最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2006/01/01(Sun) この日を編集

[ゲーム]『ひぐらしのなく頃に』皆殺し編

今回は随分と毛色を変えてきた。単純な登場人物ではなく、システムのアチラ側の視点が多分に入っている、解シリーズの中でも実質的な本当の解答編。これで謎は九割ほど解けてしまう。

特にまるで理解不能だった祟殺し編を力ずくで理解可能な領域に近づけた(まだいくつか謎はあるんだけど。ていうか俺が理解してないだけで全部解けてるのか?)のはすごく満足度は高い。あと残りの祭囃し編は解答が済んだ後での、解決編ということになるのか。残るはもう謎というより「障害」で、解き明かすものでなく打ち破るものになってる。

今回ストーリーの進行というより世界システムの解析にテキストが割かれたためか、物語としては実に歪なんだけど、いいでないですか。綺麗な進行なんかこの期に及んで期待しない。キモのはずの謎解きにしたところで「おいコラ」と言いたくなる側面は確かにあるんだけど、強引な力技でも受け取り手が素直に従えば綺麗に決まるもんではなかろうかと。そのほうがこちらも楽しい。ていうかツッコミは罪滅し編で充分に済ませた。

改めて『ひぐらし』とゆー舞台を閉じにかかってるんだなあ、と感慨が。俺は去年のアタマから始めた乗り遅れ組なんだけど、去年一年間、充分に楽しみました。最終話まであと半年、最後の祭囃しが聞こえるまでワクワクしたり忘れ去ったり思い出したりしていよう。

アニメには期待しません(こら)


2006/01/03(Tue) この日を編集

[日記]ひどい地図

3/8追記:ここでリンクしてる地図ですが、3月現在はすでに改善され、今ではほぼ完璧なものに(まだ多少間違ってるけど)なっています。すばらしいJ&P。でもやっぱどの駐車場も半端に遠いんでコイン駐車場推奨。

店舗の付近地図って奴ぁ、何故かひどい代物が多い。中には、これはトラップなんじゃなかろうかレベルの嘘地図もある。「この地図で店舗に来れる人が100人中何人いるか」指数で1を割りそうな代物てのは本当に存在する。

で、先日ふと思い立って見た、J&P京都寺町店の地図がすごかった。J&P京都寺町店といえば、京都に住んでてちょっとパソ歴が長ければ大抵一度はお世話になったことがある店ではないかと思う。昔は市内最強(というかほとんど唯一)のパソコン専門店。なんか由緒がある気がする名門と思いたい店がこんな地図とは微妙にショックっぽい雰囲気。

問題点をいちいち挙げてみる。ここらへん京都人以外は全く意味不明で、京都人には常識という「まったく書く意義のない内容」なんだけど、書きたいから書く。

  • 寺町の一本西が烏丸通になってる(実際は御幸町、麩屋町、富小路、柳馬場、堺町、高倉、東洞院という道が存在する)。ある程度の省略は仕方ないけれど、京都人なら誰もが「程度を知れ」と言うレベル。
  • 地図ではどう見てもJ&Pの最寄駅は阪急烏丸か地下鉄四条烏丸だが、実際は阪急四条河原町のほうが遥かに近い。ていうか烏丸は遠い。あとこの地図で何故、右端に京阪四条駅を書かないのか不思議。
  • 契約駐車場が三つともめちゃくちゃ。まず阪急河原町駐車場は、この地図では四条通から入りそうだが、実際には寺町通にしか面していない。この地図を見ても駐車場に入れない人多数。
  • 同様にオアシスタワーパーキングは河原町通からしか入れないことが、この地図ではわかりにくい(上記よりはマシだろうが)。
  • 最悪なのは西川ガレージで、位置が明らかにおかしい。実際は烏丸から遠く離れた場所だし、藤井大丸とも別の区画にある。こちら参照。
  • 河原町と寺町の間にある道の名前が書いてない(J&Pより北が仏光寺、南が高辻)。また交差点の目印情報が圧倒的に不足している。高辻がまるで河原町まで貫通してないような書かれ方をしている。
  • 駐車場マップなら最低限「寺町通は北行きの一方通行」を書かずにどうするか。また、寺町にどこから入るかが、この地図では全くわからない。仏光寺は東行一通だし、河原町から高辻経由で来ても寺町通は右折禁止。これより300mほど南の、河原町と寺町が交差するポイントは絶対に不可欠。この地図の南端。

ほかにもおかしいところはあるけれど、最低限、地図として失格な要素だけでこれだけある。

そもそも京都の人間向けに書くにあたって「バス」を完全に無視するあたり、かなりいい度胸と言えよう。つまりこの地図は、車で来る人間、電車で来る人間、バスで来る人間の誰に対しても役立たずの腐れマップだ。俺としてもなかなかこれだけのダメレベルの地図にはお目にかかれない気がしている。

参考までに。J&P京都寺町店に行く場合の正しい説明として、「河原町五条から北上し、一つ目の信号で左ナナメ前方の細い道(この道が寺町。左手にパソコン工房あり)、そのまま進んで次の信号を超えるとすぐに右手にあるのがJ&P。契約駐車場はどれも半端に遠いので、コインパーキングに突っ込むのが最良」とか役に立ちそうなそうでないようなことも書いておく。

[デジカメ]Kodak V570

さまざまな撮影域に対応するために、なんと2つのレンズを搭載しちゃったカメラ……えーと。俺が、FE-5500(別名X-600)について「どーせならボトムズの顔面みたく、三種類くらいの特殊なレンズ(標準、魚眼、望遠とか)をカチャカチャ切り替える仕様だったら」とか書いてたの見てましたか。

いやこれは別に回るわけじゃなくて内部切換なんだけど、コンセプト的に結局そーいうことで、俺の単なる思い付きと似たようなことを考える人はいるんだなあ、と思った。ていうか俺の発想はアメリカ人ぽいのか、とか考えるとショックを受けてみたりもする。CCDまで複数載せてしまった豪快さは天晴というかアメリカバカというか。よくやる。

イロモノ度が激しいけれど、いいなあ。これは面白いです。23mmという気合の入った数字がよろしい。23mm〜39mmまでの領域は使えないのに5倍ズームと強弁する度胸も買いたい。

俺はこの類のコンパクトデジカメは「他で代用の効かない一芸」があるとオールオッケーだと思うので、もちろんこれも含まれる。ていうかマジで欲しい。でも400ドルは高いなあ。ていうかズームレンズいらないんで23mm単焦点デジカメにして50ドル安くしてくれ。これ23mmの明るい単焦点コンパクトカメラとしてのみ使う連中相当多いと思う。GR DIGITAL超いらねえ。とりあえず日本でも売ってくだされぷりーづ。

あとこの広告方法は日本では採用しないんですか。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
きがにほん (2006/01/04(Wed) 20:55)

23mm 専用機でコダカラーな色が出るのならば
すぐにでも主力機DJ280Jから乗り換えたいです。
建物の内装写真には広角が必須なんです。。。切実。
もっと言うと21mmと40mmの2眼で、スナップショットほぼ無敵なように思えますが。

はしゃ (2006/01/05(Thu) 10:50)

DC280Jですね。こりゃまた渋い代物を。Kodak製で広角といえば、今ならEasyShare P880Zoomとかありますが。
1/1.8型800万画素、24-140mmのマニュアルズーム機。デカさが気にならなければアリではないかと。

nov (2006/01/06(Fri) 14:51)

日本でも2月上旬から発売するみたいですね。V570。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0601/05/news002.html

日本郵便番号地図 (2009/04/23(Thu) 12:54)

住所を入力すると、地図を引けます、座標などの情報もあります。
http://www.postjapan.net/map/
住所、郵便番号より地図を検索。


2006/01/04(Wed) この日を編集

[link]その見出しはどう見ても死んでますが

「住友生命」を省略するにしても「往生」はねえだろがよ仮にも生命保険会社によ。こういった省略のセンスのなさってマスコミとしては相当致命的だと思うんだけど、まあ朝日だから仕方がないのか(すでにオチ扱い)。

デッドリンク対策として書いておこう。「「サウンドロゴ」は著作物? 作曲家が住生提訴」というタイトルだった。死んでお上に申し上げる!とか考えるとけっこうカッコいいかも知れず。そうでもないか。

まー内容はどうでもいいんだけど。単にお互いの契約のツメが甘かっただけの代物。思う存分殴りあってくれればよろしい。結果もニュースにしてね。しかしサウンドロゴを著作物でないとはなかなか斬新な意見で、んじゃいろいろなものの著作権を「短いから」というだけの理由で反故にできてたいへん便利だと思った。

追記。おおお字を読み間違えてましたよ俺。というわけで訂正。省略のセンスもクソもねえわな。自分の目のセンスを疑おう。でも「住生」ていう省略はやっぱりダメだと思う。わかんねえよ。

[]流星号の後輪がいつもの事態に

先日、電気屋が閉まるまでという条件で慌ててインクを買いに出る必要があった。家を飛び出して流星号(原付)にまたがったその瞬間に背筋が凍る。

もー何度も何度もやってるから慣れてしまった、後輪の空気圧の極端な低下時の、頼りない手応えと尻応え。流星号の後輪はリムが曲がっており、放っておいても空気が少しずつ抜けていく。だいたい二月に一度ほど補充しておけば大丈夫なんだけど、ここんとこの激しすぎる気温低下やらが影響したのか、この年末年始で思っていたより多く抜けてしまっていた。

目的の店は閉店まあと10分。わざわざ空気を補充する時間もないため、なるべく後輪に体重をかけないように流星号を操作。騙し騙し旋回し、目的地点までたどり着いて駐輪場に放り込もうと旋回したときに後輪が一気に2m外側にスライドした。ついにタイヤの空気の残り全部が一気に抜け、ねじれを止める力を失ったため横方向のグリップが皆無になったが故の状態。華麗な二輪ドリフト(超遅い)状態で駐輪場に横向けに突撃する俺かっこいー。閉店直前だったお陰で空いててよかった。誰かに見られてたら死を選ぶ。

チューブレスタイヤで、リムから完全にタイヤが外れているため車に積んでる二千円くらいの電動空気入れなんかでは到底対処できない。翌日ガソリンスタンドまで押して業務用の空気入れで一気に気圧をかけて一応復活。

しかしこれもういい加減ダメな気がしてきた。今のところいちおうこれが原因で転倒とかないが、いつ抜けるかわからない状態ではなあ。まるまる交換も考えたけれど、スクーターの後輪なんかいっくらでも安くで手に入りそうなのに改めて探すとまず見つからない。まずバイク屋に預けるべきなんだろか。

とりあえずしばらくパンク修理剤でも突っ込んで誤魔化すことにするか。

[デジカメ]海外ニュースサイトにOptio A10/E10

まずA10。あちこちのデジカメサイトで「去年一年のデジカメニュース」があったが、やっぱり避けられない時流てのがこのあたり「手ぶれ補正」。もー最近はこれがないと売れないんだなあ。しかし各社好き勝手に名前つけててわかりにくい。ペンタックスはShake Reductionですか。

というわけでペンタックスの手ぶれ補正カメラ。1/1.8型800万画素という最近たいへんありがちなスペックのCCD。メーカーが知りたいところ。サムソン、じゃないよな多分。

上記手ぶれ補正だけでなく画素混合でないっぽいISO800も備え、最近の流行をキッチリ抑えてある。いいんでないですか。

気になるレンズは、広角端では明るいが望遠端で暗いってのが気になるところ。なにげに望遠端で15cmまで寄れるのはいいかも知れない。でも、これだけだとDiMAGE X1をチョイスしたくなるなあ*1。高ISO感度の出来栄えと、このムリ目な画素数で白飛びをどう押さえ込むかに興味あり。その二つがDiMAGE X1の弱点だから。

でE10。単三乾電池仕様ってことはOptioS二桁シリーズの後継になるのか、と思ったが金かかりそうな要素がことごとく削られてる。わっかりやすい安物カメラ。あの薄型を維持するためのスライディングレンズまでやめたせいで、厚みも増えてる。でもOptioS40使いの知人が二回壊してることを思うと、これはこれでアリかもしれない。

デザインは誰もが一目で「安物」と看破できる類で、2.4インチの液晶は粗く、総じてスペックにやる気はない。が、新開発ぽいレンズがどの程度使える絵を吐くのかに微妙に興味があったりなかったり。

他に富士フィルムからも新機種が発表されてる。V10はなかなか面白そうだが、小学校卒業程度の英語知識の俺的には上記二つのナナメ読みで疲れた。

*1 DiMAGE X1は広角端でこそこれより暗いが、望遠端では遥かに明るい。またスーパーマクロ時、焦点距離は固定ながら広角端でなく62mm相当なので使い勝手でOptioA10に劣らない。

本日のコメント(全9件) [コメントを書く]
syao (2006/01/04(Wed) 20:39)

×往生
○住生
な感じで最初に往生って漢字を使ってたのですか?

はしゃ (2006/01/04(Wed) 20:42)

あーミスでした。恥ずかしい。というわけで訂正。

hiro (2006/01/04(Wed) 23:36)

あけましておめでとう(?)ございます。

流星号ネタで思ったのですが、クルマ(および、EG付き)カテゴリは作らないのでしょうか?ぜひ作っていただきたいのですが。

<デジカメ>D200、非常におきにです。いい写真機ですよ。
デジカメマニアに叩かれてるのを微笑みながら閲覧できますよ(笑

はしゃ (2006/01/05(Thu) 10:59)

あまり話題ないんですけれども>車とかバイクとか。でも軍よりは多いか。
(軍カテゴリは公開前はちょこちょこありましたが、なんか言われたらヤなので公開時に消したりしました。チキン)
そのうちヒマができたら、車カテゴリ作って今までの内容を一気に動かすかな。期待せずお待ちくだされ。

D200はまだ出て間が無いので、本当にいろいろ問題を抱えてる可能性はあるとは思います。
が、実質的に現在、アマチュア用最強に数えていい一台には違いありません。
吐く画像の美しさはプロ用含めてもトップかも(プロ用はレタッチ前提の画像を吐くってこともありますが)。

一眼はやたら叩く頭のおかしい人が頻出しますねえ。なんでデジカメごときで宗教論争せねばならんのか。

hiro (2006/01/05(Thu) 15:00)

>そのうちヒマができたら、車カテゴリ作って今までの内容を一気に動かすかな。期待せずお待ちくだされ。

ありがとうございます。気長に待ちます。
車で思い出しましたが、この前4つ葉のヤサカ見ました、写真ですが。
大帝国でネタにされてましたので、一言。

>吐く画像の美しさはプロ用含めてもトップかも

個人的には好きな感じの画を吐きます。下みたいな感じです。
購入を検討されている方がおりましたら参考にしてください。
古い廉価版レンズ(シリーズEレンズ)ですので色収差はご容赦を
http://image7.photohighway.co.jp/se-bin/MyPhoto.dll?Vi?p1=NK121_682&p2=581514429qz1&p3=0jpg&p4=3481012&p5=

覇者様、不適切でしたら削除していただいてかまいません故

BUN (2006/01/05(Thu) 16:44)

知ってる気もしますが、
パンク補修材ですが、ホイールとタイヤの中がすごいことになるのは、覚悟して置いてください。

もし、タイヤを新しいホイールに再利用されるのなら、
面倒が増える可能性も考えれますので。
(自分で変えない場合は、関係ないか)

ありい (2006/01/05(Thu) 22:33)

「住生提訴」は私も見出しで「???」....で、つい本文を読んでしまいました。罠?
どうせ略すなら「スミセイ」とカタカナで書いてくれれば一発で判るのに(他の人は知らないけど私は) スミセイ、住友生命....あ、全然省略になってない(爆)

はしゃ (2006/01/06(Fri) 00:13)

>サンプル画像
なんかサーバエラー。今、具合悪いだけかな?

>パンク補修剤
ホイール交換するならタイヤごと交換したいと思ってます。タイヤもけっこうヘタっている。
銘柄にこだわりがなければホイールだけであろうと、中古ホイール+中古タイヤであろーとさしてコスト差はなさそうなイメージ。

でも、そもそもパンク補修剤を使っても「リムとタイヤの間」はどうしようもないんじゃないかなあ、という心配があったり。

>スミセイ
そこまで頑張って省略しないとダメなもんかな、という疑問をちらーりと。新聞の紙面ではそうなのかな。

hiro (2006/01/06(Fri) 07:25)

>サーバーエラー
あれ、本当ですね・・・

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=757112&un=120683&m=2&s=0
ここの中にはいってるんですけど、これで見れると思います


2006/01/06(Fri) この日を編集

[日記]デミグラきのことえびチキ

最初に注文した時、ミートパティやバンズはほかほかなのに何故かきのこだけひんやり。なんか口の中で二種類の独立した温度があるんだが、これが仕様なのか。と思っていたが次に注文した時には普通だった。あれはなんだったのだろう。それはさておき。

ぱっと見は単にチーズの少ないダブルチーズバーガ。なんだけど、いやこれバカにならないですよ。ていうかむしろいいです。最高とも言う。

最近のマクドにしては珍しく、名前のとおり「デミグラ」で「きのこ」であり、それでいてしっかりとマクドの美味しさを残している。特にソースのチューニングが絶品。俺はキノコ系の食べ物があまり好きでない(普通に食うけど)けれども、和っぽい要素であるきのこを、極めて巧みに洋っぽい(ていうかアメリカぽい)ハンバーガに調和させている。

そこいらの自称名店が作った本格ハンバーガに匹敵する何かがある。いやまあベクトルは違う方面で匹敵してるんだけど、相反しかねない要素を工夫でしっかりとまとめ上げたという点で、いつもの「単にはさんでみただけ」とは一線を画する。シェフを呼べ。えらいえらい。

きのこの歯応えがとてもよろしい。これはなんだか今後も食べたいなあ。えびフィレオをレギュラーメニューにするならコッチをやってください。

そんでえびチキも食べてみた。

……揚げ海老シウマイだこれは。食べた瞬間に思った。ピリタルソースという代物がついてくるが、ためしにテイクアウトして醤油で食ってみたら、まあ合うこと合うこと。すでにマクドではなく中華料理だが、明らかにこっちのが美味しいんですが。

マクドにおいては店頭でも醤油をつけていただけるとありがたい。俺、モバイル醤油(よく仕出し弁当に入ってる魚型の醤油差し)とか持ち歩いてないもので。

[デジカメ]FinePix V10

なんとこのデジカメは、ゲームが遊べます──いらねええええええっ!という声が聞こえてきそうだ。俺もつい言った。

でも撮影画像をネタにしたゲーム等もある、とのアプローチは決して悪いものじゃない。タッチパネル液晶で写真にラクガキができるサイバーショットDSC-N1もそうだが、写真を撮ったあとでのオタノシミという要素はバカにならない。ちなみにこの手のアプローチはDigitaとか覚えてる世代にはわりと普通。

でも死ぬほどチープな弾幕系シューティングとかは思いっきり必要ないので、こんな代物に内蔵フラッシュメモリの容量食うくらいなら本体内に画像格納メモリつけてください。

でカメラの方に目を向けてみると「どこ持つねん」と言いたい見事な背面デザインが光る。背面は見事に液晶だけ。うわーこれは使いにくい。潔いなあ。この度胸は買いたいなあ。度胸以外を買う気はないが。

でも俺としては、この手のカメラの操作系にはそんなにこだわりはない。これ要するに最初から、撮ることに凝るんじゃねえ、と言ってるんじゃん。このカメラを指して「これはダメだ!」と断言するのは旧来の単なるデジカメヲタで、もともとそんな層に対して売ろうとしてないんだから彼らが理解できないのも当たり前。

去年のデジカメ市場を席巻したFinePix F10/F11の、1/1.7型600万画素ハニカムHRでなくZ2搭載の1/2.5型500万画素ハニカムHRというのも画質重視ではないですよー、というアピールかもだ。ブツもないので知らないなりに適当に書くけど、オートモードでもガンガンISO感度上げてISO1600とかまで達するんでなかろうか。カメラとして見ればちゃんと持って撮るのは当たり前だけど、「テキトーに持っても手ぶれしにくい」ために高ISO感度機能載せてもいいじゃんかよ。

というかコレは元よりカメラというカテゴリではなく、正しく「デジタルオモチャ」の一種なんだろう。仮想ライバルはカメラ付携帯電話。その割には半端とは感じるけれども。

でだ。

ゲームの中に「ブロック崩し」てのがあるが、これは一枚目の画像を崩せば二枚目が出る、とかできるんだろうな。いや言葉を飾らず具体的に言ってやる。リアル脱衣ブロック崩しができるかどうか、それだけが問題だ。できなかったらやっぱりダメ認定してしまうかもしれない勢いで。

[デジカメ]FinePix A400/A500/F470

まず安物Aシリーズ。最近の金かかってないデジカメは本気でやっすいデバイスしか使ってないからわかりやすいなあ。特に液晶の7.7万画素なんて久しぶりに見た気がする。光学ファインダ(ナニゲにけっこうコストかかる)を省いてないのは偉い。

しかしなんでこれISO400が最大なんだ?A500とV10は同じCCDに見えるんだけど。上位機種に遠慮してISO800以上をわざわざ殺した?

