最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2005/07/01(Fri) この日を編集

[日記]へろ

今日から久々のダイブなんだが、どうも身体が本調子と言えない。雨だしな。まあどんな体調でも出発すればそれなりに覚悟も決まるか。

どーもダイブサービスのおっさんがだいぶやる気無いようで、非常に連絡が雑で困っていたりとか。


2005/07/03(Sun) この日を編集

[日記]ダイブいってきた

超寒。水温18度て何事。雨はまあ潜ってしまえば一緒なんでいいんだけど、この水温には参った。参りました。とりあえず写真。

世の中クマノミと言えば可愛いと思っている輩が多いが大間違いだ。イシガキフグ。いじめている。珊瑚withウニ。同居人は「パンダ」と言ったが俺は「おしおきだべー」と思った。アザハタ。超悪人ヅラ。カワハギの一種(不明)。何度見ても思う。こいつ頭が悪い顔をしている。
外国人ダイバーに人気らしいミノカサゴ。毒持ちなので態度が横柄。エビ。全長はミリ単位。寄って行くと後ずさる。ウツボたん。同居人が萌える。もはや泳ぐ珊瑚。これも種類わからんなあ。クマノミもう一枚くらい載せとくか(てきとう)。


2005/07/05(Tue) この日を編集

[日記]目が痛い

今の仕事が会社サイト更新なんで、Dreamweaver(htmlエディタ)を睨みっぱなしで非常に目に来るぜ。会社にあったフォトレタッチソフトがPhotoshop3.0とElements1.0でかなりダメージをくらったり。そりゃ無いでしょ。

超余談、Dreamweaverを「ドリームウェーバー」と言う人が多い(会社の前任者や社長もそう言っていた)がこれは間違いで、「ドリームウ『ィ』ーバー」ね。よく見るとスペルもそうなってる。ていうか、夢を揺らしてどうするよ。

帰宅後は何するかなーと思って、ふらふらと「ひぐらしのなく頃に」を再プレイしたりとか。これも目に悪いよな。アホ丸出しすぎか。しかしひぐらしはいい。今日やってたのは二話目にあたる綿流し編だけど、別登場人物から見た裏シナリオにあたる目明し編を見てからやると、物語が実に微妙で美しいバランスで成り立ってたことがわかる。いいねえ。しかし目は疲れます。それ以上に精神が。


2005/07/06(Wed) この日を編集

[PC]判官贔屓

妙に長い愚痴なので空いてる日に書き足そう(そういうのもどうかと思うぞ俺)。

俺は、メジャーなものをメジャーというだけで色眼鏡で見る人間はアホだと思ってる。

俺が巡回してるサイトはなんだかんだでわりと技術系個人サイトが多いけれど、そういう所は根拠ナシの判官贔屓が多い。自覚的にやってるなら構わないけど、正しいと信じて疑ってなかったりする。で、最近は「AMDのIntel提訴」のお陰で、ブックマークがどんどん減る。「Intel嫌い」な人が多くて多くて。

「AMDの訴状を読んだらIntelがヤクザに見えた」と書いたサイト*1があちこちからリンク貼られて「俺も読んでみたうわーひでー」とか書いてあるというこの間抜けコミュニティ。訴状なんだから酷く書いてあって当たり前じゃん!もしかして訴状でフェアな商売実績が読めると期待してたのか。訴状と事実を勘違いしてんじゃねえか。せめて判決出てから言えよと。

で、そのサイトが数日後に理由を伏せて閉鎖した。大マジメで(ギャグで言ってるなら救いがあるのに)「Intelからの圧力が」とか言ってて、もう笑かせ殺す気ですかアンタら。MMRの読み過ぎです。Intelはそんな暇じゃない。

Intelの独占志向商売はこれはもう事実。そんなことは営利企業なんだから当たり前だけど、そもそもこの大前提が理解されていない。イツデモ正々堂々と商売シマショーと小学校の道徳みたいなことを、仮にもエンジニアが本気で言ってる姿は想像するとちょっと愉快だが、仕事でそういう客を相手にするかと思うとウンザリもする。

AMDの訴状にある「メーカへの圧力」とか信じてる連中は笑止千万で、実際に「Intelを使ってないパソコンというのは存在した」が、ユーザが選ばなかったから消えただけ。これは単にAMDの広告戦略の失敗以外の何者でもない。*2でも俺はAMDがアホとは言わない。むしろ賢い。これは俺には「本当は違うけど、こー言っとけば『被害者』と名指しされたメーカーが仲間になってくれ、今後Intelの動きを牽制できる」というAMDの作戦にしか見えない。

確かにCPUメーカーとしてはAMDはスゴい。技術はある。でもフラッグシップのリリースが滅茶苦茶で、会社としてはまったく信用できない。デュアルコアのAthlon64 X2、つい先日出したシングルコア最速のAthlon64 FX57。どちらも出荷数が少なすぎて、一般人には手に入らない。大手でも店全部で1個しか入荷しない、とかナメとんか。巷に「一般販売した」と実績残すためだけのリリースで、要するにまだ量産できる状態じゃないものをフライングで出してる。Intelならそんなエンジニアリングサンプル流出みたいな恥ずかしい真似はしない。

歩留まりが向上しないなら出すな。或いは向上する工夫をしろ。PS3のCPU、CELLはコプロセッサSPEを8つ載せてるのに7つしか使わない。SPEが一つ不良だとしてもそのチップを出荷できるようにする工夫で、全体の不良率が飛躍的に下がる。これはなかなかの英断だと思う。Pentiumと全く同じコアのCeleronが安いのも同様の理由で、2ndキャッシュの容量を半減以下にすることで、キャッシュエリアに一部不良があっても良好な部分だけ使って「動作OKチップ」を作ってる。AMDにはこーいう工夫ができないんだよなあ。

