最新 追記

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
2017|02|
サイドバー

2005/05/01(Sun) この日を編集

[日記]ようやく涼しくなった

ここ数日、本気で熱死しかけてたからなー。いや原因の半分はよりによって気温30度超の日にPC二台を稼動させてたせいなんだけど。CPU稼働率100%ぶっちぎりのPentium4機は人間のいる部屋に置くべきじゃないよな。メイン使用機も5分以上離れるときは真っ先にサスペンドしている。

今年も窓際設置の扇風機は大活躍で、窓の反対からの風向きでもかなりの効率で部屋の換気をしてくれる。

家電メーカ的には窓設置式エアコンと同じような仕組みの窓設置式扇風機を安価で出してはどうかと思うほど。まあ気温が本気で高くなったら無意味なんだけど。

今日は久々にまとまった雨。たまにはいいですな。雨上がりの空気はんまい。


2005/05/02(Mon) この日を編集

[日記]久々に熟睡

最近、いったん寝付いてもだいたい三〜五時間前後で目が覚めていた。五時間も寝ればまーだいたい疲れは取れるんだけど、問題は何の予定もなくても勝手にその時間で目が覚めるということ。いっくら睡眠不足でもそう。

というわけで、予定もないことだし昨夜テトラミドという抗鬱剤を飲んだり。これ毎晩一錠ということで処方されてるけど普段いらないから無視してる。何故無視するかって、身体が薬に慣れるまで、起きたあとにとんでもなく倦怠感が襲ってきてたまらず寝てしまうから普段の生活ができない。普段の生活ができなくてもいい時にぴったりと言える。

四度寝か五度寝までいったかな。まともな活動を始めたのは午後の三時頃になってから。

これを熟睡と呼べるかどうかはともかくとして、ここんとこ最近ずっと付きまとってた睡眠不足感は綺麗さっぱり払拭。満足だ。


2005/05/03(Tue) この日を編集

[日記]俺は文章だと言うことがキツいようだ

だーいぶ丸くなってきたとアチコチから言われてるんだけどなあ。メールとかではまだまだ。はっ、もしかして丸くなってるのは性格ではなく体格かっ!(ベタ)(でも真実)

メールでは「半端な意見なら最初から言わない」と決めてる分、いざ送る時には完全な防御を準備した上で確実に弱点を貫く勢いで書いちゃうんだな。こっちのハラが座ってるせいで、取り付くシマがなくなるというか。メール送られたほうからすると全否定になる。いや全否定でなければ俺から意見なんか送ることないから当たり前なんだけど、中間がない分、受診した人の衝撃がキツいことは想像に難くない。

普通の会話ならテキトーな隙がかってに織り交ざるんだけど、メールというかキーボードで書く文章だと脳から出てくる内容をそのまま叩くから、綻びがあったら反射的に「埋めて」しまう。結果として息継ぎもできない文章ができあがってしまう。

で、やりとりを繰り返せば繰り返すほど、相手からすると「絶対に納得できないけれど、どうやっても論破できない」という最悪の屁理屈が勝手に完成していく。俺の最大の武器で、最大の欠点かも知れず。

なんというか、大人になれや俺。

[日記]撮影をしたりとか

人間撮るのは難しい。俺がE-300で撮ったのより、同居人がS1ISで撮った奴のほうが遥かに使える。シャッター速度をちょっと甘く見すぎてた。ISO800まで上げればよかった!

うー。反省することしきり。しかし隠し撮りで撮ってたOptioの写真は思いのほかうまく撮れてたのでヨシとする。だいぶOptioのノーフレーム撮影になれてきた。カタチがカタチなだけにどっち向いてるのか分かり難いんだよなー。

あと強力なフラッシュ要るわ。天井が5mくらいあるところだとバウンスが届かない。また一度オートで撮ったら、その設定のままマニュアルにして設定固定で撮る、というのがいいかもだ。今更何言ってんだ俺わ。うー。いろいろ反省してます。してますよー。ごめんなさい。

三枚くらいはかなりハッとするのもあった。少ないよ俺わよ。


2005/05/06(Fri) この日を編集

[ゲーム]『斬魔大聖デモンベイン』

男キャラがことごとくギャランドゥアピールスーツ。このスーパー臭漂うメカデザインは悪くない。
ここんとこ最近ずっとコレをやっていた。わりと古いゲームながら、いつかやろーと思っていたので、この機会に。公式

うーん。巷の評判もいいし、コンシューマにも移植されたし、続編も出るし、ここのメーカのゲームは毎回かなりの良作なんだけど、俺的にはちょっとイマイチ?

展開がどうもなー。ロボットものに見せかけた、あくまで「クトゥルフもの」で、この手の話によくありがちな観念的過ぎる表現の羅列に正直言ってついてけません。そしてクトゥルフ以外の部分についてはシンプルといえば聞こえはいいけど、単に陳腐。御都合がハナについちゃダメっしょ。本当はロボっぷりに燃焼バーニングできりゃいいんだろうけれど、スレた俺の血はこんなもんでは滾らず、そして冷静な目で見るスーパーロボット展開はひたすらにサムかった。息抜きギャグとシリアスとの切換が徹底的にマズい。終盤の展開も「『トップをねらえ!』に負けてるなあ」とか思ってたし。

そしてテキストに魂が入っていない。くせに長い。ここのメーカの悪い癖だが、たぶん書いたテキストを捨てずに全部盛り込んでる。やけに間延びする。またキャラによって複数ルートがあるのに基本的には同じ展開で繰り返しがダルい。さらに場所によっていきなりボイスが入ったり入らなかったり、録音レベルが超不安定なのも印象バッドより。ていうか声いらん。うるせえ。

ああもう欠点ばっかり思い浮かんでしまう。序盤にがんばって入れてたアニメーションを後半まるでなくしたのは正解か。ハッキリ言ってどっちらけだったもんな。

いい点もいっぱいある。多層が重なってガンガンと紡がれていく奥深さとか。ドクターウェストの変態っぷりとか。輪廻ものとしても比較的いいほう。アルのシナリオでの11章展開はなかなかよかった。ライカシナリオの終盤は「さすがニトロプラス!」というべき気迫に溢れていた(主人公が完全に脇役だけど)。

でも総評価としたらダメげというしか。点数でいうところの30点*1か。「熱い男の戦い」部門(なんだそりゃ)最強なFateやった後じゃこの手のものは厳しいよなあ、というか。

まあいいや。これで古橋秀之の小説版が読める。(それが目的ってのもどうかと>俺)

*1 俺はこーいう点数付けする時、「並」を50点ちょーどと考える。

[デジカメ]オンラインアルバムに猫動画

アップ動画からの静止画キャプ

アップしてみた。俺以外もちゃんとこれ見れるのかしら。

うーん、動画のオンラインアルバム化は難しい。難しいです。でもサーバの容量が微妙にピンチめなため、なんとかこの路線でいけないかと思っていたりする。

モビゾーとか使えないかと思ったけれど、俺がやりたい「大画面ロングサイズ」には向かないっぽい。「DivXとかに対応してて3Mbyteまで」というからウヒョーそりゃいい、と3Mにあわせてエンコードしたが、メールでしか受け付けず、MIME化しての3Mということで実質2M位。さらにあっちのサーバ側でFlash形式に変換した上でさらに3Mで切られる。よって2秒くらいしか写らない。ハナシにならねえ。携帯電話のムービー機能に完全に特化してるんだな。

というわけで、他に動画に対応してる無料オンラインアルバムを探してみたところ、Nikon Imagingがよさそうなので会員登録してアップしたのが上のん。

しかしここ、動画への直リンクが貼れない。いや貼れることは貼れるけど、動画ファイル自体をサーバがcgiで吐くから、サーバ上のファイル名が変。何が困るって言えば、普通にクリックした場合の挙動がよくわからん。

もーちょいマシなサーバを探してみよう。海外かなーやっぱ。できれば本サイトにも使いたいから、転送量制限のないところがいいんだけど、となると海外は厳しいんだよなー。

[日記]BiGも容量1Gbyteになるのか

全然知らなかった俺。まあ今ドキ有料サービスで100Mってのもどうよ、という気もしてはいた。というわけで別にそんなに急に容量が厳しくなるわけじゃないっぽい。

でも今年度中、て感じでいつ容量増加するかわからん。さらに上記動画でたった20秒余で4Mbyte弱あるわけで*1、やぱし外部に置く癖をつけといたほうがよさそう。外部に置くと忘れた頃に消えてたりするんだけどな。

*1 WMV9やDivXの場合、俺はだいたい1分10Mbyteを目安にしてる。

本日のコメント(全1件) [コメントを書く]
Xvhaumam (2010/03/29(Mon) 15:51)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra generic viagra 袪袤袨袩


2005/05/09(Mon) この日を編集

[]車のオイル換えてません

そろそろ1年になるのに。このままだとまた前と同じように2年交換なしになりそーだなあ。近々いってこよう。

以前はスバルのお客様感謝デイで、当日にオイル交換半額だったと記憶してんだけど(3千円強くらいになる)、最近はこのオイル交換は当日ではなく、感謝デイに行ったら「半額券」をくれるという制度になっちゃったみたい。二回も行くのはめーんーどーくーさーいー。

