嫌キャラってだけじゃねえかふざけんな! というモノも多々ある。そんな中で俺は本作の妹に黄金比を垣間見た。そんな気分。

そしてロリコンにもオススメできそうだ。ロリ死神のロリパワーはかなりのもの。そうそうロリは肌だよなあと。……同級生キャラ……? そんなヒロインいたっけ?

ゲームとしてはまあ。選択肢1つというゲーム性の欠如をさておくとしても、シナリオ構成にはたいへんアタマをひねる。前述のとおり同級生はいらない子として、妹か、トゥルーにあたるロリ死神かという感じだけど、妹がよすぎてトゥルーがものすごい見劣りする。プレイヤが10人いたら10人が予想する展開そのまんまなのはいいんだけど、ラストはどうだろう。

あと個人的な好みとして、妹ルートにしろロリ死神ルートにしろエロシーン導入が強引すぎ。シナリオ進めてて「あれほんの数十秒前まで相手を庇護対象として見てたハズだよね?」のタイミングで覆い被さってるので、主人公像はかなり謎。さらに終盤かなりエロシーン過多なのでスキップしまくりでヘンに疲れた。ctrlでのスキップだとエロシーン最中の物語を見逃すので、俺は左右両手を使って目が追いつくギリギリの速度でマウスホイールを下に回すんだけど、指ちょいしんどい。エロシーン重視の人にはいいかも。ゲーム短いくせにキャラごとにエロシーン3回、内容もなんか濃そうだった。

前述通りプレイ時間が今ドキのエロゲとしては信じがたいほど短いんだけど、全然、損した感じはしない。詰め込みすぎでもないのに密度が高く、クリアまで20時間くらいかかるのにコレより印象薄いタイトルはいったいどうなってんだろうと逆に思った。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
BPH (2010/01/14(Thu) 00:54)

かつてはしゃ様の2006/8/3のエントリを見て「発想は素敵だけど実用化は無理だわなぁ」とか思ってた記憶があります。
驚愕。まさかこんなシロモノが現実になる日が来ようとは。
そしてGPSヲタのハートを直撃であります。市販されたら単なるロガーとして買ってしまうかも。

はしゃ (2010/01/18(Mon) 12:00)

>実用化は無理
いや本当にそう思ったました。でも今ドキのPNDなんかは車速パルスなしで自律航法をサポートしてるので、
やってできない訳はないんだよなあ……技術は進歩する。


2010/01/18(Mon) この日を編集

[ゲーム]ロシア発のエロゲOPデモらしい

一時期、国内の全エロゲデモを見続けてきた俺の出番か!(そんなことはない)

超・上から目線で感想かく。原画は複数人で、それぞれ癖こそあるけどヘタではなさそう。単純に日本の萌え絵をトレースされるよりぐっと興味が出た。もっともピカチュウ髪型とかヤジロベエ髪型は気になるけど、単に間違った日本文化の取り入れなだけだろう。

しかし外国による「日本エロゲ風」の多くにこの欠点があるんだよなあ。乳のアピールしすぎだ。ロリキャラまでしっかり判別可能。そんな総ロケットおっぱいばっかりじゃなくていいです。おっぱいは、いろいろあって、みんないい。リピートアフターミー。*1

アチラでは真っ白な肌ってのは見飽きてるのか。日本人的にはせっかくのロシアっ娘なのになんで肌色~日焼けなんだよ、とどうしても思う。とりあえずパンチラが大好きなのはよくわかった。ロシアではこれが常識なのかもしれない。

原画と比べると、塗りはがんばりましょう。背景のウルトラクオリティが浮いている。というかエロゲに興味なくてもこの背景は見る価値すごくある。上手すぎる上にロシア感たっぷり。

動画としては手堅い作りだけど、イベントCGのチョイスからゲーム内容が予想できない。終盤の展開(そこまで開発進んでないだけかもだけど)を垣間見ることができるカット1つ2つは欲しい。音楽は普通に日本のエロゲ平均より上。歌がないのは、まだまだロシアだとたぶんエロゲOPを歌ってくれる女の子を捜すのが大変だからだろうなあ。いつか見つかるといいですね、と健闘を祈りたい。