こういう努力足りてない(というのも厳し過ぎる見方なんだけど)会社をなんで異様に擁護する意見ばっか出るのか本気で不思議。

でも俺も、『今』新しく自分で使う機械を組む場合は、パワーが必要なら迷わず3200+くらいのシングルコアAthlon64で組むけど。だって今IntelのCPUロクなのないもんな。EM64T対応PentiumM待ち。(しかし次世代PentiumMのYonahやSossamanにはEM64Tがないというハナシで相当先になりそう)

*1 このサイト自体は非常にフェアで、視点には好感がもてた。

*2 Intelが広告宣伝に使ってる費用は半端でなく、NECやら富士通のパソコンのCMで「ぽぺぽぱ」という音とともにIntel Insideのロゴを出せば、そのパソコンに載せるCPUはものすげえダンピング価格で卸してもらえる。いやもうこの時点で独占禁止法にカスってるんだけど、その覚悟は凄まじい(そしてソニーみたく、自社ブランドのプライドを守るために何があってもこのIntelロゴをCMで出さないメーカもちゃんと存在する)。


2005/07/07(Thu) この日を編集

[日記]昨日のコンビニ

同居人に頼まれたゆうパック発送のためにローソンへ行った。

荷物を出すからとレジが空くタイミングを計り、適当に買い物(どーしても「買い物以外だけ」という用途でコンビニを使えない小市民)も準備した上で、すでにゆうパックシール貼り付け済みの荷物を出す。レジの姉ちゃんがキャッシャーを操作する。

五分経過。なんか俺の後ろに大量の客が並んでいる。先に会計してもらおうかと脇にどいてみたがレジの姉ちゃんは一心不乱に格闘中。そしてついに諦めたように、俺に言った。「この住所って何県ですか?」なんだよもー同居人も、そんなわかりにくい地名ならちゃんと県から書いてくれやと思って覗き込むと、

「神戸市須磨区」──わかれやコラ。

いやこれが仙台とか宇都宮なら「あれ何県だっけ」と思うよ(失礼)。あと名古屋とかも「名古屋県じゃなくて、えとー」とか思うよ(無礼)。しかしここは関西で、時節柄(まー十年前のハナシだが)「兵庫県神戸市須磨区」は連日ニュースで地獄の映像を流し続けてた地域でないかい。

あらためて「ひょうごけん」と答える俺のほうが恥ずかしかったよベイベー。まあ、もしかしたら、日本語に堪能なアジア圏あたりからの留学生だったのかも知れない、とか超好意的に考えてみたりもしておく。

[日記]今日の温度は絶妙だ

涼しい日のウチの会社は油断できない。涼しいとエアコン止めやがるのだった。いや別に朝イチは構わないけれど、気温が上がってきた昼過ぎも停めたままなので普通にのぼせる。昨日は温度はともかく湿度が異様に高くて深刻に気分が悪くなった。

今日はギリギリエアコンをつけるくらいで、これくらいの温度だとウチの会社でも「涼しい」と感じることができ、非常に快適。本気でカンカン照りの時はエアコンあっても暑くない、程度だもんな。汗かくし。

アレだ。クールビズの指針としてエアコンの28度設定を決めた奴、「狭いオフィスに大勢の人間がいて、さらに人間の倍以上のPCが稼動している」という環境にはいなかったと断言する。手元で熱風吹き出す機械置いて仕事してみろと言いたい。

と言ってたら先ほどものすごい通り雨。うーん湿度上がりそう。ていうか、流星号に雨がかかったろうな。シートの一部がやぶれてるし、ヘルメットを外にかけてるので雨は非常にヤな感じなのでした。まあ仕方ないか。しょんぼり。

[日記]htmlエディタが使えない人

最近の俺の仕事は出社してから退社するまで延々会社サイトの更新なんだけど、ふと気が付けばDreamweaverの表示の上半分にいつも出ているhtmlソースをわざわざWZにコピペして編集して貼りなおしている。アホか俺はっ。

いや、いっくらDreamweaverが比較的きれいなhtmlを吐くとは言ってもやっぱり無駄が多いんだもんよ。あと<sup>とか、その手のタグをGUIで入力できない(あるかも知れないが方法がわからない)。テーブル等を消したい場合もうまく選択できなかったりする。いろいろ理由はあるのだった。

前任者がかなり半端に無計画にCSSを使ってるんで、キレイにまとめる、ということまではできないのが難。まあいいやこのへんは。凝りだしたらキリがないし(と言いながらhtmlの無駄部分をおもむろに手作業で削除)。

タグが手打ちできる人はやっぱエディタ嫌うよなあ。俺以外も多分そうなんだろうな。


2005/07/09(Sat) この日を編集

[日記]カード支払い落ちる日の勘違い

はっはっはセゾンは4日でしたか。なんか10日かと思ってた。そんだけの額を銀行に突っ込んだのは6日の朝でした。セゾンから電話きましたよ。まあ電話してくれるだけありがたいと思おう。いんたーねっつバンキン’で指定口座に即座に振込み(つっても払い込まれるのは月曜なんだけど)。

しかし屈辱の支払いスルーを喫してしまうとは俺も焼きが回ったもんだ。最近口座がすげー寂しかったもんなあ。バイト人間にとって五月のゴールデンウィークと六月の入院は厳しかったということか。

よくハイパー日記システムでweb日記書いてる人がScheduleにカード支払日書いてるのを真似すべきかなあ、とか思わなくも無い。あれ忘れにくそうだ。

[link]日本鎧は13万円かー

しかし最後あたりバットでつついて「へっ、ちっとも痛くない」とか言ってるが、鎧にバットは大敵だと思う。衝撃は鎧では吸収できないしねえ。

超余談。防弾ベスト(正しくは「ボディアーマー」という)で銃撃を防ぐシーンが刑事モノとか洋画なんかにはよく出てくるけど、相手がライフルやらマグナムやら持ってると実際のところは、だいたい無駄。