というわけで、ここは一つMKに行こうかと。4千円かかるけど、まあ、ガマンの範囲内か。ていうかオイル交換ていくらくらいが相場なのか全くわからん。

オイルも半年ごとくらいには換えるべきとか言われるけど、どーも年間2,000kmも乗らない俺のペースだとそんなには必要なさそうで。まあ、俺はたまにエンジンに思いっきり負荷かける(ブレーキ踏みながらアクセル踏んで回転保ったり)んで、1,000kmごとであろーが換えてもいいんだろけど。ど。

[デジカメ]DMC-FX8

いやこれFX7じゃん。いやまあ電池寿命が大幅に伸びたんだけども、それは単にFX7が遅すぎただけだし、AFの0.53→0.27秒もあるべき姿になっただけだ。むしろ今までのFX7がFX6.9だったと言えよう。

しかし「赤ちゃんモード」と証する、誕生日を登録しておくと年齢やら月齢やらを撮影画像に入れちまう機能は面白い。よく見たら動画撮影が強化されてる。640×480撮れるんだ。FX7は320×240までだったのに。画素数もサイズも同じCCDだけど、換えたのか?勇気あんなー。軽薄な色ノリも改善されんのかしら。

ともあれ、FX7がFinePixF10に一発やられた仕返しということですな。俺ならF10買うけど。他メーカの動きも楽しみだ。

[デジカメ]オリンパスよわい

生き延びてください。コンパクトカメラ使ってるだけならいいんだけど、一眼はメーカが死んだらシステムの発達も止まるから。

というか、やりたいことがわからんのだよなーオリ。高価格な一眼とレンズの路線に突き進んでる。

確かにオリンパスのレンズ技術は凄まじく、ちょっと目を疑うほどの絵を吐いてくる。でも高価格カメラ市場ってのはすでにキャノンとニコンが締めてて、このへんは絶対に突き崩せないことはカメラかじったことがある人間ならみんな知ってるだろうに。あのへんは機能でも性能でもなんでもなく「信仰」なんだから。

だからこそ、今までキャノン、ニコンのレンズ資産がなかった人達(=俺みたいなデジカメからカメラに入った連中)向けに、銀塩とは違う一眼の世界を作っていくフォーサーズ規格をブチあげたんだろうに。機能と性能だけでなく、信仰を一から作っていかないと戦えないから。それはすごく正しい。そして成功もしてる。

しかし何故その市場でコンパクトデジカメとは別次元の価格帯に突き進むかなー。本体が10万円を割るE-300を出してから後に発表したレンズが、25万円の超広角だけって何事。今後の予定がF2.0通しのズーム三本なんていう六桁値段路線なのは何事。

今、オリンパスの一眼は「交換レンズ1〜2本を買って楽しんで満足する一眼初心者」か(俺のことだ)、「レンズに湯水のように注ぎ込めるけどキャノニコ系はキラいなアウトロー」にしか薦められない。これじゃダメっしょ。

とりあえずキャノニコ路線ではなく、ペンタックスの市場を叩き潰すつもりで用途がすんごい限られる変態レンズを安価に出してくれば、俺は喜ぶ。すでにキャノニコ系使ってる人も変態レンズのためにサブとしてE-300あたり買う、という可能性も出てくる。一眼持ちの連中は今更荷物が増えることなんてカスほども苦痛に思わないから。


2005/05/10(Tue) この日を編集

[日記]久々の出勤

俺は半端ニートくんとして火曜〜木曜しか働いてないので、11連休ぶちかましていた訳だが、3〜4連休くらいならともかくこれくらい長期間の休みは俺的にあまり好きでなかったり。体内リズムがぶっ壊れるんだよなあ。

というわけで、珍しく目覚まし時計に起こされる。朝食を食うかどうするか迷い、結局食ったところ、気が付けばいつも家を出てる時間(準備まったくゼロ)。ああこりゃいかんと手早く装備を整えて家を飛び出たのが9:32。いつもより10分遅い。長いこと流星号に乗ってなかったのでエンジンのかかりが悪く、携帯電話を車の中に忘れてたので、それを拾いに行く必要もある。

でいつも無断で停めてる会社近くの銀行の駐輪場に流星号ごと突っ込んだ時間は9:47。いつもより2分しか遅くない。ていうか家出てから15分しか経ってません。俺はどういう魔法を使ったんだろう不思議不思議。

そして出勤。なんとなく今日はゴージャス気分なので、昼はパン食ではなく豚丼にするつもりでスーパーをスルー。

長いこと会社にいないと困るのがメールで、ウチの会社は何故かサイトのトップにあるメールアドレス宛のメールが全員に配信される。よってspamとウィルスの数が半端じゃねえ。最近こそ大本で多少のフィルタリングをするようになったお陰か、今回メーラ起動して受信したのは98件で非常に少なめだったが、以前は一週間も休めば300件とか受信してたからなあ。

そして非常にうざいのがノートン先生。以前は勝手に検疫してくれてたウィルスチェックが、最近のバージョンは「この電子メールメッセージで脅威が見つかりました」ダイアログが出てきてOKを押すまで先に進まない。このダイアログを消す手段は調べても調べても不明。たーまーらーんー。これが自宅なら即ウィルスチェックを切るところだけど、さすがに上記状況だとなー。

とっくに更新期限が切れてるのもあって入れ替えなきゃいけないんだけど、会社が新しく買ったのもノートン先生なんでもう耐えられん。

んで他のspamとかを整頓するのに20分くらい。spamの中から自分に必要なもの(必要なものに英語も混じってるのが難で、英語エンコードを自動に弾く設定にできない)を探したが、結果として「必要なものはない」ということになった。

さあて仕事ナニしようかしら。

[ゲーム]『SplinterCell』新作おもしろそう

相変わらず中年中年連発してるなあ西川善司。というわけで似非ルギアソリッド三作目。よく読んだら二作目も一ヶ月ほど前に日本語版出してんのな。いつかやろう。

一作目は旧ソ連圏のグルジア(日本語版では「ジョージア」と言ってたが)まわりが舞台で、俺がまだやってない二作目はイスラム文化圏のハナシ。でこの三作目はどこかといえば、日本、韓国、北朝鮮、中国!前提もムチャクチャ実際にありそうな展開で、以下要約。

2007年、中国と北朝鮮が日本国籍船の海上封鎖に踏み切った*1。日本は憲法第九条があるため対策がとれず、事態をアメリカに委託。
しかしその直後、北朝鮮がアメリカ空母をミサイルで攻撃、沈没させる。それは裏では、反米活動が活発な韓国が糸をひいていたものとわかる。
それを知ったアメリカは、北朝鮮だけでなく、同盟国のはずの韓国との開戦を決定した。

大爆笑。いやこれ真剣にシャレになってねえよ。やるなあトムクランシー!さすが流行に敏感だぜ。

まあストーリーはどうあれ、ゲーム内容そのものはいつもとおんなじ。このへんはシリーズものアクションゲームの限界ですな。まあ、面白いうちはおんなじでいいです。メタルギアソリッドより面白そうだし。

違う点は侵入先の背景で、二作目はまあ確かに一作目とは違うよね、という程度だったが、この三作目ではモロ韓国風味な背景とかいっぱい。もちろん侵入先には日本家屋も存在し、明らかに確信犯の勘違いジャパンっぷりもお約束。障子に映る影めがけて銃撃とか、燃えるじゃないですか。いい線ついてます。

しかしProgramableShader3.0ベースってのが心配。というのも、俺のメイン機のビデオチップはRADEON9600XTなので、こいつのShaderは2.0なんだよな。まあShader3.0のビデオチップは今んところnV40系(GeForce6シリーズ)しか存在しないわけで、ゲーマの半分を占めるATI派を切り捨てるわけにはいかないだろうから、動くこた動くだろうけど妥協したくない。この手のゲームはグラフィックオプションをできるだけ贅沢に使うのが面白さに繋がるから。超リアルな影生成を楽しめないのはつまらんでないですか。

SplinterCell三作目そのものは開発中はShader2.0ベースだったよーなので、2.0ベースで3.0にも対応しましたよ、くらいを希望。

*1 わかりやすく言うと「いますぐ開戦すっぞという示威行為」な。

[日記]イラクといえば

また邦人誘拐とか。でも今度のは警備会社勤務。ってプロじゃん。あのへんでいう警備会社っていうと手榴弾の直撃に耐える車(ムービーで実際にやってる)と機関銃で武装し、依頼に応じて警備というよりむしろ護衛をやる、日本語でいうところの「傭兵」以外の何者でもない人たち。

というわけで、ちょい前に勝手にイラクに遊び気分で入って拉致された馬鹿とは根本的に違う。この人らは、こういうことを覚悟してイラク入りしてるし、それだけの対価ももらってるハズ。でも個人的には以前の馬鹿よりももちろん価値あるよなーと。たぶん誘拐された人も日本が国として助けてくれることなんか期待してない。そもそも日本としては誘拐された人を日本人とはあんまり見なしてない気がする。

ベストな解決は、米軍か英軍が特殊部隊みたいなのを準備してテロリストを全員射殺だなーとか。(もちろん日本のためではなく、他のテロリストへの見せしめのため、なんだけど)