だとするとケチくせえな富士フィルム。A400はなにげに面白そうなのに。俺の知ってる範囲では1/2.5型のハニカムHRて500万画素なんだが、A400の400万画素ってのが新しく作ったとするとたいへん興味深かった。1/2.5型400万画素は、1/1.7型600万画素と画素ピッチがほぼ同じになるため、実質的に「ベビーFinePix F10」になる可能性もあったというのに。

ていうか動画の解像度とかから見ても、なんかハニカムとは思えないんだけどコレ。総じて現状のA345/A350よりダメ化してる印象が強く意義不明。俺なら中古でA345買います。レンズ明るいし35mmスタートだし。

んでF470。FinePix F460のCCD換装版。F460は小型デジカメの中ではなかなか優等生だったので、普通に流通して普通に売れるでしょう以上説明終了。

[デジカメ]DSC-S600

けっこう面白い。上に書いたFinePix Aシリーズと競合する単三乾電池仕様の低価格帯なのに、31mmスタートの広角寄りレンズとISO1000設定、マトモに使える動画撮影を備えてる。あちらは単なる安物だが、こちらは「侮れない安物」だ。

記録メディアの特殊さではxDもメモリースティックDuoも似たよーなもんだし。液晶はどちらもヘチョいが、アチラが1.8型7.7万画素、こちらは2型8.5万画素と微妙に勝ってるのも好感が持てる。

かつてのソニーデジカメを思い出させるようなズングリむっくりボディなのが難だが、値段と性能を考えると仕方ないというかまだ努力してるほうかも。

ニッケル水素で460枚分と電池寿命が長いのも魅力。ハウジングがあれば水中用として考慮してもいいかもしれない。ソニーデジカメの水中使用はDSC-P5で少し懲りてるんだが、懲りた詳細は当時のCCDの性能とバッテリ寿命が主な原因なので見直す価値はある。

あー。DSC-M2については多分書きません。さすがにあの電話ができない携帯電話カメラに注意を向ける気にはなれないというか、今このテの注目株はHDひげそりだよな、というか。

[デジカメ]DMC-LS2DMC-LZ3/LZ5

海外サイトは読みにくいなあ。

安物手ぶれ補正機のLS2。おーおーあのダサいLS1が随分とファッショナボーになったこと。変更点はデザインとCCDくらいで残りはみんな一緒くさい。まあこれはこれでアリなんじゃないですか(てきとう)。

レンズスペックんところにF5.8-17.4とか書いてあって一瞬目を疑ったが、単にミスだった。レンズもしっかり共通。

このシリーズはなにせ安価に手ぶれ補正を実現してるんで「初心者に最適っていうのはこういうのを指す」と言いたいところなんだけど、まず確実に間違った持ち方が定着するんだよなあ。補正なしの機種に買い換えられなくなる。あと被写体ぶれにはどうしようもないため、動くものが撮れない人になる。

俺的な評価は前機種と変わらず、やっぱり「親へのプレゼント用」。そーいう意味なら画素数は多い意味はないので、より持ちやすそうなデザインの前機種の方がよかった気もしている。

で6倍ズーム機LZ系。「LZ2に流行の高ISO感度モードを追加してみました」カメラ。それだけでなくAFエンジンに手が入ってるっぽい。多倍率ズーム機はどうしてもAF速度が遅くなるから、これは期待できそう。

ただLZ5は液晶2.5型の大きさになってるが、画素数が8.5万画素のままってのはどういう了見だろう。なんかものすげー雑そーだ。2型を超えたら10万画素以上の液晶積もうよ。ねえ。

それ以外はほとんど一緒。今回の松下はずいぶんと保守的だな、と思ったが、よく考えると今年はフォーサーズ一眼を出すのか。そちら側に開発リソースを振り分けてたのね、と思うと納得した。期待してますイロイロと。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
hajime (2006/01/06(Fri) 07:51)

祝マクドレビュー復活。独立カテゴリにはならないんでしょうか。
つい先日、某海無し県のマクドで「デミグラきのこバーガー」を注文したところ、「マヨネーズきのこバーガー」が出てきました。あれが仕様かと思っていたのですが、どうやら例外のようですね…(T_T)
ちょうど豪雪の日だったので、デミグラスソースを輸送するための手段が止まっていただけかもしれませんが(苦笑)

カロン (2006/01/06(Fri) 13:02)

同じく祝!!!
カテゴリ化するなら、同じ手間だし、我輩口調にしてあっちへコピペするといいんじゃないでしょうか。
あいかわらず、あっちもアンテナしてるし。

はしゃ (2006/01/06(Fri) 14:06)

マクド関連については移転直後の11/13で「えびフィレオ」をすでにやってるので、復活というのは俺的に違和感ありますが。

カテゴリにするのは簡単です。2つしかないですから。でも今んとこやる気はあまりないです。
カテゴリは増やしすぎないようにしたい。もしかしたら今後「食品全般」とかのカタチで作る可能性はあります。それまでは全文検索をご活用ください。
アッチてのは大でしょうか。
移すことは考えてません(手間はかなり違います。あと基本的に更新はこちらでやってくつもり)。悪しからずご了承くだされ。

今検索してみたら、マヨネーズぽかった、という意見多いですねえ。当たり外れがあるのかしら。
マクドはそのあたり製法とかマニュアル化が徹底してそうですから、単に味覚の差だとは思いますが。


2006/01/07(Sat) この日を編集

[アニメ]『ARIA』『SHUFFLE!』『ぱにぽにだっしゅ!』終了

今まで書いてなかったけど最近アニメがんばって見ている。RD万歳。ぴこ公開時かなり消したけれど、またぼちぼち書いていってみよーかと。

というわけでまず前期やってた奴の感想を。需要なさそうだが。

『ARIA The ANIMATION』

これはよかった。思いのほかよかった。12話はとても良質な最終回でした──って、え?違うの?というわけで13話を見て終わり。

俺の一番の感想はと言えば、これ一応、職業モノなのに「遊んでばっかりやったやんあんたら」仕事しろ仕事ぉー(ハーフニートの俺に言われたかないですな)。原作の印象的エピソードの抜粋だから仕方ないか。

総じて原作のゆるーい雰囲気を大事にしており、ちょっとびっくりするほど緊迫感のない展開をとうとう1クール分まるまる続けやがった。漫画原作のアニメ化は、やっぱこーいう原作に対する愛情がありそうなのがいいですな。それでも俺は原作派だけど、アニメも決して悪くないです。アリスは「でっかい〜」言い過ぎだが。

難点としては背景にももーちょい気合が入ってれば、と残念に思う。二期目が決定したよーなので、次は是非、背景を『蟲師』クオリティに(ムチャを言う)。

『SHUFFLE!』

放送当初、噂になってたハーレムエンドでなく、ノーマルエンドになった。……なんでそうなるの?こーいう「終盤で突然、原作無視の修羅場展開に突っ走った挙句、収拾がつかなくなって無理矢理終了」というアニメをわりと最近どっかで見たような気がしていたが、思い出した。『ネギま』だ。

神の出来だった19〜20話の展開をぶち壊す21話の悪夢。あの恐怖映像が嘘のような電撃和解はシラケ度マキシマム。あれだけ盛り上がってナイフもノコギリもない解決なんか俺は納得しねえー。それにしても、この主人公、踏みたいわー顔とか。原作エロゲではもっとマトモな人間てのは本当か。

そしてシナリオは21話で思いっきり勢いを失って、あとはヘロヘロの惰性のまま最終の24話を迎えて終了。終盤はもー亜沙先輩の動機付け設定のおかしさばかりが気になった。単に自分勝手な電波女としか思えない体たらく。どーでもいいけど、たかだかあれだけの出血量で人間倒れたり、まして死んだりするようなら大変ですね。もっと気合入れて切れ。

結局これもエロゲの他メディアへの展開にありがちな「複数シナリオに分岐する内容をそのまま直列にした弊害」が出た。まーいいや。序盤はけっこう面白かったし、最終話の制服眼鏡プリムラも見たし。EDで妙なフラグ立ててる楓シアに和んだし。

『ぱにぽにだっしゅ!』

歴史に残りそうな代物。ちょっとモノスゴすぎでないですか。

四コマなどのネタ漫画をアニメ化すると、当たり前なんだけどブツ切りの代物になり、圧倒的な情報量で見てて疲れる。それを逆手にとった、見る人間をどれだけ疲労困憊させるかに注力したとしか思えないとんでもないネタの大瀑布。

最初こそイマイチかな?と思ってたが、まだスタッフが手加減してたのね。もー最後あたりどのカットも一時停止必須。視聴者に理解されることなんか最初から全く期待してない、ぱにぽにWikiがなければ手も足も出ない濃すぎのネタラッシュが熱い。熱すぎる。最終話のテキトーさ加減もオールオッケー。カッコいいぜスタッフ。

また原作付きのアニメ化って大抵、独自路線に突き進むと暴走した挙句大失敗に終わるけれど、最初から暴走を目指してた場合は話は別ということがよくわかった。いいものを見せていただきました。

切った奴

『ToHeart2』はひどい終わり方だったようで、とっとと切っといて正解だった。『灼眼のシャナ』は原作読んでないと説明不足用語の嵐とタルい戦闘シーンについてけない模様。『BLOOD+』はいちおう録ってはいるので後で見るかも。でもこれ4クールは厳しい。『交響詩篇エウレカセブン』も同じく、2クールくらいなら、と思う。『地獄少女』は話、動いたの?7話くらいまで見たけど。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
邪悪なお姉さんです。 (2006/01/07(Sat) 10:49)

あまりアニメ見てない状況で『BLOOD+』は見てるのですが、あれは面白い回と面白くない回のムラが激しくて落着きません。なのに気がつくとDVD1巻買ってた自分の正気を疑います。
基本的に「ここでいっちょ一般ウケしそうなイイ話かまそう」展開に流れると、非常に不快な雰囲気になります。そんな柄かと。もっと己に正直になれと言いたくなります。
逆に見所なのは小夜と同級生(女)との異常ないちゃつき、と、ハジの笑える変態ぶりだったりします。
4クールは私も厳しいと思います。

はしゃ (2006/01/08(Sun) 22:42)

同級生(女)て1話で出てきた子でしょか。確かにあのイチャつきはたいへん和みましたが、7話くらいまで見た範囲ではとっくにフェードアウト風味だったのですが。あれまだ出てきたんだ。
あとハジはたいへんよろしいですね。OPではギャグを極めたウルフウッドにしか見えないあたりも含めて良すぎました。続きがんばって見ようかなあ。

どーも作ってる側は「名作つくっちゃろ」と考えてる節がありますねえ。そんなのは宮崎駿にでも任せとけと心の底から思います。

邪悪なお姉さんです。 (2006/01/09(Mon) 11:54)

>同級生(女)て1話で出てきた子でしょか。
いえ、あの後小夜は異国の全寮制女学院に転入して、そこで出会った眼鏡っ娘と懇ろな仲になるのです。私は思わず、「この話は、小夜が諸国を漫遊して行く先々の少女達と百合の蕾を育む展開になるのか!?」と期待に胸を膨らませてしまいました。本当にそうなったらいいのになー。
面白かったのは8話とか11話とか。間がたるいのがなんとも、ですが。
この番組が目指すべき地点は「名作」ではなく、「お笑い」だと思います。


2006/01/08(Sun) この日を編集

[デジカメ]VPC-HD1(Xacti HD1)

HDひげそり*1。800ドル。ナメんなコラ。いやむしろこれが400ドルくらいで出たらいいなあ、とか考えてた俺のほうがナメてたのか。

こいつのナニが興味あるかって、1280x720の動画が撮れる。ただそれだけなんだけど、ハイビジョン画像を一度でも見た人なら価値はそれだけで充分わかるかと。油断してるとDVDなんか汚くて見てられなくなる。情報量で言えばDVDと比べて2.6倍、普通のデジカメの動画記録と比べると3倍の差がある。D4解像度の動画カメラが掌サイズでバッテリ込159gとくればつい欲しくもなろうもの。ちなみに現在の低価格(10万円代前半)ハイビジョンカメラHDR-HC1の解像度はD3で、ハイビジョンカメラとしては小型ながら長辺方向で188mmありバッテリ込で780g。

またハイビジョン動画だけでなくVGAサイズ60fps撮影も興味深い。普段30fpsの絵しか見てない人間には、60fpsは気持ち悪いほどスムーズ。いやこれ欲しいわあ。レンズはデジカメWatchにはF3通しとか書いてあるけど海外見るとF3.5通しなんですが。まあいいや。もしCOOLPIX S4と共通だとするとむしろグッドかもだ。光学手ぶれ補正が欲しかったところだが、動画カメラなので、まあ動画手ぶれ補正で充分か*2

もちろん静止画カメラとしても普通に使えるスペックを持つ。静止画時は前機種DMX-C6の600万画素から500万画素に下がってるが、そんなのは何の問題もない。他にも有機ELモニタにも興味は尽きない。イロイロとまだまだたくさん情報が欲しい機種だ。

前機種から改善して欲しいところとしては、ズームが遅く、またズーム操作時にAFとAEが追随しなかったあたり。両方動画カメラとしては致命的な要素なんだけど、このあたりにどう手が入ってるのかが気になるところ。で、すでに判明してる前機種と比べて残念な点として、スペック表見る限りでは動画撮影時の9画素混合のISO3600はなくなった。ハイビジョン化を思えば4画素混合ISO1600に落ち着いたのは当たり前なんだけど残念。VGAモード時くらい元と同じモードを残してないかしら。

しかしそれにしても、これはどんなCCDを使ったんだろうか。

今の「液晶画面を見てフレーミングするデジカメ」ってのはビデオカメラ用CCDの流用で生まれたもので、動画記録に使ってた情報をそのまま液晶に渡したことから始まってる。これを単に記録するよーに戻したのがデジカメの動画機能。

今のCCDは大抵「全画素分のデータを出す静止画モード」と「間引いた画素分のデータを出し続ける動画モード」を持ってる。現在、記録動画サイズが640x480ドットになってるカメラが多いのは、たまたま今ハヤリのCCDの動画モードが640x480だから*3

1/2.5型500万画素CCDはソニー、松下、シャープ、富士から出てるけど、どれもVGA30fpsのモードしかなかった筈。同じサイズと解像度で新しいCCD作ったのか、なんか変なことしてるのか。いろいろと邪推をさせてくれるブツだこと。

1/11追記:はい終了

なんだ126,000円て。海外で800ドルの代物をどうやったらここまで値上げできるのか。1ドル115円で計算しても税込9.6万円にしかならないんですけれども。それとも海外価格が間違いで1000ドルくらい確保するのか。

ともあれ、俺とは縁の遠い価格帯に旅立たれました合掌ちーん。

*1 最近あまり見ないが、昔はこういうカタチの髭剃りがけっこうあった。

*2 ただし動画手ぶれ補正てのは原理上、画像の上下左右を補正するだけでブレによる画質劣化はそのまま手付かずなため、静止画手ぶれ補正のようなシャープな画像を得るための技術とは違う。

*3 なので、動画撮影が320x240のカメラ(松下系CCD採用機に多い)の場合、液晶をフレーミングに使うのは公称7.7万画素が最適だったりする。76,800画素以上あると、撮影時の液晶表示は何らかの拡大処理が入らざるを得ないため実は却って見辛い。もちろん撮影後画像を見るのは画素数は多ければ多いほどよい。

[]『春期限定いちごタルト事件』米澤穂信

おー。この作者まだ書いてた。ってまあ前作『さよなら妖精』も読んでるんだけど、あれはちょっと好みじゃなかった。それはさておき。

ライトノベルでなくなっても作風はかわらない。相変わらずダウナーな主人公。ダウナーと言ってもそんじょそこらのダウナーと違い、消極的なダウナーを積極的に実演しようとして失敗してるダウナー。推理漫画で言えば『Q.E.D.』にたいへんよく似ている。

舞台が至極ありがちな普通の学校で、主人公が高校一年生ということでたいへん青春臭がするんだけれど、それは甘酸っぱいというより砂の臭いに近い。学園探偵ものとして有り得ないよーな大それた事件はまるでゼロ。小さな、というより卑近な事件を積み重ねて、グレースケールの青春の1ページを描いてる。これだけ書くと、なんてつまらなそうなんだ全く。

細かい、事件というよりむしろ「ちょっと気になった点」を解決していく短編を重ねて、それら短編に含まれた伏線を最後で一気に回収するという手法は見事。それぞれの短編も地に足のついた推理モノとして優秀で、特に二話目「For your eyes only」のラストはイカしすぎる。

しかしついライトノベルの時の氷菓愚者のエンドロールと比べてしまい、「アレと比べるとちと落ちるな」と思ってしまう。なんというか推理モノとしてのフェア度が落ちてるし、伏線付けが弱い気がしてしまう。特に小佐内さんの凄さがこの一冊からはわからない。続刊に希望というところか。

どーでもいいけど最後、単語だけ「公安」とか出てる(この単語がストーリーに絡むほど大それた話ではない。単語だけ)けれど、なんかこれ公安委員会と公安課とごっちゃにしてる気がする。公安委員会てのは単に警察の元締めで、怖いのは公安課のほう。いや本当にどーでもいいことだが。

[アニメ]新番組『陰からマモル!』『鍵姫物語 永久アリス輪舞曲』『LEMON ANGEL PROJECT』

三つ続けて見たら倒れそうになった。もしかして俺って体質的にアニメに向いてないんじゃなかろうか。

『陰からマモル!』第01話「まもり続けて四百年」

ライトノベル原作。だが名前すら聞いたことない。まあ俺ラノベそんなに詳しいわけじゃないんだど。あらゆる意味で俺に向かないOPを、耐えに耐えてなんとか見終えた時にはヘロヘロ。

シナリオ(おそらく原作レベル)から作画レベル、アニメとしての出来全てに至るまで誉められる点がナニ一つないのはすごいなあ。いや俺がそうとしか思えてないだけで、気に入る人もいるんだろうけど。アクションが入ると思われるシーンの誤魔化し方は芸術的ですらあったが、もし『Fate』で同じ手法使ったらアニメ会社は1500秒でこの世からなくなるぞ。

しかし。ヒロインの知能が完全に幼稚園児レベルなのは一昔前のエロゲぽく、センス古過ぎなツンデレも出てくるわ、全体に漂う雰囲気も完全に10年は前のダサーいもので、ここまでくると一周して意外と見れるから不思議なものだ。