確かにクラスIII以上のものだとマグナム弾でも確実にストップできる。けど普通に骨折とか内臓破裂はする。単に弾を通さないだけで「エネルギー」はほとんど減衰しねえもの。

プロのボウラーが投げるボウリング玉を14ポンドの12m/secとすると、エネルギーは(計算ちう)457.2288ジュール、発射された.44magは約1500ジュール。つまり44マグナムをボディアーマーに当てると、プロボウラーに46ポンドの玉をぶちあてられたのと同じエネルギーが被弾箇所で消費される。被弾で吹っ飛ばされれば(その分のエネルギーを消費するから)まだいいけれど、もし飛ばされなかったらボディアーマーは無事でも中身はけっこうひどいことになるかと。

なので、ライフルとか44マグを使う犯人にはボディアーマーは「気休め」にしかならない。ライフルで撃ち合うような軍隊が着てるボディアーマーは直撃対策でなく破片対策。戦場で怖いのは銃弾とか爆弾の直撃じゃなくて破片なので。効果範囲広いので、確実に当たる。


2005/07/11(Mon) この日を編集

[日記]体調崩し

肩がずーんと重くなる類の崩し方。別になんかヤな症状があるという訳じゃないけど、座ってるのもしんどくて何もできないデー。うーん雨のせいかなあ。

なんか身体の内側がカビてきた気がする。そろそろ晴れて欲しいもんだ。


2005/07/12(Tue) この日を編集

[PC]最近のB5サイズノートPC

質問があったので。俺、この分野は縁がないのであんまり詳しくないんですけれども。いちおー自分の知ってる範囲で。Celeron500以上くらいでというのが男らしい。それ以下のCPU積んだ機械など、もちろん市場にありません。(モデルナンバかと思いましたが、CeleronMのナンバは3xxだった)

ですがCPUのオススメはPentiumMです。CeleronMとの違いはCPUパワーというより、むしろEnhanced SpeedStepによるCPU消費電力の動的操作。バッテリが長持ち、という以上にありがたいのが「廃熱が少ない」。CelMでは、Pen4系よりマシとはいえ、充分パームレストや膝に焼きが入ります。

ThinkPad240の代替なら光学ドライブ要らないですかね。最近「安い」と人気の路線はどっちかってーとフルスペックのA4ノートばっかりで、軽薄短小路線で安い、というのはチト少な目。

さすがにA5サイズは現在Librettoしかないです。というわけでB5路線ですが、最近の各社B5商品はこんな感じ。パワー重視、マルチメディア重視、動作時間重視、可搬性重視といろいろあります。

画面サイズ厚さ重量備考
ThinkPad X3212.1 1024x76830.21.66
ThinkPad X4012.1 1024x76826.91.27
FMV LOOX T系10.6 1280x76835.01.5光学ドライブあり
VAIO T系10.6 1280x76834.01.4光学ドライブあり
VAIO Y系12.1 1024x76835.81.69
dynabook SS SX12.1 1024x76819.81.29
dynabook SS MX12.1 1024x76832.91.65光学ドライブあり
Let'sNOTE R系10.4 1024x76841.60.99B5より小さい
Let'sNOTE T系12.1 1024x76844.31.26
Let'sNOTE W系12.1 1024x76844.31.19光学ドライブあり
nc401012.1 1024x76827.91.58
nc420012.1 1024x76830.21.8
Inspiron700m12.1 1280x80032.01.7

この中で、LOOX TとVAIO Tはワイド画面(Inspironもそうですが後述)。いくらなんでも10.6インチでワイドはねえだろ、というほどにドットが小さいです。選択の際にはご注意を。

安さならInspiron700m。オンラインクーポン等駆使すれば尋常じゃない価格に追い込めます。ワイドですが12インチ液晶なので、標準10インチ並には見れます。

普通に買うならThinkPad X40かなあ。可搬性なら意地で1kgを切ってるLet'sNOTE R系が光ってますが、10インチ液晶なのでInspiron並にはドットが小さくなります。

個人的プッシュはLet'sNOTEのT/W系。なにせ丈夫。伊達や酔狂でクソぶ厚く作ってません。ただし通常、電源がとれる場所で使うにはバッテリがオーバースペックです。12時間も保ってどうするか。モバイル用にはいいんですが。あと価格も高めです。

[PC]最もレベルの高いモバイル巡回手段

同居人に相談されて調べてみたりとか。画面のドット数にこだわるなら犬ざうが一番。これはまあ、コレとして。もーちょい手軽な路線を求めるなら、やっぱフルブラウザ搭載の定額携帯電話かなー。

基本は味ぽんなんだろうけど、遅すぎて話になんないと思う。

ウチらはDoCoMoマンなのでFOMAがいいんだけど、フルブラウザ載せてるN901iSはパケホーダイ定期用除外という非常にうぜえ制約があるのがダメすぎる。というわけでiアプリでjigブラウザ使うと。定額料金の他に年間6,000円かかります。384kbps。

棒駄ぽんはOpera機は従量課金ということでN901iSと同等の上に、さらにjigブラウザが動かない。さようなら。

auのCDMA 1X WIN端末なら下り2.4Mbpsで定額プランあり、とけっこう妥当なのか。auの型番基準でよくわかってないけど、W○○(二桁)メーカー名がWIN機だよな多分。フルブラウザ載せてるのはW31CAとかW31Tか。うわーうまいことテレビ搭載機(W32SA)を避けてるな。auもJavaアプリの実行環境はあるが凶悪な制限があり、jigブラウザが使えるのはW11HとW11Kのみ。古っ。