タイトルがないのは大きくマイナス。音楽と背景の力がすごいので、イントロが終わった時に重厚なフォントでタイトル出たら説得力あるぞこれ。なんでもいいからつけようぜ、ハラショーでもコルホーズでもウォトカでも(知ってる全ロシア語を並べた)。プロジェクトロゴやムービー序盤の初心者マークが気になる。エロゲ作成初心であるという意味、なんだろうか。

*1 でも海外だと「無乳=幼児」という観念があるため仕方なく乳モッサーッ!な可能性もあるか。

[日記]チラシ「Bフレッツ加入したらゴミあげます」

入居住宅にBフレッツの販促チラシが入った。よくあるNTTからインセンティブをもらって工事だけする系。費用などはNTT西のキャンペーンそのまんまで、特にボッてるとかそんなことはない。しかし広告の末尾に「パソコンをお持ちでない方へ」という名目で書いてあった内容がもう。

リサイクルパソコン 29800円相当を無料でプレゼント
WindowsXP 20G メモリ 256MB(※デスクトップはメモリ512MB) CD-ROM
Kingsoft Office2007付
※中古パソコンご希望の方は当社指定のプロバイダー加入が条件となります

ここの閲覧者層なら説明不要だけど、説明すると通常なら金はらってでも捨てるレベル。企業のリース落ち臭がぷんぷん。性能からすると経年劣化は6年分くらい、当然ながら保証なし。年式落ちのキングソフトオフィスはワゴンから回収か。

これはたった二文字に圧縮できる。ゴミ、だ。29800円相当というのは「通常なら、29800円『あげる』から引き取ってください」の意味か。*1

いやまあ確かに使えないことはないだろう。これくらいのPCを使っている人はまだまだ多い。かく言う俺も布団上でだらだら使う用のA4ノートの性能はそんなもん。しかしそれはPCに詳しいとは言えないまでも素人でないからできることで、例えばウチのA4ノートはWindowsにとって要らないモノどころか一部の要るモノまで切って動作を軽くしてある。あれコレ動かない? となれば諦めて布団から出てデスクトップPCを使えばいい、とか、ローカル環境が必須でなけりゃVNCから別PCでやるといった割り切りの産物。

今PCを持ってない人に同じコトやれっつってもムリである以上、やっぱりコレはゴミとしか。さらに指定プロバイダ加入させてインセンティブ丸儲けウハウハですか、はあ。企業なんだから金儲けを考えるのは当たり前だ。でもダマしてゴミを押しつける根性はどうだろう。こういう会社がちゃんと仕事しそうな気もしない。

そもそもこの住宅はマンションタイプBフレッツ工事済なので、ダマされる人もたぶんいないけど。ご近所さんはお気を付けて。

*1 実際にはそんなことはなくリース落ち専用ショップではたぶん普通に値段がつく。けど3万円はないなあ。1万円前後、かな。

本日のコメント(全11件) [コメントを書く]
yaksa (2010/01/18(Mon) 22:19)

そっか、パンチラスキーなのか。
意外や彼等と話が合いそうな気がしました。

fumfumnu (2010/01/19(Tue) 04:21)

>初心者マーク
IIchanのシンボルらしいです
ふたばクローンの一つですし

まんさく (2010/01/19(Tue) 11:21)

おひさです。エロゲ関係のエントリにはコメントしたことがないんですが…

確かにあの背景の空気感に感動しました。

私はむしろ独特の無国籍感を感じました。そこかしこににじみ出るロシア風味(というか旧ソ連の面影…量産住宅っぽい街並みとか、校門の左右の少年少女像とか)にもかかわらず、背景が日本のアニメ背景の「文法」で描かれてるせいでしょうか?

