«前の日記(2007/01/31(Wed)) 最新 次の日記(2007/02/02(Fri))» 編集

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2007/02/01(Thu)

[日記]PCサクセス倒産

PCサクセスて。ナニゲに仕事先の顧客名簿に(以下略)まあそれはおいといて。あー潰れたかー、という印象。胡散臭い噂はいくらでもあったもんなあ。でも胡散臭い噂がある店なんか星の数ほどあるので、特に気にしてなかった。ナニゲに普通にここでPCパーツを買うこともある。

でも納期に関しては全く信用できない会社ではあった。値段高いときに受注して、安くなってから出荷してるってのは本当だと思う。PCケースとか、あと事務用品みたいな値段が変わらないものを買うには特に問題なかった。その分には確かにいい印象は受けなかったけど、悪い印象も特になかったなあ。運が良かったのか巷の悪評が過剰なのか。あと初期不良メモリの対応は普通に迅速だった。

まーPCパーツ屋商売も一時期の自作ブーム以来ずっと過剰気味だったので、淘汰は今後もあるだろう。自作経験世代としては物悲しいけれど、正常化とは思う。

[link]JASRAC武勇伝にまたひとつ

あまり「この国はひどい」を言いたくないけど言う。この国はひどい。もっとひどい国もあるのかも知れないけれど、相対的でなく絶対的にみてこの国はひどい。

JASRACのいう「証明」っていったいなんなんだ。店側がwebカメラつけてJASRACに監視させて(そもそもこの義務じたいJASRAC側にあるというのに)著作権侵害をしていないことを証明したにも関わらずですか。こいつは傑作だ。

結局は「演奏中止の仮処分が退けられたケースは聞いたことがない」から払え、という担当者の発想が全てを物語ってる。そもそも自分が間違ってる可能性なんか考えちゃいない訳だ、奴らは。JASRACが退けない理由は、これで一回でも負けたら「今までさんざん虐げてきた人たちが同じ証明方法で押し寄せるから」だろう。そりゃあJASRACは困るわなあ。中にはどう考えても無実の人も大勢いたんだろうから。

「オリジナルと称している曲も元の曲をアレンジしただけ」を証明した結果が見たいなあ。全ての証明の責任はJASRACにある。なんとなく「元の曲はドレミファソラシドの音階がある。オリジナルと称している曲も音階がある。よってアレンジ」とか程度だと思うが、違うというなら言ってみろ。

こんな団体が漫画の著作権も管理しようとか言ってるのはどういうブラックジョークなのか。ペンやスクリーントーンで絵を書いたら著作権侵害。フキダシなんかもう猛烈に著作権侵害。ていうかコマ割りとかしたら著作権侵害で死刑。四コマを書くためにはJASRACに著作権使用料を一億円払うこと。今までに使われた全ての擬態語を使うにはJASRACの許諾が必要です。全く新しいように見える展開も既存の展開のアレンジにすぎない。こいつは未来に渡り誰かが著作権を持ったギャグを使う可能性があるので漫画永久禁止。

いっそJASRAC職員は、ヒトツ事業者を廃業や倒産に追い込む度に名刺にキルマークをつけて誇ってはどうかと提案してみる。いやまったく、このクソ団体を民間レベルでなんとかする方法はないのか。

本日のコメント(全10件) [コメントを書く]
おサルのモンキチ (2007/02/02(Fri) 13:12)

まあ「この国がひどい」んではなくてJASRACがひどいわけで(笑)<br>擁護する点を無理やり探すとすれば、作曲家のために頑張りすぎちゃった?<br>知財国家だナンだと言いますが、市民レベルでの著作権に対する認識があまりにもお粗末なのでJASRACも一罰百戒の気持ちで先走っちゃったってトコロでしょうか。<br><br>確かにJASRACは古臭くてひどい団体だが、これがなくなると放送局とか非常にメンドイことになるんですよね。<br>せめてあと二つ三つ著作権管理団体が出てくればねぇ。それでもメンドイことにはなるわけですけど、少なくともちっとは競争原理が働くかなと。

