«前の日記(2005/12/02(Fri)) 最新 次の日記(2005/12/04(Sun))» 編集

ぴこていこく

2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|07|09|10|11|12|
2013|02|04|05|06|07|09|12|
2014|02|04|05|12|
2016|12|
サイドバー

2005/12/03(Sat)

[デジカメ]夜景の撮り方

これからの時期、夜景やイルミネーションの撮影も増えそうなので、まとめてみた。

作例や、絵の上手い下手(というか下手ド下手)の指摘は軽やかに無視する方面で。誰か俺の代わりに描いたり撮ったりしてください。

手持ちで撮影する場合

image
手ぶれ写真の実例。*1
最大の敵「手ぶれ」対策が本気で大変なため、他の要素はとりあえず無視。

「夜景を撮ったけどなんか光が尾を引いたグチャグチャな画像になった」という経験がある人も多いんでないかと思う。夜景撮影ではシャッター速度が大変遅く(シャッターの開いてる時間が長く)なるため、手ぶれ写真となりやすい。逆に言うとシャッター速度さえ速くすれば、手ぶれ写真はかなり防げる。

シャッター速度は普通カメラが勝手に決めるものだが、いったいカメラがどうやってシャッター速度を決定してるかを理解すれば「稼ぎ方」もわかる。カメラ内部では次のようなイメージ(Windowsのペイントで描いた適当な絵で失礼)でシャッター速度を決定している。

昼間に撮影するとこんな感じ。

image100光ぶん溜まれば適性露出、とカメラが計算している。
この100光まで溜まる時間がシャッター速度。
光がいっぱいありすぎるので、入り口を絞っている。

これが夜間となると、このようになる。

image光が少ないため、光が100まで溜まるまで時間がかかる。
=シャッター速度が遅くなる。
=手ぶれ写真になりやすい。

具体的に言うと、普通のカメラでは目安としてシャッター速度0.03秒(1/30秒)以下なら手ぶれは起こりにくい*2。が、夜景撮影時は0.25秒〜0.5秒ほどの低速シャッターとなる。その差ざっと8〜16倍。

この遅いシャッター速度を挽回し、手ぶれしにくい撮影をするためには、必要な量の光が溜まるまでの時間をなるべく縮めるようなデジカメの設定をする必要がある。*3

絞りを開けるimage光の間口を広げ、同じ時間で多くの光を得る。
でも普通のカメラは勝手にこうなるハズで、あえて説明するほどでもない。
ただズームレンズの望遠を使うと多くのカメラは絞るため、ワイドいっぱいで撮るべき。
ISO感度を上げるimage受け取った光を電気的に増やす。
ISOが倍になると、今までは10光だったものが20光となる。
ただしノイズ成分も増えるため、画質は劣化する。
露出補正を下げるimage通常は100光溜めるが、もっと少ない値にする。
例えば露出補正で-1EVにすると、50光までしか溜めようとしない。かかる時間は半減する。
画像がその分暗くなるため、正しい明るさに戻すためにはパソコンでの編集が必要。
また、元々の光(=情報量)が少ないため、明るさを戻すときに画質は劣化する。

これらの設定は、すればするほど画質は悪くなるため、普通はISO感度の(設定できる最低ISO感度から)4倍設定*4までくらいが無難。だが、「画質は誤魔化せるが手ぶれは誤魔化せない」ので、どうしても手ぶれする時はやれるだけやってみる価値はある。

一番下はわかりにくい*5ため、実例を挙げてみる。

imageimageimageimage
写真1
ISO100、露出補正なし。
シャッター速度0.25秒(1/4秒)
写真2
ISO400、露出-2EV。
シャッター速度0.02秒(1/50秒)
写真3
写真2をパソコンで編集、
左端の写真に明るさ近づけた。
写真4
写真3にノイズ除去フィルタ適用。

image
ImageFilterで明るさ調整中。ヒストグラム表示でガンマを左に動かす。
写真1は普通に撮った場合。写真2がISO感度設定を上げ、露出補正を下げた写真。シャッター速度が12.5倍高速化しており、手ぶれを起こしにくくなっている。

