最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2008/08/01(Fri) この日を編集

[デジカメ]ふつーのデジタルカメラでの動画撮影を見直す

今ふつーに売ってるデジタルカメラのうち、一眼レフタイプを除くほぼ全ての機種に動画撮影機能がある。しかしこの機能はオマケと認識され、ほとんど省みられることはない。それどころかメーカー側でさえ動画機能を売りにするのは実質ビデオカメラの領域に踏み込んでいるサンヨーくらいだ。

何故、動画機能はデジカメヲタには「ないもの」として扱われるほどスルーされるのか。むしろライトユーザーが普通に活用してたりするのに。

もちろん一部の「デジカメは静止画用だ」という古臭い原理主義デジカメヲタが使いもせずに敬遠してるというのもあるが、それよりデジカメが動画記録をやりはじめた頃の環境がキツかったんじゃないかと思っている。

静止画と比べ動画は、見る・見せるのが大変だった。デジカメの動画は大抵デジカメ側にコストがかからないMotionJPEGとゆー形式だが*1、これはファイルサイズがえらいデカくなるだけでなく、見ることができない環境が存在する。また回線も細いので、ネットで動画再生なんか考えられなかった。記録メディアは小容量で動画なんか録るとあっという間に埋まった。ついでに言うと当時はメディアの書き込み速度の問題などで動画撮影時間は10〜30秒に制限されていたりした。

そして編集作業はさらに大変。静止画ならWindows標準添付のペイントでも最小限の編集はでき、フリーウェアでもっと多くのことができ、当時から市販ソフトも種類豊富だった。が動画は、OSの標準機能にはそんなの当然なく、フリーウェアはマニア向け、市販ソフトもほぼプロ用。そして当時の標準PCで編集した30分の動画を圧縮保存しようものなら、終了まで10時間とかそういう世界。これじゃ普及もしないのは無理がない。

でも今もそうか?インターネットの回線は太くなり、YouTubeをはじめとする動画投稿サイトが猛威を振るっている。これらのサービスは世の中ほとんどの動画フォーマットに対応し、どんなデジカメで録ったデータであろうが誰でも見ることができる形式にサーバが変換しストリーミング配信する。さらにOSに標準でWindowsムービーメーカーという強力な動画編集ソフトが標準添付*2されている。PCのパワーは動画を数分で圧縮保存完了する。

個人が撮影した動画を編集公開するという敷居は、デジカメで動画が録れるようになった頃と比べてめちゃめちゃ下がってる。それなのにこの動画軽視はもったいなくないか。動画で撮ったほうがよりいい時まで、意地で静止画で撮ってないか。そのデジカメで撮るかわいい猫の写真はかわいい。が、かわいい猫の動画はもっとかわいいんじゃないか。

俺はこないだの石垣島ダイビングにあたり、だいたい静止画9:動画1の割合で撮ってきたが、より魚がわかるのは動画だったと断言できる。もちろん精密な描写ができる静止画の価値は減ってないけれど、動画のもつ圧倒的な情報量はデジカメの動画撮影機能を見直すに値した。ファイルサイズもスゴかったが。


動画性能で目を引く機種をまとめてみた。主に解像度の高い機種と、多倍率ズーム、長時間撮影対応機あたりに注目したチョイスとなる。それぞれの項目に書いた記録時間は各デジカメの最高画質設定なので、設定をかえれば増える。

DMC-FX35
25-100mm F2.8-5.6
1270x720/30fps
MotionJPEG モノラル
記録時間:約8分20秒
後継のFX37やタッチパネルのFX500あたりもほぼ同等。*3
この類は広角25mmレンズで撮影できるのが強み。
ただし動画撮影中のズームができない。音質もイマイチ。
超広角を生かした定点動画に向きそう。
DMC-TZ5
28-280mm F3.3-4.9
1270x720/30fps
MotionJPEG モノラル
記録時間:約8分20秒
最近、俺が買ったの。多倍率ズームで、動画撮影中のズームも可能。
広角は上に一歩譲るがそれでも28mmからと動画機の中ではかなり広いほう。
オールマイティだが、やはり音質はイマイチ。
これでもズームが足りなければすごく大きい18倍ズーム機FZ28がある。
PowerShot TX1
39-390mm F3.5-5.6
1270x720/30fps
MotionJPEG ステレオ
記録時間:約13分36秒
たいへんコンパクトなHD動画機。
動画に向いたグリップタイプで動画撮影中ズームも可能。ステレオ音声。
動画撮影専用ボタンがあるため、静止画との撮り分けがしやすい。
39mmからという狭い画角とバッテリと小さい液晶が泣き所。
EX-F1
36-432mm F2.7-F4.6
1920x1080/60fps(interlace)、
1270x720/30fps
H.264 ステレオ
記録時間:約35分
600万画素静止画を秒間60枚撮る狂気のカメラだが
通常の動画撮影能力も極めて高い。
ビデオライトに使えるLEDまで標準装備。
ただこのサイズになったらライバルはビデオカメラか。
EX-V8
38-266mm F3.4-F5.3
848x480/30fps
H.264 モノラル
記録時間:約73分
HD解像度でない機種からも。
解像度が低いぶん容量制限が緩く、超長時間記録可能。
またカシオは動画時の音声記録の質がよいと評判。
動画撮影時のズームもできる。子供がいる家庭の記念行事撮影にヨサゲ。
DMX-HD1010
49.7-497mm F1.8-2.5
1920x1080/60fps(interlace)、
1270x720/60fps
H.264 ステレオ
記録時間:約37分16秒
小型なフルHD撮影機。まあちょっとでかめの小型だが。
スタイルといい望遠よりすぎるレンズといい完全にビデオカメラの仲間。
暗所撮影能力も高いし、なんと外部マイク入力端子もある。
動画>>>静止画だが、ビデオカメラの大きさがイヤな人向け。
DMX-HD700
38-190mm F3.5-4.7
1270x720/30fps
H.264 ステレオ
記録時間:約56分25秒
720pにおさえたことで上との比較で311g→214gを達成。
この解像度でこれだけ長時間撮影は高バランス。
ただし仕様のバッテリ寿命は実撮影時間で45分であり
メディアいっぱい撮る前に終わるのがXactiクオリティ。
CMOS化されたDMX-HD800が8月末に出ることで現在投売り中。
DMX-CA8
38-190mm F3.5-4.7
640x480/60fps
H.264 ステレオ
記録時間:約85分
SD解像度からもう一台。動画機では珍しい防水仕様が目を引く。
もちろん超長時間記録だがやはりバッテリはXactiクオリティ。
地味にこのXactiシリーズは(HD700以外)全機CMOSなので
「スミア」というCCDカメラに起因するノイズが出ない点もメリット。

ただ基本的に動画を撮るようにはできていない静止画デジカメでの動画は次のようなデメリットがある。

  • 多くの機種ではCMOSでなくCCDを使っているので、スミア(強い発光体があるとそこから糸をひいたノイズが乗る)の問題が発生する
  • ダイナミックレンジが狭い。ちょっと明るい部分はすぐ真っ白に飛ぶし、暗所撮影能力もビデオカメラに負ける
  • 動画撮影中にズームができない機種が圧倒的に多い。できたとしてもレンズ駆動モータ音を拾う。外部マイク対応機はまずない
  • オートフォーカスがあいにくい。1/6型とかの撮像素子を使うビデオカメラより撮像素子が大きいぶん、被写界深度が浅い。動画中ズームするとピンボケに苦しむ
  • 一部はMPEG4やH.264圧縮をサポートするが、大半はファイルサイズが極めて大きくなるMotionJPEG記録をする
  • ファイルシステムの都合で長時間記録に制限がある。記録ファイルサイズが2Gbyteや4Gbyteに達するたびに記録が一度停止する(容量がまだあれば、再び記録開始は可能)

なんだかんだ言っても、当たり前だけど動画だけを撮るのならビデオカメラが適する。特に長時間記録性能や、手持ち撮影時のブレ補正なんかビデオカメラの圧勝といっていい。動画撮影できるデジカメはビデオカメラと同じ関税かけるとか言う連中もいるが、比べりゃ差は歴然というほどに違う。あくまで「普通のデジカメで動画も気軽に楽しもう」というハナシ。

*1 ソニーあたりは初期からmpeg1圧縮だったが。

*2 Vista Home PremiumとUltimateのWindowsムービーメーカーはHD画像まで扱える。

*3 何故かFX150やLX3はほぼ同じ構成なのに24fpsとなっている。

本日のコメント(全10件) [コメントを書く]
KY (2008/08/01(Fri) 17:48)

いつも楽しく拝見させて頂いております。
実はカメラ関連工場で間接業務なので、カメラを知っている・知っていないの境界にいるのですが、、。 動画撮影をDSCで実装する場合の、技術的な課題は実はノイズの問題だと理解しています。動画には音声は付き物なのですが、DSCに求められるズームやAFは 全然DVCにマッチしていない問題があります。DSCではある程度 音は出てもズームを押したら早いスピードの ぎゅーんとズームして、ぎゅーんとフォーカスしてもらう方が好まれます。だけど動画付属の録音ではみんな そのズームノイズやフォーカスノイズを拾っちゃうんですよね。音は多少出ても ぎゅーんと動いて びっ と止まるモーターと ゆるゆる 動いても全然音が出ないモーターでは 全然違うモーターになっちゃいます。あと、カメラの形状でモーターのそばからマイクを離す設計が難しいとかいろいろあります。

はしゃ (2008/08/01(Fri) 18:17)

>音
実際私のもじーこじーこ言ってるので承知してます。だからこそ外部マイク端子が標準で欲しい。
まあコストかかりそうですが、いかにも。(ベストはBluetoothなどの無線マイク。いくらかかんだよ)
しかしAFはともかくズームは、じーこじーこ言ってもいいから標準化して欲しいところです。

SamsungのNV24HDとゆー24mmでH.264のHD録画ができるとゆー無敵な感じの機種がありますが、コイツは
動画撮影中のズームは、できるくせに「ズーム駆動中は音声がミュートになる」というオモシロ仕様。
ズームレバーを離すとまた音声記録を再開します。ズーム駆動音を消すためとのことですが、
超余計なお世話だと思う。ズギューンドギャーンバギョーンてな感じの耐えがたい轟音なんだろうか?
でもちょっと欲しい。日本で売ってないのに言語設定には日本語あるっぽいし。

私個人の印象ではメーカが動画ズームさせたがらない理由てば、音のノイズも勿論、上でもちょっと
書いてますが1/6という超小型撮像素子を使うビデオカメラより狭い被写界深度とバリフォーカルレンズの
ため、ズーム駆動させたらピンボケになるのが一番の理由ではないかと思っております。てきとう。

kw (2008/08/04(Mon) 09:29)

CM見てからDMX-CA8が気になるんですよね。
防水仕様ってのは何気に熱い。
60fpsだし。
あとXacti形状は、デジカメ類を扱うのに長けてない年長者
(両手でカメラの端と端を持って、手をいっぱいいっぱい伸ばして構えるヒトタチ)
が動画を撮っても
片手で自然に持てるからかブレの少ない動画が撮れるので、このヒューマンインタフェースは非常にグッドです。
ひげそりだけど。
Xactiシリーズはサンヨーの良心だなぁ。

KY (2008/08/04(Mon) 15:16)

髭剃りタイプは、今 消費者ではなくてメーカーが熱いんですよ。
今までハンディビデオはテープデッキがメカ部品の塊で、作るのが難しかったんだけど、フラッシュメモリ 2G とか出てきたおかげで イメージャー付の鏡筒を光学メーカーから買ってくれば、ファームウェアの問題はあるけど、台湾メーカーや中国メーカーでも 何とか形になるところまで来ているから。

中小・ノンブランド品はこれから 動画が取れるDSCではなく、静止画が取れるDVCに移行してくると思う。

てけてけ (2008/08/04(Mon) 20:48)

完了品ですが、ディマージュA200は800×600というサイズで15分ほど撮影できます。ズームは手動です。
最近、わざわざ中古で手に入れました。意外と楽しめます。

NOBU! (2008/08/04(Mon) 21:05)

DSCで動画というと PowerShot S5 IS もあげてやっていただけると・・・。ズーム時の作動音はほとんど気にならないレベルでGoodです。

はしゃ (2008/08/04(Mon) 21:59)

>Xacti
そいやグリップタイプは肘が胴体で固定されるか。なるほど。
最近のXacti(CMOS機)は動画撮影中に静止画を撮影しても「元の動画記録が止まらない」という仕様になったのが嬉しい。
元は動画中に静止画が撮ると一時停止だったかブラックアウトだったかしてました。真の動画・静止画両用機はCMOS以降ですね。

あえてケチをつけるなら手ぶれ補正が基本的にない、というのがネックでしょうか。
Xactiの電子式/後処理型の手ぶれ補正は賢いのですが、利き自体は弱め。撮りながら歩くのとかは厳しい。
偽妹がHDビデオカメラの調達相談にきたときは、これがネックで外しました。

>静止画が取れるDVCに移行してくると思う。
デジカメ自体最初がソレからはじまってますし>動画システムの静止画への流用
(元々「記録」してた映像を「液晶プレビュー」に回すようにしただけ)

とはいえさすがにビデオカメラ名乗っておいて10分20分で2Gbyteが万杯になるのはマズげですし、実際に
製品化するには動画圧縮ASICの調達がネックかもです。
リアルタイムでMPEG4クラスの圧縮をしようと思うと、専用のハードウェアを積んどくかな、と。
でもどっかのメーカがCPUとワンチップ化したものでも出すかもしれない。ていうか、もうあるかも。

>DiMAGE A200
昔のカメラでもVGA超の動画撮影能力を持つものはチラホラありましたが、大抵は10〜15fpsでした。
A200はどうだろう。スペックよくわからん。ざっと見た感じでは800x600はやっぱり15fpsぽいのですが。
もちろん、それで構わない用途なら全然オッケー。

>S5IS
アップロードする直前まで書いてたんですが、「HD解像度もH.264もない」という点で削りました。
他はどちらかをサポートしています。

とはいえ、削るのも苦渋でした。こやつの動画能力の強力さはS1ISで思い知っていたので。
強力な手ぶれ補正と専用動画ボタン(S1ISはこれが使い物にならねえんだよ……)、コンティニュアスAFの
賢さがあるので動画の使い勝手が極めてよい機種とは思っております。

NOBU! (2008/08/05(Tue) 17:47)

>「HD解像度もH.264もない」という点で削りました。
なるほど、最大で640x480ですしね。
専用動画ボタンはS5 ISも使い勝手変りません。あれは位置をもうちょっとなんとかするかしてほしかった。。。

とはいえ、おっしゃられるとおりの強力な手ブレ補正とAF、あと、動画でもピントや露出をフルマニュアルで設定可であることと、意外と重宝するバリアングル液晶など、DSCの中では一番動画に向いている機体に感じています。

