«前の日記(2008/10/13(Mon)) 最新 次の日記(2008/10/18(Sat))» 編集

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2008/10/17(Fri)

[デジカメ]モードダイアルのP/A/S/M(別にP/Tv/Av/Mでもいいが)から脱却はできないのか

マニュアル撮影対応と称するデジカメは、ダイアルにこういう謎の記号がある。プログラムオート、絞り優先、シャッター速度優先、マニュアル。これって本当に意味あるのだろうか。

ドラえもんデジカメは惜しい。「AF合致点をここまで明示的に撮影者に教えるというコンセプト」はすごくいい。あとは、合致点を全画素に増やして、ドラえもんじゃなくして、一眼とかEXLIM PROに積んでくれ。

俺は「せっかくデジタルなんだったら古臭いフィルムカメラでは絶対できないことをやれ」主義者。現状でのライブビューという概念の活用っぷりには大いに不満がある。だって撮影結果と同じ画像が撮影前に見えてるなんてとんでもない反則状態なのに、せいぜい顔認識するとかなんてまだまだ甘すぎる。

特にマニュアル撮影の世界に客を引きずりこむためにDMC-G1を出した松下は、モードダイアルにP/A/S/Mとか何をやってるんだとさえ思う。マニュアル撮影において大事なのは絞り値をF4.0かなー5.6かなーとか決めることだろーか。中にはそういう人もいるだろうが、実際には違うだろう。俺がモードダイアルをP以外にする時は、どういう絵を吐くかをコントロールしたい時だ。

被写界深度を操作するのに適した一眼というスタイルは、しかしフルサイズ一眼のファインダでさえ「厳密なピントの確認」は熟練を要する。そのためにマグニファイアを使ったり、背面液晶ライブビューで一部拡大をしたりできるが、なにを半端なことをしているのか。

ライブビューとしていったんデータになってるんなら、手持ちの一番高性能なメディアプロセッサを突っ込んででも「画面全体で、今、ピントがきている線を強調表示」をしたらいいのではと以前から期待している。

今までマニュアル撮影なんて欠片もなかった客向けなんざ、モードなんてプログラムオートだけでいい。で「ボケコントローラ」とでも名付けたプログラムシフトダイアルを回すと常に絞りプレビューし(ライブビューだから、暗くなる分には明るく補正する)ピントがきてる部分を液晶で強調表示。開放状態だと一部にしかピント強調表示がないが、絞ると少しずつ広がっていく。マニュアルフォーカスリングを回すと被写体の手前から奥まで順に強調表示が移動する。

カメラメーカはコンパクトデジカメから一眼にステップアップさせようとしている。しかしそうやって無理に引っ張っても、買った客はプログラムオートからビクとも動かないか、絞り優先でバカみたいに開放で撮るだけになりがち。今のUIじゃそうなるのも当たり前とさえ思う。F4とかF8とかF16とか言われても普通は戦闘機としか思わねえ。F8まで絞ったらどう変わるのかをもっと明確にリアルタイムに見せてくれ。

まー実際にはライブビューは撮像素子のデータをフル画素分で流してる訳じゃないのでそのままの実現は困難とは思うが、動体撮影でなければフレームレートを下げることで充分アリかと。超長時間露光や流し撮りといったシャッター速度優先は、ピクチャーモードの類に押し込んでもそんなに文句は出ないとみた。

P/A/S/Mなんてのは、カメラの撮影結果が撮影前にはわからず数字でしかコントロールできなかった時代の産物。もちろん被写体を見た瞬間に絞りとシャッター速度が思い浮かぶセカイの人向けな、カメラマニアのオモチャとして出すフルサイズ一眼ならそれでいい。

が、今更それに全機種が付き合う筋合いはないのでは。上位機種のサブ需要とかがあるなら別だが、DMC-G1の売り方からするとモードダイアルはすごく違和感を感じる。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
まんさく (2008/10/19(Sun) 19:22)

>> 買った客はプログラムオートからビクとも動かない<br>P/A/S/Mなんて飾りです...じゃなくて。<br>シーンモードがある機種ならあとは露出計連動のMだけで十分な気もします。<br>あえて付いているのは上級機への「お試しモード」あるいは撮影時の「保険」、さらに「高級そうに見える」。<br>フィルムカメラの頃はマルチモードは一眼でも高額だった。コンパクト機についたのはかなり末期。<br><br>はしゃ殿の提案は、測光モードのUIの提案というよりプレビューのUIの提案に見えます。そのプレビューが付いてもモードダイアルは残るのでは?<br><br>>「画面全体で、今、ピントがきている線を強調表示」<br>昔のコンデジ上位機には付いてるのありましたよねぇ。<br>さすがに絞り連動ではなかったと思うけど。<br><br>ふとオリにせよパナにせよ、他社より一眼レフの「精神的な呪縛」が大きそうなところには実は「脱却」はあまり期待できないのではないかという気がしてきました。

