最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2007/03/05(Mon) この日を編集

[日記]生きてます

車が調子悪くなったり流星号で雨の中を突破したり長崎行ったりしていた。長崎は坂が多過ぎて死ぬ。山がちなことでは京都も酷いものだが、京都は山の開発はあっさり諦めるのに長崎は根性がありすぎだ困る。

[デジカメ]E-410/E-510

今日発表だが今んとこまだ公式には反応なし。もうそろそろかな?主だった違いだけちょこっとだけ抜き出してみたり。

E-410E-510E-330(参考)E-500(参考)
撮像素子1000万画素LiveMOS750万画素LiveMOS800万画素CCD
ライブビューありなし
手ぶれ補正なしありなしなし
液晶2.5型固定2.5型可動2.5型固定
内蔵ストロボGN10GN13
RAW連射3fps(MAX 7)3fps(MAX 4)
サイズ129.5x91x53(380g)136x91.5x56(460g)140x87x72(550g)129.5x94.5x66(435g)

単純に画素数の1.33倍(E-330対比)は、魅力がある。が、もう一声欲しかった気もする。実感として画素数が増えたメリットが露骨に出るのは1.5倍くらいだからなあ。まーこれはソレとして。

やっぱり欲しくなるのはE-510で、手ぶれ補正が気になるところ。しかし一眼は実際んとこ手ぶれ度は高くはない。高ISO感度まで耐えるし、ボディ重いぶん安定するので、1/25secくらいでもけっこう撮れる。が、手ぶれ補正があると確実に失敗が減るし、果敢に暗い設定を選ぶ気になれる。望遠時は本当にありがたい。

液晶が両モデルとも固定なのは大きくマイナス。おそらくライブビューは、ライブビューモード切替ボタンやファインダに閉鎖レバーがないことからE-330でいうBモード。これは基本としてAFなし(プレビューボタンでAF)シャッターラグ1秒近いという玄人好みのあつかいにくすぎる代物で、三脚との併用で威力を発揮する。この時、可動液晶がいかにライブビューの真価を発揮するかをE-330ユーザは深い感動と共に味わい尽くしている筈。小型機ではムリだったということか。

しかしBモードだけとなると本当に初心者お断りっぽいなあ。撮像素子によるAEやコントラスト検出AFをサポートするのかしら。或いは撮影直前でミラー動作でなく、半押し時点でAEとAFを動作させるモードがあるかも。レリーズラグさえマトモなレベルになっていればBモードでも使えるハズだし。

表には書いてないけど画像処理エンジンはTruePIC TURBOからたぶん更新で、連射の性能が上がっている。俺の場合はjpegでしか撮らないから今で充分すぎてどうでもいいんだけど、多くの人には嬉しいと思った。たぶんISO感度を増加時のノイズは減ってるんだろう。ストロボは地味に弱体化しているが、ISO感度設定でカバーするとみた。

サイズは本体のみを書いたが、おそらく14-42mm F3.5-5.6(190g)が国内投入される。この重量も考慮すると、従来のE-500がボディ435g+14-45mm F3.5-5.6レンズ285gの720gだったのに対して、E-410+レンズで570g、E-510+レンズで650gとかなり良好な数値に。ちなみにKissDXは510+190で700g、D40は475+205で680g、K100Dは560+225で785g、α100は545+235で780g。オマケとして俺のいつもの装備はE-330に14-54mmをつけて985g。

またこれも表には書いてないけどAFもおそらく更新されるんでないかと。まあE-1から三年半もずっと一緒だもんなオリ一眼のAF。中央一点しか使わない俺にはあまり重要ではないけど、増えるもんなら嬉しい。しかしE-510の背面を見るに、AF地点選択ボタンは従来と一緒だなあ。光学ファインダはE-500のものはちょっと酷かったので、更新されることに期待したいが現時点ではわからない。今日の発表を待つ。

追記:公式きた。E-510の発売予定日7月だとぅー。おもったより遅いな。E-410は四月下旬。

ライブビューでシングルAFに対応と書いてあるが、視野率100%ということでBモードで確定。従来と同じくボタンでAFだろう。拡大は7倍/10倍となった。これはいいことだ。E-330の10倍はデカすぎるもんな。ライブビューでホワイトバランスと露出補正が反映されるのは素晴らしい。いや最初からやっとけと思うけど。あとリアルタイムヒストグラム表示もいいね。AFシステムは変わらず。画像処理エンジンはTruePicTURBOからTruePicIIIに更新。可逆圧縮RAWのサポート。ファインダは倍率こそ0.92倍とE-500の0.9倍より改善されたが、「アイポイント12mm」というすごいことに。俺、睫毛が長いから苦労しそうだなあ。18mmあるE-330でも20mmのE-300からの改悪を実感してたのに。フラッシュはGN10ではなく12で、従来(13)と大差なし。レンズはやっぱり14-42mm F3.5-5.6の国内投入でナイス。

値段はimpressによるとボディのみでE-410が9万円、E-510が12円……100台買うっ。いや12万円の誤植ですね。E-510は予想通りだがE-410はもーちょい勝負価格で出すと思った。

レンズは4本がアナウンス。

  • ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
  • ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
  • ED 14-35mm F2.0 SWD
  • ED 70-300mm F4.0-5.6

12-60mmはE-1後継機のセットレンズ。24mmからサポートはいいなあ。魅力たっぷり。でもこれを直接は見ずに、中古市場に11-22mmが出ないかとか思ってるのは俺だけですかそうですか。そして新しい超音波モータAFの搭載。アナウンスから遅れまくっていた14-35mmもこのAFを積むためだったのか成程。しかしまあ値段的に手が出ないのは分かりきってるので、とりあえず貧乏人らしく梅レンズ*1の70-300mmをチェックする俺。シグマ135-400mm F4.5-5.6のある今、よほどハッキリ魅力がないと厳しいと思うがユーザにとっては選択肢増加で単純にありがたい。

さあ貯金開始だ……と言いたいところだが、やっぱライブビューAと可動液晶は欲しいなあ。E-510の手ぶれ補正を仕込んだライブビューA対応のE-340は出さないのかなあ。無理な気もするなあ。ライブビューAはE-1後継の文化になっていくのかも。悩むところだ。

さらに追記。レンズロードマップ(pdf)も地味に更新されていた。梅の「超広角ズーム」が激烈に気になるところ。表の表記からすると8-16mm(35mm換算16-32mm)くらいの範囲をカバーする。おおーこれは魅力的な予感がしますよ?まあ広い範囲を撮るだけなら俺には円周魚眼コンバージョンがあるんだけど、でかくて重くて邪魔だ。長崎もってって後悔した。しかし……松の14-35mm F2.0 SWDは2008年予定なのか。一昨年くらいからアナウンスあった気がしてたが。

しかしやっぱり残念なのは単焦点の乏しさよ。多少暗くてもいいから「とにかく小さい」レンズが欲しくなるなあ。いやまあ究極に言えばレンズキャップに穴あけて「レンズです!」と強弁してもいいんだけど(ピンホールカメラの理屈。ちゃんと撮れる)さすがに敷居が高いし三脚絶対必須だし。

とはいえこのラインナップは立派なもので、シグマ製も考えるとすでに「フォーサーズはレンズがない」等ということはできない。あからさまに欠けてる焦点域はそれこそ前述の14-35mm F2.0 SWDや安価な換算27mm以下の広角が2008年まで出ないこと、300mm(換算600mm)を越える焦点域はシグマ任せなことくらいで、

ところで。松下の手ぶれ補正内蔵14-50mm F2.8-3.5 ASPHはE-510とも当然組み合わせて使えるワケだが。単純に言えばレンズシフト手ぶれ補正とCCDシフト手ぶれ補正を同時に使ったら逆側に動くだけで補正効果マイナスということでどちらかを殺すだろうけれども、単純にお互いを半分ずつ使うことで、それぞれが二段分補正なら四段分、とすごくアホなことを考えたくて仕方ありませんがどうなんでしょうか。原理上はCCDシフトは近距離で、レンズシフトは望遠で効果を発揮する(と思った)ので、この合成が必ずしもベストではないのは承知で。

*1 オリンパスのレンズは大きく分けて3グレードあり、高い順からF値通しの防塵防滴で銀帯つきの松、防塵防滴で普通に高性能な竹、安物小型軽量の梅となってる。

本日のコメント(全7件) [コメントを書く]
hiro (2007/03/05(Mon) 17:28)

>ライブビューA
あれはポロ光学系ならではといった感じではないでしょうか?
ライブビュー用の素子配置の問題と、AFモジュールの兼ね合いが
ポロ光学系よりも厳しいと思います故。

>E-410
20mmぐらいの(個人的には17mm前後希望)パンケーキレンズ出てたら間違いなく即買いしてます、常時携帯用に。

4/3、これでもっと注目されて欲しいですね。

はしゃ (2007/03/05(Mon) 18:21)

>ライブビューAモード
E-1後継でもファインダ内部を二階建てにして、その途中にハーフミラーとCCDを仕込むことでE-330レベルのライブビューAモードを実現すると
ゆーウワサはあります。真偽不明。いちおう原理上はできるはず。

>パンケーキ
出ませんねえ。パンケーキならずとも小型単焦点ならそれでいいのですが、35mmマクロより小さいレンズは出ず、です。

しかしフォーサーズ、画素数増えたと私は喜んでますが、小絞りボケ限界まではかなり近くなった感じではあります。
フォーサーズはどうしてもこの点では不利。てきとうに計算したところE-410/510の場合、F13くらい(厳密にはF13.4?)がマックスかなあ。
E-1後継は1200万画素とか言われてますが、仮に4000x3000とかナゲヤリに仮定するとF13を割ることに(厳密にはF12.8?)。

絵作り的にはF11まで絞れれば充分という気もしますが(フォーサーズの被写界深度は元々深いので)、アホみたいな長時間露光とかで
「暗く撮りたい」場合はNDフィルタ必須になりそうだな、と。あるいはISO感度の最低を50にしてくれたらナイス。

えるうっど (2007/03/05(Mon) 20:07)

長崎で坂に苦しんでいたら、熱海には行けませんね。
熱海…異常です。
元々狭苦しいので、無理な開発具合も半端じゃないですが、その坂の傾斜が半端じゃありません。

ディーゼルの営業車で、1速じゃないと登れない坂がありますからね…。

てけてけ (2007/03/06(Tue) 01:01)

焦点距離2倍て、ペンを思い出して。
小型軽量、焦点距離2倍、シルエットはOM譲り。
オリンパスらしさをどうでもいいところで感じてしまいます。

はる (2007/03/06(Tue) 10:34)

長崎は、平たいとこは道路ですからねぇ。
道が狭すぎて車が入れないところも多いですし。
長崎人は足が太い、という都市伝説もむべなるかな。

はしゃ (2007/03/10(Sat) 16:41)

>坂
長崎のほかに「尾道」もちょっと考えてたことは機密。アッチにしてたら今ごろ呼吸をしていない。
まー京都も場所によっては、郵便配達バイトの原付カブでは「フルスロットルで、さらに降りて押してようやく登る」という坂があったりします。
道の狭さも。へんに歴史が古いと開発できなくて困るっぽい。まームリして開発するもんでもないでしょうが。

>焦点距離x2
ペンFは35mm対比で面積半分ですよね?(よく知らない)焦点距離は1.414(ルート2)倍でないかなあ。
その感覚でいうとフォーサーズはクォーター。こう思えばちっこいなあ。もっと小さく!と思わず思ってみたりして。
カタチは本当にすばらしい。松下の作る似非ライカだけでなく、オリンパスによるOM風ボディも限定で出せばウケそうな気がしてます。

Kfbfymvd (2010/03/29(Mon) 15:52)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袪袩袥袵袥


2007/03/06(Tue) この日を編集

[デジカメ]D40X

D40が出た時から誰もが出ると確信していた、D40にD80/D200のCCDをぶちこんだ代物。本当に一眼は廉価機でも標準機でもハイアマ機でも平気で同じ絵を吐くなあ、「絵」よりも「手段」の違いでモデルを明確に分ける姿勢は好感が持てます。そして俺は貧乏だから廉価機以外見ない。

しかし型番はD60で出してくると思ったが、さすがのニコンもD50を挟んで基本的に同じ代物をD40、D60にはしなかった模様。しかしニコンのXは小文字だったり大文字だったりするのでとりあえず大文字で書いてみた。

これにてKissDX、D40X、α100、E-410と各社のエントリモデルが1000万画素ラインで揃った。K100Dの強化もされるだろう。俺は例によって600万画素→1000万画素は基本的にデメリットよりメリットのほうが多いと判断するので歓迎の方面で。ただ画素数が増えると必要なレンズ描写力も増える訳だが、1000万画素の描写に耐えるセットレンズをちゃんと出ーせーるーかーなー?個人的にはαの18-70mmは望遠側が長く(他社はだいたい35mm換算82〜88mmだが、αのセットレンズは135mm相当まで伸びる)オトク感はあるけど、最も画素数に描写が負けてる感が強いと思っております。閑話休題。

なにげに連射も他社並に強化されている。個人的には最低ISO感度設定が200から100になったことが「強化」だと思ってたり。そして手ぶれ補正を内蔵しないかわりに安価軽量なVRの55-200mm F4-5.6をリリース。これはこれでありだと思う。というかよくこんな値段で出してきたな。手ぶれ補正が欲しいのはマクロと望遠領域で、標準レンズの範囲なら「あったら嬉しい」くらいだから、超アリ。

しかしこうなってくるとペンタックスとソニーは層がうっすいなあ。ソニーは色々とウワサも聞くけど、ペンタックスはどうなんだろうか。


2007/03/10(Sat) この日を編集

[日記][デジカメ]長崎旅行記1日目(3/1)の前半

実際の日付は気にせずテキトウな日に書くのが俺流。

さあ出発だin午前5時25分。ひー。遠い関空でもなく2時間前チェックインな国際線でもないのにこの時間なのは朝早くの飛行機に乗るからだ。ここんとこ最近の体調はバッド気味で昨夜まで準備が遅れていたが、それでも一応は四時間ほど寝た。なんとかなんのか今日いちにち。

最近ずっと関空だったが久々の伊丹。伊丹そのものはほんの四ヶ月前に滑走路はさんだ反対までは来たけど、利用は前の会社にまだいた頃の北海道社員旅行依頼なので7年ぶり。けっこう変わってる。自動チェックイン機で席が自分で選べますよすごい。もちろん可能な限り前にする。主翼より前だと景色がいい(でも結果的には爆睡してたため無意味だった)し、エンジン音も静かだし、さらにとっとと降りれる。いいことづくめ。

手続きを済ませ荷物も預けて朝食をとり、ダラダラ。フライトまであと30分くらいで出発ゲートに向かうと大混雑しててちょい焦る。ここんとこ最近はわりとスムーズなゲート通過してたが、またなんか海の向こうでキナ臭いことでもやっとんのか。搭乗したら何人か遅れてきていた。白い目で見てやったが俺も出発10分前に機内に飛び込んだことは機密。

離陸後は即寝た。機内サービス一度すらも記憶にない。着陸15分前のアナウンスで目が覚めたにも関わらず、着陸の衝撃でまた目が覚めた。え嘘おれ寝てた?飛行機でこんなに寝たの初めて。しかし疲れは全然とれておらず前途は多難。さらにまた船で佐世保まで移動するが、出航までやはり1時間ある。船に乗ったらまた1時間かけて移動。時間はたいしたことないけど、移動のリズムが細かくて落ち着きませんな。船内が観光バスからひっこぬいてきたようなシートの貧乏くさい雰囲気だったのはよかったが。少しは眠れたし。

a1_20070301_094228_43WR_1a2_20070301_105820_E330_1a3_20070301_110550_E330_1
連絡船は何箇所かの航路がある。
乗ったのは後方のでかいほう。
黒船というか黒い船。
きたねえ窓ごしなので細部潰れてるけど。
ヨットハーバーにはハウステンボス所属の
警備艇。