意外なことに、もしかしたら登場キャラクタによっては楽しんで見れるかも、という気もちょっとした。次も見るか。

『鍵姫物語 永久アリス輪舞曲』第01話「A Rabbit Hole」

全く興味のない類なんだけどテレビ埼玉やテレビ神奈川より早く放送するのが嬉しくて見てみた。関東在住以外のアニメ閲覧者はみんな先行放送に飢えている。

そして俺には関係ない代物だと見て三分でわかった。ダメだつらい見てられん

『LEMON ANGEL PROJECT』第01話「夢から覚めた天使」

全く興味のない類なんだけど(以下同上)。ちなみに俺は旧レモンエンジェルは一切、全く知らない。

で。声がヤバい。ヤバ過ぎる。声優とかよく知らないんだけど、ここんとこ最近アニメでここまでモノスゴな声を聞くことは久しく無かった。声が気になって映像のほうにまるで興味が湧かないけれど、がんばって映像見てみるとやっぱりイマイチだった。

十分でリタイア。上のよりは保った。

所謂アイドルものが好きな人なら見れるのかも。最近『THE IDOLM@STER』とかで微妙のその系統の需要もありそうだし。旧レモンエンジェルも知らないしアイマスもやらないし、そもそもアイドルとか全く興味のない人間が見るものじゃなかったくさい。声優も新人とのことで、見続けてたら上手くなっていくかも。アイドル好きの人ってそーいう対象の「成長」まで愛でる傾向があったりするらしいので、そういう意味では計算か。違いそうだが。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
とか (2006/01/09(Mon) 20:11)

はじめまして、通りすがりのものですが、
氷菓、愚者のエンドロールの続編「クドリャフカの順番」(東京創元社)は個人的に傑作なので機会があれば手にとってみて欲しい所です。

とか (2006/01/09(Mon) 20:13)

すいません修正します。東京創元社は「犬はどこだ」で、続編の「クドリャフカの順番」は(角川書店)でした。

はしゃ (2006/01/10(Tue) 11:01)

『クドリャフカの順番』も『犬はどこだ』も、自分のじゃないですが両方手元にはありますんで、そのうち読むことでしょう。
(感想とか書くかどうかはわかりませんが)

Zypeweoi (2010/03/29(Mon) 15:51)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袭袰袲袦


2006/01/09(Mon) この日を編集

[アニメ]『Fate/stay night』第01話「始まりの日」

今更説明するのもバカらしい、今期最大の期待作。わざわざそのためにFTP立ち上げて関東からキャプ動画送ってもらおーとしたりとか。それはさておき。

いきなりギル様vsセイバー戦。あまりに地味で、そもそもセイバーが一切出てこない1話の救済ですか。でもやはりここは、原作未プレイ者を総置いてきぼりにする覚悟で冒頭いきなり「──体は剣で出来ている」にして欲しかったところ。

1話は、ほぼ全て説明に費やした贅沢な構成。その割に情報量は超少なく感じるが、これは単に俺が原作設定を知ってるからそう感じるだけか。ちょっと時間の近い方がヘタかなあ。説明っぷりとしてはそれなりに親切なんではなかろうか、とは思うけれど、これでも原作知ってなけりゃついていけないかも知れない。まあこれは最近のアニメということで。

前述したように派手なシーンは全くの皆無。どちらかというとアクション要素の強いこのタイトルでこれはいい度胸だ。その皺寄せか、予告がすごい戦闘まみれになっていた。しかし予告は誰もがタイガー道場だと期待してたと思うんだけど違いましたか。

作画としては、人物描写の丁寧さは極めて良好。馬肉やらタイガーはたいへん可愛いらしくてよろしい。随所でブラシされてる光の表現が多少しつこいが、これが「ある」ということを評価したい。反面、背景は全般にメチャメチャで、酔いそうなパース狂いや極端な手抜きが頻発するのは如何なものかと。Bパートのバス描いた人はちょっとそこに正座しろ。

声とかの違和感は俺にはなかった。特にアーチャーはバッチリで、馬肉、主人公あたりもナイスげ。それだけでもヨシとしたい。EDのスカート翻りはトゥーンシェーディングぽいが、ずーっと同じ動きなのが不自然で不気味です。

ともあれ現状では特筆しなきゃダメな不満は背景の一部くらいで、極めて良印象。このクオリティを保ってくれれば。ムリっぽいが。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
閲覧者 (2006/01/10(Tue) 10:52)

いつも楽しく拝見させていただいております。

最近、録画するアニメがあまりにも多すぎて、パソコン叩き
ながら、横で録画アニメを「聞く」毎日ですが、Fateは普通
に見た方がいいのか判断つかないのでまだ見ていません。

ところで、馬肉ってダレですか?

はしゃ (2006/01/10(Tue) 11:02)

私ゃRDから転送したPCに動画データを転送するので、パソコン叩きながら「見る」ことができてます。けっこうオススメ。
Fateは映像も見たほうがいいんでないかと。今のところ(って1話だけですが)綺麗ですよ。
アニメ月姫のことを思えば随分いいです。比較対照が悪いか。
「馬肉」は桜です。由来は「fate 馬肉」とかで検索してみると一発。

閲覧者 (2006/01/10(Tue) 17:21)

ご返答ありがとうございました。どうでもいいですが、
桜肉ってちょっとエロいですね。
でも、書き込んで約10分後に返答が来ている事に驚きと
いうかビビりました。即時対応!?
仕事中にこうやってコメントの返答のお返しを送っている
私も人の事は言えませんが。


2006/01/10(Tue) この日を編集

[デジカメ]E-330液晶スルー表示可能なレンズ交換式EVF一眼?

まだ全然情報出てきてないんだけど、上記だけは間違いなさそうな気配。レンズが交換できて、しかも普通に液晶を見ながら撮れるカメラならサイコーじゃないですか。

E-300ユーザの俺がE-500をスルーしたのは「本質的に変わらん」というだけでなく、すでに去年の時点でこの噂があったというのも大きい。巷ではクイックリターンミラーを廃するという噂もある。この時点でカメラヲタからは総叩き必至なんだけど、一眼という形態はデジカメの理想系なんて全く思ってない俺にはかなり期待の一台。

ミラーをなくしたことで期待できるのは、マウントより奥にレンズの後玉が入り込むよーなバックフォーカスの短いレンズが作れること。これができれば、金のないフォーサーズユーザーが死ぬほど望んでいる安価広角レンズが実現する。絶対ないけどパンケーキズームレンズとか作ったら俺的神認定。しかし他のフォーサーズ機に使えないレンズを作るかどうか。いやかまわないから作ってくれ。

真っ当に考えてもミラーという厄介な代物をなくしたことでサイズ的、重量的な恩恵はバカにできないわけで、信じ難いほど小さいEVF一眼登場の期待も高まる。いいねえ。これで出てきた奴がE-300マイナーチェンジだったら3時間は部屋の隅でいじけてやる。

他にオリンパスの弾として、ミノルタに続くCCDシフト手ぶれ補正一眼ってのもちらほら聞くけれど、こりゃたぶんE-1後継の話なので貧乏人には関係ありません残念。

[PC]机の上にメモリ

仕事始めの先週、出社した俺の机の上にどこにでもある168pinのDIMMが2枚ちょこんと置いてあった。何事かと思ったがその日は上司にあたる人間がおらず放置、そして今日改めて聞いてみた。

「いや、要るかな、と思って」くれるらしい。それはありがたい。

しかしPC100のSDRAM、64Mbyteてのはどうにもこうにも使い方が難しくないでしょーか。なんでこんな化石が。いや化石だからくれるのか。おそらくは年末の掃除の時にぽろっとどっかから出てきて、そのまま捨てようとしたけれど「あーそう言えばバイトにゴミコレクターがおった」てなもんなんだろうと推測。

そして確かにウチのサーバはPC100メモリで動いてるし空きスロットがあるというあたり、なんだかなあ。ありがたく使わせてもらうことにしよう。

もう一枚のメモリはPC133の128Mで、前述よりマシとは言えこんなもん刺せるパソコンなんざとっくの昔に市場にない訳だが、例によって我が家では普通に稼動してるためこれも活用決定。古パソコンが多くメモリを取り合ってるため、サーバですら128Mbyteくらいしかメモリ積んでなかったりするからなあウチ。まあ開けるのがメンドいんで実際に活用するのはそれなりに先の話になるだろうけれども。

しかし。適材適所と言えばそうだし、ありがたい話なんだけども、こんなアイティー後進会社ですらゴミになるようなパーツで動いているのか我が家のパソコン環境は。

[デジカメ]Caplio R30

なにこのいらない子。

いや普通のスペックというか、このサイズで広角が撮れる代物は少ないから充分ありがたいハズなんだけど、Caplio R3と比べると「望遠端やめました」「手ぶれ補正やめました」以上。ナメとんか。ああん?店頭予想価格は43,000円前後とか、Caplio R3がamazonで\37,800とか言ってる時期に何を寝言言っとんじゃ。

R3で、望遠端のAF精度と、手ぶれ補正の動作の評判が悪かったから「とりあえず両方切ってみた」んだろうか。アホと違うか。ていうかファームウェアアップデートで両方修正されたんじゃなかったのか。

わからん。本気でわからん。リコーはこのカメラを通じて、いったい何を我々に伝えようとしているのだろう。このニュースはどう見てもCaplio R3ブラックモデル追加が主役としか思えないなー。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
よっさん (2006/01/11(Wed) 01:29)

突然ですが、大(仮名)の過去ログを久々に読み返していて一言。『炎多留』の再プレイは無いのですか?個人的にはものすごく読みたいのですが。ぴこの文体で読んでみたいです。

はしゃ (2006/01/11(Wed) 08:42)

やっぱり前のサイトにここのアドレスとか一切書かずに移転するべきだったなあ。
ようやくそのゲームの話から逃れられるチャンスだったというのに。
(当該ログ削除も何度か検討したのですが、反対意見もあったので現在留保)

私はかなり本気でそのゲームの話題にウンザリしてます。
詐称メールアドレスによる「続き書け腰抜け」やら「ホモ野郎」やらが何通来たか、数えるのも馬鹿馬鹿しい程。
あのゲームのプレイ記なんて、当時はともかく今はあちこちにあるでしょう。私がこちらのサイトでやってる文体は特異なものではないです。
googleにゲーム名と「感想」とか突っ込んで適当に検索してください。それで充分かと。

ていうかあちらを読んでて思ったのなら、あちらのメールフォームから送ればいいのでは。生きてますよメールフォーム。
別に前のサイトの話題を禁止するつもりはありませんが、場違いかな、とは感じます。

よっさん (2006/01/11(Wed) 09:00)

申し訳ありません。そこまで本気で嫌だったとは、、、ほんとにすいませんでした。これからは余計なことは言わず、こっそりとぴこの方を応援させていただきます。すいませんでした。

pisukesu (2006/01/11(Wed) 13:57)

>机の上にメモリ
実は、私のPC(×3台の内、2台)もゴミで出来ています。

この間も、元PGからSDRAMをもらいました。

後、全然PCに関係無いんですが、はしゃさん倒置法好きですね。

hiro (2006/01/11(Wed) 14:10)

>E330(?)
なかなか面白そうな機種ですね〜。
EVFアレルギーな人からはほんとに総叩きにあいそうですが。
EVFをどこまで作りこんでくるかで評価がかなり変わりそうです。
現状あるEVFではまだMFとかきつい感じですし、どうなるか
楽しみですね〜。

>マウントより奥にレンズの後玉が入り込むよーなバックフォーカスの短いレンズが作れること

ミラーアップ出来るなら他のんにも使えますよ。ピンはカメラ
動かして決めないといけませんけど、広角ならば被写界深度は
深いですし、撮った画すぐに確認できるデジカメならばそう
欠点にはならないと思います。
フィルム時代にもそういうレンズありましたしね・・・。

はしゃ (2006/01/11(Wed) 16:25)

>倒置法
そんなに倒置法、多いかなあ。メモリに関するエントリでは最後の段落だけでないでしょか。
あー今日全体で見れば、Caplio R30の最初、上の私のコメント二箇所があるかな。
文章量の割合からすると多いかもしれない。でも倒置法はどちらかというとキライだったり。あえて避けてる程ではないですが。

明らかに倒置法より多用しまくってるのは体言止め(←例)。
投げっ放し感が自分のノリに合ってるんですが、私の場合はちょっと多すぎますね。気をつけたいところ。

>E-330?
EVFでのMFですが、元がCCDならMF時は「中央部拡大表示」すればいいと私は思ってます。
マグニファイアの理屈ですね。ふつうのファインダよりむしろ高精度なフォーカシングができるんじゃないでしょうか。
しかも拡大率を可変にもできるし、やろーと思えば「全画面」と「拡大」の二画面表示も可能。

ただ汎用のCCDは、動画モードが「間引き640x480(or 320x240)」しかない。だからこの手法は実際には使えません。
でもどーせE-300/500のフルフレーム型CCDは(静止画専用なので)EVF化は不可能、つまり新開発CCDが必須。
この新CCDの動画モードで、間引きする画素パターンが複数あれば、これは実現します。
新規開発ならモード足すのは難しい話ではない筈。要するに動画モードにデジタルズーム足すだけです。
まったく情報ソースなしの、単なる期待ですが。

もっとも、E-330が本当に「EVF一眼か」というのはまだわからないです。月末待ちです。
テイザー広告見る限りでは液晶表示は間違いなさそうですが、クイックリターンミラーが全面ハーフミラーかもしれない(それはないだろう)。


2006/01/11(Wed) この日を編集

[日記]散髪したら寒い

俺は髪の毛が太く多く伸びるのが早いくせに散髪をサボりがち。前は9月頃だったので四ヶ月放置ともなると相当不審人物だった。近所に犯罪がなくてよかった。で散髪直後の今、アタマが寒いのは当たり前として、思わぬ寒さを発見。

バイクに乗ってるとき俺はフルフェイスのメットをかぶる。今までは後頭部がブ厚かったため、全体的にアタマが前にずれていたが、散髪の結果として正常な位置に戻ったところ隙間風が顔面に広く直撃。おおお寒い寒い寒い。顔が凍る凍る。もともと俺のメットはバイザーが一度傷だらけになったので、テキトーにホームセンターで買ったサイズが合わないものにつけかえているため、風がかなり入る。たまらん。

しかしこんな季節でも顔面全開でバイク乗ってるタフガイもけっこういるから恐れ入る。あと生足で乗ってる女子高生とか、見てるだけで凍えるのでやめていただきたい。

[PC]サムスン、それはRioの転落ルートだが

あんたらRioの落ち様を見てなかったのか。あとソニーがこないだ似たようなルートに乗ったけど、いくら仲良いからって地獄コースまで一緒にならんでも。

iPodの成功要因を宣伝としてるけれど眉唾。iPodは、あくまでAppleの音楽ビジネスの成功の一形態でしかない。「iTunes入れたらmp3管理が楽になって幸せ、iTMSで曲がカンタンに足せて幸せ、そしてiPodでその曲を持ち出すことができて幸せ」というユーザにとってマイナスが一切ない幸せスパイラルを構築し得たのが成功の最大要因かと。すでにAppleは、iPodから利益を得なくても構わないビジネスモデルになってる。

Rioの失敗はiTMSを武器に持つAppleや、根本的に低価格の韓国企業とまともに体力勝負したこと。そんなの勝てません(逆に言えばよくCreativeは保ってるなあと思う)。ソニーや松下はブランドイメージを武器にしてよく戦ってるが、ヲタク以外から「ソニー(松下)のiPod」とか言われてる以上、旗色は悪い。

韓国内ならプレイヤ自体が勝負を決めてるからわかるんだけど、北米市場で宣伝に金かけ、結果として製品価格を下げられなくなったらどうやって戦っていくのか。ムチャだと思うなあ。

でも。韓国系プレイヤは、それでも全体に市場をデフレさせてくれるというメリットもある。iPod以外のプレイヤが目立つことで体力勝負化が進めば、安くて液晶がでかい動画再生機が出るかなー、とか、デジタルオモチャ好きにはけっこう期待したりとか。

俺が個人的に動画再生機欲しいだけともいう。デジカメが汎用フォーマットの動画を、頭出し機能つきで再生できりゃ要らないんだけどなー。その前に携帯電話を動画再生対応のものに変えることになるか。

[アニメ]溜めてた『BLOOD+』『蟲師』を消化

蟲師はともかく、見限る気満々だったBLOOD+も興味をそそられて見る。確かにたいへんよく和む萌えキャラでしたホクホクー。なんかやっぱり二度と出てくる気配はなさそうだが。

『BLOOD+』

録ったまま放置してた8〜13話を見てみた。小夜がベトナムに行ってボスくさい奴と顔合わせするまで。だがストーリーひっぱりすぎ。小夜の役立たず足手まといっぷりには飽きてきた。アクションシーンのキレも回を重ねるごとにどんどん悪くなっているため4クールが終わるころにはどうなってるのか逆に楽しみな程。

で12話。地上波土曜日夕方の限界に挑戦しそうなグロテスキー映像はいったい何事か。WOWOW深夜R-15ですらここまで描いてません。

確かに同室の眼鏡っ娘はたいへんよろしかった。ファントムがハジに匹敵するほど変態っぽいのもたいへんよろしかった。元々変態っぽかった梅味キャンディ、美形だから変態に違いない奴(偏見)もあわせ男性キャラ総変態計画進行中。

シナリオのアウトラインは悪くないんだけどなあ。くどい家族愛描写と反米思想臭(ベトナムの不発弾は全部アメリカのせいですか他)がない回は悪くないとは思うだけに切りきれない。

1クール終わって舞台はまた日本に戻る?一体この話はナニをやろうとしているのやら。

『蟲師』

これも長いこと録ったまま見てなかったが5〜10話クリア。一日にアニメ10本以上も見るもんじゃねえなあ。

この話は変形ブラックジャックみたいな一話完結形式の問題解決もの。蟲というのは精霊のような概念で、どんな怪異も(妙に平坦な声で)「それは蟲だよ」で説明してしまう主人公には大槻教授もびっくりだ。

原作付きアニメとして、オリジナル要素突っ込んで大失敗(稀に成功)したりする類と、徹頭徹尾「動く原作」を貫き通す類とがある。これは理想的模範的代表的な後者で、原作と見比べてこれほどまでに違和感がないものは珍しい。違和感なさすぎて原作が、白黒で絵が動かない分、しょぼくさえ見える。背景の美しさは神のレベルで、どのアニメもこのクオリティなら、と思わざるを得ない。人物(特に主人公)は、止めて見るとあまりのテキトーさにのけぞるが動画で見ると実に自然でよく動く。特に手のアップのシーンは異常。キャラクタの演技を評価すればジブリアニメに劣らない。

手抜きはまるでないように見えるが、唯一、何の芸も無く突然暗転するだけのブラックアウト処理だけは難。せめてフェードアウトして欲しいなあ。なんでこんな処理にしてるんだろう。

「筆の海」はいつかなー。11話放送済地域によると12話も違うよーだが、最終回用にとりおきしてあるのか。んー楽しみ。

本日のコメント(全4件) [コメントを書く]
邪悪なお姉さんです。 (2006/01/13(Fri) 05:47)

不発弾話は反米思想もアレですが、「普通、あんな大金持った子供が保護者無しであてもなさげにうろついてたら、あっちゅう間に身包み剥がれるよね」「貧乏ってもんをナメてるよね」と友人と。あと、日本語が世界共通語らしかったり、色々ユルイんですが、たまに眼鏡っ娘のようなことや変態やらあるので捨てきれなくて困ります。

はしゃ (2006/01/14(Sat) 19:55)

日本語が共通語なのはわりとアニメに限らずフィクション全般のお約束っていうか、BLOOD+の場合は登場人物が沖縄在住で
米軍相手の食堂やってる位なので、英語位は喋ってそうな気もします。
ってベトナムはベトナム語とかフランス語か。英語が通じる人も少なくはない気がしますけれどチト厳しいかな。

世間ナメたユルさについては、私ゃある程度まではオールオッケーの人です。
「リアルな話」なんかフィクションで見たくありません。フィクションくらいは、有り得ないほど都合のいい展開でもいーじゃん。
本当にリアルなストーリーが欲しいならわざわざ物語見る必要なんかないです。自分で体験すればいい。
もっとも、醒めるほどのご都合主義は勘弁願いたいですが。そのへんのスレッショルドは個人差の問題かと。私ゃ甘めです。

