最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2009/09/03(Thu) この日を編集

[デジカメ]「ファッション・ムービー一眼」DMC-GF1

コピーだせええええええ! このダサさには感動すらした。女流一眼なんてこれと比べたらまだマシだ。松下マジ容赦ねえー。でも俺はこれを悪いとは思わない。わかりやすいじゃないか。ようやくキャノンEOS 『Kiss』がもつ至高のクソダサさに追いついた。この領域に達せた他社はいなかった*1ので松下えらい。

それにしても一眼、か。もはや松下における一眼というワードはほとんど単なる記号とはいえ、そろそろその貶める呼び方やめないか。

マイクロフォーサーズにおいて同社のDMC-G1は、いわゆる一眼レフでできることを一切削らないコンセプトだった。オリンパスE-P1は、大昔のカビくさいハーフサイズ一眼レフのテイスト復活というコンセプトだった。それらと比べこれはどういうコンセプトの機種か? 見ればわかる。DMC-GF1はコンパクトカメラだ。しかも普及型の。

高級感がない? 当たり前だ普及型なんだから。持つヨロコビ? なにそれ美味しいの。

メカっぽさを完全に廃し、もはや携帯電話内蔵カメラからいきなり持ち替えてもほとんど問題のないような代物にしてきた。これは今までのデジタル一眼をゴリゴリ削って小型にしたものじゃない。いや、作り方はそうだとしても。あくまでレンズ交換システムと、それに相応しいレンズおよび撮像素子を、コンパクトの市場に持ってきた代物だ。

コンパクトデジカメを使っている人で「もっと上の画質(レンズや撮像素子)や自由度(レンズ交換能力)は欲しい」という人は大勢いる。しかし「あのウスラ馬鹿でかいデジタル一眼はアホみたいでイヤ」という障壁がある。そういう彼ら彼女らに売るものだろう。そして彼ら彼女らは、「イチガン」というワードに対してはむしろマイナスの意識しか持たないんじゃないか?

確かに今はまだ一眼というワードを捨てるのは時期尚早かもしれない。一眼と名づけるメリットとデメリットを比べると。けれどいつかこの類の機種が松下の公式サイトで、デジタル一眼の並びではなく、「ハイビジョンムービーデジカメ」と「ハイエンドコンパクト」の間くらいにこっそり入るようになったらいいなあ。値段はともかく、ランク的には同社のハイエンドコンパクト(今ならLX3)より、いっそ下に位置するとベスト。

噂レベルでチラホラ聞くレンジファインダ風DMC-GL1が実際に出るならば、どうせまた絞りリングつきレンズの異様なフルマニュアルとかやるんだろし(てきとう)、いっそ次のGF2ではP/A/S/Mといったマニュアル撮影機能なんてもうやめてればいいなあ。ダイアルにはインテリジェントオートとシーンモードしかないの。で、ダイアルで動くのはシャッター速度と絞りでなく、「ボケ量」になってりゃ最高。F5.6だとか1/150秒とかいう呪文はお呼びじゃないんだよ。


カメラ本体はまあ事前情報でわかってはいた通り。機能的には新しいものはあまりない。全体にはDMC-G1に1280x720の動画撮影能力つけたしたよーな代物。標準パンケーキには、意地でも手ぶれ補正を組み込んで欲しかったところだけど明るいからいっか。

E-P1対比ではフラッシュ内蔵化。の代わりにボディ内手ぶれ補正は消えた。おそらくAF速度はG1/GH1と同じなのでE-P1より早く、動画も専用ボタンを持ちH.264に対応し記録時間制限がないぶんE-P1より勝る。重要なメイン液晶の解像度もGF1はE-P1の倍(46万:23万)だ。EVF外付けにも対応した。サイズは1~2mmほどしか変わらないのに本体も50g軽い。反面、オリンパスの技術なところのアートフィルターはないし、デザインのカッコよさは皆無だ。

他人に進めるならGF1だけど、自分で買うならE-P1だな。GF1が勝るAF速度や動画機能、液晶解像度やEVFが問題になるのならすでにGH1を持ってるからそれでいい。E-P1なら従来フォーサーズレンズでも(超遅いけど)AFが使え、手ぶれ補正がボディ側なので価値が増す。いやまあ買わない(買えない)んだけどどちらにしても。原付更新もあるし。

レンズロードマップに100-300mm F4.0-5.6なんてのがお目見えしてるのが気になるところ。これはよさそうじゃないか。ていうか安そうじゃないか。でもけっこうウスラでかい。反射望遠とか作る気ない? あ、ない。それは残念。

*1 ママにやさしいペンタックスK-mは、まだ躊躇いが見えるのと、中身がついてきてない。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
読み人知らず (2009/09/03(Thu) 22:42)

>反面、オリンパスの技術なところのアートフィルターはないし、

それっぽいものはあるようです。
(マイカラーモード)

or2=3 (2009/09/03(Thu) 23:29)

>>あのウスラ馬鹿でかいデジタル一眼はアホみたいでイヤ
そこまでは言いません(というか、道具としての憧れはある)が、
「気軽に使える、使っていい代物じゃない」という気持ちは
少なからずあります。
あの見た目はやっぱり威圧感もありますし、アレを使って撮った絵が
「この程度」と自覚するのも指摘されるのも苦痛、というか。
楽しく撮影したいのに否が応にも苦行の道を歩まされる恐怖、というか。

なんにせよ、コレにはそういう敷居の高さはあまり感じないですね。
オリンパスのアレは「昔の名前」を持ち出す拘りが良くも悪くも少し高めの
敷居を形成しているような気がします。
パナのデジカメはどのモデルも「フィルムカメラ時代の過去の遺産」を
持たないことを短所ではなく上手く長所にしているような気がします。
「ライカ」の名前をあまり前面に出さなくなって以降特に。

kw (2009/09/04(Fri) 08:56)

松下さんマジパねぇ。
G1,GH1が好調な事から、敷居の低めなイチガンに興味のある潜在層がやっぱり多そうですね。
この層が欲しくて欲しくてしょうがないCANON帝国が
そろそろ殴りに来そうな気がしますけど。

このパンケーキ、F1.7かぁー
欲しくなるなぁ~
これだけ明るいとボケを出しやすくて使いやすそう。

ゆう (2009/09/04(Fri) 09:02)