そして次に船内アナウンスによって目覚めた時、窓の外はもう謎の空間だった。なんかオランダがある。うわー。もちろんハウステンボスという存在とそのコンセプトは知ってはいたけど、こりゃあ徹底してるわ。狂気の建造物だわ。

しかし。到着して、船内にいた他の観光客が黄色い声で「黒船やー」「ペリーやー」とか言っていたが、いや確かに船は黒い。けどペリーと長崎は関係ないんじゃ。単にレトロなデザインの黒い外輪船であるまいか。まー「出島いったら、横浜いけ。横浜いったら、浦賀いけ。浦賀いったら、わー黒船だー」とも言うし(言いません)出島にも来てたのかもだが。日本史のことに突っ込むのはやめとこう。って今ハウステンボス公式見たらやっぱりペリーとは関係ねえや。

場内侵入。うわー。なんかもう真面目に文章で表現するのがダルい空間っぷり。写真を並べていくことにしよう。

b1_20070301_111516_E330_1b2_20070301_112002_E330_1b3_20070301_112930_E330_1
単なる船着場もこんな代物。
狂気の産物だと思う。
土産物屋。ちなみにほとんど全部売り物で、
ちゃんと値札もついてる。ホレ
昼食。なんとなく佐世保バーガーちっく。
てりやきパイン(左)はいかがなものか。
h1_20070301_113828_E330_1h2_20070301_121856_43WR_1h3_20070301_132906_E330_1
跳ね上げ橋。可動。コストかけすぎだ。明後日からのチューリップ祭の準備をしてる。
苗って持って帰れるのか。
ハウステンボスの中でも立派なこの建築物は
場外馬券売り場。競馬でスッた金の産物。
c1_20070301_115112_E330_1c2_20070301_115340_E330_1c3_20070301_115502_E330_1c4_20070301_115922_E330_1
ギヤマンミュージアム外観。
結論から言えば内部のどんな
ものよりも建物が見事だった。
シャンデリアなんか昼に見る
もんじゃねえな。
キモい人がいたので修正した
のは機密。
白と青の奴はどうみても陶器の
類だと思うなあ。
ぎやまん関係なさそう。
d1_20070301_113724_E330_1d2_20070302_091044_E330_1d3_20070301_125048_43WR_1
ハウステンボス内を走行する車の多くはイカす
デザインでしびれる。
中身はマーチかなんかだと思うけど。
外にも出る車にはちゃんとナンバーもついて、
車検に通りそうな車になってる。
しかし日産エスカルゴにハリボテボンネットは
ないだろう。園内にはガソリンスタンドもある
e1_20070301_125450_E330_1e2_20070301_125528_E330_1imagee4_20070301_130250_43WR_1
カロヨンシンフォニカ。
繊細なものかと思ったが音は
わりとアバウト。
『月光のカルネヴァーレ』プレイ中
だと雰囲気もひとしおとか思って
るのは場内で俺一人だろう。
この巨大なものの全体像は
こーんーなーかーんーじー。
(縦パノラマ)
俺これでいいわ。
超お手軽で好感もてまくり。
f1_20070301_141838_V570_1f2_20070301_141218_V570_1image
ミステリアスエッシャー。
入り口階段の登る前/登ったあと。
たいへん三半規管に悪い光景。
へんな3D映画。二重なのは手ぶれではなく
位相フィルタ眼鏡ごしじゃないから。
PLフィルタもってくればよかったか。
キモすぎる絵であり、こんな絵を描く人とは
絶対に友達になりたくありません。
imageg2_20070301_145152_E330_1
IFXシアターの建物内にあったハウステンボスの模型。
時間と共に夕方〜夜になるのでパノラマ撮影に失敗するとこうなる
夜は夜景モードになってそれはそれで見事。
i1_20070301_145950_E330_1i2_20070301_150344_E330_1i3_20070301_151142_43WR_1
こういうソレっぽいフレーミングで撮ると虫唾が
走る俺はカメラに向いてないかも知れず。
風車もある。オランダだからな。でも羽根は
骨組みだけで、電気で回ってるんだけど。
見渡す限りこんなチューリップ地獄。悪い
夢みたいだ。この奥の船に乗ってホテルへ。

そろそろ見る人も見る気をなくしてきたと思うので、こんなもんにしよう。気が向いたら続きも貼っていく。(しかしこのペースだとFlickrの無料ユーザ限度をすぐ越えそうだが)

迂闊にもストレージ代わりのVAIO typeU(借り物)をリュックに突っ込んだまま。さらに普通使わん魚眼コンバージョン+レンズも。550gと850gとはいえ、これが足に来てかなり大変だった。運動不足だからなあ。スーツケースに突っ込む機会はあったのに、すっかり忘れてたヒー。天気は雨こそ降らないものの、雲り〜晴れが頻繁に入れ替わる状態で、雲っていれば寒く晴れてれば暑かった。まあ「極寒」「灼熱」よりもマシだ。いい季節ではあったと思う。

施設としては写真にあげたよーな感じ。ちょこっと覗いたくらいのものは他にもあるけど、このハウステンボスの主役は施設じゃなく空間だから、まあ。ところで3D眼鏡かけて3D映画をみるミステリアスエッシャーよりも、(写真には撮ってないけど)きらら397だったかなんか(ふつうに「Kirara」だった)のほうが迫力があったのは猛省を促したい。ミステリアスエッシャーの『永遠の滝伝説』とかいうクソ映画で喜ぶのはロリコンだけだ。女の子はけっこう可愛かった。

しかしE-300を使ってる人を見たのにはびっくりだ。オリンパス一眼使いヤー見たの久々。たまに見るのもE-500ばっかで、E-300系は初めてかも知れず。しかもなかなかのナイスジジィでOMからのユーザと見た。

[デジカメ]いくつか色々

αのフルサイズ化の噂が濃厚だが、超予定調和。これも予想してなかった人間なんか世界中に一人もいません。でないとAPS-Cレンズがたった三本(今月末にようやく+1)とかありえん。

ミノルタ時代ならこのやる気のなさもわかるが(こら)本気度全開のソニーになっても傾向が一緒ということはフルサイズ化するということだ。そしてもしフルサイズ化するとしたらニコンとペンタックスはソニーから撮像素子を買う立場だから、まずやるとしたらソニーから。でもこれでニコン、ペンタックスもフルサイズ素子の供給を受け、一眼のフルサイズ化が進むのかなあ。一眼ユーザの向く目がボケとダイナミックレンジにあるならフルサイズ化は避けられない。

現在主流のAPS-Cはぶっちゃけ超妥協の産物でしかなく、35mmサイズの撮像素子が準備できなかったからに過ぎない。撮像素子はでかくなると飛躍的に値段が上がる。最初のフルサイズEOS-1Dsはボディのみ100万円したし、今でもフルサイズEOS 5Dは性能でAPS-CのEOS 30Dに劣るのに値段は倍以上するように。廉価な35mm素子が手に入るなら35mmフィルム一眼の遺産があるメーカなら迷わないだろう。

でもAPS-Cの文化がもうできちゃったからなあ。捨てるのも惜しい気もする。とはいえ俺は35mmともAPS-Cとも全く関係のないフォーサーズ村の住民なので、生暖かい目で眺めることにしよう。

オリンパスE-410用のハウジング、PT-E03が12万円。うーん、オリンパスは一眼のハウジングを安く売る気はなさそうで残念だ。

コンパクト機のハウジング並の性能しかないのでいいから、廉価ハウジング出してくれんかなあ。ダイビング写真界に激震が走るのに。それともムリなのか。ポートなんか固定でいい。14-42mmと35mmマクロさえ入れば。ズームリングとフォーカスは排他でどちらかでいい。外部フラッシュ端子はつけてほしいが、かわりに内蔵フラッシュは完全に殺してもいい。C-5060/7070用のPT-027を3万円で出せるなら、これでも5万円以下で出せそうな気がするんだけど、ダメなのか。何がムリなんだろう。

松下の次は手ぶれ補正つきということで、E-510のOEMになんのかなあ。E-410をもっていくと思ったが。いや、オリOEMでなく独自という可能性もゼロじゃないけど、ダストリダクションやライブビューがある以上はOEMだろう。しかし自社の手ぶれ補正レンズはどうする。今度こそ「CCD+レンズの合成補正」をやる気か。

DMC-L1より下位と言い切ってるあたりは気になるところ。DMC-L1は元がE-330な訳で、これはオリンパス的にはE-500のハッキリ上位機種という訳じゃなかった。いちおう上位?程度。これより下って一体なんだ。ちなみに実売価格レベルで言うとDMC-L1は、レンズキットが15〜6万円、そのレンズが単体で12万円だから本体価格は3〜4万円計算になり、現行の一眼で最安クラス(引くな)。

ところで先日D40Xが「なんでD60じゃないんだ」とか言ってたけど、よく考えたらD60にできる訳がないですな。EOSシリーズで、10Dの前がEOS D60だった筈。お前ら型番の命名基準なんとかしろと心の底から言いたい。

[link]エロゲとちんこにぎり

そもそもエロゲでちんこ握る人は多数派ではないと思ったが、これは単に俺の「自分をマジョリティだと思いたい」という願望なんでしょか。でも人気作(『Fate』とか)って最初のエロシーンが出てくるまで15時間くらいある訳で、こんなのでちんこ握らないでしょ普通。エロゲのエロ媒体としての使い勝手の悪さは深刻で、コストパフォーマンスも極めて悪い。ちんこ握りツールとしてはもっと適したものが他にいくらでもあると思った。

あと我が家ではたまに同居人(女性)が背後からこっそり?見てるので、ストイックプレイ以外まったく考えられず。20インチ液晶全画面で音も普通に出してる以上、最初から隠す気なんかありゃしねえ。

でも俺のエロゲプレイスタイルは、汚い部屋で攻略ページ開いたノートPCを傍らにダラダラやってるので、格好いい趣味には見えないと思った。たまにニタニタしてるし。ちんこ握らないだけではダメっぽい。とりあえず正座にネクタイでプレイしてみるか。全裸はやめとこう。エロゲオリンピック(Keyの新作が出る年に開催)は若い人たちに期待します。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
閲覧者 (2007/03/12(Mon) 09:52)

いつも楽しく拝見しております。

>ハウステンボス
まさか、ハウステンボスに行かれるとは・・・
高校の修学旅行の際に一度だけ行きましたが、アトラクションが非常にショボかった事くらいしか覚えていません。
あとは、ハウステンボスなのに何故か満漢全席っぽい飯を食ったことくらいだろうか。
そういえば、当時買ったエッシャーの「滝」のマウスパッドは未だに使っています。

>エロゲスタイル
うちはデスクトップでウーファーとスピーカーの電源を引っこ抜いて、内臓の音源を極力小さくしてプレイしています。(チキン)

正座は昔やっていたような気がします。ネクタイは・・・仕事帰りに着替える前にやっていたら、ズボンがシワになりました。あまりお奨めじゃないかなぁ。

はしゃ (2007/03/12(Mon) 09:57)

>ハウステンボス
あれはアトラクションを楽しむ施設ではないです故、私もたぶん若い頃ならなんも楽しめなかったでしょう。
眺めて、投資された金額に思いを馳せるという楽しみがわかればイケます。それなりに楽しみましたよ私。

あと長崎は中華街とかあるので中華料理とかはそれなりに納得できそうな。

>エロゲ正座
正座は腰にいいので、私には意外とよかったです。でも私、腰だけでなく膝もちょっと弱いのでソッチがつらくなってくる模様。

きがにほん (2007/03/12(Mon) 16:17)

>フルサイズ化
 常々長いレンズを振り回していらっしゃる方々は
35mmフィルムより小さなAPS-C素子の恩恵を受けていらっしゃるかもしれません。
その逆に、小さなAPS-Cでは広角域でパースペクティブが期待よりつき過ぎるのを気にされる方いらっしゃるかも。
同じボディにフルサイズよりも二周りほど大きな素子とイメージサークルを広げたレンズとの組み合わせで
従来の中判カメラっぽいパースの広角写真が撮れるようなことには需要がないのでしょうか。

はしゃ (2007/03/13(Tue) 02:29)

>常々長いレンズを振り回して
成程。わりと広角野郎としては焦点距離がx2はちょい面倒としか思ってませんでしたが、そーいえば望遠野郎の兄は
EOS 10Dの焦点距離x1.6を喜んでた気もしました。
私的にフルサイズ化は露骨に周辺の画質が劣化するので、デジカメ内部である程度の「周辺補正」をつけてくるんじゃ
なかろか、と思ってたり。減光はもとより、描写の流れも「中央からの放射線軸」のみにシャープネスをかければだいぶ違いそう、とか。

「小さなAPS-Cでは広角域でパースペクティブが期待よりつき過ぎる」というのがチトわからない。
そういうことがあるのだろうか。光学、奥が深い。

中盤カメラパースを欲しがる人は普通に中盤に手を出すんでないかと。
ペンタ645のデジタルとかマミヤZDとか。あれ、ペンタはまだ出てなかったっけか。
「撮像素子のサイズがサイズが」「アスペクト比4:3で写真は撮れない」と連呼してフォーサーズを馬鹿にするAPS-Cの人たちに
マミヤZDを薦めると沈黙するのはちょっと面白かったりします。

きゅーすや (2007/03/13(Tue) 21:26)

エロゲは寝る前にオートでプレイしてたら何時の間にか破局してるシーンに。
いや、クリックするのも面倒臭いという人並み外れた駄目っぷりがいけないんですが、
判っててもだらけたプレイはやめられない。
格闘でクリックしないと死ぬのはどうにかならんかなぁ。
エンディングまでのストーリーだけ見たいんだけどなぁ。

はしゃ (2007/03/14(Wed) 21:11)

>エンディングまでのストーリーだけ見たい
私もそんな感じです。下手糞で長いだけの戦闘シーンはやめて欲しいですねえ。
ノベルタイプ・声なしなら多少長くても許容できるのですが、小窓にメッセージが出て喋るゲームで
40分くらいもクリック続けてるとヤになってくるなあ。


2007/03/12(Mon) この日を編集

[日記]W-ZERO3[es]の付属ケースをなくす

旅行最初のMKタクシー内で紛失した。たいへんションボリ。

俺は[es]を使ってないけど付属のソフトケースがいいのだ。何にってコダックのデジカメ、EasyShare V570にびっくりするほどベストマッチ。異常なほど気に入っていたので今更ほかのケースが考えられない。再入手したいなあ。

元は同居人が[es]使いだったので余っていたのをもらったが、単品販売はしてないっぽい?ヤフオクあたりを見てみたがイマイチわからず。そりゃあなあ。付属のケースとして機能はミニマムであり、ヘビーユーザーは別のケースをチョイスした挙句、このオマケケースはゴミとして捨ててる人も多そうだもんなあ。誰か余ってる人いたらください。或いはウィルコムストア行ったら売ってるのかなあ。

ちなみにV570のパッケージにもいちおう巾着がついてきた。が、これがまた正気を疑うほどチャチな代物で真剣に馬鹿にしてんのかと思った。

[]CHECK ENGINE

先日のこと(すでに日記でもなんでもないですな)10日ほど放置した車が、セルを回してもウンともスンともドカーンとも言わずに沈黙。ロードサービスにエンジンをかけてもらった。

その際にロードサービスのおっさんがコインでバッテリの点検口をあけて中身を見て「これもう交換の時期ですよ」。見ればわかるのかバッテリて。穴ってバッテリ液の補充専用だと思ってた。そー言えば前回の交換は2004年の2月であり、交換も妥当ではある。エンジンかかったそのまんまでホームセンターに出向いた。高いほうと安いほうがあったので安いほうをチョイス、そう言えば工具もないのでモンキレンチも一緒に確保して、そのままホームセンターの駐車場で前のバッテリをおろし、新しいのを積んだ。

セルを回す。「かきん」。……かきん?