全員日焼けなのは、単に「夏合宿だから」? となると、また別に冒頭の「夏雲出てる晴れた月夜に大雪」というのはちょっと気になる。

でも一番気になったのは、ヤジロベエのCCCP赤Tシャツだったり。

たまも (2010/01/20(Wed) 03:31)

そのクラス中古PCだとディスクトップなら欲しいかな??
ノートは要らん・・
今どきCD-ROMだけでなにせいと

kw (2010/01/20(Wed) 13:39)

XPでメモリ256はしんどいですねぇ…
Webを見るのも大変そう。
果たして起動にどれだけ時間のかかることやら。

”当社指定のプロバイダ”と謳うぐらいだから、そっちからもインセンティブがあるのかなぁ。

はしゃ (2010/01/21(Thu) 01:16)

>貧弱ノート
私がベッド上でだらだら使ってる機械は、今でこそ同居人から奪ったもーちょいマシな奴ですが、長いこと
Celeron/2.2GHzにメモリ256Mbyteのカスノートでした。もちろん高速とは言いませんが、特に遅いとは思いませんでしたね。
起動時間は70~80秒くらいでしょうか。遅いっちゃ遅いですが。普段はスリープ運用なので5秒です。

エントリ内のゴミの場合、光学ドライブは普通にDVDなんじゃないかな。完全に妄想ですが、DVDと書いて
しまうとDVD-VIDEOが再生できると思い込む人が多いからあえてCDとしか書いてない、とみた。
金かかりますしね再生ソフト。まさかVLCプリインストールするのもナンですし。

>インセンティブ
絶対確実です。ないハズがない。

>ソビエトロシアではエロゲが君をプレイする!
CCCP、いやさ『СССР』のTシャツ気づいてなかった! なんだろうあれは。
というか、アチラにとってソビエトとはなんだったのか、コッチで言う平成生まれみたいなノリで
「ヒロイン全員ロシア世代!」とかそんなのが売りになったりするのか、なんかもう興味が
エロゲとしてではなくソビエト方面に一気にうつりましたどうしよう。

パンチラ、なんかロシア人に限らず異様に海外人気あります。なんだろう。ロマンなのか。
ただ「ぱんつが見えるだけでアダルトカテゴリ行き」という国も多いっぽいです。台湾とかそうでなかったかな。

>初心者マーク~IIchanのシンボル
なるほど納得。

or2=3 (2010/01/21(Thu) 01:53)

おっぱいは、いろいろあって、みんないい。
それでもわたしはひんぬー教。<余計

>インセンティブ
ADSL黎明期は1件あたり5000円とか、プロバイダも
1件あたり3000~5000円でした。
あのころは月々の通信費も高くて、未加入者が殆ど
でしたから、取れる件数も多かったですし。
今は乗り換え>新規でしょうから、インセンティブも
高くなってるでしょうし、その分回収できるように
1年縛り、2年縛りもあるようですね。

(2010/01/22(Fri) 07:36)

パソ>
あれ?おかしいな、実家に放置してあるサブノートと瓜二つですよ。オフィス含めてw
でもこれ、5年前に友人から譲ってもらったB5ノートに外付けでCD足したモノ。
タワーディフェンス起動して動作のもっさり感に断念し、今はワードかレゲーしか動かしませんが。

北の方に住んでる (2010/01/23(Sat) 00:13)

噂によりますと、ロシアの美容整形の一位は、巨乳を脂肪吸引して美乳することらしいです。嘘か誠か知りませんが、ロシア語通訳者のエッセイで昔読んだ覚えがあります。もしかして、貧乳という概念すらないんじゃあ…

はしゃ (2010/01/27(Wed) 14:51)

>インセンティブ
いまどきはあまり見かけませんが、電器屋店頭で「OCN加入したら○○円引きます」みたいなPCの値段の、
その○○円がだいたいそのまんまでしょうね。
光じゃないですが、イモバなら3万円くらいインセンティブ払ってるのかなあ。

>サブノート
いや上のは、まずA4ノートす。「サブ」として使うことを前提としてなさげ。
サブノートならどんだけ貧弱でもそれなりに存在価値はあると思ってますが、メインPCであるべきA4ノートはなあ……