個人的には
コンパクト→気軽にてけとーに撮っておいて好きなの選べ~
一眼→狙い澄ました連撃
というイメージ。
最近ではコンパクトでもなかなかな連写があるようですがこの「コンパクト」と「一眼」という言葉のイメージってやはり大きいのかもしれません。
どうせなら”デジタル一眼写るんです”とか作ってこれで解決とかどうですか?だめですか。そうですか・・・

はしゃ (2009/09/07(Mon) 11:25)

>マイカラーモード
原則として彩度や明度を変更してるだけっぽいので、アートフィルターほど積極的に絵を
変えることを考えてないと判断して上のような書き方をしたです。
ラフモノクローム移植してくれたら見直す。

>「気軽に使える、使っていい代物じゃない」
実際に私「画質がいいデジカメね?」と尋ねられることは多いのですが、「一眼は?」というと
九割は「いや、それはちょっと」という返事が来るんですよね。
「一眼である」というのはデジカメのみを使ってきた層にはマイナス要素のほうが強いと思ってます。

オリンパスのアレは敷居をわざと高くすることで売るという手法と思ったのでソコソコ納得で
きました。営業的に言えば、おそらく他社に真似できないのは大きなアドバンテージ。
私はフィルムカメラに詳しくありませんですが、PEN以上にオッサンノスタルジーを刺激する
機種はないんじゃなかろか。と。

>アレを使って撮った絵が「この程度」
あああああああああああ。耳から血が出るかと。

>「ライカ」の名前をあまり前面に出さなくなって以降特に
そうなんですよね。だからこそマイクロフォーサーズはライカレンズ出して欲しくなかった……(目から血)
マイクロフォーサーズ用の45mm F2.8 Macroエルリマートは私にとってバッドニュース。

>CANON帝国
このカテゴリの覇権もほしがってはいるとは思うのですが、EFマウントのフランジバックを
今更半分にするのとか難しそうだなーと。キャノンならやるか。

>連写
俺のEX-FC100(フル画素で秒間30枚)が唸りをあげるぜ! いやこりゃゲテモノですが。
「デジタル一眼写るんです」は結局コンパクトと一眼の悪いところを合わせただけでは。
大きいレンズと撮像素子をもったパンフォーカスのカメラ! いやいやいやいや。

Blzjtgzq (2010/03/29(Mon) 15:52)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袧袤袨袪


2009/09/07(Mon) この日を編集

[ゲーム]『シークレットゲーム -KILLER QUEEN- DEPTH EDITION』クリア

公式。以前の同人ゲ版プレイ感想はこのへん。プレイ時間は16時間くらい。

同人ゲ版がたいへん面白かったんだけど、「そもそも完結してない」「なんであのキャラルートないの?」のダブルパンチだった。そのへんが解決してるというPS2版は、しかし俺コンシューマハードが苦手なんで腰が重かったところ、出てきたPC版。PS2からエロシーンとかりんルート追加。エロシーンはどうでもいい(ていうか無い方がいい)が、かりんルートはありがたい。

システムはちょーど『ひぐらしのなく頃に 暇潰し編』とかあたりに似ている。わざわざ「暇潰し編」というのがミソで、完全に1本道の1シナリオが4本存在する(そのうち1本だけ選択肢で分岐するけど、PC版でのルート追加のために無理矢理そうしただけ)。各シナリオは同じ舞台と前提条件で始まるが、少しだけ条件に揺らぎがあるため展開が違ってくる、という。ループではなく記憶の持ち越しなどはない。

で結論から言うと満足だった。追加されたルートはどれも面白かったし、キャラの掘り下げとしても納得。ちゃんと終わってるし。真相の解決はえっらいチャチだけど、元々ハッタリメインなシナリオだからこれでいいんだろう。

しかしなんだかテキストの凄みがなくなったような。同人版がもう手元にないので比較できないんだけど、特に序盤がやたらダルい。一度見ているから凄みを感じないのか、システム変更なのか、そもそも文章じたいが違うのか。良作からふつうのエロゲクオリティになったよーな。エロシーンは予想通り完全に蛇足で、その極限状態でまぐわってんな馬鹿と本気でウンザリしたが、これはもう諦めました。

絵のひどさは同人ではともかく商業ではギリギリ(アウトかも)。まあシナリオゲなのでそれはいいや。同人ゲ版からしっかりしてたけれど声は相変わらずたいへんよろしい。特におっさんキャラの類の充実はナイス。終盤に新登場する別の敵の人たちを除く。台詞内容も声の調子も、出てきたとたんに濃厚な雑魚臭がした。

前述もしたけど各ルートの完成度は高い。ご都合主義といわれるけど、同人ゲ版はこんなもんじゃなかったぜ! どのルートも終盤の展開の無理矢理感は、キワキワで爽快なところをついてきた。これはナイス。優希ルートの同人ゲ版からの変更が評判悪いようだけど、いやアレは無理だろう普通。

しかしこれまたいくつか難も。追加されたかりんルートは結末が他と大きく違う一点がある。が、こういう展開である必然性があまりないのでは? この展開自体はいいんだけど。むしろもっとゲーム序盤のエピソードでやっとくとさらにナイスと思うけど。あとルートが増えた割には敵味方がだいたい固定化してしまってるのは残念なところ。前のエピソードの敵が、以降で味方になることはあっても、逆パターンは原則としてない。死ぬことはあっても。なので最終エピソードなんか味方だらけ。前述したようにここで出てくる敵の台詞や声がマズいので、このゲームにおいて最重要になる緊張感の維持に最後の最後で失敗したのはたいへん残念なところ。

どういう人にオススメかってのは難しいなあ。シナリオゲを好む人向けか。あるエピソードのヒロインが別エピソードで惨殺死体で出てきたりするので、そういうのが全く許容できない人には厳しそうだが、ごめん俺そういうのこそ好きなんだ(最悪)。


2009/09/11(Fri) この日を編集

[ゲーム]『ドリームクラブ』と『ラブプラス』それぞれの変革

8月末~9月にかけ、まさに改革と言うに相応しい出来事が連発して日本全土が震撼したのは記憶に新しい。それは『ドリームクラブ』と『ラブプラス』の発売だ。他には何も起こらなかった。