写真3はその写真をImageFilterというソフト(別にPhotoshopでもなんでもいーけど、フリーウェアなので)で明るく補正したもの。道路や建物など、薄暗い場所がザラザラになっているのは画質劣化。そして前述の「画質は誤魔化せるが手ぶれは誤魔化せない」を実践するため、ノイズ除去フィルタを適用すると写真4となる。

この写真4に至るまでは確かに面倒な手順が必要だが、極めて高いシャッター速度が必要なときには後で苦労する覚悟で一発やってみては如何か。*6

余談として、夜景撮影でやりがちな失敗を二例挙げておく。

  • フラッシュ撮影

たまに夜景撮影でピカピカしてる人を見かける。が、カメラ内蔵フラッシュの光の射程はせいぜい数mで、景色までは届かない。もし万一届いたとしたら、それは夜景でなくフラッシュの光が照らした「普通の景色」が写るだけ。

フラッシュは発光禁止モードに変更しておこう。カメラによってはフルオートモードではフラッシュが発光禁止できない機種も。その場合はプログラムオート(Pモード)モードに変更する必要がある。

ただし、夜景をバックに人を撮る場合はフラッシュが必要。これ(スローシンクロ撮影)についてはいずれ書くかも。書かないかも。

  • 夜景モード

確かに夜景を綺麗に撮るためのモードだが、シャッター速度はむしろ長くなり、普通より手ぶれしやすくなる。

image夜景モード手持ち撮影。
0.6秒のシャッター速度で、手ぶれはまず避けられない。
参考までにこのカメラで普通のオートモードだと、シャッター速度は0.25秒。

カメラの機種によって違うものもあるかも知れないが、このモードは基本的には「カメラを固定して綺麗に撮る」ためのもの。手持ちで気軽に撮る目的とは違い、むしろ後述の「固定して撮影する場合」に近い撮影をするモード、と解釈すべき。

固定して撮影する場合

フルマニュアル撮影可能なカメラで、三脚や木、ガードレールなど固定できる場所がある場合。こんな状況に持ち込める人が俺ごときの知識を必要としてるとは到底思えないんだけど、ありがちな失敗例を挙げてみた。

全体写真 クリックで拡大左が失敗、右が理想写真の部分拡大(クリックできません)失敗内容
imageimageimageオートフォーカスのまま撮った
極端に暗い場合はAFが効かないことも。マニュアルフォーカスで無限遠(∞もしくは山マーク)。
imageimageimage絞り開放で撮った
光がにじんでしまう。コンパクトカメラならF5.6〜F8、一眼ならF11〜F16に絞りたい。
imageimageimageISO感度を上げた
ノイズが出る。カメラを固定できるならISO感度は最低に設定してしまおう。
imageimageimageオートホワイトバランスで撮った
イルミネーションの色でAWBは正常動作しない。太陽光固定で。
imageこれが理想的な設定で撮影した写真。
MFで無限遠、F11、ISO100、太陽光。
余談だがシャッター速度は1秒。歩道橋の手すりにカメラを置いて撮影。

マニュアル撮影ができないカメラの場合は、前述の「夜景モード」を思う存分使うとよい。カメラによって中には上記と違う動作をするものもあるが*7、いろいろ試して癖を掴んでおこう。

*1 普通ここまで酷くならない。がんばって揺らしながら撮影した。

*2 カメラやレンズ、撮影者によってかなり違うが。

*3 ちなみに携帯電話カメラは絞り固定が多く、ISO感度は勝手にガンガン上げるだけで設定は大抵できない。イマドキの携帯電話カメラなら、露出補正技は使用可能。

*4 最近はISO50が最低設定のカメラが多いので、その場合はISO200。

*5 他にこの手段使ってる人を見たことがないので、俺オリジナルかも。

*6 室内猫撮りなど暗い場所で動くものを撮る際、どうやっても停めて撮れない時にも有効。

*7 手元のOptio43WRの夜景モードは絞り開放設定+ロングシャッターとなった。

[デジカメ]カメラの持ち方

image
よくある間違った持ち方。
この絵ではあまり身体から離れて
ないけど、力いっぱい肘を伸ばして
撮る人もいる。
夜景撮影ついでに。

上のエントリで「手ぶれしないシャッター速度は0.03秒(1/30秒)以下」と書いたが、これはあくまで、正しいカメラの持ち方をしていた場合。最近デジカメを持ってる人が増えてるが、けっこう間違った持ち方をよく見かける。