>巨乳を脂肪吸引して美乳
それはすごい。アメリカでさえ乳は増やすものなのに。スラブの乳はバケモノか!
貧乳教の一人としては心が躍りますが、でも大きいままのあなたも魅力的だ、と無闇に教えてあげたい。みんないい。

hir (2010/01/28(Thu) 00:58)

背景と音楽いいすね。人物いらないから、BGV に欲しいような (なんか間違っている)。


2010/01/27(Wed) この日を編集

[PC]ものすごい雑なIntel CPU最近の歴史

まとめて欲しいという要望があったので。

Intelは、言わずと知れたCPU製造の超巨大企業。しかしワンマン社長の中小企業かというほどの極端な方針変更を繰り返す癖がある。ほんの半年前まで血眼で追求していた技術に、気がついたら見向きもしてないどころか反対方向に全力疾走とかザラ。

よって今のCPUだけ見ててもIntelがいったいどういう迷走をしてきたか理解できないのは道理であり、まとめておくのも確かに意味があるかも、という気がした。AMDは俺よく知らないのでスルー。

386→486→Pentium

PC用CPUの基礎。かなり乱暴に言えば、386で現在のCPUのソフトウェア面がだいたい完成した。最近のアプリケーションでも無改造のまま1985年登場の386上でさくっと(正確にはジリジリ…ジリジリジリ……と)動くことも少なくはない。

386のハードウェア的な完成度を上げたのが486とPentium。FPU*1のっけたりキャッシュメモリ*2のっけたりスーパースカラ構造*3にしたり。

Pentium Pro→Pentium II→Pentium III

IntelのCPUが実行するプログラムコードは、上記の386どころか太古(1978年)の8086CPUと未だに互換性がある。Pentiumまではそのまま実行していたが、今の技術からみれば古文を読むも同然。で、Pentium Proから古文変換くんをCPUに内蔵し、リアルタイムで現代語に翻訳しながら実行するようにした。

これ以降CPUは飛躍的な高速化が可能となり、結果としてクロック競争の時代が到来。Intelと、そのライバルAMDとで「どっちが速く1GHzに達するか」という不毛な競争がされていた。(勝者ははっきりしない。先に1GHzモデルを発表したのはAMDだったが、量産の目処ゼロのハリボテ。市場投入はIntelが先だが、たまたま1GHzで動いたロットを出荷しただけ。グダグダにも程があんだろコラ)

この世代、CPU名の変更やクロックの数字ほど中身の進歩はしていない。キャッシュメモリをCPUから出したり入れたり、CPUそのもののカタチを一時的にファミコンカセットにしてみたりしていた。

余談として、メインメモリを従来のSDRAMからRDRAMという代物に換えようとして大爆死をしたのもPentiumIII~4初期にかけてのハナシ。このあたりはCPUというよりチップセットと、メモリメーカ界の狂犬ことRambus社*4のハナシになるので割愛する。

Pentium 4

軽い三輪車にジェットエンジンを搭載したら速いんじゃね? 的な発想で作った直線番長。決まった動作をその通りに実行するという条件においては圧倒的な性能を発揮するが、急激に予定外の処理が入ると途端に効率が悪化する。

Intelとしても効率の悪化は承知の上で、欠点をさらなる高速でカバーするべく「いつかは10GHz!」を合言葉にしていた。しかし膨大な消費電力と発熱という壁にブチあたり最終的には4GHzにも達さずに空中分解。前述のRDRAM爆死、サーバの世界で繰り広げられていたIA-64玉砕とあわせた3つの失敗で、AMD躍進を許すというIntel悪夢の時代を招いた。

とはいえPentium 4は消費電力や発熱に目をつむれば性能的にゃ今でも充分で、最終的には64bit命令に対応したり、デュアルコアCPUであるPentium Dもあるため、ナニゲに現在に通じる要素はけっこう多い。