俺はどちらも未プレイで、ただ各所の熱気(具体的には現実を浸食されたプレイヤ連中による、本気な惚気話)を浴びてるだけなんだけど、そのへんからヒシヒシとギャルゲ変革の予感を感じたりしている。

まずドリームクラブ。こっちはわかりやすい。なんだかんだで今までのコンシューマギャルゲは舞台の多くが学校、あるいはファンタジーなど、まあ子供が問題なくできる範囲だった。がドリームクラブは、キャバクラで女の子と一緒に酒のんで口説くゲームだ。CEROなんぞ関係なく、このゲームの訴求層には本来ギャルゲプレイヤのはずのヲタ男子学生が入ってねえ。大学生くらいは中にはキャバ好きもいるかもだが。

明確にオトナ向けのギャルゲ自体は別に初めてのことでもなんでもないんだけど、それなりにちゃんと売れたのははじめてじゃないか。

俺は前述通り未プレイで、今後のプレイ予定はないんだけど、この方針は俺にとってたいへんイイ予感がする。今までにも何度か書いたが、俺はエロゲは好きなんだけどエロシーンはあまり好きではない。かといって所謂ギャルゲはプレイするにはちょっと子供向け過ぎて努力が必要だった。が、こういう明確な「オトナ向き」でかつ「無駄なエロシーンがない」ギャルゲの存在は未来を感じる。

オトナ向きギャルゲにエロなんて必須じゃないということを開発側も購入側も示したという偉大な一歩として歓迎したい。まーPC市場にもし万一、逆移植されたらエロシーン追加されんだろけどな。


で、ラブプラス。一見普通のギャルゲだが、その本質はゲーム内の女の子を所有・支配することを目的とせず、ゲーム内の女の子に所有・支配されるという満足をプレイヤにもたらす異形。DSという持ち運びが可能かつ、タッチペンや音声認識を可能とするデバイスを得たことにより、プレイヤの時間と行動を支配する。

これはゲームの中の女の子を彼女にする、んじゃない。ゲームの中の女の子が、プレイヤを彼氏にしてくる。どんなロシア式倒置法だよそれは。

なので巷でたまにある妻に怒られるゲーマー等は、きわめて自然だ。従来のギャルゲは所詮、画面の中の女の子を所有しているだけであり、妻やら恋人からするとその彼ごと所有してしまえば全て解決する。がラブプラスは画面の中の女の子がそもそも直接彼を横取りしてくる。それが可能なシステムを持っている。

俺が勝手に受けた印象でしかないけど、もっとも熱中している客層は高校生くらいの若いヲタより二十代後半以降な雰囲気がある。この異常なシステムを受け入れるためにはそこそこの年期が要るような。これまた別の意味でオトナ向きと言えるのではなかろか。

ギャルゲの画一化と言われたりしているけれど、プレーヤの年齢的成長や素質育成に従い、メーカは次から次へと新しいアイディアを出している。この歴史は今後も続くだろうけど、この二本は『ときメモ』に匹敵するほど大きなターニングポイントになるんじゃなかろか、とワクワクしている。

プレイはしないんだけどな。金ないし。

本日のコメント(全9件) [コメントを書く]
鳥居佐助 (2009/09/12(Sat) 10:43)

>ラブプラス
このシステムはヲタ、非ヲタ・未婚、既婚問わず興味深いものだと思います。実際よくこんなの考えたなと。
DSをわざわざこのために買うのも気持ちはわかります。

基本的にリアルタイムでプレイしないと単なる作業ゲーぽいので
既婚者が嵌り過ぎるのは確かに問題も起ころうかと。
当方も結婚してますが、リアルタイムでプレイするのは多分不可能。いろんな面で。

画面を見つめながらマイクで相手に語りかけるのはある意味ものすごい決断力、精神力を必要とする気がします。
これはちょっと私には無理かな。

NICO (2009/09/12(Sat) 17:50)

>ラブプラス
 当方も既婚者ですが、危険ですコレ。
 気がついたらニヤニヤしている自分がいます、こんな所をヨメに見られようなものなら…(汗)。
 こいつをリアルタイムでやるのはある意味浮気するより難しいんじゃないかと。
 スリルを味わい既婚者におススメです(笑)。

イヌヤマ (2009/09/13(Sun) 10:42)

当方にとり、いわゆるギャルゲェは(玉石混淆ですが)絵付きマルチエンドの「物語」として面白い物が多い、との認識なので、エロシーン要らない派です(そういう関係になりました表現だけでオーケー)。今後はキャバクラでなくオフィスラブetcの出現をキボー。

はしゃ (2009/09/16(Wed) 20:04)

>ものすごい決断力、精神力を必要
そういう敷居を意図的に作ってあるとしか思えないんですよねアレ。
アイラブユーをクリックで言うのは簡単でも、自分の口から出すというのには勇気が必要で、
勇気を出してしまったからには無関心でいられないユーザ心理。

>嫁
きゃさりん(うちの嫁)は私に「やれ」と言ってます。普段の行動から推測すると、
その目的はプレイ中の私の様子を動画で隠し撮り、以降の共同生活のパワーバランス
調整に活用しようとする企みじゃないかな、と。

>オフィスラブ
昔プレステ1で『ゆうわくオフィス恋愛課』というのがありまして。(私は未プレイ)
主人公はリーマン、あくまで主は「仕事」の中でやるオフィスラブがテーマ、どう見ても
セックスを示唆する演出となかなかチャレンジブルでしたが、泣かず飛ばずだったと
記憶してます。今ならいけるかも。

NICO (2009/09/17(Thu) 03:25)

きゃさりんさん………あんた漢だよ。。。
むしろ嫁の鏡なのではないでしょーか。
プレイレポートお待ちしております(笑)

mon (2009/09/21(Mon) 10:04)

>もっとも熱中している客層は高校生くらいの若いヲタより二十代後半以降な雰囲気がある。

これにはすごく納得します。本スレを見ていてもいわゆる紳士と呼ばれる人がほとんどを占めているような気がします。

新聞紙 (2009/09/21(Mon) 14:29)

ラブプラスは過去を改変して高校生の思い出を作って行くゲーム。リアルで高校生の彼女作ったら犯罪になる年代にはかなりきます。高校生くらいだったら、「リアル彼女作った方がいいんでない?」となるのかも。嫁の前で高校生時代の彼女とイチャイチャした思い出を語ったらそりゃおこられますわ