そういう感じで、暫定的に「SH901iS+jigブラウザ」もしくは「W31T」(W31CAは今月末発売か)あたりがベストオブモバイル巡回ツールと俺認定。

他人にはauを薦める。サービス範囲、料金の安さ、速度(これは実質大して変わらん疑惑)で勝るし。でも自分ならDoCoMoかなあ。auはどうも俺には理解できない制限がいっぱいあるという偏見がどうしても。あと範囲は最終的にDoCoMoが勝りそうな気もするので。いやまあ、実際には902i待つけどな。

本日のコメント(全1件) [コメントを書く]
Ftbadiub (2010/03/29(Mon) 15:52)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra generic viagra 袮袦袷袤袰袡袡袢袳


2005/07/13(Wed) この日を編集

[]頭痛と吐き気の人

最近どーもダメ。「なんとなく体調が悪い」ではなく、はっきりと頭痛、吐き気がするあたりはまだマシなんだけど、なんか帰宅してもなんもできません。どうしたものやら。

確かに仕事はけっこう忙しいんだけど(基本的にはマルチタスクがしんどい。会社サイト更新、web通販関連調査、検査システムプログラムの並行作業)、なにせ半ニート君であり平均化すれば超サボリメンと言っていい筈。

やっぱ長い雨で脳とか内臓がカビたか。腰痛、固まり過ぎてむしろラクになってきた(これは吐き気の原因くさいが)のはいいんだけど、夜に苦しくて眠れないのがダメなのかもだ。気圧が欲しい。

[日記]よーやく診断書を申請

二回目の入院のん。今までずっと、「用紙持ってくるの忘れた」「金がない」「雨が降ってて病院寄るどころじゃない」のどれかで全然ダメフルだったけれど、今日こそ行ってきた。

前回提出した診断書がいつまでだったか忘れたので受付で調べてもらったりとか。残ってんのなーデータ。すばらしい。

ともあれ、これが返ってきたらようやく保険の申請ができます。俺の預金残高はもう長いことすごい状態になってるんだグアー。これでなんとかなんとか。なんとか。

[link]ハイビジョンアナログキャプチャカード

すげえ。何の気なしにサラっと取り上げてあるけど、今までどのメーカもD3(1080i)以上の領域はユーザ無視なガッチガチの著作権保護だというのに。アナログとはいえ、かなり衝撃の一枚っすよコレ。

しかしせっかく得た1080ラインを720ラインに圧縮する意義が全然わかりません。まーライン補完のプログレッシブ化で実質的D4(720i)ということなんだろうけど、どーせならフルHDにすれや。

「PC用のディスプレイとして、ハイビジョンをそのまま表示できるフルHD解像度のパネルを採用したディスプレイを利用している人は少ない」とかいう理由は書いてあるけど、それ以上にもっと少ないと思うぞ、その、

月産10枚とゆー数字。

いやそれ一般売りする数字じゃないから。何か間違って業務用ボードが流通に流れたような違和感を感じる。「アニメを効率よく編集するために開発されたソフト」(今ではすっかりavi編集の定番中の定番)であるところのAviUtlプラグインまで添付しといて、その硬派っぷりはどうしたことだろう。

どーでもいいがこの会社のサイトのシンプルさはけっこう心地よい。俺のバイト先もこういう路線にしたい。

[日記]落雷で停電

わりとがむばって書いてたテキストが吹っ飛んでしょんぼり。

以前の瞬断に耐えたメイン使用機は、いちおう電源は入り続けたが画面がグシャグシャに崩れてハングアップ、というちょっと珍しい状態に。今回、黄泉比良サーバは完全にリセットがかかったことを考えると、やっぱ基本的にはメイン使用機の電源はけっこう耐えがちと思ってよさげ。

回ってた洗濯機とかは全然大丈夫。すごいぞ。


2005/07/14(Thu) この日を編集

[デジカメ]ミノルタの次の一眼

スペック的にはけっこういい線をついてる。あれだけオラオラ系商売だったα-7Digitalを作ったメーカとは思えないほど一般に売れそうな路線。画素数はもう一声欲しかった*1。CCDシフトの手ぶれ補正もついてます。まあ無くしたら本気でメリットねえわな。

普及機というわりにけっこう頑張った数字的スペックは、なんのことはない99,800円とあんまり安くないから。今後、普及価格帯は*istDL、D50、E-300という低価格機に、型落ちの各種標準一眼がインファイトで殴りあうことが決定されており、それよりは一段階上に退避するつもりか。やっぱどっかオラオラ。

そのプラス価格分が手ぶれ補正ということなんだろう。確かにまー俺も手ぶれ補正は欲しいけれど、超望遠をあまり使わないせいか*2、そこまで有り難くは思わない。一眼使ってりゃ、50mmやそこらの焦点距離ならそもそもブレねえもん。

絞り込んだ写真が好きな人にはシャッター速度の選択肢が広がるってのはあるか。でも俺は絞り、F4くらいが好きだし。あと仮にも一眼なのにCCDシフト手ぶれ補正ってのは如何なものかとも思う。ファインダで見えてる範囲と写る範囲のズレを許容するのか、と。

でもまー確実に失敗ショットの割合は減るわけだから、売りやすいのかもねー。俺なら薦めたくないと言うけど。そこまで失敗を恐れるなら最初から一眼買うべきじゃない、と諭す。一眼は試行錯誤が楽しいのだ。

*1 無理なんだけど。E-300のコダック製800万画素CCDとか、KissDNのキャノン製800万画素CMOSを基準に考えてると忘れそうになるが、現在のところ普及価格帯一眼に使えるセンサはソニー製600万画素CCDしかない。D50もD70も*istD兄弟もαシリーズも全部これを使ってる。ソニー製1200万画素CMOSてのはあるが価格的に無謀。