反米思想は、どーやら企画の人がたいへん香ばしい運動家らしーですね。

邪悪なお姉さんです。 (2006/01/15(Sun) 10:17)

日本語全世界共通語についても貧乏の描かれ方についても、気になるのは文脈上不自然に感じられるからであって、これがとことん潔く割り切ったキッズアニメ等なら私も気にならないんです。
つまり、こう、「君達の知らない所ではこういう厳しい現実ってものがあってね」みたいなことを語りたそうにしてるくせに「厳しい現実」が語り手にとって「都合よく」ユルイという部分が引っ掛るということで。
ウザイ家族愛語りにしても、文脈がそこに帰結する流れになってないのに唐突に「いや、家族だし」「家族がいるから大丈夫だよ」とか割込ませるから、ちょっと待てと言いたくなるわけで。「とりあえず家族愛言っときゃ視聴者が感動に打ち震えてくれると思ってるのか」と。―――もっとクドイくらい家族家族言ってて全然気にならない番組も他所にはあったりするのですが。

反米思想…企画協力のO氏は全共闘だの安保闘争だのにノスタルジーを抱いてる人だと聞いたことはありますが、それは思想とかでなく単なる感傷だとも聞いていたのですが。別口がいるんでしょうか。
あんまり、娯楽作品にイデオロギーなんて持ちこまないで欲しいなあ、と思います。

はしゃ (2006/01/15(Sun) 14:51)

誰が対象なのかまるでわからない、という状態にあるのがまずいのかなあ。
オトナモードで見てるとちょっと人生とかいろいろナメすぎてる感が鼻につくのは確かですし(やっぱ私ゃ
それほどは気になりませんが)、コドモモードで見てると変態百合大集合とか過剰なグロテスク描写など
ナニを意図してるのか理解不能ですし。
家族愛が万能免罪符になってる点で相当ウザいのは同意。随分と便利なものだなあ家族て。
ハリウッドバカ映画でこういうのよくありますが、反米アニメなのにそういう共通点があるのは皮肉とか言ってみる。

O氏にはそーいうのはないと思います。あの人はどこまでいっても単なるオタクだと思う(誉め言葉)。
件のイタ企画屋ってのは、『ガン種』(見てません)やら『鋼』やらのグロアニメを手がけてきた、
オープニングで真っ先にクレジットされてるT氏です。元報道の人で、報道時代にたいへんわかりやすい筋から
感化を受けたと広言、「アメリカは許せない。んで北朝鮮大好き」とゆー主張を繰り広げておられます。

イデオロギーとか完全排除は不可能です故、ある程度は気になりません(というかスルーします)が、
どーもこのおっさんの出し方はいやらしいのがヤ。


2006/01/12(Thu) この日を編集

[PC]Intel Mac

たーいーへーんー違和感たっぷり。Macてのはモノクロモニタ一体型の68000搭載Macだろう(それは古すぎます)。でも屈辱のPentiumという名前を使わずに済んでよかったね。IntelがPentiumという名前を捨てたのは、このためなんじゃないか。

いや本当に、マトモなCPUに恵まれなかったPowerBookにとっては福音だろうなあ、という気はする。原理的共産主義者*1共が「モトローラでないマックなんか認めない」とか言ってそーな気もするけれど、彼らの何割がCPUの差異が問題になる使い方をしていたのか。少なくともウィンドウザーの俺は、別にアプリが全部移植されるならH8/300Hだろーが6502だろーが12C509だろーが*2構わないけど。

実質的にUNIX化してる今のMacOSにとってOS移行はけっこうラクチンだったと思われる。OSXはこのために作られたのかとも思う。アプリの移行についてはMacソフトベンダはPowerMac時の洗礼を受けてるんでそう問題はなかろう。一部あまり使ってなかった機能でエンディアン問題*3が延々出てきそうなのが今から楽しみだ(こら)。

でMacBook。名前がダサくなりました。PowerBookという名前からPowerが抜けたけど、強力になったらしい。英語は難しいなあ。

今まで「あまりバッテリー保たないのに非力」という機械だったが、今回のモデルチェンジは省電力で長持ち、という路線はとらない。むしろ同じ消費電力でよりパワーを、というマッチョ路線を取るっぽい。ULV版Intel Core Soloが出てもビデオなしで1.5kg以下で10時間保つサブノートとか出さないだろうなあ。北米じゃ需要なさそうだし。奴らの中では未だにモバイルMacといえばMacintosh Portable*4に違いない。

これチップセットとかもIntel製なんだろか。なんだかWindowsのCDを突っ込んだらインストールできそうな気もする。改造BIOSとか要るかもだが。原理的共産主義者にはたいへん屈辱的行動なので是非やってみたいが、単にクソ高いノートパソコンにしかならないよなコレ。

注:別に俺、Macとか嫌いじゃないです。念のため。でもMacこそ神!Mac最高!Windows糞!といってる人たちを嘲笑うとかそういうのは超好き。

追記:あーやっぱりBIOSの問題で無理なのね。しかしAppleから公式にデュアルブートOKのお墨付きとはなかなかのもの。こういうあたりが最近のアポーのすごいところだなー。

*1 マッカー→真っ赤→共産主義者。

*2 H8/300H:日立製組み込みCPU。FAXとか炊飯器とか洗濯機とか開けたら入ってる可能性あり。6502:8bitCPU。ファミコンに使われた。大変プログラムが面倒。12C509:8ピンしかないCPU。外部メモリすら使えない。これにWindows載せられたら目でピーナツ食ってやる。

*3 Macは元々68000CPUで、このCPUは例えば0x12345678というデータはそのままの順で格納していた。が、インテル系CPUでは0x78563412と逆順で格納する。プログラムでデータ保存時に何も考えてなかった場合、エンディアンが違うとデータ化けが起こる可能性がある。

*4 最初の持ち運べるMac。重量16ポンド(7kg)。定価は実に99万8千円。でもバッテリは10時間保ってた。

[アニメ]新番組『かしまし』『タクティカルロア』『よみがえる空』

アニメ見ない人にはたいへんウザいサイトになってるのを承知の上で。どーせこの時期(番組改変期)を除いてはあまり書きません。ご安心あれ。

『かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜』第01話「少年はその日変わった」

性転換三角関係もの。あかほりさとる原案とゆーことで大変に嫌なかおりが漂うが*1、少なくとも原作漫画はけっこう良作。アホな前提設定のわりに、たいへん微妙な居心地の悪ーい(誉め言葉)百合三角関係ものとして、俺を効率よく好々爺状態にさせてくれる逸品。

でアニメといえば、展開は完全に原作準拠。ストーリーの進展をゆっくりにする分、脇役描写を足してあるのがいい感じ。アニメ化にあたり若干あかほりシフトが見られるけれど我慢の範囲で、面白くなってくる2話目以降が楽しみ。予告を見た時にはゲッと思ってた絵も実際に見てみると悪くないです。いいねえ、あゆき(またニッチ狙いな線を>俺)

これはけっこうよさそうだ。当然継続試聴決定。

で、気になったのは最初っからすごい勢いで女声な主人公。多分予備知識なしだと絶対こいつ女だとしか思えないと思う。あと北米航空宇宙防衛司令部*2が何故か普通のビルなんだけどなんで?(核戦争対策施設なので、実際は核の直撃に耐えるよう山をくりぬいた中にある。こんな感じ。右上写真が入り口)

『タクティカルロア』第01話「アイ、ショーティ!」

護衛艦+女の子とゆー訴求点がわかりやすそうでいて謎なもの。ちなみに俺は対象に入ってない。これ見るならジパング見るよなあ普通。

護衛艦なんていう自衛隊用語(ふつーは駆逐艦という)を使ってる割に、兵器っぽさはゼロ。単にメカであってミリタリではない。が、アバンタイトルの対艦ミサイル防御とかVLS*3からのミサイル射出は人間の魂に火をつけるなにかがある。

でOPが終わったらもうたいへんグダグダでアタマの悪いシナリオがだらだらと開始して脱力。予告からは想像もできない、たいへん下品なエロ描写の連発に改めて「あーそーいう話でしたか」と思わず呟いた。なんで個人識別にスリーサイズ測るのかわかりやすく説明してみろコラ。

まあ主人公の使い方によっては面白くなることもあるかも。ないかも。見込はたいへん薄そう。女の子ズは俺的に許容できそうなキャラが一人もいないため、見るとしたらメカ描写燃えの方面で。去年やってた『タイドラインブルー』はそのあたりがダメダメだったからなあ。これで登場人物(なんか途中退場しそうな男でなく女の子)を中盤で一人二人殺したらかなり化ける気がするんだけど、たぶんそれはムリだろう。

『よみがえる空 -Rescue Wings-』第01話「初めての仕事」

ミリタリ色ありアニメ、と言えばすぐ上に書いてる『タクティカルロア』と同じなんだけど、ノリは正反対の男男男だらけ男アニメ。いや一応主人公にゃ恋人とかいるし公式サイト見る限り婦人自衛官もいるんだけどそういう話ではありません。『タクティカルロア』から続けて見ると落差がしんどい。

救難ヘリものということもあり、地味になることは最初からわかってるだろーに、これまた地味すぎる導入部。1話目まるまる使ってひたすら主人公にストレス与えつづけて終わり。なんだろうこれ。視聴者に対する媚びとかそういうのがまるで無いという度胸は買うけれど、『海猿』程度のドラマっぽさは入れてもよかったんじゃなかろーか。アニメにするなら多少時間軸を前後させても、せめて一話に救難のシーン入れようよ。

期待半分だったんだけど、このスタンスで続けられてもしんどいだけ。今後のあらすじを見る限りではこれからも期待できそうもないので残念ながら切ろっと。

*1 個人的にはあかほりさとるがそんなに悪いとは思わない。ああいったのも必要かもね、という気がする。いや俺には必要ないんだけど。

*2 通称NORAD。主な任務は、偵察衛星から戦闘機まで使って全力でサンタクロースを追いかけること。

*3 垂直発射装置。搭載兵器を格納状態から直接発射する。速射性、連射性、ステルス性のメリットがある。実際のVLSの連射能力はアニメ程ではなく、せいぜい1発/秒程度(それでも従来型ランチャと比べると遥かに高速)。

本日のコメント(全10件) [コメントを書く]
renpoco (2006/01/13(Fri) 15:09)

いつも楽しく読ませていただいております。
(主にデジカメレビューが楽しみです)

MACにintel、衝撃的ですね〜。
PICが話に出てきたので質問です。
はしゃさんは現在趣味で電子系工作等はされているのでしょうか。
以前PCからのリレー制御装置など作られていたのを読ませていただいたことがあるので、はしゃさんの新たなメカの開発日記はぜひ読みたいなぁと思っています。

ありい (2006/01/14(Sat) 17:45)

>しかしAppleから公式にデュアルブートOKのお墨付きとはなかなかのもの。こういうあたりが最近のアポーのすごいところだなー。

ダメっても、どうせやる奴はやりますから....(笑)
下手に手間暇かけてブロックして極一部にでも嫌われるよりは
あぽーにとって無難な選択ではないでしょうか。
まぁ極極一部にはブロックされないと萌え....もとい燃えない
人もいるかもしれませんが(^^;
ちなみに私はMacBook、買わないです(^^;;;

原理的(?)共産主義者。少なくとも共産党一筋 (2006/01/14(Sat) 19:05)

僕も買いません。iBookとかなら買ってみようかとか思ってたけど...
IBM製CPUとか何となく好きだったのでIBM製CPUが乗っかってるPCが無くなったのは残念だけど、サーバーとゲーム機で頑張ってもらいましょう。
デュアルブートは超楽しみ。vista辺りで誰でも良いから対応してくんねーかなぁ?もしくは激速VirtualPCでも良いけど。

はしゃ (2006/01/14(Sat) 19:45)

>電子工作
最近やってないですねえ。当面必要なものもありません故。リレー回路は現在はレーザープリンタ御役御免により現在は使われていません。
電子工作は、部品取り基板があればタダで遊べる、というのが当時の超貧乏な俺にたいへん面白かったんですが、ここんとこ最近は
事故成金によりちょっとブルジョワな遊びにシフトしちゃいました。また貧乏になれば(時間の問題)再開するかもです。

>MacBook
わざわざブロックする手間がアホらしいとは我輩も思います。機械をダンピング価格で売ってOSで儲けてるならともかく。
でも公式に「使っていいよ」と言うのはちょっと偉い。というか好感が持てました。
以前のアポーなら「そういうことを言うやつらにはアッラーの裁きが下るだろう」位は言いそうでした故。(偏見)

私もiBook出さないのは謎。
Intelアーキテクチャの利点は現在パワーというより低発熱と低コスト化ですから、iBookスタイルが一番しっくり来るんですが。
あとPPC970がIBM製でしたか。なんかモトローラ製な気がしてました。
アポー内では「Vistaではデュアルブートはできそう」と言ってるよーです。
その前に既存Windowsが走る改造BIOSが出回りそうな気もしますが。逆に今回のx86版MacOSXをAT互換機で動かす猛者とかもぜってー出てくる。

ありい (2006/01/14(Sat) 21:09)

>以前のアポーなら「そういうことを言うやつらにはアッラーの裁きが下るだろう」位は言いそうでした故。(偏見)

クチで言わなくても態度が言ってたりしそうですね(同じく偏見)
昔は日本あぽーの態度が評判でしたが(特にiMac売り出し時)、最近は改善されたのでしょうか??

....おっと、あまりに自然すぎて(笑)危うくスルーしそうになりましたが

>わざわざブロックする手間がアホらしいとは我輩も思います。

↑つい出ちゃいましたか??(^^; <我輩

はしゃ (2006/01/15(Sun) 03:24)

あホントだ。以後気をつけま──せんね。特には。なんか今後もふと出てきそうな気はします。
いちおうプロフィールには、一人称は「私」「俺」「我輩」とかだよーと書いてます故、普通ということで。違うか。

ありい (2006/01/15(Sun) 12:22)

>いちおうプロフィールには、一人称は「私」「俺」「我輩」とかだよーと書いてます故、普通ということで。違うか。

あはは(^^) プロフィールにちゃんと書いてありますね(笑)
ファンは大喜びで良いのではないでしょうか(笑)
コメントありがとうございました m(__)m

yuniwo (2006/01/15(Sun) 21:53)

かしましは稀に見る良アニメだと思われます。
大抵あの系統の原作付きアニメの場合ですと、ToHeart2等のように激しく作画がおかしくなるのですが、こちらは寧ろ漫画のやんわりとしたティストがそのまま残っていて良いです。
あかほりさえ余計なことをしなければ、いい線いくでしょう。

それはそうと、はずむは漫画でもものすごく可愛いです。
笑顔がたまらんです。新境地が開けそうです。

はしゃ (2006/01/20(Fri) 19:28)

あれ。数年前なんか別のソフトで新境地をドパァと全開にしてなかったけ。なんか格闘ゲかなんかで。あれは違う境地なのか。
アニメ版の2話もなかなかよろしい代物。
予告を見る限り3話もよさそうで、あかほりさえ出張らなければこのまま幸せなコンテンツとなりそうな気配。

yunio (2006/01/22(Sun) 21:13)

なぜに私が鰤好きなのをご存知なのですか。
もちろんギルギアするときはマイキャラは鰤決定ですよ。

それにしてもかしまし1のノベルが売り切れなのは
私に対する陰謀ですか、風説の流布は恐ろしい。


2006/01/15(Sun) この日を編集

[link]つぎはぎニュース

いやー面白いわ。やっぱタモリはこうでないとな。「伊東外務大臣」とか「交通事故」とかがたいへんグッドです。

たいへん懐しい──と思ってサイトを見ると放送時期が80年11月〜81年1月まで、となっておりびびる。俺、さすがに深夜ラジオを聞いてる訳ゃねえ年齢なんだけど。

何故俺はこれを覚えているのだろう。いくつかは内容までオボロゲに記憶してた位で、気のせいってことはないと思うんだけども。兄が聞いてたのかとも思ったけれど、やっぱ深夜放送聞くよーな年齢じゃなかった気もする。コーナー中断の経緯とか見るに再放送したとも思えないし。人生の謎がこんなことで一つ増えてしまった。

[アニメ]『おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ』第01話「俺の練馬大根をおさわりください」

すげえ。なんだか根本的にミュージカルを勘違いしてるような気もするけれど、一話分見終わったらなんだか俺の脳内国語辞典の「ミュージカル」項目が書き換わっていた。ヤバイ。いやこれ作るの地味に大変なんじゃなかろうか。ミュージカルパートでの伴奏がまるでSC-55一台で作ったかのようにチープなのも超ナイス。

ストーリーはまあグダグダなので割愛。もともとストーリーなどという、つまらない概念に依存なんかまったくしてない話。

大変下品でバカバカしく、ボーイズラブでもなんでもないホモ、明らかに武富士に話を通してない武富士ダンス(もどき)と借金ネタ。いやこんな低俗なアニメ、生まれて初めて見たよ俺。「日本のアニメは世界に通じる」なんて嘘だと思った。これだけは輸出してはならない。

松崎しげるの異常な上手さは一聴の価値あり。歌は相対的に普通の声優が聴き劣りするほどに凄まじい。台詞もまったく違和感なく、伊達に噂の刑事やってなかったと思う。あんたこのために今まで芸風磨いてきたんじゃないか。

見るだけでむちゃくちゃ疲労するけど、これは価値あるなあ。多分継続試聴。予告はちょっと前衛的過ぎやしませんか。

これで今期でチェックしてた奴は、大方1話が放送されたのかな。継続試聴しそーなのは『Fate/stay night』『かしまし』で、2話目様子見が『タクティカルロア』『陰からマモル!』『練馬大根ブラザーズ』。いちおう他も数回分は録っとくけど、余程、化けてなけりゃ見ずに捨てる。前期から引き続いて見てるのは『蟲師』『舞-乙HiME』。『Canvas2』『かりん』『BLOOD+』はまだ検討中。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
TrackBack (2006/01/15(Sun) 06:37)

http://zzr.blog40.fc2.com/blog-entry-252.html
GAKUのそれすらも平穏な日々
タモリのANNつぎはぎニュース傑作選
ぴこていこく様より

タモリのANNつぎはぎニュース傑作選


昔、聞いたことがあるネタ(たぶん、伊東外務大臣)が、タモリのオールナイトニッポンのネタだったことが、今回聞いてみ

鹿('A`) (2006/01/15(Sun) 09:58)

自分は放送当時まだオタマジャクシにすらなってなかったのですが、
懐かしい&聞き覚えがあります。
約5年ほど前当時いんたぁねっとを知ったばかりの私めが、
最初に漁ったバカニュース(MADニュース)辺りを覇者りん様もお聞きになったのかと思われます。
でもそのサイトも既に廃墟(何処で聞いたかすら思い出せませぬ)となり、今ではいい思い出です。

はしゃ (2006/01/15(Sun) 14:51)

んー、私の記憶はそれよりは古いのですが。それに流行当時、MAD系はあまり興味を持っていませんでした。
X68000とパソコン通信の時代とかに聞いたのか。
或いは当時、十歳年上の気合入ったオタクな友人がいたので、その人に録音のテープを聞かせてもらったのかもです。

鹿('A`) (2006/01/16(Mon) 09:05)

覇者りん様の圧倒的経験の差というものを忘れておりました失敬。
MAD系にも歴史とか伝統とか色々あるのですね。自分は修行が足りませぬ。

Syjnhxlq (2010/03/29(Mon) 15:52)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra buy viagra 袳袳袭袺袤袬袵被袮


2006/01/19(Thu) この日を編集

[]抗鬱剤減らしすぎ

世の中の開発者の40%はどっかおかしい(てきとう)の法則に従い、俺は抗鬱剤という代物を飲んでる。

でもここ最近は飲む原因になった症状は随分と落ち着いてきた。もちろんこれは「飲んでいるから落ち着いている」のであって飲むのをやめたら症状はぶり返す。んだけど、一昨年と去年の骨折関係の手術で強制的に病院とゆー寝る以外することがない環境に放り込まれついでに、ちょっとダイナミックに減らしてみていた。