(2009/09/21(Mon) 17:38)

>二十代後半以降
丹下桜と聞いて飛びつく年齢層ですよね、俺を含めて。

koto (2009/09/22(Tue) 11:48)

我が家の場合・・・嫁がやってますよorz
『まなか♪』とかマイクに向かって呼んでいたり。
『あんた22日休日出勤だよね?
まなかとデートの約束したから邪魔しないでね』と
言われましたよ。
まぁ・・・いいんですけどね。


2009/09/16(Wed) この日を編集

[]ビオチンパワー

掌蹠膿疱症の対策として、以前ネイチャーメイドのBコンプレックスっつーサプリメントを飲んでた。参考にしたビオチンサプリメント比較ではイチオシじゃなかったけど、行った薬局にはネイチャーメイドしかなかったのでしょーがないかと妥協の選択。

でも以前書いたように効果あった。気がする。というのも掌蹠膿疱症は症状に周期があって、放っておいてもけっこう改善したりする(しない人もいる)。もしかしたら単に周期でマシになった可能性もある。ともあれ症状が治まってからずっと、また飲まない生活に戻っていた。

が先日からまた手のひらカユカユが発症。さっそくまたネイチャーメイドの摂取を再開したところ残量を見誤っており、ほどなく尽きてしまった。その後、二日で全開のカユカユ。一切の集中力がなくなり、夜も寝づらいほどのカユっぷり復活。そうそうこれこれ。この地獄だよ。やっぱサプリ効いてたか、でも単に症状悪化サイクルと重なったか、まだ疑いつつも再度のサプリメント補充にかかる。

で、せっかく買うなら、と、今度こそ比較サイトでイチオシされてたファンケルのビタミンB群とやらをチョイス。前のより効くに違いないとすごく期待していた。のだが。

なんか全く、全然、欠片ほども効かないのですが。飲んでないときと同じくらいじゃないのかこれ。

あまりにカユさがキツいので、飲む量を定格の2錠/日から3錠/日に増やしたら少しは改善した。しかしマシというだけ。それでも様子見として一週間ほど耐えてたら手のひらのブツブツが増えてきたことに気付き、我慢の限界とばかりにネイチャーメイドもっぺん買ってきた。すると一日でカユさ半減。二日でほぼカユくなくなり、三日目に気付いたらブツブツが小さく柔らかくなってきてんじゃねえか。ナニこの気持ち悪いほど気持ちいい爆効き。

周期で考えればまだまだ悪化するのが普通なタイミングなので、これは効果アリと断言してもいいかもしれない。

サプリに表記されている各種ビタミンなどの含有量で言えば、ビオチン量で言えばファンケルは増量後で75μg/日、比較するとネイチャーメイドは30μg/日。ファンケルのダブルスコア圧勝だがこの結果だ。アテにならんもんだな。もちろん体質の合う・合わないはあるだろうし、他の原因かも知れないが。ファンケルは効くまで一週間かかるとか。

しかしそれにしてもビタミンB補充しまくってると肌の調子が良すぎて微妙に気持ちがわるい。

[]「車免許で二輪125ccまで」 ホンダなど、免許制度変更を要請へはちょっとヘンだろう

えー。俺125ccの免許そろそろとる気なんだけど。しかしそれを別にしてもおかしいだろそりゃ。なんで四輪免許で二輪乗らせるんだ。四輪の運転技術しか試験してない以上、二輪の運転技術は誰も保証していないというのに。

50ccが別格なのは、原付だからだ。もともと50ccの二輪は「原動機付自転車」の名前のとおり自転車に毛が生えたものだった。自転車のサドルの後ろに、後輪リムをまわすエンジンを後付けでくっつけたとゆーやつ。制度は今もその名残が残っている。原付の運転に必要な技術は自転車レベルとされてるからこそ、エンジン付で公道を走る最低限のルールが流用できる四輪の免許でも乗れる。自転車だから制限速度の30kmも二段階右折も、二人乗り禁止も当然のこと。俺の子供の頃、原付はメットいらなかったくらいだ。免許がカンタンにとれるのは、自転車をこぐのがだるいジーちゃんやオバちゃんの足になるためにはカンタンでなくてはダメだから。

しかし原付は進歩し60km/hオーバーで安定走行できてしまう乗り物になってしまった。そのスペックと全く整合がとれていない原付の制限速度30km/hに文句を言う人は多いし、俺も全然守ってな(中略)が、制限速度を高くしたらそんなのはもう自動二輪だから今の免許試験ではダメで自動二輪免許と同じ難易度にまで引き上げないと。そのばあいジーちゃんやオバちゃんでは免許がとれなくなってしまうし、原付というカテゴリが存在する意味もなくなってしまう。

原付はバイクと自転車のハザマに存在する矛盾の乗り物で、ならば「普通に走れば違反」であるのはしょーがないかなーと。

もし矛盾を解消したいならば、いっそ原付が出せる速度を今より低くしてはどうだろう。ちょうど30kmは危なそうなので35~40km/hくらい。チョイノリレベル。それでは車の流れに乗れない? 元々、「自転車」が車の流れに乗ることがおかしい。車道の端っこを流すもんだ。ママチャリだって最近は車道を走る義務がある訳で、30km/h原付でも車道は走れる。むしろ30km/hなら本当にチャリと同じで、ヘンに55km/hくらいで走られるより避けやすい。

そして現状では、交通量が多い道なら例外として自転車の一時的な歩道走行がスルーされてる(それもどうかと思うけど) ので、原付もそうしてはどうかと。路側帯も自転車専用道路も走行可。そん代わり車体に重量制限つけたりして、万が一の衝突時のダメージを極力抑制。要するに本来の原動機付自転車の定義まで性能を戻す。その30km/hという速度に文句があるのならば小型二輪の免許とって小型二輪に乗れ、と。

原付矛盾の最大の理由は、原付が進歩しすぎたことにある。制度は自転車の延長のままなのに、性能が自動二輪の末端に達してしまったという。だからこそ性能の側に制限つけて文字通り原動機ついただけの自転車にすれば、結果的に棲み分けされたぶんだけ小型二輪の販売増にもなるんじゃないかと。