破滅の音。購入したバッテリは上部から見ると小窓があり、そこから見える光が緑ならば正常動作してるとか。うん緑。もっぺんカーナビなど12Vを要求する電装品をチェック。完全動作している。バッテリターミナルが緩い気がしたのでモンキレンチで思いっきり締める。ちょっとナメたかもだがナットなんか替えればいい。その間も頻繁にセルをまわし、駐車場に乾いた「かきかき」を響かせていた俺。

するとそのうち、特に何もしてないのに「かきん……ぃぅぅぃ」という音を聞いた気がした。再び数回回すと「かき……ぃぅぅんぃ……」エンジンが一回転はしている。そのまま駐車場にてセル回しを休み休み繰り返すこと50回くらい、明らかにいつもより1/3くらいの速度ながら「かきぃぅぃぅぃぅぃぅ」と連続して回る音を確認、そして回しつづけて20秒で聞きなれたクソやかましいドルンッという唸りを得た。深く深く安堵。

溜息をもらしつつ、店舗に並んでる間にバッテリが放電してたのかも。これで走行して充電すれば大丈夫でなかろか、とか考えながら開けっ放しのボンネット閉めに行くべと出ようとした俺はしかし、メータパネル内に煌々と輝く文字「CHECK ENGINE」を発見。げっ。このトラブルは車のほうに原因あったのか?

とりあえず走行してみるも、いつもと違う状況はまったくなし。バッテリ交換したからECUが学習を忘れたのか、なんか微妙にオートマのシフトタイミングがいつもと違うけど別に気にすることでなし。30分くらい走行した後ならエンジンを切っても再始動はできた。わからん。

そして次の日の朝。「かきん……ぃぅぅぃ」

はいスバル送り決定。したのが長崎旅行の三日ほど前で、最初、俺が乗ってった日にチェックしたらまったく現象が再現しなかったのでメカニックから「気のせいじゃなかろか」とか電話を受けたが、「翌日になったら現象再現するから放置して時間あったら見れ」と言ったところ、旅行中にスバルから受けた電話いわく「再現した。これはバッテリの初期不良だ」とか言われた。フルに充電した当該バッテリで、無負荷なら12V出てるのにセル回転中は6Vも出てなかったとか。

いやそれは考えてなかった。初期不良て。だってバッテリて機械でもなんでもねえじゃん。極端な話、電極を電解液につけてあるだけではないのか。こんな代物どうやれば不良品にできるのかむしろ謎なのですが。

ホームセンターでGSユアサ製の国産バッテリ(高い)と、名前も覚えてない韓国製バッテリ(安い)があり、前のバッテリもホームセンターのロゴがついてるようなヘチョい代物で中国製でありつつ3年は保ったこともあって安いほうをチョイスした俺が間違いでした。バッテリのメーカはだいじ。たまたまハズレをひいただけだとは思うけれども。とりあえずスバルには3年前のバッテリをフル充電にして載せてもらったが、バッテリメーカ(ていうか代理店)はバッテリ代の返金はともかくとしてスバルに払った点検費用は出してくれるのかしら。メカニックの人は「たぶんいける」と言ってたが。

本日のコメント(全7件) [コメントを書く]
こたろー (2007/03/12(Mon) 11:17)

はしゃさんが以前乗られていたと思います、SW20(II型)に乗っていたときの話なのですが、
私もホームセンターで買った新品バッテリー(ただし国産有名メーカー品)に替えたら、セルの回りがおかしい(弱い)?アイドリングが安定しない?等の症状が。

整備がちゃんと出来る、行きつけのGSに行って確認してもらったら、別に車両には異常はないとのこと。

まぁその後しばらく走ってたら症状が無くなったので、バッテリーのホームセンターでの自然放電が問題だったようです。

バイクのバッテリーだと、こういうことはないんですけどねー
(硫酸をユーザーが後入れするから)

ぽぽろ12號 (2007/03/12(Mon) 12:36)

某カー用品店でバッテリーの在庫管理してました。その時の記憶ではバッテリーの初期不良の確率は2割弱くらいだったと思います。もちろん国産バッテリーです。
極端な話、交換直後に半ドアやライト点けっぱなしなどでバッテリーやっつけてもすっとぼければ初期不良で交換できますよ。
ホームセンターだと難しいですがカー用品店とかなら交換後の電圧チェックとかですぐに発覚したかもしれません。安くて財布に優しいんですけどね、ホームセンター。

のの (2007/03/12(Mon) 15:50)

閣下が生存していて何よりです。
ところでesのソフトケースというとあの表裏に鉄板のような硬いブツが入ってる奴でしょうか。

きつね (2007/03/12(Mon) 21:56)

ホームセンターの安いバッテリーは、国産であっても
製造時期が古いものとかが回ってくると聞いた事があります。
安い100円乾電池と同じ原理で安いみたいですね。

そういえば、電圧が足りない時のセル音ってかなり破滅的な音ですよね。
どうも「バッテリー上がり」=「うんともすんともセルが回らない」と思っている人が多いようで、
ガソスタで働いていたときは、バッテリー上がりで
「車から変な音がする」って人がよく駆け込んできました。
逆にうんともすんとも言わない状態の時は、
バッテリー上がりよりATのパーキングスイッチの不良とか、
Pレンジに入れずにセルまわしてた、とかの方が多かった気がします。

はしゃ (2007/03/13(Tue) 02:29)

>esのソフトケース
さいです>表裏に鉄板のような硬いブツが入ってる奴
EasyShare V570は液晶にカバーがないし、表面のレンズシャッターも脆そうなので、
あの硬いブツによる保護が安心なのです。V570につけてるストラップが蓋の横から出せるし。取り出しやすいし。
あれはいいものだ。すてき。なくしてションボリ。

>バッテリ
「替えたら、セルの回りがおかしい」「初期不良の確率は2割弱」というのまでは納得できるですよ。
あんな代物、放電はしててもおかしくない。
ただ今回は「バッテリ上部の小窓が緑色なら大丈夫」というバッテリ本体の機能があったので、それを信用して
えらい回り道をした、というのがアウチでした。

ホームセンターで例え「製造時期が古いもの」でも、極端に古くない限りは乗れば復活するとは思うのです。
100円乾電池と違って二次電池ですから、放電したものなら充電すればいい訳で。
だからCHECK ENGINEランプとも相まってエンジンルーム内のどこかに異常があるのではと思った。オルタネータとか。
ECUのエラーコードをチェックすることはちょっと回路組めば簡単にできるみたいなので、作っとこうかなあ。

あーあと上で書くのを忘れてましたが、ロードサービスがボンネットをあけた時点で、インタークーラの横に
謎のベルトが放置してあったというのも心配を増加させた一因かも。
結果的にはスバルの人いわく「車検のときにそのへんに置いて忘れたもんだろう」とのことでしたが、
どっかから外れたようにも見えた。ありゃねえだろMK車検。来年の車検は違うとこもってくかな。

kw (2007/03/13(Tue) 15:25)

V570のあのショボ巾着はナメてるとしか言いようがないですね。
ちなみに買った当初、使ってみましたが、本体が滑り出てきて落としてキズが入り、結構本気で呪いました。

バッテリーの初期不良は2回ほど当たった事あります。
一度はGSなのに(もう一回はATL○SというK国のメーカーでしたが)。
他の方のコメント見ても頻度も高そうだし、ゴネたら点検費用までいけるのかなぁ〜

はしゃ (2007/03/14(Wed) 21:10)

>点検費用
ゴネるてーかスバルのメカニックから「このパターンなら出しそうだけどダメモトで言ってみ?」と言われた。
で、出そうです。まーバッテリ載せ替え工賃+充電工賃ですけれども。(本当はその他にも色々みてもらってるがサービス)

>V570の巾着
あれより貧相な巾着は見たことがありません。100円ショップ販売ブツの100倍はショボいとみた。


2007/03/13(Tue) この日を編集

[日記]ブログのコメント欄

プロのライター様との共通点を見つけてエントリをこさえるのも如何なものかと思いつつ、「世間にちょっとはいるだろう頭のおかしい人」というのがまさにストライク。そういうこともあるわな。

「基本的にはブログ主への肯定的なコメントがつく」〜「居心地が悪くなります」というのがすごくよくわかる。「一度書き上げてから、わざとコメントがつかないようにねじまげ、結果として全然書きたくないようなものに」とかたいへん理解できてしまった。ああ、あるある。コメント内容が予想できて、それが自分を全肯定されそうな雰囲気な場合は、その雰囲気がイヤでイヤでなんとか回避できないかと努力するのは超基本。

別に否定を求めてるわけでもないんだけど。理想を言うならニュートラルな立場に立ってくれればベストだなあとか思ってるけれど、俺の希望するニュートラルなんて世の中には存在しない。コメントを書く人たちにとって、常に彼ら自分はニュートラルな立場に決まってる。

それでも俺はコメント欄は生かしとく。コメントが俺にとってありがたいことも結構あるから。コメント欄から学習したり、間違いに気付いたり。プロ様でない俺としては、文章を投げるだけでは完成するエントリにならないことが多々ある。またプロ様でない俺としては仕事と仕事でない文章のアウトプットを分ける必要もないので、肯定コメントを避ける手間をかけるのもまた楽しみの一種と思えなくもなし。

あー。だからといって肯定的コメントをしたい、と思った人にそれをやめろという意図はありません。やりたい人はやればいいし、やらないのも自由。否定的コメントについても同様。こんなこと書いてても誰からも肯定、否定が一切なしなら寂しくて死ぬ。いや実際には超平気そうな気もすごいしてるけど。このサイトあまり見られることに重きを置いてないので。

そしてリンクしといてナンだけど、瀬戸口廉也氏がシナリオを書いたゲームはプレイしてません俺うわあ全然ダメだ!『SWAN SONG』はいつかやろうリストには入ってるけど、すでに積みゲは山となりて久しく。

[デジカメ]新Xacti、DMX-CG65がヘボい

テイザー広告で情報を出し渋ってた挙句にこれですか。H.264圧縮により「ポケットサイズでトータル10時間」とか言われても、そもそもXactiはそんなにバッテリーが保たない。ちなみに動画撮影で70分で、CG6から変化ナシ。ここに手をつけなくてどうする!なんの意味もねえええええ。

まあ確かに他社を見れば、HDムービーカメラを謳う分際でMotionJPEGを採用し、512MbyteのSDのカードでは102秒しか撮れないPowerShot TX1の惨劇みたいなのもある訳で。比較すると随分マトモだけど、そりゃ元のDMX-C6の素性が良すぎただけだ。C6だってSDHCに対応してないけど最高画質モードで82分/2Gbyteだよ。ていうかスペック表を見比べると基本的に撮影時間はサイトに載ってるTV-HQを除き、一切変化してない。画質がよくなったと言いたいんだろうけど、元々Xactiの動画画質は充分きれい。まあ良くなるに越したことはないけど、長時間を売りにするこっちゃないですね?

どっちかってーとムービーblogを売りたいんだろうなあ。なんか目の付け所が周回遅れな気がすごいするけど。或いは本気で開発能力を喪失して久しいのか。三洋はもうeneloopだけ作ってればいいんじゃなかろうか、とか思ったがちょっとひどい気もするので自粛。

本日のコメント(全7件) [コメントを書く]
ダイスケ (2007/03/13(Tue) 16:55)

肯定的なコメントが嫌という気持ちすごくわかります…
と言っておいてこのコメントも肯定的ですね。
ここに一つのパラドックスが産まれました。

おサルのモンキチ (2007/03/14(Wed) 09:13)

あー、判る判る、と肯定コメント(笑)
私はコメントを書くほうなんですが、肯定(賛辞)コメントがずらっと並ぶのを見ると逆にちょっと否定的なコメントを書いてみたり。はい空気読めません。
でも、そんなコメントに突っかかってくるブログ主さんも多いんですよね。時には荒し認定されたりして(苦笑)
まあプロのライターさんが(基本的に無報酬である)ブログで自己表現する難しさというかもどかしさが現れているエントリーだと思いました>リンク先

はる (2007/03/14(Wed) 10:21)

あー、なんとなくわかりますねー、と(略)

実際のところはあんまよくわかってないですが。
好きで見てるサイトは自分と考え方が似てることはあるものでしょうから肯定コメントが多くなるんでしょうが、
なんかこう何も考えてなくてとりあえず協賛コメントが付いてるっぽいのは読んでてもいまいちですね。
ちなみに、ここのコメント欄は読んでて結構楽しいです。
中身濃いのも多いし、たまに話が予想外の方向に進んだりとかするし。

とか、コメント欄までまとめて肯定コメント付けてみたり。

のの (2007/03/14(Wed) 16:15)

いや、そんな事は無いと思いますよ。と、否定コメントを否定する否定コメント。
まあ、否定的な意見がある事ももちろんありますが(ここに限らず)
そういう時はわざわざ事を荒立てるのもなんだしと思って
書き込まないことが多いですね。

はしゃ (2007/03/14(Wed) 21:11)

ここには自分では返事でもコメントしにくいなあ。ちょっとやめとこう。いや閲覧者側もすっごいしにくかったとは思いますが。

>たまに話が予想外
コメント欄のメリットであると思ってます。ただ、多分に軍事的方面に予想外になることが多い気がしてます。何故だろう不思議だ。

ササノハ (2007/03/14(Wed) 23:34)

流れぶった切って失礼します、初めまして。
瀬戸口氏のゲームは「CARNIVAL」を、後日談的な小説と合わせてお勧めしたいです。
めちゃくちゃな流れと鬱設定と拭いきれない空虚感がヘンに心に残るゲームでした。
特にメインヒロインの空っぽ感がすごいです。そのヒロインの最後の選択とモノローグを見て、個人的に心のエロゲ殿堂入りとなりました。
そしてこのゲームをプレイしたきっかけはこちらの前サイトのエロゲデモ紹介でした。
今更ながらありがとうございます。

はしゃ (2007/03/18(Sun) 17:07)

>CARNIVAL
デモを見たときには即購入するつもりだったのですが、当時ほとんどゲームをプレイできなかった(デモ見るだけだった)のと、
「一見そう見えない鬱ゲ」がどうにもニガテなもので回避してましたムウ。

最初から鬱ゲ然してればいいのですが、油断しちゃうとダメージでかくて。見た目からして激鬱の『SWAN SONG』ならいけそうと
思ってこっちに興味あった。でも『CARNIVAL』から手をつけることにしようかな。いつだ。


2007/03/14(Wed) この日を編集

[アニメ]ネギま実写ドラマ

各所で話題になっている。企画した人間のツラが見たいわ。んでそのツラを二千発くらい殴って「目が醒めたか?」と尋ねたいわ。ブツが出てないうちからダメ言うのも気が引けるけど。言うけど。

今回どう考えても発表スケジュールを完全に無視したリークだったので、もしかしたらこの暴投は思わぬ受けかたがちゃんとあり、それの周知が先にされるはずだったのかも知れない。ちょっと俺の想像力ではネギまを実写でやって成功する可能性がアダルトビデオ以外思いつかないけれど*1。高い確率でテニプリミュージカル(YouTube)の方法論でいけると踏んだだけだと思うけど。

現在放送中のアニメ、ネギまだっしゅも評判が悪いことだし。俺はあれはあれでアリだと思ってはいるけれど、そりゃな。あれ、ネギまでもなんでもないもんな。本当に映像化に恵まれないタイトルだなネギま。

やっぱり本当にやるべきは「原作版ネギま」だと今でも思ってる。原作読みは全員思ってるだろうけど。だって原作のほうが数倍面白いし、少なくとも『ハヤテのごとく』とか『ドージンワーク』とかみたいな「原作通りではそもそもアニメにならない」代物と違い、完全に原作をなぞるだけで極めて高い完成度になることが容易に予想できる代物ではないですか。そしてよくある「ヒネた少年がまっすぐになっていく」のとは真逆の「純真な少年が大人の汚さを学習していく」とゆーコンセプトがネギま最大の特徴なのに何故二回のアニメ化はこの点を完全に無視するか。サンデー系列のアニメみたいな長丁場前提で真面目にアニメ化してくれんかなあ。さすがに三期目はムリかなあ。

そーいえば『さよなら絶望先生』TVアニメ化という話もあるなあ。世界で一番アニメ化に向かないタイトルだと思うんだけどなあ。いっそ絶望先生XENOGLOSSIAとしてロボットアニメとかテキトウな代物にして、その上でネギま二期のスタッフが作ったりしてくれたら、むしろ見てみたい気がする。が本当に見たいのはアニメが出てから原作の漫画版がそれをどう料理するか、だから、別にアニメはどういう出来になろうがどうでもいい気もしてきた。

*1 嘘。赤松漫画は設定から絵から展開からどれをとってもエロ度が皆無なので、アダルトに凄まじく向かない。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
Si (2007/03/14(Wed) 23:11)

私としては,絶望先生のアニメ化がなんてことない普通の出来になるのが一番怖いです.良い方向でも悪い方向でもいいから,ネタになるような出来であることを祈ります.