動画撮るのならそもそもDSCではなくDVCを使えば良いのですけども、S5 ISの使い勝手が良すぎてDVC購入に踏み切れてません。(笑

はしゃ (2008/08/12(Tue) 11:34)

>専用動画ボタン
S5ISは静止画撮影モード時にもあれ押すと動画記録します。それだけで文句ないですS1ISからすると(T_T)
S1ISは「動画モードでないとあのボタンは何の働きもしない」のです。さらに「動画モードだとシャッターボタンは何の働きもしない」。
あんなボタンなくていい。むしろないほうがいい。しょっちゅう間違える。

バリアングル液晶は極めて便利なのですが(動画はアイレベルでなくウエストレベルがヨサゲ)、私が動画を撮る機会が一番多いのは
水中なので、バリアングル機能活躍の機会がえっらい少ない。

Gsalrnyf (2010/03/29(Mon) 15:51)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袥袥袤袦


2008/08/03(Sun) この日を編集

[ゲーム]『リズム天国ゴールド』

同居人が調達していたのでせっかくだからプレイ。おお。おおおお。リズムゲーの類は飽きたと思っていたが、これはなかなか。前作とか全然未プレイな状態なので、このコンセプトも始めてだが、えらい楽しいではないですか。

チュートリアルの投げやりっぷりがたまらない。文章で説明をロクにしなくて大丈夫かとか思ったが、これが独特の「まあやれ。いいからやれ」を産んでいる。チュートリアルで積極的に失敗させる不親切さと、それでも理解できる親切さの狭間。

音ゲーとしては操作系があまりに単純すぎて(基本、タップとホールドとはじく動作しかないもんな。ステージ進むと違うかも知れないけど)工夫不足にも見えるけれど、全然そんなことなかった。まったく飽きがこないのは音楽の力なんだろうなあ。やるじゃん、つんく♂。

確かに本人が言う「従来のリズムゲは音楽を無視し、難易度だけで押すタイミングが設定されていた」というのがわかる。リズム天国ゴールドは譜面?を覚える必要すらなく、操作さえ覚えれば基本的に画面見なくても全然問題ない。本当に音だけ聞いてればいける。操作が、音楽に完全に従属している。これと比べたら従来の音ゲの大半は単なるパターンの決められたもぐらたたきだ。

それでありながら、それぞれのミニゲームのビジュアルは異様にシュールで、狂った世界観を存分に満喫。一時期のセガあたりのシュールさを任天堂は正確に受け継いでいた。そいやこのゲーム、ゲーセン版はセガが出してるんだっけか。全く違和感ない。

これはいいものだ。ミッチリとプレイするのはなんか違う気がするので、ちまちまと暇つぶしにプレイしていくことにしよう。

しかし俺がナニに一番感銘を受けたかて、パッケージ。フォント、色づかい、金ラメ、コピーの内容、そして表面に登場するキャラクタすべてに渡り非の付け所がない完璧さ。このパッケージをみてゲーム買って文句出す人がいたらどんだけ見る目ないんだよと思うほどに、ゲームの適性を見極めている。すばらしい仕事。

[日記]回る寿司

初体験。今まで一回も行ったことがなかった。回らない寿司に縁があるかといえばそうでもなく、寿司じたい10年ぶりくらいになる気がする。

基本的に生魚を積極的に食べようと思わず(嫌いではない)、酢飯が好きでなく(食えなくはない)、ワサビが苦手(これは絶対イヤ)という俺にとって寿司は鬼門中の鬼門。

でも回る寿司の場合そんなに酢飯もキツくないとか、ワサビ抜きも普通に食えるという知識はあった。それよりもなによりも、好き嫌い以上にあの回る寿司のシステムを体験はしてみたいなーとは思ってたので、なんも食べるものを思いつかないタイミングで行ってきた。

回ってた(そらそうだ)。面白いなあ。いや大半の人が行ったことあるだろけど。タッチパネル注文システムも、えらい使い勝手悪さにケチをつけて楽しめたので満足だ。

しかし終盤にえらい疲れている自分に気付いた。どこが、て目が。回る寿司はその構造上、かなり遠方から至近まで視線がスキャンを繰り返す。俺は近距離と遠距離のピントあわせなおしが苦手な遠視持ちなので、普段から置きピンを心がけているのに、はじめての体験に興奮して一所懸命みてた。嬉しがって寿司まわし(でいいのかアレ)間際の席に座ったから余計に近距離〜遠距離の差が激しかったのもある。今後気をつけよう。また行くかどうかは、どうかなあ。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
pisukesu (2008/08/03(Sun) 21:26)

ご無沙汰致しております。
>回る寿司
はしゃさんは、ネタは何を食べられたのでしょうか?

はしゃ (2008/08/04(Mon) 22:05)

通り一遍、ですね。同行者と分けながら100円の皿ばっかし16種類くらいだったかな。
えーと(回転寿司の公式サイトを見ながら)、えび、サーモン、うなぎ、たまご、ビントロ、焼はらす、
オニオンサーモン、ほたて、豚カルビ、味付いくら、コーン、ハンバーグ、いなり。他は覚えてません。
オニオンサーモンが美味かったかな。
デザートは相当ショボかったです。まああれはあれで。

otake (2008/08/05(Tue) 00:50)

タッチパネルと言うことは、くら寿司ですね。
私の周りでは、あきんどスシローが評価高いです。
付き合いでたまに行きますが、私も寿司はさほど好きでないため、茶碗蒸しやうどんをよく食べています。

はしゃ (2008/08/05(Tue) 15:17)

>くら寿司
さいです。タッチパネル、珍しいのか。ああいうもんだと思っていました。
あきんどスシローはウチの近くにはない模様。いや車で30分くらいなのですが、15分圏内に3件くらいあるからなあ回転寿司。
私も頻繁に行くなら寿司以外を食うかも。なにせ「初・回転寿司」だったので、ここはフォーマルに寿司を、と思った次第。


2008/08/05(Tue) この日を編集

[日記]任天堂DSのやりすぎで筋肉痛

どんだけ俺、華奢なんだよ。箸より重いものでも普段けっこう上げ下げしてるぞ、ちゃんと。ダイビング装備とか(普段してはいない)。

この筋肉痛の原因は、先日の日記に書いた『リズム天国ゴールド』にある。どうも俺はリズム感を生来から持ちあわせていないようなのだった。

スコア的にはそう悪くない。『リズム天国ゴールド』で高得点時に得られるメダルは、プレイした中の七割くらいはとれる。ファーストプレイでとれるのもあるし、パーフェクトもいくつかある。他の音ゲにしてみても『beatmania』も初期はそこそこプレイしていた。『DDR』も一回だけプレイしたところ、それなり経験がある友人から一応は「始めてにしては」という評価を得た(お世辞の可能性も高いが)。『サンバDEアミーゴ!』『太鼓の達人』あたりでもスコア的には「普通よりは良好」なレベルは楽勝でとれていた。

そしてその全てで筋肉痛を起こした。一つ残らず。リズム感のなさをカバーするため、操作する手や足をまず空中で、他から押されても動かないくらいの力で固定する。そして操作アクションのタイミングで、最速の動きで瞬発力を発揮する。

イメージとしては敵のパンチにカウンターを叩きこむ感じの、「リズムに乗って軽やかに操作」とは程遠い力のプレイ。うるさいゲーセンでも反対端まで操作音が響き渡るほどの叩きつけかた。DDRなんか、事前に足を真上で構え、踏むべきタイミングで蹴り落とすため、どう見てもダンスではない単なるストンピングストンピングレヴォリューションになっていた。

だって単なるボタンを押すだけのプレステ『パラッパラッパー』ですら「指が筋肉痛」になってたもんな。

そのノリで『リズム天国ゴールド』なんかやろうものなら。そのうちスタイラスがタッチパネルを貫通しそうな勢いだからなあ。このゲームには、タップしたのをスライドさせながら離すという通称「はじく」動作があるが、この時にスタイラスの先が液晶の端の段差に引っかかった際、DSごと飛んでいったのにはびっくりした。

しかしこれで思ったが、この『リズム天国ゴールド』はDSのゲームの中では極めて特異な特性がありそうだな。具体的にいうと「電車内などの屋内ではプレイしづらい」という。俺ほどではないにしろタップ音が、やたらノリノリのリズムで響き渡る訳なのでちょっと恥ずかしい。

[デジカメ]マイクロフォーサーズ

撮像素子サイズはそのままで、クイックリターンミラーを排除、フランジバックの半減、レンズマウント直径のダウンサイズ。旧来の一眼ユーザの罵声がすげえ予想できて、今からオラすっげえワクワクしてきた。

これは小さくなる。とてつもなく小さい機種ができる。もとより松下は「2008年に世界最小一眼を出す」と予告しており、E-420より小さい機種を作るにあたってファインダは捨てるだろうなと思っていた。がフランジバックやレンズマウントまで削ってくるとは思ってなかった。フォーサーズはじまった!あるいは終わった!どっちかわからねえ。何度かE-420やE-520に飛びつこうかとしながらも「今年は三台出す」と言ってたオリンパスの残り一台を見てから、と思っていた俺は勝ち組になれるのやら。

もとより俺は一眼レフという仕組みがキライで、せっかくデジタルカメラに進化した撮像機を旧世代のメカに縛り付ける鎖とさえ思っていた。これにより一眼「レフ」ではない真のレンズ交換式デジタルカメラが完成することになる。これは競争相手不在の領域であり、この分野は思いっきり期待していきたい。

とはいえシグマが出し、ニコンも追随の噂が濃い一眼APS-C素子を使ったコンパクトデジカメ(もちろんダセえクイックリターンミラーなどない)がある今となっては、大撮像素子の小型カメラというジャンルは茨の道かもしれない。撮像素子サイズはAPS-Cのアッチが上なのに、小ささ対決では絶対負けるからな。従来のフォーサーズレンズがアダプタ経由で全て使える、というメリットは承知の上で、マイクロフォーサーズ規格レンズの充足を期待していきたい。マイクロパンケーキとかマイクロ多倍率ズームとか是非よろしく。

あと地味に、レンズ接点が増えたというのは「レンズ側・ボディ側のダブル手ぶれ補正化」というのがあるとみたがどうか。とりあえず最近あんまり明るい話がないオリンパサー的にたいへんみなぎるニュースとなりそうだ。

追記:日本語きた。ちゃんとマイクロのは「一眼レフ」と書かず「一眼システム」と書いてあるのが面白い。

本日のコメント(全11件) [コメントを書く]
(2008/08/05(Tue) 00:55)

筋肉痛は無いですが、スーファミのストⅡの時には親指の皮が破れました。

コウ (2008/08/05(Tue) 09:27)

ゲームセンタでレバーをワイン持ちしていた頃は、
中指の皮がムケちゃったり背中の筋肉が筋肉痛とまではいかないものの
コリを感じたりしましたがさすがにDSでは無いですね。
大手を振って自慢するべきかと思いマス。

はしゃ (2008/08/05(Tue) 15:22)

>ストII
アレで指の皮をめくりまくった私の仲間ですね。私はゲーセンで、上から持つ派。中指の横がよくやられました。
ベガ使いでしたが、溜め技(ベガは全部溜め)を入れるとき必ずレバーを力いっぱいガッ!と動かすため、軸が接触する部分がべろんと。
トドメでサイコやダブルニーを繰り出すと、勢いがつきすぎてレバーから手が離れてましたです。

どあどあ (2008/08/05(Tue) 15:55)

これ、ミラー排除ってことは動画もいけるってことですよねえ・・・。
70-300mmの安ズームくっつけても換算600mmの超望遠の動画って考えただけでも相当欲しいんですが。

なんでDSC-R1とαマウントもってるソニーがさっさと作らないんだ!
小型化と独自企画は得意分野だろう!
と、いちαユーザーが叫んでみますw

はしゃ (2008/08/05(Tue) 17:22)

松下は動画も積極的に考えているようです。マルチアスペクトで16:9とかでやりたい模様。
フォーカスポイントを動かす動画とか撮りたいなあ。よくアニメなんかである、画角一緒で手前→奥にピントだけ動かすやつ。
家庭用ビデオカメラではすごくやりにくい。あと先日さんざんボロクソに書いた、コンパクトデジカメで動画を撮る際の欠点
「バリフォーカルレンズ」でなくズームレンズなので、撮影中のズーム操作でピントが狂わないのも動画派には人気出るかも。

ソニーは現状、このマイクロフォーサーズやE-330でいうBモードにあたる撮像素子ライブビューをもっていません。
(α350はE-330でいうAモードだけ、別素子ライブビュー)ので、こっち方面とはけっこう離れている感じです。
DSC-R1はたしか動画撮影能力じたいがありませんでした。ソニーは自社ビデオカメラ事業との兼ね合いが松下より厳しいのかも。
とか言いながらフルサイズαがあっさり撮像素子ライブビューついでに動画記録をサポートするかも知れません。

技術的にはそんなに難しくないと思うのですが、ヘタに動画撮影機能なんか載せると一眼の客層は「むしろ嫌う」ことがありそう。

まんさく (2008/08/05(Tue) 19:26)

> 「一眼システム」
このあたり確かに興味深いです。クイックリターンミラーをなくすとも書いてないけど寸法的には無理な感じ。
AFセンサー用の固定ペリクルミラーでも付けるのかしらん。
松下ならビデオでは十八番の3板式とか??(レンズとプリズムとの相性がありそうだ)
でも「廉価版レンズはマイクロのみ」とかになりそう。
個人的にはメーカーは問わないので固定レンズでも位相差AFで反応の早いカメラなら面白そう、とか思ってます。

用水 (2008/08/06(Wed) 00:38)

今は亡きバーチャロンがもしご近所にあればお勧め致します。
力いっぱいレバーを動かす快感を是非。
後期に出た強化レバーはそう簡単に折れませんでしたし。

元スタンド店員 (2008/08/06(Wed) 00:52)

あれ、レバーに鉄の棒が内臓されてるんですが、
それでもへし折られてるのを一度見ました>バーチャロン

用水 (2008/08/09(Sat) 04:22)

横から失礼。
レバーの件、ごめんなさいと言っておきます。
3回程。

はしゃ (2008/08/12(Tue) 11:46)

>AFセンサー
コントラストだけかと。で、私はそれでいいと思っております。
固定レンズで位相差AFといえばミノルタあたりが出してた気がします。ジェットAFとか言ってたかな。
あれはどういう仕組みでやってたんだっけ……

>バーチャロン
レーザーバカたあ俺のことだぜ。ダッシュもしくはジャンプからしゃがみレーザー「しかしない」戦法で、数々の——
自分の墓穴ほってました。超よわかったなあ俺。でもいいんだ10回に1回の直撃がスゲー気持ちよかったから。

アフターバーナーのスティックを破損させたことならありますが、バーチャロンはないなあ。

あーナイトストライカーを折ったことがあったような。
すごい余談ですが、あれ不思議なゲームでした。ある程度なれた人は「レバーを持つ腕をなにかが憑いたように痙攣させ続ける」となり、
高得点を目指す人は「一発も弾を撃たず、飛び上がりもしない」という3Dシューティングというゲームデザインを根本から否定するプレイに集約される。
どう考えてもあれボーナス設定のつけかたが間違ってるとしか思えない。

まんさく (2008/08/12(Tue) 18:12)

> 固定レンズで位相差AF
外光パッシブセンサーだったような。フィルム時代のコンパクトAF機と同じ。調べると富士やオリンパスにもあった模様。
いろいろ見るとmicro4/3rdsは当面コントラストAFのみの様子。そこをぜひ前人未到?のTTLにチャレンジしてほしいなぁと。
実は局用ハイビジョンビデオカメラにはあるらしくて前人未到ではないけど(但しAFセンサーはレンズ内蔵)。


2008/08/11(Mon) この日を編集

[日記]日帰りダイブいってきた

いってきたのは福井県の音海とゆー場所。若狭湾内。どっちかってーと釣りとか原発(高浜原発)で有名な気がするが、ダイビングもできる。

n01

日本海側のダイビングは関東圏ではあまりメジャーではないかもしれない。ここ京都は、太平洋側(和歌山)に行くのがそこそこ大変な反面、日本海も太平洋もどちらの海も満喫できる。日本海のダイビングを知らない人のために、素晴らしい日本海の海をムービーで解説したいと思う。さあどうぞ!