ただしPentium Dは1つのCPUパッケージの中に2つのPentium 4を並べただけ。いやこの構造は別に普通なんだけど(もっと新しいCore 2 Quadも同じ作り方)、発熱が激しすぎるPentium 4を過密設置した結果、CPU温度が80度とか平気でぶっちぎって勝手に安全装置が働く、を繰り返すオモシロCPUとして評判となった。

Pentium M→Core

Intel一つの転機。従来ずっとノートPC用のMobile Pentiumシリーズは、デスクトップ用CPUを省電力化して作っていた。が、ご自慢(笑)のPentium 4ベースで作ってみたところ「これはひどい」。

そのためデスクトップ用CPUを元としない(もっとも一世代前のPentium IIIの流れを汲んではいる)ノートPC用CPUとして登場したのがPentium M。そもそもの消費電力じたいが少ない上、CPUの使用状況にあわせて自分でクロック周波数を上げたり下げたりする機能を持つ。

Pentium Mは素性が異様によかったので、空中分解したPentium 4の後継としてデスクトップ用の「マトモな」(オモシロなPentium Dではない)デュアルコアCPUとして刷新したのがCore Duo*5。Intel史上おそらくはじめて省電力ノート用CPUからデスクトップ用に移行した記念碑であり、CPUの、ひいてはPC全体の消費電力という概念に激震を見舞った。

でも前任のPentium 4と後任のCore 2の存在感がありすぎるため「Core Duoてナニ? Core 2 Duoの間違い?」と思われること多数。わかりやすい大規模採用例を挙げると、初代のIntel Macはたしか全機種がCore Duo採用だったハズ。

Core 2

Intelの本気。上記のCoreは画期的なCPUだったものの、所詮はPentium 4空中分解の事情があって作った戦時急造モデルであり、例えばPentium 4から追加された64bit命令などに対応しないなど次世代のアプリケーション対応には不安があった。

よってPentium 4を全ての面で上回り、デスクトップで許される限界まで電気を食ってでも性能を追い求めてみたらコレができたという代物。電気食いとはいってもPentium M系のかしこい消費電力削減技術も入って、低負荷状態では実に大人しい。また、CPUの回路面積がたいへん小さい。CPUの原価はだいたい回路面積に比例するため、ふつうの値段で売ってもIntelがたいへん儲けることのできる商売的に超いい子。

性能・消費電力・価格のバランスがよく、AMDに侵食されかけていた「ふつうの人用PC」のシェアを一気に奪い返すことに成功した。

もはやCore 2にあらずばPCにあらずと言わんばかりに猛威を振るったこの世代、最大の欠点は型番。最近のCPUは型番からまったく性能がわからないのが普通とはいえCore 2系列は特にカオス。

Core i

今や、こんぴーたは同時並列実行が基本。スレッド(処理実行単位)をマシンガンのように乱発する時代に対応するべく、懐かしの嘘マルチコアことHyperThreading*6を搭載、さらにCPUコアをデュアルどころか積めるだけ積んだ。そろそろ出てくる最新版Core iでは、Windowsのタスクマネージャ開けば、CPU1つで利用率グラフは12個ずらずら並ぶ予定。

またAMDの真似をしてCPU外のチップセット*7にあったメモリインタフェースを内蔵した。超テキトーに言えば、従来は[CPU]=[チップセット]=[メモリ、その他]という接続だったのを[メモリ]=[CPU]=[チップセット]=[その他]となった。よって今後、メモリが進歩してもチップセット変更で乗り切ることができなくなり、DDR3規格のメモリと心中することは確定している。DDR4規格のメモリが出たら、既存のシステムはCPUごと窓から投げ捨てる必要がある。

性能は極めて高い。問題はもはやこの性能を必要とする場面がほとんどないこと。ふつうの用途には一世代どころか二世代前のPentium 4やCoreで事足りるし、それよりも非力なAtomでも充分といわれているほど。現状は実質的に3Dゲームや動画エンコードをする人向けで、今年アタマに廉価な二世代目Core iが登場したが、これが飛ぶように売れるかどうかは今後の(重い)ソフトウェア次第。