*2 でもミノルタ形式の手ぶれ補正は望遠にはあまり効かない。マクロには超強力に効くが。

[日記]仕事でたいへんにイライラする

退社時間になってから今の仕事の納期を始めて言うの禁止。来週火曜とか言うの激禁止。これ絶対、本来出社日じゃない金曜とかに出社させる罠だろう。

今作ってるのは自社製品の検査プログラムだけど、内部プログラム更新手順で「前製品と一緒」とだけ書かれた検査手順書わたしやがったが、まるで違いました。組んでみてはじめてわかるこの事実!これで作成遅いとか言われてもなあ。

で昨日、口頭で今回の手順を説明しようとしやがったので「テキストにすれ」と命じておいたところ、今朝来たらメールが届いていた。その通りに組んだ。動かない。夕方になってようやく出社した社員に問いただすと「ああ、そのテキストは古いから」ナーメーンーナー!

どうやら「プロトコル」というものは存在しない。こっちが勝手に送ったら相手が全然非同期でack(応答)を返してくるだけ。いつackが帰ってくるか全然わかんないので、最終的には「数百件のデータを送る処理」が終了してから「同じ数だけのackを空読みする」というオモシロ処理をしてみた。動いた。やった!もはやacknowledgment(承認)の意味はまるでありません。

さらに機器が返してくるデータ内で「改行コード」が極めて重要になってくるというのに、同じ内部プログラム更新作業内でCR+LF、CRのみがゴッチャになって存在。たまにLF+CRという変化球を投げ返してきます。プログラムがひたすらアホらしくメンドで泥臭くて汚物な感じに成り果てていく。

いっそ俺に機器のファームウェア書かせろ、と言いたい。せめて意味の通る手順にしたい。


2005/07/15(Fri) この日を編集

[link]iTMS始動

しかし参入会社が一社かーっ。元々iTMSのすげえところは「とりあえずiTMSで検索したらいい」という利便性によるところも大きいので、一社だけではウマミがあまりに少ない。他社の参入が待たれる。

あと、ただ一社だけというならまだしもavexというのは如何なものかと。avexはレーベル自体がわりと若向けで、新しいサービス導入にはいいように見えるけど、クレジットカード決済オンリーのiTMSということを考えるとな。日本じゃ未成年のクレジットカードはたいへん制限が厳しいので未成年のカード普及率は低いぞ。別の課金手段を作るのかも知れず。

ともあれ、個人的には東芝EMIやビクター、コロムビアみたいな老舗こそサービスインして欲しい。メインは「古い曲」で。

新しい曲を入手するのなんか超簡単で、TVとかラジオつけっぱなしにしてたらそのうちかかる。でも俺がiTMSで欲しいのは、微妙に古い曲が聞きたい!という瞬間で、例えば「小室哲哉のOPERA NIGHTがなんか妙に気になってきた聞きてェー」とか思っても簡単には手に入らない訳だ。収録していた『Digitalian is eating breakfast』は廃盤だし。そういう時に瞬間でダウンロードして聞けるかどうか、というあたりにiTMSの価値を求めたい。ちなみにMoraでは可能

30歳過ぎくらいのこういう需要ってけっこう馬鹿にできないと思うんだけど、そういうことを思うのは世界で俺だけなんだろーか。

あと噂では一曲200円ということだけど、米国で99セントだというのにえらく高いです。せめて150円にすれ。

[デジカメ]DiMAGE X1

これはいい!すごい!いやもう見た瞬間、α-Sweet Dititalが脳内から吹っ飛んだよ。もしタダでどっちかあげる、と言われたら値段は半額だがX1を選ぶ。

こういう小型カメラで光学手ぶれ補正を搭載したのは、実は松下以外でははじめて。薄型ボディシリーズでは、まさに初。

しかも今までのマクロ限定みたいなミノルタ方式手ぶれ補正と違って望遠端でもつかえる。さらに望遠端でF3.8という明るさ!(広角端でF3.5というのはショボいが、手ぶれ補正があるから普通のF2.8あたりより余程撮り易い)これはすごいなあ。すごいです。

普段使用にも必要充分の1秒起動。マクロが広角端じゃないというのもひそかに大評価ポイント。素晴らしい仕事といえよう。

動画が20fpsしかないとか(まー松下ファミリは15fpsだが)、ミノルタにありがちな最大感度ISO200ってのが多少の瑕ではあるけれど、これはもう単純に欲しいわ。難点は画素数。たぶんアチコチで書かれると思うけど800万画素もいらない。普通のカメラならともかく、ただでさえ画質が落ちる屈曲光学なんだから、光学系の破綻がすごい勢いで露呈すると思う。まああったところで邪魔になるもんでもないけれども。


2005/07/16(Sat) この日を編集

[日記]昨日の飲みの帰り

投石防止網で完全防御した指揮車。後ろには輸送車が数台続いている。盾の後ろの「誠」と書いてあるのがカッコいいじゃないの。奴らは男だ。
祇園フェスティボーの最中なので、せっかくだからと河原町まで出て四条へ南下。まーもう帰る時間は四条通も単なる全面歩行者天国なんだけど、雰囲気だけと思った。 祇園フェスティボーの最中なので、せっかくだからと河原町まで出て四条へ南下。まーもう帰る時間は四条通も単なる全面歩行者天国なんだけど、雰囲気だけと思った。

警官が異様に多くびっくりしたり。それどころか機動隊の車がゴロゴロ。現場指揮車まで停まってる。蛸薬師通りを塞ぐように以前のワールドカップ以来導入された新防護装備の機動隊集団が待機中。