2005/05/11(Wed) この日を編集

[日記]ヒゲそり何日ぶりだ

というより何週間、いや一月くらい経ったかも。というわけで剃った。

俺のヒゲは伸びるのが遅い、全体に薄い、数少ない奴も細い、と三拍子揃ってるので、一回剃ると一週間は保つ。そのあと太くて長い奴を見たらつい毛抜きで抜いてしまう。三日で十本くらいのペースかな。それをやってると、いつまで経っても1m以上離れた人にはヒゲの気配を感じさせない状態になる。でも実際には細ーいのが生えてるんで、近くで見ると非常に胡散臭い人になっていた。(それでもヒゲが濃い人の正午あたりと比べても全然薄いんだが)

で、なんとなく気になったのでシェーバーですっきり剃る。うーヒリヒリする。シェーバーでやると必ず肌が負けるんだよなあ俺。やっぱり剃刀買うかなー。

しかし久々に薄いヒゲコーティングがない顔面は、なんか直接外界に触れてヘンな感じで少し面白かったり。

[日記]バイト先に新人

昨日書くの忘れてた。バイト先が連休前、ちょこちょこ求人やってるなーと思ってたら、営業関係の人間を増やしていた。若い(二十代中盤?)のねーちゃん。ハナヤカですねそうですね。俺は隔離席なので関係ないけど。

で、その隔離席までいちおう名前と「よろしくお願いします」とか挨拶しに来た新人さん。俺、本当に反射行動として脳が勝手に「わからないことがあったら私以外の人に聞いてください。できれば後で私にこっそり教えてください」という文面を作っていたことに気付く。初対面でこんなことスラスラ言う人、なんか会話好きの人みたいではないか(いやギャグにもなってないんだけど、今後気軽に話が弾んでしまう恐れはありそうだ)。俺は今の会社では無愛想で通してるんだっつーの。

なんとか自制して、見事なほどに作った感の笑顔で「こちらこそよろしくお願いします」で返す。あーやべえ。俺はもう今更、第一印象で面白い人とか思われたくねえのだ。限りあるユーモアは大切に使おう。

[link]ロケーションフリーTVのベースステーション預りサービス

ロケーションフリーTVというソニーの隠れ名作*1を使ったサービス。いつか出てくると思ってたが、またわっかりにくい仕組みだなあ。

「関東圏のTV放送*2を、地方や海外からリアルタイムで見る」という客の要求に答える商売。なんだけどこれ、客の立場からすると「ソニーのロケーションフリーTVを買う」「この会社と契約する」「親機をこの会社に送る」「見る」という手続きが要る。もちろん契約終わるまで親機が手元にない。すげえ敷居高くないか。

このビジネスモデルは疑問だなあ。月額4,800円も出せばCATV引けそうな気がする。海外では無理だが。あとロケーションフリーTVを一旦自分で買った人なら、いちいちこの会社に頼まなくても、関東在住でブロードバンド回線がある友達の家に置かせてもらえばタダだ。アホらしい。

俺はこの商売、ソニーの許可をとって、「子機のレンタル商売」というカタチで出てくるかと思ってた。ロケーションフリーTV、という商品を客に意識させない。「申し込めば、世界中どこでも関東のTVが見れる装置を送られてくる。契約期間終わったら返す」。商売としちゃ客の敷居がずっと低くなる。ロケーションフリーTVの在庫を抱えないとダメなぶん企業としては厳しいけれど。

しかしいろいろ夢がある製品で、こういうサービスが全世界単位で普及すれば衛星放送なんか無意味になる。インターネットの回線さえ繋がってれば地球の裏のTVでも見れるんだから。当たり前だけどデジタル送信だから、ゴーストやノイズの心配はない(回線が混んでて繋がらない、という心配はあるけど)。

*1 TV放送をインターネット回線を使って再送信する、区域外再送信問題に抵触しそうな機能がある。

*2 関東でしかやってないTV番組や、他地区では遅れて放送されるような番組ってのがある。

[日記]食べ過ぎで3Dゲはダメだ

ていうか気付けよ俺もよ。夕食を異様にいっぱい食った挙句、SplinterCell Pandora Tomorrowをプレイしてみたら15分でダウン。非常にきもちわるいー。

うーん、これ寝つきに影響せんかしら。昨夜は午前五時まで寝付けなかった(今日は幸いにして病院に入院前検査いってきたからなんとかセーフ)んで、体調整えたいんですが、なんかまづそう。


2005/05/12(Thu) この日を編集

[デジカメ]ISO1600流行中

松下の手ぶれ補正をついに下した、ISO1600を持つ富士FinePixF10の大ヒットに続け続けと各社がなりふり構わなくなってきました。Caplio GX8やらμ-800やら。まーCaplio GXは元々ISO1600モード持ってたけど。

しかしF10は何が凄いかって、ちょっと自社でCCD開発してるからって新しいCCDを起こした富士の気合が凄いのであって、普通のソニー製あたりのCCDでISO1600なんてやると、まあ有体に言って汚物の画像を吐く。前作CaplioGXでのISO1600画像はこんなん。でも個人的にこの設定ができるだけでもエライと思う。こんなのでも撮りたいことはあるだろう。

しかしもろもろしたノイズはまあいいんだけど、横縞はなんとかしてくださいリコーさん。GX8ではなんとかなりましたかリコーさん。公式のサンプルにはチキンなことにISO100までの画像しかないけど。

μ-800も似たようなもんだろうなあ。ちなみにFinePixF10のISO1600実写画像はこんなん。真っ先にこれを見たら「うーんノイズノイズ」と思うけど、さっきの見た後だとどこが悪いのかわかりません。

[日記]雨あがりだというのに車を洗車機に突っ込む

まあ雨の降り始めよりはマシか。でもそっから帰宅するまでアスファルトからのハネは大量にかかるのは覚悟の上。

いっぺんこのタイミングで洗車機入ってみたかったのだな。けっこう車にヨゴレが強固なくっつきかたをしてるので、一雨きてヨゴレがふやけた状態で洗車機に入ってみたらとれるのでは、と。

ていうか手で洗えよ俺。

結論としては乾いてるときよりはマシだけどやっぱり完全にはとれません。今度ちゃんと洗おうぜ俺。

道路からのハネ返りは言うほどじゃなかった。昼間の雨がしっかり降ったから道の上の泥はだいたい流れてたみたいな。ラッキーと思う。


2005/05/14(Sat) この日を編集

[日記]ハイチオールCサイコー

いちおうシミ治療薬ということになっている。が、そんなもん気にしない俺が何故飲むかというと、二日酔い対策にスゲー効果あるのだった。

昨日はあんまり体調がよくないのに、ボトルの底の劣化したウィスキーをショットで5杯半(6杯目はさすがにおいしくなかったんで途中でヤメ)飲んだりして、どーかなーと思っていたが、一切二日酔い症状なし。ハイチオールCは素晴らしいですよ。

いろいろ試してみたところ、酒を飲む前に三錠、というのが俺的にちょーどよかった。運悪く二日酔い症状が出た時は朝に二錠飲み足すと早く抜けます。

あんまりビタミン剤とか好きじゃないけれど、このハイチオールCと、口内炎対策のチョコラBBは手放せません。ところでアセトアルデヒド分解を助けるというLシステイン配合のビタミン剤やサプリメントはいちおう他にもある。けれど、効能に「二日酔」と書いてあるのはハイチオールCだけなんだよなー。何が違うのか。

[ゲーム]『SprinterCell Pandora Tomorrow』で時間が過ぎていく

今日もスパイごっこに興じる俺。でも真剣にスパイするのは面倒なので殺せる敵は片っ端から殺してしまうあたり全然なってません。(基本的に「見つからないようにする」ゲームであって、敵殺害は本来は最後の手段)

いやー面白いわ。洋ゲーって大抵性に会わないけど、このシリーズだけは別。楽しんでます。他のことが手につかないー。最近、俺、ゲームづきすぎですか。

しかしやっぱり3D酔いはするな。FPSの類よりずいぶんマシなものの。

以前はモニタが15'の1024x768だったけど今は1600x1200。さすがにこの設定では重いので800x600モードでプレイしてるが、情報量不足は少し難。でも負荷はさすがに思いっきり軽くなって、CPU温度はせいぜい65度くらいまでしか上がらない。以前は平気で75度以上マークしてたしなー。

ともあれ、入院までにクリアしちゃいたいところ。こんな時期に始めるなよ俺。


2005/05/15(Sun) この日を編集

[ゲーム]『SprinterCell Pandora Tomorrow』クリア

SprinterCell二作目な。三作目はまだ日本語版出てない。金曜日から始めたからまあ、こんなもんかな。一作目よりもステージ数は減ってるし。

しかしステージ数が減ったぶん、わりと強行的なシーンが減ってるのが残念。「気付かれたらアウト」ステージが多いため、せっかくの高威力の武器が使いにくいのだった。グレネード関係なんか一回も撃ってません。そんかわし口笛は山盛り吹いた(音でおびき寄せて背後から殴る。これは気付かれたことにならない)。

前作はダメージ覚悟の銃撃戦シーンが十数回あったけれど、今回は三回ほど。うーん、まあゲーム内容的にはそれが妥当なんだろうけど、迫力不足ですよ。前みたく敵の仕掛けた対人地雷を別の場所に仕掛けるとか、設置中のセンサー機雷を遠距離からピンポイント狙撃して誘爆とか、こっそり味方識別装置を切っておいたオート機銃の傍で物音を立てて近付いてきた敵がズドドドとか、そういうのがやりたいのです。天井のパイプから片手でぶら下がって銃撃とかもやりたいのです。今回、銃は普通の使い方しかしてません。弾も余りまくりだし。