閲覧者 (2007/03/15(Thu) 10:13)

いつも楽しく拝見しております。

いっそのこと手鍋のジャンあたりをアニメ化したらどうでしょうか。原作通りでも、原作から外しても、収集がつかないような気が。

MIB (2007/03/16(Fri) 20:50)

……あんなん、どうやって実写化するんでしょうかね。
正直、もっとドラマ化に向いた漫画はあるでしょうに……

絶望先生は……どうなんでしょうねえ……

はしゃ (2007/03/18(Sun) 17:06)

>絶望先生
それはそれで「毒にも薬にもならないアニメ化に絶望した」と納得できそうな気もしなくはない。
正直、アニメ自体がとてつもなく面白くなるという希望は全くもてないので「漫画でいじると面白くなりそうな道具」になればいいなあ。

>鉄鍋のジャン
ですねタイトル。『手鍋のジャン』はなんか中華料理つくる気がしません。インスタントラーメンぽい。

その発想はなかった。それなりにうまくいく可能性はまだ残ってそうです。漫画以外の媒体に極端には向いてないことはない。気がする。
是非、昼間に放送して子供達に見てもらいたい。「お母さんマジックマッシュルームってどこで買うの?」

>実写ドラマ化に向いたタイトル
意外と私はアニメ化の話題がある『シグルイ』とか実写でやって欲しかった。
いやアニメ化ですら、放送できる箇所があんのかという代物とは思いますが、あえて黒澤明系の演出をこめて実写でやるとシビれそうだなあと。

アニメ化といえばチャレンジブルなタイトルがちらほらと。
まだ原作ゲームも発売してない『君が主で執事が俺で』のアニメ化での「製作陣にゲーム本編をプレイして頂いて十分把握してから」という
公式アナウンスは笑うところかなあ、とか思ってたり。

閲覧者 (2007/03/19(Mon) 09:10)

>手鍋のジャン
素で間違えた。恥ずかしい!!
毎回家庭で作れる中華料理を紹介するクッキングパパばりのジャンが出てきそうです・・・「うまいぞっ」


2007/03/18(Sun) この日を編集

[link]軌道星隊シゴセンジャー

メガスターでも見に行くかなあ、と思ってチェックした明石市立天文科学館のサイトで強烈な代物を確認。イマドキご当地ヒーローくらい珍しくもなんともないけれど、これはステキなツッコミどころだぜ!

この名前だと一人残らず誰もが「四、五千ジャー」という大群を想像するけれど赤と青の二人しかいない。なんでも「どこかにあと10人の仲間がいるんだ」という設定らしいが、どこか、じゃねえ出せやコラ。今までで一番ハードな戦いの最初の二行を読んだときは「悪いアメリカをやっつけるんだ!」という話かと思った。肩に書いてある東経135度を示す「135E」は普通に「BSE」と読めることだしな。シゴセンジャー達の技はシゴパンチ、シゴキックというが、本来は「子午線」由来なのにそう切ってしまったら死後パンチと死後キックとしか思えん。そしてシゴパンチは「さむ〜い、”だしゃれ”を言うヤツ」に繰り出されるらしい。だじゃれを言っただけで殴るシゴレッドは相当ひどいので、だじゃれ好きのよいこのみんなは全力でシゴセンジャーから逃げろ!

今更中の人などいない宣言とか、もう。仮にも科学館でブラック星博士頭の中にはブラックホールがあるとかやめたほうがいいと思うけれども、すげえスタイリッシュ。カッコいいなあ。しびれる。メガスター見に行ったついでにグッズとか買ってしまうかも知れない。

[]『反 単戈 軍 事 学』(検索避け)

最近一部で話題になってる本。何故こんな面倒くさい書き方をするかというと後述。

タイトルのとおり、反戦主義を掲げるための軍事の基礎知識な本で、目の付け所は極めていい。反戦主義だからって軍事知識をつけることすら忌避する人ってのが結構いる。無知が武器になると勘違いしてんのか。正しい知識を知ったら自らが目的とする「反戦」が揺らぐ心配でもあんのか。

それで言うことに説得力があればいいんだけど、彼らの口から出てくるのは「ミサイル防衛はアメリカ防衛のためのもの」とか「PAC3は攻撃兵器」とか「弾道ミサイルを迎撃したら上空で核爆発」とか。他にも「劣化ウランで放射能障害」とか「白燐弾は化学兵器」とか「中国は軍縮中」とか「自民党は徴兵制復活を目指してる」とか「日本を狙う核はきれいな核」とか「B-52が空母から発艦」とか「90式戦車は岩を踏んだら底に穴があく」とか。

こんな超初歩的な間違いをしてる人間の言葉なんか誰も聞く筈はなく、この程度の知識で「だから反戦」とか言ってると反戦主義全体が胡散臭くなる。というか事実、今の現状はすでに反戦主義を声高に掲げる人は信用されてない。この類の無知な反戦主義者は、何よりも筋金入りの反戦主義者にとって邪魔になってる。

しかし正しい軍事知識を得た上で、結果的に極左的な反戦を主張するのは大変アリ。彼らの議論ふっかけ対象であるところの我々にとっても「日本は非武装中立であるべき」等というレベルに付き合う必要がなくなるので、たいへん意味がある。

余談ながら、我々ミリヲタと極右・好戦主義の人を混同する向きもあるけど、ミリヲタはヘタすると極左の人たちより強度の戦争反対をしてるのがふつう。だって軍事無知の人間より我々のほうが、ガチ防衛以外の戦闘やったって日本が勝てる訳がないことなんかよく知っとるわ(T_T) 極右連中のしあわせドリームはたいへん迷惑なので勘弁願いたいところ。

で、この『反 単戈 軍 事 学』(検索避け)。興味はあったんだけど、なんかもう強烈なマイナスベクトルの話題がたくさん。

まず話題になったのは内容にあまりに低レベルな間違いが多いという評判。ただ、俺は「話題として取り上げられた箇所」を見ただけなので、ひどい間違いの場所だけを見てることになる。ので全体平均で見ればもーちょっとマシそうな気はする(でも書評で出てきた数箇所ですら、その間違いレベルはかなり致命的)。まあここまではよくあることだけど。

この本、どーもblogやらで否定的な書評を書くと「著者」(を名乗る人)が直々にコメント欄に現れ、書評者を罵倒しまくるという珍自体が発生するらしい。何故エントリ名で検索避けをしたかというとウザいから。このへんの「来訪編その四」は必見。

これ本当に書いた本人か?とみんなが目を疑う低レベルさ。だが、本を読んだ人はだいたい内容も「こんな感じ」らしいので確証は高い。すげえや。

本に対しての論理的な反論に、徹底して読んだ人間のレベルが低すぎるからダメだダメだを繰り返すだけの感情的反論しか出てこず、その拠り所は「素人はプロに何も言うな」愉快だ。買ってない人間は罵る、買った上で批判する人間は罵る、という人でもプロ様だからプロも安くなったもんだ。

その挙句、高らかに勝利宣言。うん、誰がどうみても降参です。わざわざ罵詈雑言のコメントを書いておいて「1円にもならないからやめる」とかワケわからない。ボロクソに論破されておいて「相手が弱すぎる」とか愉快にも程がある。反戦主義の人たちは今すぐこの人を糾弾するコメント書いといたほうがいい。真剣に。さっきは「無知な反戦主義者は邪魔」と書いたけど、たぶんこの著者のほうがはるかに反戦主義のイメージダウンになる。全員こんなんだと思われたら迷惑だろう。

反戦のための軍事学は最初に書いたようにすごく重要だと思うだけに、こういうノイズが幅を利かせる現状はたいへんバッドだと思うのでamazonとかのリンクもやめとく。買って感想をアップしてこの著者を召還するのも、ちょっと面白そうではあるけれども。

[]マーチのオープンクーペ

うわープジョー206CCに匹敵する後席のナゲヤリな設置。ルーフをトランクルームにしまうためにむりやり後席を前にずらした悲劇。でもいいのだ。後ろに席がある、その重要さは2シータに乗ったことがあれば実感しておりますよ。

ふつうのマーチよか11cmも前高を下げたとのことで、なかなかスタイリッシュには見える。Aピラーのへにゃけた角度がそのへん物語る。クローズドでは相当せまっ苦しいだろう。ルーフのグラストップはあまりの圧迫感を軽減するために必要にかられてのものとみたが、いらないなあ。あつい。

現行マーチは長崎でも乗った。最近は他の車に乗る機会がないので、レガシィの運転に最適化されすぎてて少し戸惑った。久々に小排気量を乗ると上り坂でガスガス減速するのに難儀したり、「フロントヘビー」「低重心」のレガシィに慣れてるので鼻先にヨーを発生させる曲がり方がしみついてて、軽くて高重心な車はコーナリングが早すぎる割に思いっきりアウトにひきずられたり。これは単に俺のせいだけど。パワーのなさはこのオープンクーペの欧州モデルでは、国内市場にはない1.6lモデル(110ps)とのことで、日本にもこれが入ってくるならば、パワー不足はたぶんない。(国内は1.2l/90psか1.4l/97ps。レンタカーがどっちだったか不明)

オープンハードトップのクーペらしくトランクが超ハイデッキ。いや物理的に仕方ないのはわかるんだけど、変な盛り上がり方だよなあ。206CCもシルビアヴァリエッタもそうだけど、ノーマルとは別にこのモデルを作った車種の共通デザイン難点だと思う。

レガシィが寿命を迎える頃に中古で買えるようなら候補に入るかも。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
七色 (2007/03/18(Sun) 23:28)

シゴセンジャー>
こーゆーノリは大好きです。

以前、残業続きで頭がボケた状態でサラ金の広告を見てたら、「借金戦隊サンザイザー」というのを思いつきました。
色の割り振りを考えていた矢先、レッド候補のアイ○ルが・・・

のの (2007/03/19(Mon) 19:38)

シゴセンジャー、私は最初、4,5千ではなくサボり的な「シゴトセンジャー」と読んでしまいましたね。
あと、シゴキックはシゴキで足技という非常に淫靡な技に仕上がっていてよろしいかと。

nag (2007/03/19(Mon) 20:22)

>マーチのオープンクーペ
日産はこういう車を作ると、ちゃんと外面の良い車に仕立ててくるから評価に困ります。(笑)
しかし、どうして欧州人って奴ぁこういうオープン好きッ子なんですかね?
ここまで書いて…、「欧州人は地中海の夢を見るか?」という答えが浮かんで凄く嫌になりましたが。(笑)

はしゃ (2007/03/19(Mon) 22:28)

>シゴセンジャー
戦隊モノとなると私あたりだとどうしても「アメリカ青、中国赤、ロシア白(氷のイメージ)、イギリス黒(いやなんとなく)でフランスがピンク(いやなんとなく)」で
核武装ジャーとかやってみたい気がしてますが、やめとこう。インド黄色(カレーだから)、パキスタン緑(イスラムは緑だよな)あたりまでは増やせそうです。

シゴブルーに足コキされるプレイはいやだなあ。ちょっと純情な私にはマニアックすぎる。

>マーチ
サイノスコンバーチブルあたりのダサダサ感を覚えてると、このスタイリッシュさはイカすなあ、と。
Aピラーの角度は本当によい。妄想ながら、デザイナーはこの角度で作ってたにも関わらず営業上の都合で立てたんじゃないかとか思った。
本当は今の車がダメになったときの乗り換え候補はシルビアヴァリエッタなのですが、その頃にまだ中古車市場にさえ存在するかも微妙なもので。

欧州がオープン好きなのは、奴らの環境では雨が降らないからだとみた。だからあんなサビまくる車を平気で作るんだ。

おサルのモンキチ (2007/03/21(Wed) 12:52)

追加で、ヨーロッパって緯度で言えば北海道よりもずいぶん北なんですよね。パリなんて北緯で言えば樺太ぐらいじゃないですか?
だから「太陽大好き!」なんですよね。
カリフォルニアあたりはほとんど雨が降りませんし年中ドピーカンですから屋根開けっ放しなんてのもアリなんでしょうが、ヨーロッパは日の沈んでいる時間も長いですから、必然的に鉄屋根オープンの需要が高いんですよね。

はしゃ (2007/03/21(Wed) 21:21)

>ヨーロッパって北海道より北
なるほど確かにそうだ(ダイソーで買った地球儀で、今確認)。クソあついオープンでも大丈夫な訳だ。
あーカリホルニアでオープンなのは単にアメリカ人は暑いという感覚能力が欠(略)


2007/03/19(Mon) この日を編集

[日記][デジカメ]長崎旅行記1日目(3/1)の後半

この時点でたいへんグロッキーだったので、ホテルに逃避することに。今回予約したのは生意気にもここハウステンボス内でフラッグシップとなるホテルヨーロッパ。え迎賓館があるって?一泊30万円を俺はホテルのカテゴリに入れない。

ハウステンボス内にも船から入ったように、ここホテルヨーロッパへも船からアクセス可能で、運河をゆったりと進む船に乗って園内をゆったりと進んでホテル中庭の桟橋に到着。

a1_20070301_153210_E330_1a2_20070301_153354_43WR_1a3_20070302_083810_E330_1
右下のトンネルを船ごと通る。
こういう無駄な構造は萌える。
ホテルヨーロッパ桟橋。雰囲気のよさは
マキシマム。船頭のおっさんすら渋い。
桟橋側からホテル側を撮影。翌朝なので
ホワイトバランス設定が違うのはご愛嬌。

超いい雰囲気。攻略対象の女の子がいたとしたら、こんなルートをエスコートすると高確率で「この女、陥落た」だろうが、今回の同行者は別に攻略対象でもないし、そもそも疲れ果てた俺にできたことは船の上に一眼だけ出してシャッター切ってたダメダメだ。例え元気だとしても、すごく荘厳な建物内に入り、すごく貫禄のあるフロントでチェックインしたら、すごく威厳のある人がウェルカムドリンク(ホットチョコ)持ってきて、部屋に案内された時点でびびりまくる。

imageb2_20070301_182318_V570_1
勝利者の部屋って感じがする。いつも負け犬ルームだからな。手足が伸ばせる湯船のバスルーム。
どこの御大尽なのか。

いや俺ちょくちょくリゾートに出かける人ではある。んだけど、その全てがダイビングなんだよな。超一部のブルジョワダイバー以外は思い知ってることだけど、ダイブ旅行において宿ってのは「轟音の癖に貧弱なエアコンがあり、塩水でない湯シャワーが出ればそれで上等」という世界。

それが、まったくサワヤカな空気と、凄まじい無音感。ホテル独特の気持ち悪い空気が微塵もない。そして広大なバスルーム。トイレが組み込まれてないだけでも超久々*1なのに、この綺麗さといったら!すっごい居心地がいい。ホテルって居心地がいいものだったのか。