祇園祭に来るのも10年以上ぶり。最近はこんな大変なのか!とか一瞬思ったが、よく考えるとテロ対策だよな。あれだけ人が集まり外国人がいても不思議じゃなく逃走経路も多彩なところ、警戒して当たり前だっつの。

俺も大概、平和ボケしている。平和ボケは別に構わないけれど、自分がどれだけ平和ボケしているか、ということは正確に把握しておかないと

[アニメ][]『フルメタル・パニック! The Second Raid』第01話「終わる日々」

何故「軍」カテゴリかというと、「ミリタリ観点から見たフルメタル・パニック!」を書くから。なんだこのミリオタを片っ端から失禁させ殺す勢いの描写の数々は。

単にアニメとしてイイ、悪い、でいうとヤケクソなレベルで出来がいいからむしろ書くことがなかったりするもんで。前々期、TVアニメ版『AIR』によって神となった京都アニメーションの技術が光りに光ってる。あとこれ、原作者が脚本書いてるし。卑怯と言えよう。

戦車が砲塔をちゃんと左右に向けている。また中央に指揮通信車を配置しているのも、当然なんだけど普通のアニメや映画ではまず見られない。ただこの世界観でのAS(ロボット)の運用は戦車随伴歩兵ではなく攻撃ヘリに近いはずで、一緒に行動してるのは絵面優先か。 敵のエライさんはちゃんと兵士が銃を構えてから出てくる。当然ですな。

民族浄化の掃射はちょっと分かり易さ重視し過ぎ。全員を殺すべくの行動だが、三種類の武器を構えた中でその用途に向くのは二番目だけ。アサルトライフルやガトリング砲は掃討に向きません。

そして射撃の直前に都合よく現れた主人公側勢力の戦術描写が素晴らしい。脅威度の高い目標から順に不意打ちで倒すという卑怯っぷり。しかも装甲が厚い正面なんか最初から撃たない。薄い背面や上面を狙い撃ち。敵側が運用してるルクレール戦車は戦車同士の情報をデータリンクで共有する機能があるが、それを使おうとしても電子妨害によってうまくいかない、という描写あり。

でもこの次はちょっと納得いかない。エライさんが装甲車で逃走するのに、主人公側が気付かない。普通に逃げてる。この時点ではスナイパーはまだ配置にいる(直後に狙撃を中断、通常戦闘に合流)のになんで見逃す?確かに敵が乗り込んだのは指揮車ではなく一度被弾した装甲車なような描写はあるけれど、ちとマヌケすぎます。

すかさずヘリのLZ(landing zone)の周囲を三機で360度カバーし、救出と回収、脱出準備に入る。救出中も兵士が銃を構えてるのに俺は喜ぶ。原作読んでた頃から「ヘリから効果するのはいいけれど、どうやって回収するんだ?」と思っていたが、MH-57ペイヴ・メアという実在しない作中のヘリが想像してたより大型。回収装置内蔵。なるほどね。MH-53Jペイヴ・ローという戦闘救難ヘリ(対空砲火の中に突っ込んで怪我人を強引に載せて去るためのヘリ)がモデルかと思ってたが、確実にそれよりデカい。

上空で監視任務についているRAH-66コマンチが攻撃されるシーン。光学迷彩みたいな技術で透明化してるのでキャプでは見辛いけれど、ちゃんとチャフをばら撒いて回避運動をし、それを追いきれないと判断したパトリオットが目標のナナメ前で自爆、至近弾による破片でヘリを撃墜する。さらに「エンジンと油圧系に損傷」となってる。エンジンが被弾で停止してもヘリコプターはオートローテーションでフルタッチダウン着陸できるから、油圧がイカれてないと墜落に説得力がなくなる。すげー。ここまで描く必要ありますか。難点は直後に「トリプルAだ!」と言ってるけどAAAてのは「高射砲」のことで、ミサイルはSAMと言います。ついでにこの直前のシーンで出てくるMBTという略語の意味はMain Battle Tank(主力戦車)。

「匍匐飛行」なんていう軍事用語が何の説明もなくサラっと出る。NOE(Nap On the Earth)飛行ともいい、地形に沿った超低空飛行で相当に難易度が高い。その後にある「砲兵部隊に」「座標を伝えると」「その場所が砲撃される」というのは当たり前のようでいて疑問。だって無誘導だもん。普通は「外れてもいい一発目」を撃って、どちらの方向にどれだけ外れたかを観測して修正射撃をする。何らかの誘導措置がある攻撃なんだろうか。待ち伏せのミサイル攻撃を受けた時、AIが「ミサイル警報、二発、RF検出」まで言った直後に搭乗者が対処行動に入るのは、誘導方式がわかるまで適切な対処ができないため。このタイミングは背筋がぞくぞくしました。すげえ。ただ対戦車ミサイルにしてはミサイルの運動性が良過ぎるし、対空ミサイルにしてはミサイル速度が遅過ぎるというあたりは御都合。

パトリオットの対空陣地を破壊しに行った時、破壊する順番が護衛のロボット、指揮通信車、レーダー車、射撃管制車、そして次にようやくミサイルランチャーというのが興味深い。最初の2つはともかくとして、確かに言われてみればレーダーが最重要な気がする。