具体的には、一昨年末の時点では一日300mg飲んでたデプロメールを、去年春までの四ヶ月で一日100mgに。そのあとも飲む日の感覚をバンバン空けていって、去年末には2週に一度50mg錠を飲むだけにもってきてみた。一般的には「もう飲むのヤメたら?」というよーな状態だけど、一年で1/80以下のペースてのはたぶん向精神薬の知識がある人間が見たら「アホか」というレベル。たまにものすごい動悸や目眩もするけれど、まあなんとかできていた。

で調子に乗って新年を期に3週間に1度にしてやれ、と飲まずにいてみた。

今週に入ってから明らかに薬が切れた症状が顔を見せ始めた。抗鬱剤は2週間で完全に抜ける(とされる)。んーまだ症状出るのねー、と思いつつ、コントロールできそうだったので調子に乗って当初目標の三週間まで断薬を続けてみるアホ一人。当然というか。

昨夜、いきなりものすごい波が来た。本気で死ぬかと思った。いや世の中不安発作やらで死んだ人間なんかいねーけど。

浴びるほどアルコールを胃の中にぶちこんで対処(たいへん不適切)。今日は一日中、二日酔い状態を保つハメになったけど、まー別の理由で死にそうな時は、軟弱な脳内が根拠もなく生み出す「死にそう」なんか欠片ほどの説得力もないため気にならない、という良さはある。あと諦めてまだ19日だが抗鬱剤も飲んどく。

[デジカメ]ミノルタ完全撤退、αはソニーへ

早っ。縮小報道してから二ヶ月、あんたら何もしてねーじゃん。なんでその時は「縮小」で今は「やんぴ」なのか。と思ったら今日付で社長が変わってんのね。

それにしても、本当に最初っから最後までやる気がなかったなーミノルタ!あんたら一眼まだ2機種じゃん。ユーザをナメてないですか。「専用レンズ出さないと一眼は売れない」「売れてないから専用レンズ出せない」と不毛な会議を何回したか言ってみろコラ。ちったーオリンパス見習え。蛮勇を通り越して無謀も通り越してるメーカーだぞあそこは。惚れるー。

しかしこれはちょっと想像できなかった。確かにここんとこ最近ミノルタのカメラは本っ当ーに売れておらず相当ヤバそうだったが、なんだかんだでミノルタは固定ファンの多いメーカなので甘く見ていた。

しかし提携という前置きがあるとはいえソニーというのは痛快だ。カメラオタク系が憤怒と激怒を繰り広げそうで。「所詮、家電屋にカメラが作れるわけがない」とゆー意見が2chとかkakaku.comとかデジカメジンとかに1000個くらい書かれると推測。ふつーに考えるとソニーはいい買い物をしたんじゃなかろーか。家電屋の重要な武器の一つがブランドのネームバリューだし。

俺としてはミノルタの一眼はわりとどーでもいいけれど、コンパクトのDiMAGEシリーズは常になんか一つ気になる機種があっただけに滅ぶのは大変に惜しい。結局最後までDimage EX(レンズ+CCDが交換可能で、ケーブルで少し離しても撮れた超盗撮仕様デジカメ。3Dキャプチャユニットとか謎のオプションがある。ケーブルによる遠隔撮影はデジカメ以外では考えられないナイスアイデアだが、この機のデジカメとしての出来は最悪)の後継が出なかったのが残念。ていうか、あれこそソニー系の発想か。どーか出してくださいサイバーショマージュEXを。もちろんCCD+レンズはワイヤレス可能な代物にして。

本日のコメント(全8件) [コメントを書く]
きがにほん (2006/01/20(Fri) 14:51)

http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?i=20060119da001da
この辺りを読むと、そう悪い話ではなくて
いわゆる一眼レフを越えるモノ(R1みたいな)が光臨するのかな
という感じです。
ロッコールはどちらかというとライツ系のレンズですから
松下、ソニー共にそちらに偏るのは興味深いですね。
つうか、ウチにもαがありまして。。。

はしゃ (2006/01/20(Fri) 19:28)

「α」という概念に信頼をおいてたユーザはいいんですが「ミノルタ」という企業に信頼をおいてた場合は、
「もーカメラ、写真とは一刻も早く手を切りたい」という社長コメントに、けっこうゴリっときそうな気もしたりとか。

ソニーはR1路線より、やっぱαマウントのレンズ交換一眼にシフトするって感じですね。R1売れてないしなあ。
ソニーには既にツァイスブランドがある訳ですが(でも製造はコニカかどっか?)どういった路線にαをもっていくのか微妙に楽しみでもあります。

ミノルタはいっそソニーと合併しちまうのもありかもとか無責任を言ってみる。でソニルタとか言われる(……コニカは?)

倉田 (2006/01/21(Sat) 12:51)

ソニーのツァイスレンズはタムロン製だと思われます。ソニーはタムロンの大株主なので。
http://www.tamron.co.jp/investors/ir/

はっきり言って今回のα譲渡はαデジタルユーザーの自分としては良かったですね。はしゃさんの書いたとおり、レンズが売れない→新しいレンズが出せないの悪循環に陥っていて、現状以下の未来はあっても現状以上の未来はないノーフューチャー状態でしたから。このままだとα消滅でデジタルユーザーはレンズ資産がゴミになるところでした。
ソニーには高度な画像処理技術と高い画像素子生産力、さらに好調タムロンというレンズメーカーまでいます。あとはどういうメカを作ってくれるかですね。将来的には全機種CMOS、EVF+バリアングル液晶モニタによるライブビュー、というのは間違いないようです(アサヒカメラ1月号の開発者インタビューより)。EVFの品質とレスポンスが光学に匹敵するようになれば(特にレスポンス)一眼レフ自体を駆逐してしまいそうな気もします。

はしゃ (2006/01/21(Sat) 13:22)

そーでしたタムロンでした。
αマウントは捨てるには惜しすぎるので、ソニーが買わなくてもどっかが買ったとは思いますけれども。
でも現状ではソニーは最適ぽい気配です。私的にも、αに関してはこの件でプラス方面に動きそうな気がしてます。
知識ないけどカメラ買おう!て一般層を相手にするには、ミノルタブランドは厳しすぎです。そゆ人は一瞬ではキャノンニコンしか社名が出てこない。
そう思えばソニーブランドの方がまだ電器屋での扱いがよく、今までよりうまく戦えるハズ。カメラヲタクは嫌がるでしょうが。
ただDiMAGEシリーズは消滅しそうなのは、やっぱり残念ではあります。

画像処理に関しては、ソニーは細部を潰してノイズを消す、ミノルタはノイズ感はムリに消さず自然に保つとゆー癖があるので、このあたりどうするのかは興味深いところ。
私ゃミノルタ形式のほうが好きなんですが(ソニーはビデオカメラの時の方法論に引っ張られてる気がする)、どちらにもいい点はあります故。

これから一眼はEVF+ライブビュー化しますか。DSC-R1のEVFは普通に見れましたんで、その点では私ゃ楽観的。願わくばE-330(?)も素晴らしからんことを。

しかしソニー製APS-C素子に依存してきたニコンとペンタックスは今後、ライバルメーカに映像素子を握られることになるけど大丈夫なのか。
(まだサムスンにゃソニーに匹敵するCMOSは作れないだろし)

きがにほん (2006/01/21(Sat) 13:49)

10年くらい前の話です。
京セラの新卒営業さんは「ウチの会社はとっととカメラをやめてほしいんですけど。ワタシなら真っ先に撤退しますね。カメラを売るために京セラに入った訳ではないし」と公言し
ミノルタ販売の中堅営業さんは「学生時代はキャノンをつかってたけれど、入社が決まって仕方なく[ミノルタ好きが名機と呼ぶなにか]を買って押入に放り込んだまま触ってない」と言ってました。
どちらも寂しい結果に終わりましたね。

hiro (2006/01/21(Sat) 15:22)

>しかしソニー製APS-C素子に依存してきたニコンとペンタックスは今後、ライバルメーカに映像素子を握られることになるけど大丈夫なのか。
現状ある600万画素のんと1000万画素のは一応ソニー、
ニコンの共同開発ですのでそんなに問題はないかと。
ほかんとこも使いたければどーぞってスタンスみたいなんで。
今現在はですけど・・・。
ただ、まぁソニーはαのシステム引き継ぐ形ですし、現状でも
ライバルメーカーといえばそうなので・・・。
まだちょっとどうなるかは読めないですね。
ただ両者とも撮像素子の選択肢は他にあるっちゃあるんで
どうなるかちょっと楽しみでもあり、不安でもありですね。

妖介 (2006/01/22(Sun) 00:16)

ここらでシャープが大型CCD市場に参入してくれれば面白いと思うんですがねぇ……。携帯やコンパクトだけじゃなく、こういう画質重視の分野に入ってくれれば、今の「SONYがCCD作らないと新機種が出せない」という状況をかき回せそうなのですが。

はしゃ (2006/01/22(Sun) 00:36)

>カメラやめたい
オリンパスあたりもカメラ事業を分社化するまではそう言われてたよーです。ありゃ医療機器の儲けをカメラが潰してましたしね。今は不明。
カメラというか、一般客相手の商売てのは各社、半分「宣伝」の要素もあるんで、多少の赤字なら続けるもんですが。多少じゃなかったんだろうなあ、と。

>素子
実際のところ、ソニーはCCD屋としては今までと一緒ではいくはずです。
ソニーとしてはαで勝つよりCCD売ったニコンやペンタックスが勝つほうがトータルで得になるとは思うです。
でも次世代からは「まずαで性能が出る」ことを目標にして開発される、ていうレベルでの有利不利は出るかな、と。

シャープは大型素子には手を出すのかなあ。CCDモジュールのデータシート見てる限りではあんまりソチラ方面に進みそうにない気配です。
(でもwebから見れるデータシートは一年以上前の情報なので、断言はできません)
ソニー以外にも大型センサ作って欲しいというのは完全同意。
他にAPS-Cセンサを持ってるといえば富士ですが、富士が他社に供給するってのはもっと有り得なさそうですね。
松下がフォーサーズついでに多画素APS-Cを作る、というほーがありそうです。


2006/01/20(Fri) この日を編集

[link]こんな男と結婚してはいけない!がひどすぎる

ヒャッホーォ!俺?これ俺?メールの返信なんか超放置!「あれ俺それ言ってたっけ?」超口癖!仕事ヤメた!収入激少!借金はないけど、偏食マキシマム!セックスとか超面倒!彼女いても彼女宛より他の子宛の電話回数のが多い!メールは不必要な文しか送らねえ!鬱病の診断ついてます!

俺に対する嫌がらせですか。目の前にこれ書いた人いたら殴るかもしれない。泣きながら(この時点で負けている)。

でもこれを全部完璧に避ける男としか結婚しねーとかいう人は、じゃあオマエはどなんじゃい、と素で尋ねたくなるあたりですけれども。俺はこういう概念に男女差を一切考慮しない。男が守って当然の要素は当然女も守って当然で、逆もまた然り。お互いに妥協って奴も覚えようや、なあ?全ての人付き合いの根底にあるものは妥協だ。

結婚相手とかに「欠点排除」を目指した人選をすると、むしろ長続きしないと思うけどなー。交換可能だもんなソレ。コントロールされた共依存状態くらいがちょうどいいんでは。欠点しかねえ俺が言っても説得力ねえけど。

[アニメ]『Fate』『かしまし』2話

アニメ感想は見てる全タイトルとか全話分とか書いたりしません。しんどいし需要もないし、たまにちょこちょこと書くかも。で今期注目作の2話チェック。

『Fate/stay night』第02話「運命の夜」

何故スカートがめくれない凛!(同意見多数)

いちおう必須の内容はだいたいカバーしてけど、やっぱ原作プレイ済の人向けかなあ。情報が多過ぎるんだな。まあ、慎二も順当にチンピラ感をアピールして死亡フラグをガンガン立たせ、主人公は献身野郎度もちゃんと異常を通り越した病的な代物として描写されてるからなんとか。各サーヴァントも序盤のミスリーディング気味な言動も、うまくやってるとは思う。悪役ヅラのランサーとか。

総じて人物の出来はたいへんよろしく、何故これを月姫の時にできなかったのかと。放送前は相当な覚悟をしていただけに、これだけのクオリティで動いてくれれば俺的には満足かな。

アクションシーンは迫力よりも綺麗さ重視。構図のとり方は水平線をナナメにとるのが多いダイナミックなものだけど、ちょっとワンパターン気味なのが気になる。今後どんどんアクションがキモになってくる話なんだから気合入れて欲しいところ。背景は全般にしんどそう。1話のバスに引き続き、学校入ったシーンの背景は目を疑ったぞ俺は。

ストーリーはセイバールートになるのかなあ。サーヴァント目立たないからあまり好きじゃないんだけどなあ。

『かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜』第02話「彼女は彼女であることを自覚した」

あーやっぱ1話のEDはOPでしたか。このOPはいい出来だわ。映像もいいけど音楽の印象がたいへん気に入った。

内容は見事。たいへん場違いな滑りギャグにさえ我慢すれば、これ以上望むべくもないアニメ化だ。原作は再構成されてるけど、このカタチを見てから原作を見ると初期は煩雑に見える(漫画はそれでいいんだけど)。やす菜イベントを後回しにしたため下着イベントで選びあいが割愛されたのだけは残念。

あとなにげに明日太を蔑ろにしてないあたり大変よろしい。コイツは全然目立たないけど、この異常な環境設定の中での数少ない足場的役割なキャラ。主人公の女性化という状況の違和感を作中ほぼたった一人で体現している。明日太がいなけりゃ単なる百合三角関係モノとあんまり変わらん。

ちなみにノベライズ版『かしまし』は明日太が事実上排除され、主人公の女性化まわりについては主人公視点で描かれてるため、たいへんに生っぽい雰囲気になっている。それはそれでアリだけどアニメには向きません。

本日のコメント(全6件) [コメントを書く]
神楽 真琴 (2006/01/20(Fri) 23:37)

FateですがOP見ると森でバサカVS凛のシーンが見えるのでFateルートかと予想してます……
弓の召喚時の伏線が全くないのはFateルートで全く明かされない弓の秘密兵器を全て無かった事にする作戦ではないかという気がしないでも無い今日この頃です。
Fateのストーリーのいいところ半減ですが(´A`)

はしゃ (2006/01/21(Sat) 00:01)

完全に根拠のない妄想ですが。
もしかしてFateは、まずセイバールートを2クールかけて描き、二期目とかでまた2クールかけて凛ルートをやるんじゃないかと思ったり。もしやってくれればゴッド認定。
でも実際んとこ私が企画屋ならそーします。迂闊なエロゲタイトルをアニメ化するよりは、Fateを二回アニメ化したほうがどう考えてもリターンはデカい。
桜ルートはたぶんやらない路線で(こら)。

K君 (2006/01/21(Sat) 03:31)

HFはOVAでやってくれたら最高だな。
それまでの儲けを全て突っ込む覚悟で、ひとつ。

yuniwo (2006/01/22(Sun) 21:20)

2話目もなかなかのクオリチィでした。
場違いすべりギャグ=あかほりなので気をつけてください。

しかし、ここまであざとい設定であるにもかかわらず、大佛ほずむだったらそこまで感じさせないのは何故なのか不思議です。

それと、ノベル版がどうがんばっても見つかりません。
売り切れ続出のようです。やはりアニメ効果による風説の流布です。これは犯罪です。

はしゃ (2006/01/23(Mon) 06:29)

いっそ通販で買ったら如何だろか。例えばamazonだと現在「通常2〜3日以内に発送」と、在庫状況はわりと普通。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840232687/daikameiteiko-22/ref=nosim/
家への到着がまずいならセブンアンドワイで注文し、セブンイレブンで受け取るという手もありかと。あっちでも当日〜二日で発送となってました。

あざとい設定のあしらい方は漫画原作者の桂遊生丸氏の手柄ですねえ。あれはよい。たいへんよい。
あと「ほずむ」とか言うな。

yuniwo (2006/01/24(Tue) 22:39)

ご親切にどうもです。
が、ようやく見つけることが出来ました。
Towerのあの寂れた本屋ですが。
しかし、プラッツはかなりダメダメですね。
あそこは品薄でセンスがなってないです。
ビックボスComebackっていう感じです。

>あと「ほずむ」とか言うな。
申し訳ありません私にはずむ君を愛でる資格はないですね。。。


2006/01/21(Sat) この日を編集

[ゲーム]あるとのデモムービーがすごいらしい

確かにこりゃスゴイわ。このムービーで女の子に目がいく奴はたぶんおかしい。ひたすら映像(というか背景)の美しさにばかり目がいくけどエロゲムービーとしては如何なものかと。

Windデモムービーとか、はるのあしおとデモムービーを作った新海誠氏かという話だけど、それは違うと思う。確かに似てるけど。3DCGでシャープな背景を描き、強いコントラストと逆光のフレア感を重視し、前景に激しいピンボケの物体を置いて奥行きを出し、豪快なアップや贅沢なカット割に普通使わない大胆な広角パースまで使いこなしてるし。

でも小物のディテールが甘いし、スクロール(パンニング)の癖が違うし、なんと言っても決定的なのがこのムービーには一切、電車が出てこない。よって新海誠氏では有り得ないと俺は思う。それでも出来は最高レベルにある。

がんばって背景から目を引き剥がしてキャラクタを見ると、俺には固体識別が不可能なレベルでみんな顔がおんなじだったがゲームはさらにコピペでびびる。さらに公式サイトのストーリーは見た瞬間にゲームやる気が失せる代物。でもこのムービーを見てるとゲームやりたくなってくるんだよなあ。ゲームの方がデモに負けてそうだけどなあ。

音楽も普通によくできており、音数を増やせるだけ増やしたよーなガチャガチャしたノリが明るい雰囲気をブーストアップしている。いいものを見た。いいものを見ました。難点はムービーファイルサイズが222Mbyteもあるということのみか。

[アニメ]『おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ』第02話「俺のお玉でサランヘヨ」

サランヘヨってのは韓国語で「愛してます」。すげえわコレ。

今回の舞台は韓流パチンコ*1というすごいキワキワのビーンボール。いきなり前回に引き続いてのサラ金*2。で韓流ドラマに入れ込むババァの数々。韓国のバスは畑の大根を踏み潰す。「韓流スターはみんな整形でニセの顔」とか、公共放送に載せたらダメなのかと思ってた。「ババァのあり金搾り取れ〜」。飛び交うハングルとキムチネタ。「俺は韓流の男〜」と歌いながら性犯罪にいそしむ悪役*3を倒すという話。

……いやこれ暗殺されるぞ脚本家。大笑いを通り越して、若干、唖然としてしまいましたよ俺。でもあの某国(今更伏字にせんでも)に対しては嘲笑をもって対処すべきと思ってるので、とりあえず放送したという偉業に拍手。釜山で受信できんのかなーコレ*4

1回目の時は、このアニメだけは海外に輸出しちゃダメだよなーと言ってたけど。なんかちょっと特定の国の人々に見せてみたい俺がいる*5

でもアニメとして見たら、だいぶ力が抜けちゃったねー、としか。ミュージカルシーンのバンク多用と、音楽もオケが共通のものが多い。ってのはまあ仕方ないとして、作りが雑になったのは残念なところ。第1話クオリティてのはどのアニメにもあるけど、ちょっと凄すぎただけに俺側に気合が入ってしまってたよーだ。でもこれは継続試聴するよな。普通に。

*1 パチンコ業界の大半は在日韓国人筋の経営。

*2 サラ金の元締めはやっぱり在日韓国人筋が多い。

*3 韓国はそのへんの犯罪観念が異様にユルいことで有名。

*4 韓国の放送作家はネタに詰まると、釜山で日本のTVを受信しネタを無断でパクって「こっちがオリジナル日本がパクリ謝罪と賠償を」と言う。

*5 アチラはこんな程度ではないレベルで某島国をめちゃめちゃにホロン部させてるTVドラマとか山ほど作ってるのでケンチャナヨ。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
須和野 (2006/01/21(Sat) 23:56)

 電車、出てます。
一分くらいから画面右端にちょこっと。
私も新海誠氏がこのムービーを作ったという意見には否定的なのですが、ご報告までに。

はしゃ (2006/01/22(Sun) 00:36)

うわマジでした。こいつは気付きませんでした。
やっぱり氏の作品とは思いませんが、これはこれでムービーを作った人の氏へのリスペクト描写なんじゃなかろうかと邪推してみたり。


2006/01/22(Sun) この日を編集

[デジカメ]E-330画像流出?