もっとも推奨動作環境がCore i7のエロゲなどというトチ狂ったものがリリースされることを思えば、それなりに未来も明るいのかもしれない。

*1 CPUは小数点のある計算がニガテなアホ。FPUは代わりに計算してくれる賢い子。

*2 普通のメモリよりCPUから近いから、速く中身の出し入れができて便利。

*3 手が2本あって同時に複数の仕事が片付く。最新CPUだと腕は4本くらいに増えてる。

*4 もはや本業がメモリ開発ではなく訴訟とすらいわれる。

*5 ……シングルコア版のCore Soloは、まあいいやどうでも。

*6 同時実行可能な命令を流し、1つのコアをOSからは2コアに見せる技術。2割~マイナス0.5割ほどの性能向上がある。

*7 CPUと、メモリやビデオやHDDやキーボードやマウスの仲介をするIC。正確には違うけど。

本日のコメント(全16件) [コメントを書く]
or2=3 (2010/01/27(Wed) 22:20)

>初代Intel Mac
MacProは初代から今に至るまでXeon搭載(上位はデュアルプロセッサ)を貫いてます。
むしろCore2QuadなりCore i7積んで安く売れコラと言う声も多く(主観)。
それとベンチ比較でCore2QuadモデルのPCを比較に持ち出すのも大人気ない。
最近ではDellやhpのワークステーションと比較することもありますが。
Mac miniはどうでもいいCore soloの廉価版もあります。

ポンコツカメラ (2010/01/27(Wed) 23:31)

前から見させてもらってましたがはじめてコメントします。たいへん勉強になりました。ありがとうございます。

kw (2010/01/28(Thu) 09:00)

おおーIntelの歴史が主に黒いほうに紐解かれてる!

>そのもののカタチを一時的にファミコンカセットにしてみたりしていた。
slot1ナツカシー
デュアルCPUなんかにするとファミコンカセット二列ですからね(でも冷却効率は想像以上に良かった)。
でもAMDもsocket7の後slotAを採用していたんで、時代の流れだったのかな。
結局両社ともPGAに戻るあたり、揃って迷走て、仲が良いんだか悪いんだか…
マザボメーカーはCPUソケットに同じ部品使えてラッキーってな感じだったみたいですけど。

こうやってIntelだけ見るとPen4あたりで相等にやってしまってるダメっ子な感じですが
AMDも負けず劣らず、焼き鳥なんて揶揄されてみたりとダメなのがなんとも…(AMDはIntelの尻を追いかけてる方が上手くいくよね。それだけ新技術って大変なんだと思うけど)
後から見ればなーにやってんだかとため息が出る率の高さから、
技術陳腐化の早いCPU開発って難儀なんだなぁと
改めてIntelとAMDの中の人を尊敬しました。

はしゃ (2010/01/28(Thu) 14:10)

>Mac
なるほど。MacProはまあ、デュアルCPUにする必然があるならしょーがないかな、とは思います。
でもSocketJ世代ならともかくLGA1366の今だと内蔵メモリコントローラがECC対応、くらいしか意味ないかも。
Mac miniの存在はすっかり忘れてました。

>勉強
記述の正確さは保証しませんです。そのへんどうかご注意のほどを。

>Slot1~時代の流れ~PGAに戻る
釈迦に説法を承知でエントリの捕捉として書くと、セカンドキャッシュのためです。
AMDの追随もおんなじ理由。Pentium Proは、今のCore i5みたくCPUパッケージ内に
CPUコアのダイとキャッシュのダイが両方載った構成でしたが、めちゃめちゃ不良率が高く
「やっぱパッケージ内に両方載せたくない」「でもセカンドキャッシュはちゃんと載せたい」
「んじゃCPUそのものを基板にしてキャッシュと並べたらいいんじゃね」「おま天才」
それでできたのがSlot1、てなカンジで。

ただし言ってる間に、二世代目のCeleron(Mendocino)が「コアにキャッシュを統合」という
本懐を果たしてしまってSlotの意味がなくなり、いずれSocket370化、という経緯。