はしゃ (2007/02/04(Sun) 05:26)

こういう団体が著作権を独占的に管理できている制度とか、こういう判決を出す裁判官の存在とか、そーいうのもひっくるめてみました。<br>著作権管理団体の存在は悪いとは思ってません。必要。でもJASRACは管理はしてる気はしないなあ。

ぼえへ (2007/02/04(Sun) 17:49)

権利を確保して保護して利益を追求する存在<br><br>う〜ん。邪魔が仕事?存在も目的も根拠も、全部いらないじゃん

ぼえへ (2007/02/04(Sun) 18:00)

>方法<br>とりあえず周知ですね。<br>考える頭数がそろえば、百人よれば文殊の知恵とも言いませんがんぐ<br>張り忘れぺたりhttp://iiaccess.net/upload/view.php/000901.swf

はしゃ (2007/02/04(Sun) 23:52)

>JASRAC<br>本来ここが独立採算で利益を追求するのがちょっとおかしい気はしてますが。<br>それこそ天下りさせず文化庁内で公的にやったらダメなのかとか。<br>このへん素人考えで、絶対できない仕組みがあるんでしょうけれども。

おサルのモンキチ (2007/02/05(Mon) 02:06)

本来、著作権とは著作者自らが持つ権利です。<br>で、筋から言えば放送局とかカラオケ屋は著作者一人一人と使用契約を結ぶべきなのですが、著作者も利用者もそれが面倒臭いんで著作権の管理をJASRACという団体を作って丸投げしてるんですよね。<br>まー個人の権利(しかも財産権ですね)を国が管理するわけには行きませんので、やっぱり管理団体を複数作って競争させるのが吉かと。ていうか、その動きはあるんですがやっぱりJASRACは猛反対(苦笑)

はしゃ (2007/02/05(Mon) 12:02)

>個人の権利(しかも財産権ですね)を国が管理するわけにはいかない<br>うーん、そうなのかな。外国とかで公的に管理してるところはないだろか。いや外国がやってるからってイケルという訳ではないですが。<br>例えば特許なんてのは個人の権利でないかと思うのですが、特許庁の管理でなかろか。あと商標はどうだっけ。<br>まあこれらは、どれも性質が異なるものです。が、何かここらへんにヒントがないかなあ、とか夢想してみたり。

おサルのモンキチ (2007/02/05(Mon) 12:39)

もう読まれているか判りませんが、レスしておきます。<br>>特許<br>確かに特許庁が管理(登録)しますが、それをどうやって使うか、他人に貸すか、他人に売るかは完全に個人で管理することになります。商標もしかりです。<br>特許庁は「コイツはイロイロ金に絡むことしてもいい発明(商標)だよ」と保証するだけ。それだけです。<br>ちなみに著作権も文化庁に登録は出来ます。でもそれは文化庁が「こいつはちゃんとした著作物だぜ」と認めるだけで、それ以上のことはしてくれません。<br><br>乱暴な言い方をすれば、例えば株券ですら国が管理していないのと同様にやはり個人の経済活動に国はあまり口を出したがらないんですね。

はしゃ (2007/02/05(Mon) 12:43)

なるほど納得。それはそれで納得のカタチだわ。ありがとうございました。<br><br>コメントで書き込みがあった場合、私宛にはメールが届くのでわかるですよ。<br>(だからコメント欄で対立的な議論するのはヤなんです。私に有利すぎる)<br>あまりに育ちすぎたコメント欄はあえてスルーすることも多いですが、読んではいます。<br>特別に返信希望ならその旨書いてくだされば多いコメント欄の内容でも返事書きますですよ。

Vaxcdqrb (2010/03/29(Mon) 15:54)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra cheap viagra 袤袥袤袢袡袩袣


«前の日記(2007/01/31(Wed)) 最新 次の日記(2007/02/02(Fri))» 編集