この手のゲームだからこそ、緊張感をコントロールして欲しい。前作は寿命が3%ほど減ったけど、今回大丈夫だもんな。

シナリオは一作目より理解し易いスジ。でもシナリオなんてどうでもいいんだ。それをわかってください。


2005/05/16(Mon) この日を編集

[日記]価格.com停止中

昨日なーんか見れないと思ったら。上記リンク先は現在「ソース書き換えられたりしたので停止します」とか出てる。文面見ても正確な状況は掴めず、というか捜査中だから掴めないように書いてあるんだろな。まとめサイトの方が便利かも。

よりによってNOD32なんてゆー超マイナーなウィルス対策ソフトを紹介したがために落ちてますリンク先。いやkakaku.comよ、もーちょい考えてリンク貼るべきでは。どこのサーバもアンタとこほど頑丈、というわけじゃないんだよう。

俺的にはここ数日はSprinterCellで価格.comにアクセスする暇などなかったんで大丈夫だとは思うけれど、また暇みてウィルスのフルチェックしとこう。

しかし、あんまり使ってないと思ってはいても、いざ停止すると不便だなー価格.com。単に最安値を探すだけじゃなくて、意外と話題性とか製品情報そのものを探していた自分に気付いたりとか。

[ゲーム]スペック面からだけ見るXbox360

いろいろとお騒がせなMicrosoft新作ゲーム機。まあダメだろうけど(こら)一応チェックはしておいてやる。もちろん俺は買いません。

ゲームまわりは放り出しておいて、純粋にアーキテクチャだけ眺めてみても結構興味深く、豪快にもPowerPC9x0系マルチコア+ATI系R5xx系GPU+GDDR3という構成で出してきた。PentiumIII+nVidia+DDR-SDRAMというXbox初代とはカケラほども掠ってません。注目はやっぱりCPUで、ゲーム業界に進出したくてウズウズしていたIntelを巧みに炊き付けた前作から打って変わって流行のPowerPCをもってきた。最近はコレ以外でゲームは作れないのかとすら思う。PS3もPowerPC互換だし。任天堂のRevolution(仮名)もIBMが供給する(たぶんPowerPC9xx系)ことが決まってるし。

PS3とは同じPowerアーキテクチャ出身のマルチコアCPUということで一緒くたにされたりするけど、こっちは典型的なPC系のシンメトリックマルチコア。Cellのヘテロジニアスマルチコアと大きく異なる。

わかりやすく言うとPS3は「質(計算難易度)は低いが、量が多いデータを処理するのに向く」からつまりマルチメディア志向が強いと言えるし、Xbox360は「質(計算難易度)と量とのバランスをとってる」から汎用性重視。ちなみにパソコンのCPU、特にAMD64系は計算難易度重視で量はあんまり考えてない構成となる。もっと見も蓋も無く言うと各CPUのマルチスレッド性能はCellは10スレッド、Xbox360は6スレッド、パソコンは基本的に1スレッド(HyperThreadingでようやく2スレッド)で、全スレッド合計したCPU馬力はどれも似たようなもん、という感じ。

CPUを他としたスペックでは、GDDR搭載が目を引く。本来これはビデオチップ専用メモリで、入力帯域と出力帯域が別設計になってる(ビデオメモリは常にRAMDACに出力帯域を食われるので)。こんなもんをメインに持ってくるのは何故かと言えばビデオメモリが超高速ながら超容量が厳しいeDRAMだからで、この辺の構成もPS3と一緒。帯域、最重要視。メインメモリに重要なレイテンシはあんまり考えてない。そんなにテクスチャメモリが足りないのか最近のゲームは。ちなみにSplinterCell最新作はビデオメモリの容量をムチャクチャ食い、128Mあっても足りないとか。

グラフィックまわりはATI丸投げ。どーもXboxの時にnVidiaとケンカしたという噂があるので、その影響か。もはや今更ATIとnVidiaで差なんかないから、これはどっちでもいいと言える。PS3が独自路線からnVidiaについた、という方が興味深い。あの独特の落ち着いた描画よさようなら。チップはR5xx系ということで、今すでにあるRADEON X800(R4xx)より一世代新しい。ちなみに俺のRADEON9600XTはRV360(T_T)。さすがにこのへんはPCより進んでおり、今後2年ほどのPC向けビデオチップの動向が読める。Shaderの有効利用に忙しいのね。こっちも擬似的なマルチコア風になってきてるのが流行を感じさせる。

逆に見劣りするのはドライブがDVDということ。PS3はBDドライブに決定、任天堂もどっちか載せると噂だというのに。誇らしげに「ゲームでは720p、1080iやアップスケール時のアンチエイリアシング対応」とか堂々と書いてる分際で、BD-ROMにもHD DVDにも対応しない。当然、DVDで出す解像度は480p。へちょい。しかしこれは未だMicrosoftがBD陣営にもHD DVD陣営にもついてない以上仕方ないんだろうな。

最後に無線LANのオプション扱いはケチ過ぎます。コントローラは標準で無線なのに。

[日記]入院準備

明日から入院。ということでいろいろ鞄に突っ込んでいる。最初は入院期間(5〜7日)の間、一度も洗濯せずに過ごす気でありったけの服を出してみたが、荷物が大きくなりすぎて断念。というか気付けよ俺。たまにすごく頭が悪くなるよなあ俺。たまに?

しかし、部屋が散らかりすぎて以前の入院の時にあったハズのものが発見できないのが少し厳しめ。うーん、筆箱どこやったっけ。あとT字帯(ふんどし。手術の時に要るといわれた)が今度も要るんじゃないかと思うんだけど、ないし。いや、今度は腰椎麻酔でなく局所麻酔かな?ならいらないんだが。

んでもって、準備するにあたり今現在、左膝がマキシマムに痛い。具体的には足を伸ばして立てない。退院後一ヶ月目くらいの雰囲気か。当時はまだ大層な作業はまったくしてなかった頃。うーん、これ手術大丈夫なのか?むしろ今すぐするべきなのかな。まあいいや切ればわかんだろ多分。

ノートPCをセットアップしてるけれど、さすがにPHSから自宅サーバのデータ取得はキツいかな。入院して何が辛いって、フタコイオルタナティブがリアルタイムで見れないことだ(こら)。RDからデータとって自宅サーバから直接転送してみたれ、と思ったが、無理ですそんなん。


2005/05/17(Tue) この日を編集

[]入院開始

そして大変に待たされる。まあ病院といえば待たされるもんだが。

最初案内された病室がナースステーション脇の特等席。いやここって本気でヤバい人のための病室じゃないのか?と思っていたら、さっそく明日、普通の病室に移れとのこと。空いてなかったのね。一ヶ月前から入院決まってんだけどな!いいけどな別に。

しかしナースさんの巡回が異様に激しくて落ち着かないなあ。たいへんうるせえオバさんが同室なのもちと。引越が待ち遠しいぜ。

すぐ退出しなければならないので、荷物を広げるのは最小限に抑える。それはいいんだけど、ノートパソ類はケーブルじゃらじゃら出て厄介なんだよな。とりあえず本体だけ出したが、電源保つかな。がんばれPentiumM(でも本体がいくら省電力でもPHSが電力を食うのであまり保たないと思われる)。

[]検査とか

問診、体温、血圧、皮内注射、入浴、毛剃。今は点滴中。内容はただのソリタ。しかしこないだの入院もそうだったんだが、俺、点滴が妙に苦手で気分が微妙に悪くなるんだよなあ。ふひー。はひー。

ついさっきはお散歩セット(可動点滴スタンド)つれてトイレいってきたが、帰ってきてふと見ると逆流した血が管の中を昇り飛竜。おーおー、と管の角度を調整して血を血管に戻したんだけど、これがまた肩がずん、と重くなる。これは仕方ないもんなんだろうか。

まーせいぜいこれから手術後三日目くらいまでだろう。と期待。


2005/05/18(Wed) この日を編集

[]大変な病室

世の中にはさまざまな病気があり、そのすべては自分がいつか罹るかもしれないわけだから、できるだけ色眼鏡でみないように気をつけようと思ってはいる。けれども。

同じ病室のお隣さんが痴呆、というのはきついなあ。うるさい。おちつかない。そしてくさい。

どうもオムツを勝手にはずす癖があるとかで、もう大変。しかもその中身を触った手であちこち触れるため、もはや戦場。ナースは怒るわ掃除部隊は戦うわ患者は笑ってるわそれを見てナースは呆れるわ。で俺はノートパソコンから漂う新品臭(まだ残ってる)でできるだけ気を紛らわせている、と。

繰り返すけれど、つまらん偏見を持つ人間にはなりたくないとは思う。遠い未来の(あるいは意外と近い未来の)自分の姿かも知れない。しかしここから脱出したいという俺の衝動は仕方ないものとして頂きたい。

自分の親とかのことなら許容内なんだけどなあ。赤の他人というだけでなんでこんなに抵抗あんだろ。不思議。

[]手術終了

したのは6時間くらい前だが。なんとか身体を起こして(いや「だめ」て言われてるけど)ノートパソコンたたけるくらいまで回復しました。なぜ手術直後ってあんなにへろへろなんだろう。術中、寝てるだけなのに。術後も信じがたいほど寝ていた。