すごいやー、と感動してベッドにダイブしたら寝た。疲れてたんで。で二時間ほどしてから起きて出撃。この期間はライトアップ&花火をしてるので、三脚かついでレッツゴウ。

c1_20070301_195230_E330_1c2_20070301_200230_E330_1c3_20070301_200624_E330_1
木の照明がぼやけてるのは手ぶれでなく風。
超寒いっつの。
運河なので風の影響があまりなく、水面に
きれいに映りこむJRAの場外馬券売場。
夜でも風車は動いているので30秒ほど撮っ
てみた。まわりすぎ。
c4_20070301_203334_E330_1c5_20070301_202438_V570_1c6_20070301_202802_V570_1
実際に見たらきれいに見えたけど写真で見
るとショボすぎる(撮影がヘタなだけです)
宿泊したホテル。こんなとこに泊まってると
思うだけで悪いことしてる気分。
正面が一泊30万円。さすがに輝きが違うが、
普通の人は迂闊に窓から顔も出せない。
d1_20070301_204752_E330_1d2_20070301_204858_E330_1d3_20070301_205102_E330_1
花火は上の船の写真ん場所にて。海賊の船出だったか帰還だったか、そんな感じのテーマで音楽とレーザー光に演出された光の饗宴。

昼間はまだ日本の空とか日本の山が遠くに見えるから現実感があってしまうけれど、さすがにこれは現実感皆無でたいへん見応えがあるといえる。攻略対象の女の子がいたとしたら(以下略)。でも俺の場合は素で「夜景よりも君のほうが綺麗だが、長時間露光の夜景はさらにもっと綺麗だよね」と言ってフラグ消すと思った。

*1 洋室では、以前沖縄で泊まったホテルくらいか。風呂はここより広く、一般家庭の4倍くらいあった。が、どう見てもラブホ改装だった。

[アニメ]『Kanon』が終わってた

最近アニメ見てなかったけれども、レコはちゃんと録っててくれたエラい。本当に原作に忠実だったなあ。原作をプレイしたときの唖然感すらもきれい再現。シーン1つ飛ばしたようなご都合主義を奇蹟の一言で片付けやがったよ。でもこのタイトルはそれでいい。奇跡に野暮な理由はいらない。

終わってみれば最初の同時攻略っぷりはなんだったんだと思うほどのシリアルキラー。一人始末した、次、の連続だった。やっぱこういう構成にしないとマルチエンディングゲームのアニメ化はムリだわなあ。その繋ぎ目はたいへん丁寧に作られており、主人公が単にあちこちに手をつけまくる鬼畜タイプには見えなかった。でも名雪はネ右一を一回殴ってもいいよね顔が歪むほどの力で。

ナニゲに一番最初の「あう〜」が一番よくできてた気もするものの全てにおいて優秀だったとは思う。「嫌いです」も期待通りウザかったし。思いのほか「うぐぅ」が可愛く、今の今まで何故あんな不適切な用語が該当しそうなキャラクタが一番人気なのかと思っていたが、うぐぅ派達の頭の中でのうぐぅはこのアニメ版みたいな感じだったのなら納得だ。外国人が何故『トゥームレイダー』の主人公を萌えキャラと意識してるのか意味不明なところで映画版を見て、彼らの脳内補完結果にはじめて気付いたときと同じ感覚。あ「はちみつくまさん」はどうでもいいです。

で『CLANNAD』が話題。俺は元のゲームをインストールまでした挙句、積んだままでやってないんだけど、今までの京アニが『AIR』『Kanon』『ハルヒ』『ふもっふ』どれをとっても「原作未経験の人間にも完全に大丈夫」だったので、これでゲームやる必要なくなったと地味に喜んでたりとか。

なにせ4クールでも足りないと書いてる人がたいへん多い代物。『AIR』を1クールにまとめた連中が手がけて4クールで足りないということは、4AIR(単位)以上ですか。考えるだけでプレイする気は失せますな。でも別筋ではプレイ時間は100時間程度と聞いた気がするので、それで考えると2AIRってとこだから2クールで足るんじゃ?プレイ時間は個人差があるので目安以上のもんでもないが。

[link]mixiの読み逃げ

この読み逃げに怒ってる人、各所で色々と馬鹿にされてるよーだ。しかしmixi日記(俺は書いてません。他人のも殆ど見ない)って、我々はweb日記のバリエーションとして見る訳だけど、mixiユーザの一部は見方が違うんだと思った。マイミクという繋がりを前提にすることから、MSNメッセンジャのような一対一コミュニケーションの延長で考えてるんじゃなかろか。

メッセンジャで何か言われたら、例え忙しくてもとりあえず返事するように(しない文化もあるだろうけど)とりあえず返事が必要、と考えるのはわからなくはない。

余談。俺はメッセンジャも使ってません。前職のときにICQ(当時はまだこれが主流だった)を使ってたらヒマしてた友人から次から次へとコールが入り、最大で4人を相手にICQしながら仕事しながらサイトの更新をするという事態に陥ったことがあり、懲りたから。更新もしたし、仕事の遅延もなかったし、友人4人の誰もが「俺が他人ともICQ中」とは気付かなかったので(後でその状況を言ったらウケた)、一応の問題はなかったけど。さすがに異様に神経が疲れたし、常軌を逸したキーボードの打鍵数だったみたいで上司にはバレてたっぽい。まあそれはともかく。

もちろん、返事文化には全くもって同意はしない。どうしても返事が欲しいなら最初からmixiは使うべきじゃないでしょ。見たら必ず返事をしなければならないシステムでも自分で作るといい。或いは返事をしない人をとっととマイミクから追放することで、自分達のサンクチュアリを作りそっから出ずにいてくれると嬉しい。自分がマイノリティだとは夢にも思ってないのかもだが。

当サイトは読み逃げ対応サイトとなっております。アクセス解析はたいへんアバウトな代物がついてるだけで、ハッキリ言って見てませんから安心して通り過ぎるとよいでしょう。

[]『反 単戈 軍 事 学』(検索避け)その後

先日ちょい書いた、「反戦のための軍事学入門書で間違いを指摘したら著者がコメント欄で暴言を吐きまくる」という奴。なんか事態が進展してやがる。

コメントで暴言を言う自称「林」は、著者の「林」の名を騙る別人物かも知れない、という可能性はあった*1

そして「関係者」と名乗る人物による「一連の書き込みは林らしくないからニセモノだ」という書き込みがあった。

その「関係者」と「林」氏は同一IP。さらにこの著者の書いた本でも言及された、別サイトの掲示板での「林」氏の書き込みのIPも重なることで、これらがみんな件の本の著者本人ということが確認された。されてしまった。

なりすまし(でもIPさえそのまんま)による自分の擁護と、全ての騒動をなかったことにしよう、という工作が確認。論争状態においてこんな致命的な事態は他にちょっとない。林氏の主張の拠り所はかなり「自分は名を隠してないから匿名の人間より上」という点に依存していたのに、そう言っていた人がそのまんま匿名で自分の擁護していたとなるともはや救い様がない。

「ケンカを売るときは、相手を見てからにしましょう」とかさんざん罵倒してた人間としてお粗末に過ぎる。これは新手の無防備宣言の一種なんだろかしら。これは相当に致命的。もはやこの林氏は「自演で自分を擁護した人」なので、今後ネットで林氏の擁護意見が出ても「本人が自分を擁護してるのではない」ことが確認できない限りはマトモな意見に見えなくなる。

この類の徹底的に自業自得で同情の余地がまったくない類は厄介で、叩き行為が連鎖増幅する。朝日新聞の珊瑚事件やらのように、叩かれてるほうはもう何もいえないし、「ジャーナリスト宣言」とか新しいことを言っても「でも珊瑚」とオチをつけられる。まさに袋叩き。叩くのを諌める行為そのものが馬鹿と言われたりする恐れもあり、そのうちこの騒動を直接知らない人が「林」=匿名自己擁護という点のみ覚えてたりとかしかねない。

相手が強いと全力を出せるけれど、弱すぎた場合それは絶対にできなくなる。以前ちょいウチのサイトのパクリ騒動があったとき、夜になる前に急いで幕を引けるよう俺のほうから示唆した件で「甘い」とか一部から言われた。けどパクリというネットではわかりやすすぎる絶対悪がネタなだけに、ネット活動が活発になる時間になると公開残虐ショーが発生する確率が無視できなかった*2。相手がガード不能な場合にヘタに殴ると便乗殴り野郎が絶対に出てくる。このエントリ?うん。ちょっと便乗殴り入ってる気もする。

いや、それはとりあえずどうでもいいとして(よくないけど、まあ林氏がどうなろうがもういいや)今後「林」を名乗る人間のコメントはまず期待できない。結局は彼がブチあげた軍事学に対し、投げかけられた間違い指摘に対しては「相手にするのも馬鹿馬鹿しい」以上のコメントは最後までなく、論破されることはなかった。

なんでこう反戦主義者にマトモな人間は一人もいないのか。いるけど俺が知らないだけなのか。俺はミリヲタとして「否定的結果が導かれる軍事学」を本気で見てみたい。

*1 というか、いくらなんでもコメントの「林」はあまりに低俗すぎるので、別人物であって欲しい、と思われてさえいた。

*2 もちろん俺にとって重要なのは「ついでにウチまで叩く人間が出てくるのを防ぐため」。相手の保身はついで。

本日のコメント(全11件) [コメントを書く]
のの (2007/03/19(Mon) 22:33)

クラナドは最低3クール、出來れば4クール欲しいですねぇ。
とりあえず、AIRとは攻略可能キャラ数が段違いなので
それを消化するだけでもかなりのものになってしまうかと。
一人二人はエンドを消される事を覚悟していかなくてはいけないですね。
で、AIRにおける「AIR」にあたる部分がこれまた壮絶に長いので
やっぱり4AIR位は必要なのではないかと。
あと、AIRもSUMMER部分は別枠で撮ったので純粋に1クールではないですしね。
ともあれ、京アニは全面的に信頼してるので今から楽しみです。

原理的(?)共産主義者。 (2007/03/20(Tue) 00:31)

昨日はコメント書きかけて止めたんですけど、今日は流石に。
一応、私、反戦主義者なつもりでして、北朝鮮に対するデフェンスどーすんのとか色々問題はあるものの、憲法9条はそれなりに存在意義はあった(はずだ)し、そこらへん、もちっと評価しても良いんじゃね?とか考えてます。一応憲法書も教科書ですが真面目に読みましたし。

私自身がそんな風な、お世辞にもまともな論客と言えるレベルではないですし、昨今の軍事技術に対する知識は皆無なのですが、まともな議論である限り聞く耳を持っているつもりですので、いくら何でもみんながみんなあんなんだと思われると、かなりきついですねぇ...(-_-;
でも確かに今の護憲論者って表立って発言してる人であってもまともな論客がほとんどいないんですが。
(私、社民党支持者でも共産党支持者でもありません。HNは真赤ーな事に拠るもので、思想政治信条とは関係ないです念のため。)
何か1〜2年前にテレビでえらくお年を召した(一応敬語)、えらく筋道の通った論客を一人見た事がありますが、その人くらいかなぁ?(しかも政治家じゃなかった。学者かな?)

PT (2007/03/20(Tue) 00:45)

基地外みたいな主戦論者は社会に排除されるけど
基地外みたいな反戦論者は排除されない事による弊害でしょうかねぇ
自分で自分の首を絞めてる感

はしゃ (2007/03/20(Tue) 01:40)

>CLANNAD
うーん4クールもあると見る気をなくしてしまうんだけどなあ(超ヘタレ)。京アニだと耐えられるか。

AIRみたいな構造の場合、AIR部分はゲームプレイ時は長かったものの放送では実質3話だったように、脚本力でかなり圧迫できる筈。
むしろ短くするのが難しいのはDREAM部分なので、増加したキャラクタの分がそのまま増える感じになりそうな気はしてますが、
ゲームを未プレイなので説得力はなかった。
(でもAIRアニメの話が出た時も「1クールなんてぜってームリ」とか思ってたもんなあ)

「AIRもSUMMER部分は別枠で撮った」とはいっても全12+2話ですから、実質的には1クールと大差ないんじゃないかと。

>九条
色々と槍玉にあがる九条、当たり前なんですが「メリット」も「デメリット」もある訳で。
ふつうのミリヲタならもちろんわかってます(その上でメリットを重視するかデメリットを重視するかはもちろんある)し、そちら等はそんなことは
自明だと思います。が。どうも世の中、九条を「目的」に掲げる人が多くて。護憲にしても改憲にしても。
憲法なんざ自国を統治するための手段以上のものではないので、本気で邪魔なら変えればいいし、メリットが多いならそのままでいい。

私ゃ自衛隊の組織構造は維持したまま海外派遣の機会は増やしたほうがいいと思う(目的)ので、「九条の文面はそのまんまで抜け道をいろいろ作る」といいと思った。
そうしておいて、国会のたびに野党にメタボロに叩かれるのは与党の仕事、ということで。ていうかほぼ今の現状とおんなじですね。
もちろんこれが唯一のベストとか思ってません。もっと他にナイスな目的があり、その目的に九条が関連するなら、その都度スタンスは変わると思う。

「北朝鮮に対するデフェンス」とのことですが、北朝鮮は「軍事的」にはあんまり問題にはならなかったり。
そちらは共産主義ではないとはいえ、そのハンドルな方に言うのも気が引けるのですが、実質的な(防衛を意識しなければならない)脅威はやっぱり
そのちょい西の真っ赤な国になります。これは別に政治体制とかとは関係がありません。日本に脅威を与える能力がある国という理由。
なんだかんだで北朝鮮とかそのちょい南は能力が不足してます故、「防衛」を考える優先度は下がります。

>基地外みたいな主戦論者は社会に排除
まー実際には主戦論であろうが反戦論であろうが、それオンリーしか頭にない時点で馬鹿丸出しなんですが、反戦しか頭にないのは正しいと思ってる人も多いようで。

しかしここまでグダグダだと「反戦一辺倒のヤバさ」の証明として槍玉にあげることすらできないなあ。マジ使えねえ(ひどい)。
そして繰り返すよーですが、反戦を主張する人は一刻も早く「こいつとは違う」「こいつの反戦はダメだ」と言っておくべきだと思う。
無能な味方は有能な敵より厄介。もっともこーいう事実を一番よく証明するのが「戦史」だったりするので彼ら的にはなじみが薄いかも知れず。

(2007/03/20(Tue) 14:36)

横から失礼します。CLANNADに関して。
・それなりに時間のかかるシナリオで、いわゆる「トゥルーエンド」的な結末を持っているキャラ…6〜7人
・上記ほど時間はかからず、どちらかと言うと脇に逸れたようなエンドとなるキャラ…4〜5人
・「AIRにおけるAIR編」と同じような扱いの部分…だいたい2人分
・誰のルートでもない、ほぼ完全に独立したエンド…1つ
うろ覚えですが、およそこんな感じだったと。
4クールはさすがに大げさだと思いますね。2クールでは少ない気もしますが。

はる (2007/03/20(Tue) 15:09)

>ハウステンボス
海の側なので、さぞかし寒かったことでしょう〜。
あの船の花火と夜景はほんとに綺麗ですよね。あれは見甲斐があります。でも寒いです。
以前行った時は、うわーきれいーでも寒いから花火早く終わんないかなー、とか本気で考えてました。
攻略の際は防寒にお気をつけて。テンボスのホテルに泊まるんなら別ですが。

MIB (2007/03/21(Wed) 19:54)

……なんかヤバめのネタですが、木木イ言吾さんがまた大暴走されてます……
……すげ。

はしゃ (2007/03/21(Wed) 21:21)

>くらなど
成程それは確かに大仰。たいへんさがよくわかりました感謝。ていうかムリだろと思えてきました。
もしアニメ化で省略される部分があまりに多そうなら、原作のプレイも考えるかなあ。

>ハウステンボスの花火
かぶりつきで桟橋の端っこだったので寒さもひとしおだったかもです。椅子が設けてあった場所ならちょっとマシだったかも。

>木木 イ言 吾
コレですかね。 http://obiekt.seesaa.net/article/36316953.html#20070321083033
要約「あれボクじゃないもん」。まあ、そういうしかないんじゃないでしょか。
これで完全逃避ができてれば、まあ40点(てきとう)ってトコでしたが、それが可能な性格の人でもなさそうですし。

ホセ (2007/03/21(Wed) 21:22)

ちなみに閣下、ホテルヨーロッパのこの部屋は、一泊お幾らだったんでしょうか?