右上に画像の加工痕があるんで真偽はけっこうあやしいんだけど。

ファインダまわりの構造がE-300と同様なため「EVFじゃない」という意見が多い。液晶ライブビューは可能だけど、結局はミラーのある普通の一眼レフという路線か。ファインダは普通の光学という形式か。ミラーダウンしてファインダ、ミラーアップしてライブビューか、もしくは光学ファインダ経路を塞いで別のCCDを置いて液晶に出すか。でも、なんかこー、まだ納得しかねている。

E-300に「似すぎてる」あたり、どーも俺には違和感がある。画像加工痕のある右上部分、E-300はここらへんは光学ファインダ用のミラーがあるあたりで、同じ光学系を使うにしてはこの半端なデザイン変更は不審な感じがする。

というかもっと正直に言うと、こんなもんであって欲しくない願望がある。

デザインがもっさいという意見は別にいいのだ。銀塩一眼のイメージがある人がこれをカッコ悪いというのは当然。でも、だからこそ、「この程度のもっささ」は俺には許しがたい。いっそ既存の一眼ユーザから総スカンされつつ、ハイエンドコンパクトユーザを全員浚うようなそういう路線をE-300系には求めたい。

まーあと一週間ほどで発表か。背面見ればもう少したくさんわかることがあるだろう。


2006/01/24(Tue) この日を編集

[link]ナメとんか楽天

いやアニメやらギャルゲはわかるよ。しかしあんたら、UPSやメモリも「萌え」に入れるのか。

うおおおPC4200 DDR2-SDRAM ECC Registeredたん萌えーとかはちょっと効いたことがないなあ俺。CPUとかビデオカードの擬人化文化ってのはあるらしいが。Thunderbirdたん燃えーとかは何度か聞いてるが、それは単なる炎上だ(昔のAthlonは過熱時の安全設計が甘く、冷却ファン脱落で本当に火を噴いた)。

他にもいろいろと言いたいことはあるけれども。PSPてギャルゲーマスィーンなんですかもう。DVDのリンク先に蟲師やら戦闘妖精雪風やらが普通にデカい顔してるのとか。

[デジカメ]DMC-FZ7

最近ちょっと書くのが面倒んなってきた(なら書くなよ)。

いちおうチェックしてみると、FZ5の弱点をナニゲに潰してきたのが興味深いところか?画素混合の高感度モード、んで画素クリップの超望遠モード(単純なデジタルズームよりはマシ、という程度なんだけど)をつけてみました、と書いてあるが、こんなのはどうでもよろしい。

俺がプッシュしたいのは動画モードの強化。この手の「手ぶれ補正つき多倍率ズーム機」の存在価値は、一台であらゆる用途に合致するという点にある。マクロから望遠。豊富なマニュアル撮影。暗くても明るくても撮れ、必要ならコンバージョンレンズをつけてさらに撮影シチュエイションを広げる万能機。その中で前機種FZ5は、動画撮影スペックが320x240とたいへんへちょい代物になっていた。それが今度は、通常の640x480をも越える848x480。圧縮形式が未だにMotionJPEGてのが、動画で売ってる系のカメラと比べると見劣りはするけれど、それでも最大の弱点が補強された点には変わりない。

あとの問題はこの図体なファミリ向け機種のくせに単三乾電池対応でないことだけだ。普段から使い倒すよーなカメラはリチウムイオン充電池でもいいんだけど、旅行や家族イベントなんかで持ち出されるこの手のカメラは「出先でのバッテリ切れ」イベントをいかに回避するかがけっこう重要。

俺がダイビング旅行に出かけるときなんかオキシライドを20本くらい抱えていくけれど、専用充電池じゃそーいう使い方ができないわけで。撮影枚数が問題にならないほどバッテリ容量が多ければいいけど「CIPA準拠で約320枚」なんか全然足りません。ちなみにE-300では一日で1,000枚撮ってようやく電池表示が1コマ減った程度だったが、これくらい保てば許す(一眼は液晶ライブビューがないため電池寿命では圧倒的有利なんだが)。

[]また流星号で事故る

怪我とかないけど、フロントカウルがバキバキになった。走行には全く影響ないけれども、これでもし万一歩行者に突撃したらたいへん効率よく人体をさくさく切れそうな断面なため何らかの修理せざるを得ない。あと朽ち果てつつあった前の籠(ダサくて気に入っていた)はトドメを刺された。

俺がセンターラインありの道を直進、相手が左から右折で衝突なんで過失割合はけっこう甘く見てよさそう。

しかし、だが。俺ちょっと事故遭遇率高過ぎやしませんか?俺が加害者、被害者、んでもって一人で自爆てのをあわせると保険屋への電話は一年に一度コンスタント。いや世の中にはもっと多い人もいるだろうが、ハーフニート状態で週の半分は引きこもり、車の走行距離は年に1,200kmしか増えない人間とは思えないペースではあるまいか。

どーも俺の運転は、積極的に事故回避に努めている(=オラオラそっちがどけやボケ)ときを除けば他の車輌から異様に注意されないというステルス作用があるらしい。遭遇すると記念に青い紙がもらえる幸運の純白バイクを、ちょっと口には出せない速度で思いっきりブチ抜いた時なんかはこの作用にたいへん感謝したもんだけども、このままではいつか、ちょーっと衝突とか勘弁してほしい質量と速度の存在とスイートキッスしてしまいそうで大変こわい。

やっぱここは電飾か。デコトラならぬデコ原付(とデコレガシィ)。深夜のロータリなんかでたむろしてる、アホにしか見えない爆音ステレオ搭載バンとか、あれは意外とアクティブセーフティなのかもとかちょっと思った。

本日のコメント(全5件) [コメントを書く]
閲覧者 (2006/01/24(Tue) 14:38)

いつも楽しく拝見させていただいております。
楽天に関しては、確かにいろいろツッコむべきところもあるとはいえ、
PC Area下部にこっそりとネコ耳型液晶ディスプレイやらネコ耳方iPod
やら小猫マウスパッドやらが置いてあるところに、努力の跡が見えてい
るとは思います。
しかしまぁ、ネコ耳USBメモリなど見ると、ネコ耳であればなんでもい
いのか?という気分にもなるわけですが。

のの (2006/01/24(Tue) 18:55)

蟲師といえば、DVDが届いたのですが
その中のラフスケッチの中に筆の海のものがありました。
もしかしてアニメ化されないのかとひやひやしていたのですが、
やっと安心できました。

なかにし あっか (2006/01/25(Wed) 00:08)

覇者閣下の「ていこく」がまた見られることに、喜んでいます。
沖縄旅行でお寄りになった国際通りのステーキ屋より徒歩10分に世界制服事務所を構えるなかにしと申します。
昨年のおおけがの後しばらく更新がとまってしまい、そのうちに私もネット環境が切断されて「ネットがねえっとよ、うがー」状態でしたが、最近復活、ネット依存症は悪化をたどっています。
当方も坑うつ剤をダイエットし(主治医判断ですが)飲み込む粒の少なさにちょっち不安が...

楽天サイトは「萌え」に反応する人民の財布を巧妙に開けようとするもくろみかと。わたしのように「hynixチップ萌え」とか「日ケミの電解Cスキ」とかいうやつですね。「お〜CRTから煙が...」ってそれは「燃え」てます。

ぴこていこくのご盛隆を祈願しております。主にバチカン方面に(謎)

はしゃ (2006/01/25(Wed) 12:30)

>楽天萌えコンテンツ
楽天内コンテンツにしたところで、とりあえずネコの名前のつくPCグッズを放り込んでみたって感じではありますが。
ネコ耳に関してですが、世の中には本気でネコ耳であればなんでもいい人も意外といそうです。
ネコ耳新幹線てのもありましたし。あれは違うか。

hynixチップ萌え道はこれから大変そーですね。相殺関税で価格は上がりそうですし。
コンデンサ関係はむしろ怪しげなメーカーによる、おもらしプレイに興じるマニア層の存在感のがあり、世も末です。国産メーカー万歳。

>蟲師
筆の海は最終回用のとりおきではないかと。
アニメ作ってる人達も、あの回はお気に入りらしいだとか。やっぱりあの回がないとな!

>沖縄
また行きたいなあ。金ねえけど。あと次に行くとしたら離島になりそうだけど。

やぽ (2006/01/26(Thu) 07:55)

アクティブセーフティ萌えw


2006/01/25(Wed) この日を編集

[]三菱自動車「i」

いやそれコンセプトまるまるトヨタの初代エスティマだから。でもこういうのを軽自動車に持ってきたのは面白く、手持ちに軽のカテゴリがあって開発力もある会社からこーいうのが出てきたのはけっこう興味深い。

車長を最大限にパッケージングに使えるようになるんで、前席を前にズラして実質的な室内長を稼げるようになる。運転席は広そう。前にエンジンない車は特に足元が広々としていてたいへん楽なのだ。ただ衝突安全性とかそゆことに関してはどーしても不利なんで、三菱が言ってるほどの効果があるのかどーかはちょっと未知数。

ただこれミドシップ車だからって「理想的な重量配分」なんて書いてあるけど、MR2乗ってた俺的には巷に言われるコレは嘘ばっかりだと思ってる。いや確かに正しい運転をした時はむちゃくちゃ軽く走れていいんだけど、世の中けっこう正しい運転なんて身に着いてません。世の中のドライバーの99%はフロントエンジンの放っといても前輪に接地圧がかかる車に慣れてるってことを忘れちゃダメかと。

アホみたいなインテリアデザインも悪くないし、俺はこーいう車をけっこう支持したい。見切りは思いっきり悪そうだが。

総じてたいへん魅力のあるモデル。これは乗ってみたいなあ。是非これでガワだけ載せ替えてビートとかコペンとかみたいな似非スポーツ作って欲しいけど、それこそ三菱だからこそムリか。ぜってー売れねえ代物をノリだけで出せる経営状態じゃなさそうだ。

[]『よくわかる現代魔法』『ガーベージコレクター』桜坂洋

巷では一巻の評判がやたら悪く、二巻になって急に化けた、とのことだが──本当に評判そのまんまだった。

えーとプロ様の書いたものにナンだけど。一巻はもーすごい代物だった。文章は上手くはないけれど、それは別に構わない。読めなくはないし。しかし構成がたいへんなことになっていた。あとがき曰く、一巻は完成した話にあとで編集からの要望により追記したとか書いてあったんで、そういうのも原因かもね。と好意的に解釈してみたが、やっぱりダメです。

完全にプログラマ向けな用語に彩られた魔法システムはなかなか面白いんだけど(類似アイディアは今までにも多数あるけど、本作はコンピュータ描写が無駄なほどに細かいわりに、類似アイディアものと比べてSFから距離をおいたファンタジー寄りにある、というのが新しい)、物語内でそれがマトモに機能しておらず単に冗長。ドジっ娘気取りの主人公は萌えキャラのつもりっぽいんだけど単にうざく、まったくストーリーに影響を与えず最初から最後まで流されるだけ。

これが二巻になるとかなり改善されてびっくり。構成が巧みで、物語のアウトラインがたいへん美しい。文章も同じ人間が書いたとは思えないレベルで上手くなっており、一巻のあのダラダラ長いわりに情報量が少なかった無駄で無残な文体はいったいなんだったんだと思うほど。前提描写を省けるってこともあるけれど、シンプルでたいへん読みやすい話だった。

二巻は、小説としては充分なオモシロさではあった。しかし、起承転結とかそういう目で見ると悲しいほど盛り上がらない。

ストーリー上での盛り上がりてのは結局、障害があって、それを突破する「勢い」のこととイコールにしていい。この時、主人公が無力すぎるとそもそも突破できないし、逆に万能だと勢いがなくても突破してしまうから盛り上がらない。そこらへん本作は、少なくとも現状では無能のドジっ子主人公と、万能の美鎖だけで構成してるため、話が全く盛り上がらないまま終わっていく。ドジっ娘が唯一持つ一芸の設定がまずかったとしか。あとこの巻、嘉穂ってなんのために出てきたの?

俺はライトノベル読みなんで、こーいうキャラ小説にはけっこう甘いと自分では思ってるんだけど、いろいろな意味で厳しさを感じた。でも設定の完成度はたいへん高く、この二冊をプロローグにして話を始めるのなら(長ぇーな)そういう話は是非読んでみたいと思うって感じ。

同居人の続き購入待ち、という線で。

[]『クドリャフカの順番』米澤穂信

面白かった。いや上みたいな感想書いたあとでこんなシンプルな形容詞使うのも如何なものかとは思うけど。

氷菓』『愚者のエンドロール』の続編。個人的に『愚者のエンドロール』の完成度は今まで読んだ小説ん中で五指に入るため、たいへん楽しみにしていた一冊。なにせ前作はライトノベル(一度絶版になり、角川の普通の推理レーベルで再版)なので、バカでかい本だけれど読み易さはすごいことになっている。

で内容はといえばありがちな学園祭もの。ながら、例によって主人公はたいへんやる気がなく、主人公視点で見る祭の描写はやっぱりグレースケール。いいねえ。そうでなくとも華やかさよりセピアな筆致だというのに。三冊目にして今更のようにキャラを掘り下げているけれど、この掘り下げ方がたいへんよろしい。これを読んだあとで『氷菓』に戻って読み返しても違和感が皆無。

例によって表に出ている問題と、その裏でひっそりと進行している情報とが最後でぴったり出会う神業の構成力が冴えてる。あと人物描写も、キレイといって間違いじゃない学生同士の楽しい交流の裏に、数え切れないほど何重にも張り巡らせてあるコンプレックスの山がなかなかほろ苦く味わい深い。いいものを読んだ。

個人的な難点としては、犯人探しのはずがラストで動機が重視されるように変化してる(フーダニット→ホワイダニット)のが少し気になるところか。無論、必然はあるというか、元々そういう構成の話だったんだけど、他の完成度が高いだけにこの移行の強引さが多少気になる。

あと、あとがきがないのはどういうことだ。寿司屋から車を動かさなかった友人の行動にはいったいどういう理由があったのか、俺は答えを四年間待ってるんスけど。*1

*1 『氷菓』あとがきにそういう話があり、『エンドロール』でも事の真相は後日と書かれたままずっと放置されている。

本日のコメント(全12件) [コメントを書く]
hiro (2006/01/25(Wed) 11:40)

車カテゴリありがとうございます。
だいぶ迅速な行動ですね。

"i" 軽ということもあってホンダの"Z" とかスマートとか
思いつきましたけど。ベンツとの提携云々のときの遺産かな〜
とか思ったりもします。

あとこれ重量配分45:55らしいのでそんなに気になるレベルで
ないはず。
覇者様の旧愛機SWはまさにトヨタの良心(=気違い)の塊でしたから。

はしゃ (2006/01/25(Wed) 12:30)

あースマートは忘れてました。成程。
ホンダZはミドシップの利点をパッケージング方面にはまるで生かしてなかったですが、スマートのコンセプトを思えばそのまんまですね。

重量配分ていうか重心の問題なんです。いくら平常時が45:55でもアクセルブレーキで超変動するわけで。
FFみたく加速中でも前輪過重がほとんど減らない車に慣れたドライバーってのは多いんでないかと。
「濡れた路面」の「登り坂」で「加速」しながらハンドルを切ってそのまま突っ込む奴が出る、に100円賭けます。
いやそんな運転する奴がバカなんですが、なんか普通にいそうな気がする。

Tak (2006/01/26(Thu) 02:38)

初カキコです、よろしく。

自分もMR2乗った事あります。連れが所有してました。
そいつはジムカーナやるほどには運転も手馴れてるんですが、
油断していたのか、雨の日の公道でスピンしやがりました。
で、独楽みたいにきれいに回るんですよこれが。
5,6回転ほどした後、何事も無かったように前に向き直り元通り走り出したんですが、
自分は顔面蒼白・ガクブルだったのは言うまでもありません。

その後でその連れが放った「この車はこういうもん」という、
夜で交通量が少なく対向車がいなかったことをまるで考慮しない発言に、
殺意を抱いたのもまた言うまでも・・・。

車に対する知識も技術も無い自分にとっては、ミッドシップは触れてはならないジャンルです。

hiro (2006/01/26(Thu) 09:40)

"i" 程度ならフルスロットルくれても4:6かもうすこしケツより
ぐらいになるだけで町乗りで荷重移動意識するような車ではないかと。
三菱もそんなデンジャラスな車出してこないと思いますよ、この時期に。
ただ、間違いなく覇者様おっしゃるように路面状況お構いなしに踏んでコーナー抜けてくやつは出ると思います

はしゃ (2006/01/26(Thu) 11:35)

>MR2
あー回ります確かにあの車。私も乗ってたとき、その状況とは程遠いながらも一瞬で2/3回転を体験しました。
駐車場から右折で出る時にセンターラインを踏んだだけでくるっと。もーちょい慣性ついてれば2回転くらいはできそうな勢いで。
本気で気合入れてる時は「回るよ?回っちゃうよ?」ていう予兆がわかるんですが、油断してるとダメでしたね。
伊達や酔狂で自動車評論家に「危険」呼ばわりされてねえぜ初期型SW。

>i
まーオートマですしね。さらに言うならCVTならもっと安心だった。
スロットルくれてやっても、まず真っ先に変速機に動力がとられるので、思ったように加速できないという「利点」が。
(言うまでもないですが私ゃオートマは許容、ていうかむしろ好きですが、CVTはキライ)

最近は横滑りを電子制御で抑制する技術もあるよーですし、そゆの三菱は得意そうでもありますんで、甘く見てもいいのかもです。

orz (2006/01/26(Thu) 15:33)

iは今のところライバル不在の車種っぽいですね。強いて言うならR1/R2ぐらいですか。
R1/R2がサンバーの駆動系を使ってフルチェンジしたらいいライバルになりそうですが。

yumiko (2006/01/26(Thu) 16:00)

こんにちわ。車話のところにお邪魔して申し訳ありません。

米澤穂信さんの寿司屋の話ですが、あとがきではなく『クドリャフカの順番』本文を読めばオチがつくようになってるそうです。(著者公式HP掲示板より)
4年も待っておられるのならと、お知らせしておきます。

はしゃ (2006/01/26(Thu) 16:05)

「ライバル不在で一人勝ち」と見るか、「ライバルなんか寄り着かない不毛の地」かはけっこうキワい線です。
R1/R2路線というのはちょっと私には疑問。R1/R2は「軽の中でも小型」で、こちらは「軽とは思えぬ大型」という印象。
あ、私はこのiに「走り」とかそういった要素はまるで求めてません。パッケージングの新しさの有効性に興味アリです。
軽というサイズ制限がきついカテゴリでは、エンジンを後方シート下へ追いやるってのは極めて合理的ではある筈という。

あとサンバーの駆動系の使いまわしはちょっと無理があるかと。
いくらエンジンちっこく低くても、所詮セミキャブオーバー。ひどい二階建て構造で、セレナの二の舞になるだけでは。

はしゃ (2006/01/26(Thu) 16:08)

>クドリャフカ
あら。そうでしたか。全然気付かなかったガーン。寿司の話といえばエピローグあたりに確かあったよーな。帰宅してから読み直してみよう。

はしゃ (2006/01/26(Thu) 19:51)

>クドリャフカ追記
読み直して判明。ラストの寿司は関係なかったですね。
ていうか、ただこれだけのことを引っ張るなーっ>作者

yumiko (2006/01/27(Fri) 10:37)