……いやまあ。

もちろん俺はこういうのに慣れてるんだけど、さすがに石垣島直後にこういう海をみたら死んだ海だぜと言わざるをえない。これはこれでイイんだけどな。この荒涼っぷりはなかなか悪くないのですよ本当に。実際に魚以外のものや、あまり太平洋側ではみかけない種類なんかを楽しめたりもする。

このポイントは最大水深でも10mを超えないとゆーラクチンな場所で、水温は実に33度とかそんな領域。ほとんど温泉状態で体力的にすごくラクチン(むしろ暑い)だが、水中で二度ほど釣り糸に絡まった。一回目は強く引っ張ると切れたが、二回目はえらい太い糸でどうやっても切れず、しかもオクトパス(水中で空気を吸う口の代替品。トラブル発生時などに使う)のマウスピースに複雑に絡みついてしまうとゆー事態発生でえらく慌てることになってしまった。そういうこともある。

しかし、昨日のド天気でこの浅さでもこの色か。やっぱりビデオライト導入したくなってきたなあ。このダイブ前に在庫あり表示の通販店でSea&Sea LX-15を発注していたんだけど、あっさりと「やっぱ在庫ありませんでした。生産終了品なのでキャンセル扱い」と言われて終わった。オススメビデオライトとかある人いたら教えてくだされ。広角・汎用バッテリ(120分くらい保ったら専用でもいい)・安価・非LEDを満たすモデルがあんまり見当たらないのだった。Sea&SeaはなんでLX-15の生産やめるかな。

[日記]GoogleMapsのストリートビューと京都人

ストリートビュー導入以来すっかりディープ覗き野郎と化している。

俺は普段の移動において、知らない道を使わない。超安全志向の開拓精神ゼロっぷりを発揮している。がストリートビューを見て道の様子を把握したら「知らない道」じゃなくなるので近道をいくつか発掘したり。あれここ右折できたっけ?この道は車で通れたっけ?とか確認しほうだい。通常の衛星写真で上から見た平面情報と、ストリートビューを同時に一画面で見ることで把握がえっらい進む。

これカーナビなんかに導入して欲しい。曲がるところを3D表示なんてケチくさい。メーカによってはかえってわかりにくいし。googleから写真ダウンロードしてきて画面に表示する機能ついたりしたら最強。

メチャメチャ活用している俺からすると、根強いストリートビューに対しての忌避感は理解しにくかった。がこの意見を見てなるほど、と思った。同時に京都とゆー場所の特異性を見た気がする。京都は「プライベート空間とパブリックな空間の境目が公道と私有地の間にある」ほうに入る。よくネタにされる京都の閉鎖性にも通じてるかもしれない。

もちろん京都人も家の前の道路の掃除くらいするが、それは管理しているというより見られることを意識したものでないかと。なにせ観光地なのでそこらじゅうに観光客がウロついてるのが当たり前。家の写真なんかみんな普通に撮影されて当たり前とゆー場所だ。今更Googleが撮っていったところで全然違和感がないのだった。

なので京都人ではアンチストリートビューは少ないのではないか、と思うがどうだろう。ストリートビューに言及した京都在住の他の人の意見がちょっと見てみたい。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
鹿('A`) (2008/08/11(Mon) 23:53)

おおーお、日帰りダイビングin福井私も先日行ってきました。ニアミスニアミス。とはいっても越前なんですが。
名古屋県民からしても、下手に串本とかに行くよりも、高速使える日本海のほうが行きやすいとか。

ヒトデにくっついてるシロウミウシ剥がしたり、やたらとスズメダイの群れに絡まれたり、どうみても窒素酔いしてるガイドのおっさんがやたらとソースカツ屋の話で押してきたりして大変楽しかったです。

しかし音海の死んだ海っぷりには適いませんね。またダイビング日記お待ちしております。

otake (2008/08/12(Tue) 00:31)

ストリートビュー、全然平気です。
便利で良いじゃないか、というのが率直な感想で、むしろ(自分が)映ってると嬉しいくらいです。
右京区民なので残念ながら範囲外ですが。

sion (2008/08/12(Tue) 00:50)

観光地のない南の住宅街を網羅したgoogle先生にゃあ脱帽です。
♀の友人が「うかつに住所言えなくなった」と申しておりました。女性は怖いかもしれないですねぇ。

(2008/08/12(Tue) 01:12)

「便利」より「面白い」が先に立ってしまうため、娯楽用品にしか思えません。
娯楽にするにはちと、開けっぴろげすぎますな。近所のオッサンの車、ナンバー丸写りですし。

「そこらじゅうに観光客がウロついてる」のは確かに当たり前ですが、もっぱら「邪魔だから退け」という状況が多すぎて…

ちなみに友人の家を見に行ってみたら、信号待ちのトラック&ゴミ収集車で見事にガードされてました。やるな。

はしゃ (2008/08/12(Tue) 12:01)

>越前
あそこもかなり鬱蒼とした海草の森、という印象はあるのですが、でも魚もいるな。ちゃんと。
軍艦岩んところとかビーチエントリ可能にも関わらず、すぐ深くなるし魚天国だわで好印象。
ただよく越前ツアー組んでいた近所のダイブ屋が廃業したっぽく連絡不能となっています。なので最近いってません。
自力でアッチまで行けなくはないのですが、帰りの運転がしんどい……

>ストリートビュー
単純にメリットデメリットを比較する人が多いなか、私の感覚では「デメリットはほぼない」て印象。
プライバシー云々は「ナニを今更」という感じで。これが京都独特のものかなーというのが気になるところです。

自分を探したのですが写ってなかったなあ。まあ普段から職場と家との往復しかしてないので無理ないのですが。
ウチの車は普通に写ってましたが、ナンバーは読み取れなさそうな感じでした。

>♀の友人が「うかつに住所言えなくなった」
それはちょっとズレてやしませんか。住所なんてもとより迂闊に言うもんじゃないのでは。
こわいのは住所を知ってgoogleのカメラを見る人ではなく、住所を知って実際に家の前に来る人でなかろか。
ストリートビューで問題が出るようなら、ストリートビューの登場以前からそういう懸念を持っていたほうがいいかも。
元から衛星写真ではいくらでも見ることができたもので、違うのは視点だけですし。

これがもし、どっかのライブカメラの画角内に自宅が入っててリアルタイムで見られてしまうとゆーなら確かに
ちょいと考慮してくれやとは思いますが。

まんさく (2008/08/12(Tue) 18:14)

> ストリートビュー
法的な面から感情論になるのを警戒している人もいるようです。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/17d245d42e0ce0474c3dfaee5cdbb580
とはいっても、根は「お前らの『正義』とやらを押し付けるな」というところだと思うので、感情論は避けられないように思います。

> リアルタイムで見られてしまう
見合うコストで技術的に出来るなら間違いなくやっていたと思う。最終的にはそこを目指しているはず。
そう感じる人が多いから今から騒ぎになっているのでしょうね。


2008/08/12(Tue) この日を編集

[PC]USBメモリが死んだので買い換える

あんなの死ぬんだなー。データ的な実害はゼロ。ReadyBoostにしか使ってなかったので。最近いくつかのアプリケーションの起動が遅くなったな?と思ってた。ReadyBoostは特にフラッシュメモリに負荷をかけないという話もあったが、それが嘘だったのか運が悪いだけなのか。まあ後者だと思うけれど。

件の死んだメモリはドライブとしては認識するが、アクセスしようとすると「ファンクションが間違っています」。別に稼動しているWin2kのPCとWinXPのPCにそれぞれつけても同じだったから、もうダメだろう。PC背面のUSBコネクタに、他のコネクタに押されながらむりやり突っ込んでたから何かの拍子で接触不良気味にでもなってたかも知れず。

ReadyBoost有効だったときの高速化っぷりにはけっこう満足していたので、別のUSBメモリを発注し、先日届いた。ブツはバッキャローのRUF-C4GS-BL/U2。amazonでそこそこ手軽に買えるもの、とゆーやる気の感じられないチョイス。特に速い遅いとか聞かないふつーのUSBメモリだけど、安いってことは重要だ。

バッキャローご自慢のTurboUSBはディセーブルでも普通にReadyBoostとして使えそうだったけど、せっかくなので設定しておく。効果の違いは、わからんなあ。ベンチでもとりゃいいんだろけど、そこまでこだわる気がしていない。

[デジカメ]マイクロフォーサーズ発表後に「フォーサーズ終わった」という人多いなあ

そんなワケないじゃん。まあそう書きたがる人たちの大半にとってフォーサーズは最初っから始まってすらいなかったのは確実だが。

マイクロでないふつうフォーサーズは絶対に続く。マイクロフォーサーズの全肯定の俺でも、ミラーを廃したマイクロフォーサーズではAFの高速化がむちゃくちゃ困難ということが一眼市場において巨大欠点になると思っている。いや高速化できなくはないだろけど。

AF速度を捨てるというなら別だけど、E-3とSWDレンズで超高速AFシステムを作り上げてるオリンパスがそうする訳がない。Eシリーズを完全にマイクロ化したらSWDの高速性なんか何の役にも立たなくなる。

もとよりフォーサーズはオリンパスがなんだかんだ言っても、小型化のための規格じゃなかった。結果的に他社より小さい素子だから営業上「小型化にも適した」と言ってただけで、規格つくった時の理想とリソースを満たすのがアレだっただけだ。本当に小型一眼を作るつもりならE-1のチャレンジブルなボディサイズをどう言い訳するつもりなのか。E-400系が実現した劇的な小ささはフォーサーズの本懐ではないと思っている。逆に言えばフォーサーズの「本来の理想サイズ」はやっぱり未だにE-1ないしE-3のサイズだろう。

マイクロフォーサーズがデジタル一眼レフに慣れた目から見たらダメなのは当たり前で、デジタル一眼レフユーザに訴求するのはあくまでフォーサーズのE-3。マイクロフォーサーズは一眼オタなんか相手にするつもりはなく、「コンパクトデジカメユーザに一眼を売るため」のもの。SP-570UZやDMC-FZ系といった多倍率ズームや、DMC-LX系のユーザに対し、多倍率ズームでは不可能な撮像素子面積*1や自然な操作性、強力な連射とかで売り込む。

だからコンパクトデジカメでは普通は搭載していない位相差AFなんかマイクロフォーサーズではぜんぜん必須条件にはならない。光学ファインダも不必要。俺はEVFも要らないとすら思う。ズームもボタン操作でいい(さすがにズームリングにすると思うけど)。標準レンズもバリフォーカルでOK。そのかわり、コンパクトデジカメでは当たり前に可能な動画撮影は絶対に必要だし、もちろんライブビューや顔認識といった要素も備えなければならない。また手ぶれ補正は標準でついてる必要があると思っている。なにせコンパクトデジカメでは当たり前だから。

で、コンパクトデジカメの代替として買ったユーザのうち何割かが写りを求めてフォーサーズの単焦点マクロレンズなんかをアダプタ経由で繋げ、さらに何割かはそのレンズを流用できる普通フォーサーズボディにシフトするとゆープラン。これは俺はたいへん自然に思える。キャノン内でEF-SとEFが同居しており、Kiss系ユーザがEFレンズを買い、その後で5Dを買ってもおかしくないようなもの。キャノンなんぞAPS-Hも含めるとイメージサークルが違う3フォーマット戦略だ。それを思えばフランジバックとマウントサイズは違ってもイメージサークル共通のフォーサーズ&マイクロフォーサーズは全然普通。

なのでフォーサーズは今後も続くだろう。現状オリンパスは大のE-3、中のE-520、小のE-420だけど、実質的にマイクロで置き換えられるのは小ラインだけで、大は確実に維持、さらに中のE-520後継もふつうフォーサーズで出すと思う。マイクロが大当たりすれば中はわからないけど。

余談として、マイクロフォーサーズが成功するかどうかの決め手はボディじゃなくレンズとみている。コンパクトデジカメからの移行組で一番ネックになりそうなのは「マクロモードで近づけない」という点ではないかと。とにかく最初にレンズキットとしてつけるレンズを寄れるものにするのは大事じゃなかろか。なんならレンズにマクロスイッチつけてもいいくらい。

とか書いてたらimpressで細かくフォーサーズとの差や、フォーサーズ用ボディのリリースを続けるとゆー内容が書かれており、このエントリはまったく無意味になったヘコー。

*1 多倍率ズームを実現するために一番手っ取り早いのは撮像素子を思いっきり小さくすること。現状でも大半が1/2.5型積んでる。

[デジカメ]HD動画仲間なのでFinePix S2000HDをとりあげておく

先週あたりからチラホラ聞いてはいた機種。デジカメでHD動画を撮ろうクラブ(部員:俺)を形成してるのでぜひ書いておきたいと思った。ヨサゲじゃないですか。

現時点で仕様表のMovie clipsは「AVI (Motion JPEG )」で、File formatsでは「MPEG4 (Video)」となってるなど一部おかしいけど、おそらく後者が正しいんじゃないかと。富士フィルムは松下やキャノンと違って自社ビデオカメラ事業部の顔色を伺う必要もないし。多倍率ズームのHD動画どうしTZ5と比較したくなるけど、これは「ミニサイズEX-F1」ではないかという気もした。ざっと比較表にしてみよう。