おサルのモンキチ (2007/03/22(Thu) 11:08)

わたしゃ緩やかな反戦主義者ですが、幾らなんでも林某は酷過ぎる。まさか反戦主義者がみんな林某と同じ思考だと思う人はいないだろうし、いないと信じたい。

石破元防衛庁長官なんてさすがミリヲタだけあってわりと反戦主義者的な思考だななんて思いますね。

はしゃ (2007/03/23(Fri) 17:03)

>ホテルヨーロッパの部屋の値段
どうだろう。旅行はツアーを利用したので(飛行機+宿泊+レンタカーのみのパック)純粋にこの部屋がいくらかってのはわからないです。
スタンダードのダブルなので、ツアーでなく普通に払うと二人40,950円となるのかな。

>緩やかな反戦主義
世界中ほとんどの人が、程度の差こそあれ「ちょい反戦」くらいになるとは思う訳です。んで、それがやっぱり一番自然。
たまに出てくる、反戦のためなら虚偽やら煽動やら、ましてや反社会行為まで完全に正当化するヒトタチがちょっとアレ。この著者の人はまさにこれかな、と。
私もみんなこんなのではないと信じたい。心の底から。

ゲル長官はミリヲタだから、というより「普通に現実が見えてた」と思ってます。評判はイマイチよくないですがゲルっち。


2007/03/21(Wed) この日を編集

[ゲーム]『NiGHTS』がWiiで出るって?

まだ確定情報がないっぽいが。これはすごく期待しちゃうぞ。『NiGHTS』は今まででプレイした中でも相当気に入ってる。売れなかったけど気に入ってる。

『NiGHTS』の何がいいって、すごくワクワクするのだ。心が躍る。NiGHTSの世界を構成するすべてが、すごく魅力的だった。素晴らしい音楽も、かわいいナイトピアンも、そして空を駆けるナイツも、テーマ「夢」を最高のカタチで演出していた。エンディングに行くだけならさして難しくないゲームバランスもゲーム下手にはありがたい(ただ一部ボスは難しすぎたと思う)。なんで売れなかったんだろう。セガだからか。納得。

ソフトも持ってるしサターンも押し入れ探したら出てくるけど、Wiiとかでプレイ可能なら相当うれしい。続編はいらないなあ野暮だから。ベタ移植希望。バーチャルコンソールが嬉しいけど(安いし)、サターンのエミュレートをするのは面倒くさそうな気もする。Windows用サターンエミュレータもわりとヘボいんじゃなかったっけ。

手持ちの(俺のじゃないけど)Wiiだけど、イマイチ遊ぶゲームがないと思っていたので嬉しい。ゲーム機はXBOX360が明確に魅力を増してるけれど(DMC4とエースコンバットの供給はでかいよなあ)当面は買う金がない(T_T)ので、Wiiでプレイしたくなるコレを気長に待っていよう。

[デジカメ]一眼のゴミとり比較

こんな可哀想なテストしてやるなよ、なあ?(余裕すぎるツラで)いやこんな大きな顔ができる機会は珍しいもんなので。

デジタル一眼の大きな問題としてゴミがある。完全にレンズ〜CCDが閉鎖されてるコンパクトでは存在しない問題。また一枚ごとにフィルムを送るフィルム一眼でも重要度は低い、デジタル一眼特有の問題。レンズ交換の時などに撮像素子にゴミが付着すると、そっから先に撮影した画像すべてに映りこむ。

まー絞ったときにしか出ないので、いつも絞り開放で撮ってれば極端に問題にはならないけれど、昼間(絞らないと明る過ぎる)に空を広く写したらなんか黒いシミが、というのはよくある。困ったことに撮影中はファインダでフレーミングする訳で、その場合はどんな巨大がゴミが付着してても絶対にわからない。撮影結果を拡大してはじめてわかる。

で大昔からこの問題に真面目に対策してきたのはオリンパスだけで、あとは辛うじてシグマがちょっと対策、他社はガチスルーだったが、去年あたりからようやく問題視されてゴミ落とし機能を各社が載せはじめた。しかし比較してみると他社の対策はマダマダダネ、という結果に。

この比較のテスト条件は、オリンパスに対する嫌がらせみたいなもん。2006年の9月(KissDX)、11月(K10D)、7月(α100)に発売された機種に、ただ一つ一年半以上もこれらより前に出た2004年12月発売のE-300を混ぜている。当然のようにオリンパスのSSWF(超音波フィルタ)も進化している訳で、E-300より後にはE-500、E-330、E-400と3台もリリースされている。テストの他の機種とほぼ同時期に出たE-400あたりで確かめたらどうなることやら。

オリンパスユーザならこんなのは実感している。おおよそゴミなんか気にしたことないもんな。元のテストをやってるサイトまで見ればわかるけれど、フォーサーズはゴミのふるい落としが強力なだけでなく、ゴミが付着するフィルタを撮像素子面から物理的に離すことで焦点をぼやけさせ、ゴミを目立たなくさせている。

これからも、ゴミを撮像素子で検出して除去できるまで振動させるとか、どうしてもとれない場合はSSWFを作動させながら撮影する(ゴミ部分だけがブレることで目立たなくなる)とか、そういう研究をしてるらしくまだまだオリンパスのゴミ対策は進化する。初代のE-1(2003年10月)から真面目にゴミ対策をしていたアドバンテージは確かにあるなあ、と。

しかしK10Dは確かにチトごみ除去が弱く感じることが多かった(K10Dでの撮影画像は原寸で見ると、ゴミ対策装備機の中では明確にゴミが見えることが多い気がする。未対策機とあまり変わらない程)から結果はけっこう納得なんだけど、αもダメですかちょっと意外。(ゴミ除去機能を)「2回作動でゴミの数が増加」というのがひどいな。KissDXは、ここまで悪条件でなければ意味はあるんじゃないかと。もっと質量があるゴミのみを対象にしているのかも知れない。

あー。ニコン一眼のユーザにこのテストを見せたら気まずい顔をしてそっぽを向くのでそっとしておいてあげよう。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
妖介 (2007/03/21(Wed) 22:16)

>いやこんな大きな顔ができる機会は珍しい
全高千穂の峰が泣いた。
ちなみに個人的な経験なのでサンプルにはなりませんが、所有している
E-1(3年9ヶ月)・E-300(2年5ヶ月)・E-500(1年4ヶ月)のうち、
SWFでも取れないゴミがついたのはE-300(1年5ヶ月時点)のみでした。

閲覧者 (2007/03/22(Thu) 11:22)

いつも楽しく拝見しております。

ナイツ・・・懐かしいです。
当時、幻想的な世界に魅了されて、発売から5年後くらいに中古で買ったのを覚えております。
そして説明書を見ずにプレイして撃沈。クリアの仕方が微妙にわからない。
エンディングの曲はラジオで流れているのも何度か聞いた覚えがあります。

ナイツとバーニングレンジャーはもう少しやり込んでもいいゲームだったかなぁと思いました。

氷紀 (2007/03/23(Fri) 02:16)

初めまして。いつも楽しませて頂いてます。

ナイツは音楽も素敵だった思い出があります。
衝動買いしたサントラは今でも宝物だったり。
Wii持っていないのですが、ナイツ復活するなら買いたいなあ…
音楽や効果音も変更しないで移植、が個人的な理想かなーと思っております。

はしゃ (2007/03/23(Fri) 17:03)

>高千穂
こういったオリンパス機のアドバンテージの広まらなさは、いったい何が悪いのか。
メディアの悪意か日本光學の陰謀かオリンパスの公報がダメなのか。いや多分、三つ目なんですが(こら)。
「ゴミなんかたいした問題じゃない」という人まで出てくるのはなんか対策したほうがいいと思うんだけどなあ。

ウチではE-300、E-330の運用ですが、ゴミついたことは双方ともにゼロです。
ゴミがつかない、ということよりも、屋外でレンズが外すときに「覚悟がいらない」というのが私的にはありがたいかも。

>ナイツ
魅力を感じるまでの敷居が高いゲームではありました。
音楽も含めた世界観の完成度はソニックを上回る勢いだったのですが、それがわかるまでにみんな投げちゃう。
サントラはどこに埋まってるんだか……今度発掘したらmp3化しとこう。まあゲームディスクから吸い出してもいいんですが。
エンディング曲「Dreams Dreams」は大人男女より子供の声のバージョンが好き。

ノック (2007/03/24(Sat) 02:40)

Windows用サターンエミュレータは現在も開発が進められており,高性能なPCでエミュレートするならば相当遊べるレベルになりつつあります.一度おためしあれ.
http://www7a.biglobe.ne.jp/%7Ephantasy/ssf/index.html

はしゃ (2007/03/24(Sat) 22:22)

情報感謝です。ほへーこれはすごそうだ。私の所有PCでは性能が全然足りませんが(サターンは難しいだろうとは思うので、これは仕方ない)。
でも「入力はデジタルパッドのみ対応」なので、ナイツはどちらにせよちょっと厳しいかも、です。やっぱWiiに期待は期待。


2007/03/23(Fri) この日を編集

[PC]PPPoEパスワードなんだっけか

ルータを更新すべ、と新しいのを買ってきてから、インターネット接続に使ってるIDとパスワードがわからないことに気付いた。

探せばプロバイダからの封筒とかあるんだろうけれど、どこにしまいこんだかすら忘却の彼方。Windowsアプリでのパスワード(入力したときにアスタリスクで隠される奴)なら見る手段はいくらでもあるけど、ルータ内部にしか存在しないデータとなると厄介。

どうしたものやら、と旧ルータの設定画面を見てると「設定のバックアップ」という機能を発見した。もしかしたらヒントになる文字列を発見できるかもしれない、とあまり期待せずに実行してみたところ、吐かれたのはテキストファイルで、PPPoEのパスワードどころかルータのパスワードも無線LANの暗号化ワードもぜんぶそのまんま入ってた。えー。

助かったけど。ちょっと如何なものかと思う。まあこのファイルを得るためにはルータにログインせんとダメだから問題ないっちゃないんだろが。ともあれルータ更新は無事完了。

ウチのルータは放っとくとハングしてて、その度にいちいちACアダプタのプラグを抜き差ししに行くのに嫌気がさしていた。とりあえず交換後は安定している。落ちていた原因がイマイチわからないけれど(ウチは平均負荷もけっこう低いと思う)。とりあえず立ち上げてるサーバソフトにたまに残っていた外部から連続アクセスのログがピタリと停まってるので、ルータのフィルタリングが賢くなって通すパケットが減少したんじゃないかと。

繋いでからルータの設定画面を開いたら、設定できるセキュリティ項目は旧ルータより貧弱でウゲと思った。けれど、放っておいても勝手にけっこう弾くタイプみたいなのがあるのかも。実は俺、ルータのセキュリティなんか正直まるでわかんないので、これは嬉しい。ルータ自身のログには次から次へと攻撃ブロックの履歴が出てるし。

あとは数日運用して、落ちる頻度が軽くなってればいいなあ、と。週に一度くらいは許す。旧ルータはひどい時は一日に4回くらい落ちてたし。ていうかルータにウォッチドックタイマつけろや、と思ってるのは俺だけじゃないと思うんだけど、できない理由でもあんのか。

試しにやってみた通信速度計測サイトで、55.181Mbpsが出たのがちょっとびっくり。いや速度はBフレッツマンションタイプにした時点であんまり重要視はしてないけど。今まで「よくて20Mbps」という、どこが光かというレベルで納得していたが、あれはなんだったんだろう。まあ速度が必要なことなんかエロゲデモのダウンロードくらいなので、別にどうだっていいけど速いのは単純に嬉しい。

新ルータは無線LANアクセスポイントの機能がないので旧ルータもルータ機能を殺して継続使用。でもWiiのショッピングチャンネルでよく接続に失敗する(それ以外は問題なし)。やっぱりこれダメなのかもしれない。

[link]わっかりやすいヲタ迫害の実例

長女(30歳)が結婚したいという相手(35歳)を連れてきました。
(中略)
勤務態度も真面目で、特に金銭トラブル・女性問題もありませんでした。
ただ、かなりのアニメマニアのようで、軽度の少女愛好志向があるらしいことも判明しました。
お嬢さまも相手の趣味は知っていたようで、犯罪性もないものと考えられましたが、
ご依頼主のご希望から女性調査員による工作を行って2人を別れさせました。

「かなりのアニメマニア」「軽度の少女愛好志向」多分、俺もアウト扱いだと思うな。週に2本もアニメ見てるし。エロゲみたいなペドフィリア御用達メディアを嗜好してるし。その際、実在人物相手では「三十代・貧乳・地味」となるマイ女性の好みは絶対確実に無視されるだろう。或いは貧乳んとこだけチョイスされて「実はロリだから貧乳好み」と言われるか。

だいたいヲタといっても相手に明かしてる時点で普通に問題はない訳で、しかも完璧な社会生活を送れてる。このタイプ本当はガチおすすめなんだけど。一人で放っておいても趣味に没頭するからウザくないし、浮気の確立も低い。結構な確立でこのお嬢さんはいい相手を取り上げられてたカタチになってると思う。

まあでも逆にヲタ的立場から見て、親がこんなアレな結婚相手はちょっと勘弁か。どーせ娘婿の趣味はヲタでなくとも全否定してひたすら貯金させ、自分の老後の世話を見させることしか考えてない親とかそんな感じでなかろか(てきとう)。お嬢さんの新しい旦那候補の健闘をこっそり祈っておくことにしよう。

しかし「女性調査員による工作」はたいへん興味あるんだけど。ぼぼぼぼくにも工作してください。

[デジカメ]SDカードのトラブルってないなあ

知人が「デジカメのデータ転送は接触不良が怖いから」という理由で本体にケーブル挿しでやっていた。なんでもスマートメディアの印象が強いとか。

あーなるほど、と思わなくはない。確かにスマートメディアは妙に接触不良トラブルが多かった。けれどSDになってから我が家ではマトモな接触不良のトラブルは一回だけ、単純に入れなおしたらあっさり治った。端子形状差もあるんだろうけれど、さすがに今更は気にしなくてもいい代物になってると思う。抜き差しを繰り返すことでの端子磨耗も気にしてたみたいだけど、たぶん10,000回くらいの耐久性はあるんでなかろか。

たしかに単純に接触不良の可能性だけを言うならUSBが一番安心ではあるよな端子4本なんだし。でも気にするほどではないと思った。サンプル数、俺一人ではあるけれど、CF、メモリースティックの接触不良経験はそれぞれ皆無。もっともメモリースティック機はDSC-P5の頃と携帯電話だけなので頻度は低い。

特に大容量になった最近、デジカメ本体のPC転送は遅いことも多いので、知人にはカードリーダ導入を薦めておいた。

でもカードリーダもカードリーダで、一部ちょい変なのもある。以前使っていたマルチカードリーダは、miniSD→SD変換アダプタを使って挿したところ、認識せず、ふといつかどこかで嗅いだ不穏な気配を察知、急いでカードをぶちぬいたら過熱でアダプタが変形していたということも。miniSDアダプタごときでショートて何事か。これは例外だと信じたい。

根拠はないけど、SDカードのトラブルで一番多いのは「紛失」とか「物理的破損」で、次あたりが「静電気破壊」とみた。接触不良よりは可能性あるんでないかと。一部「濡れても大丈夫」を売りにしてる製品もあるけど、もともとフラッシュメモリ、濡れたくらいではたぶんどれも壊れやしない。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
閲覧者 (2007/03/23(Fri) 17:48)

いつも楽しく拝見しております。

>パスワード
すっげえわかる気がします。
PCの買い替えとかでプロバイダのパスワードを4回くらい紛失したところで勉強しました。でも保管していると、だいたいどこに保管したのか忘れたところで必要になったり。

>女性調査員
成功の秘訣は、顔だったのか胸だったのかスキルだったのかが気になるところです。

>カードリーダー
SDとスマートメディアを微妙に利用していた時にカードリーダーを購入。その後、フジのデジカメを購入して失敗。
微妙にXDカードと時代が被っていなかった模様。マルチカードリーダーを買い直す羽目になりました。なんで全部SDかminiSDにしてくれないんだろう。

nag (2007/03/23(Fri) 22:00)