>クドリャフカ
ありゃ、あんまりな感じでしたか。申し訳ありません。
でもそんな感じの作者さんと言うことで許してあげて
下さいね。

本カテゴリが増えるのこれからも楽しみにしています。
お体大事になさって下さい。

はしゃ (2006/01/27(Fri) 10:52)

いえいえ情報感謝です。延々、悶々とするところでした。
ていうかあれだけなら『愚者のエンドロール』のあとがきにでも書けたのでは。1ページしかなかったけど。
本カテゴリつってもライトノベルしか読みませんけどね私。それでもよければ今後ちまちまと増えることがあったりなかったりするでしょう。


2006/01/26(Thu) この日を編集

[デジカメ]E-330が韓国で発表

オリンパス韓国の翻訳中国で写真いろいろ。追記:英文。現状で英文が一番詳しい。IT mediaimpress

先日の流出画像は本物で、残念ながらEVFではなかった。従来どおりのミラー式一眼レフで、サイズもあまり変わらない。

映像素子は新開発の松下製750万画素(Live MOSと名付けられてるが、まーCMOSだわな。CMOSてのがC(コンプリメンタリ)MOS(金属酸化膜半導体)とゆー意味でしかない訳だし。Liveてのはライブビュー対応)。画素数はダウンしたが、キャノン製CMOSみたく高感度ノイズ抑制をメインに開発されてるっぽいのが嬉しい。でもISO3200はおあずけ。追記。

EVFではないものの背面液晶フレーミングは可能で、これは三脚利用のことを思うとたいへんよろしい。方法は以前にも書いた気がするけど、光学ファインダの途中でCCDを差し込む。中国語サイトに内部構造図あり。

ミラーアップしてメインCCDから動画をもらうモードもあるが、基本的にマクロ用か。こっちだけでよさそうなもんだが、ミラーを使わないとAFが従来のコントラスト検出(遅いが、画面中どこでもAFを追い込める)になるっぽい。難しいところですな。いっそマニュアルフォーカスしてもいいんだけど。追記:こっちではマニュアルフォーカスのみっぽい記述も。また追随が遅く動体撮影には向かなさげ。やっぱマクロ用ね。

で背面液晶はといえば、これが上下方向にかなりの範囲で動かせる変なギミック。ちょっと口では説明できないのでレッツ中国語サイト。ウェストレベル撮影とか楽勝で、これはいいですな。

俺が待望していた液晶ビューの利点、「10倍に拡大しながらピントを合わせる」というマグニファイア機能も当然のように搭載(メインCCDを使うとき)。いいじゃないですか。ファインダ内CCDも、本来は液晶の画素数分(たぶん21.5万画素)あればいいのに多画素の代物を使ってるってことは、こちらもx2程度の拡大は可能なのかもしれない。或いは動画撮影機能があるのだろうか。俺は一眼でも是非動画を撮りたい人なので、そのへん期待しちゃいますが。追記:ファインダCCDの拡大は見た範囲ではない。あと残念ながら動画は未対応。まあそれは仕方ないです。

むちゃくちゃ恐れていた「CFスロットを撤去するかも?」という可能性はなんとか回避。xD/CFデュアルの路線ぽい。今までなら「xDいらねえ」と言い切れたけど、これだけFinePixF10/F11が売れてる今はxDスロットてナニゲに需要もあるのかも。バッテリはオリンパスのデカカメラ共通のんでヨロシク。ウチなんだかんだでBLM-1が3つもあるので。使うカメラは1台なのに。追記:バッテリは共通ぽい。ナイス。

背面を見る限りでは操作系はまるっきりE-500。まあこれはこれで、コンパクト機からの移行組が多いはずの低価格一眼にはこっちのがぜってー判りやすいか。E-500は液晶画面全体を贅沢に使ったUIだけど、ライブビューとどう折り合いをつけるのか気になるところ。

で。防水ハウジングも出すつもりとの噂。ですが。

──わかってるなオリンパス。間違っても、天地がひっくりかえってもPT-E01みたいなナメた値段(15万円。カメラ本体より高価)の代物出すんじゃねえぞ。この「液晶プレビューができる一眼」のハウジングをレンズポート付5万以下で出せば、水面より下に魂を置いてる世界中のダイバーがレギュレータ吹き出して気絶させられる。PT-E01みたいな明らかなオーバークオリティでなく、PT-023(C-8080WideZoomのハウジング。定価3万円)レベルの仕上げでいいんだ。ていうか俺が欲しぇー。追記:PT-E02は水深60m対応のプロ仕様……なんかE01の二の舞っぽいですくそう!なんもわかっちゃいねえ!

というようにかなり興味深い代物で、韓国では2月末、英文によると2006年3月頃リリースって気配。てのはいいとして。英文のサイト内に、なんか値段ぽいものが書いてあるが、ここらへんを見たときに俺は凍った。900、という数字の前についてる貨幣単位が、なんつーかその、よりによってイギリスポンドに見えるんですが。1ポンド=200えん。……18まんえん?

ドルの間違いだと言ってください(T_T)と思ったら和文を見ると「12万円前後」でほっとする。でも高いにゃー。E-300二台分と思うとしんどいなー。1.5台分なら即座にダイブしたところだが、これでもダイブするかもしれない。俺は揺れている。

追記。国内でも正式発表。んーやっぱいいわ。たいへん欲しいです。

[link]AIBOやんぴ

気合入ってねえなあソニー。こういう事業をやめなければならないって時点でもーガッカリ度マキシマム。

今、大変なのはわかる。カネにならないのもわかるし、そのくせリソースをバカ食いするのもわかる。けど、こういうところに力を入れられないメーカてのはいつか転落する。いやもうソニーは転落しているのか。しかし、だからこそ残すべきだったと思う。

こういう部分のないソニーに魅力があるのか。AIBOを売らずに、サムスンの液晶を売り、ミノルタのデジカメを売る(この二つは意味合いが全然違うけど敢えて)ソニーでいいのかと真剣に尋ねたい。

本日のコメント(全12件) [コメントを書く]
hiro (2006/01/26(Thu) 15:27)

インプレスに挙がってましたよ、E330

ハウジングはじゅうごまんななせんごしゃくえんだそうです・・・

はしゃ (2006/01/26(Thu) 15:42)

うい。補足してましたんで追記済。
ハウジングに関してはもうオリンパスには期待しません。
こちらの勇者 http://hanachan.ddo.jp/ (夜は繋がらないこと多し)の後姿を見続けることにします。

TrackBack (2006/01/27(Fri) 00:51)

http://kiralin.flop.jp/mvt/archives/2006/01/post_82.html
煌りん☆彡のつぶやき
がっかり
なんかもうがっかり。 お隣から芝生が青いと羨ましがられていた豪邸は、いつしか隣の...

きがにほん (2006/01/27(Fri) 07:26)

>変なギミック
 オリンパスって顕微鏡にくっつけたり内視鏡にくっつけたりするから
ファインダーを覗けなかったり、うつしてるモノを別のナニかに表示したり
という需要があるのではないかと推察。
コンタックスにファインダーの後にくっつけるビデオカメラみたいな
謎のオプションがあったのを思い出しました。

はしゃ (2006/01/27(Fri) 08:31)

いやそういう特殊用途の代物でなく、極端なハイアングル/ローアングル撮影のために単に液晶が上下両方に傾けられる、というだけです。
傾き方がちょっと異様なのですが、C-8080WideZoomもおんなじ仕組でした。5060/7070はまた違うギミックでしたが。
オリンパスの場合、顕微鏡用カメラはこーいうオモチャ(オモチャていうな)でなく別にしっかり作ってると思います。販売価格12万円で作る必要がないです故。

hiro (2006/01/27(Fri) 18:50)

>E-330
ちゃんとコメント(笑
非常に面白いカメラ出てきたな〜って感じです。
コンパクト移行組には違和感なく入れそうでよさ気です。
撮像素子は800万画素維持かな〜と思ったらサクッと減らして
くるとは・・・。素晴らしい限りです。個人的にはノイズより
階調を何処まで表現できるかに興味があります。
あのこってり発色にポジ並み、もしくはそれ以上の階調性が
あればとんでもなく素晴らしいとおもいますけど。
フォーサーズで750なんでまだ厳しいとは思いますけど、
期待大です。私的には現状10万ぐらいならばベストですね。
画のサンプルもっと早くあがって欲しいものです。

>勇者
・・・。凄過ぎ。
覇者様も是非実践なさってください。
シーリングにホットメルトで(笑

はしゃ (2006/01/28(Sat) 00:36)

「フォーサーズで750が厳しい」というのがわかりません。何故?画素ピッチとかでしょうか。
E-300/500、つまりフォーサーズ800万画素の画素ピッチって5.4μmですが、これ数字的にNikon D2Xの5.49μmと大差ないです。
E-300は当時、旧来の化石デジカメヲタクに「デジタル一眼と呼べない極小画素だ」とか叩かれまくってましたが、ならD2Xもデジタル一眼と呼んじゃダメなんじゃないかなあ。
それとも彼らのいうデジタル一眼かどうかの切り分けって画素ピッチが5.45μm以上てのがあるのかしら。なら仕方ないですね。

私ゃむしろ画素数は増えて欲しいと思ってますが、今以上画素ピッチが減ると小絞りボケの恐怖がやってくるのが困りモノ。
画素ピッチ5.4μmでは、実質的にF16が上限になってしまいます。幸いにしてフォーサーズは元から被写界深度が深いので(T_T)F16まで絞れれば充分なんですが。

「フォーサーズで〜厳しい」と仰いますが、私は画素数競争がはるかに激化しつつあるAPS-Cの方がこの問題は深刻ではないかと考えてます。
もちろんE-300と似た画素ピッチのD2XもF16より絞ると小絞りボケで画質劣化しますが、映像素子サイズがデカいだけに被写界深度を深くしたい時はフォーサーズより多い筈。
6.05μmのD200はF16よりもう半段ほどいけそうですが、F22まで絞ると劣化しますね。
EOS 20D後継機は1010万画素との噂ですし、ソニーαはDSC-R1の1030万画素を積んでくるでしょうから、このあたりも条件は一緒。
物理法則で「被写界深度を深くできない一眼」になりそーな気配。

hiro (2006/01/28(Sat) 01:06)

>「フォーサーズで〜厳しい」と仰いますが、私は画素数競争がはるかに激化しつつあるAPS-Cの方がこの問題は深刻ではないかと考えてます。

それは私も同意見です。とりあえず私のコメントは階調性のみについての私見ですので
誤解を招いたようでしたら申し訳ありません。
画素ピッチでいえばD200の画素ピッチでもダイナミックレンジは広いとはいえませんので。

>私ゃむしろ画素数は増えて欲しいと思ってますが〜
私は画素数やダイナミックレンジなどなどはバランスがとれて
いればいいな〜と思うしだいですので・・・

hiro (2006/01/29(Sun) 12:32)

やっぱり誤解されたままは気持ち悪いのでちゃんと書きます。

私の発言の内容を「フォーサーズの素子サイズで750万画素は無理があるんで、画質にしわ寄せがきてる」と解釈されてるみたいですが、それは間違いです。
私はフォーサーズは褒められこそすれ、叩くのは理解できない方です。一眼から撤退してたオリンパスがデジタルなってふたたび他と伍していくために一から立ち上げた規格でそんな無理のあることするとは思えませんし、実際無理のある代物は見たことがありません。

言葉足らずだったのが悪いのですが、私が言いたかったのは
「E-330(というか10万円前半のデジカメ)のフォーサーズ750万画素では、ポジ並み、もしくはそれ以上のダイナミックレンジを実現するのは厳しい」
ということです。なぜそう考えるのかも以下に記します。
E-330はあえて画素を減らしてきました。たぶんライブビューでメインの素子使うことから、熱ノイズ対策(S/N比よくするためかな)で減らしてきたのかなと思います。ただ、そうせざるえなかったにしろ結果として画素ピッチに余裕できたわけですからダイナミックレンジの向上に期待したわけです。画素競争とは違ったアクション起こして欲しいという期待もありました。
覇者様が回析現象のところでD2Xを引き合いに出されてましたけど、ボディ(材質やメカ部など)の差や素子サイズの差を考慮してもE-300/E-500の素子とは比べ物にならないくらいコストかかっています。にもかかわらずあれだけのダイナミックレンジしかありません。ですからE-330の販売価格の素子では厳しいかなという発言をしました。
言葉足らずですみません。長文失礼いたしました。

きがにほん (2006/01/29(Sun) 14:34)

>特殊用途の代物ではなく
なるほど。
古のファインダーなしPenFとかのイメージでした。
もしかしたらとんでもないローアングルって野草とかのマクロ撮影ではありがちなんでしょうか?
ファインダーではわからん!老眼さんへのプレゼント??

はしゃ (2006/01/29(Sun) 14:53)

>hiro様
ご丁寧にどもです。長くなってきたので1/29の日記に続けてみました。

>きがにほん様
ローアングル撮影は他にも猫撮りにたいへんよいです。
ウェストレベル撮影はブレ防止の一環て感じで、やっぱりけっこう役に立つかと。

Pyfdccto (2010/03/29(Mon) 15:50)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra cheap viagra 袧袢袥袡袡袩袥袣袧


2006/01/27(Fri) この日を編集

[日記]身体がばきばき

火曜日に原付の接触で転倒した際、怪我こそなかったものの、そーいう時は瞬間的に普段あまり使わない筋肉が一気に働くものでここ数日はひでえ筋肉痛になっていた。

で昨日の朝、出かける準備をしていると外からゴミ回収車の音。ゴミを出さなければならない、と慌てて台所とリビングのゴミ袋をひっつかんで家を飛び出し、階段を駆け下りようとしたその時に足が空を切ったりとかして。「駆け下りてる分の運動エネルギ」と「階段段数の分の位置エネルギ」が合成された破壊力で他の住民のドアに激突(すみません)というアクロバティック動作をキメちまった。

この二つの結果から導き出せる現在のマイマッスル状況はちょっとすごい。昨夜、自分で湿布を貼ろうとして、断念したくらい動かない。おおおおお。筋肉痛ってロキソニン(消炎鎮痛剤)効くんだろうか。効きそうだから飲んでみるかな。

[デジカメ]μDIGITAL 720SW/700/810

E-330の影に完全に隠れてるけど、オリンパスの他の機種も出ています。

まず720SW。あの、ちゅーと半端な防水カメラμシリーズが、ペンタックスOptio WP系にさくっとトドメを刺しにきました。大人気なく。3mの完全な防水。μ系は元より、各所の防水対策のためか衝撃には強いほうだったが、今回は屈曲光学を使うことで自信を得たのかShockproof 1.5mと大きく出た。このたいへんツルツル滑りやすそうなボディは「さあ落としてください」と言いたいのか。

スペックを見ると1/2.3型という見慣れないサイズのCCDが目をひく。700万画素といえば1/1.8型で、最近ようやくシャープが1/2.5型出して新時代についてく能力がまるでない旧来のデジカメヲタクから総叩かれ中なんだけど(なんで彼らって絵にうるさいくせに出てきた映像が一枚もない時点で叩くのかね*1)、いつの間にこんなCCDが出来てたんだろう。メーカーがちょっと知りたいところ。レンズはμ600から流用だけどCCDサイズ変更に伴ってスペックは全体に望遠寄りのちょっと暗めに変化したのが残念。

μ600の頃は画素混合でようやくISO800/1600だったが、今度は画素混合なしでISO1600、画素混合するとISO2500と大きく出た。順当な進化なんじゃなかろうか。イマドキ動画記録が15fps(これは現行のμシリーズ全てに共通するクソ仕様。アウトドアで売ってるカメラの動画能力が低いってどういうことだ)てのがションボリだが、μ600の「音なし」はちゃんと反省した模様。しかしマイク位置ってこれ普通に指で隠れませんか。

液晶は相変わらずμシリーズにしてはへちょめ。こっそりバッテリが従来のLI-12BからLI-42Bに変わってるけれど、電池寿命は伸びたのか減ったのかが気になるところ。操作系はもーちょい大柄にしたほうがよい。Optio 43WRユーザとしての実感で、この手のカメラは手袋をして操作することがけっこうあるから。

ともあれ、全体に面白い。俺好みではないけれど、Optio WPiとの比較だと、コッチを選んでしまうかもしれない程には魅力がある。最近デジカメ業界はいろいろ景気悪い話が多いが、元気あるねえオリンパス。

で700。720SWの防水機能とかを従来のちゅーと半端なものに戻した。以上。

810。前述した「μは動画記録が15fps」という共通欠点を払拭しました。えらい。700系と同様に画素混合なしでISO1600、画素混合では画素数多い分だけISO3200を実現。流行をキッチリおさえている。レンズの正体がよくわからん。見た目は700と同じに見えるけど違う感じ。あとは基本的にμ800の路線と新機種μ700の路線を足したよーな出来か。

この中ではやっぱり注目は720SWだよなあ。ペンタックスの聖域がついに破られるのは難だけど、このカテゴリが活性化するのは俺にとって幸せだ。いろいろ期待。

*1 いや俺も1/2.5型800万画素が出たら映像見ずに叩くけど、それは問題が違う。理論上どうやってもF5.6で小絞りボケが出る。1/2.5型700万画素は1.9μmピッチなのでF5.6は大丈夫。

[デジカメ]FE-115/150/140/130SP-320

オリンパス残り。まずFE系。これはオリンパスのエントリーモデル。1ボタン1機能でヘルプ機能がついていて「初心者にやさしい」って俺から見るとちょーっと初心者を甘く見すぎてる気もするんだけど、需要あるところにはあるんだろうな。FEシリーズは現行のFE-110の他に、X-600がFE-5500という名前で出ていたりした。

このへん国内投入するかどうかはわからないし、投入するとしてもウチのサイト見てる層が買いそうでないので爆速で流してみる。

まずFE-115……ごめんこれマジでFE-110とどこが違うのかまるでわからない。少なくとも見てわかる範囲で違うのは色だけだ。なかなか難しい機種を出してきやがるではないですか。FE-110は有体に言ってひどい描写のレンズを積んでたけど、これもそうだろうかワクワク。

んでFE-150を飛ばして140/130。だいぶ作りは真面目になり、シーンモードがどかんと増えた。がコンセプト的には如何なものか。ボタンもごちゃごちゃしていてイメージはあまりよくない。

でFE-150。この手のには珍しい広角寄りレンズ搭載カメラ。操作系もすっきりしてるし、ムービーはQVGAながら音つき(つまりマイク内蔵)、ハイエンド機並の2.5型23万画素(ただ、脅威の視野角を持つハイパークリスタル液晶ではないと思われる)の液晶とけっこうコストかかる代物を積んでいる。反面「1ボタン1機能」ではなくメニュー形式で、しかも単三乾電池が使えない。これはなんでFEシリーズに入ってんだ?むしろSP-700の系列に近そうなんだけど(というか 三洋DSC-E6 SP-700のコンセプトが謎過ぎるだけか)。DSC-S600と広角ローエンド機の分野でいいライバルになりそうだ。

んでSP-320。これも国内未投入のSP-310の後継機ぽい。日本でも販売されてる上位機種SP-350は、巷では描写に定評があるカメラとされてるよーだけど、実のところ俺には信じ難い。レンズはいいと思うけれど、すーぐ飽和するとんでもなく我慢弱いCCDを制御しきれてない。1/1.8型800万画素にありがちな、こらえ症のない描写癖がモロに出ている。それと異常なレベルの輪郭強調も合わさり、やたらゴリゴリした絵を吐くカメラ。

SP-310の絵は知らないんだけど、少なくとも同じCCDサイズで画素数が少ないってことは、粘りの点ではもーちょいマシかも知れず。あとあの極端としか思えない輪郭強調さえなんとかしてくれると、本当に画質でけっこういい線行くかも。あとISO800がついたりとか、いろいろな意味でSP-350よりはよさげなんだけど、やっぱり日本では出ない気がする。売れなさそうだしな。いかにも。

本日のコメント(全9件) [コメントを書く]
まさご (2006/01/27(Fri) 13:08)

他の鎮痛剤は知りませんが、ロキソニンは筋肉痛に大変よく効きますよー。私は筋肉痛用に使ってるくらいです。

はしゃ (2006/01/27(Fri) 13:46)

ロキソニンは消炎作用があるので、いかにも効きそうとは思ってました。体験者の一言でさらに安心。
でも私の胃にはちとダメージがでかいブツです故、現在、食後まで我慢中。

ゆず (2006/01/27(Fri) 21:54)

素朴な疑問・・・同居人のきゃさりんさんには湿布を貼ってもらえないんですか??