FinePix S2000HDDMC-TZ5EX-F1
撮像素子1/2.3CCD 1,000万画素1/2.33CCD 910万画素1/1.8CMOS 600万画素
レンズ27.6-414mm F3.5-5.428-280mm F3.3-4.936-432mm F2.7-4.6
高速連写モード300万画素 13.5fps200万画素 8fps600万画素 60fps
動画フォーマット1280x720/30fps/モノラル/MPEG41280x720/30fps/モノラル/MotionJPEG1920x1080/60fieldps/ステレオ/H.264
EVF0.2型20万画素なし0.2型20万画素
背面液晶2.7型23万画素3型46万画素2.8型23万画素
電源単三x4専用リチウムイオン専用リチウムイオン
サイズ111.0x78.9x75.7mm 426g103.3x59.3x36.5mm 214g127.7x79.6x130.1mm 671g

てな感じで。動画と同時に存在する高速連射が地味に魅力。動画フォーマットがMPEG4のほうが正しいのであれば、という条件において、EX-F1に手が届かない層の福音になるかもと期待したい。

もしMotionJPEGのほうが正しいのなら「でかいTZ5」としか思わないので速やかに興味を失うことにする。

とここまで書いた時点で(今日こんなのばかりだ)「Zoom function cannot be used during movie recording」という行に気付いた……いくら空気読まないことにかけては定評がある富士フィルムでもこんな動画機まるだしな型番で「動画記録中のズーム操作不可」などというアタマが悪い制限をつけるとは思いがたいんだけど。さてどうだろう。

本日のコメント(全9件) [コメントを書く]
parker (2008/08/12(Tue) 21:31)

USBについてですが、私もバッキャローの同シリーズ(以前のモデルかも)を2つ買いましたが、1つは1年弱で読み書き、フォーマット不能になってしまいました。安いし蓋も別売りしてるので便利だと思いますが、使えなくなってしまったという前例の報告として参考までに。今回も動画すばらしい!私は日本海に潜ったことありませんが、なんだか寒々としてますな。和歌山でダイビンの免許取りました。どこだったかな、源義経でおなじみの弁慶のお父さんの神社があるとこでした。

まんさく (2008/08/13(Wed) 14:23)

> フォーサーズ
なんか私もこの話題に粘着気味ですが。
私も今の時点で「フォーサーズが終わった」とは思わないけど、片互換しかない規格を2本立てで進めるオリンパスの企業としての体力を危惧します。
一歩間違うとフォーサーズよりも先にオリンパスが終わりかねない。
すでにカメラ系・デジもの系以外の雑誌には「一眼レフ新規格」などと書かれているし、オリンパスの意図がよく伝わっていない感もあります。
元々のフォーサーズの頃からを含め、「商品」としてそれでいいの?とか思ってしまいます。
元オリンパスユーザーとしてすごく心配。まあボディが発表されないことにはなんとも。

はしゃ (2008/08/13(Wed) 14:30)

>USBメモリ
なんか不吉な予言が(T_T)
まあ全然こんなの消耗品で構わないと思ってるので、私としては1年保てばいいや、と。
保証書なんかも残してないなあ。

>日本海
先日の更新ですね。よくいわれるのが「おいしそうな魚しか見かけない」です。和歌山あたりで
潜ってもあまり美味しそう!という気はしないもんなあ。こちとらタコとかカニだよ。

>マイクロフォーサーズ
オリンパスの体力という点において問題にしてる人は多いですが、私は「妥当」と思っています。
マイクロフォーサーズは基本的には松下の規格ではなかろか、と思っております故。
だとすると開発数は今までとかわらない。E-330→DMC-L1の逆で、松下開発で作るカンジ。
というのを新しいエントリ書きかけてましたが、もうとっととアップロードしちゃおう。

まんさく (2008/08/13(Wed) 15:09)

> マイクロフォーサーズは基本的には松下の規格ではなかろか
ボディの開発よりも、レンズのラインナップをそろえ続ける方に体力が要りそうという話で。
松下はレンズについて言えば売れ筋焦点距離を高収益のライカブランドの高額モデルでつまみ食いすればいいですが(←失礼)、
オリンパスはフォーサーズの幹事メーカーとしてレギュラー・マイクロ両ラインのレンズをそろえ続けなければならない。
確実に今までより体力がいるし、結果としてレギュラーラインの安い系統は大幅縮小することになるかもしれない。
一般に交換レンズタイプのカメラの収益の多くは交換レンズによると言われているので、そのあたりが心配です。

はしゃ (2008/08/13(Wed) 15:46)

オリンパスが出すマイクロフォーサーズレンズはそこまで多くならないのでは、と思っております。

私はマイクロフォーサーズは、レンズ交換を積極的に売りにしない、と確信に近く考えています。
「レンズ交換式一眼カメラ」であろうと一眼システムのお約束な売り方はせず、高級コンパクト機扱いと見ています。
だからレンズなんか高級コンパクトに匹敵するのが一種類だけあれば事足りる。
でもそれではレンズ交換可能というのを忘れられるので二、三種類は出すでしょうけれども。それ以外の大口径単焦点などのレンズは
「フォーサーズレンズをどうぞ」。で「フォーサーズレンズが揃ってきたら、フォーサーズボディもよろしくね」という。

私がオリンパスの中の人なら絶対にそうする。マイクロフォーサーズを新しい一眼システムなんてとらえるような無駄はしません。
たとえ、もしマイクロフォーサーズレンズを大量に出すことができるとしても、意図して充実させ過ぎないように絞る。
オリンパスが本当に売りたいのはマイクロではなく、ふつうのフォーサーズ、てかE-3とSWDレンズだと確信してます。

銀塩の知識がある人はペンFのイメージが強いからマイクロフォーサーズでも一大システムが組まれるような雰囲気でおられますが、
ペンFなんざ全くしらない私からすると、マイクロは新規フォーマットにはまったく見えませんですよ。
あちこちでデジタルペンFと書かれてますが、たぶんオリンパス自身は一度もそんなことを言ってないと思う。

まんさく (2008/08/13(Wed) 22:17)

> 二、三種類
一瞬「ニコンレンズシリーズE」とか頭によぎったが、忘れます。古い話だ。全然違うし。
確かに言われてみれば、特に長玉をマイクロで出す意味は全くなさそう。
標準高倍率ズーム1本と、広角を中心に単焦点パンケーキが2・3本あれば事足りそうですね。
ついでにマイクロボディにはもれなくレギュラーレンズ用のマウントアダプタをつける、と。

> デジタルペンF
それはないの同感。但し、出っ張りのないすっきり細身ボディでレンズ交換可、の待望論としては理解できます。
中学時代親父のペンFTをガメてた自分としては、そもそも一大システムだったという印象が全くありません。すでに純正アクセサリはOMマウントアダプタしかなかったし。
60年代当時でも実質「他社高級一体型より小さくて、望めばレンズ交換できる」線で売れてたのではなかろうか?と思うくらい。

HAL (2008/08/17(Sun) 18:06)

デジイチ系統新参者の自分としては
マイクロフォーサーズもフォーサーズも従来の一眼レフに縛られた呪縛を切り捨てて、
フォーサーズはデジイチレフなら何ができるか、
どうすればいいかってのを突き詰めた感じがあるんですよね。
で、マイクロフォーサーズはデジイチレフにはできないが、
コンデジには何ができるか、ソレをデジイチレフのいいとこと組み合わせて、
新しいデジイチ(not一眼レフ)を作ったとしか思えなくて
そうやってみるとすげーいい気がするんですよね。

コンデジのような使い方でもっと綺麗な撮影、綺麗な動画を取りたいって人にはお勧めですし。
コンデジはコンデジであることが売りっすけど、
カメラカメラしてるのが好きって人は確実にいるし、そういう層をどんだけ取り込めるかが勝負ぽいなぁ・・・
いいなぁ・・・でも、つい最近K200D買ってもうたよorz

はしゃ (2008/08/19(Tue) 17:34)

ペンタックス人気すぎる。

フォーサーズは仰るとおり「一眼レフカメラ」でなく「デジタル一眼レフカメラ」にこだわりまくったあたりが魅力なので、
「デジタル一眼レフカメラ」の定義に入らないマイクロとはまるっきり別方向にあると思っているです。

カメラカメラしてるのが好きって人、は減少傾向にあると私は思っています。もちろん充分多いし、今後もゼロにはならない。
しかしカメラヲタ以外が見るとやっぱ、P・A・S・Mはドン引きなんですよね。いやAv、Tvでもいいんですが。
プログラムシフトがあれば絵もつくれるしー、てなもんで。超長時間露光も欲しいか。でもシーンモード内でも事足りる。

マイクロフォーサーズは、私の希望では「一切、一眼ヲタに訴求しない」くらいを期待したいなーと。

Nesxvzbs (2010/03/29(Mon) 15:53)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袦袮袸袪袧袮


2008/08/13(Wed) この日を編集

[デジカメ]チラシの裏に書いたフォーサーズボディの予想

impressの記事にこんなことが書いてある。

我々は年内にも複数のフォーサーズ用ボディを発売する予定ですし

あんたらすでに年内にE-420、E-520の2台を出している。そもそもE-3を出したのは去年11月末だ。どんだけハイペースやねん。

そしてマイクロフォーサーズはタイミング的に年末商戦に出すと思われることから、オリンパスだけで3台、松下のマイクロフォーサーズを入れるとフォーサーズ全体で出るのは次の4機種ではないかと予測をたててみた。年内なのに鬼も笑いそうなほどテキトーな予想なので本気にとらないよーに。

オリンパス・大
E-3ボディに新撮像素子を突っ込んだフォーサーズ機。現状E-3は撮像素子がE-420/520と同等になってるから、その点で差別化を明確にする機体。連射速度なども強化し、競合機種に純粋に数字で勝つためのモデル。というのが現実的でないかと。20万円スタート。
オリンパス・中
E-520後継の新規開発フォーサーズ機。現状のE-420/520ユーザと、マイクロフォーサーズを卒業した層を取り込むオーソドックスなモデル。AFはたぶん強化される。希望としてライブビューA復活(これは厳しいが)とバリアングル液晶搭載でE-330後継も担ってほしい。という希望。12万円クラスからってところか。
オリンパス・小
オリンパスのマイクロフォーサーズ一号機。開発は松下じゃなかろか。EVF装備し同社SP-570UZと同サイズで一眼画質で売るんじゃ、と。ちなみにSP-570UZは重量445g、E-420レンズキットは570g。撮像素子シフト手ぶれ補正を載せ、動画撮影をサポートし、一眼とコンパクトのいいとこ取りを狙うが、実はあまり売れない機種で終わる、ていうオリンパスらしい顛末を予想した。レンズキット8万円スタートと読む。
松下・小
オリンパス・小と共用部分が多いマイクロフォーサーズ。EVFもグリップもなし、手ぶれ補正もレンズに任せた異常な薄型機を狙っている疑惑。レンズが交換できて、撮像素子がフォーサーズサイズの、コンパクトデジカメ。タレント使ったTVCMとかやる類。浜崎あゆみはいらねえが。ライカの呪縛を脱却すればレンズキット7万円スタート。脱却しなければ10万円スタートとみている。

つまりボディ新規開発はオリンパス・中のみ。オリンパス・大は撮像素子交換だけ、オリンパス・小は松下からボディもらって凌ぐ。俺はオリンパスの完全なボディ新規開発能力は年1台と思ってる。2003年末のE-1、2004年末(実際には2005初頭だったが)のE-300、2005年末のE-500、2006年末のE-400、2007年末のE-3、そして2008年末のオリンパス・中と思えばたいへんしっくりくる。*1

気になるのはオリンパスのマイクロフォーサーズ一号機の値段づけで、どうもオリンパスは商売下手な印象が強い。他社一眼レフのエントリ機並の値札をつける可能性がある。E-410とか10万円くらいでスタートしたもんなあ。

間違っても他社一眼レフエントリ機をライバルにおくなんて馬鹿な真似をしてくれるなよオリンパス。小ささで楽勝でもAF性能で負けるのは確実で、勝負してはいけない。違うジャンルの代物なんだから。相手にするのは高級コンパクトの、例えばPowerShot GシリーズやGX200あたり。それと比較対象になる価格に収めてほしいところ。それらとほぼ同サイズのボディで一眼の撮像素子とレンズ交換システムだよ、という訴求で勝負したらいい線行くと思う。

PowerShot Gあたりを買う連中ってのはバカみたいなボケや非現実的な焦点距離でなく、本当に写りにしか興味がない層だ。そーいう奴らにはフォーサーズのレンズと撮像素子は思いっきり説得力があるだろう。PowerShot GやGX200はだいたい6万円スタートだから、マイクロフォーサーズはレンズキット7〜8万円ならイケんじゃないかと。

繰り返すけどここのエントリは俺の妄想なので、こうなるという訳ではありませんご注意あれ。

余談としてこんだけマイクロフォーサーズを擁護してる俺だけど、もし万一本当にこの通りになったらオリンパス・中を買う気がしている。

*1 E-330はE-300の流用、E-410/420/510/520はE-400の流用として数に数えない。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
まんさく (2008/08/13(Wed) 22:33)

オリンパス・謎
  マイクロフォーサーズでペルチェ冷却の天体写真用すっぴんボディ。
  EVFは装備。顕微鏡撮影用にも最適。
オリンパス・海
  「小」用の広角レンズ・専用水中ケースのセット。
  コンパクト機の防水ケース+αのサイズで一眼画質。
…なんてね。望遠鏡や顕微鏡にはマイクロの方が合いそうだ。妄想でした。

oyakata (2008/08/15(Fri) 02:17)

何だかキワモノくさいなと思いつつ見物していたマイクロ・フォーサーズが魅力的に見えてきました。
私の使っているPENTAXはというと、何だか色々と親会社の方から縛りを受けて始めているっぽいです。
今年に入ってから発売したレンズって結構タムロンのOEMだったりして、
営業さんと話をしていると、その辺の苦労というか悲しみが滲み出してますね…

元気なオリンパスには是非頑張って欲しいものです。

って、順調に増え続けているKマウント資産がgg…

はしゃ (2008/08/19(Tue) 17:41)

>海
これいいなあ。オリンパス一眼の純正ハウジングは高すぎ・デカすぎる。
ただ高速AFを排除したマイクロフォーサーズはちとチャレンジングすぎるかも。MFとか?スパルタンすぎる。

>キワモノくさい
「デジタル一眼レフ」としては容赦なくキワモノだと確信しています。その範囲から抜けられるかどーか、てのが気になる。
ペンタックスはなにげにOptioをじわじわ復帰させたり、またその復帰したモデルがなかなか魅力あったりと
ナニゲに復活フラグがあるのに期待したい。私ゃ一眼はオリですがコンパクトはペンタックスが好きなんだ。