>ヲタ迫害
ここ最近、ようやく世間が一般的な方の二次元媒体を愛好する層へのスルーやほったらかし(受け入れでは無い)のスキルを身に付け始めたなと思えば、これはちょっと……。
まー、このお父ちゃんの年代だとアニヲタ=性犯罪者という図式が厳然と存在しますからねぇ。「軽度の少女愛好志向」なら、このお父ちゃん的には裏ドラものった感じでしょうし。
こればっかりは、個人的な価値観や主観の話なんで、お父ちゃんの好きにしとけという事で。こんなんで壊れる話なら、長続きしないと思いますし。

SC16 (2007/03/24(Sat) 13:56)

>30歳アニメマニア、軽度の少女愛好志向
軽度と重度のボーダーラインがどのあたりなのかは見当つきませんが、親の立場の一般論ではアウトでも仕方ないでしょう。
調査員による工作というのも某拉致国みたいです。

今はファンもマニアもヲタも犯罪者予備軍というカテゴリに入れられるのが流れのようです。まあ趣味で人格を否定するような相手なら(親も含め)付き合ったところで先は知れていると思います。

きゅーすや (2007/03/24(Sat) 22:01)

女性工作員と聞くと北とかチョーさんとか浮かぶんですけど、病気かしら。
こういうのって手段を選ばないとすると電車内で痴漢です!とか叫ばれるとかありそうで。
他人のプライバシー侵害して、更に人の恋路をぶち壊す連中ですし。

これ、職業に貴賎は無いとか言ってた教師に見せてやりてえ仕事ですねぇ。

はしゃ (2007/03/24(Sat) 22:36)

>xD
未だにxDピクチャーカードに抵抗がある私。個人的観点ですがメモリースティックよりキライです。
メモリースティックはまだ普及させようとする努力があった(例えば組み込みICなんかの製造メーカに積極的に働きかけ、
メモリースティックインタフェースを持つプロセサを作らせたりしてる。だからリーダも作り易かった)のですが、
xDはメーカ側の努力が全く感じられない。
私も全部SDにしてほしい。でもメモリカードって結構ウハウハ商売ですから、やめられない企業都合もまあわからなくはない。
しかし、なんとか富士が雪解けの兆候をみせてきましたので、あとはオリンパスに期待です。

>アニメ、少女愛好志向
「軽度の少女愛好志向」が皆無な人間ってのもそれなりに病的だとは思ったり。まあ程度問題なのでしょうけれども。

アニメを見る人間をそのまま犯罪者予備軍にするとか、18年も認識が止まってるあたり救い難いですが、まあそういう奴もいるか。
私はMな事件がおきたと同時に、それまでわりと普通に見ていたアニメを完全にシャットアウトして逃避した裏切り者ではありますが。
(別にヲタ叩きはしなかったけど)

>女性工作員
確かに、拉致国家というか、全体に共産圏のお家芸というか。

プライバシー侵害は、まあ仕方ない面もある(興信所はそれが仕事)と私は思いますが、工作はアウトじゃなかろか。
完全に想像なんですが、この「別れさせる工作」はクライアントからの要望じゃなく、興信所から話を持ちかけたんだと思ってます。


2007/03/24(Sat) この日を編集

[]『ULTRA SWORD』林家志弦

普通の剣術漫画に見えて実はエロ漫画だけど中身はギャグ漫画。ヨゴレ系ギャグの連打っぷりはこの作者いつものパターンながら、この本だけ見逃していて今ごろ読んだ。面白いかどうかで言えば同作者のエロなし剣術ギャグ『はやて×ブレード』(amazonアソシエイト)やアイドルもの『ストロベリーシェイクSweet』(同)に大きく劣るとは思う。んだけど、この本はエロ漫画フォーマットをとったことで、とてつもない名言が生まれた。

「ふたなりは邪道」

よくぞ言った!「百合プレイは異性間SEXの擬似に非ず」とか普通に感動したね。女性同士の絡み要素を含む話を作る人全員に10000回くらい暗唱していただきたい。ほのぼのとエロ百合モノを見て和んでる(のもどうかと思うけど)ときに、似非ちんことか出されたらドン引きなのは全世界人類の共通認識だろう。宇宙憲法にもそう書いてある。

いや別に最初からふたなりエロなら、それはそれでいいと思う。そういうもんだから。物語内の世界法則としてどっちもついてる、のならそれはそれで完全に納得する。

でも百合とかレズとかを題材にしておきながら、男女間性関係の劣化にしかなってねえ話が多く*1、そういう時俺はたいへん騙された気分になる。その点さすが林家志弦氏、百合の魂をわかってる。何を書いても全然エロくならないとはいえ、エロ行為イコールちんこと短絡的に考えるだけのちんこ野郎とは一味違う。

ところで俺は百合ものを読む際、ノーマルをガチレズが攻略していくような話で、背徳感ちょいアリ気味のバランスのものが好きです。誰もそんなこと聞いてない。

*1 たぶん男性同士を題材にした代物でもそういうのが存在するんじゃなかろか、と思うけどノータッチにしとこう。

[PC]サーバ機のHDDがピンチかも知れない

NASとは別にPC内にRAIDで突っ込んでるHDD、今までにもたまに

Disk 0 is working properly.
Disk 1 is working properly.
Disk 2 is working properly.
Disk 3 is working properly.

とRAIDドライバがワーニングを吐いていた。ワーニングというかなんというか。「Disk○はちゃんとしてる」というメッセージぽいんだけど、なぜそれをわざわざ、しかもかなり不定期に(多いときは一日に十件くらい、少ないときは一週間以上出ない)出てくるのかわからなかった。

まあ正常に動いてる、というメッセージならいいや、と思って放置していたところ、今日みてみると。

Disk 3 is working properly.
Disk 3 is working properly.
Disk 3 is working properly.
Disk 3 is working properly.
Disk 3 is working properly.
Disk 3 is working properly.
...

「Disk3は正常だ。正常だったら正常だ。正常だっつってるだろ正常なんだよ。せーいーじょーおーーーーー」なんかもうDisk3がダメです、と言ってる気がすごいする。壊れた奴はみんなそういうんだよ、という残酷な宣告はしないでいるのが俺のやさしさ。

このパソコン以前は

Disk 0 in Array 0 is key off or removed.
Disk 1 in Array 0 is key off or removed.
Disk 2 in Array 0 is key off or removed.
Disk 3 in Array 0 is key off or removed.

とかの、こっちは正真正銘のワーニングも出ていた。たいへん心臓に悪いのでやめてほしい。たぶんこれはHDDを7台も突っ込んでいたせいで電圧が下がってたんだと思うけど。

RAIDカードごしなのでSMARTもとれない(とる方法はあるのかも知れないけど、手持ちのツールやRAIDカード管理ソフトではムリっぽかった)。やっぱPCに突っ込むよりすでに導入した寺箱みたいなNAS専用機のほうが安心は安心なのかも。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
閲覧者 (2007/03/26(Mon) 11:39)

いつも楽しく拝見しております。

>林家志弦
この方の漫画は読んだ事がありません。はやて×ブレードは名前を聞くことはあるんですが。

とりあえず覇者さんのコメントから、
「何を書いても全然エロくならない」OK、把握した。

はしゃ (2007/03/26(Mon) 11:53)

>林家志弦氏
昔エロゲの原画をやっておられましたが、その時(『CAL』シリーズ等)の絵柄はナカナカではありました。
どうもストーリーというかネームが絶望的なほどにギャグに向きすぎているようです。超オススメ。

閲覧者 (2007/03/26(Mon) 14:43)

おススメされました。是非とも読んでみようと思います。
覇者さんの、本人が見てもなんか微妙に褒められている気がしない褒め方の大ファンです。是非他の作品も褒め殺してください。

>CAL
なんかやたらと懐かしい匂いを感じます。ゲームラボの前身のバッ活あたりで見たよーな。PC−98世代?
かと思って検索したら本当に98世代でやんの。

はしゃ (2007/03/26(Mon) 22:06)

ストロベリーシェイクSweetがギャグ、ストーリーの比率が最高かと思われます。でも連載が遅くて続刊がなかなか出ない。
あとバッ活とか懐かしすぎです。モザイク除去コマンド載ってた気がする。

用水路 (2007/03/27(Tue) 06:09)

windowsならhdd healthというソフトで見れると思います。

はしゃ (2007/03/27(Tue) 10:00)

>hdd health
現在、使ってるのがソレだったりして(T_T)
RAIDカード越しの場合、hdd healthからHDDの存在までは認識できてますが、SMARTはとれない模様。
RAIDカードのBIOSやドライバのせいかもです。でも一応安定動作している間、このへんは触りたくないというのも悩みどころ。


2007/03/26(Mon) この日を編集

[日記][デジカメ]長崎旅行記2日目(3/2)の前半

1日目最後にパレス・ハウステンボスを見てきたことを書くの忘れてた。まあいいや。下に写真を並べとこう。

で2日目。起きて朝食。朝食もなんか溜息が出るほどの高級さ。洋風ホテルでバイキング形式ではない朝食って、いつぶりだろう。コーヒーすらも全然味が違う。あと「モーニングシャンパン」てどこのブルジョワの作法ですか。思わず口をつけてから、今日は昼からレンタカー移動なことを思い出した。まあ少量だし度も低いし、これから昨日見逃した昼間の花畑をチェックするべく歩くので分解できるだろう。

c1_20070302_075822_E330_1c2_20070302_083508_43WR_1c3_20070302_084632_43WR_1
超セレブ感。人生の勝利者。次の日からのイベント用看板の準備。
でもホテルの桟橋は完全に中庭状態で
宿泊客以外は入りにくそう。
「ハウステンボス」と名付けられた品種。
ちょっと禍々しい。
imageb3_20070302_090018_V570_1b2_20070302_072552_E330_1
パノラマでパレスを撮影(昼)。
なんか傾いてたので(パノラマは傾き易い)
角度補正して反対側も削ってみた。変。
キャッキャッウフフ分を補充したくなってくる
光景ですなあ。誰か女の子二人でやって
くれんかなあ。見て和む。
ホテルの部屋から桟橋を撮影(昼)。
遠くに見える山がなんとなく日本ぽくて
違和感ある。
imagea3_20070301_210500_V570_1a2_20070301_214652_E330_1
パノラマでパレスを撮影(夜)。
昼と画角が違うのは気にしてはいけない。
夜はパレスの花も照明されていて、たいへん
鮮やか。
ホテルの部屋から桟橋を撮影(夜)。
外は見えなくてもこの景色はけっこういい。
一晩で飽きそうだが。

食後、園内をちょっとウロつきつつ腹ごなし。食べる予定がけっこうあるので運動は大事。だいたい満足してホテルに戻り、チェックアウト。ステキルームよさようなら。

送迎にきてくれるというレンタカー屋との合流にこっちの勘違いで思いっきり失敗したりしつつ(園内巡回バスで「出口」で降りたが、このバスはそのまま「駐車場」に行くはずで、そこで合流予定だった)とりあえず拾ってもらった。手数かけてすみません。束の間の愛車をあてがわれ、さっそく出発する。

車は普通に現行モデルのマーチ。現行ははじめて乗ったけど、宮古島で乗ったヒュンダイと大差ないなあ。内装は格が違う(当然マーチの方が上)けど、ハンドリングは負けてる。先代マーチよりも難。思ったように曲げるまでしばらくてこずった。排気量も少ないのかな?上り坂でやたらしんどい。ブレーキは最近の車らしく踏む強さでなくストロークで利かせるタイプなのが気に入らない。けど、ヒュンダイより信頼感はある効き方ではあった。いや車チェックはどうでもいい。

d1_20070302_103818_43WR_1d2_20070302_103744_V570_1d3_20070302_105924_V570_1
束の間の愛車。まあ満足だった。
煙草くさくなかったし。
店舗密集地帯。
ただ真中がバイク屋で、LOG KITの入り口は
右端なので、看板配置はマズいと思う。
巨大食料。
左のほうは夕食にコレ一つでも多い。

佐世保の市街地に移動する。目的は佐世保バーガーで、今回の目標は「二店舗以上からサンプリングする」という訳でハンバーガーショップヒカリLOG KITをチョイス。地図を見ればわかるが、お隣状態でたいへん都合がよく、さらにどちらも店の評判が極めてよい。週末は行列モノらしいけれど、金曜日でしかも昼食というには早い時間だから普通に注文可能だった。

確か両方の「スペシャルバーガー」と銘打たれた代物だった気がする。ハンバーガーショップヒカリのほうは、んー。確かに色々な具が挟まっていて、食べ応えはあるんだけど「普通のハンバーガ」のでかい版以上のものではないなあ。後述のLOG KITのは出来上がりに時間がかかり、それまで待って一緒に食ったので、ちょい時間が経ってたのもマズかったかも。ただうまさはガチ。あと量が人間サイズ。

LOG KIT。本当に顔面くらいのサイズはある。俺の顔面は、磯野家にこそ勝てないがトミーズ雅くらいと自負してるが、隠れる。見ただけで食欲をなくすぜ。味のほうは絶品で、しっかり焼きのあるバンズが、密度がやたら高いハンバーグその他具材が、もういらんというのに食べ応えバッチリ。ただしデカいくせに手で押しても潰れないので、食べ難さもマキシマムであり、ナイフで切り刻んで食いたくなるがそういう食べ方はこの食材に対して侮辱な気もする。食べ散らかす勢いで貪るのが適性か。

でもさすがに食べきれず少し残した俺のほうが侮辱なのかも知れず。同行者と分けたんだけどなあ。

次に向かったのは海上自衛隊佐世保資料館、通称セイルタワー。なんで佐世保まできてこんなにミリなのか。これは同行者の希望で、確か別にそういう人じゃあなかったハズなんだけど、なんか自分がまわりに色々といらん教育をしている気もしてきた。まあ俺は困らないからいいか。ここはハンバーガーショップヒカリから激近。ぶっちゃけハンバーガーショップヒカリの駐車場が混んできてたので、セイルタワーの駐車場に移動してから食った。オススメと書きたいがグリーンベレーに怒られるかもしれない。

e1_20070302_111246_E330_1e2_20070302_111746_E330_1e3_20070302_123706_E330_1
建物裏にむちゃくちゃテキトーに魚雷が展示?
放置?してあってびびる。
「館内撮影禁止」と書いてあるのをいいことに
館外を撮ってみた。中央部拡大
駐車場にふつうにこんなパジェロ自衛隊仕様
(73式小型トラック)が停まってるあたりが
自衛隊関係施設。

窓口のおっさん(多分、自衛官)にスゲエぶっきらぼうに「エレベータあっち!」と言われた。こーいう施設て自衛隊に対する理解を深めるためのものだと思うんで、あまりこういう場所で愛想なさすぎるのも問題あるかと思いますよ余談。建物内は7Fまで一気に上がり、そっから降りてくる。

7Fは展望室で上の館外を撮った写真で見てもわかるように米海軍佐世保基地が見える。なんか艦艇が見えるが種類まではわからない。えーこんなところに来ておいてなんですが俺、艦船関係の軍事力にあんまり興味ないのよね。ゲーセンのアフターバーナーで「F-14カッコイー」から兵器ヲタ→ミリヲタ化した人だから*1、興味は「最近の戦闘機」に偏重してる。巡洋艦とフリゲートすら見分けられない自信がある。そんな俺でも、ペリーの恫喝から始まった日本海軍発足から現代まで時系列順に紹介されていくのはけっこう面白い。

撮影禁止なのが残念だなあ。フラッシュ禁止(展示物がいたんだりする)の意味合いが強いと思うし、俺は普段から発光禁止の人だけど、遵守。仮にも軍事関係だし。軍服や階級章、当時の装備などのしぶさは絶品。しかしそれよりも、アジア〜太平洋の地図にびっっっっっっっしり手書きで書き込まれた「日本海軍艦船の沈没地点」とか壮絶で、あれだけは撮りたかった。沈みすぎだよ日本海軍(T_T)。アメリカ相手にケンカだけはやるもんじゃないわマジで。