間違った持ち方

たまに片手持ちで夜景撮影してるのを見かけるが、これは言語道断として。

最も多いのは、シャッターを構える右手と左手が対称になってる持ち型で、カメラの四隅を左右の親指、人差し指でそれぞれ抑え、体からぐおーんと離して構えてる人。別にキタナイものを持ってるわけでもあるまいに。もっとしっかり握り、体になるべく近づけて撮っては如何か。

大きいカメラの持ち方

キモは左手。カメラはふつう「左手で持つ」もの(右手はシャッターを押すのに使う)。軽く握った左手人差し指の側面か、掌の上にカメラを乗せるように置く。左脇をしっかり締めること。ああめんどくさい。適当なリンクを準備。

もし手持ちのデジカメに光学ファインダがあるならラッキー。液晶よりこちらで見たほうが遥かに手ぶれは少ない。カメラ本体を自分の額や鼻に押し当てることで安定した撮影ができる。

で。大きいカメラはこれでいいけど、最近主流の小型カメラでは「小さすぎる」「軽すぎる」ためむしろ安定しづらい傾向にある。この類のカメラの持ち方は具体的に示されてることがたいへん少ないため、以下で紹介。

小さいカメラの持ち方

やはり左手でカメラを持つ。が、小さいカメラの場合は左手に乗せるのではなく、左手で「鷲掴む」。こんな持ち方は小型カメラでしかできない。そして右手の親指をカメラの下端にあて、左手は手前下方に引き、右手親指で逆に奥上方に押す。図にするとこう。

imageimage
左手で掴んで右手でつまむ

カメラを、前から左手で、後ろから右手親指で同時に力をかけ、へし折る気でGO。右手人差し指で押すシャッターは、右手親指と組んで上下でつまむように操作する。

これは一応、光学ファインダがあるカメラに向く持ち方だが、液晶撮影にも応用できる。多少持ち方が違うので、以下にそれぞれの例を挙げる。

image光学ファインダがあるカメラ
カメラを持った左手の親指を鼻筋にあてて顔で固定する。
左首筋をすくめると、カメラは上半身全部で固定され、大変安定する。
俺の場合は窮屈なので右脇は締めないけど、このあたりは好みで。
image光学ファインダがないカメラ
右脇もしっかり締め、液晶を顔にできるだけ近づける。
固定しているのが顔ではなく胴体なので、呼吸の影響を受け易いことに注意。
肘は身体の横に回すように気をつけると少しマシ。

個人的にキャメラクラッチと名付けた(意味はあんまりない)。騙されたと思って、これで手持ち撮影にチャレンジしてみよう。参考までに、俺はこの持ち方をすることでシャッター速度0.1秒(1/10秒)ならかなりの確立でブレのない撮影が可能だ。

[日記]イラスト

上のエントリのイラストは、手のアップ以外はうちの同居人きゃさりんによるもの。「絵、描いて。できれば萌え絵で」という、無体な注文に応えてくれてありがとう同居人。

最初は自力でイラストを描こうとしていたのだが、なにせ俺には絵の心得が皆無にして絶無。例によってWindowsのペイントでちまちま書いてみると、次のような代物になっていた。

image

──同居人に頼んでよかった。本当によかった。こんな絵が貼ってあるエントリは心の底からイヤだ。

本日のコメント(全11件) [コメントを書く]
hiro (2005/12/03(Sat) 00:58)

覇者様、こんばんわ<br>なんかデジカメ比率高いですね、最近。<br>あ〜、D200予約してまいました・・・どうしよう、お金ないのに(笑<br>発売日ぐらいに手元に来たら今日の記事を参考に北山通りの<br>苦理済ますイルミでも撮ってこようかと思います。<br><br>あと、前回、前々回のコメントのときのメアド間違ってました。<br>おもいっきりしょぼミスですいませんですm(_ _)m

y-musya (2005/12/03(Sat) 02:03)