タムロンのOEMはもうアチコチにありすぎてなんだかよくわからなくなってきています。ニコンでもちらほら。


2008/08/19(Tue) この日を編集

[]レガシィのATのターボ乗ってる。アクセルを踏むとエンジン止まる。ちょっと蒼白。

ネタに解説もアレだけどタイトルの元は神のGTO参照。それはさておき、今はこの現象は収まってる。しかし原因も、何故動くようになったかもわからないので再発が不安。なんだろうこれは。

俺はどうやら他人から見ると「車に詳しい人」という印象があるらしい。そん時の同乗者にも「あれ?なんでアナタがこれを解決できない?」という目で見られた。全然そんなことはねえよ。車のテクノロジや挙動やらを研究するのが面白いだけで、ハードウェアそのものに関してはまるでわからない。実はオイル交換すら車検時以外したことないんだぜ?*1

ともあれ今回のトラブルは出先で駐車場から動かそうとしたときに発生した。

  • まずセルは回るし、エンジンはかかる
  • アイドリングは安定している
  • Dレンジにいれるとクリープ現象で動く
  • しかし、アクセルを踏むとエンジンが止まる

駐車スペースから微妙に出た通路で止まってしまい、アレアレ言って始動・停止を繰り返してるあいだに他の通行車がきたのであわててニュートラルに突っ込んでエイコラと車を押してスペースに戻した。後から思うとクリープ現象はするんだからRレンジで後ろに動いたハズだが。

車検は二ヶ月ほど前に受けている。アクセルを踏んだときに少しノッキングの気配のあと止まること発見。アイドリング中に少しだけアクセル蹴るように踏んですぐ離すと、ぐっと窒息したかのような雰囲気の後、エンジン止まる寸前で復帰した。窒息というイメージからエアフィルタを疑うが、もっと回転高いとともかく、少し踏んだだけでってのは納得しにくい。

漏れがちなオイルを疑ったが、ゲージをみるとまだ大丈夫。交換は前述のように車検時なので二ヶ月前。セルを回すといつもよりエンジンかかるまで時間がかかるため電気も疑ったけど、微妙にカブってるだけかも。同乗者はガソリンのにおいがするというが、俺は全然かんじられず。急にエンジンが止まったことで圧力差で混合気がちょろっと出たとかそういうこともあるかも。ないかも。レガシィではよく壊れるというエアフロか。でもこれも真っ先にアイドリングの安定性や、高回転で影響が出そうな気がする。アイドリングで安定してアクセルを1cm踏むとエンスト、てのは敏感すぎる気もする。

悩みながらアイドリング中にエアコンをONしてエンジンの回転を上げてみたところ、それは普通に上がった。そこからそろーりそろーりアクセルを踏むと、さらに回転が上がった!今の内に、と動かして脱出したところ、その日はもう大丈夫だった。なんだったんだろう。

それ以来乗ってないのでわからないけど、もし「必ずアイドリング中にエアコンを起動してから動かさないとダメな車」ということになったら、それは盗難防止として高度すぎて不便だ。車わかんねえ全く。とりあえずしばらく気にしておくことにしとく。

*1 走行距離が伸びないので、つい……経年でガンガン劣化するから、本当はよくない。

[PC]MacBook Airがこの夏の暑さでどんどん悲鳴をあげている模様

Cure2Duoのコアの片肺だけ死ぬという器用な状態となるらしい。完全な熱暴走前に片肺走行に切り替えて熱を落として保護してるんだろか。あるいは単にコアが片方、本当に死ぬだけなのか?

前者だとすると器用だと感心したい。Windowsでは意図的なBIOS設定でわざとやる以外にはCore2Duoの片肺運転なんて聞かない。動的な切り替えは無理だったと思う*1。MacBook AirのCore2Duoは特注品のハズなので、限定機能なのか。

それにしてもアポーは相変わらず熱設計が甘すぎる。68kMacの頃から大量に熱で焼け死んでいたのに何も進歩していない。うちの実家のiMacも熱で死んだ。樹脂だと変形するわ、金属筐体で全体で熱を逃がす構造だと筐体ごと灼熱物質になるわ、がMac。こういった熱死Macは酷使されすぎなのかと思っていたが、ウチの実家は違ったし、MacBook AirもこちらのサイトのCPUモニタでは片肺状態になる前の負荷は5割程度。計算能力を半分しか使ってなくても長時間動かしてたらCPU片方殺す!

国産メーカのWindows機では、ここまでの熱に対する脆弱性はPentium4から開放された今やまず考えられない*2。ファンレス機を作るとき、ファンレスで動かし続ける能力がないものからファンだけ取り払って売る(PowerMacの頃は水冷モデルも出してたっけか)アポーのハードウェア部門はナニを考えてるんだろう。あの会社はOSとデザインだけやっときゃいいんじゃないかなー。

まあ熱設計ミスでボロクソ状態になるのはXbox360初期型でもあったし、米国は意外とそういうあたりを気にしない、てことかもしれない。イメージ的には訴訟社会とかでそのへん気にしてそうな印象強いんだけども。

*1 やりゃできそうな気もするけど、Enhanced SpeedStepがあれば必要性がないか。

*2 それともあるのか?ウチではノートPCの基準は値段・操作性・可搬性の順で性能は度外視なので熱問題は出ない。

本日のコメント(全12件) [コメントを書く]
or2=3 (2008/08/19(Tue) 20:09)

>アクセル踏むとエンジン止まる
ATFの劣化なんかも疑わしいかと。走行10万kmは超えてないんですよね。
エアコンONだとアイドルアップしてるので動き出しがスムーズだとか。
左足でブレーキを踏んづけて、アイドルアップ程度にアクセル踏んで
そっとブレーキを離す、で対応できないでしょうか。

>Appleの熱暴走
発熱の少なさも踏まえてIntelに移行したんじゃなかったか、と。
ウチのPowerBook12inchも気が付いたらメモリ片バンク死んでましたw
熱設計が甘すぎるというか楽観的過ぎというか軽視も甚だしいというか。

>OSとデザインだけやっときゃいい
むしろデザイン部門を独立させてしまったほうがいいかと。ポルシェのように。

でも、これに懲りることなく、Atom UMPCをベースに
「MacBook nano」とか「MacBook touch」を近いうちに出して
また熱暴走問題を繰り返すのがAppleがAppleたる所以かと。

>>Windows機の耐熱脆弱性
一部モバイルに僅かに存在する程度じゃないかと。それに対する
Intelの「速さか熱かどっちか割り切れ」という回答の「速さ」版が
Atomではないかと思います。
そしてMSにさえ「Vista搭載」を割り切らせる徹底ぶりw

センパイ (2008/08/19(Tue) 21:12)

お初に書き込みいたします。

>アクセル踏むとエンジン止まる

燃料噴射機が逝かれちゃってるor配電盤が逝かれてるなんて可能性も有りかと。

はしゃ (2008/08/19(Tue) 21:35)

>エンジン
ATFは中古で買った直後に入れ替えてるので、今のATFにしてから(いやATFは全量を交換できるワケじゃ
ないですが)は2、3万km程度です。
ATなので発進はえっらいゆっくり踏んだのですが、やっぱりダメでした。
むしろエアコンONでエンストしなかったことに私びっくりという。

インジェクタは、なるほど。アクセルを踏んだときに供給するはずが何かの要因で全閉になるとか。
エアコンONでの回転数増加とは違う理由もなんとなく納得できそうな。次に症状が出たら疑ってみます。
ってどう疑えばいいんだろう。やっぱエアコンとの癖の違いをみるしかないか。あと配電盤て……ナニ?(T_T)

>MacBook nano
iPod nanoの発熱発火どころじゃねえー。それ単なる「MacOSXを載せたハクキンカイロ」ではないかと。むしろ欲しくなってきた。

あーアポーデザイン社とかできたらいいですね。
確かにポルシェぽいかもしれない。アポーは単なるカタチだけでなく「工業デザイン」のセンスがすごいなあというあたり。
アポーデザインがてがけ、製造はNECとか富士通とか松下とか東芝のノートPCとか出たら最高。OSはなんでもいいや。

元帝国信者 (2008/08/19(Tue) 21:39)

中の人ですが、おそらく燃料を噴射する量が限定されてしまっているため吹かすとノッキングということでしょう。
ただ、エアコンON時に主に変わる制御はアイドル空気量制御なんですので、ISC(旧いレガシィならスロットルの上についてます)が気持ち開きすぎになっているとか。

再現性が高いならディーラーでロギングしてもらえば何の異常か判断がつくと思います。

元帝国信者 (2008/08/19(Tue) 22:01)

センパイさんに書かれてしまった・・・。

補:燃料系といってもインジェクタからプレッシャレギュレータ、燃料ポンプまでの故障〜フィルターの詰まりまでありますので一点一点あたる必要があります。

配電盤>エンジンルーム向かって右のリレーボックスの中のヒューズやリレー類に異常がある可能性もあります。

eddy (2008/08/20(Wed) 01:38)

スバルのエアフロはハンダ付けが甘いようで、壊れやすいそうです。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/impreza/airflow/airflow.html
「しばらくすると治った」ってのがハンダのクラックとか接点不良っぽいので参考まで。

まー今時の車はセンサーとコンピュータのかたまりですから、故障時の原因の特定のしづらいことこの上ないですね。

kw (2008/08/20(Wed) 09:41)

>熱
Pen4時代に動作周波数戦争してた頃の限界ギリギリの耐熱設計をガチで繰り広げたメーカと
そうじゃないメーカ(Apple)の差なんじゃないですかね。
当時はPen4も焼けてたし、Athlonも焼き鳥と揶揄されてたし
intelやAMDの方針転換でクロックアップよりも
消費電力効率という風に傾いた今でこそ熱も抑えられる結果になり
当時の冷却ノウハウがあるメーカにしてみれば問題なくなったと。
一度、対熱設計の修羅場を潜り抜ければAppleもマシになるんじゃないでしょうか。
ただし本当にAppleのハードウェア部門は想像の斜め上を行くので
どんな対策するのかはちょっと見ものですけど。

とおりすがり (2008/08/20(Wed) 14:36)

>エンスト
元帝国信者さんも書かれていますが
ISCバルブかエアフロが怪しいです。
ディーラーでセンサーのチェックと自己診断機能のエラーログを見てもらうのが早いかと。

自分はインプレッサ(初代)に乗っているのですが
以前、エアフロが壊れた時に似たような症状が出てましたよ

はしゃ (2008/08/20(Wed) 14:41)

>Macの熱
PowerPC G5の熱はかなりのものでしたし(末期Pen4と比べるとどうよ、とはいえ)、あんまり期待できないかと。
あん時ゃ結局ノートを断念したりデスクトップでもケースの正面全体で空気吸ったり水冷したりしてました。そっからわざわざ逆戻り。
いわゆるClassicなMacからアポーの熱設計は狂っていましたので、もう根本的に熱を無視してる疑惑。
冷房のよく効いた摂氏10度くらいで使ってください、という感じ。

>燃料系
おおお。要するにディーラーもってかないとどうにもならないという事実発覚。症状でやすい操作とかもなさそうだなー。
再発しなければ放置しとくか、とも思っているのですが、なんか出たら助言に従い「全部みて」とお願いすることにします(T_T)
そんときゃコメント欄プリントアウトしていくことになろうかと。

>スバルのエアフロ
そのページ存じておりますです。それを参考に改修作業も考えたのですが、上記のように違うんじゃないカナー、とか思いきや。

>インプレッサ(初代)〜エアフロが壊れた時に似たような症状
うお。やっぱいっぺん入庫すっかなあ。すでにオイルシール劣化、ブレーキパッドもちょい心配、外気温計エラーと
色々トラブルかかえてるし。

HAL (2008/08/20(Wed) 20:56)

似たような現象はバイクでありますね。
3番以外ほぼ該当(というかMTにドライブない)

結果としては原因がキャブだったので、車には関係なさそうですが、
混合気の割合がいかれてるとかはあるかもしれないですね。
力かかってないときは大丈夫だけど、かかるとアウトみたいな感じだったり。

元帝国信者「そういや皇国の続きも見たい」 (2008/08/20(Wed) 22:21)

>そんときゃコメント欄プリントアウトしていくことになろうかと。
すみません、そのときは前の書き込みの一部&これ以降は消していただけないかと・・・・(- -。

・燃料系とすると。
  要は圧力か量が足りない。燃料配管のエンジンに流れ込む側を押すとぜんぜん圧力が足りないとか、何かエアをかんでいる音がするとか・・・。
・ISCとすると。
  エアコンONでエンジンをまず確実に始動、その後エアコンOFF⇒アイドル不安定やスロットル全閉時にエンスト。
・ECUそのものとすると。
  ECUは確か助手席の足元の内張りをはがし、金属板をはずしたところにあるので露出させてコネクタチェック、ついでに運転席側足元奥のヒューズボックスもチェック。

といったあたりで判定します、ええ、半分職人。
近場なら出向いて見て差し上げたいのですが・・・・。

自動車用エアフロは基本的にECUシステムメーカの数しかないのでどこも同じなんですが、スバルのだけが壊れやすいってことは(以下自粛)。

覇者さんのレガシィは以前HPでぼかしが入っているやつですよね?
一応国内の自動車メーカは生産終了後10年間性能維持部品の供給を義務付けられています。もう何年かお乗りいただけるのであれば、2代目レガシィはこの期間経過してますのでこれを機会に不具合を一掃されるのがよろしいかと思います。
オイル漏れはちょっとアレですが他の部分は交換後相応にもってくれるでしょう。
私は某デザイナーが途中で投げ出した車に乗ってますが部品維持に汲々としておりますから・・・・。

ただ、「全部チェックして」はいいですが、部品交換はしっかりリストを作ってもらって値段と交換しなかった場合のリスクの説明を受けてからにしてくださいね。年数交換のものもあれば走行距離交換の部品もありますので。

2代目レガシィのセダンは私も好きな車ですので経過良好なることをお祈りいたします。

マルヤ (2008/08/21(Thu) 00:37)

>アクセル踏むとエンジン止まる
多分ここに書き込みされてる対処で大丈夫だと思いますが、
電子制御式燃料噴射装置の車にはスロットルバルブにアクセル開度がどの位置か判断するスロットルポジションセンサーがあるので、
その部分の接点の接触不良もあるかもしれませんよ。
アイドル位置状態からアクセルが開いた位置を判断するだけなので構造は簡単なのですが、
それなりに距離を走れば接触不良になって動作不良になる事もあります。


2008/08/20(Wed) この日を編集

[]『SHI-NO -シノ-』東条さかな/上月雨音

プラトニックロリコンライトノベルの漫画版。全1巻。原作小説を読んだ感想はこのへん

これはいいロリコン漫画ですね。ロリコン適性に致命的に欠ける俺でも、手足の細さがそれだけでヤバいと思う。別の登場人物、女子中学生の真白ちゃんは普通の少女の身体をしてるので、対比でそらもうすごいことに。