とはいえ、この本来の原動機付自転車カテゴリには今や電動アシスト自転車があるので、あんまり意味ないかも知れない。仕組みもわりと似ているし。

本日のコメント(全12件) [コメントを書く]
前にも書き込んだ業界の人 (2009/09/16(Wed) 21:10)

自動車業界は今、民主党政権で翻弄されてますから・・・・。
自分のパイが増えそうなことはとりあえず主張しとけってのりなんでは。

エンジンニアーとしては、「そんなこというくらいなら、CO2削減の方を突っ込め」といいたいところですが。

通りすがりライダー (2009/09/16(Wed) 21:48)

小型~中型~大型二輪をステップアップした者です。
「今後、普通免許取るヒトは希望制で125ccコースも
併願できる・・ただし技能教習あり」でもいいかなと思います。
EUでは普通免許に125ccの免許がついてるので・・という
言い分の方もいらっしゃるでしょうが、半袖・半キャップの
アレがスピードを上げた上で増えるってのも問題ですね。

とはいえ50ccなんてのはほぼ国内市場向けしかありませんから
二輪メーカーとしては125に統合したい気持ちはわからなくもありません。
CO2削減を謳うのなら通勤用二輪は今後増えるでしょうからパイ
を増やすチャンスですし。

まんさく (2009/09/16(Wed) 21:55)

>> 原付
125ccも車両としては一応「第二種原動機付自転車」ですが……とお約束のツッコミはともかく。
むしろ原付1種も実技義務化して普通車から分離して欲しいくらい(無理)。
その代わり2段階右折はなくしてもいいかな、と。昔はなかったし。(ヘルメット義務化と共にできた)

「自転車専用道路も走行可」は無謀かも。実際のところ専用道路はほとんどなく、たいてい「歩行者共用」なので、勘違い様を大量発生させそうです。

>> ママチャリだって最近は車道を走る義務
昔からあります…というか、義務がなくなったことはないです。
むしろ以前は歩道禁止が(法律上は)厳しかった。今は子供と年寄りは自転車マークのない歩道でもOKになってます。

個人的には駆け足より速く走るなら、自転車は車道を走れと思ってますが。原付と違って30km/h制限もないし(違

だいぶ話がそれました。スミマセン。

おサルのもん吉 (2009/09/16(Wed) 22:55)

昔は自動二輪自体が普免のおまけでしたから、ホンダ的には「本来なら大型自動二輪まで乗れるようにしてほしいところだけど、まあ原付二種でカンベンしといたる」ってところでしょうか。

おサルのもん吉 (2009/09/16(Wed) 22:55)

昔は自動二輪自体が普免のおまけでしたから、ホンダ的には「本来なら大型自動二輪まで乗れるようにしてほしいところだけど、まあ原付二種でカンベンしといたる」ってところでしょうか。

通りすがり。 (2009/09/17(Thu) 02:05)

下手に市販品のサプリメントを買い求めるより皮膚科に通われた方がいいと思いますよ。私の母も掌蹠膿疱症なのですが、かかりつけの皮膚科でビオチンの粉末を処方されてます。医薬品なので含有量がどうこう気にせずに済みますし、通院費こみでも市販品より安価です。

kw (2009/09/17(Thu) 08:42)

正直、原付は危ない(もちろん全員じゃないです。危ない乗り方してるのが相対的に多いという意味で)。
そこにいたら巻き込んでふっとばすぞってとこにも普通に停車するし。
いっそ今の原付免許制度廃止して、二輪は全部しっかり二輪教習するようにして
取れないジーちゃんやオバはんの足は電動自転車で賄って欲しい感じ。

鳥居佐助 (2009/09/17(Thu) 10:19)

>免許制度
単純に景気対策ではないかと。
ただでさえ売れないバイクの中でも一番売れないのが原付二種ですから。
確かに運転技術の面では不安要素が大きいです。

ただ免許制度の矛盾点は今に始まったことではなく、昔は自動二輪免許を取得すれば軽自動車免許(360CC)が付いてました。
これも考えてみれば怖い話ではあります。

はしゃ (2009/09/17(Thu) 10:43)

>CO2削減
小型二輪って期待できるかなあ。と思って調べたら125ccスクーターだとだいたい35~40km/lのガソリン消費。あら思ったより優秀。
車の税金を10倍くらいにして普通免許で125ccオッケーにしたら、CO2削減目標にも近付くし、高速道路を無料にしても
混みませんカンペキだ、という夢をみた。

>ただし技能教習あり
ですね。EUでも追加講習いる国けっこうあったと思うので(いらない国もある)、そのへんなら妥当そうな。
でも教習所の負担が増えそうです。あとすでに免許とってる人はどうするんだろう。

国内市場向けとはいえなんだかんだで中古車が大量に輸出されたりしてる以上、別に海外に売れなくはなさそうですが。
まーアッチで台湾製80ccとかに載せ替えたりしてるか。

>今の原付免許制度廃止
うわーそれ全く同じこと私、友人に言ってましたですよ。原付撤廃してその受け皿は電動アシスト自転車にすればいいって。
私ゃそれに加えて「問題は『誰がすんだよ』」と言ってました。もちろん二輪業界がする訳がない。
電動アシスト自転車側にはそんな圧力なさそう。警察も嫌がりそう。あえて言うなら環境云々かなあ。
って原付の電動アシスト自転車化が環境側面にプラスとはまったく限らないのですが、ポーズとしてはよさそうです。

>免許のオマケとか軽自動車免許とか
ムカシの免許はカオスですね。まさにウチの親父がそれです。
「四輪車」の運転資格を正式に取得したことがなく、そのパターンで二輪→軽自動車→普通自動車とステップアップした。

はしゃ (2009/09/17(Thu) 10:44)

>皮膚科
必ずビオチンを出すならアリかも。でも処方するかどうかは医者によるようで、少なくとも掌蹠膿疱症の診断をした皮膚科は
ビオチンなんてまったく処方しませんでした。サプリで充分に効いてるのを、あらためて切り替えたもんかな。
また受診で、60日分が7~800円くらいのサプリより安くなるかは微妙。手間や待ち時間も避けたいなあ。

私は放っておいても症状は軽くなるし関節炎も出てないので、継続の必要がないってあたりもありつつ。
症状出たときにおさえられりゃいい。

名無し (2009/09/17(Thu) 23:31)