>AMD
CPUへのメモリコントローラ統合、x86互換の64bit化、省電力の一部などAMDが先行して成功、
Intelが追随した要素もけっこうあるですよ。
とはいっても確かにAMDのこういうパターンて「Intelがこっちの手段をとったから俺らは
あっちの手段で」という天邪鬼ノリが強い印象はあります。

まんさく (2010/01/28(Thu) 22:04)

亡Transmeta(ぼそ

スルーの断りすらもされないのも哀れなのでw
Crusoe がなければ Pentium M は1年以上は遅れるか、
下手するとサーバー用CPUの省電力化のほうが先に来たかも。

チキン (2010/01/28(Thu) 22:29)

既に書かれてますが、大変勉強になります。ありがとうございます。
10数年前にPCを初めて購入し、その時のPCに載っていたのが
MMXPentiumでした。
これはあくまで「Pentium」の種類だったんですかね?
当時は違うものだと思ってましたけど。

でもこのエントリを読んで思ったのは
その後PenⅢ→PenD→Core2Quadと来ている私は何か
Intelに搾取されているような気も…。
先が読めてないだけですかね?

はしゃ (2010/01/28(Thu) 23:09)

>Transmeta
そのツッコミができる人に、そもそもこのエントリいらないでしょう。

サーバCPUの省電力化、計画にあったのかなあ。私そのへんわからない。その頃のIntelの省電力化って
StrongARMからXscaleを変造してみたりといった「下からやってく」という方針だったと思ってました。

>MMX Pentium
さいです>Pentiumの種類
MMX Pentiumは普通のPentium対比で、MMX命令が追加されキャッシュが増えただけのものです。
例えばPentium 4なんかも途中(第三世代、通称Prescott)でSSE3命令が追加されセカンドキャッシュが倍増してますが、
これは別にSSE3 Pentium4なんて言われません。こういった小変更の部類ですね。

すごく厳密に言えばPentiumは三世代あり、CPUクロックがシステムクロックに同期する「P5」、
同1.5~3倍で動くようにした「P54C」、そしてMMXの「P55C」です。
性能向上はむしろP5からP54Cに発展したときの方が大きいです。

>Intelに搾取
PenIII(ただし第二世代のCoppermine以降)、Core2Quadは、いい選択じゃないでしょうか。
前者はAMD Athlonと、後者はPhenomと猛烈な戦いをしていたため、実際の性能からすると
安価でリリースされており、お買い得でした。PenDは……まあそのなんだ。
いや実際のところ消費電力を気にせず冷却さえちゃんとしてれば、価格性能比は高いすよPenD。

もっとも搾取されたのはRDRAMに投資したりExtreme Editionに突撃したりした方々です。合掌。

tdk (2010/01/29(Fri) 13:27)

イスラエルSUGEEEEEEEを文脈に組み込んでください。

まんさく (2010/01/29(Fri) 17:05)

>>Transmeta
>そのツッコミができる人に、そもそもこのエントリいらないでしょう。

いやいや、Core 以降はさっぱりだったので非常に助かります。得意分野は 286~486。

>その頃のIntelの省電力化
今でこそデータセンター向けサーバーの省電力化は喫緊の問題ですが、当時はたしかにまだそれほどでもなかったように思います。

その上でクライアント機向けの省電力化を、一部のサブノート向けを除いて(下手するとサブノート市場ごと)ほっとかれた可能性があったかなと。まあそんな意味合いです。

そんな私がこないだ買ったノートは Athlon Neo だったりw
いつかは Intel

硝子 (2010/01/29(Fri) 23:13)

初めまして。
i7が推奨動作環境のエロゲですか…
将来はリアルタイムレイトレに物理演算、より賢いAIを組み合わせた、モンスタースペックエロゲになったりしたら面白いですね。

はち (2010/01/30(Sat) 00:52)

前からちょいと疑問だったのがCore2Duo
って表記だったのですが、これって「Core」って名前がついたCPUの2個目のバージョン(Core2)を2個(Duo)つんでますよってことだったんですか?
2が重複してるやんってずっともにょっておりました。
なるほどなー