──ここまでで、ようやくAパート終了っていうことが信じ難い。いやこれたった15分足らずで、そこらの戦争映画一本分の情報量越えてねえか。


2005/07/29(Fri) この日を編集

[デジカメ]海遊館

沢蟹。後で出てくる蟹と比べて可愛らしいこと。んでこっちが可愛らしくない蟹。深海にいそうな感じ。魚眼使用。この水槽はたいへん気持ち悪いが、この空間は何故か異様に落ち着く。オススメ。ラッコ?アザラシとかと区別ついてません。頭がかゆいのか盛んに掻いてた。爬虫類らぶー。鰐ズ。ていうか俺、ここに載せてないけど撮影一枚目はアライグマで、この鰐の次は猿を撮ってた。魚、撮れ。
あなたたちは何故虚空を見つめるの?そこに何がいるの?マンボウ。デカすぎてどう撮ってもはみ出る。すごいパープルフリンジ出てるな。こいつはムカつく。何がムカつくって顔がムカつく。性格も悪いに決まってる。顔つきは左と似てるのに鮫だと可愛いのが不思議。鮫ラブ。魚眼使用で魚を撮る。ていうかアンタら撮られすぎ。夏の海水浴客か。クラゲ。汚い汁を放出しながら泳いでるように見えるが、モヤモヤは本体にくっついてます。
動画。このペンギンという動物はたまにギャグで生きてるんじゃないかと思える。動画。サービス精神が足りずすぐ潜るアザラシ。動画。水中で速過ぎ。静止画では絶対に撮影不可能。動画。イルカも速いが、ペンギンよりも容赦のある動きで撮影はラクちん。さすが水族館の華。動画。世代的に「チャンチャン避け」という言葉が脳裏に。動画。魚眼使用。あんたら一生懸命だが、進んでねえ。


2005/07/30(Sat) この日を編集

[日記]昨日やったこととか

今日は本気で何もやってないので(ていうか昼間はほとんど寝ていた)今日書いてみたりとか。

昨日の日記の通り、海遊館に行ってきた訳だけど、ちょーどよみうりテレビがイベントやってて大変な大賑わい。勘弁してくれ。海遊館そのものはイベントとは無関係ながら、平日とはいえさすが夏休み。お子様でいっぱい。しかし何故子供ってのはガラスに手をつくのか。ただでさえ狭い視界が余計きついです。でもまー粘りさえしてればイルカ以外は最善列に行けたのでヨシとしよう。

ツッコミ返事でも書いたけど、ふつーのキレイキレイな熱帯魚やらはあまり興味ナッシング。潜れば見れる魚はなー。ちょっとやそっとじゃ見れない代物の前で主にカメラを構えていたりとか。マンボウとか。

しかしふつーのデジカメや、下手すると携帯電話内蔵カメラで撮ってる人がやたら多かったが、あれは無理だろうなあ。ISO800設定でF2.0のレンズ使って、1/15秒とかそんなレベルの水槽。EOS 20Dが欲しくなったよ。ISO3200設定で、F1.4くらいのレンズ使えればなあ。

写真でも書いたけど蟹の水槽は異様に落ち着くのでオススメ。しかし異様に怖い。近くの兄ちゃんが「あー食いてー」とか言ってたけど、あの水槽を見てそう思えるのはむしろ猛者で、普通の感覚だと人間の方が食われそうな気がする。

海遊館出てからサントリーミュージアム。ここには世界最大のスクリーンを持つIMAXシアターがあり、なんでも名探偵コナンの3D映画(短い。15分しかない。700円とる癖に)やるんだとか。よく知らないけど。さすが初日でTVカメラとかが来てたりしたのでコソコソしてみる。

ここの3D映画のシステムは偏光メガネをかける方式で、大昔にあった赤、青のメガネでもなければ、二十年くらい前にどっかで体験した1/30秒間隔で左目と右目を交互に真っ暗にするチカチカメガネ方式でもない。カメラやる人間的にはPLフィルタと一緒、と思えば理解はラクチンだが、これはチト俺には問題があったりも。映画見るとき、けっこう首を傾げてるんだよなあ。この偏光メガネ方式は頭をまっすぐ立ててないと像が正常に見えないのだった。まあいいや。

映画の内容は、まあ、なんというか、何も言いたくありません。俺の知ってる名探偵コナンって推理モノだったと思うんだけどなあ。コナンとはこんなもんでいいらしい。完全フルポリゴンのコナンが非常にキモかったのが一番心に残っている。

しかも俺は3D映像を見るという能力に欠けており、一番の売りも俺を通り過ぎていった感あり。ていうか、こういったIMAXより大阪市立科学館にあったオムニマックスの方がインパクト強かったなあ。プラネタリウムのドームを使い、その内周全面に映像を映す。Zガンダムあたりの全周映像コクピットが巨大スケールになったみたいなもん。ふつうの2D映像なんだけど、異様なまでに高精彩で絶対にどうやっても全てを視界内に収められない情報量はそんじょそこらの3D映像とは比較にならないほど臨場感があった。ただし酔う。

映画でたいへん目が疲れたのでそのまま出たが、いかにも現代建築臭のする建物だったんだからいろいろ撮ればよかったなー。

ガンダムの近代美術展、みたいなのもやってたけどスルー。実物大コアファイターと、非常にキモい巨大セイラはちょっと見てみたい気もしたけど、基本的に「げーじゅつ」とは相容れないんだよ俺。もっとアホなものならなー。ただ受付横のザク展示の脇にあった、「撮影の際、ザクたちには決して触れるな」という看板がこっそりツボに入ったりしていた。そうかザクって複数の場合は「たち」付けするのか。

一休みするか、と思い、サントリーミュージアム内に看板のあった館外の喫茶店を探しても見つからず。プチ迷ったついでに停泊中のでかい船を撮ったりして遊ぶ。光の条件とレンズの性能さえ確保できれば800万画素ってのはものすげえ細かいところまで写って面白いのだった。ノーレタッチ(でも使ってる写真アップロードサービスが勝手に再圧縮しやがんなコレ)。この船、喫水がやたら浅いなー。整備中なんだろか。

さらにどっか行こうか、という意見もあったりしつつも、やっぱ疲れたから帰るか、ということにしたり。電車に乗ったらもう足がぴくりとも動かなくてびびる。体力ないなあ。帰宅したら即寝。やっぱりな。