皮膚科は……医者の腕と体質(相性)ですかね……
幼少時代アトピー性皮膚炎で結構な医院を回りまし
たが、腕(相性?)が合う医者がいたせいか、大分
治まりました。当時成分とかは見れる環境では無か
ったので、治療器具も含めて回ってみてもいいかも
いや、回る費用対効果は微妙かもしれませんが……


免許については……あれ、原付と小型は別物じゃね?
同じ車でも、軽とボックスじゃ別物(私が鈍いだけ)
と思っている人間なんで……HAHAHA! ホント世の中
は鈍い人間には地獄だぜ~


デジカメは地元では予算に引っかからなかったでアリマス
二・三ヶ月勉強をしたほうがいいかもしれないでアリマス

largaseal (2009/09/19(Sat) 02:20)

以前にも書きましたがネイチャーメイドはビタミン類に関しては素材の良さが一番です。多く摂り過ぎても体外に排出されやすいので体に悪さする可能性が少ないです。ファンケルは素材が信用できません。しかも量が多いのも問題かと。素性の悪いビタミンは摂り過ぎても体外に排出されにくく体に悪いです。

ビタミンはネイチャーメイドオススメです。

ただし他のものに関しては素性が判らない物が有ったり・・・
それにコエンザイムなんかは包接化されてないと吸収率が悪いのに加工されてなかったり。

またジェネリックなどの薬と同じで成分は同じでも剤化の技術や添加物の質などで質が大きく変わってくるのでサプリと言えど製造元の素性はある程度は知っておいたほうが良いかと思います。


2009/09/18(Fri) この日を編集

[ゲーム]『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』クリア

公式。プレイ時間35時間くらい。そろそろアニメが放送されるとのことで、予習がてら積みエリアから発掘してきた。から追加シナリオ有りのXbox360版(amazon)でなくPC版。

ものすげえ厨くささ。前作『3days』(って本作とそんなに関連はないけど。感想このへん)もたいがい厨満開だったが、今回はそれを大きく上回る。主人公は見たとたん吹くレベル。ビジュアルから設定、固有名詞に至るまで邪気眼要素でない部分がない徹底っぷり。幸い俺は開き直れば厨っぽさを結構楽しめるので、わりと楽しんだ。この手の厨展開って途中からやられるとハァ? だが、最初から全開なら全然オッケー。

しかし、いまいち……その、なんだ。ゲーム終了後のマイ表情はたいへん微妙なものだった。いや楽しんだんだけど、どうも俺に合わないものだったようだ。不思議なくらいに。

俺が最重要視する主人公像も、決して悪くない。序盤の主人公のダラダラには多少イライラしたけど、すぐ性格が激変してほどよい熱血度を確保。最初の頃の激烈な足手まとい感も、しかしシナリオとしてそれを気にさせない。中盤からの適度な俺tueeeeも後をひかないレベル。そして女の子達もみんな可愛い。男キャラも好感がもてる。欠点はないんだ欠点は。

共有ルートが九割を占めるのも、俺は気にしない人。そうした成果としてハナシの流れはたいへんスムーズだった。緊張感と日常のバランスもよく、展開はかなり盛り上がる。どーも終盤のショボさの評判が悪いようだけど、前作『3days』終盤はこんなもんじゃなかったぜ! ……あれはなあ……

全体的な完成度の低さも別にいい。絵が切り替わるたびに適当に出たり引っ込んだりする雪子のカチューシャなんか愛嬌だし、読み進めてていきなり脈絡なく「バグ内容 おかしな改行?」とか表示される(デバッグ中のメモがそのまま放置されてたと推測)とか微笑ましく思う。売りの一つである、他キャラの視点にうつるクロスビジョンモードとやらに存在意義が全くなく、普通にシナリオに組み込めばそれでいいじゃねえかってのも野暮だろう。少なくともテキスト再読時にはめちゃめちゃ便利だし。

長所はかなり俺向きで、欠点部分はほとんど許容可能なのに、全体として微妙という評価になっちゃった。それは、かなりウェイトを占める戦闘シーンの、どうしようもないショボさのせいかもしれない。

カキンカキンつー情けないSEと共に、なんか剣のアップとか火花とかがズーム・スクロール・半透明を駆使して動き回るという『Fate』以降もう山ほど出てきた猿真似演出。これをやったエロゲは数あれど、成功例は元祖以外ゼロ。本作はその中でも、スクリプタが本気で何も考えずに同じ演出を使いまわす上、ワンクリックずつかっきんかっきんうるせえし、SEの音がショボすぎて迫力が皆無という、特にひどい類。他の短所には目を塞ぐことができても、戦闘が重要なこのゲームで敵が出るたびマジモノで欠伸が出るのは致命的だった。設定で画面エフェクト切れるので、「演出なし」を強く推奨したい。

ついでに即死バッドエンドが異常に多いのも気になるところ。俺はバッドエンドを、漫画でも小説でもアニメでも表現できないゲームならではのメディア特性として好意的に見てる。がこのゲームの20を越えるバッドエンドほぼ全てが、物語にまったく厚みをもたらさない「愚かな行動による無駄死に」。いつから主人公は木目沢ネ右一になったんだっけ?

うーん。アニメだと無駄な即死バッドエンド地獄もないし、一本道シナリオはアニメ向きだし、件の戦闘や完成度の低さという欠点部分はアニメではあまり出なさそうなので、難点はほぼ消えるはずなんだけど。なんというか冷めたかんじ。このへん放送しないので見るの苦労するし。あとアニメだと雪子が普通にアレとくっつきそうな気がするのでムカつく。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
閲覧者 (2009/09/19(Sat) 21:20)

いつも楽しく拝見しております。
とりあえずネ右一が出てきたので反応してみました。懐かしいなあ・・・

またやりたくなってきました。マルチバッドエンディング方式って誰が考えたんだろう。

/// (2009/09/23(Wed) 03:20)

いつもはしゃさんの日記を楽しく読んでおります。
ちょっと気になったのですが、
>『Fate』以降もう山ほど出てきた猿真似演出。
のFate以降というのはFateもどこからか真似てきたってことでしょうか?
どうしてもソコが引っかかってたので、どうかはしゃさんの言う「元祖・成功例」がどんなタイトルか教えていただけないでしょうか。

はしゃ (2009/09/25(Fri) 23:07)

>マルチバッドエンド
発想自体は昔々のアドベンチャーゲーム黎明期、コマンド入力式の頃でもあんなんでした。
何やっても死ぬのを、なんとか死なない道筋を探していくっつー。
それを積極的に「目的」にしたのはさすがにアレが初かも、です。俺の名を言ってみろーっ!