はしゃ (2006/01/28(Sat) 00:38)

普段あまり交流なかったりもします故。1/26夜は一回会っただけだったかな。
でも今晩(1/27)は頼んで貼ってもらいました。

まさご (2006/01/28(Sat) 02:05)

確かにロキソニンには胃をしたたかやられてます(^_^;だから筋肉痛の時(あと神経痛が耐えられないほどひどい時)しか飲めないですねー。今は胃があんまりなので処方上はボラボミン(=ボルタレン)になってますが胃のダメージがあまりかわらないのでやはり普段飲めません(T-T)胃に来ない鎮痛剤できないかなー。「ロキソニンが筋肉痛に効く」というのは元々筋肉痛になったナースが「すごい効く!」と騒いでた(どんな病院だ)のが始まりですので体験者複数です。
あと超余計なお世話ですが、先日の抗鬱剤の話びっくりしました。無茶しますね(慌)もう少しご自愛くださいよう…(T-T)私もSSRI(パキシルですけど)飲んでたりするので「おおう」って思いました。発作、苦しいじゃないですかー…。まああの、外野の人間がああだこうだ言ってもウザいだけでしょうがすみません。

抹茶姫 (2006/01/28(Sat) 08:35)

はじめまして。
ゴミが間に合ったのかどうかが
どうしても気になります。

はしゃ (2006/01/29(Sun) 09:43)

>鎮痛剤
胃にきますねえ。私ゃ血便が出たと申告したらモービックに切換になりましたが、血便どころか吐いたものも血が混じるようになりました。
ロキソニンのがマシです。食後なるべくすぐに飲むように心掛けると、まあなんとか。
あと牛乳で飲むとちょっとラクですね。胃を保護するので。(「胃を反故する」と変換するウチのIMEはちょっと如何なものかと)

抗鬱剤を一年で実質的に1/90にするのは自分でも無謀だとは思ってまたが、これ以上減らさなければ大丈夫げです。
「飲みつづけないと効かない」といわれるメジャートランキライザですが、私ゃ飲んで三日ではっきり作用が自覚できますし。今はたいへん安定中。
不安発作も、まー大変ちゃ大変なんですが、激鬱の大波と比べるとまだまだ。あと緊急事態用に現実逃避用デパス酒と(やめろ俺)。

>ゴミ
間に合いました。背中を強打して呼吸が阻害され、手足のガタガタという震えがどうやっても止まらないながらもなんとか。
ヨロヨロで壁に手をつきながらも歩く俺を見て回収のおっさん達がしばらく凍ってたのが印象的でした。
あれ多分俺がいなくなったあと中身チェックしたと思う。ふつーのゴミしか入ってませんけど。

まさご (2006/01/29(Sun) 12:11)

え。あれメジャーなんすか。最近調べても「メジャー」「マイナー」って書いてないから困る…。あの激しい離脱症状(死ぬかと思った。精神的恐怖ではなく体がすごいことに)はだからだったのかな。
それにしても閣下はあいかわらず効きすぎなほど薬よく効くようですね。安定超うらやましい。私は何飲んでもただひたすら覚醒度が落ちるだけです。でも「これ以上減らさなきゃ大丈夫」て。まあ、勉強した患者が自分で調節すんのは仕方のないことですが。つうかヘタな医者に当たったらむしろ自衛せにゃなりませんしねー。私は激鬱まで見舞われたことがないせいか(入院中には大波もあった気もするけど日常ではあっても中波)パニック発作持ちのせいか発作関係のが怖いです(T-T)
あと私は胃がダメすぎて今はお酒はアウトっす。確かにお酒は(特にカクテルwith薬)不適切ですが閣下は加減おわかりでしょうし。私も前は普通に酒飲みだったし。細かいこと言ったら服薬者はお酒飲めなくなっちゃうし。マイ主治医はアルコール依存も診るヒトなのでそれは立派に未成年ときから教育してくれました。いいから絶讚大ブレイク中の胃腸をどーにかして欲しいもんです(ちゃんと内科も診られる珍しいヒトなので)。

なんで自分の話ばかりしてるんだろう(素に戻った。メールですべき話だったかな)。

はしゃ (2006/01/29(Sun) 15:12)

抗鬱剤は全部メジャートランキライザです(暴言)。んで安定剤はほとんどマイナー。具体的にはベンゾジアゼピン系とその仲間達がマイナーになるのかな。
患者レベルであんまり区別するもんでもないとは思いますけれども(ドグマチールとかはメジャーですがマイナー的作用もありますし)。

メールはご自由にどぞ。返事とかはコメントと同じく、わりとテキトーですが(こら)


2006/01/29(Sun) この日を編集

[link]やわらか戦車2

前作はこちら。平和ってすばらしいなあ(見当違いな感想)。相変わらず作風で覆い隠された異様に細かい兵器描写が俺を惹きつけてやまない。

[日記]劇的ビフォーアフターがアスベストにやられた

俺にとっちゃアスベスト問題なんざまったく関係がない(ていうか世代的にあたりまえのように周囲がアスベストまみれだったので今更神経質になってもしょーがない)んだけど、こんなところで生活に絡んでくるとは思わなかった。

毎回見てた訳じゃないんだけど、というかむしろ見てたほうが少ない位なんだけどナニゲに愛していた番組がこうやって人気があるというのに失われていくのは残念。どれだけ過多にするとギャグになるのか、というのを理解しつくした素晴らしい演出っぷりと、「いやその工夫ぜってー活用されないし」という匠の気づかいの数々。

特にリフォームの匠達におそらく番組が勝手につけた(……自称だったらどうしよう)「光の魔術師」だの「癒し空間のアーティスト」だのというイタすぎる二つ名の数々は後世に残したい。あと匠とか名詞の肩書きにこれ使ってほしい。asahi.comによると関西は関東より視聴率が高めだが、それも当然のツッコミどころには事欠かない名番組だった。

番組を明らかに間違った領域にまで盛り上げている音楽は絶品というほかなく、サントラも俺的にたいへんお気に入り(ってコンプリート版とか出てたのか)。お部屋のお片づけのBGMでどうぞ。壁ぶち壊したくなるけど。

見たり見なかったりだったけど、最終回とかは見るかな、て感じで個人的メモ。ていうか今日の放送のテーマは「本に埋もれた家」なのか(「4000冊以上もの本」てことだが、我が家はマンションですでに本の数は余裕でそれを越えてそーなんですが。まあ教授職の人の本と、ウチの文庫や漫画だと体積と重さが違うか)。普通に興味が出てきた。もちろん個人ではまったく参考にならない大技を披露して俺たちを絶望させたり呆れさせたり希望の路線で。

[デジカメ]E-330のダイナミックレンジにはあまり期待してない

コメントが長くなってきたのでこちらに移行してみる。

実は私ゃE-330のダイナミックレンジには期待してません。ていうか、そもそも現行E-300/500の階調表現力って私ゃ大したもんだと思ってます。

私がサイトにアップしてる画像はアレですが、他の方の画像はすばらしいと言える。これは実際、測定結果でも証明されており(最もデータ提供者が別々であるので(それでも問題ないような測定方法であるものの)絶対唯一の真実とはいいません)、画素ピッチで勝るD70やKissDに遜色ありません。

で、ダイナミックレンジてのは画素ピッチというより1画素に含まれるフォトダイオードの面積に強く影響を受け、E-300のフルフレームトランスファ型CCDがヤケクソにフォトダイオードが広いためこうなるわけですが。Live MOS映像素子はオリンパスによると開口部30%とのことで、これじゃ普通のCCDと大差ないことになります。E-300/500は受光部面積が通常のCCDの約倍と言われてるフルフレームトランスファ形式CCDで、話が本当なら開口部は60%。これと比べりゃ、画素数が多少減ろうが根本的な効率の点で絶対に勝てないんでないかと推測。

もっともこの新設計NMOSイメージセンサはまだ携帯電話くらいでしか実績がないんで確証は持てません。もしかしたらすごい電荷量を扱える可能性もあります。EOS系列がNMOSよりさらに受光面積が狭いと思われるCMOSで充分なスペックを備えてるように。

E-330が750万画素なのは、素子のプロセスルールとか、E-1後継機との兼ね合いで消去法で決まったとか邪推中(こら)。あとデジカメの価格内に占める映像素子の値段てのは実はあんまりたいしたことないのでは、と思っております。量産が見込める半導体は問答無用で安くなりそうなイメージ。このあたりはまったく根拠ナシの妄言として。

ダイナミックレンジの拡大を目指すカメラてのは面白そうですね。現状この路線はフォトダイオードの性能に依存してます故、この方面を飛躍的に上げようと思ったら富士フィルムのハニカムCCDみたいな似非画素混合や、3CCDとかで1画素あたりのフォトダイオード数を物理的に増やすとか、三洋DSC-MZ3みたく多重露光やるとかがよさげですが、なんかどれもキワモノ感が漂うのは何故だろう(FinePix S3Proに謝れ>俺)。

で重箱の隅として。

ポジのようなアナログ媒体に対して、階調の意味で「ダイナミックレンジ」というなら、100000000000年経っても超えることは不可能でないかと。反面ラティチュードの意味でのダイナミックレンジは、ポジ程度なら今のデジタル一眼なら全機種、超えてるんでないでしょうか。イマドキのネガと比べるとまだまだですが。

[アニメ]『ローゼンメイデン トロイメント』終了

ローゼンメイデン二期目も、TBSでは放送が完了。関西MBSはようやく7話が放送されるという一ヶ月以上の遅延は、どういう嫌がらせなのかと真剣に思ったりとか。

で内容はといえばめでたく──第三期に続くって感じで。いやもう、いっそ2クールでやれ、と言いたい。がこれは要するに原作が完結するまでの時間稼ぎなのかもね。まだ原作が続きそうなことを思うとここらへんで半端に切っておくのもアリかもしれない。

ともあれこの二期目、序盤がやたらスロースタートだったためか(そして俺を含む大多数がそのスローっぷりをたいへん楽しんでいたためか)最終話近くにめいっぱいの皺寄せ。まるで雑魚扱いでテキトーに片付けられていくキャラクタ、伏線不足のくせに偉そうな敵、どういう性格なのかまったくわからない水銀燈(これはこれでオールオッケー)とひどい状態だった。まー一期目も一本の話としてみると破綻はしてたか。

されどこのアニメのキモは全部くんくん探偵らへんにあるから構わないとも言える。

最終話はグダグダながら、けっこうすごい映像もチラホラと散見。特に今まで悲惨の一言だった戦闘は、Bパート序盤で一対一になった途端ものすごい動きを見せた。最初からこのクオリティで戦えやお前ら(ムチャを言う)。あと戦闘終了後の薔薇水晶がたいへんよろしい描写でした。いいねえ。反面、荒れ絵のシーンもけっこう。なんというか、ギャグ?薔薇水晶の薔薇眼帯びよーんの衝撃といったら。魂とか噴き出すかと思った。

前述の通り第三期をやる気満々ぽいけれど、退場キャラが出そうなのは何故だろう。不人気ないらない子のリストラなのか。シビアだ。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
鹿('A`) (2006/01/29(Sun) 10:08)

我が家のすぐ側で「モダニズムの継承者」に劇的ビフォーアフターされた館があります。
正直、外観の段階で周りから浮いてて未だに笑えます。

hiro (2006/01/30(Mon) 16:08)

どうも話を長くしてしまったようで申し訳ないです。

>ポジのようなアナログ媒体に対して〜
またも言葉足らずでした・・・。ラチチュードという意味あいが強いです。
シャドウ側は余裕で超えていて、ハイライト側で負けている感じですので幅は同じぐらいかと。ただハイライトに重点おくとまだまだとなります。逆ももちろん然りです。


2006/01/30(Mon) この日を編集

[アニメ]『Fate/stay night』第03話、第04話

まず第03話「開幕」。

今までにも勝る、ものすげえ説明放棄の飛ばしっぷりの戦闘。最低限の間すらすべて圧縮した絵に開いた口は塞がらない。事前説明まったく抜きでゲイボルグ出して「アイルランドの光の〜」とかやられても原作未プレイ組は困るだろう。士郎は怪我したら血が出るのに, セイバーは見た目、怪我すらしてないのはフェミニズム的見解でしょか。

アーチャー×セイバー戦で、令呪を使用は凛でアーチャー負傷になったとゆーことはセイバールート確定か。まー全開で凛のエンディング絵までご開帳してたもんなあ。

で、アーチャーが何故そこにいたのかの説明がなかったけどいいのかそれで。凛のふてぶてしさと人の良さが描ききれてないんで行動理念がおかしいけどいいのかそれで。

マーボーの解説も台詞だけでめいっぱい圧縮しており、恐るべきことにそれだけでBパート全部埋めてる。原作派には違いばかりが気になり、おそらく原作を知らない層はあまりの説明密度に嫌気が差すレベル。今回タイムテーブル引き損ねたんですか。ていうか、1〜2話でチンタラしてなけりゃーね。バーサーカーの登場にも溜めが全くないので迫力が全然ないし。

相変わらず絵は逸品だし、戦闘シーンも決め絵は原作準拠なんで見てて心地はいいんだけど、膨大な情報量の捌き方にはけっこう難アリではある模様。

んで第04話「最強の敵」。

びっくりした。原作プレイ者はみんなびっくりしたと思う。完全にセイバールートの展開だというのに、凛と同盟を組まない!次回予告も学校内での士郎×凛戦ぽい雰囲気で、この期に及んで凛ルートへ舵を取ったのか。

──ていうかこれ、タイガー道場16直行のバッドエンドルートじゃねえか。

もしかしてエロゲ原作アニメ初・5話でバッドエンド終了打ち切りという新境地に乗り出すのか!?すげえ!痺れる憧れる!本当にやったら超カッコいいよ!いやそんなことはないですね多分。OPでは、コメントで指摘されてたアインツベルンの森と、あと他に鮮血神殿の学校「廊下」で令呪使ってたよーに完全にセイバールートぽいため、セイバールートと凛ルートの折衷という線になりそうな感じ。なんかものすごく妥当ぽくてかえって残念だ。

で映像はというと、全般には満足なんだけどやっぱり戦闘シーンがどうもなー。動きはダイナミックだけどいちいち演出がまづく迫力は原作に大きく劣る。特にセイバーの風王結界は描きかたを間違ってる気がする。妙に絵面がマヌケで、あ、このカットいいと思えるのは原作流用てのが。

あと二話の「小石ぶつけ魔術」に引き続き、今回も凛の魔術がやけにチャチいのはなんとかなりませんか。凛すげーヤムチャぽい。さらに役立たずの主人公はすでに視界からシャットアウト必須。動画で見るとイリヤが去るタイミングで異様に不自然なのが気になるものの、まあ許容。かな。

これだけボロクソに言ってるけど全般には楽しく見ている。自分の期待値が高すぎたことには自覚あるしな。

本日のコメント(全3件) [コメントを書く]
R (2006/01/31(Tue) 11:28)

Fate、説明については逆の印象でした。
つまり「既プレイ組には説明セリフ過多で
未プレイ組には説明不足」、かなあと。
多分説明の仕方が悪すぎるのもあるとは思いますが
未プレイ組の立場ではさっぱり訳がわからないとですよー。

はしゃ (2006/02/02(Thu) 11:03)

ただでさえ複雑怪奇なルールなので、ゲームと同じよーに台詞オンリーで説明せんでもええやん、とは思いました。
せっかくの動画なんだから図とかのモデルを使えばいいのに。そうするとあの胡散臭さが出ないのかしら。

説明そのものにけっこう嘘(というか詭弁)が含まれてることが伏線になるため、切るってのは無理なんですが。

Wkebfubc (2010/03/29(Mon) 15:54)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra cheap viagra 袭袥袰袯袰袵袮袬袷袷袡袡


2006/01/31(Tue) この日を編集

[PC]エルゴノミックキーボード

「奥下がり」派としてこれは見過ごせない。俺はキーボードの奥側が持ち上がったスタイルをたいへん嫌っている。数年前、アウシュビッツ社にいた頃は普通のキーボード手前側の下にいちいちクッションを置いて、独自に奥下がりを実現していた。

俺的にはこんなもん当たり前で、手首を反らせる方向に常に力をかける必要のある奥上がりスタイルの打鍵は考えた奴アタマおかしいとさえ思っている。疑問に思う人はいっぺん腱鞘炎になってみれば一発で理解できる筈。奥上がりのメリットなんざキートップの文字が見易い、てくらいしかないんじゃなかろうか。奥下がりはキートップ見えないからなあ。

あとは、このサイズのキーボードを置くスペースが問題か。俺の机のキーボードまわりは、マウスだけでなく2つのトラックボール、タブレットといったやけに大量のポインティングデバイスが散乱し、モニタは液晶とはいえスタンドが巨大なDELL製20インチ。しかも机自体が余ってたオーバーベッドテーブルを流用(座ってるのは普通の椅子なんだけど)してるため前後幅が異様に狭い。これの導入はちょっと無理かなあ。

で。どーでもいいけどAmazon。俺が見た時には「あわせて買いたい」にMicrosoft Comfort Curve Keyboard 2000とか出してた(タイミングによって変化する)のはどういう了見だ。そんなキーボードばっか一気に買ってどうしますか。

[デジカメ]μ810の撮影後画像の手ぶれ補正

英語サイト見てたときはイマイチ理解できなかった(俺の英語力は小学校卒業程度しかない)が、撮影時に「ジャイロでブレ量を記録」で、それを元に演算補正ときましたか。デジカメユーザからの総コールが聞こえる。「その情報があるならCCDシフトしろや」。まあ特許やらコストやらの関係がいろいろあるのは仕方ないとして。

しかし再生モードでいちいち手動で補正しないとダメなのは面倒だなあ。連射できなくてもいいから、撮影直後にカメラが勝手にやってくれるモード希望。或いはどーせブレ量はExifに埋め込んであるんだろうし、パソコンに取り込んだあとで一気に複数のファイルを補正するソフトをタダで添付とか。とにかくカメラ内でゴチャゴチャやるのはヤですよ。

あと「1/8秒以上のシャッター速度では補正できない」という制限はわりと腐ってるので、そんなアホな制限はとっとと撤廃しなされ。オリンパス的にはそれ以上のシャッター速度で撮るほうが間違ってるのかも知れないけれど、俺はOptio 43WRで、普通に立ったまま1/4秒のシャッター速度でも果敢に撮ってる(もちろんブレるが、縮小すればわからない程度にはなる)。

まー実物待ちということで。意地悪にも回転させたブレとかをカメラに補正させたらどういう絵にするのかちょっと見てみたいし。

余談として。結局これ日本でもμ810という名前で出すのか。これでμシリーズは「μ-数字 DIGITAL」「μ DIGITAL 数字」に引き続き三種類目の命名フォーマットとなった訳だが、ぜってーオリンパス内部でも間違って「μ-810」とか「μ DIGITAL 40」とか書かれたりされるに違いないと思っている。命名規約ころころ変えるの禁止。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
nov (2006/02/05(Sun) 22:08)

>奥下がり

前々からなんで、こんなキーが見づらいキーボードなんてあるのかと疑問でしたが。このエントリーを読んで氷解しました。
が、ブラインドタッチが完璧ではない私にとっては少々つらいアイテムですな。(特に最上段の数字キーの区画は)

はしゃ (2006/02/06(Mon) 14:16)

私もフルキー最上段の数字キーまでは覚えてませんね。
「1」と「5」と「0」以外を叩く時には無意識にテンキーまで手が動いてます。
(逆にテンキーレスのキーボードでちょっと苦労する)


最新 追記