はしゃ (2008/10/20(Mon) 15:24)

確かにプレビューのUIです。がそれでもモードダイアルは撤廃して欲しい。<br>ウチの同居人あたり、まさに「コンパクトデジカメからマニュアル撮影にちょっと興味を持った層」です。<br>私が一眼で撮影する、被写界深度のコントロールに興味じたいはある。しかし実際にP/A/S/Mはえらい敷居が高い。<br>あれがあるだけで操作する気をなくすレベルで。(機械が苦手な人ではありません。普通に理系です)<br><br>とにかくアレ「カメラの都合」ではないですか。フィルムならそれでしょーがない。カメラの都合に<br>使用者が合わせるしかない。がデジタルなら「使用者の都合」にカメラが合わせてもいい。という。<br><br>>コンデジ上位機には付いてるの<br>それ知りませんです。ちょっと見てみたい。<br>上で書いたように絞り連動・マニュアルフォーカス連動でこそ意味があると思っておりますが、<br>実際に「どういう見え方か」のイメージを掴みたいというか。<br>しかしもうやってる会社があるなら、むしろ特許関係の兼ね合いで実現は難しいか。<br><br><br>オリンパスは無理かと思ってます。<br>が松下は可能でないかと。松下は一眼でたしか最もはやく顔認識をサポートしたと思った(DMC-L10)。<br>つまり一眼でも「プレビュー画像を分析する」という概念はもっている。また自前の半導体があるので、<br>本気でやれば適したプロセッサも作れる。<br><br>でも、実際にこれをやるとしたらカシオだな、と思っています。一眼こそつくってませんが、<br>EX-F1にあったA/S/MをEX-FH20では外した。コンセプトが違う、コストダウン、だけかもですけれども。

Cum (2008/10/21(Tue) 00:28)

うまく搭載できればコンデジOnly層をひとつ上の機種層へ引っ張れそうな興味深い話ですね。<br>ピンとボケを手軽に確認しながら撮影できたら、携帯のカメラで十分なんて悲しい評価も減るのかな。

(2008/10/21(Tue) 22:44)

はじめまして。<br><br>すげー賢いとオモタ。<br>俺はフィルム時代が長かったから画角とF値でどう写るかなんて体が覚えてる。<br>が、<br>それはフィルムカメラでの話。<br>デジカメじゃ無理っ!<br>(フルサイズ機は別として)<br>機種ごとにCCDサイズが違う=同じ画角・同じF値でも被写界深度が違う=経験が役に立たない。<br>しかも、機種の更新サイクルが馬鹿みたいに早い。<br><br>特にCCDサイズがイロイロになるコンデジや携帯カメラに付けて欲しい機能だなぁ。。。<br><br><br>既に顕微鏡業界では「今、ピントがきている線だけをデータ記録」する機種が出荷されているのだから、技術的に難しいはずは無いんですよねー

まんさく (2008/10/22(Wed) 13:16)

コントラストのピーキング表示という機能自体は撮像管+モノクロCRTビューファー時代のビデオカメラ時代からありました。<br>この頃はAFが怪しかったし、そもそも業務用にはAFなんてなかったし。<br>ビデオなんでおそらく絞りは連動してたはず。深度を(深度外を?)気にした絵作りをどこまでしてたかはわかりませんが。<br><br>特許だとするとソニーあたり?

はしゃ (2008/11/01(Sat) 20:33)

>被写界深度が違う=経験が役に立たない<br>うぃす。ましてや松下DMC-G1などは、元々「経験がない」人を相手にしているですよ。<br>そういう人相手に絞り優先で被写界深度を決定させようなんて無理かと。<br><br>せめて絞りプレビューは特殊な操作ではなく常にONにしてほしい。ライブビューだと暗くなる分には補正できる<br>(……補正しない機種ないだろな?少なくとも初の実用ライブビュー一眼E-330で絞りプレビュー時の明るさを補正してます)<br>以上、わざわざ絞りプレビュー操作なんて煩雑なことをする必要はない、はず。AFセンサの中の人が困るか。<br><br>携帯電話カメラは元々撮像素子面積が小さく、AF機でも限りなくパンフォーカスに近いので<br>ここまでは凝らなくてもいいかも。相当CPUぶん回す必要があるのでバッテリ寿命との闘いになりそうだ。<br><br>>撮像管+モノクロCRTビューファー時代のビデオカメラ時代<br>むしろその当時の特許だとしたらもう切れてそうな気もしました。<br>いや周辺の特許をズラしてぽんぽん申請して実質的に使えない、とかそんな感じかもですが。


«前の日記(2008/10/13(Mon)) 最新 次の日記(2008/10/18(Sat))» 編集