ちなみに難易度的には昔のほうが遙かに極悪です。序盤で特定の行動をしてなければ
あとでハマるとか日常茶飯事でした。基本ノーヒント。あと普通セーブもできなかったし。
自力で『サラダの国のトマト姫』とか解いてた世代のハナシではあります。

>以降
以降、と書いてますが「Fate」地点は含まない、と読んでくだされ。
「以降」て正しくは提示したもの含むですが、この使い方の場合ふつー含まなくないでしょか。

ゲームにて戦闘アクションのたびに演出を駆使、というのだけならFateが元祖という訳でもない気はします。
ただそれらは「カットイン」というカタチで、全く別の絵をスクロールインさせたりとか画面を揺らしたりとか。
ああいった武器部分のアップや半透明を使いに使いまくったのはFateが初じゃないかな、と。


2009/09/25(Fri) この日を編集

[日記]同居人がスマートフォンを更新

うちの同居人は移動中にwebを見ることにこだわるキモい人で、今までウィルコマーだったが三行半をたたきつけたもよう。で流行りのアレを調達。そう、android!――なんでやねん。超なんでやねん。

正直なところ俺の印象だとスマートフォンって、大量のアプリとよくできたブラウザを使いたい人用のiPhoneと、外でWordとExcelのサブセットを使いたい人用のWindowsMobileがあれば充分と思っていた。Googleケータイという死ぬほど恥ずかしい名前のついたHT-03Aなんて、あれ買う人いんのかと思ってたら超身近にいた。

webメインならなんでiPhoneにしないかなあ。同居人、そんなに禿に金はらうのイヤか。うん、それならすごい理解できる。

で実際に調達されたHT-03Aに対しては「けっこう使える」とは言ってる。というか相当気に入ってる模様。確かにスクロールの遅さはiPhoneと比べるとあるようだが(ていうかiPhoneが異常)、きっちりとオペレーティングシステム然としている点はヨサゲだ。マルチタスクだし。アプリ間連携もiPhoneよりは上っぽい。

ただ端末、OSの完成度と比べ、周辺サービスが弱いよーだ。公式でアプリケーション配布を行うandroidマーケットの完成度が許し難いほどにひどいらしい。よりにもよって天下のgoogleの癖にマーケット内検索機能の信じがたい未完成っぷりとかさんざん言われている。iPhoneという世界は、端末とOSだけでなくAppStoreも支えていると思っているので、そもそもこの点で相手になってない。そういうあたりのツメの甘さがgoogleだなあ。

アプリケーションじたいは必要充分、というかiPhoneよりカオスな気もする。目覚まし時計ソフトウェアで、毎朝webからランダムにダウンロードしてきた音声を使うという代物があるとか。それだけならiPhoneでもあるかも、と思うが、どうやらこれがandroidマーケットでの「人気アプリケーション」として存在感を放っているというのは象徴的でないか。なんかこう昔のパソコン通信時代のフリーソフトウェアっぽいよノリが。

そういうのを聞くとむしろ俺が興味持つんだけど。立ち上がりつつあるガジェットに手ェ出すのとかすごい好きなので。でも同居人は「いや、超楽しいけど他人には絶対すすめない」と、手元のHT-03Aに冷淡な視線くれながら言ってた。まあねえ。

[ゲーム]『真剣で私に恋しなさい!!』クリア

公式。プレイ時間35時間ほど。めちゃめちゃ面白かった満足だ。

ここまで完全にプロに徹した仕事ってエロゲでは珍しいのではなかろか。芸術作品ではなく娯楽商品。作り手の趣味趣向は完全に脇に控え、いったいどういう風に作れば顧客に最大の満足度を供給できるのか? という研究の成果がここにある。

その徹底ぷりといったら。ゲームの枠組みは好評だった前々作『つよきす』を露骨なほどに踏襲し、ゲーム開始直後から密度の濃い日常でトバしノーブレーキで盛り上がっていく展開で、前作ではぶっちゃけ微妙さがあった絵も元のテイストを残したまま魅力的なものに刷新され、それでいながら制作者名に期待されてるオラオラな強気姉をはじめとしたキャラクタとの掛け合いや仲間内の居心地の良さ、鬼のようなパロディといったことをすべて一つ残らず突っ込んでいた。

メインキャラクタ以外にサブキャラクタも攻略できる。『つよきす』でおそらく(冗談交じりも含め)多くでた、「なんでスバル(これ。幼馴染みの男キャラ)が攻略できないのか」という声にでも応えたのか、幼馴染みグループ男性全員攻略可能。ウホらないけど。どんな親切設計だそりゃあ。

いったいこれで何に不満に思えと言うのか。もしエロゲ制作者の方々で、作ったエロゲが「マニア受け」の域を出ないことに悩んでいたりするならば、これを参考にするといいんじゃないかと余計なことまで思ってしまう。マニア受けはマニア受けでいいけど、やりたいことが大衆に対するエンターテイメントなら正解はコッチ。すごくカッコいい職人の手腕がここにある。

だからといって名作になるとは限らないんだけども。というか名作にはなりにくいタイプだけど。でも俺、名作がやりたい訳ではないので、これはすごく良かったですよ。

そしてこんだけベタ誉めしておいてナンだけど、シナリオとしては全キャラたいへんビミョーではあった。盛り上げて終わればいいところを、なんでわざわざクライマックスの後に小イベントをつけてヌルく終わらせるかなー。言うなれば、起承転結+起結。多くのキャラでそうなので、わざとなんだろけど意図がわからん。

主人公の軍師的とされる特性がどうでもいいところでしか発揮されず、せっかくの知能派なのに最終的に根性論に走りがち。さらに主人公が「空気の読める人間」であるのは、相対的に他のキャラクタが空気を読まなさすぎなだけでは。そして全体に言えばこの主人公はほどほどに問題がないキャラクタなので、ゲームを通してまったく成長などしない。ヘタレという訳でもないんだけど。物語を引っ張ることをまるでせず、始終、物語に引っ張られていった。最終シナリオなどボスのショボさもそうだけど、あんまり解決してないよね。主人公の行動次第でもーちょっといい結末になりそうな気もするだけに、モニョモニョとした気分も少しあった。とはいえ急激にヒロイックなキャラクタに激変されたら、もっと違うだろうと言いそう。