この手の手術ってなにがいやって尿道カテーテルで、十時になったら開放されると聞いてはいたが我慢できずに九時過ぎに抜いてもらう。以前ほど痛くない。というか前回が痛すぎたのか。カテーテル抜いてからも一晩、尿道は地獄の激痛だったもんなあ。でも大丈夫な今回もずいぶん楽になりました。ぱんつもはけるし。

手術が終わって病室に戻り、30分もしないうちに病室引越という手際の悪さはちとどうかと。まあいいやあの病室から開放されたんだから文句は言うまい。

昼間寝すぎて、夜になってから眠れません。どうしたものやら。しんどいのでキーボードたたくのもなー。今はかなり無理している。見られたら多分怒られる。


2005/05/19(Thu) この日を編集

[]一番しんどい一晩

眠れません。そりゃまあな。

手術から12時間ほど経ってようやく点滴の針から開放された。ものすげー痛かったし、せいせい。しかしいくら身体から管が抜かれても、足の痛みと熱はどうにもならん。

座薬はできれば入れたくない、という自分のわがままを通してるのが原因なんだけどな。気持ち悪いしなあ。今の体調であの気持ち悪さにかかると吐きそう。吐くものもないのに吐くのはしんどいのだ。

あと3時間で飲み食い解禁と言われたので我慢します。水分とれば体温は落ち着くだろう。それまではあつい人として生きている。

[]朝

ようやく朝ですよ。いちおう六時から飲食解禁とのことだけど、当然、食のほうはどうしようもない。食い物なんか持ってません。しかし身体はなんでもいいからと飢えている。

ごま塩おいしい。

いやそれはどうかと。いちおう他にもふりかけをそのまま食べたりしました。それもどうかと。あとヴィックスドロップ。もったいないんだけどな。なんかもー血糖値あげたくてあげたくて仕方なかった。

これで飯までの一時間が乗り切れる。なんとか。なんとか。

[デジカメ]いろいろ新機種が出ているのに

この細い回線では画像データをいちいち見てられん!ああ喪くしてわかるブロードバンドの有難み。

やっぱり俺の一番の興味はPowerShot S2 ISで、S1 ISの弱点を確実に潰しておりもはや俺的には買い替えready状態だったんだけど、現在水中ハウジングの情報がない。公式サイトに他のオプション情報はあるというのに。なんでー。確かに水中で多倍率ズームなんか役に立たないけど、手ぶれ補正のある唯一のカメラだぜー。

この路線では他の注目はCyber-Shot H1。モロにS2 ISとぶつかる手ぶれ補正つき多倍率ズーム機。でかい液晶がソニーらしいアピールポイントで、実際にこの手のカメラを使ってる実感として言えばぜんぜん魅力じゃないけど一般的にはすげえ受けそう。ソニーはそうでないと!

ぜんぜん違う路線ではCOOLPIX S2という生活防水機。最近流行してるねえ。しかしJIS第○水準、という書き方が一切ないあたり、けっこうへぼい可能性が高く、レンズ性能や使用電池の条件もあわせてJIS第7水準のOptio43WRは悔しくありません。ほんとにあのカメラはアタリだったんだなー。どうでもいいが「S2」というカメラが同時に2つ出て非常に省略がしにくいです。いくらキャノンとニコンがライバルだからって、ねえ。

生活防水元祖はμDIGITAL 800。タイトルにもあるように、カメラ派には1/3段絞りがうれしく、一般層には23万画素2.5型液晶の説得力で勝負。上のCOOLPIXなんぞは液晶画素数が半分しかないので話になりません。これはけっこういいかも知れない。「あらゆる時に使いやすい」カメラだ。

しかし一番気になるのはやっぱりD50。まだ実写データが出てない(出てもこの回線では600万画素フルデータなんか見てらんねえけど)ものの、低価格一眼使いとしては気にせざるを得ないですよ。新CCDの実力も楽しみだ。


2005/05/20(Fri) この日を編集

[PC]よく考えたらWindowsXPをマトモに触るのは初めて

今までにも一時的に触ったことは数あれど、みっちりと腰をおろしてWinXPというOSを触ったのは意外なことに初。

はっきり言ってXP嫌いの俺なんだけど、改めていろいろ見てみると確かにコンシューマOSとして確実に進化はしてるなーと思った。なんだかんだでカスタマイズの幅も広く、やろーと思えば限りなく余計な機能は省ける。というか省きたい(このノートPCは俺のじゃないからあまり触らないように我慢している)。これはこれでやっぱりよくできたシステムという気がした。

肥大したOS、とかよく言われるけれど、今のご時世はこれくらいの機能を最初から盛り込んでないと駄目だろうとも思う。そういった機能がいらないパソヲタは自分で切ればいいんだし。

安定度もWin2kほどじゃない雰囲気ながら上々で、改めて「Windowsが不安定」とかいう人は単にWindowsすら使えない自分のPCスキルの無さをアピールしてるだけという自説を再確認。そんな奴はLinux使ってもMacOS使っても安定動作させられません。

もちろんアプリケーションエラーはちょこちょこ起こる。なんか世の中けっこうアプリケーションエラー=Windowsが悪い、と思ってる人いないか?むしろこれはWindowsがきっちりそのアプリだけ隔離して落としてる「安定の象徴」ですらあると思うんだが。ソフトのバグ、ドライバのバグ、デバイスのファームウェアのバグ、デバイスの設計ミスから電気的な不安定までぜーんぶOSのせいにする馬鹿(OSがちゃんとしてたら電圧不足のハングアップまでカバーできると思ってたりな)がいるのはどうにかならんものか。

[link]それはどうよ棒駄ぽん

主に「ブル」に対しての感想。この企画あげた奴ちょっとこのポーズ真似してみろ今すぐ俺の目の前で。座って上で屁こいてやるから。いや「吸盤」もかなりどうかと思うけど。「タイヤ」は意外と悪くないかも知れない。

ともあれショボいマキシマムなことには間違いなく、ちょっとボーダフォンの未来が深刻に心配になってくる。いやまあ、今更心配しなくとも社名変更以来やることなすこと片っ端から外しまくってる同社の迷走っぷりは言うまでもないんだけど、こりゃないでしょ。

ボーダフォン起死回生のチャンスはこんな他社後追い企画(しかも外しすぎ)でなく、キチガイ沙汰なほどに重装備な端末だと思うんだけど。DoCoMoのSH2101Vはいい線ついており、意外といまだにあの需要はあるんじゃなかろーか。SH2101Vの失敗は10万円オーバーというナメた価格にあったと思う。

[]退院時期

入院前は「一応、手術の明日には歩けるけれど、まあ週明け月曜」とか言われてた。そう聞いたらふつー、遅くて月曜と思うよなあ普通(誰に同意を求めているのか)

昨日ドクターがぽつりと言ったのは、来週末。なにそれ。いつ?そんな未来のこと俺は知らないよ?

どうも「一応月曜でも退院は可能だけれどまだ出血もしてるし週末がお勧め」とかそういうことらしいが、なんというか、これ、言い訳くさくないですか。本当なら3〜4日で退院可能だったはずが、手術時になんかミスったんと違うんかと本気で疑う。

もしそうでないなら最初から言えよ。医者のいっちばん傲慢なところで、医者以外のあらゆる職業は時間に支配されないと思ってやがる。来週から仕事出るってもう言ってるよ!どうするかなあ。結構本気で困ってるんですが。

今のドクターは信用してるしかなり好みなんだけど、圧倒的に説明が足りてません。詳しく聞きたいのにすぐ歩み去っていく。ちょっと俺が追いかけられないからと思って。それも計算か。やるなあ。

あと今日の消毒した処置室で「もう歩いていい」と言われたから、そこに車椅子おいて「練習がてら歩いて病室に戻る」と言ったら慌てて「練習すんな」と止められた。どっちやねん。基本的にはまだ車椅子乗っとけ、ということらしい。面倒くさい。

[]40mm機関砲

軍ヲタトークは軍カテゴリに隔離することにした。こんなもん読みたくない人の方は(多そう)、[軍]マーク見たらスルー推奨。

病室の中になんか江戸っ子(もちろんおっさん)がいて、よくテレビと会話してて非常にうざい。いやまあそれはともかく。で、夕方のニュースで新しい海上保安庁の巡視船「あそ」に対して「56億円もするんかー」とかボケたことを言っていたりした。それ別に高くありません。

で、そこでこのおっさん、「新しい40mm機関砲を装備し〜」のあたりで「たった4cmかー」とか抜かして俺びっくり。でも確かに機関砲とかの威力ってあまり周知されてないよなあ。

英語でいうところのマシンガンだけど、口径が20mmを超えるとマトモなマスコミなら機関銃でなく機関砲と日本語訳する。どう違うかって言えばターゲットで、20mmオーバーの代物は基本的に人間には撃たない。威力がデタラメに強過ぎて戦果の確認もできないから。武器ではなく兵器のカテゴリに入る。どっかの戦争協定で対人に撃つのは禁止もされてた筈。(実際には戦場では無視されるけど。他に撃つものがなければ撃たないと仕方がない)

前の巡視船に積んでいたのは有名なバルカン砲。バルカン砲てのはM61ガトリング砲の俗称*1で、分速6000発(巡視艇用は低速改造してあるらしいけど)の弾丸を対象に打ち込む。あんまり精度は高くなく、弾着は多少散らばるけれど、それだけに対象を完全に粉砕する。この口径は20mm。たった20mmでこれ。ちなみに口径が2倍になると単純計算で威力は8倍になる。