マンドリン (2010/01/30(Sat) 07:16)

Intelの技術開発が進めば、将来はシリコンフォトニクスによるCPUが登場するんでしょうかね。

kou (2010/01/31(Sun) 00:48)

いつぞやか、(比較的)バカにしてたモバイル向け CPU に救われた Intel 。
なんだかなぁと思います……

通りすがり (2010/01/31(Sun) 11:12)

Pen4の消費電力が多くなる原因となったリーク電流を当時抑え切れなかったってのも大きいんでしょうな。
SFの世界の話と言われてた壁抜けを常時してるというのは感慨深い話です。
いま消費電力上昇中というとチップセットとビデオカードですが、やはりクロックは10GHzが限界とされてたと思いますがどうなるんでしょうね。

Prescottは一応大改造した関係でPentium 5になる予定だったとか。
故に一部のマザー名に「P5」って型番が混ざってる物があると。

はしゃ (2010/01/31(Sun) 14:52)

>得意分野は 286~486
EMSとHMA相手に格闘していた世代ですねわかります。
メインメモリ600K超えてからが本当の勝負だ。FEP組み込むときだけVRAMを開放するのが嗜み。

「いつかは Intel」ですが、大昔は浮動小数点性能がどうのとかマルチメディア命令のサポート差とか
色々あったものの、私には正直もはや今のCore iとPhenom IIあたりの見分けついてません。
そいやビデオチップの差もわからない。私の知識は「動画ならATIだよ!」とかそんな時代。

>エロゲ
3Dエロゲは今のところ登場人物がすごく少ないんですよね。もっとパワフルになったら「背景キャラも
全員ちゃんとAIで動く」ようにはなるかも。もちろん背景キャラといえどもエロシーン有りで。
ああ、アタマに三国無双が思い浮かんだ(それは違う)。

物理演算かあ。放出した代物に対して計算することで妊娠確率が決まるとかどうだろう。私はイヤですが。

>Core2Duo
さいです。これでCore3が出れば誰もが納得だった筈ですが、Core iになっちゃったもんなあ。

さらにややこしいことを言うと、インテルが定義しているCPUの世代において、
コア・マイクロアーキテクチャといわれるのはCore 2だけです。
初代CoreはPentium ProにつながるP6マイクロアーキテクチャ(異論ありますが
CPU識別子ではそう言ってる)で、Core iシリーズはNehalemマイクロアーキテクチャ。

>(比較的)バカにしてたモバイル向け CPU
本当に馬鹿にしていたのならそもそもBanias出てません。あれはNetBurstより前にあったTimnaの発想に
基づいたものです。Transmetaをボコボコに言っていたのは商売上の事情。

そもそもIntelは半導体分野の世界トップ。よって常に未知の問題にぶち当たってる。少なくとも
NetBurstに取り掛かった頃はここまでリーク電流が問題になるとは思ってなかった筈で、インテルの
モノスゴさというのはそこで素早くプランBを提示できたことかと。

>Prescott~Pentium 5
ひー。それは知りませんでした。
PentiumPro~III世代を「P6アーキテクチャ」と言う以上、型番P5ってのはどうだろう。
いや今なんかP55チップセットとかありますけれど。MMX Pentiumかよという。いやP55T2P4かもしれない。

F-14 (2010/01/31(Sun) 23:55)

T2P4懐かしいですね。
MEDIAバスにAS2940UW挿してましたが、SCSIはともかくサウンドは所詮ISAの残念な音だった記憶があります。
当時はCyrixのMIIを試すも予想通りの性能で結局K6シリーズを使ってました。
あとマイナーどころではIDTのWinchipシリーズもありましたね。
電圧が3.3VだからNEC98シリーズのソケット5に下駄無しで載せられたので重宝してました。
真のマイナーといえばRISEのmP6でしょうか。
こちらはさすがに実物を見たことすらありません。
個人的にはこの頃が一番色々と楽しかった時期です。


最新 追記