ていうか、こんな内容ナッシングな日記ってどうだろう、と自問したりもする。まあ今までも内容無かったけど。


2005/07/31(Sun) この日を編集

[デジカメ]ソニーのデジ一眼参入

ここの更新を放置(サボりではない。積極的にやる気がなかった)してた頃に起こったデジカメの一大にうす。ていうかソニー、つい数ヶ月前に「ソニーはデジ一眼に手を出さない」て言ってたじゃん!まあ松下がオリンパスと組んだ以上、仕方ないのか。

とは言ってもソニーの一眼参入は当然っちゃ当然で、今、デジカメでいちばん収益を上げられるのは一眼だしなあ。コニカミノルタと組むのも予想の範囲内。サイバーショットは中身のコントローラは京セラ製で、カールツァイスブランドのレンズは実際に作ってたのはコニカだから。京セラが消えた今、コニカミノルタが一番組み易いだろうて。キャノンとニコンはどことも組まなくても楽勝だし。ていうか、ニコンはすでに富士とちょっと組んでる(富士のプロ用一眼はニコンマウント)。

で、ペンタックスと組むのはどこですか。あと残ったデバイスメーカはシャープか。カシオあたりが仲のよさ(レンズやシステムの相互供給)と、必然性(現状、売れ線メーカで一眼作ってないのはカシオだけ)があるからあやしいんだけど、カシオのことだから暴走した挙句シグマあたりと心中コースに突っ込みそうで。

それはさておきソニー&ミノルタだけど、なんか、その、メリットとか薄そうな気はする。商品メインでなく会社都合で結託したような気配。出来上がりの製品が想像できねえ。どちらも欠点はないけど長所もないメーカーだしなあ。手ぶれ補正技術だけ両方持っててどうするよ。

松下&オリンパスは相性良さそうな気がするのと対照的。オリンパスは商売力が足りないし、松下は画像処理技術がダメ。松下の手ぶれ補正技術にオリンパスは喉から手が出てるし、オリンパスの光学設計技術は全デジカメメーカ屈指。まあ来年前半に出すとゆー松下の製品見ないと判らないけれど。どういうモノを吐いてくるのやら。

ソニーミノルタにもし出して欲しいとすれば、使い勝手を無視するまでに小さい一眼かな。αマウントのサイズがあるから限度はありそうだけど、ぜってー需要あるとは思う。一眼でけえよ。

[デジカメ]松下の新作FZ30LX1FX9

売れ線は間違いなく大人気FXシリーズの最新作FX9で、なんというかFX8を出してから三ヶ月経ってねえ。ナメとんか松下、という人は多そうだ。液晶がまともになったので、けっこういいかも、とは思う。

また手動ズームリング装備のFZ30は多倍率ズームの決定版と言える。これ一台で、本気であらゆる撮影に対応できる。こんな代物買うならいっそ一眼買えよ、とも思うけれど、手ぶれ補正レンズの値段考えるとな。液晶見ながらの撮影は三脚使用時にすげえラクというのもあるし。

しかし、それよりもなによりも俺の心を捉えたのはLX1。これはすごい。売れなさそう。横に長いCCDて。APSとかの標準(APS-H)もこのアスペクト比だけど、このフレーミングは楽しそうだ。いや28mmのレンズつけて上下切ったらそれでいいんだけど(しかし画素数的に損をする)、はっきり言って普段は超不便なんだろうけど、それでもなお俺はもしこの三つのうちどれかというならLX1が欲しい。すげえぜ松下。やることがイカす。

もはやデジカメは普通に撮るだけなら「なんでもいい」領域に達してるからこそ、こういった明らかに違う映像を吐けるカメラは魅力を感じる。このカメラなら買って二年くらい経っても持ちつづけられそうだもん。俺にとってOptio43WRがそうであるように。

ただ「唯一の所持カメラがLX1」ていう状況は俺もイヤかな。一眼とかFZ30持ちのサブカメラって感じか。どんなブルジョワだ。

[link]デジタル放送のコピーワンス見直し

これは最近の話題。明らかに腐れ果てた規格で、デジタル放送の普及をすごい勢いで阻害していたコピーワンスを「なんとかせにゃ」と今更対応しようとしている。て、遅ぇよ。

ちなみにアメリカでは日本より余程ゆるいコピーワンスをつけようとしたところ、消費者団体から猛反発くらい裁判沙汰になって規格が吹っ飛んでいる。

今までおもしろいことにデジタルチューナを内蔵してるにも関わらず、コピーワンス制約に引っかかりHDDに録画できないハイブリッドレコとか、HDDに入れたら最後DVDに焼けないレコとか、編集が一切できないレコとかいう愉快な代物がぽろぽろ存在していた。どれがどの制約があるかなんて、AVマニア以外理解できないわけで、電気屋で店員の薦めに従って買ったらアウチ!とか当たり前。これって健全な市場ですか。

DVDに移動した時にもし焼き失敗でもあれば、HDD内に例えデータが残っていても消滅。また焼いたDVDは、他の機械で再生するなら録画機械に挿してたB-CASカードを一旦抜いて再生機に挿さないとダメ。一度デジタルで保存してしまったらアナログ接続ですらダビングを禁止。すげえや。

でもこれ、見直しって言っても、ダメだろうなあ。「今後そうしたい」じゃなく、すでにこの規格で動いてんだもん。今更やめると言っても現状がカネになってる層からの反発で動けないだろう。

そういう感じで、うちはやっぱり当分デジタル放送とは無縁の生活を続けよう。チャンネルによってはゴーストが載るから、多少はなんとかしたいとは思うんだけど、デジタルのメリットよりデメリットの方が遥かに多いもんなあ。

別ソース(産経)では「コピーは三回までにする」という情報があったりした模様。どうやってそれを管理するの?なんかこれは嘘くせえな。


最新 追記