きゃさりんさんの絵がえらい上手いのにも驚きましたが、<br>覇者りんさんの絵から漂う殺気には別の意味で驚きました。<br><br>写真撮った後、被写体撃ち抜いてから帰ってそうです。

amode (2005/12/03(Sat) 08:56)

きゃさりんさん相変らず上手いですなあ。<br>覇者様の男らしい絵も兄貴ホイホイになりそうで良いのですけど。

nov (2005/12/03(Sat) 12:30)

夜景を撮ってみたい思っていた今日このごろ、タイムリーなエントリーでとっても参考になりました。<br><br>最近、ほとんど外出していないけど、年末年始の休みにはカメラを持って出ようかと。たぶん。

はしゃ (2005/12/04(Sun) 20:58)

>hiro氏<br>確かにそうかも知れない。レンズ購入ハイかな。<br>ちょっと偏りすぎてる気もするんで、も一回くらいデジカメ関係やって、しばらくデジカメから離れようかな、とか思い中。<br><br>しかしD200を買われるよーな方には、このエントリが参考になるとは思えません(T_T)<br>あと北山みたいなカポーだらけの場所は、俺にとって毒の沼で移動するごとにダメージがあります。つらし。<br><br>>nov氏<br>この時期は空気も澄んでます故、空がちゃんと暗くなっていいですよ。風邪にご注意あれ。

hiro (2005/12/07(Wed) 19:09)

覇者様、レスどうもです。<br><br>昔銀塩でちとやっていたぐらいで数年間ブランクありますし、まだまだ若輩なんで下手くそでございますです・・・<br>D200は長いこと前線で戦えそうやったんで購入したんですよ。<br>インプレスの縞ノイズ画像にはビビリましたけど。

名無し (2005/12/07(Wed) 20:11)

デジカメって左手で持つんですね。なるほど。勉強になりました。<br>しかし、間違った構え方で取扱説明書には書いてあったんで報告しときます。<br>http://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/pdf/2656791011.pdf<br>↑これの2ページ目の先頭です。

はしゃ (2005/12/07(Wed) 20:50)

各自で確実に持てる手段があればなんでもいーです。この持ち方はあくまでオススメの一つ。<br>わりと「このカメラは手ぶれするなあ」と疑問を持っている人で、根本的にその持ち方はそりゃブレるわ、というのを見かけますもので。<br>ベストは三脚です。やぱし。邪魔ですけどねアレ。<br><br>あとメーカー的の上記のはまだマシかと。両手で持ってますから。片手で持ってる奴とか多いですよ。<br>オマエそれで撮れるもんなら撮ってみろと。

TrackBack (2005/12/10(Sat) 18:50)

http://kata260web.seesaa.net/article/10488044.html<br>かたつむり's blog<br>デジカメなお話<br>デジカメを買い換えてから、1ヶ月とちょっとですかね。 買ってすぐに、同僚の結婚披露宴で使って以降、料理の記録用となっているため、 使い込んでるというほどでもないのですが… 先日、Web clip 12/6-2※(nni's blog)中 ・萌え絵で見る手ブレしないカメラの持ち方 の..

茶太郎 (2008/05/29(Thu) 19:25)

>人差し指でそれぞれ抑え、体からぐおーんと離して構えてる人。<br>>別にキタナイものを持ってるわけでもあるまいに。もっとしっか<br>>り握り、体になるべく近づけて撮っては如何か。<br><br>老眼の人は体から離さないと液晶が見えないらしいですよ。

Dhduhajj (2010/03/29(Mon) 15:51)

この間も俊太郎の詩をお http://www.stlouisbusinesslist.com/business/5021837.htm?info=viagra cheap viagra 袣袨袢袣袢袨袧袧袧袩


«前の日記(2005/12/02(Fri)) 最新 次の日記(2005/12/04(Sun))» 編集