なので決して物語としていいとは思わない。しかしこれは悪いことではない。映画なんかでも、粗筋を文章で書くとナニそのクソ映画って代物が圧倒的な特撮や映像美、俳優の演技や外連味で「見てよかった」というものに化ける。そのように、このゲームも粗筋なんぞではなく、楽しく時間を消費させるという点において満点だった。

中身のないバカハリウッドアクション映画とかをアタマ空っぽにして楽しく見られる人にお勧め。

本日のコメント(全7件) [コメントを書く]
まんさく (2009/09/25(Fri) 23:32)

>>webメインならなんでiPhoneにしないかなあ。
「ぴこていこく」の表示が乱れるから、なんつて。

はしゃ (2009/09/26(Sat) 00:04)

web表示はiPhoneもHT-03Aも変わんないっぽいです。サイドバーを消せば読めるってカンジで。
同居人がここ見る時ゃほぼ確実にRSSで見るので、見栄えじたいはまったく問題にならなさげ。

妖介 (2009/09/26(Sat) 00:13)

個人的に「PowerVR搭載」というだけでiPhoneを購入するに十分でした(過去形)。主にセガオタ的な意味で。

ジン (2009/09/27(Sun) 05:55)

>まじこい
この作品の主人公は「主人公」ではなく「語り手」だという感想。
作品中の真の主人公は各ルートにおけるヒロインたち。ヒロインの成長を語り手の視点で眺めてるとゆー。
そう考えると主人公(プレイヤ分身)が物語中まったくと言っていいほど成長しないのも、美味しいところを全て脇を固める男連中に掻っ攫われていくのも納得できてしまう不思議。

はしゃ (2009/09/28(Mon) 17:06)

>PowerVR
私ゃPC者でしたので、PowerVRにはNEC製3Dボードのイメージが強すぎていまいちセガイメージが薄かったり。
バンドルソフトもバイオハザードとかでしたし。

>語り手
そのへんはちょっと実感わかず。どのルートでもわりと主人公がしっかり物語の中心にはなってるので、
そういった傍観っぽい印象は私はあんまり受けなかったす。美味しいところを脇役男に奪われる
シナリオもそう多い気はしません。最終シナリオがアレなのでナニですが(日本語で書けや俺。

えるうっど (2009/10/02(Fri) 06:14)

<まじこい
覇者様がここまで褒めるゲームも珍しいかと思い、買ってみました。
長いオープニングの間だけで大笑いしています。
仲間達が生む雰囲気が最高ですね。
おかげで、エロゲの筈なのに、エロ、どーでもいいです。
覇者様のレビューがなければ、存在さえ知らなかったので、面白い物を見つけてくださりありがとうございました。

はしゃ (2009/10/02(Fri) 20:59)

>褒めるゲーム
珍しいかなあ。珍しいかも。
トータルで「すばらしいストーリー」とかそういうの全然ないのですが、
ただ、悪い意味でなく、消費するゲームとして考えるとかなり傑作なんですよね。
賞味期限が短いネタが多いのでやるなら早いうち、てのもあったり。


2009/09/28(Mon) この日を編集

[デジカメ]富士フイルムのマイクロフォーサーズ参入の噂

FT4とな。FTは噂の確実性で、5がマックスだが4でも充分ありそう(わりと信頼できるソース)というレベル。まー確かに富士フィルムは一製品も出してなかっただけで、松下より古株のフォーサーズ連合の一つだったことだし、そう不思議でもないのか。

あまり知られていないけれど富士フイルムはAPS-Cデジタル一眼レフを出していた。ニコンFマウントを使う(というかニコンD200の中身だけとっかえた)FinePix S5 Proで、その後継の噂は何度もあったが、今更キャノンとニコンが光の速度で殴り合う戦場にニコンボディ改造で参入してもしょぼいなあ、という判断はそれで妥当な気はする。

さらに近年の富士フイルムにおける、一眼と競合するいわゆる巨大コンパクト多倍率ズーム機はコンセプトが迷走しまくっていた。ようやく出てきたS200EXRもいったい誰に売ろうとしてるのかよくわからない代物。それとも俺の想像もつかないところに需要あんのかアレ。

富士フイルムは現在、一番上の層がたいへん薄い。そういう状態を考えると「今はまだ儲けの出る値札をつけられる」「負け組でもデメリットが少ない」マイクロフォーサーズはわりと現実的かも。もちろん先行している松下と血みどろの殴り合いする羽目にはなるけど、ニコンと殴り合いするよりは勝ち目もありそうだし、一時期の神通力がまるでなくなった富士フィルムブランドでも松下製しか撮像素子がないマイクフォローサーズ市場ではそこそこ生きる道がありそうな気がする。

さらにS5 Proまでのユーザは切り捨ててもダメージ少なそう。噂レベルでは何度か出ている「ペンタックスのμ4/3参入」などやったら、夜に出歩くHOYAの社員は変態単焦点パンチの洗礼を免れない。が富士の一眼ならそもそもそんなに売れてなかっ(略)し、だいたい元々ニコンボディコンパチだからユーザもニコンに心置きなく引っ越せる。このあたりも現実度が高い所以。

そんなカンジで富士フイルムの参入はしっくりくる。参入したらどうなるか楽しみなところ。とりあえずFinePix REAL 4/3Dを期待しとこう。(いやステレオ写真にするなら被写界深度は深ければ深いほどいいから、こんな機種まずないが)

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
風翠 (2009/09/29(Tue) 17:39)

こんばんは。(・∀・)
今度カメラの話が出たら聞いてみようと思っていたことを二つ。(調べれば済みそうだけどはしゃさんに聞いてみたい‥)
1.「一眼レフ」などの「レフ」って何のこと?そもそも何語なの?

2.一眼レフと二眼レフの違いはなんですか?そもそも一眼レフもよくわからない。

どうかお手柔らかに‥。(´・ω・`)

はしゃ (2009/10/02(Fri) 21:01)

また説明が大変そうなナニを。
長くなるので別エントリで書きました。

ありゃ。urlはれないな。2009/10/02付のを参照。


最新 追記