有名(軍ヲタには)なA-10攻撃機の主武装アヴェンジャー機関砲でトラックを撃ったら「消滅」したという逸話もある。本当に原型を欠片ほども残さないそーだ。このアヴェンジャーで口径30mm。40mm機関砲というのがどれだけ洒落ですまない本気の装備かということか。

不審船関係で相手を追い散らしたり自爆させたりってのは、「軍隊」なら目的達成でお手柄なんだけど、実際には海上保安庁は「警察」なので任務失敗に限りなく近い。あくまで目的は停船、検挙なんだから。その雪辱をここぞとばかりに晴らす気満々。しかも北朝鮮まわりの話題が山盛りあって予算がとりやすいタイミングを逃さない。しかもニュースでは言ってないけどこの40mm機関砲、FCS連動でエンジンだけ狙うとか船体に掠めるとかの精密射撃が可能。波で煽られてても自動で目標を追尾する。奴らはやる気だ。

*1 バルカンを機関銃の代名詞のように使うのは誤用。


2005/05/21(Sat) この日を編集

[日記]早起きの人

相変わらず午前五時とかに目が覚めてます。正確に言えば夜中じゅうだいたい二時間間隔で起きてる。なんか前の入院でもそうだった気がする。まあいいけど。しんどいけど。

で午前五時の時点で再度の睡眠を諦めてみたはいいんだけど、腹が減って仕方ない。朝食は八時なんだよな病院。昨日ひさのりが持ってきてくれたミスドをもぐもぐ。ありがたい。今回の入院では間食は控えたいと思ってたけど無理です。朝とか耐えられません

今回熟睡できないのは病室の位置もあって、開けっ放しのナースステーションのドアから漏れる光がモロに俺のベッドゾーン照らすのな。がんばれば本読めるほどには明るい。運が悪かった。さらにトイレの横の部屋だけに一晩中足音が散発的に聞こえる。あと徘徊してる人がけっこういるみたいで、徘徊しながら三秒間隔で「あー」「あー」呟いている人ひとり。うーん、病院って感じだ。早く退院してえ。

余談だけどこの前の入院では退院直前にマウスがひとつ潰れた。今回もなんかあやしい。入院ってマウスに悪いのかしら。掃除のおばちゃんとかがドカドカ床に落とすからか。左クリックがチャタリング(一度押したはずが何度も押したように動作すること)する。なんかダブルクリックになって使いにくいよう。

確かにこのマウスももう4年くらい経つから寿命という気もするが、しかしもう初期型のInteliMouse Opticalは入手困難なのでちょっと勿体無かったり。俺はこれが一番しっくり来るだけに。特にホイールの操作感、特にホイールクリックの軽さは絶品。保証書残しとけばよかったな。MSのマウスは5年保障なんだし。

まあ量産型でもいいか。退院したら買おう。


2005/05/22(Sun) この日を編集

[日記]昨夜は異様に静か

そういう日もあるのか。ノートのHDD駆動音が妙に気になって電源落としたりしていた。いつもの夜はどっかからか機械音が聞こえ、トイレに行く足音もひっきりなし、頭の上ではトイレの洗面台からの音が丸聞こえ、あと徘徊老人があーあー言ってるんだけどなー。

しかし意外と寝付くのに苦労し、さらに午前五時にお隣さんが新聞ガサガサさせながら読み始めた(いやそれ昨日のだろ、いくらなんでも)んで完全に起きてしまいやっぱり寝不足。また五時起き〜。

病院で熟睡ってのはやっぱり無理なんだよなあ。これくらい不快な空間にしておかないといつまでも入院したがる奴が出てくるからかな。

余談だが、消灯時間後にPCをいじっていて、巡回のナースさんに超びっくりされた。まーなー。なんか場所と照明的に、カーテンをあけたらそこに液晶のぼんやりした明かりが半端に顔を下から照らしてる俺がいたしなー。ちなみにお咎めは一切無し。TVは駄目な時間なんだが、こいつはオッケー(いやそもそも「入院のしおり」にはパソコン駄目って書いてあるが)なんですか。ありがとう。

[]『絶望系 閉じられた世界』谷川流

「がんばってドグラ・マグラやって失敗した」という評価があるらしいが、あーなるほど。ドグラ・マグラなんか読んでないけど、なるほど。

個人的にはぜんぜん駄目で、およそこの手の不条理話はあまり好きでないというのに、キャラクタが物語から浮きまくっていて超違和感。だいたいにして狂気描写がなーんか微妙。こんなもんで狂気語るなど片腹痛い。というか、たぶん作者的には書けるのに、先に作っちゃったキャラクタが邪魔して描ききれなかったんだろうな。

しかし。以前からこの作者、もー無理めな萌え描写はやめてしまえ、と思ってたけど、これを読んでちょっと思った。萌えがなかったらかなり読む人を限定するよな。もー書いてるのが楽しそうで楽しそうで仕方ない、意味が何にもない哲学的逡巡とか、誰が読むんですかと。

ともあれ、実の姉に虐待されまくってる妹とか、悪魔を呼ぶためだけに人を殺しまくる金持ちとか、そうする意義がないことは誰もが知ってる死体損壊とか、中学一年で子供を産むためにセックスしまくる少女とか、「この世は絶望であるべきだ」とか言いながら世界を作り変えようとするとかくらいではコワレとして俺は納得しません。総じて半端。電撃文庫以外で、もっと極まったのを許容するレーベルでやってくだされ。

最後、どん底になりつつある世界で物語をぶった切らず、微妙に光を残してるのは賛否分かれそう。俺はその微妙すぎる光量がアリだと思った。


2005/05/23(Mon) この日を編集

[日記]母と兄が来る

すまないねえ。いや別にこの入院は超予定のものだからほんとにいいんですよ?

ということで、外出許可をとって病院向かいのフォルクスに昼飯食いに出る。ここの病院食は決してまずくないけれど、やはり病院食、薄ぅーくて俺のストレスがたまるのだった。

ステーキおいちい。余談だがレジでスープが買えなくなったのな。ドレッシングと塩、胡椒しか売ってなかった。この店だけか?

で病室に戻ってきたはいいんだけど、なんか一瞬で帰られた。ああさみしい(どっちねん)。別に身体はどーってことないんだけど退屈なんだよなとにかく。持ってきた文庫四冊も一瞬で読んだし。まあ、あと三、四日ほどで退院だ。それまではパソコンに山盛り突っ込んできた漫画と動画でなんとか暇を潰そう。

[日記]あー同室のおっさんウザい

言っても仕方のない類の愚痴を医療側にぶちまけるわ、天気に対してもいちいち大声で文句つけるわ、食事中に変でウェッティなゲップしまくるわ(胃をとってるらしいので、これはそういうものかも知れない)、とてつもなくうるせい。あとテレビのボリュームをいつもすげえ上げる。俺は自分に不必要な情報が勝手に入ってくるのが嫌いなんだ。ああ苛々。

病室ってなんでカーテン仕切りなんだろう。完全な個室にせよとは言わないけれど、ベニヤみたいな板で仕切つくる(いざという時には撤去可能)とかすればずいぶん居心地よくなるけど、ってわざと悪くしてるのか居着かれても困るから。あと実際の居住感はともかく見た目が悪いか。

相変わらずテレビに対して愚にもつかない文句を言いまくってるのが非常に癇に障る。「愛知万博では大学院生の作った〜」まで聞いた瞬間にチャンネルを別のニュース番組に変えた同室の江戸っ子おっさん。その変更先で「JR線脱線」「幼女誘拐殺人犯」のニュースが淡々と放送されるのに、また例によって「○○が悪い」とか言っても仕方のないことをブチブチ大声でつぶやき、そしてしまいに言った。「なんや悪いニュースばっかりやな!」

――いいニュースなチャンネルを変えて悪いニュースばっかのにしたのは、あーんーたーだー!

[アニメ]『イリアの空、UFOの夏』第04話「水前寺、応答せよ」

やっぱし無銭飲食列伝〜首掘りまでを30分にまとめるの無理だよ!いやーこれ逆鱗に触れるなあ。

特に鉄人屋に入ってから鉄人定食(再現サイトその1その2その3)完食までをたった4分(!)に圧縮した罪は万死に値する。絵はかなりがんばっていました。でもこの尺では「苦しさ」の表現がぜんぜん足りてない。

ボーリングをまるまるカットしたのは歪ながら、これは仕方ないとは思う。ある意味うまい切り方かもしれない。しかし首掘りにいたっては、原作二番目の山場だというのに、なんとその描写は8秒(!!!)。なんかもー主人公の勇気だとか覚悟だとかがぜんぜんありません。いや確かに迂闊に原作どおり描くと問題にする馬鹿も出てくるかも知れないけれども。

いやちょっとこりゃないでしょ…………

まあ、逆に言えばあと残り文庫本一冊分にしてOVAは2巻用意されてるわけで。次は普通に楽しみにしてみることにしようかな。作画と動きは抜群なだけに最後の空母タイコンデロガの迫力は期待できそーだし。


2005/05/24(Tue) この日を編集

[日記]価格.com復活しないなー

今日の午後に復活予定とのことだったけど、無理だったのかな。

退院したらちょっとリビング用テレビの更新をしたいと思ってるんだけど、情報がすーくーなーいー。まあこんな低速回線で一生懸命見るよりも退院後に本気で調査した方が効率はいいんだろうけれども。