順順に降りてきて1F。期間限定展示とか土産物屋。せっかくだから海軍カレーのレトルトを買おうかと思ったけれども「横須賀鎮守府」とか書いてあるので興が殺がれた。似たような代物の「海軍さんのビーフシチュー」というのが佐世保流っぽいのでそちらをチョイス。でもやっぱ日本の海の防衛といえばカレー*2だよなあ。まあいいや。

セイルタワー終了。で観光ガイドブックの地図を見ると、米海軍佐世保基地史料室というところが近所にあるっぽい。地図のみで説明は皆無ながら、日米の似たような施設を見比べてやろうと思い、車を出した。が見つからない。米軍基地の近くかなあと思いながら車を走らせ、目の前の交差点の先に米軍ぽい施設を発見してこれ幸いと交差点を普通に直進したばかりの俺の前方100mに現れたのは、見紛うことなき米軍のゲート。これは「基地の近く」でなく「基地」だ。

引き返そうにも中央分離帯があり、ゲートの直前でようやく横断歩道があってそこでぐるりと回った俺の車だが、横合いから出てきた警察(日本の)が誘導。「はい免許出してー」なんでこんなトラップか。

f1_20070302_124306_V570_1f2_20070302_125008_V570_1f3_20070302_133618_V570_1
在日米軍のトリイは半端にアメリカナイズ
されている。たぶん他国でもこんなノリだ。
車で逆方向に突破するとパンクするトラップ。
順方向時は押されてへこむ。
ゲートから100mくらい離れたところに発見。
もっとわかりやすい所に書いといてくれ。

いちおう米軍の敷地には入ってないので行動に問題はない。んだけど、この御時世で米軍敷地に思いっきり接近する「わ」ナンバーの車が不審マキシマムなことには変わりなく、素直に従う。しかし沖縄トリイステーション(9日のラストあたり)でもチェックされており連続侵入未遂。まあ沖縄んときは「当時の同行者」が「米軍」に確保され、今回は「俺」が「日本の警察」に免許を出してるワケでイコールではないあたりが救いか。なんか猛烈に米軍との相性悪さを感じてきたので、米海軍佐世保基地史料室は断念する。

ちょっと佐世保感が足りないので石岳展望台とやらに向かう『ラストサムライ』のロケで使われたとかいう。しかし映画見てないとこれはダメだな。特に感想もなく、ただ疲れただけでその場所をあとにする。

g1_20070302_130638_E330_1imageg3_20070302_133258_43WR_1
確かに外国人が考える日本的風景ってこう
いう中国っぽい雰囲気な気もする。
パノラマで撮ってみた。見事になるかと思った
けど普通に広いだけだった。
あんな風景があるかと思えば、展望台を降り
たらバリバリの工業地帯っぷりを発揮して
いる。ギャップすげえぜ佐世保。

車に戻って、カーナビの目的地を長崎市に設定。カーナビの到着時刻表示は2時間後と噂に違わぬ遠距離っぷりで、どっと溜息。

*1 いやF-14は海軍機だけど。

*2 長期間の外洋の活動で、日の感覚を失わないために毎週金曜日はカレーを食べる習慣をつけたことに由来する。らしい。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
ROM (2007/03/26(Mon) 21:53)

超セレブなシャンパン写真を撮ってる覇者たんを想像したら
吹きそうになったんですが。
さりげなく撮れるものなんですかね?

はしゃ (2007/03/26(Mon) 22:06)

>セレブ隠し撮り
一眼ですからさりげなく、という程さりげなくはないです。
が、幸いにしてE-330ですからファインダを覗く必要がなく、おそらくウェイターの方々は気付いていなかったんじゃないかなあ。
さすがにこのフレーミングの場合、普通の一眼でアングルファインダなしで撮ってたらちょっと面白すぎ疑惑。

Kaalptsk (2010/03/29(Mon) 15:53)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra cheap viagra 袩袥袪袢袩袧袨


2007/03/28(Wed) この日を編集

[デジカメ]レンズ交換バッグ

単にミニ暗室に窓をつけただけじゃないのかコレ。単純な企画だなあ。賢いともいう。

「ファインダー内へのほこり侵入対策に頭を悩ませ」という書き方がいいですね。現状でオリンパスが圧倒的に優れ、キャノンペンタソニーも対処をしている撮像素子のホコリ対策ではあるけれど、これらのどれもファインダは無防備だと思った。もしファインダにホコリが混入したらサービスもってってクリーニングしてもらうしかない。たいへんニコンに平等な書き方で、報道機関としてのバランス感覚がとれています。え、シグマ?あそこの一眼はたぶんファインダも大丈夫。シグマすげえ。

もちろんこんなことは言い訳なのはみんなわかっており、撮像素子のホコリ対策に決まってる(ファインダ内のホコリは、撮影結果には影響がないので、言ってしまえば無視すれば済む)。

しかし、だとしてもこのバッグの使用は大変すぎやしないか。なにせバッグ内にホコリが混入したら致命傷だから。周囲にホコリが浮遊していない場所なのを確認し、カメラを丹念にブロワー清掃した上で、最短の時間で素早くバッグ内に入れ、両手の袖をまくりよく洗浄した上で、レンズ交換をする。もちろんカメラを出す時も油断不可。

うん。俺なら諦めてレンズ交換のたびにクリーニングツールを使うほうを選ぶかな。それとも風の影響から免れるだけでもけっこう違うもんなのか。

「静電気防止素材を採用しているため、ほこりが付着しにくく」てのがいけないと思う。バッグの中に多少ホコリが入っても、絶対に浮遊しないよう静電気でどっかに吸着させた方がよくないかなー。静電気をON/OFFできればなおグッド。

[デジカメ]Caplio GX100

久しぶりに広角27mmを下回る機種。なんだかんだで数機種あるにはあるけれど、実質的に「ポケットに入るサイズ」ではEasyShare V705一択なので*1これはオモシロそうだ。

でもカタチや値段や操作系や特徴的な二電源からしても実質的にGR DIGITALの後継というか「現実を見てみました」系ぽい。趣味のカメラという名目で高いカネを取るタイプ。いや金額だけの性能はたぶん充分にある。GR Dもそうだったように。でも俺は客じゃなさそうだ。まあ今やプアマン用(というほど安くない)としてEasyShare V570/705があるので構わない。

CAPLIOのロゴが死ぬほどダサいのはなんとかして欲しいところ。というかデザイン全体がちょっとヤバいあたりリコーらしくて安堵する。

フラッシュは向かって右上でポップアップ?OPENとか書いてあるところ。なんか小さすぎてこの幅に入るのか心配になってくる。開けたときのデザインをちょっと見てみたい。あ、ここにあった。……ビミョーーーーー。

「デジタルカメラ初の着脱式液晶ビューファインダーに対応」てのは一体なんだろうと思ったらITmediaに写真があった。あーなるほど。レトロなカメラにはホットシューにこういったファインダをつけるものは確かにあるんだけど、EVFくらい最初から内蔵していただきたい。というか広角が売りなんだし、メインの液晶をチルトにすればそれで済んだんじゃね?という気もする。EVFがありがたいのは主に望遠時だと思うんで。ウェストレベル撮影もEVFよりチルト液晶のほうが便利です。

しかし結局はGR Dは不肖の子ということになるのだろか。ナニゲにアレかなり好きなんだけどなあ。単焦点の不便さがありつつ、操作系が指に吸い付くようなフィット感と絶対的な画質の良さがあるから「画角以外に神経がいく撮り方」ができる。ズームレンズ化かあ。ズームレンズは便利だけど、よほど余裕で撮る人以外は画角に気が回ってしまいそう。そんなトンマは俺だけですかすみません。

*1 COOLPIX8400かC-5060WZくらいならなんとか……ムリか。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
yuki (2007/04/01(Sun) 22:10)

 覇者さんと同じE-300使いの経験から、画像データにそんなにゴミが写った記憶がない。ファインダー内の埃は凄く気になるけど。だから、外でも気軽にレンズ交換して、それぞれのレンズの特徴を生かした撮影をしています。これがオリンパスユーザーの唯一の誇れる点。不満な点も多いけど<E-300

はしゃ (2007/04/02(Mon) 09:10)

>これがオリンパスユーザーの唯一の誇れる点
あまり悲しいこと言わないでくだされ(T_T)
全てデジタル専用設計レンズによるテレセントリック性の良さとか、望遠派には極めてうれしいx2焦点距離とか、
今はもう松下製一色ですがコダック製CCDによる国産機とは全然違う発色とか、最近ようやく真価を出してきたレンズのコンパクト化とか、
色々とオリンパス一眼のメリットはあるですよ。
現在もなお「最小の一眼を求める」「現実的価格と性能のライブビューを求める」のならばオリンパス一択です。
(色々と小ささを売りにした一眼は出てますが、E-400/410が出ていない現状ですら小さい順からE-500<D40<KissDN<D40x<KissDX)

また被写界深度が深い点を指摘する向きもありますが、「浅けりゃいい」てもんじゃない訳で。
アホみたいに常に開放で撮るならいざしらず、絞って使いたい場合、オリ機は他と比べ「目的の被写界深度を得たとき」のF値が小さいので
そのぶん明るくシャッター速度を早くできます。
個人的に背景を過剰にボカし過ぎた写真は頭が悪そうなのでキライな私には悪くない特性です。
ボカしたい時ゃF値が小さいレンズにすればいい訳で。ウチでは50mm F2.0までしかないですが、充分。

別に他社を否定はしないですが、どこのメーカにもそれぞれいいところはあるんでなかろか、と。

Jyecuzho (2010/03/29(Mon) 15:52)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra generic viagra 袢袡袪袥袣袥袣袣袤袨


2007/03/29(Thu) この日を編集

[日記]メガスター

100_1222
中央のいかにもプラネタプラネタしてるのは
メガスターではなく普通のプラネタリウム。
左上のサイバーてんとうむしがメガスター。
先日行ってきた。今はもう明石での公開は終了しており、今後は別モデルのメガスターが福岡で公開とかいう話。

どうでもいいけどこのポスターはあらゆるレイアウトが『怪獣ツァイス 対 怪獣メガスター』としか思えない。「メガスター明石上陸」とか言ってるし。シゴセンジャーは戦隊フォーマットだから怪獣には歯が立たないんじゃなかろうか。

で件の代物だけど、確かに天の川ひとつとっても個々の星を全部描写してるっぽくはある。普通のプラネタリウムから切り替わるように演出されるけれど、切り替わった瞬間に解像感がわかるくらい上がる。星ひとつひとつもシャープになるし。んだけど、メガスターそのものにズーム機能がある訳じゃないので、裸眼でそれを認識することはかなり難しい。オペラグラスは必須というか、入り口で配れとすら思う。なんでやらないんだろう。

今ひとつ「スゴさ」の演出がヘタクソだなあ、と思った。もし近所にきても、もういいかな、とは思う。進行がもーちょい巧みなら印象も違うのかもだが。「いずれ銀河系とアンドロメダ銀河が衝突します。そのときにはこんな星空に!」といってメガスターと通常のプラネタリウムを同時に稼動させて星密度をてきとうに倍にしていたのは「いやちょっとそれはいい加減すぎるだろう」と思った。

あと普通のプラネタリウム設備は水平線より下には光を投射しないようになっていたけれど、メガスターはおかまいなく水平より下に飛ばすので客席にも星空が広がる。当然、俺の顔面も星空。まぶしいっつの。必要以上に目が疲れるので勘弁して欲しい。怪獣メガスターの必殺技は目潰し攻撃。なんかセコい。

[日記]バッテリ腰

先日(こればっかしだな)車のバッテリの不良品にぶちあたった件で解決したので、心置きなく新しいのと交換を実施。今度はGSユアサ製にしました高いけど。

しかし現在レガシィに載ってるバッテリは、これを入れたときも、先日抜いた(不良品と交換してしまった)時も思ったが、たいへん重い。ヤケクソに重い。いや重量はたかだか15kgなんだけど、やたらギッチギチのエンジンルームと設置されてる位置の関係で持ち上げるのが超たいへん。横面にほとんど凹凸がなく、手がかかる場所がまるでない。

バッテリ端子あたりを素手で掴んで力任せに引っ張りあげるのみ。後から腰痛すること覚悟で持ち上げたところ、現在、腰痛がきている。うん、たいへん合理的ですムカつくわ。

最近売ってるバッテリは頑丈な取っ手がついている。不良品だった奴もGSユアサのにもある。あれ考えた人が目の前にいたら表彰しようと思う。エジソンもびっくりの大発明。取っ手がバッテリ端子と近接しすぎてて、ケーブルのナットが閉め難いったらありゃしなかったけど、それでも全然オッケーな。

ちょっと気になるところ。バッテリケーブルのターミナルをきっちり閉めても、手で真上にくいっと引っ張ったら外れる。GSユアサの端子、もしかして細い?バッテリ型番は間違ってないハズだが。ターミナルを変えるか端子にアルミホイルでも巻いて太くするとかしたほうがいいかと思ったけど、まー気にしないことにしよう。なんかトラブルあったら自分の日記の過去ログを検索してこういう懸念点があったことを思い出すことにする。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
ぽぽろ12號 (2007/03/29(Thu) 23:35)

先日のバッテリネタでコメントを書いたモノです。
バッテリーのサイズが同じでしたら端子のサイズも同じはずですよ。
バッテリの端子って根元の方が太めになっているので、ケーブルの止め金をしっかり広げて根元まで押し込めば案外外れないものですよ。
エンジンがかかっている時にプラスのケーブルが外れると非常にヤバいので要注意ですよ。
うまく取付ができる事を祈ってます。

マルヤ (2007/03/30(Fri) 02:28)

普通のガソリン乗用車なら端子のサイズは同じはずですよ(ディーゼルだと端子が太い場合あり)
車両側の端子が変形してしまってナットを締めても締まらない場合もあります。その場合は自動車電装屋で端子を作ってもらうか、カー用品店で端子を買ってきて取り替えるのも良いですよ。

t_two (2007/03/30(Fri) 08:03)

 メガスター私も見に行ってきました。目はいいほうなので、ツァイスからメガスターに切り替えた時のインパクトは強烈でした。ツァイスではずっと違和感のあった天の川が、初めて自然に見えました。
 はしゃさんとは違って通常プログラムのほうでしたが、演出のヘタクソさは同様で、「頼むから30分ほどしゃべりも音楽も消してくれ!」と思ってました。

larga (2007/03/31(Sat) 08:39)

メガスター、地元川崎なので青少年科学館のいい感じの
古い建物には違和感あるような感じです。
ちなみに最近では↓みたいなものもあるようで春休みで
込むシーズンが終わったら出掛けようと思っています。

http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=69456

はしゃ (2007/04/02(Mon) 09:09)

>バッテリ
んー根元までギッチリ押し込んでやってるのですが。
「エンジンがかかっている時にプラスのケーブルが外れると非常にヤバい」は初耳。何故だろう。
あーオルタネータからの電圧がかかってるから、ターミナルが暴れてボディに接触したら火花バチバチになるのかしら(てきとう。車よく知らん)。
でもプラスはガッチリなので、とりあえずその心配はなさそう。緩いのはマイナス。

あー端子取替えって発想はなかった。どうしても気になるようならそうします。とりあえず今んとこ問題はなさそうな気配。

>メガスター
目がいいというのは素晴らしい。
プログラム開始前に「携帯、デジカメの電源を入れるなー」といわれたので従いはしましたが、撮影はどうでもいいので(ていうか無理)
ファインダだけでも覗かせて欲しかったなあ。ズームすりゃ拡大できるという点だけでも。
私ゃ従来型プラネタリウムの天の川でもさして違和感はなかったのですが、切り替わった瞬間に確かに「今までのはなんだったんだ」とは
思いました。

CGプラネタリウムはオモシロそうですね。
これとはチト違いますが、オムニマックスで天体関係のプログラムを見たことがあります。あんな感じかなあ。
全天スクリーンはヘボい3Dより臨場感があると思ってます。


最新 追記