三大ロリラノベと称される中では、『紅』とゆーアニメにもなったのがあるけど、アチラは俺どうもダメだった。何が違うって『紅』はなんかエロいんだなあ。そんなの求めちゃいないんだよ。せっかくウゼエ性的要素を排除できるほどの低年齢*1を扱っておきながらエロに貶めるなんて勿体無すぎる。いやまあこの漫画にある志乃ちゃんのシャワーシーンで、しっかりほくほくしてるんだけどな(全然ダメだ)。

まあ少女美語りはおいとこう。きもいし。

これは小説の漫画化ではなくサイドストーリーというか、合間のなんでもない日常をちらと書いたとゆー代物。事件が起こるでもなく、単に男子大学生の「僕」と女子小学生の志乃、他にも真白ちゃんやキララ先輩、クロス君がだらだらするという、まるでエロゲのファンディスクみたいな話。

なので基本的には、少なくとも真白ちゃんが出てくる3巻までの小説既読者用。小説未読でこれだけ読むと、ただワケわからん話と「志乃ちゃんかわいい」だけで終わっていく。それで充分かもという気はするが。あまり黒ベタが存在しない漫画内で、たまらん美しさを湛える志乃ちゃんの黒髪があれば。いやだから黙れ俺。

さらに小説未読で漫画から読むと一部はバレになる。漫画内での会話は、小説内の事件があったことが前提にしてあるし。さらに漫画のキャラクタは小説とまったく違和感がないけれど、それだけに事件が発生しない漫画内では志乃は妄想気味な中二病としか思えないんじゃないかな。いや小学生だけど。で、主人公「僕」はその女子小学生の保護者の立場で実際には飼われつつしかしメロメロなダメ大学生に見えそうだ。あ、それは原作でもそうか。

なのでやっぱし小説未読だとやめといたほうがいいかも。特に、いずれ絶対に小説を読むつもりでネタバレはゴメンだ、という人はNG。いちおう小説は推理のカタチでもあることだし。

小説既読の人に対しては、志乃も(以下すごく俺がきもいので略)し、真白ちゃんの出番も思ったより多くて嬉しいし、クロス君は相変わらず可哀想、残念ながらキララ先輩はちょっと影うすいけれどもキャラクタを楽しむという点ではものすげえ満喫できる、とプッシュしておく。各巻巻末の絵師ページとかが好きな人は悩む必要もないくらい。

小説ごと読むつもりの人もいるかもなので、原作のたいへんわかりにくい巻数をamazonリンクと一緒に書いとく。1巻から順に『黒き魂の少女』『アリスの子守唄』『天使と悪魔』(漫画版はここ以降の話)『愛の証明』(ここで第一部完)『呪いは五つの穴にある』『支倉志乃の敗北』『夢の最果て』『空色の未来図』。

*1 『紅』のヒロイン、紫は7歳。志乃は11歳。

[デジカメ]ITmediaのOptio W60広告記事がひどい

最初からトバすなあ。

防水性能は4メートルと、オリンパス「μ1030SW」(10メートル)と「μ850SW」(3メートル)の中間くらい。デザインのカジュアルさも両者の中間くらいの存在だ。

こんな露骨な誉め殺しでよくペンタックスが激怒しないもんだ。素直に「μ850SWより少し上回る程度だが、実用には充分」とか言っときゃいいのに。

実際にレジャーレベルでは3〜4mが適性。μ1030SWの10mて数字は、シュノーケルではふつう潜れないがスクーバ潜水には全然足りないというハンパなものなので、W60は充分いい線ついている。んだけど、上記の書き方をするといかにもヘボい。

全体に記事の構成がおかしい。思いつきてテキトーに書いたとしか思えない。レンズスペックを書いてる場所はまず倍率の話をして、「しかも屈曲光学系レンズ」というワケわからない煽り(屈曲光学は普通、カメラとしてはマイナス要素だ)をいれ、マクロモードのハナシをしたあとでいきなりズーム倍率のハナシに戻っている。

その間に「乱暴な扱い」に触れたりするが、もちろんこの要素では最強の防水防塵耐衝撃μ1030SWにド負けするのはデジカメ知識があると瞬時に想像するので、誉めてるうちに入らない。で、これより遥か後、1ページ目の最後でわざわざプロテクタージャケットに触れてる構成の意図はなんだろう。デフラグが暴走して文章の順番が狂ったか。

撮像素子云々は、この類の記事を読みなれてれば「ISO800では使い物にならない」「デジタル手ブレ補正は使い物にならない」と脳にストックする。まあそれは本当なんだろうからいいとして、その対策としてイマドキ「500万画素でいいから高感度なCCDを使って欲しいと思う」とかもう。一応いうとイマドキ500万画素じゃなく、イマドキ高感度CCDを理想とおいてるセンスが激烈に古くさい。だいたいこのレジャーカメラを高感度の500万画素で、誰が買うんだ?素直に光学の手ぶれ補正載せてくれ、でいいのにいらんことを書いてる。

次のページも要約すると、「すごく豊富な顔検出があるけれど、誤検出だらけで使い物にならない」ということが書かれていた。それも本当なんだろう。ていうか俺としてはこのページラストの「顔を検出した写真は再生時に、顔検出ボタンを押すことで顔を順番にアップで見せてくれる。」てのがとてつもなく気になるんだけど、それはこの一行で終わり。いや、それexifかどっかに検出した顔位置情報をキッチリ書いてるってことだぜ?こんなカンタンにスルーせんでくれ。

さらに次のページはもっとひどく、テキトーにカタログかプレスリリースかをなぞっただけとしか思えない。びっくりするほど内容がない。これはレビューじゃなく単なる人力コピペだ。

そして最後に結論として出してきた言葉がまたすごい。「まあ、そんな感じでどこにでも持っていって遊べるデジカメという意味では、なかなかだ。」「とくに屋外が得意なデジカメと言っていいんじゃないかと思う。」レビューの1ページ目の1行目に書いて違和感ないことを3ページに渡ったあとの結論として書くのがプロのライタの仕事か。よくこんなレビューを通したなあ編集の人。

だいたい記事の内容でなく存在じたいすら、相当お粗末だと思う。これが最新機種で時間に追われてたならともかく、発売が6月27日でimpressがレビューした7月末からでも一月半も経過している。今更、出してきてこの程度なのか。もう8月も20日になってから出してきたレビュー内で夏・夏とか書かれてもなあ。

気になってる機種なのでチェックしたかったが、この記事のヒドさを見るとなあ。これを書いたライタがいかにOptio W60を嫌いに嫌い抜いたかが透けてくるような内容で、導入の気合はかなり薄れた。いやTZ5をハウジングごと買った今、こっちまで手を出す余力はないんだけど。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
kw (2008/08/20(Wed) 09:21)

相変わらずITmediaの記事は偏ってますねぇ。
昔から堅めの文章で基本内容は否定的なスタンスってイメージ強いですけど。
impressのウェットに飛んだ記事を見習え。
たまに、それはナメているのかと言いたくなるけど。

はしゃ (2008/08/20(Wed) 14:42)

>ウェットに飛んだ記事
ちょっと待った。その記事は新しすぎる。なんかちょっと見たい気がしてきた!ヒタヒタドボドボで、しかも飛ぶぜ!

まあそれはともかく。
ITmedia、私は全てがひどいとも思わないのです。偏りじたいもスタンスが一定であれば悪いとは思いませんし、ジョーク要素も
方向性が違うだけでITmediaにもあります。IT戦士とか。ねとらぼは、まあ。(モテるクルマシリーズはキモすぎます)
ITmediaが優れてる点も多いです。いわゆる「分析」というか「解釈」が濃いのは、内容はともかくとしてあまり知識がない
私にとってはありがたいことも多い。

が、デジカメ関係はやっぱPC watch内でちまちまやってた頃から力を入れてたimpressと比較するとかなり見劣りする。

まんさく (2008/08/20(Wed) 19:41)

> プロのライタの仕事か
20年近くライターやってんだからばれないようにヨイショくらい出来そうなもの。わざとだとすると根が深そうだ。

何メートル防水なんて、潜らない人にはどれだけ強く水流当てて(水洗いして)いいかの目安でしかないので、
むしろそこを説明ほしかったり。

ITmedia(の編集者)がナニなのは今に始まったことではなくて、いつぞやは会社のPCに増設USBカード入れると
「システム管理者にいい顔をされない場合も多いし、稟議が必要になる場合もある」ので、
社内LANに(稟議なしで?)USB-LANコンバータをつないでた。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0607/19/news032.html
なんぼ当該機器の使用レポートといってもそれはなかろうと。

以来ITmediaは警戒してます(笑

kw (2008/08/21(Thu) 09:38)

(ノ∀`)タハーずぶ濡れ。
すいません、見逃して下さい…

IT戦士言われてITmediaもはっちゃけてる事を思い出しました。
いかんいかん、偏って見てはいけないなぁ。
ただレビューはもう少し褒めてあげてよとこっちが製品を気の毒に思うのもw


2008/08/21(Thu) この日を編集

[ゲーム]『うみねこのなく頃に episode3』クリア

公式。episode2ん時の感想このへん。――すごかった。これは面白かった。これはとてつもなく純粋な密室殺人の推理モノだ。

episode2からのおさらいがてら、『うみねこ』の推理面の斬新さを思い返してみる。

密室の中に死体があるとする。何故そこは密室なのかというと、他殺でなく自殺だと警察に思わせるためとか、そういう理由があるはず。でも推理モノのなかには単に読者への挑戦のためとしか思えない、密室のための密室が書かれることがある。そゆのはハッキリ言ってダメ推理だ。(あえてダメ推理をやる作家はそれはそれで構わない)

しかしこの『うみねこ』は、密室にするための密室を全肯定している。物語の送り手は、密室殺人は人間には「不可能」な犯罪だから魔女がやったに違いない、という思考停止の逃げ道を用意する。そして受け手は、いやそれは人間でも「可能」だから魔女はいないと反論する。

それに臨むにあたり殺人の動機やらナニヤラといった枝葉末節を排除。ただ密室の手段だけを問題にしている。どう見ても行動があやしい真犯人を告発しても、その犯人が物理的につくれない密室は「犯人が魔女に作らせた」というかたちで魔女を肯定してしまう。

密室にする手段が肝心であって、犯人すらどうでもいい。ここまで徹底的に密室にこだわった推理モノはそうそうないんじゃないか。

その上で悪魔の証明を明示的にド否定。通常、推理モノでは証明不可能とされ、ぶっちゃけ逃げ道に使われるこれを、「魔女が赤文字で宣言したことは絶対に間違いがない」というルールをつけることで強引に証明可能にした。密室にみえるが隠し扉の存在は否定できない?魔女が赤文字で「隠し扉はない」といえば、その部屋には隠し扉がないことが証明される。実は死んだフリをしているかも?魔女が赤文字で「死んだ」といえば、その被害者は死亡していることが証明される。

とんでもなくフェアだ。小手先の叙述トリックで読者を騙す、てなことを真っ向から捨てた。これは新しい世代の推理小説だと思う。これだけやってなお『うみねこ』の目的はトリック暴きではなく、あくまで『ひぐらし』と同じくこの殺人が起こる環境を作っている法則を解くことにある、というのがたまらん。

で。ここまではepisode2でも同じことだった。むしろepisode2のほうが推理としての純度は高かったと、そう思う。しかしepisode3には、前作とは比べ物にならないほど度肝を抜かれた。

この『うみねこ』はノベルゲームの形態をとる。物語はいろいろな登場人物の姿を追っていく。が、正しいことは主人公主観でみた情報と魔女の赤い文字だけで、他はぶっちゃけ魔女の創作に過ぎない。

episode3のなにがすごいかって、この魔女の創作がとてつもなく魅力的だった。登場人物は主人公のいないところで色々な行動をする。そこでは淡い恋が、親としての覚悟が、そして時として生死をかけた戦いが描かれる。しまいには魔法が当たり前に存在し超能力バトルをはじめる。これらは主人公の戦人に魔女の存在を信じ込ませるための嘘に過ぎないことは、戦人もプレイヤーもわかっている。

なんだけど、それはもう魔法の存在込みで真実と信じてしまいたいくらい魅力的な嘘だった。物語がものすげえ面白いのだ。主人公の戦人にとってだけじゃない。プレイヤが「この嘘ならもう魔女の存在を認めてもいいかも知れない」と思える魔女の創作が素晴らしかった。

このあたりepisode2とは大違いだ。episode2は、確かにすごかった。でも面白くなかった。でもepisode3はすごく、そして面白かった。

『ひぐらし』の無闇な暑苦しさ。強烈な裏切られ方に本気で覚える怒り。主人公の行動によるカタルシス。それらはepisode2まではなかった。でもepisode3にはある。拗ねベアトが異様なほど可愛いし。反面、最後に出てきた新キャラの可愛くなさは異常だし。ドシリアスなシーンでTOMITAKE FLASHプリントTシャツなシーン回想はじめるジョージ自重だし。

episode2終了時点では正直、episode3はたいして楽しみじゃなかった。けれど、今はepisode4が楽しみでならない。


でもなあ。『うみねこ』はなんていうか、やたらエロゲくささがある『ひぐらし』と比べて一般人が入る入り口が狭すぎる気はまだしている。エロゲくささ=一般人の入り口、という発送も如何なものかと思うが。

物語内にてジジババを除けば、みんな夫婦か相思相愛の相手がいるかという状況で主人公の戦人だけ完全フリーとかどんだけ色気ないんだ。せっかくのロリキャラ真里亞はキモいだけ。もちろんそれは意図したもんだとは思うんだけど、現状あんまりプラスになっておらずマイナス面だけが目立つ。

ここはもうあざとい萌えキャラの煉獄七姉妹とか、もっとプッシュされては、とか。いや俺が見たいだけなんだが。あと新キャラの可愛くなさは異常。

[デジカメ]EX-Z300とヨーロッパの関税

デジカメでHD動画を撮ろうクラブ(部員:俺)としてちょっとだけ触れておく。

イイところ
広角端28mm F2.6のレンズ。H.264による高画質高圧縮。光学式手ぶれ補正。録画専用ボタン。
悪いところ
せっかくのH.264のメリットをブチ壊す最大10分の録画制限。24fpsのフレームレート。EX-Z200が動画撮影中ズーム不可なので、たぶんこれも無理。

以前書いた動画に強い機種に混ぜてもいい。松下DMC-FX35/FX37といいライバルになりそうだ。特に録画専用ボタンは大きい。DMC-TZ5にもすごいほしい。松下さんボタンカスタマイズのファームウェア出してくれませんか。