しかし選択は悩ましい。できればフルHD解像度、かつHDMI端子がほしいところだけど、この辺はもう無理としよう。

ただ720p解像度とターゲットを区切るとけっこう難しかったりする。意外と今のご時世、縦ラインが720って超低価格機以外にあまりこの解像度がない。むしろ1366x768の方が多かったりとか。もちろん解像度高いぶんPCとかで映すにはいいけど、D4突っ込むとスケーリングされるんだよなー。あと一部に1280x768てのもあって、これは上下に黒帯出してくれりゃいいのに15:9で映したりするみたい。それはそれで厄介。

やっぱりいっぺん電気屋いってスケーリングが耐えられるかどうか見ないと駄目だなあ。とっとと退院してえ。


2005/05/25(Wed) この日を編集

[]退院確定→明日

「今週中ならいつ退院してもいいよ」という大変にアバウトな宣告をもらったので「明日」と答えた。

一日でも長くいたほうが実は保険料とか考えると得なんだけど、駄目です。なんかもう脱出できると思ったとたん、我慢できなくなってきた。抜糸する明後日まで病院にとどまることも考えたけれど、そうやったら絶対に明日の晩、後悔してたに決まってる。素直に明後日、外来でここまできて抜糸することにしよう。

今日退院、というのも少し考えたけれど、準備なんもできてないしな。明日というのは妥当な気がする。実家にアシ出してもらうこともできるし(タクシー代節約……いやバスで帰ってもいいんだけどな)

ようやくこれで冷却ファンだけが唸る静かな部屋に戻れる〜。


2005/05/26(Thu) この日を編集

[]退院準備→足止め

まだ退院お助け隊(具体的に言うと兄)が来るまで2時間もあるけれど、もうすっかり準備完了。準備完了とか言ってる割にここを更新できてるのはノートの片付けを最後に回してるから。

いやーなんかもう今朝から見事にナースさん達にスルーされている。居ないものとして扱われてる感じでいっそ清々しい。俺とかはこういう割り切りを自分がされるのがけっこう好きで、なんとなく自分が部品になったかんじ。

と、これを書いてる今。なんか「最後に消毒しときたいからちょっと待て」とか言われた。なにー!もう兄呼んだよ!いつでも退院していいって言ったじゃん!これだから医者は!

なんとなくウキウキ気分から突き落とされて微妙に不機嫌な俺。心が狭いなあ。

[日記]退院した

んでシャワーあびた。まだ抜糸してないのでサランラップまいて輪ゴムで上下しばって。なんかだるい。血管とまってたもんな。しかしそれでも久しぶりのシャワー(入院中は蒸タオルで身体拭くだけ)は超いい。ヘブン発見。

異様にリラックスしすぎて落ち着きません。ここは本当に俺の部屋か。インターネットが爆速だ。絵が出るんだぜ!?すげえ!

しかししんどい。ちょっと溶けよう。起きるの夜かも知れないけれど。


2005/05/27(Fri) この日を編集

[PC]Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer 2.0

とりあえず手持ちのマウスを試してみる。断線のないワイヤレス生活に憧れてみたが、これ、ちょっと持ち上げるのが大変なくらいに重く感じる。

今までのマウスがだいたい130gくらいか。このマウスは単三乾電池二本仕様ながら、一本でも動作する(感度が落ちるけど全然実用範囲内)というメリットがあるので、これを活用して一本運用すれば重量124g(カタログ値)。しかしコードつきマウスの重量はコードやコネクタも含めての重量なんだよな。実際には100gを切ってると思う。この差が腕に負担をかける。ちなみに本気で購入を検討していたMX-1000の重さはといえば171g。ダメだ!

あと俺はIntelliMouse Opticalの激軽ホイールクリックに慣れてるので、Wireless IntelliMouse Explorerの激重ホイールクリックはつらかった。軽クリック改造も試みてみたが後期モデルのためwebにあがってる情報ではうまく分解もできず。むう。

やっぱワイヤレスを諦めてIntelliMouse Opticalの買いなおしが一番かな。すっげえ気に入ってるし。チルトホイールいらないし。その前に修理を試してみるべきか。手持ちの故障した同マウス2つは、片方が断線、片方がボタン故障なんで、ニコイチで一個作れそう。

どーでもいいけど、Microsoftのマウス命名基準は「Intelli〜」がついてれば5ボタン*1、「Explorer」がついてれば左右非対称モデル。

*1 一番最初に「IntelliMouse」を名乗ったマウスだけは、ホイールをつけたことがウリだった3ボタンマウスでこの命名基準から外れているが、もはや市場に残ってない。

[]痒くて死ぬぜ

手術痕その場所ではなく、周囲のあちこちが妙にかゆい。尋常じゃないレベルでかゆい。包帯と肌の間から耳掻き突っ込んで掻いたりしていたが、それくらいではダメなほど痒くなってきたので包帯をほどく。

すると赤くなっていた。掻きすぎではなく。ちとかぶれてるのか。テープも貼ってなくてガーゼと包帯だけだというのに。俺の肌の弱さはなんとかならんものか。というか、消毒の時に拭いてくれよとは言いたい。拭いてくれたのって退院日にたった一度だもんなー。

あと数時間もしたら(現在四時半)抜糸するんだけど、それまで耐えるのもしんどいので大胆にムヒをすりこんだ。皮膚が飽和してる気がする。力入れるとじわっとムヒが絞られてくる感じ。嫌がらせか俺は。

[]『ジオブリーダーズ』11巻

一ヶ月遅れだけど出ました。ただでさえ一年に一回くらいしか出ない漫画なのに装丁が変わってて見逃しそうだった。

撃ち合い漫画は世に数あれど、銃器を愛する人の漫画は一コマ一コマがすごく面白い。正しいタイミングで撃ってる、というのは重要だ。

相変わらずとんでもない事態が多数同時進行する複雑怪奇なストーリーながら、やっぱ俺これ好きだわーと思うのだった。視点がパニック映画的なんだよなあ。しかもわりと安めの。読んだ後でなあんにも残らないのが心地いい。いや一応ストーリーは進んでんだけど。いつ終わるんだこれ。現状で複数の団体(主人公属する神楽警備保障、化け猫と言われる人間に変身し各種テロ攻撃を行う一派、化け猫内の謀反軍団、厚生省特殊部隊ハウンド、厚生省の役人だが明らかに違う目的で動く層、神楽の元社員)が絶えず物語をド突き回しているため着地点まったく読めません。次巻はまだか。一年先か。

今回はハウンドに武装を納入する会社への化け猫侵入。名前もない「主任」がいい味を出しすぎていた。「寝不足のエンジニアをナメんじゃねぇぞこの野郎」「製品を守るぞてめェら全員今からサービス残業だ」「終わってて生きてた奴ぁ俺の責任で三日の有給をくれてやる!」いやー名言だ。大満足。

[デジカメ]S2IS実写が上がってきた

いやー目隠ししててもキャノンってわかるね!(突っ込み易い一言)

いかにもキャノン!て感じのレンズ描写と、いかにもキャノン!て感じの嘘っぽいほど綺麗な色。ボケは異様なほどに強力だけどあんまり綺麗なボケじゃないかな。最望遠の写真で奥がもにょもにょしてるのは陽炎かなー。ていうかピントを手前に合わすなや。

なんだかんだは言う。けれど、総じて好印象。うーん欲しいなあ。ハウジング出さないのかなあ。

[PC]マウスどうするかな

入院中壊れたマウスを分解してみたが直らず。何度も床に落とされたので衝撃でどっかのハンダが割れたパターンが怪しいと思ったけれど、再ハンダで現象改善しなかった。むう。こりゃもうだめかな。ニコイチはまだ試してないけど。

近々ヨドバシ行って来るつもりだから、適当によさげで安いマウスを探すかな。基本的にはIntelliMouse Opticalのつもりだけど、Microsoftや5ボタンでなくていいや。とにかくホイールクリックが軽ければなんでもいい気分になってます。

ていうかあんまりホイールクリックに注目した情報サイトってないんだよなあ。みんなホイールクリックって使わないの?俺はかなり多用するんだけど、これあんまり一般的でないのかしら。

[link]SED年内かー

でも40インチから、って買えませんそんなもん。置くことも難しい。やっぱうちは液晶で勝負しよう。

SEDは液晶、プラズマ、リアプロに続く大型モニタ。原理的にはブラウン管と一緒。ブラウン管は「モニタ表面にぶつかったら光を発する発光ビームを一本だけ撃ってる。そのビームを高電圧で湾曲させて、ものすごい速度で画面中を覆うほど一筆書きをする」ことで絵をつくってる。SEDはこの発光ビーム発射装置を、わざわざ湾曲一筆書きしなくていいようにモニタ表面の裏側にびっしり剣山のように並べたもの(乱暴な説明)。

電気屋は絶対こんなこと言わないけど、ブラウン管の画質は液晶、プラズマ、リアプロのどれよりもが優れる。SEDは原理上このブラウン管と全く同じ画質を実現できる。ブラウン管は発光ビームを湾曲させる必要があるからどうしても奥行きが発生する(また画面隅はナナメにビームが当たるため画質がおちる)が、SEDではそれがない。というメリットがある。ブラウン管と比べるとビームを湾曲させる高電圧が要らない分、省電力低発熱となる。