しかしなんでこれ録画時間制限つけたんだ?同時にでるVGA録画の下位機種Z250は4Gbyteいっぱいまで撮影できるのに。

いくらH.264が高画質といってもそれは「圧縮率の割に」であり、単純に比較すれば最初から圧縮率を捨てたMotionJPEG機が勝ると思っている。確かにファイルサイズは小さくなるがSDカードが暴落した今それは決定的な差にならない。なのでこのH.264は、MotionJPEG機所持者からみて、まったく羨ましくない。

調べてみたところこのあたりがあやしいか。これはヨーロッパによる「デジカメは動画も録れるからビデオカメラの関税かけさせろ」という言いがかりの決着だけど、気になる部分だけ抜粋する。

記録媒体の容量によらずデジタル・カメラは,自動的にある期間で撮影を打ち切る。
ただし「X」分を超えて,ひと続きのビデオを撮れる機種は,ビデオ・カメラに分類される。

つまり1280x720の解像度においてはヨーロッパはX=10分、とした訳か。EX-Z300は1280x720ならたぶん一時間くらい録画できる能力があると思う。でもそれをやるとビデオカメラと言いがかりをつけてこられる訳だ。

ルールを作って技術を抑制するという発想がヨーロッパだなあ。「エンジンが静かな車は危ないから騒音を義務付ける」というのと同じにおいを感じる。これだからヨーロッパ諸国は製造がガスガス廃れていくんでね?とかヘソをまげてみた。カシオには日本アメリカアジア仕様とヨーロッパ仕様を別に作って欲しいが無理なんだろうな残念。

こうなるとHDで長時間録画できる機種は、高い関税覚悟で出すよーなモデルしか今後もあまり期待できないということか。俺は長時間録画の需要ないんだが、あまり面白くはない話。

[link]子供たちに戦争の話をするときの注意メモはモノを教える立場の人たち必携にしてほしい

テレビなんかでこの時期の風物詩、敗戦話題がおさまってきた。他の話題も帰省渋滞くらいしかない時期、放送側も毎年同じこといっときゃいいからラクだろう。善哉善哉。

反戦教育は大いに結構で、そーいう番組も(変な自虐が入ってなけりゃ)いいんじゃね?と思う。しかし中にはひたすら戦争に対する嫌悪感を煽ってそれが反戦教育だと思ってるバカがいる。

小学生ん時に原爆グロ映画教育があった。『ピカドン』だっけか。10分くらいの短いアニメで、立ったまま人間が溶解して眼球がこぼれ落ちたり、倒れた人の手を引いたら骨だけ残してベロンと肉がちぎれとれるとかそういうの。あ、静止画あった。これ。――子供の教育には、本当にまったく何の役にも立たないゴミクズだった。ある程度の悪趣味に耐えられるガキにはギャグにしかならないし、耐えられないガキには無意味なトラウマになるだけだ。

俺は、対外的には「悪趣味に耐えられるガキ」を装ってバカにしつつ、何度かこの内容の悪夢を見たことを白状する。

この『ピカドン』はリンク先の1〜5全てを満たさない。最悪のカタチの死を子供に見せ、無責任に放置するだけ。コンセプトだけ見たら低予算スプラッタ映画と同じじゃないか?

信じがたいのはこの悪趣味な代物を「ぜひ子供に見てほしい」などという最悪のサディスト大人が存在し、しかもそれが教師だったりすること。教育の名を借りた虐待だ。これを見た子供が本気で、ああ戦争はイクナイとか言い出すとでも思ってるなら、あまりに想像力が欠如している。当時それを見せられた我々の中で、反戦の志を得たなんて奴は一人もいないと断言するね。グロ映画に目覚めた奴はいたかもしれないけれど。

そんなに素晴らしいなら、そう思う大人だけニタニタしながら見てればいい。俺は見ない。反戦に必要なのは、戦争に対する生理的嫌悪感じゃなく、正しい知識だ。『ピカドン』にはそんなものは全くない。


ミリヲタ的に見れば、もし本気で日本の都市が核攻撃を被ることがあるとすれば、それは戦争開始してからのハナシではなく戦争という事態が発生する前に起きるんじゃないかな、とか思う。

以前も書いたけど都市を攻撃する核は戦略核であり、戦略核は本質的には外交の道具であって戦争の道具ではない。なので核攻撃の恐怖を煽ったところで反戦には、まあまったく無関係とは言わないけど、なんかズレてね?なんてことを考えたりもする。

本日のコメント(全12件) [コメントを書く]
nag (2008/08/21(Thu) 02:02)

>>原爆グロ映画教育
あーありましたねぇ……。類似品としては「東京大空襲」とか「南京大虐殺」、「731部隊」なんてのも有った気がしますわ。
ちなみに私の所の小学校では「はだしのゲン」と「東京大空襲モノ」、翌年には「満州に農作業に行った小学生たちがソ連軍に虐殺されまくりアニメ(タイトルは失念)」と「ビルマの竪琴」をやっていたと記憶。
こんなんで生理的嫌悪感を植え付けさせて反戦児童に仕立て上げようとかしている辺りに教師陣の底の浅さが垣間見える気がしますが、「なぜ戦争をすることが駄目(あるいは損)なのか」という事をあの手の人らが理屈立てて子供たちへ説明できないから、グロ方面や感情へ訴える方へ行くのかなと思ってみたり。
後、話がズレてしまうのは日本に核攻撃を行うような国が当時のソビエトと中国位しか無かった事も有るんではないかと。
「共産国の核兵器は自衛用の核兵器だから綺麗な核兵器」とか言ってる人間が、「日本に核攻撃をしてくる国は共産国です。」なーんて口が裂けたって言える訳ないじゃないですか(笑)
まあ、「安保がイケナイ。安保をやめて中国やソ連と仲良くなれば日本は狙われない」と授業を潰して一席ぶった小学校の私のクラスの担任みたいなのもいるので、油断はならないのですが。

kw (2008/08/21(Thu) 09:57)

>都市核攻撃
確かに戦略核は「打つぞ打つぞホントに打つからな!打つってば!もうっ!!」って脅す道具ですけど
どうも日本の周りには、開戦した後
「旗色悪いな〜でも核使うと世界うるさいしなー」
「けど、向こう(日本)は直接報復戦略できないし、アメ公が確実に報復してくるか分からないじゃん。アメ公も極東に関わって、自国に飛んできたらヤだろうから、大丈夫だろ」
「よーし東京大阪名古屋あたり打ち込んどくか。ブチこまれりゃあいつら戦意喪失するかもしれんし。つい60年前もそれで観念したしな!」
とかで打ち込んできそうな国があるだけに…
もしくは北みたいに「もうこの体制ダメだから最後っ屁で」とか。

そもそも、核のない国で核の悲惨さといわれても、ご近所さんに直接言えよ!って思うんですけどねー。

はしゃ (2008/08/21(Thu) 10:39)

>グロ映画教育
その教育っぷりは濃いなあ。ウチは映画は『ピカドン』くらいでした。
学校に映写機がなかったのか、1kmくらい離れた銀行(なぜ銀行?)まで行って見るとゆー不思議なことを
していたので、そのため回数が少なかったのかもしれない。

『はだしのゲン』は漫画は読んだ記憶がうっすら。あれはまだ、悲惨さと同時にたくましさと希望を
持たせるような内容でなかったかと。あれならまだセーフかなあ。
『ピカドン』がゴミクズで価値ゼロと思うのは、そういった要素も全くないこと。
悲惨さだけを知れ!というのはエゴイスティックな自己満足に過ぎない。被害の再生産をしてるだけです。

>安保イケナイ
私の時もそーいうのでしたねえ。授業時間に左思想を語ってました。当時は多かったと思うそういうの。
当時はミリなんて興味なかったので疑問にも思ってませんでしたが、結局そう育たず私はこんな風に
なりました。恩師みてますか!ソ連崩壊をどんな目で見てましたか!

>開戦した後〜旗色悪いな〜
それを自衛隊(と、その時味方かどうかはわかりませんが米軍)が考えないわけはないので、
戦争が避けられない事態になったら日本は「弾道ミサイル発射機を発射前に全て爆撃」の準備をし、
開戦と同時に攻撃しますです。SLBMはちょっと厄介そうですが。

さらに一応存在するミサイル防衛システムもあります。
平時で撃ったら混乱のうちに当たる弾道弾でも、臨戦待機になってりゃ交戦規定も緩和される。
全レーダ−が稼動し、全イージス艦が日本海に待機してる状態では、一気に博打に成り下がります。

また幸い日本の相手はわりと世界の嫌われ指数が高い国が多いです。
日本以外の他国は、その状態では日本寄りの立場でしょう。報復核だけが報復ではない。
「旗色悪い」状態になってから日本を吹っ飛ばしたら多国籍軍が絨毯爆撃とゆーことになるかと。
使ったあとで、他国を威圧しつづけるための戦力を損耗する前でなくては結局自国は滅びます。

なので私が相手の指導者で戦略核を使うなら、戦争が避けられない事態になるよりさらに前しかない。
とか思うのですがどうだろう。

>ご近所さん
ピカドン見せにいきますか。なんか民間レベルでは「とっとと発射して日本鬼子(又はチョッパリ)を
一刻も早くこうしてやれ」の大合唱が起こる気も少ししました。

元帝国信者 (2008/08/21(Thu) 22:52)

ここのところコメント欄までフォントを拡大して読む様になりました。
私は齢三十云年ですが「ピカドン」と「731」という偏りようでしたね。「悪趣味に耐えられるガキ」だったのか、小・中学校教師に対する抜きがたい偏見が身につきました。

>なので私が相手の指導者で戦略核を使うなら、戦争が避けられない事態になるよりさらに前しかない。
>とか思うのですがどうだろう。

ここから四半世紀はおそらくそのような状態が続くと思いますが、五十年後におなじ戦略環境にあるかどうかはわかりませんね。日本が世界の嫌われ者になっていれば「使われてもOK」ということになるでしょう。少なくともWW2の時は許されたのですから。
今の「どちらかというと好かれている国」を維持するのは外交のお仕事ですが、どちらかというとどちらも「互いに失点しているから状況が変わらない」様にしか見えないのが心配ではあります。

・・・まぁ、独裁国家の場合「青天の霹靂」の一発を撃つ可能性はありますが。その場合、すべてが終わった後に互いの被害の大小を比べて自ら慰めることになると考えています。

悉悉 (2008/08/21(Thu) 22:54)

私の最強の反戦映画は『蛍の墓』です。
ほぼトラウマです。
今でも見れない。
こういうことが起きないように軍隊は必要と思うんですけど
そういう教育はされなかったですよね。
まあ『蛍の墓』を隣に見せても『おまえらが攻めてきたからやろ!いいきみだ』としか思われないんしょうね。

流れ物 (2008/08/21(Thu) 23:13)

夏休みにズームイン朝で流してたのを見た覚えが…20年以上前ですが、凄い時代だったなあ、と(記憶が間違ってなけりゃですが)。この手の映像を見て「凄い威力だ、我が国にも是非欲しい」なんてことを仰った方もいるそうで…使いにくい兵器だと思うんですがねえ。

GSK (2008/08/22(Fri) 01:42)

広島人です。
グロ映画教育はデフォですが毎年見せられるんで小学校高学年ぐらいになるとむしろ飽きてなんとも思わなくなったり。
ひどいところは幼稚園から見せてるところもあるようですし。

>「凄い威力だ、我が国にも是非欲しい」
あーやっぱりいましたか。
外国の首脳が訪日するごとに「広島へ来て見て欲しい」とか世界各都市で原爆展を、と言う人がいるけど逆効果じゃないかなーと思ってたんです。
核の威力の宣伝になるから核保有国はむしろ喜ぶんじゃないかなあ、って。

まんさく (2008/08/22(Fri) 19:32)

>グロ映画教育
リンク先は幼稚園児教育向けのメモなので、小学生以上になるとまた変わってくると思います。「両親が子供たちを守るという意思」だけではどもならないことがある、ということを知り始めるでしょうし。

わたしゃ割と必要だと思ってるクチです。この「嫌悪感」なくして(反戦以前に)戦争が外交上の圧力なったり自制になったりしないわけで。
このあたりは私の世代とはしゃ殿の世代の差(私の方がおそらく一回り近く年寄り)を少し感じたりします。地域差かもしれませんが。

結局「嫌悪感」とどう向き合うかのフォローが大事なのかもしれません。
「嫌悪感」といえばアメリカあたり「反核」「反戦」に嫌悪感を持つ人が結構いそうだ。

はしゃ (2008/08/23(Sat) 10:05)

>「凄い威力だ、我が国にも是非欲しい」
核はそれだけでトップ組の国家と直接交渉を得るためのパスポートとして機能するので、
効率はいいとは思います。失うものがない国家には常設軍に投資するよりもリーズナブル。
北朝鮮なんかはまさにそういう理由で開発を進めているカンジです。

兵器として使うほかに「テロリストに横流しするんじゃないか」と相手に思わせることができるだけでも
けっこうプレッシャーになりますし。てかソッチのが主かもですね、イマドキなら。
そして自爆テロとか喜んでやる類にしてみれば、核の威力はたいへん魅力的だろうなあ、とも思います。

>「使われてもOK」〜少なくともWW2の時は許された
いやそら別の話では。というかその時点では非難する根拠がなかったんじゃないかな、と。
都市への戦略爆撃は当時は当たり前でしたし、広島への核攻撃はその一形態。

現在、世界の嫌われ者国家として北朝鮮てのがありますが、いくら嫌われてるからって
アメリカが平壌に核弾頭ICBMぶちこんだら許されるかってーと多分無理じゃないかなあ、とも
思いますがどうでしょう。

また、さすがに50年後のことはわかりませんです。
世界中から核兵器が一個たりとも残さず撤廃されてるかもですし、逆にモルジブあたりの小国まで
核を配備してるかもしれません。いっそ一家に一つの核兵器!そういうSFあった気がする。

>『火垂るの墓』
あれ私もダメなんですよね。総じて「単なる悲劇」が嫌いというのもありますが。

外国では、アメリカ人あたりがえっらい自己嫌悪に陥ったとゆーハナシをちらほら聞きます(真偽不明)。
お隣ではとりあえず頭文字Kではノックアウト組と大喜び組には分かれたようです。頭文字Cとかはどうだろう。

>嫌悪感
嫌悪感とゆー単語をチョイスしましたが『ピカドン』が叩きこむ嫌悪感の中身は恐怖と絶望です。
その結果得られるのは単なる思考停止。冷静な自制などまったく望めない。
あんなの小学生どころかオトナにだって役に立ちません。
上にコメントで書いたように、『はだしのゲン』くらいが小学生にはいいとは思うです。

これに限らず「○○の悲惨さを後世に伝える」でひたすら嫌悪感を残していくのはエゴが濃い気がしてます。
後世にしてみりゃ失敗例なんか、調べりゃわかる位でよく、詳しく知りたいのは成功例。

aaa (2008/08/23(Sat) 23:50)