確かにここまでではなかなかいい感じで、メディアが総絶賛なんだけど、純粋に基板処理(とはいえないけど)でパネル作れる液晶やPDPと比べて発光ビームを100万個並べるSEDがコストで勝負できんのか果たして、と思ったり。また消費電力は液晶には結局勝てないのでは疑惑。わからんけど。

まあ5年後10年後に考えるかも知れないってことで、一応気にはしておくことにしよう。

面白いのが、プロジェクタとかこのへんのSEDみたいな超微細・力技デバイスに強いメーカってのがAV業界じゃなくて「エプソン」「キャノン」というプリンタメーカってこと。けっこう技術的にプリンタと重なるそーだ。わからんでもないが。

本日のコメント(全2件) [コメントを書く]
mac1937 (2006/07/31(Mon) 10:53)

Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer 2.0 のコメントを拝見しました。電池を二本入れて150グラムです。重いですね。ネットで売却予定です。性能が不十分な製品でしたね。

はしゃ (2006/07/31(Mon) 11:09)

不十分というより日本市場を意識せずに開発したんじゃないかな、とか思ったり。元々MS製マウスは図体もでかく、私の手には少し余りがちでもあります。
ワイヤレスマウスの重さを気にする必要があんまりない環境(机が広く、マウスを持ち上げることが少ないとか)を想定してるのかな、と。

個人的にはマウスはMS製製品が好きなのですが、上記でも書いたようにチルトホイールに関してはホイールクリックが重過ぎる点が難です。
これもあまり重視されないのかもしれない。私はタブブラウザで「新しいタブで開く」動作をするために酷使するため、ホイールクリックの軽さは必須。


2005/05/28(Sat) この日を編集

[link]Counter-Strike NEO WHITE MEMORIES

ラストシーンに繋がるプロローグ。ありがちだ。だがそれがいい。こういうシーンはほとんどありません。ものすごい雑魚オーラを放ってるが主人公の戦友。結構いい味出してる。
一旦書いた奴が消えたんで簡略版。ゲーセン用ゲームの発売前販促サイドストーリー。ノベル形式で選択肢無しの紙芝居、全12話構成で1話を最後まで読むと次の話のダウンロードリンクが現れる。自分で書いてておもしろいほど簡略した書き方だ。

話はありがちで陳腐でお約束なんだけど、それが悪いとは一切思わない。完成したジグソーパズルのように落ち着く。もとより「WHITE MEMORIES」なんてダサマキシマムなサブタイトルを見た瞬間から俺の頭は超・王・道モードに切り替わってるので問題まったくなし。

しかしこれをプレイして、元のカウンターストライクというゲームがHalf-Life(DOOM系ゲームの超有名な派生の一つ)のさらなる派生だとわかる人いるのだろーか。なんの販促にもなってません。まあいいや。

[日記]風呂につかる

入院時は身体拭きだけだったけど、退院すればこっちのもの。やっぱ十日も手術場所近辺を洗ってないとキモチわるくてキモチわるくて仕方ないのでした。

一昨日(退院日)は帰宅後・即・シャワー。この時は手術痕は包帯の上からサランラップ+上下輪ゴム。この輪ゴムは結構痛かったので、昨日は包帯を外した上でラップだけみっちり巻いてみた。これはそこそこ悪くなかった。水分はしみていくが流れないので問題なし。

今日は一気に調子にのってシャワーをぶっかけ風呂に入ってみた。午前にさらに調子に乗ってカサブタ全部はがした上での暴挙。しかし、おーしみないしみない。大丈夫〜。

でも上がったあとなんか膨れてる。ふやけたのか、腫れたのか。まあいいや気持ちよかったし。おもしろいほど垢が出た。俺きたない。


2005/05/29(Sun) この日を編集

[日記]W2600注文

いろいろ欲が出たりもしたけど、とりあえずアナログチューナの26インチで妥協することにした。主な理由は「安いから」。悪いかコラ。117,000円の説得力は何者にも換えがたい。PixelWorksのスケーリングもけっこう上手いという話だし、発色とかコントラストは全く問題なし。VAパネルはこのへんいい感じ。応答性はカタログスペックこそ凡庸だけど、伊達や酔狂でオーバードライブ積んでないだろう。

デジタルチューナが無かったりHDMI端子が無かったり、といったマイナス点は確かにあるけど、DVI-HDCPがあるからカバーできる可能性はまだ残ってる。でなくても八系統も入力端子があれば(PCだけで二系統ある)テレビとして陳腐化しても使いまわしには困るまい。潰しが効くということは重要だ。

あとは音環境をどうするか考え直しだなー。実物来てからまた背面と格闘しよう。

これで我が家にもデジタル家電が揃いました(いやRD-H1を「DVDレコーダ」と言っていいかは微妙だが)。今ドキの家庭でびぅと言って過言ではない。


2005/05/30(Mon) この日を編集

[]抜糸

ようやくウザい糸から解放。糸があった期間がわりと長かったせいか糸を切るときやたら痛かった。しかしそれよりも解放の快感が勝つ。糸くらいどうだとも思うんだけどな。全然動けるし。しかし微妙とは言え肌の伸縮性にサワリがあるというのは気になるものだった。

先生曰く「風呂は明日──いや、明後日から入っていいわ。明日はシャワーだけにして」。ごめんなさいもう超・入ってます。だっぽんと。

それにしても体力落ちた。病院での二時間待ちくらいで何をこんなにヘロヘロに。いや会計でさらに一時間待たされたのもあるけれど。ともあれ入院ですっかり全身がなまったっぽい。以前の入院の時は退院してからも長い間、マトモに動いてなかったからあまり気にならなかったが。

[link]iPodは楽しそうだな

正直にmp3プレイヤの性能対決をしたら「中の上」レベルでしかない(『機能』対決なら下だが、これはコンセプトがそうなので問題なし)iPodだけど、さすがトップシェアだけのことはある。ワケわからんオプションには困らないなあ。

結局iPodは「mp3プレイヤ」なんていうダサいものではなく「iPod」なんだな。デジタルデバイスの一つじゃなくて、ライフスタイルの一つ。ファッションの一部と言っていいかもしれない。iPod対応カーナビなんてのもあるし。液晶画面からiPodの曲検索、再生とかできる奴。こういうインタフェースの公開もなかなかいい味出してます。

でリンク先でFlashでグニグニ動いてるんだけど、これは実際に動くんだろうなコラ。iPodから電源を供給してぐにぐに動くカバー。うわー邪魔だー。


2005/05/31(Tue) この日を編集

[日記]久しぶりのしーごーとー

ほとんど仕事あらへん。いつものこと。専門用語で言うところの飼い殺し状態。まあ給料出るんだから構わないんだけど、だるいのう。昼になってようやくお呼びがかかったかと思ったら案の定、他人が作ったAccessソフトの保守。だから俺Accessの知識なんかねえっての。作った奴に言えや。例によって客からくる情報なさすぎて手も足も出ない。いつものこと。

まあボチボチ。ボチボチ。

久しぶりに出かけたんでバイク乗るときに手袋忘れてたり。取りに戻る時間が惜しかったのでそのまま出発。すんげー落ち着かない。やっぱ要るわ。あとエンジンがまだ寝ぼけてるのか、タイヤの空気圧が減ったのか微妙に速度のらず。またそのうちタイヤ空気だけでも見ておこう。

時間を急いでたのは自動車税(今日が期限だ!)を入金するためだったが、素直にコンビニに行きゃよかったなー。銀行より遥かに便利そーなのに。しかし俺コンビニで買うもんなんかねえ(しかも会社いちばん近所のコンビニはHeart-inで自動車税支払は不可)から、それだけのために行くのは気が引けるのだが。が。

[link]Gackt新曲のPV

各所で話題になってるけど。

今、劇場でやってる劇場用Zガンダムの主題歌だから、PVにガンダムが出てくるのはいいとして。なんであんたはノーマルスーツ(ガンダム用語でパイロット服のこと)着て全周視界コクピットで熱唱してますか。

いやー嬉しそうだ。伊達に富野由悠季と大喜びで対談したり、ラジオでゲルググについての思いを熱く語ったり、「シャアとアムロの声優さんと飲んだけど、こんなに幸せなことはない」(そもそもこの言葉も初代ガンダム最終回の「──こんな嬉しいことはない」という台詞にかけてると思う)とか言ってねえなあ。芸能人ガンヲタと言えばTMRが有名だったが、負けてませんガクたん。

右はシングルのジャケット。ジオン軍将校の制服をビシッとキメた姿でパンピーをめいっぱい引かせまくるGacktを俺はけっこう肯定する。アンタ男だよ。

余談だけど。俺はZガンダムは好きではありません。

[日記]散髪

前回が3/8だからほぼ三ヶ月弱か。これだけ放っておくとさすがにウザいけど、経済的には助かるのだった。いやまー自力で切るのが一番リーズナボーなんだが、頭ヘンになるしな。気にしないけどな。

それはともかく、散髪屋で言われた一言。「学生ですか?もう就職してはる?」

……これがまだ「学生ですか?」だけなら、気を使って若めに年齢を言ってみたということも考えられなくはないんだけど、このワンセットだと本気で俺を二十歳ちょい過ぎ程度に見繕ってたくさい。というか、表情からして間違いなくそうみてたと思う。そー言えば去年もポリに「学生か?」とか言われてた。

確かにスーツは着てないけど、普段からワイシャツに綿パンツの俺なんで極端に若く見える服装とも思えんのだが。


最新 追記