>あと新キャラの可愛くなさは異常

異議あり!(復唱要求の元ネタ的な意味で)
いやぶっちゃけめちゃくちゃ可愛いと思うんですが。
クーデレ・ブラコン・キツ目という個人的な嗜好を抜きにしても余りある魅力を秘めた逸材ですよ。
公式の人気投票でも上位に食い込むと予想してます。

アキ (2008/08/25(Mon) 05:55)

当方二十歳、北海道在住ですが、そんなに極端な反戦教育を受けた記憶はありません。それらしい記憶といえば小学校の担任のリアル満州引き上げの思い出話と中学の社会の時間のアウシュビッツのドキュメンタリーくらいでしょうか…。「ピカドン」は存在すら知りませんでした(常識なんですか?)。やはり本州(特に関西)とは勝手が違うんでしょうか?それとも世代かな(ソ連はもうなかったし)。

はしゃ (2008/09/05(Fri) 20:06)

>新キャラ
少し慣れてくると印象変わるかも。当面は次を楽しみにしておくことにしますですよ。
今回は拗ねベアトがやばいくらい可愛かったので、そっちに萌えるのに忙しく目がくらんでいたのかも。

>世代の差
大きいかと。この類の反戦教育というのは、要するに「社会主義の核はきれいな核」とイコールなので、
ソ連崩壊てのは大きな変革かもです。
とはいえド左教師はまだまだ社会に潜み社会主義革命の日を夢見ているはず(いや冗談でなく)ですから
ゼロにはなってないと思いますが、今は激減しててもおかしくはなさげ。

アウシュビッツは反戦というより人種差別関連のハナシかも。


2008/08/27(Wed) この日を編集

[デジカメ]HD動画撮影可能な一眼レフ D90

これは面白い。カメラボディとしてはD80のボディにD300を押し込んだだけだが、事前の噂どおり本当に動画撮影機能を載せてきた。「一眼レフカメラに動画撮影機能などいらない」とムキャーするヒトタチが見えるようだ。

動画撮影スペックは1280x720/24fps、モノラル音声で圧縮フォーマットはMotionJPEG。記録最大時間は5分。しかも当然のようにCMOS素子なので、よくあるコンパクトデジカメでの動画撮影の悩みどころ「スミア」がかなり軽減されているとみた。

ぜひステレオ対応や外部マイク端子がほしかったところだが、24fpsやMotionJPEGや5分という制限*1については、まあこんなもんかな、とは思う。ビデオカメラと戦う機種じゃないから。なによりも一眼のド級なレンズで動画撮影というインパクトが大きい。

しかしビデオカメラとは別だからこそ、720pとゆー解像度に対するへんなこだわりは疑問を投げておく。これ上下トリミングだろうどーせ。画素数はそのままでもいいからアスペクト比と画角がそのままのモードを載せるべきだったと思う。具体的にはえーと(計算中)1175*783モード。実際に作るならいっそ1200x800にするだろうが、とにかく3:2比。

同時発売のレンズはフツーの静止画用か。一眼レフカメラの、撮影者の手ですばやく画角変更ができるマニュアルズームは動画用には向かないと思うが。粘りをもって追随するとか、コンパクトデジカメみたいな電動ズームがほしい。

もしキャノンが動画撮影に追随してきたら、連中はマジモノのビデオカメラ作ってるから差がつきそうな気もちょっとする(反面、逆に自社ビデオカメラ事業部に対する遠慮で作ってこない気もしなくもない)。ついでに他社をみると家庭用ビデオカメラをガスガス出してる松下と同じレンズが使えるオリンパス、さらに天下のソニーあたりが一眼レフ動画撮影のライバルだ。ペン……タ……あれ?えっと?

GPS対応には諸手をあげて歓声をおくりたい。標準搭載ちがうんか!と思ったが、D90は本来クラス的にはD70につながるエントリモデルなことを思い出すと、そら無理かな。しかし対応はえらいが、そのオプションのGPSユニットはデカすぎ邪魔すぎ。携帯電話にも入ってるようなもん、小型化はそんなに難しいもんかな。

これからのデジカメにGPSは是非ほしい。ついたらついたで、もうすでに一部デジカメが載せてる水準計の標準化(もちろん前後方向にも)と、追加で地磁気センサとか載せ、緯度経度だけでなくロール・ヨー・ピッチ軸すべても記録すれと俺は言うんだけど。つまりexifを見れば全く同じ状況を再現できるようなの。GPS電波が届かない場所のためにINS(慣性航法システム)もほしいとか好き勝手いってみる。

*1 この制限はEX-Z300と同じく、ヨーロッパ関税対策だと思う。がEX-Z300とは解像度もfpsも同じで、アチラ10分コチラ5分という時間差は何故だろう?

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
まんさく (2008/08/28(Thu) 21:35)

>> 動画撮影機能
ムキャー(しません)
APS-Cで動画は面白そうです。思えばスタンダードの35mmシネフィルムよりも像面でかい。
ムービー撮影中はAF止まるようですね。やはり陰謀もとい関税対策か?
ここまで来たらMotionJPEGでコマ撮りとかインターバル撮影とかも期待してしまいます(ないみたい)。動画でぐるっと撮るとパノラマ写真ができるとか。

>> GPSユニット
あ、D300でも使える。
あの大きさなら無線LANまで入れて欲しかったなー…と私も好き勝手言ってみる。人様のコメント欄で(汗

zaruya (2008/08/28(Thu) 22:46)

閣下の仰る「これからのデジカメ」像はとても魅力的です。
しかしそれはニコンやペンタの頭越しに、㈱ソキア・トプコンから出そうな気がする仕様でございます。
可能性はほぼ皆無ですが。

はしゃ (2008/08/29(Fri) 01:46)

>35mmシネフィルムよりも像面でかい
なぬーと調べてみたところ、16x22mm。APS-Cは16.7x23.4mm——ギリッギリでけえ。びっくり。面白いす。

>ムービー撮影中はAF止まる
これは強い謎仕様ですが、「開発中、動画でフレーム動かしたらAF迷いまくった」んじゃないかと。
動画撮影中にどこにAFをあわせるか、というのはたぶんノウハウの塊だと思うですよ。
そのへんで業務用・民生用のビデオカメラの経験がないとなかなかうまくいかないのではなかろか。
基本的にこれは、動かしつつ撮るのではなく、定点から定点で動いてるものを撮るもの、と割り切ってる疑惑。

MotionJPEGてのは残念ぽいんつの一つ。いっそ一眼らしくMotionRAWとかやれや、とかムチャを言ってみる。
何の意味があるんだそれは。
撮影しながらその場で回るとパノラマ合成、てのはソニーの携帯電話でなんかあった気がする。SO905iCSかな。
動画ではなく加速度センサか何かで回転量を計測してた気がしますが。

>ソキア・トプコン
ぐぐりましたがな。
ここまで精度を重視するわけではもちろんないですが、でも言いたいことはまさにそれです。
やるとしたらソニーかな、と思っているのですが。ノリはカメラてよりカーナビですから。

oyakata (2008/08/29(Fri) 11:40)

ペン…タ…(謎)への温かい声援ありがとうございます。
これしきの事ではへこたれませんよ。もう3万光年くらい置いていかれた気分になってますが、へこたれませんよ。

レンズだ、もうレンズで勝負するしかないんだ。
コシナ…コシナ…と。


2008/08/29(Fri) この日を編集

[デジカメ]E-510ボディの投売り

今現在、送料込で\31,875とゆー数字に心が揺れる。おかしいよこの値段。ボディ側手ぶれ補正装備の一眼ボディではかなり極まってるんじゃないか。ていうか欲しいんですが。この機種が出たときの最大のデメリットは「価格」だと思っていただけに、これが消えた今はふつうに魅力があってどうしよう。

はじめての一眼レフとして、今のデジタル一眼に必須とされる機能*1を全て備えているという点で、かなりいいんじゃないかとは思う。

このE-520はE-410/420ほど極端な小ささではないので目立たないけど、アチラは操作性を犠牲にしている。それと比べるとこっちは普通に持て、普通に操作できる優等生といえる。エントリー機でも山盛り設定項目をつけるのがオリンパス流。

E-510の欠点としてはダイナミックレンジが狭いこと。特にハイ側はちょっと頼りなく、わりとすぐ白トビする。またライブビュー時のAFはいわゆるパタパタAF(いちどミラーを戻してからAF→ミラーアップ)限定。いや後継のE-520でもコントラストAF対応レンズ以外ではそうなんだけど*2

もし買う人がいたら(いなさそうだが)こちらもおすすめ。ZUIKO DIGITAL ED70-300mm F4.0-5.6。オリンパスは焦点距離が二倍換算なので、140-600mmの画角が得られる。でその600mm相当で1mまで寄れる。ふつうの標準レンズは14-42mmだけど、せっかくなので突飛なレンズを選んでも面白いんじゃないかと。少なくとも他社デジカメで600mmとかそういう馬鹿げた焦点距離を狙ったらこんなサイズと値段では収まらないから。

*1 手ぶれ補正、ライブビュー、ゴミ取り。

*2 裏技で他レンズでも可能だが操作は煩雑。

[デジカメ]HD動画対応のDSC-T500

HD動画対応デジカメをひたすらおっかけているので義務として。でもまだあんまり情報出てない。

とりあえず肝心の解像度とフレームレートは1280x720/30fpsで、H.264圧縮。これまた動画に強い機種一覧に混ぜても遜色ない。さらに音声はステレオ。ソニーは動画記録中のズームはできる機種が多い。T300もできるくらいだ。これも可能だろう。多倍率ズーム機以外で動画記録中ズーム対応はほぼ唯一といえそうだ。

ただEX-Z300と同じく、動画記録に10分制限がある。記録時間が伸びないのならH.264のメリットなんかほとんどねえんだよ、と改めて言いたい。

操作系で今わかる範囲では「本体に動画と静止画の切り替えスイッチ」はいい。少なくともモードダイアルよりずっと。んだけど、それするくらいならここに動画専用ボタンつけてください。いちいち切り替えてシャッターでREC/STOPよかずっと使い易いと思った。

個人的にはソニーの全面タッチパネル操作はあまり好きでなかったりもするが、そのへんは個人差。しかし全面タッチパネルといえば同じシステムのDSC-T300でもマリンパックがある訳だがどうなってんだろう?なんとなく水中では電源とシャッターとズームと再生以外何も(フラッシュ切り替えすら)できない気がするんだけどどうか。閑話休題。

さらに個人的好みなんだけど、アップ写真、ちょっとグリップの盛り上がりとへんな皮っぽい加工このカメラには猛烈似合わないと思うがどうだろう。なんというか、ソニーっぽくないなあと。余計なお世話といわれそうだが。

[日記]『となりの801ちゃん』アニメ化頓挫?

ハルヒ二期と一緒になるつもりなんだよ!具体的には『となりの801ちゃんの消失』ほら公式とかいろいろ消えてるのはその伏線。

というネタをtwitterでだらだら思いついたので書いておこう。801ちゃんはハルヒかなあ長門かなあ。ハルヒだったら「オマエが一番タダの人間じゃねえよ」で終わっていくし、長門なら以外と違和感がなくて困る。おなじみの長門は擬態で実はものすごい邪悪妄想メガネ長門が入ってるの。チベキョンはミスマッチ感が楽しめそうだ。総受け本出されてヤレヤレ言う姿を幻視した。よしたに氏がウホ泉としか思えない。

とまあ妄想はこんなところにして。アニメ化頓挫だとすると残念。そらかなり蛮勇と思う。貴重な京アニの無駄遣いとも思う。が『らきすた』がモノになったことを思うと、801ちゃんもなんとかなるんじゃね?とか期待しちゃうところだったのだが。やっぱりアニメ化の域に達していないと判断されたか。あるいはアニメ化という発表じたい、どっかが思いっきり先走ってたのか。

反面、京アニには一刻もはやく『リトルバスターズ』をアニメ化して欲しいことを思うと、リソースが浮くのは嬉しくもある気もしている。むちゃくちゃアニメに向くと思うんだよなあ。というかゲーム媒体よりアニメ媒体のほうがいいんじゃないかと本気で思っている。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
terrorist (2008/08/29(Fri) 07:29)

先々月、39800円でビックカメラで買いました。
E−1持ってるけれど(^^;
大きなA1のポスターを、同じ大きさでプリントする際の
スキャナーとして購入(E−1より画素数が上でしたし)

この価格なら良い買い物と思ってます(^^ゞ

sendai (2008/08/29(Fri) 09:49)

昨年末にE-510ダブルズームキットを中古で10万出した身としては泣きそうです。
あと、単品で安いなら12-60SWDとの組み合わせをお勧めします。
描写はもちろんですが、AF性能が比較になりません。

はしゃ (2008/09/05(Fri) 20:03)

>E-1とE-510
画素数は正義。1000万画素でA1を一気だと、えーと110dpiくらいなのかな。E-1だと70dpiくらいになりそう。
とはいえ贅沢いえば200dpiくらい、とかつい考えるのですが。でもA1の200dpiだと3000万画素オーバーが要るのか。
多画素否定派が発狂しそうな数字なのですが、こんだけ一眼すら過当競争の今、そういう単用途機も出ると面白いのになーとか。

あとE-1とE-510と思えば棲み分けができるよいカンジぽいなあ。うちE-300とE-330だから用途かぶりすぎ。操作系似てるのはラクですが。

>昨年末〜中古で10万
デジタル一眼でそんなの当たり前の地獄だぜフゥー。私が最初に買ったE-300レンズキットなんかも半年で普通に半額でしたですよ。
とはいえ、ダブルズームを買われたのならレンズ二本あるわけで、ボディのみのコレと比べると結構な差ではなかろか。
レンズの値段は落ちにくいですから。

12-60mmSWDは確かにヨサゲですが、いくらなんでも3万円のボディと一緒に薦めるには高すぎやしませんか。

とおりがかり (2008/09/22(Mon) 10:07)

E-510、この値段で買えました。元々E-300を持っていたのでそのレンズを使ってます。白飛びはちょっとびっくりしたなあ。窓際の比較的明るい所で、影に向かって置いてあるお膳を撮ったら、白いごはんがなんか餅みたいに写ってた。あれだけ派手に飛ぶとは。

はしゃ (2008/09/24(Wed) 04:41)

結局、私は今回のE-510はスルーしましたです。
元々E-300からマイナス補正必須の印象でしたが、E-410/510世代はその傾向がかなり強いっぽいですね。

E-330からなかなか更新できないなあ。次のオリンパスは中級機みたいだし。上面液晶の機種とかいらないのだった。
ってE-330で手ぶれ補正以外の不満がないっていう私個人の都合もあるのか。

Bkgsupno (2010/03/29(Mon) 15:51)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袢袤袤袢袪袤


最新 追記